24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2018.07.13
  • スタッフブログ

ペットと生きる覚悟

大森ペット霊堂の水野です。

 

 

 

 

 

 

今の時代、簡単にペットを手にすることができます。

 

 

ペットショップに行けば犬や猫はもちろん、ウサギやハムスターなどの小動物、トカゲやイモリなどの爬虫類や両生類と、多様な動物達が運命の出会いを待っています。

 

 

ハムスターや小型のインコなどは、とても安価で、一人ぐらしの方でも飼えるのが現状です。

 

 

 

 

 

そんな時代だからこそ、ペットと生きていくうえでの覚悟を、しっかりと考えなければいけません。

 

 

ペットを飼う前の覚悟

 

ペットを飼う前に、考えなければいけないことはたくさんあります。

 

・ペット可の住居であるか

 

・終生飼育できるか

 

・毎日、世話ができるか

 

・ペットにかかる費用を、負担できるか

 

・万が一、飼えなくなった時の対策

 

などなど。

 

 

 

 

 

まず、今住んでいる家がペット可の家でなければ、ペットとは暮らせません。

 

 

そして、ペット可の家に住んでいる場合でも、家族全員がペットを飼うことに賛成していなければ、ペットは飼えません。

 

 

家族の理解と協力がなければ、万が一、ペットのお世話をしている人に何かあった場合、切り抜けることはできないでしょう。

 

 

 

 

 

次に、終生飼育できるかどうか。

 

 

 

 

 

ペットの寿命は年々、伸びています。

 

 

ペット葬儀を行っている、大森ペット霊堂には、18~19才の犬が来ることもあります。

 

 

 

猫でも、23才の子が来ました。

 

 

とても、長生きですね!

 

 

 

 

 

ペットを飼うとき、考えてみてください。

 

 

これから、十何年もその子と生きることを。

 

 

その時間にかかる費用は決して、安くありません。

 

 

犬や猫なら、定期的に予防接種にも行かなくてはなりません。

 

 

それから病気になって、入院や治療をするとなった時、とてもお金がかかります。

 

 

 

 

 

そして、その子に費やす時間も少なくはありません。

 

 

犬なら散歩の時間、猫なら運動不足にならないように十分な時間、遊んであげなくてはいけません。

 

犬の散歩の回数は、犬種にもよりますが、一日に2~3回ほどは行かなくてはいけません。

 

時間は30分~1時間ほどかけます。

 

犬によっては散歩があまり好きではない子もいますが、それでも10分程度は散歩をしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

できれば、避けたい事ですが、ずっと一緒にいて、万が一『ペットを飼えなくなる』ことも”ない”とは言い切れないでしょう。

 

 

仕事の転勤で飼えなくなったり、病気で入院をすることになったら・・・

 

 

そうなった時は、必ず、新しい家族を探さなくてはいけません。

 

 

その場合、どうやって探せばいいのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

親戚や友人などに聞いてみたり、今はネットで里親を探すこともできます。

 

 

ネットの場合、里親になってくれる人が現れたら、一度は、直接会って、話をした方がいいと思います。

 

悲しいことですが、心無い人がわざと引き取ろうとすることがあります。

 

理由としては、虐待や繁殖目当てなど。

 

 

そんな人に引っかからない為にも、自分が信頼することができる人に里親になってもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

それらのことをしっかりと考えて、家族全員で飼うことを決断した時は、大切な家族を迎い入れてあげて下さい!

 

 

ペットを飼っている時の覚悟

 

ペットと暮らしている時にも、覚悟は必要です。

 

 

ペットはいつ病気になるか、わかりません。

 

若い子でも、病気になる時は、病気になります。

 

『年よりだから』、『若いから』は関係ありません。

 

 

 

 

 

そんな、ペットの変化に気づけるのは、毎日一緒にいる、家族だけです。

 

 

毎日一緒にいるからこそ、気付ける変化や異変。

 

 

それを、決して見落としてはいけません。

 

 

 

 

 

 

最近、犬の散歩中に起こるトラブルがあります。

 

 

 

犬を飼っている人の中には、少しマナーが悪い人が稀にいます。

 

ノーリードで散歩をしていたり、スマホを見ながら散歩をしていたり。

 

 

 

 

大型犬を散歩させている人で、ちゃんと犬を制御できていない飼い主さんもいます。

 

 

私の知り合いは、トイ・プードルを飼っているのですが、散歩の途中に大型犬に襲われかけたことがあるそうです。

 

知り合いは、その時すぐに犬を抱き上げて、大事にはならなっかたそうですが・・・

 

