BLOG

ブログ
ハムスター 火葬
ハムスターの火葬はどこにお願いするべき?絶対に後悔しないためにやるべきこと
2020年4月18日

ハムスター 火葬
大切なハムスターが、突然亡くなる。

本当に突然のことで、頭がパニックになってしまうことでしょう。

ですが、ずっと可愛がってきた大切な家族ですから、最後の最後まで責任をもって見届けたいと思うはずです。

そこで今回は、ハムスターの火葬はどこにお願いするべきなのか。

絶対に後悔しないためには、何をするべきなのかを見ていきましょう。

    1. 目次
  1. 1.そもそもハムスターが亡くなったらどう対応するべきなの?
  2. 1-1.自治体にお任せする
  3. 1-2.自宅の庭に埋葬する
  4. 1-3.ハムスターの火葬専門業者にお任せする
  5. 2. ハムスターの火葬専門業者を利用するデメリット
  6. 2-1.費用が発生してしまう
  7. 2-2.悪徳業者がごくまれに存在している
  8. 3. ハムスターの火葬専門業者を利用するメリット
  9. 3-1.ペットも人間と同じように丁寧に扱ってくれる
  10. 3-2.亡くなったハムスターも安心して天国へ行ける
  11. 3-3.24時間365日対応してくれる
  12. 3-4. さまざまなプランに対応している
  13. 3-5.生前相談ができる
  14. 4.ハムスターの火葬まとめ

そもそもハムスターが亡くなったらどう対応するべきなの?

ハムスター 火葬

ハムスターという小動物が亡くなってしまうと、どうやって見送ってあげればいいのかを迷ってしまうはずです。

なぜなら、そう何度もハムスターが亡くなる経験をしないからです。

とは言っても、適当に埋葬してしまうと周りに迷惑をかけるのはもちろん、亡くなったハムスターが悲しむかもしれません。

ですから適切な方法で、ハムスターを見送ってあげなければなりません。

自治体にお任せする

市町村の自治体で、ハムスターの火葬をしてくれるところがあります。

自治体でのハムスターの火葬は、どこよりも料金が安いという特徴がありますがあくまで火葬だけしかやってくれません。

また、自治体ということもあり平日もしくは土曜の夕方までの受付など、対応できる時間が限られていることがほとんどです。

さらに、自治体でのペットの取り扱いは一般廃棄物というカテゴリになってしまうため、ゴミと同じ焼却方法をとるという大きなデメリットがあります。

ハムスターを大切な家族として迎え入れ、何年も一緒に生活してきた飼い主としては、ゴミとして処分されるのは許されないはずです。

ですから、値段の安さではなく安心してハムスターを見送れるようなところにお願いしたいというのが本音ではないでしょうか。

自宅の庭に埋葬する

ハムスターそのものがとても小さいこともあり、自分の家の庭に埋めたり、あわよくば近くの公園などに埋葬してあげればいいか、と思ってしまうかもしれません。

たしかに、自分の家の庭であれば全く問題ありません。

しかしマンションなどの共同管理をしているところや、市町村が管理しているような公園などに埋葬してしまうと、トラブルになる可能性があります。

自分自身がとても小さな子どもでしたら、知らずに埋めてしまうのはよくあることですから、そこまでとがめられることはありません。

しかし、大人になればなるほどやっていいことと悪いことの判断がつくはずですから、少しでも不安を感じたのであれば辞めておくべきと言えます。

ハムスターの火葬専門業者にお任せする

実は、ハムスターを火葬してくれる専門業者があることをご存知でしたでしょうか。

火葬業者と言えば、どうしても人だけというイメージを持っている人が多いはずです。

ですが、ペットを専門としている火葬業者はたくさんありますし、犬や猫だけではなく小動物までも対応しているという特徴があります。

では、自治体も火葬業者どちらも同じことができますが、火葬業者を利用するとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

▶▶ハムスター火葬に関連する記事はこちら⇒ハムスターが飼い主に知らせる最期のメッセージ

ハムスターの火葬専門業者を利用するデメリット

ハムスター 火葬

なんでもそうですが、メリットもあればデメリットもあります。

まずは、ハムスターの火葬専門業者を利用するデメリットから見ていきましょう。

費用が発生してしまう

自治体をはじめ、火葬専門業者を利用する場合いくらかの費用がかかってしまいます。

もちろん、業者によって値段は異なりますが無料で火葬をすることはできません。

また、自治体の火葬よりも専門業者のほうが値段は高い傾向にあるため、予算が限られている人からすれば前者を利用せざるをえません。

ただし、火葬専門業者によっては思っている以上に安く引き受けてくれるところもあるため、探してみるべきと言えます。

悪徳業者が存在している

火葬専門業者を事業にしているからこそ、悪徳業者が存在している場合があります。

たとえば、ペットを雑に扱われたり、あとで高額な費用を請求されたりなどが該当します。

やはり、飼い主は悲しみでいっぱいだからこそ、適切な判断ができなくなってしまうものです。

その心理を利用し、高額な費用を伝えることなく後で請求されるというわけです。

もちろん、ほとんどの火葬専門業者は優良ではありますが、可能性として悪徳業者が存在しているためご注意ください。

ハムスターの火葬専門業者を利用するメリット

ハムスター 火葬

では、ハムスターの火葬専門業者を利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ペットも人間と同じように丁寧に扱ってくれる

自治体では、ハムスターはゴミとして処分されますが、火葬専門業者は全く違います。

なぜなら火葬専門業者は、どんな動物であっても生きていたときと同様に接してくれるからです。

大切なペットがなくなったときは、飼い主も相当な精神的ダメージをおっています。

そんなときにペットを大切に扱ってくれると、少しくらいは心が安らぐのではないでしょうか。

亡くなったハムスターも安心して天国へ行ける

もし仮に、自治体でゴミとして処分されたとしましょう。
飼い主は傷つきますが、亡くなったハムスターはもっと傷ついているかもしれません。

ですから、今までのお礼やこれから安心して旅立てるように、ハムスターの火葬専門業者にお願いをするというわけです。

もちろん、亡くなったハムスターの気持ちは解りませんが、最後までしっかり対応してあげることで、安心して天国に旅立てるのではないでしょうか。

 

