BLOG

ブログ
メディア各位 ペット火葬取材でのお願い事
2018年4月18日

大森ペット霊堂でございます。

 

私たちペット霊園では、ペット火葬の実態をお話させていただく取材やTV番組依頼を受けることが最近多くありますので、その時のお願い事をお書きさせていただきます。

 

必ず、こちらをお読みになってから取材のご依頼をどうぞお願い致します。

 

 

 

 

①お越しいただくご家族様が最優先です。

 

ペット火葬、葬儀にお越しいただく家族さまは、とてもお気持ちが繊細になり、皆さまの想像をはるか超えるほどの悲しみと直面しております。

取材のお時間と時間が重ならないように十分配慮をして予約をとらさせていただきますが、直接お連れ頂く方も多くおられます。

その際は、家族様に迷惑が掛からないよう、十分の配慮のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

伴侶動物(ペット)は犬、猫だけではございません。

 

犬、猫=ペットというイメージを持つ方がたくさんおられますが、その他にも多くの家族さまが大森ペット霊堂にお越しいただきます。

小動物のうさぎやモルモット、モモンガ。鳥類のインコやオウム、フクロウなど。

爬虫類では、トカゲやヘビ。そして、魚類では古代魚や金魚、鯉。

 

すべての命は同じであるという考えのもと、変わらないご葬儀をさせていただいております。

重々理解をいただいた上でのご対応をお願い致します。

 

 

 

 

 

③施設内には、多くの保護動物がいます。

 

施設内で、保護動物の終生飼育をお願いされている子、里親を探している子など、スタッフと一緒に暮らしております。

猫ちゃんなど、触れるときには必ず衛生管理のため、手洗いをお願いしております。

保護動物の取材にも応じさせていただきますが、第一に動物たちの体調管理を優先させていただきますので、ご了承くださいませ。

 

 

 

 

④私たちは何一つ隠したりしません。

 

自分たちを良いようにみせることは考えておりません。ペット火葬に対する想い、ペット霊園の存在意義、なんでもお答えします。同業の方に嫌われようが関係なく、実際のことをお話致します

取材が円滑に進みますよう、どんなことも隠さずお答えさせていただきますので、メディア様もストレートにお聞きしたい質問を用意してください。

 

 

 

 

 

⑤私たちは、葬祭業ではありません。動物業です。

 

私たちは、ペットの火葬お手伝いだけでなく、ペットライフを送る方たちの幸せを応援する立場でもあります。

生前相談も行いますが、それ以上に飼育相談

 

「ご飯の食いつきが悪くなった」

「おしっこのしつけが全然できない」

などの質問にもお答えさせていただく立場です。

 

 

 

葬祭に関しては、厚労省認定1級葬祭ディレクターを所持したスタッフ研修のもと、人間の葬儀を超えるセレモニーを構成。

動物への想いに関しては、愛玩動物飼養管理士資格ペットシッター資格を持ち、全スタッフがボランティア活動に率先して行動するなど、生粋の動物愛をもっております。

 

お時間が許す事でございましたら、葬祭に関してお話させていただく場合、動物に関してお話させていただく場合とお時間をお取りいただきたいと思います。

それこそが、ペット霊園だと思っております。

 

 

 

 

 

ドラマ撮影や番組出演依頼に関してもお声がけくださいませ。

ペット霊園の存在や業界の実態を、メディア様を通して多くの方に知っていただくことが大事であり、私たちも望むところでございます。

 

メディア様に来ていただく身分でありますが、

まずは私たちを信頼してペット火葬にお越しいただく家族様のことを、一番に考えたいと存じます。

多くのメディア様から取材依頼があります故、必ずお読みになっていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

まだまだ理解は遠いですが、私たちは動物を一番に考えておりますので、メディアの皆さまも、動物の取材をする際には、是非一緒に動物のことを第一に考えていきたいと思っております。

ご理解のほど、よろしくお願い致します。

 

 

 

大森ペット霊堂

動物ボランティア団体 友愛の会

代表 齋藤 鷹一

 

品川区でペットの火葬を検討の方
2020年6月22日

品川区の都心の住宅街にお住いの方や、品川駅付近や高輪など、ビルが立ち並ぶ街にお住まいの方へ、ペットと一緒に暮らしている方のご不安を解消できればと思います。本日は、東京都品川区にお住いの方が選ぶペットの火葬業者の選び方を説明します。

※品川区の近くの大田区、目黒区、港区も似ておりますが、品川区を題材にお話しをさせていただきます。

品川区の都心部はタワーマンションや会社の高層階の建物が並び、オフィス街としても知られております。

その反面、大井、戸越といった城南地域は、住宅街が並びます。品川区でも多くの家族さまが動物と暮らしています。こないだは、城南地域でバーニーズマウンテンドッグと散歩をする家族さまに会いました。猫と暮らしてたり、ウサギなどの小動物、爬虫類とも多く家族に迎え入れている方もいると思います。ペットの火葬にお越しいただく方も品川区の方が多くいらっしゃいます。