 

もし、抱き上げるのが遅れていたら、どうなっていたかわかりません。

 

 

もちろん、大型犬の子はただ遊びたかっただけかもしれません。

 

 

でも、トイ・プードルと大型犬の体格差では、何が起こるか予想できません。

 

 

そんなトラブルから大切なペットを守れるのも、家族だけです。

 

 

 

 

 

 

 

時にペットは年をとると、介護が必要になる場合があります。

 

 

年をとり、思うように歩けなくなる、寝たきりになって、立てなくなる。

 

 

視力が落ちて、壁にぶつかってしまう。

 

 

 

 

 

 

猫で長生きな子は、認知症になって、意味もなく、時間関係なしに、泣き叫んでしまうこともあります。

 

 

この認知症の場合は、鳴き声の大きさにもよりますが、近所迷惑や、飼主さん自身の身体的健康に影響を及ぼすこともあるでしょう。

 

 

他にも意味もなく噛みついてくることもあります。

 

 

 

 

 

そんな、年をとった、ペットの介護も飼主の役目です。

 

 

ペットの介護は一言では言い表せないほど、大変です。

 

 

 

私は、自分のペットの介護経験はありませんが、学生時代に老犬・老猫ホームに2週間程、インターンシップでお世話になりました。

 

 

細心の注意をはらって、常に気を張っていないといけません。

 

 

 

 

 

家庭で、ずっとその子のことだけを見ていられるならいいですが、人間にもいろいろな事情があります。

 

仕事や学校で、家を空ける時間も少なくはないでしょう。

 

 

ですが、身体の自由が利かなくなったペットに、それは関係ありません。

 

 

寝たきりになって、動けなくなってしまったら、数時間に一度は身体の向きを変えなくてはいけません。

 

立てなければ、排泄もしにいけないので、オムツをつけて、こまめに取り変えなくてはいけません。

 

 

 

 

 

ごはんも、柔らかいものを用意して、その子のペースに合わせて、ゆっくり食べさせてあげます。

 

 

スムーズに食べれる子もいれば、食べるのに1時間かけて食べる子もいるでしょう。

 

 

 

他にもたくさんの介護が必要になることでしょう。

 

 

 

ペットと暮らすならば、介護に対する覚悟もしっかり持たなくてはいけません。

 

 

 

 

 

ペットを看取る覚悟

 

 

たくさんの愛情を注いで、共に暮らしてきたペットですが、必ず、別れの時が来ます。

 

 

 

動物はどうしても人間より、寿命が短いです。

 

 

ずっと一緒にいたい。

 

もっともっと一緒にいたい。

 

 

その想いと願いが尽きることはないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

何年も共に連れ添い、数えきれない思い出がたくさんあります。

 

楽しかった思い出。

嬉しかった思い出。

時にはケンカをして、悲しくなったり。

いたずらをされて、困ったり。

病気になり、とても辛い思いをしたり。

 

 

いい思い出ばかりではないけれど、その全てがとても大切なものです。

 

 

眠るように旅立つ子もいれば、病気で苦しみながら旅立つ子もいます。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、旅立った先には、もう苦しみはありません。

 

天国がどんな場所なのかは、誰にもわかりませんが、きっとあたたかい場所だと思います。

 

 

 

『虹の橋』をご存知でしょうか?

 

飼い主より、先に旅立ったペットは、天国にある『虹の橋』と言う場所で、飼い主が来るのを待っているそうです。

 

そこには他の動物もたくさんいて、寂しくないそうです。

 

 

 

 

私たちは、一生の別れのように感じますが、そんなことはないのです。

 

 

ペットには必ず、虹の橋で再会できるのです。

 

 

 

 

きっと、すぐには前に進めないでしょう。

 

それでも、いつかは前を向き、生きていきます。

 

たくさんの思い出を胸にしまって。

 

 

また会える日を願って。

 

 

 

 

 

 

 

看取る覚悟

 

 

それは簡単なものではありません。

 

ですが、ペットを見送る際に、その覚悟をしっかりもっていれば、悔いのない見送りができることでしょう。

 

 

涙は尽きないと思います。

 

でも、たくさん撫でて、たくさん声をかけてあげて下さい。

 

 

それがペットにとって一番幸せなことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

ペットの納骨なら大森ペット霊堂

最愛の子の最期についてなど

何でもご相談下さい

大森ペット霊堂は動物と人の共生を目指します

東京都大田区大森東2-1-1

0120-176-594

スタッフ 水野