24時間365日対応してくれる

自治体は市町村が管理しているため、たとえば朝の9時から夕方の5時までと営業時間が決まっています。

しかし、ハムスターはいつ亡くなるのかなんて解りませんし、万が一深夜に亡くなってしまったらとても不安に思ってしまうことでしょう。

ペット火葬業者にもよりますが、24時間365日受付しているところもあるため、いつどういうトラブルが起きたとしても、迅速な対応をしてくれるというメリットがあります。

さまざまなプランに対応している

ハムスターの火葬専門業者では、さまざまなプランに対応しています。

たとえば火葬場まで立会い、お骨を納めることもできますし、スタッフに任せることもできます。

他のペットと一緒に火葬してほしい場合も、合同葬として対応してくれます。

また、より手厚く見送りたいとお考えでしたら花祭壇を作ってくれたり、住職や神父などを呼ぶことも可能です。

つまり、ただ火葬をするだけではなく要望に応じてさまざまなことができるというメリットがあります。

生前相談ができる

あまり考えたくないかもしれませんが、ハムスターもいつ亡くなるのかなんて解りません。

しかし、様子がおかしかったり異変に気付いたりしたときは、もしかして、と思ってしまうものです。

そのため、突然ハムスターが亡くなって焦ってしまうよりも、事前にこういうプランがあって、料金はどれくらいということを知っておけば、万が一のことが起きても落ち着いて対応できるはずです。

ハムスターの火葬専門業者では、生前相談にも対応している所があるためハムスターのためにも事前に確認をしておきましょう。

ハムスターの火葬まとめ

ハムスターの火葬はどこですればいいのかを、迷ってしまう人は非常に多いです。

ですが、ちゃんとハムスターの火葬ができる専門の場所があるため、お亡くなりになった場合はご利用ください。

亡くなったハムスターも、手厚く見送ってくれて喜んでくれること間違いありません。

猫 火葬
猫の火葬はどこにお願いするべき?失敗しないためにやるべきこととは
2020年4月18日

猫 火葬

毎日一緒に過ごしていた大切な家族。

しかし、猫も人間と同じようにある日突然亡くなってしまうことがあります。

そういう予兆があったとしても、正直なところ信じられないのではないでしょうか。

とはいえ、現実的に猫が亡くなってしまったので次にやらなければならないことがあります。

それが火葬です。

今回は猫の火葬はどこにお願いするべきなのか、失敗しないためにはどうするべきなのかを見ていきましょう。

    1. 目次
  1. 1.猫の遺体はそのまま放置はできない!?
  2. 2.猫を火葬する場所は大きく分けて3つある
  3. 2-1.民間の火葬業者・霊園
  4. 2-2.自治体火葬
  5. 2-3. 出張火葬サービス
  6. 3.猫の火葬の流れについて
  7. 3-1.葬儀社・霊園・自治体などに連絡をする
  8. 3-2. お別れのために事前準備をしておく
  9. 3-3.直接火葬場へ行くか迎えに来てもらおう
  10. 3-4.火葬場で火葬をする
  11. 3-5.最後はお骨の対応
  12. 4. 猫の火葬業者の探しかた
  13. 4-1.ホームページから探す
  14. 4-2.ホームページだけでは全て見えない
  15. 4-3.口コミをチェックしておく
  16. 5. 猫の火葬のまとめ

猫の遺体はそのまま放置はできない!?

猫 火葬

大切な猫が亡くなってしまっても、できるだけそばにいたい。

そうお考えの人は非常に多いのではないでしょうか。

しかし現実問題、人間もペットも亡くなったからと言ってそのまま家に置いておくわけにはいきません。

とくに猫はとても小さいため、しばらくは大丈夫だろうと思うかもしれませんが、なるべく早期対応をする必要があります。

なぜなら、どんな生き物でも亡くなったらどんどん腐敗していくからです。

生き物が腐敗してしまうと、亡くなったペットのためにもなりませんし、なにより衛生的にもよくありません。

そのため、猫が亡くなったら迅速な対応をしてあげることが重要です。

猫を火葬する場所は大きく分けて3つある

猫 火葬

実は、猫を含めペットを火葬する場所は3つあることをご存知でしたでしょうか。

最低限、火葬をする場所さえ知っておけば、いざというときにパニックにならずにすむことでしょう。

民間の火葬業者・霊園

人間の火葬業者と同じように、猫も民間の火葬業者が存在しています。

民間の火葬業者では葬儀や火葬、納骨、供養までをすべて行っている火葬業者もあります。

つまり、大切な家族だった猫を人間と同じように最後まで見送ることができるというメリットがあります。

ただし、ペットの葬儀会社のなかには悪質な業者も存在するため、注意が必要です。

自治体火葬

市町村が運営・管理をしている公営火葬場で猫の火葬に対応してくれます。

民間の業者とは違い市町村が運営しているため、信用度で言えば圧倒的にこちらのほうが高いと言えます。

ただし、自治体の火葬サービスはあくまで猫を物として扱う傾向にあるという特徴があります。

それはどういうことか。

猫もそうですがペット全般が、ゴミと同じ一般廃棄物として処分されるため、確実に雑な扱いになってしまうというデメリットがあります。

つまり、愛情を注いできた猫を雑に、そしてゴミとして扱われるわけです。

動物好きからすれば、そんな方法は取れませんし許せるわけはありません。

出張火葬サービス

車がないし、移動手段もない。

そういうときは出張火葬サービスが大いに役立ちます。

出張火葬サービスは、名前の通り自宅まで専門業者が来てくれ火葬をしてくれます。

また、自宅でお別れをしたいとお考えの場合にも、出張火葬はピッタリなサービスと言えます。

ただし、このようなサービスは火葬施設が必要ではないことから所在が分からない業者が存在しており、十分注意する必要があります。

 