では、万が一家族であるペットちゃんがお亡くなりになった際、私ども以外でペットの火葬を行っている霊園はいあるのでしょうか?品川区住まいの方は、大森ペット霊堂が火葬や葬儀のお手伝いさせていただいている背景から色々と考えていきましょう。

大森ペット霊堂がペットの火葬で選ばれる理由

では、なぜ品川区お住まいの方に大森ペット霊堂がこれだけ選ばれるか??理由は一つだけです。

〖動物のことを思っていること〗

ペット霊園の中では当たり前にしなければいけないことのようですが、現状当たり前ではありません。動物をモノとして営むペット霊園が全国に多く存在します。必ず、ペット火葬やペット葬儀をお頼みする際は、複数のペット霊園を自身の目で確認してください。

ペットの火葬は葬祭業ではなくて、動物業

動物の知識もないのに上辺だけの対応でペット火葬を営むペット火葬業者が品川区付近に存在します。

スタッフで犬のコーギーと一緒に暮らしております。コーギーには、大きく分けて2種類います。

  • ・ペンブローク
  • ・カーディガン

ペット火葬業者は犬と答えると「体重は何キロくらいですか?」と聞きます。有名なチワワやMダックスでさえ犬種を知らない人が多いです。猫ちゃんの予約の場合も同様です。アメショ、スコティッシュ、ロシアン、ソマリなどの種類の子たちをペットの火葬業者は知らないのです。また、兎でも鳥でも爬虫類でも同じ事です。

ペットの火葬には種類なんて関係ない??

ペットの名前もそうです。ペットの名前を聞いたりするペット火葬業者あまり存在しません。もっと、その子のことを考え、行動できる品川区を請け負うペット火葬業者が増えるよう、私たちは多くのペット霊園に発信しています。

品川区のペット火葬は移動火葬車が多い?

ペット霊園は品川区にはなく、移動火葬車で道路上などでペットの火葬をすることが多いです。ただ、モラルが悪い火葬業者も存在するので品川区で選別する時には施設見学にいかれる事をお勧めします。

移動火葬車とは?

車の中に火葬炉を積みご自宅前や道路上でペットちゃんをご火葬し、荼毘≪お骨≫にする車です。

どこでも火葬ができてしまう反面、道路許可などを取得せずに違法駐車をして火葬をしているペットの火葬業者が品川区内で多く活動しています。

ペット霊園とは?

固定の火葬炉を設置し、園内にお別れをする本堂といわれる場所や、お墓などペット葬祭のすべてがあるところを指します。品川区からとても近いペットの火葬ができる私たち大森ペット霊堂は、このペット霊園でございます。

移動火葬車とペット霊園はどっちがいいの??

どちらが良いなど、決まりはありませんが、私たちが移動火葬車を使わない理由は以下の通りです。

  • ・法令遵守でしっかりとペットを見送ることが後悔がない
  • ・自宅駐車場で火葬すると、近隣とのトラブルの原因に
  • ・人と同じようにペットに尊厳を持ちたい
  • ・火葬炉の性能が違う。骨が綺麗に残る

品川区のペット火葬は私たちにお任せください

品川区の地域ですと、大森ペット霊堂は5分~10分ほどの場所にあり、送迎、お迎えもお伺いしております。大森地域ということもあり、品川区との境でペットの火葬を行っておりますので多くの方が私たちを任せてくださります。もちろん品川区でない方でも悪徳のペット霊園や火葬業者が多い中、どこを選べばいいかわからない時のご相談や問い合わせも受け付けております。

港区、目黒区、世田谷区、大田区など、品川区近隣地域の方もペットの火葬をしたいと願う皆様にを多く選ばれておりますし、大森ペット霊堂へのアクセスの利便さも選ばれる理由です。

すべてのペットライフをお過ごしの方が、後悔のない選択ができるように、大森ペット霊堂はペット火葬、ペット葬儀のプロとして、又、みなさまと同じ動物を心から愛している一人として、サポートさせていただきます。

大森ペット霊堂スタッフすべてが、動物を愛する人材であります。

ペットの火葬のことで少しでもご不安やお悩みのある品川区住まいの方は、些細な事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。

品川区のペット火葬、ペット葬儀、生前相談なら

大森ペット霊堂

里親探し、ボランティア、飼育相談、学校教育のことなら

動物ボランティア団体 友愛の会

東京都大田区大森東2-1-1

0120-176-594

〖緊急重要〗2月20日 解決致しました!
2018年2月19日

下記に書いた記事ですが、解決いたしましたので、通常通り、ペット火葬、ペット葬儀や生前相談等の受付はフリーダイヤルにご連絡くださいませ。

 

ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

 

 

大森ペット霊堂 齋藤

 

 

※下記の記事は2018年2月19日に掲載したものです。

 

 

大森ペット霊堂 齋藤です。

 

現在、ソフトバンク電波障害の原因により、大森ペット霊堂のフリーダイヤルの番号が繋がりにくい状態です。

 

 

代表番号におかけくださいませ。

大森ペット霊堂 電話番号

03-3763-6300

 

 

 

 

上記への連絡またはHP内にある、お問合せフォームからメールでのお問合せくださいませ。

すぐにご対応させていただきます。

 

復旧次第、再度お知らせさせていただきます。

 

ペット葬儀、ペット火葬のことや生前相談をご希望されている方など、多大なご迷惑をおかけしております。大変申し訳ございません。

 

そして信頼をいただいている皆さまにも、多大なご迷惑をおかけし、大変遺憾でございます。

 

 

すぐ、復旧できるほど対処できればと思っております。

 

 

 

大森ペット霊堂  齋藤 鷹一

 

 

港区でペット火葬、ペット葬儀をお考えの方へ
2020年6月15日

ペットの火葬や葬儀を探す際、港区といった都会でビルが立ち並ぶ街にお住まいの方へペットと一緒に暮らしている方のご不安を解消できればと思います。

※港区近隣でもある渋谷区、新宿区、目黒区、品川区も同様のことですが、港区を題材にお話しをさせていただきます。

ペットの火葬を港区にお住まいの方が選ぶには!

港区のペット火葬って?

港区は、タワーマンションや大手会社のビルなど高層階の建物が並び、とても人が賑やかにいる町です。

そんな港区にお住いの方も多くの家族さまが動物と暮らしています。よく一緒にワンちゃんとお散歩をしている方もいらっしゃいますね。

犬だけでなく猫と暮らしてたり、ウサギなどの小動物、爬虫類とも多く家族に迎え入れている方もいると思います。ワンちゃんなどのプレミアムフード店も人気の一つですね。

最新医療が受けることのできる動物病院、トリミングサロン店、ペットと一緒に入れるご飯屋さんなど、港区は都会でありつつ、動物と共生できる場所でありつつあると思います。

では、万が一家族であるペットちゃんがお亡くなりになった際、助ける方はいらっしゃるでしょうか?

答えはYESです。

ただ港区には、ペット火葬業者は様々いますがペット霊園は、1つも存在しません。

港区いるペットの火葬業者は全て【移動火葬車】です。

移動火葬車って??

ペット火葬業者が使う移動火葬車ってなんだろう??

移動火葬車とは、車の中に火葬炉を積みご自宅前や道路上でペットちゃんを火葬し、お骨にする車のことです。

ペット霊園とは違い、どこでも火葬炉を運ぶことができるので、今の現在のニーズにはあっている仕組みだと思います。

ペット霊園とは??

ペット霊園とは、固定の火葬炉を設置し、園内にお別れをする本堂といわれる場所や、お墓などペットの火葬、またはペットの葬儀のすべてができる施設を指します。

私たち大森ペット霊堂は、このペット霊園です。

港区で頼む場合、移動火葬車とペット霊園はどっちがいいの??

一概に、どちらが良いとは言えません。どちらもペットを火葬できることも確かです。

ただ、火葬炉の性能やお骨の残り方などには差はあるかとは思います。

その他の理由としても、私たちが移動火葬車を取り組まない理由があります。

管轄の問題

ペット霊園といわれるところは環境省が管轄をし、移動火葬車は国土交通省が管轄しております。もちろん、人間の葬祭の斎場もすべて環境省が管轄でております。

法律の問題

港区でペットの火葬をする際、どうしても自宅の敷地内でできるとこが少ないです。そんな時、移動火葬車の方は道路上でペットを火葬します。

これは【道路交通法違反】です。許可をとって行えばよろしいのかも知れませんが、法に遵守して行っている施設は少ないです。

また仮に港区でも、自分の敷地内で火葬を行ったとします。近隣住人とのトラブルも避けられませんし、煙が出ないという方もいますが、火葬の際は出ることが多いでしょう。

 

私たちはそのように港区住まいの方にも安心してペットの火葬を行って欲しい。そのようなことが後悔に繋がり、「こうしてあげれば良かった」とペットロスになってしまう方も多いでしょう。

私たちは動物のいのちを本気で取り組んでおります。大切に後悔なくお見送りをしてあげたい。

大森ペット霊堂はこのペットの火葬の業界を心から変えていきたい奮迅する霊園です。

亡くなった動物だけでなく、今生きている動物のためにも、私たちは一動物業を営む人として責任があります。動物と人が、共生できる世の中にしていきたいと思っております。わたしたち大森ペット霊堂は、ペット火葬やペット葬儀を港区の方にもお手伝いさせていただいています。

港区でペットの火葬を依頼して、自宅まで送迎はしてくれるの?

