24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2018.02.28
  • スタッフブログ

決められた時間の中でペットちゃんとお別れをしっかりしてあげること

 

大森ペット霊堂の江川です。

 

先日柴犬ちゃんのご火葬で来堂されたご家族様のお話をさせていただきます。

 

柴犬ちゃんのご家族様のお話をさせていただきます。

 

ご葬儀当日、柴犬ちゃんのご家族様はお気持ちが大分動揺されていて、暗い表情でいらっしゃり、ずっとその子を抱っこしたまま立たれていました。

 

 

 

 

そしてご葬儀を終え、斎場へ

 

 

ご家族様は火葬炉の上にお寝かせした後に、その子と色んな思い出が浮かんだのでしょうか、嗚咽するほど泣きくずれてらっしゃったのです。私もつられて泣いてしまいそうでした。

その子のご収骨ご案内の際に私が

 

 

「お気持ちは大分おちつかれましたか?。」

 

 

と問いかけましたら、

 

 

   「ええ…」

 

 

とまだ少し疲れているご様子でした。

 

 

 

 

しかしその子のしっかりした頭骨、綺麗な爪、指などを見られて大変感動されていました。

お帰りの際、外でお見送りさせていただいたときに私に向かって

 

 

綺麗にご火葬していただきありがとうございます。ご葬儀も丁寧にしていただきありがとうございます。落ち着かなかった気持ちがホッとしました。また何かあったらよろしくお願いします。

 

 

と、涙ながらにおっしゃっていただきました。大変うれしい言葉であります。私も目頭が熱くなってしまいました。

 

ペットロスになる方の中には、いいお別れが満足にできなかった方も少なからずいらっしゃると思います。

 

 

その子とのお別れは一度きりです。

 

 

それなのにその時を悔やむようなことがあってはいけないと思います。

大森ペット霊堂でご火葬された方にはそのような後悔は絶対にしてほしくないのです。

この子の為に江川はここまでしてくれたんだ!と思っていただけるように日々ご対応させていただきます。

 

 

私は施設では、主にご火葬を中心にさせていただいてます。

 

斎場でペットちゃんの最後を、飼い主様と共に火葬炉までお見送りさせていただいています。

そこで、火葬出来るものと出来ないモノのご説明をさせていただきます。

 

 

・お

(色が濃いものはお骨に色が付きやすい)

・タ

(バスタオルなどはOK。厚手のクッション、布団はNG)

 

・ごはん、おや

  (適量)

 

しかし一概にこれは出来ませんと断言できませんので、ご来堂される時に火葬したいものは全部お持ち頂いてます。

その中で火葬スタッフに確認後、火葬できるか、できないかお伝えさせていただいてます。

私たちは、その子がちゃんと旅立つ御支度をお手伝いさせていただきます。

 

江川