▶▶猫の火葬に関連する記事はこちら⇒ペットを火葬するならどこにお願いするのがおすすめ?絶対に後悔しないための4つのポイント

猫の火葬の流れについて

猫 火葬

もし、大切な猫が亡くなってしまったときに、何をどうすれば良いのかを迷ってしまうはずです。

そこで、猫が亡くなってしまったあとの流れについてお話します。

葬儀社・霊園・自治体などに連絡をする

猫が亡くなってしまったのであれば、ペット専門の葬儀社や霊園、自治体に連絡することが最初にやることです。

亡くなったペットの気持ちになって、葬儀社や霊園にお願いをするのか、それとも自治体に任せるのかをよく考えましょう。

火葬はいちどきりです。

失敗もやり直しもできませんので、後悔のないような選択肢をとってください。

お別れのために事前準備をしておく

猫をそのまま火葬するのであればなにも必要ありませんが、内容にこだわりたいのであれば事前準備をする必要があります。

たとえば、棺のなかへ一緒に入れるものをはじめ数珠、ハンカチなどを準備しておくとベストです。

ただし、棺に入れられないものもありますので事前に確認しておくといいでしょう。

直接火葬場へ行くか迎えに来てもらおう

猫を火葬する場合は、当然ながら専門業者のところに行かなければなりません。

もし、指定場所まで車を使って猫と一緒に移動できるのであれば問題ありませんが、すべての人がそれをできるわけではありません。

そのときは、迎えに来てもらうことが可能なのか、難しい場合はどうすればいいのかを確認しておくようにしましょう。

火葬場で火葬をする

霊園や葬儀場に到着すると、猫を火葬します。

とはいえ、突然起きる不幸に戸惑いを隠せず、自宅に猫をしばらく置いておきたいと思うこともあるはずです。

別れの決心をつけるためにも、1日~2日程度で火葬するようにしましょう。

また、数日自宅で置いておく場合はドライアイスと冷房で適切な処置を行うことが重要です。

最後はお骨の対応

猫の火葬が終わりましたら、最後はお骨をどうするのかを決めなければなりません。

合同火葬では、複数のペットの火葬をするためお骨は返ってくることはありません。

また、自治体での火葬を選んだ場合も基本的には処分されてしまいます。

霊園や火葬業者によってはお骨を返してくれるところもありますので、どうするのかを考えておきましょう。

猫の火葬業者の探しかた

猫 火葬

もし猫が亡くなったときに、どこに問い合わせをすればいいのかを迷ってしまうのではないでしょうか。

焦ってしまった結果、悪徳業者に当たってしまうことも考えられます。

そこで、安心できる猫の火葬業者の探しかたについてお話します。

ホームページから探す

どんなところでもそうですが、利用したいと思ったときにその業者の詳細が解らないと問い合わせしたくなくなるものです。

しかし今はどんな会社でも、ホームページをもっている時代になったため、まずは近隣の火葬業者を探してみるべきです。

気になるエリアの火葬業者のホームページを見て、メニューや料金、強みなどを見て良さそうであれば問い合わせしてみましょう。

ホームページだけでは全て見えない

ホームページはどうしても文字や画像でしか判断できません。

たとえば、ホームページではすごい良いことが書いていたとしても、実態は真逆かもしれません。

ですからホームページを見た後は、かならず電話やメールなどで問い合わせするべきと言えます。

なぜなら、電話やメールでの対応でちゃんとした業者かどうかがある程度見えるからです。

ものすごい丁寧な対応であれば、安心して利用できますし、そうではない場合は違う業者も考えるべきではないでしょうか。

口コミをチェックしておく

ホームページを見て、問い合わせも対応が良かった。

でもサービス内容は最悪かもしれません。

そこで、インターネット内にある口コミを調べておくとより安心して利用できると言えます。

なぜなら口コミは利用したユーザーが、実際に体験したことを書いているからです。

ただ、基本的にそういうサイトは匿名性が高いため、信憑性にかけるというデメリットがあります。

ただ、本当に評判の良い火葬業者であれば、ほとんどは良い口コミで埋まっているはずです。

ですから口コミもある程度参考にして、猫の火葬業者を決めるようにしましょう。

猫の火葬のまとめ

猫の火葬をするところはたくさんありますが、選びかたを失敗するとずっと後悔してまうことになりかねません。

ですから絶対に後悔しないためにも、しっかり事前に調べて猫の火葬業者を利用するようにしましょう。

うさぎ 火葬
うさぎを火葬するのはどこが最適なの?火葬は一度きりだから後悔しないように!
2020年4月18日

うさぎ 火葬
うさぎと一緒に、そして幸せに暮らしていたのに、いずれは考えたくないことが起きてしまいます。

それは、うさぎが亡くなってしまうことではないでしょうか。

しかし、ペットの定番でもある犬や猫ではなくうさぎが亡くなってしまった場合、どのようにして対応すればいいのか。

そこで今回は、うさぎを火葬するならどこが最適なのかをお話しますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.うさぎはカワイイ!でも寿命は短い
  2. 2.うさぎが亡くなったかどうかを確認すること
  3. 3.うさぎが亡くなったらどうするべき?
  4. 3-1.自宅の庭に埋める
  5. 3-2. 自治体にうさぎの火葬をお願いする
  6. 3-3.専門のうさぎ火葬業者にお任せする
  7. 4.うさぎの火葬方法はいくつかの種類がある
  8. 4-1. 個別立会火葬
  9. 4-2.一任個別火葬
  10. 4-3.合同火葬
  11. 4-4.出張火葬
  12. 5. 失敗しないうさぎの火葬方法
  13. 5-1.かならずホームページはチェックしておくこと
  14. 5-2.実際に問い合わせをしてみること
  15. 6.うさぎ火葬のまとめ

うさぎはカワイイ!でも寿命は短い

うさぎ 火葬

うさぎは猫や犬と比べてとても安く購入できるため、気軽に飼いやすいという特徴があります。

たとえばペットショップに行けば、犬や猫は数十万円は平気でかかってしまいますが、うさぎに関して言えば数千円程度で購入できてしまいます。

だからこそ、ペットをはじめて飼う人からすればうさぎは非常に飼いやすい生き物と言えます。

しかし、うさぎの飼いやすさとは反対に、とても寿命が短いというデメリットがあります。

もちろん、環境や飼育状況にもよりますがうさぎの寿命は短くて5年、長くても11年くらいです。

うさぎが亡くなったかどうかを確認すること

うさぎ 火葬

もしうさぎの様子がおかしい、ぜんぜん動かない、そうなったときはもしかしたら亡くなったのでは、と思ってしまうでしょう。

ですが、まずは冷静になって本当に亡くなったかどうかの確認をしなければなりません。

うさぎが亡くなったかどうかを確認するためには、

 

