24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2018.04.16
  • スタッフブログ

ペットは火葬?それとも土葬?

 

 

大森ペット霊堂 笹本です。

 

 

 

 

「ペットは必ず火葬しなければいけないのか」

「ペットは火葬をすべきか土葬をすべきか」

 

 

という質問を、よく耳にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言うと、

 

土葬をすることも、火葬をすることも、

飼い主の自由です

 

 

 

 

 

私が以前看取った犬は、

祖父の家の庭に土葬をしました。

 

 

 

しかし、

土葬には、

何点か気をつけなければいけないことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

土葬で気をつけること

1、自分の敷地内であること

2、深さ1~2メートルに埋めること

3、他人の土地に埋めないこと

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園や、山中など、自分の敷地内以外に動物を埋めることは、

違法になってしまいます。

 

 

 

 

 

それは、小鳥やハムスターなどの小動物でも、同じです。

 

 

 

 

 

自宅の敷地内に埋葬することは、違法にはなりませんが、

公衆衛生上の問題で、

腐敗臭等の近隣への配慮が必要になってきます。

 

 

 

また、土葬で早く土に還したい

という考えのかたもいると思いますが、

 

土葬は土に還るまでに、

空気が入らないので

お骨になるのにも凄く時間がかかります。

 

 

 

 

 

そして

お骨から土に還るのにも、

何十年もかかります。

 

 

 

 

 

 

 

一番早く土に還す方法としては、

火葬後、粉骨をしてから、

埋葬する方法です。

 

 

 

 

粉骨は、パウダー状になり、

土葬すると土に混ざりやすいので、

一番早く土に還ることが出来ます。

 

 

 

 

 

しかし、土葬にもメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

土葬のメリット

1、お金がかからない

2、家族がいるところに眠らせられる

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、金銭面を考えると、

土葬が一番費用がかかりません。

 

 

 

 

 

しかし、

一番のメリットとしては、

家族の近くで眠ることができて、

ペットが喜ぶとも考えられることです。

1、自分の敷地内であること

2、深さ1~2メートルに埋めること

3、他人の土地に埋めないこと

 

 

 

という点に気をつければ、

土葬も一つの手段として、お選び頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お骨になった姿を見てあげたい。

 

 

お骨の姿で近くに置いておきたい。

 

 

人間と同じように送ってあげたい。

 

 

納骨堂で永代供養をしてもらいたい。

 

 

などとお考えのかたは、火葬をおすすめいたします。

 

 

 

 

 

 

 

火葬はどこで行うか

1、ペット霊園

 

2、移動火葬

 

3、自治体

 

 

 

 

 

 

 

1、ペット霊園のメリット

 

最後のお別れまで出来るプランがある。

 

 

その場で納骨もできる。

 

 

仏具の用意、法要のなどがある。

2、移動火葬のメリット

 

 

自宅や、希望の場所まできてもらえる(火葬は移動しながら)。

 

 

 

希望を出して、お散歩コースで

進みながら火葬を行えるところもある。

 

 

 

比較的安く火葬が出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、どちらも合同火葬、

個別火葬がお選びできるところが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

デメリットとして、

 

 

悪徳移動火葬車があったり、

 

 

本当に自分のペットが帰って来たのか、

不安になることもあります。

 

 

 

 

それは、ペット霊園にも言えることで、

施設見学や、電話対応などで、見極める必要があります。

 

 

 

 

 

 

施設見学、火葬等についての質問がNGのところは、

悪徳業者の可能性が大きいです。

3、自治体のメリット

 

 

値段が安い

 

 

 

自治体によって局が違いますが、

清掃局や環境衛生局などで受け付けています。

 

 

詳しくは各自治体に問い合わせてみましょう。

 

 

 

 

 

ちなみに、東京23区では、

25キロ以下一匹、2600円で引き取ってくれるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デメリットとして、

 

 

お骨が帰らない。

 

 

 

 

場所によっては、ゴミとして他のものと

一緒に処分される。

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

これまで、土葬や火葬について、

さまざまなお話をしました。

最終的に、”正解”

というものはなく、

 

 

 

 

飼い主様自身のお気持ちで決めることが

一番大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土葬を選んだ際には、

 

 

周りの環境に気をつける。

 

 

 

 

 

ペット葬儀社を選んだ際には、

 

 

安心できる葬儀社を探す。

 

 

 

 

 

自治体を選んだ際には、

 

 

事前に問合せ、どのような扱いか

確認する。

 

 

 

などが重要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、大事な家族とのお別れに悔いが無いように

お考え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

大森ペット霊堂は、動物と人の共生を目指します。

東京都大田区大森東2-1-1

スタッフ 笹本