24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2018.03.31
  • スタッフブログ

ペット火葬~美しい花で囲まれた旅立ち~

大森ペット霊堂の吉津です。

 

 

大切なペットとの最後のお別れ。

きちんとお見送りをしてあげたいと思いつつ、

いざその時になると何をしたら良いのかわからなく悩んでしまう方も多いのではないのでしょうか?

 

ペットの火葬をしようと考えている方で、

特に多く質問を頂くのが花についてです。

 

お花は一緒に火葬できるの?

どんな花がいいの?

入れてはいけない花は?

花は用意してもらえるの?

 

 

まだまだ一般的ではないペット火葬だからこそ、

わからないことがたくさんあるのが現状です。

 

今日はペット火葬に関する花について書きたいと思います。

 

 

一緒に火葬できるもの

 

人間が亡くなった際、棺に生前愛用していたものを入れることがあります。

これは人間だけでなくペットの火葬時にも可能です。

 

多くの飼い主様が、好きだったご飯やおやつ、よく遊んでいたおもちゃを入れています。

 

その他、一緒に火葬できるものとしては

・タオルや洋服(厚手のもの、フリース素材等はNG)

・手紙

・花(生花)

などがあります。

 

物や素材によっては火葬できないものもあるので、判断がつきにくい物は直接お持ちください。

 

 

花はどうしたらいい?

 

ペットは家族と同じ存在です。

火葬をするときも、花で可愛く飾ってあげたいと思う方は多いでしょう。

 

それではどんな花がいいのか、気をつけることはあるのか等、お供えの花についてお話します。

 

人間の場合は、菊やユリ、カーネーションなどが多いようですが、

ペットの場合は仏花にこだわる必要はありません。

 

色については、主に白色を添えるイメージがありますが、

白でなければならないという決まりはありません。

私の個人的な好みは色のある花を添えて華やかにしたものです。

 

 

 

飼い主様によって、

花言葉にちなんだ花を選ぶ方、

思い出のある花を選ぶ方、

飼い主様が好きな花、

ペットのイメージカラーの花等様々です。

 

 

 

ご希望の方には、こちらで花をご用意することもできます。

女の子ならピンクや黄色やオレンジ、

男の子ならブルーや黄色やグリーン。

 

その子のイメージにあった花をご予算に応じてご用意させていただきます。

花束、盆花どちらでもご用意可能です。

 

飼い主様が自分で持ち込んだ花も、

ご希望に応じて私達で盆花にすることもできます。

 

 

 

先日、ミニチュアダックスの葬儀を担当させていただきました。

 

その子は、いつもお父さんと散歩に行くのが大好きで

散歩コースに綺麗な花が咲いているのだそうです。

 

毎日花の匂いをクンクン嗅ぎながら歩くので、

なかなか前に進まないんです・・・。

 

なので、この子を見送る時は花でいっぱいにして見送ってあげたかったんです。

と、たくさんの花を抱えていらっしゃいました。

 

 

花で飾って見送りたいと言う飼い主様には

バスケットをお勧めしています。

 

 

 

棺と違い蓋がありませんので、

花を添えた状態で最後までお顔と花を見ることができます。

 

棺の場合も、蓋を外したまま送ることは出来ますが、

構造上、蓋を閉めたほうが人の棺と変わらない見送りが出来るので

厳粛なるお見送りをすることが可能です。

 

 

 

大森ペット霊堂では、バスケット、棺共にご用意してますのでお選び頂けます。

 

 

ちなみに私は、最後のひと時まで最愛の子の頭を撫でてお別れの言葉をかけてお見送りをしたいのでバスケットを選びます。