・お腹に呼吸の動きがあるのかどうか
・うさぎの目に瞳孔の変化があるのかどうか

 

これは人間とおなじような対応になりますが、まずは呼吸をしているのかどうかを確認してください。

呼吸をしていればお腹が動いているはずです。

そして、うさぎの目に光を当てて瞳孔が変化するかをチェックしてください。

お腹も動かず、瞳孔にも変化がないようであれば亡くなっている可能性が高いです。

また、念のためかかりつけの動物病院がありましたら確認しておくようにしましょう。

 

▶▶うさぎの火葬に関連する記事はこちら⇒ウサギのペット葬儀とは?意外に知られていない適切な対応方法

うさぎが亡くなったらどうするべき?

うさぎ 火葬

実際にうさぎが亡くなると、どういうふうにして供養してあげればいいのかを非常に迷われるのではないでしょうか。

そこでうさぎを供養する方法についてお話します。

自宅の庭に埋める

うさぎそのものが大きくないため、自宅の庭に埋めて埋葬をするという方法があります。

自宅の庭に埋めるということは、ずっとこれからも一緒にいられるという思いがあるため、飼い主からすれば嬉しいことかもしれません。

しかし、これはあくまで自分の庭がある戸建住宅だけに該当します。

たとえば、自分が賃貸マンションやアパートに住んでいてたとしましょう。

大きなマンションになれば、敷地内に庭的なものがあるはずです。

そこに勝手にうさぎを埋めてしまうと、あとあと他の住人とトラブルのもとになる可能性があるため、注意しましょう。

自治体にうさぎの火葬をお願いする

うさぎを自宅の庭に埋めるのは難しい、そのような場合は、最寄りの自治体にうさぎの火葬をお願いすることができます。

ただし、自治体にうさぎを預けてしまうと一般のゴミと同じような扱いになってしまうというデメリットがあります。

正直、飼い主からすれば大切に育ててきたうさぎを、ゴミ同然に扱われてしまうと、腹が立ちますし、行き場のない悲しみにさいなまれてしまいます。

ですから、うさぎに愛情があればあるほど自治体にお願いするのは辞めておきましょう。

専門のうさぎ火葬業者にお任せする

なかなか自分の家の庭に埋めるのが難しい、というのであれば、うさぎの火葬業者にお任せするべきと言えます。

人間の火葬と同じように、うさぎも丁寧に火葬してくれるところにお願いをすれば、亡くなったうさぎも飼い主も安心できるのではないでしょうか。

ペット霊園などは、どうしても犬や猫だけというイメージがあるかもしれませんが、うさぎでも対応しているペット霊園はたくさんあるため、いちど問い合わせてみてください。

うさぎの火葬方法はいくつかの種類がある

うさぎ 火葬

うさぎを霊園や葬儀会社に預ける場合に、いくつかの方法があることをご存知でしたでしょうか。

もちろん、霊園や葬儀会社によって対応しているものとそうではないものがあります。

個別立会火葬

ペットが亡くなったときに、一般的に利用されるのが個別立会火葬です。

個別立会火葬は、人が亡くなったときと同じように家族立会のもと火葬を行う方法のことを表します。

また、うさぎの火葬後はお骨を納めることができるため、最愛のうさぎをちゃんと見届けたいのであれば、個別立会火葬がおすすめです。

一任個別火葬

一任個別火葬は、家族が葬儀会社や霊園に行くのではなく、スタッフが火葬をしてくれるメニューとなります。

最後にうさぎとお別れをしたあと、ペットを預け火葬を行います。

この一任個別火葬は、火葬に立ち会うのがどうしても難しい、ツライという場合によく利用されています。

合同火葬

合同火葬は、1匹のうさぎだけではなく他のペットも一緒に混ざって火葬をする方法のことを表します。

合同ってどうなんだろう、って思う人もいるかもしれません。

本来はペット1匹が火葬されるため、1匹で旅立ってしまいます。

合同火葬であれば、他のペットも一緒に火葬されるため、みんな一緒に旅立てるというメリットもあります。

つまり、うさぎはさみしい思いをすることなく旅立てるというわけです。

ですが、合同火葬と言うこともありお骨は返ってくることはありません。

出張火葬

出張火葬は、その名の通り火葬のために出張をしてくれるサービスのことを表します。

すべての人が葬儀場や霊園まで、うさぎを持ち込めるとは限りません。

そういう人たちのために、出張で自宅まできてくれるというわけです。

しかも、自宅の駐車場などでその場で火葬をしてくれるため、移動をするということをしなくてもいいというメリットがあります。

ただし、出張火葬業者は特定の住所を持たない悪徳業者も少なからず存在しているため、利用するときには十分注意が必要です。

失敗しないうさぎの火葬方法

うさぎ 火葬

世の中には、悲しさの心理に付け込んで儲けだけに徹したり、悪さをする業者がいるのが事実です。

しかし、ちゃんと事前に対策をしておけば安心できます。

かならずホームページはチェックしておくこと

今は集客をしたり会社の窓にしたりするために、どこの会社でもホームページというのはあります。

ですから、気になるペット火葬業者や霊園があるのでしたら、まずはホームページをチェックしてみてください。

ホームページは雑に作られていないか、値段やサービスは不明瞭ではないのかをしっかり確認しておくべきです。

また、他の業者とくらべて異常に金額が高くないかをチェックしておくとより安心と言えます。

実際に問い合わせをしてみること

正直なところホームページには、いくらでも良いことを書くことはできます。

ですから、悪徳業者でもきれいなホームページさえ作ってしまえば、利用者は解らないというわけです。