移動火葬車は、自宅まで。ペット霊園はいかなければいけない。

このようなレッテルが貼られていますが、ペット霊園はどこでも送迎を行っています。ご自宅まで訪問し、自宅で葬儀をすることも可能です。ペットの火葬を依頼し、港区への送迎に行っている霊園で一番近隣であるのは大森ペット霊堂でしょう。

 

港区までのペット火葬のお迎えはどれくらい時間がかかる?

港区の地域ですと、大森ペット霊堂は15分~20分ほどです。ペット火葬をみたいという方、施設に一緒にきたいというご希望も承り、一緒に施設にお越しいただくことが可能です。

また港区でなくお近くでない方でも火葬業者が多い中、どこを選べばいいかわからない時のご相談や問い合わせも受け付けております。

目黒区、世田谷区、品川区など、港区近隣地域の方もペット火葬が必要な方は大森ペット霊堂を多く選ばれています。大森ペット霊堂へのアクセスの利便さも選ばれる1つの理由です。

私たちがペットの火葬で港区お住まいの方に選ばれる理由

  • ・近くのペット霊園である事
  • ・ペットの骨がとても綺麗である事
  • ・スタッフが動物の事を考えている事
  • ・24時間受付している事
  • ・動物のボランティア活動をしている事

様々、暖かいお言葉をいただきますが、ペットの火葬や葬儀はその子にとってたった一度きりのことです。後悔なくお見送りができる事を強くお伝えします。

最後に

ペットの火葬や葬儀を港区で探されている方も含め、亡くなったペットに弔いをしたいと考える全ての飼い主様は本当に愛した我が子の旅立ちをします。

そんなとても大事なペットのお別れは、是非後悔のないようにお決めいただければと思います。大森ペット霊堂は皆様が安心してご利用できるよう【必要とされるペット霊園】を目指して、これからも運営してまいります。

どんな些細なことでもご不安のこと、わからないことがありましたら何でもご相談くださいませ。

 

港区のペット火葬、ペット葬儀、生前相談

大森ペット霊堂

里親探し、ボランティア、飼育相談、動物の学校教育のことなら

動物ボランティア団体 友愛の会

東京都大田区大森東2-1-1

0120-176-594

ペット葬儀やペット火葬を川崎で探している方
2020年5月30日

ペットの火葬や葬儀を川崎で探している方へ

川崎のご家族様からのご依頼が多く頂きている大森ペット霊堂です。近くということもあり、皆様ご利用いただいております。

わたしたち川崎の方に選ばれる大森ペット霊堂では、ペット火葬・ペット葬儀をお手伝いさせていただいている他にも生前相談や飼育相談を無料で行っております。

生前相談では、

  • 「万が一のときの費用の問題」
  • 「ペットの安置の方法」
  • 「後悔のないお別れ方」
  • 「安心できる場所を選ぶ」

飼育相談では、

  • 「吠える癖を直したい」
  • 「スキンシップの取り方」
  • 「元気がない」
  • 「ご飯を食べてくれない」

など、どんなことでもご相談を受け付けております。

川崎の地域ですと、大森ペット霊堂は15分~20分ほどの場所にあり、もちろんお迎えもお伺いできます。

悪徳のペット霊園や火葬業者が多い中、どこを選べばいいかわからない時のご相談や問い合わせも受け付けております。

川崎区、幸区、中原区などの地域のペットの火葬やペットの葬儀をお探しの方は大森ペット霊堂を選ばれております。

 

川崎の方に選ばれる理由

  • ・ペットのお骨が綺麗
  • ・動物の専門家のスタッフ
  • ・人にも動物にも寄り添えるスタッフ
  • ・ボランティア活動
  • ・距離が近い

すべてのペットライフをお過ごしの方が後悔のない選択ができるように、川崎にお住まいの方にも大森ペット霊堂はペット火葬、ペット葬儀のプロとして、又、みなさまと同じ動物を心から愛している一人として、サポートさせていただきます。

何か、お困りのことが少しでもございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

川崎市のペット火葬、ペット葬儀、生前相談なら

大森ペット霊堂

里親探し、ボランティア、飼育相談、学校教育のことなら

動物ボランティア団体 友愛の会

東京都大田区大森東2-1-1

0120-176-594

12月23日(土・祝) 年納め供養祭のお知らせ
2017年11月16日
1 2 3