しかし、サービス内容や料金のことで電話で質問をしたときに、ちゃんと対応してくれるのかどうかで、ある程度判断がつきます。

うさぎ火葬のまとめ

犬や猫と違い、うさぎは火葬業者で対応してくれないのでは、と思ってしまいがちですがご安心ください。

うさぎはもちろん、どんな小さな動物でも丁寧に火葬してくれるところはたくさんあります。

当社では、うさぎやハムスター、トカゲ、カメなど、あらゆる小動物の葬儀や火葬に対応しております。

犬 火葬
犬の火葬はどこでするべき?突然のできごとで戸惑わないためにやるべきこと
2020年4月18日

犬 火葬
毎日当たり前のようにいてくれる家族。

犬も例外ではありません。

毎日一緒に過ごすからこそ犬も家族の一員でもあります。

しかし、人間と同じようにいつかは大切な犬も亡くなってしまう時期がやってきます。

当然、そんな日は誰もが想定していないこともあり、突然起きる不幸に家族全員がパニックになることでしょう。

そんなときに、犬の葬儀はどうするのか、火葬はどこでするべきなのかと考えるはずです。

そこで今回は犬の火葬はどこでするべきなのかをお伝えしますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.犬が亡くなったときはどうすればいいの?
  2. 2.犬の火葬方法は大きく分けて4つある
  3. 2-1.合同火葬
  4. 2-2.個別一任火葬
  5. 2-3. 個別立会火葬
  6. 2-4.訪問火葬
  7. 3.犬の火葬はいつやるべきなのか
  8. 4. 犬の火葬はどれくらいの時間がかかるの?
  9. 5.犬の火葬業者選びを間違えないために
  10. 5-1.親身になって対応してくれるかどうか
  11. 5-2.追加料金がかからないかどうか
  12. 5-3. 口コミや評判は良いかどうか
  13. 6.犬の火葬のまとめ

犬が亡くなったときはどうすればいいの?

犬 火葬

人間が亡くなれば葬式やお通夜をするということは理解できます。

そして亡くなった人を棺にいれて、火葬されるという流れが一般的です。

対して犬になるとどういう対応になるのでしょうか。

実は、犬の場合は人とは違い物として扱われるため一般のゴミと同じように捨ててしまっても法律で罰せられることはありません。

しかし、普通に考えて一緒に暮らしてきた犬を、ゴミとして捨てるという考えは普通の人では思いもつきませんし実行したくもありません。

だからこそ、人と同じようにちゃんと最後までしてあげたいと思うのが人としての心理ではないでしょうか。

犬の火葬方法は大きく分けて4つある

犬 火葬

実はちゃんとした犬の火葬をしようと思った場合、4つの方法があることをご存知でしたでしょうか。

合同火葬

合同火葬とは、その名の通り他の動物と一緒にまとめて火葬をすることを表します。

合同火葬は、複数の動物を一緒にまとめて火葬するため、費用がもっとも安くなる傾向にあります。

ただ、合同火葬は費用が安いからという理由だけで選ばれているわけではありません。

たとえば、ほかの動物と一緒に旅立ってほしい、1匹で天国に行かせたなくない、という考えで合同火葬を選択する人も多くいます。

たしかに合同火葬であれば、ほかの動物と一緒に旅立つので亡くなった犬も寂しくないのかもしれません。

基本的に合同火葬は、他の動物と一緒に火葬されてしまうわけですから自分の犬の骨がどれか解らなくなるため、骨は帰ってくることはありません。

個別一任火葬

個別一任火葬とは、葬儀場のスタッフが犬のご遺体を預かりお骨を返す方法のことを表します。

また、個別一任火葬は基本的に家族が立ち会うことはありません。

一見、最後までなぜ見届けないのかと思ってしまいがちですが、残された家族の心情を考え、個別一任火葬を選ぶケースが増えています。

たとえば、最後まで見送ってあげたいけれど、焼かれている姿を見るのはツライ。

個別一任火葬であれば、立会をせずお骨だけ返ってくるので精神的な負担が減ります。

ですからそういうときに、個別一任火葬が選ばれる傾向にあります。

個別立会火葬

人間が亡くなったときと同じように、家族が立ち会って火葬をする方法を個別立会火葬と言います。

この個別立会火葬は人間と同じような形をとるため、非常にイメージがしやすいのではないでしょうか。

個別立会火葬は、家族が亡くなった犬を専門業者のところまで持ち込み、火葬をしてもらうという流れとなります。

また、収骨もできるため人間と同じような流れにしたいとお考えであれば、個別立会火葬がおすすめです。

訪問火葬

訪問火葬とは、その名の通り自宅まで専門業者が迎えに来てその場所で火葬を行う方法のことを表します。

一見、人間の火葬ではそういう光景は見たことがないので、びっくりしてしまうかもしれません。

ただし、専用の火葬設備を整えた車しか対応できないため、すべての専門業者ができるというわけではありません。

また、現地で犬の火葬を行うことから周囲にも注意しないと、あとあとトラブルになる可能性もあります。

犬の火葬はいつやるべきなのか

犬 火葬

では、犬が亡くなってしまったときに、どのタイミングで火葬を行うべきなのでしょうか。

犬が亡くなったからと言って、ずっとそばに置いておくことはできますが、火葬にかんしていえば期限が決まっています。

なぜなら人間だろうが犬だろうが、時間とともに腐敗していくからです。

ですからさまざまなことを考慮しても、腐敗するまで自宅に置いておくというのは辞めるべきと言えます。

犬の火葬はどれくらいの時間がかかるの?

犬 火葬

人間であればお通夜や葬式などで1日~2日はかかるため、犬などのペットはどうなんだと思ってしまうことでしょう。

実はペットの火葬は、ペットの大きさによって異なります。

たとえば、ハムスターなどの小動物くらいの場合はおよそ30分くらいで終わります。

小型犬は1時間以内に終わり、大型犬ですと3時間程度で終わります。

また、火葬とは別でお別れ会があるのでしたらプラスで2~3時間は見ておくといいでしょう。

犬の火葬業者選びを間違えないために

犬 火葬

全国で見ますと、ペットを専門にしている火葬業者はたくさん存在しています。

ですが、家の近くだからとか、チラシが入っていたからなどの理由で火葬業者を決めるのはあまりよくありません。

なぜなら、大半の善良な火葬業者以外に悪質な火葬業者がいるからです。

もちろん、会社とやっている以上ビジネスというのは解ります。

しかし、悲しみのなかビジネス感が強い業者ですとどうしても違和感を感じてしまうはずです。

極端な話ですが悲しみのなか、あれもこれも必要ですから買ってください、と言われたらどう思うでしょうか。

また、過去にはペットの遺体を不法投棄していた業者もいたため、本当に信用できるところを選ぶ必要があります。

親身になって対応してくれるかどうか

犬の火葬業者を選ぶにあたり、もっとも重要視したいことと言えば親身になって対応してくれるかどうかです。

なぜなら、大切な犬を適当に扱われたりビジネス的なことを感じたりしたくないからです。

それなら動物のことを愛していて、最後までしっかり対応してくれる業者を探すべきではないでしょうか。

追加料金がかからないかどうか

人は悲しみのどん底にいると、適切な判断ができなくなってしまうものです。

そういう心理に付け込んで、法外な費用を請求したり追加料金を提示してきたりする業者が少なからず存在しています。

そんな悲しいときに、そのような費用を請求されてしまうと仕方なしに支払ってしまうのではないでしょうか。

ですが、優良なペット火葬会社はあとから追加料金は発生しませんし、仮に発生したとしても事前にお知らせしてくれるのが当然のことです。

口コミや評判は良いかどうか

どんなものでもそうですが、悪い業者はあっという間に悪い口コミや評判が広まります。

とくに今は、スマートフォンで気軽にそして匿名で書き込みできるサイトがたくさんあるため、悪いことをすればスグに書かれてしまいます。

ですから気になる火葬業者があれば、事前にインターネットでチェックしておくべきと言えます。

もちろん、すべての口コミを信じるのはよくありませんが、あまりにも悪口だらけだった場合は、評判通りの可能性がありますので要注意です。

犬の火葬のまとめ

大切な犬が、突然亡くなってしまうこともあります。

そんなときに、どうしてもパニックになってしまうものですが、まずは落ち着いて適切な火葬業者を探すようにするべきです。

また、電話やメールにて料金のことやサービス内容を事前に確認しておくことで、犬も買い主も満足の行く火葬ができることでしょう。

鳥 火葬
鳥の火葬はどこにお願いするべき?失敗しないためにやるべきこととは
2020年4月18日

鳥 火葬

ペットと言えば猫や犬が定番ですが、それ以外にも人気のあるペットがいることをご存知でしたでしょうか。

それが鳥です。

また鳥は生体価格が割と安く手が出しやすいため、初心者にもピッタリなペットと言えます。

しかしそんな鳥も、いつかは亡くなってしまうため、そのときにパニックにならないように事前に知識をもっておく必要があります。

そこで今回は、鳥の火葬はどこでするべきなのかをお伝えしますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.鳥を飼う人が多い理由とは?
  2. 1-1.動物特有のニオイが少ない
  3. 1-2.限られた飼育スペースでも大丈夫
  4. 1-3.猫や犬以上によく懐く
  5. 2. もし大切な鳥が亡くなってしまった場合にやるべきこと
  6. 2-1.自治体に引き取ってもらう
  7. 2-2.地面に埋める
  8. 2-3.鳥の火葬業者に依頼する
  9. 2-3-1.鳥の扱いがとても丁寧
  10. 2-3-2.さまざまなプランに対応している
  11. 2-3-3.生前相談も受け付けてくれる
  12. 3. 失敗しない鳥の火葬業者の選びかたについて
  13. 3-1.ホームページをしっかりチェックすること
  14. 3-2.周りの口コミや評判をチェックしてみること
  15. 3-3.住まいから近くの火葬業者を探すこと
  16. 3-4.親切丁寧な対応をしているかどうか
  17. 4. 鳥の火葬のまとめ

鳥を飼う人が多い理由とは?

鳥 火葬

ペットと言えば、犬や猫を選ぶことが多いですが、なぜあえて鳥を選ぶのでしょうか。

動物特有のニオイが少ない

動物を飼うとどうしても気になるものと言えば、ニオイではないでしょうか。

動物によっては、動物園のようなニオイのするものもいるため、どうしても臭くなってしまいがちです。

しかし鳥はニオイがないどころか無臭の種類が多いため、ニオイに悩まされることが少ないというメリットがあります。

限られた飼育スペースでも大丈夫

犬や猫はゲージにずっと入れおくことができれば、飼育スペースはその一角だけで事足ります。

しかし、それではただの監禁のようになってしまうため定期的にケージから出してあげないといけません。

犬や猫も家じゅうを走り回ることで、運動やストレス発散ができます。

つまり、犬や猫を飼おうと思ったら一定の飼育スペースが必要になってくるというわけです。
ですが鳥は種類によってはケージのなかで飼育することができますし、放鳥をしたとしても部屋の中を飛び回るだけですから、大きな飼育スペースが必要ありません。

猫や犬以上によく懐く

意外かもしれませんが、鳥は種類によってはかなり懐くという特徴があります。

とくに手乗り系の鳥に代表されるインコや文鳥は、非常に人懐っこくもあります。

たとえば、鳥を部屋で放してしばらくすると飼い主の肩や腕に止まるシーンを、テレビなどで見たことがあるはずです。

みなさんが思っている以上に鳥は人懐っこいため、人気のペットでもあります。

もし大切な鳥が亡くなってしまった場合にやるべきこと

鳥 火葬

大切なペットの鳥が亡くなってしまう。

そういうことはかならずやってきます。

ですがあまりにも突然すぎた場合、どうやって最後まで見送っていいのかが解らないのではないでしょうか。

ここからは、鳥が亡くなったときにやるべき選択肢をお伝えします。

自治体に引き取ってもらう

もともとは、飼っている動物が亡くなれば市町村などの自治体に任せる方法が一般的でした。

自治体であれば、市町村が運営していることもあり安心して任せることができますが、大きな問題がありました。

それは、犬だろうが猫だろうが一般廃棄物として処分されるということです。

つまり、大切なペットをゴミとして処分されるというわけです。

ペットに愛情があればあるほど、自分の鳥がゴミ扱いされたとしたらどう思うでしょうか。

いくら費用が安かったとしても、ペット好きであれば選択肢としては外れるはずです。

地面に埋める

小鳥などの小さな動物ですと、自宅の庭や公園、山などの地面に埋める方法を思いつくことでしょう。

たしかに、鳥はとても小さいですし誰にも迷惑をかけないから、どこに埋めてもいいのではと考えてしまうのも無理はありません。

もちろん、自分の家の庭であれば問題はありませんが、公共の土地や誰かが所有している土地に勝手に埋めてしまうと、大きなトラブルになる可能性があります。

鳥の火葬業者に依頼する

人の火葬業者以外にも、ペット専用の火葬業者があることをご存知でしたでしょうか。

民間のペット火葬業者は、なんとなく犬や猫だけを火葬しているのかと思いきや、鳥や爬虫類などさまざまなペットに対応しているというメリットがあります。

今、鳥が亡くなって自治体ではなく、専門の火葬業者にお願いする人が増えています。

その理由について見ていきましょう。

鳥の扱いがとても丁寧

自治体にお願いをすると、鳥はゴミ同然に処分されることが解りました。

だからと言って、公園や山に埋めるのもマナーとしてどうなんだ、と思うわけです。

そこで、民間の火葬業者の出番です。

実は鳥の火葬業者は、自治体とは違い取り扱いがとても丁寧という特徴があります。

なぜなら一般廃棄物としてではなく、形あるものとして対応してくれるため雑に扱われることがないというメリットがあります。

ですから、亡くなった鳥を手厚く最後まで見送りたいとのことでしたら火葬業者にお願いするべきと言えます。

さまざまなプランに対応している

たとえば、人が亡くなったときと同じように火葬に立会いたい、お骨を納めたいという要望に応えてくれます。

また、他のペットたちと一緒に火葬してほしいということでしたら、合同火葬として対応することもできます。

生前相談も受け付けてくれる

ペットはいつ亡くなるのかなんて解りませんし、考えたくもありません。

ですが、人間と同じように鳥もいつかは亡くなるときがやってきます。

そのときに焦ってしまうよりも、事前に相談をしておけば、落ち着いた対応ができるのではないでしょうか。

鳥の火葬業者にもよりますが、生前相談を受け付けているため納得の葬儀内容や費用感なども把握することができます。

失敗しない鳥の火葬業者の選びかたについて

鳥 火葬

正直なところ、全国にたくさんのペット専門火葬業者がたくさん存在しています。

だからこそ、数は多くないもののお金儲けのためだけに運営している業者がいるのも事実です。

もちろん会社として運営している以上、大切なことですが、利用者の立場になって考えられるような業者を選ぶべきと言えます。

ホームページをしっかりチェックすること

気になる鳥の火葬業者のホームページを見れば、ある程度は判断できるはずです。

たとえば、サービス内容や料金、会社としての思いなどを見ることができれば利用したいのか、そうではないのかが決まるのではないでしょうか。

周りの口コミや評判をチェックしてみること

もし、友人や同僚などでペットを飼っている人がいれば、過去に火葬業者を利用したかどうかを聞いてみましょう。

周りの人の口コミや評判は、どんなモノよりも信用できるポイントとなります。

何人かの人に「この業者親切で良かったよ」という情報が聞きだすことができれば、とても安心して利用できるようになります。

住まいから近くの火葬業者を探すこと

いくら評判が良いからと言って、移動で1時間も2時間もかかるようなところを選んでしまうと自分自身がしんどくなってしまいます。

だからこそ、移動で負担がかからない距離の火葬業者を選ぶべきと言えます。

親切丁寧な対応をしているかどうか

ホームページを見て、少しでも気になったら実際に問い合わせしてみることをおすすめします。

なぜなら、ホームページはいくらでも良いことが書けてしまうからです。

ですからなるべく電話で問い合わせをして丁寧かどうか、こちらの質問にたいして適切な回答をしてくれるのかどうかを確認しましょう。

鳥の火葬のまとめ

大切な鳥が突然亡くなると、とても悲しくツラい気持になることでしょう。

ですが、大切な鳥のためにも迅速に見送ってあげるべきと言えます。

もし、鳥の火葬を手厚く見送りたいとお考えでしたら当社にお問い合わせください。

ペット 葬儀
ペット葬儀業者選びはとっても重要!?はじめての利用で気をつけるべき7つのポイント
2020年3月25日

ペット 葬儀

考えたくなかったことが、突然やってくることがあります。

それが、大切な家族(ペット)が亡くなることではないでしょうか。

こういう悲しみは突然やってくることも多く、ご家族は頭の中が真っ白になってしまうはずです。

そこで、ペットの葬儀をしてあげたいと思うわけですが、頭の中が真っ白なまま適当な業者にお願いをしてしまうと、後々後悔してしまうことにもなりかねません。

今回は、ペットの葬儀業者選びがなぜ重要なのか、迷わずに選んでしまうと後悔してしまう理由についてお話します。

    1. 目次
  1. 1.ペットの葬儀業者選びがなぜ重要なのか
  2. 2.ペットの葬儀業者の選びかた
  3. 2-1.信頼できるペットの葬儀業者かどうか
  4. 2-2.可能な限り自宅から近いペットの葬儀を探す
  5. 2-3.火葬や納骨に対応しているペットの葬儀を探す
  6. 2-4. 料金が適切かどうか
  7. 2-5.スタッフの対応が丁寧かどうか
  8. 2-6.知り合いの情報やネットの口コミを参考にする
  9. 2-7.広告だらけのペット葬儀には気をつける
  10. 3.ペット葬儀費用の相場はいくらくらい?
  11. 4.ペットの葬儀なら「大森ペット霊堂」へお任せください

ペットの葬儀業者選びがなぜ重要なのか

ペット葬儀

大切なペットが亡くなったら最後まで見送りたい。

亡くなっても、できる限りのことはしてあげたい。

そう思う人は非常に多いのではないでしょうか。

それはペットを飼った日から亡くなった日まで、ずっと家族のように接してきたからです。

しかし、ペット葬儀業者がたくさんあるため、万が一悪徳業者に当たってしまったとしたらどうなるのでしょうか。

大切なペットを雑に扱われたり、予想以上の金額を請求されたりすることも考えられます。

だからこそ、ペットはもちろん家族も安心してお任せできるペット葬儀業者選びが重要になってくるというわけです。

ペットの葬儀業者の選びかた

ペット葬儀

ペットが亡くなると、飼い主としてはどこで葬儀をすればいいのだろう、と思ってしまうことでしょう。

なぜなら、そう頻繁にペットの葬儀をするわけではないので、何から手をつけるべきなのかを迷ってしまうからです。

そこで、ペット葬儀業者の選びかたについてお話します。

信頼できるペットの葬儀業者かどうか

現在はTVなどの影響もあってかペットブームということもありペットを飼う人と比例して、たくさんのペットの葬儀業者が増えてきました。

もちろん、すべてのペットの葬儀業者が信頼できる会社であればいいですが、そうもいきません。

葬儀業者だけではなく、どんな業界でも数が増えれば増えるほどお金儲けのために運営したり、悪いことを考えたりする業者が増えるからです。

もし、悪徳業者と知らずに申し込みをしてしまい、ペットを雑に扱われたり高額な費用をあとから請求されたりするとどうでしょうか。

ペットが亡くなって悲しみのどん底にいるのに、さらに余計なことで悲しみを重ねてしまうだけです。

ですから、可能な限り信頼できるペット葬儀業者を探すべきと言えます。

可能な限り自宅から近いペットの葬儀を探す

極端な話ですが、ペットの葬儀をしたいと考えエリアを考えずに申し込んでしまったとしたらどうでしょうか。

たとえば東京に住んでいるのに、沖縄の葬儀会社に問い合わせをしても意味がありません。

ですから、可能な限りお住まいに近いペット葬儀業者を探すべきです。

また、ペットがまだ元気でも将来的にどうしようかと思ったときにでも、近くのペット葬儀業者に相談をしておけば、万が一のことがおきたとしてもスムーズに進めることができます。

火葬や納骨に対応しているペットの葬儀を探す

ペットを最後まで責任をもって見届けたい。

そうお考えの人は、火葬も納骨もしっかり行いたいと思うものです。

ですから、ただペットを焼却して終わり、ではなく家族の一員として迎えてくれるような、そんな業者を探すべきです。

たとえば、人間の葬儀と同じように火葬やお通夜、納骨などに対応している業者ですとより安心してお願いできるのではないでしょうか。

料金が適切かどうか

なんでもそうですが、はじめて利用するサービスは料金が適切なのかどうかが解りません。

とくにペット葬儀ですと、なかなか頻繁に利用することもないため、高額な費用を請求されてもピンとこない可能性もあります。

ですから、そんな失敗がないように数社のホームページを見て、だいたいの料金を把握しておくべきだと言えます。

もちろん安いにこしたことはありませんが、安すぎてもサービスが悪かったり、ペットを雑に扱われたりすることも考えられるため注意しましょう。

スタッフの対応が丁寧かどうか

どんなにサービスの値段が高くても安くても、スタッフの対応が悪ければ利用したいとは思わないのではないでしょうか。

とくに、相場より安いところはスタッフの教育が行き届いていないことも想定できます。

ですから、ペット葬儀を利用してみたいと思うところがあるのでしたら、まずはメールや電話で問い合わせをしてみて、しっかりした対応なのかどうかを判断してみてください。

知り合いの情報やネットの口コミを参考にする

今はインターネット社会ですし、スマートフォンで気軽にどこでも気軽に情報を見られるようになりました。

ペット葬儀業者を過去に利用した人の口コミを、さまざまなサイトで見ることができます。

まずは、気になるペット葬儀業者の口コミをインターネットで探してみてください。

しかし、口コミは匿名で書き込みできるWebサイトが多く、すべてを信用するのはよくありません。

事実とは異なる口コミが書かれている可能性もあるため、あくまで参考程度にとどめておきべきと言えます。

より信頼できるペット葬儀業者を探すのであれば、過去にペットが亡くなったり、ペット葬儀を利用していたりなど知り合いに聞いてみるのがベストです。

さすがに知り合いの場合は、ウソの情報を教えることはないはずですから信頼できる情報として受け止めましょう。

広告だらけのペット葬儀には気をつける

今はインターネットで検索したり、お気に入りのサイトを見ていたりするとたくさんの広告がでてきます。

もちろん、すべての広告が悪いわけではありませんが、広告ばかりを出稿しているペット葬儀業者は評判が良くない可能性があります。

なぜなら、お金のための集客しか考えていない可能性があるからです。

たとえば、「〇〇円です」と広告や広告先のページには記載があるのに、いざ見積もりをするとそれ以上の費用になってしまったなどは気をつけるべきです。

ですから広告の内容を確認してみて、値段おしになっていないか、表示された金額が正しいのか、サービス内容が不透明になっていないかどうかを確認しましょう。

 

▶▶ペット葬儀に関連する記事はこちら⇒ペット葬儀はやるべきなのか?ペット火葬における歴史の歩み

ペット葬儀費用の相場はいくらくらい?

ペット葬儀

実際に、ペット葬儀をお願いしようと思ったときに最初に気になることと言えば、費用がどれだけかかるのかではないでしょうか。

もちろん業者によって料金は異なりますが、おおよその値段をお伝えしますので参考にしてみてください。

もし、自治体で火葬をする場合はだいたい数千円から1万円程度が相場となっています。

ただし自治体の場合は一般廃棄物として処分されるため、葬儀とは言えず不完全なものとなります。

民間のペット葬儀業者にお願いをした場合は、小動物で1万円から2万円が相場となっています。

猫や小型犬の場合は、2万円~3万円、中型犬で3万円、大型犬で5万円前後が相場となっています。

ペットの葬儀なら「大森ペット霊堂」へお任せください

ペットの葬儀をしたいと思ったときに、たくさんのペット葬儀屋があり迷ってしまうのではないでしょうか。

そんなときには、東京の大森ペット霊堂にお問い合わせください。

大森ペット霊堂では、24時間365日で対応しているため、ペットが突然お亡くなりになったときでも迅速な対応ができます。

また、明確な料金設定と低料金でご提供しているため、安心してご利用いただけます。

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 21