BLOG

ブログ
ペットの供養には、永代供養?それとも手元供養?
2020年1月27日

ペットの供養には、永代供養?それとも手元供養?ペットを供養したいと思ったとき、永代供養にすべきか、それとも手元供養にしようかと悩む人がいます。長い年月に渡り寺院や霊園が供養・管理する行為を「永代供養」といいます。一方「手元供養」とは、亡くなったペットを自宅で管理・供養する方法です。ご自身のライフスタイルに合わせて供養方法を選べますが、最近では飼い主が亡くなられた後、お墓の管理等の問題で納骨堂や供養塔を利用する人も増えてきました。それぞれの供養について、メリットとデメリットを見ていきましょう。

    1. 目次

 

  1. 1.永代供養のメリット・デメリット
  2. 1-1.永代供養のメリット
  3. 1-2.永代供養のデメリット
  4. 2.手元供養のメリット・デメリット
  5. 2-1.手元供養のメリット
  6. 2-2.手元供養のデメリット
  7. 3.ペットと一緒のお墓に入れる霊園が人気!
  8. 4.大森ペット霊堂での供養方法

永代供養のメリット・デメリット

永代供養では、いままでお墓の継承を子や孫へ引継いでもらっていましたが、その引継ぎを寺や霊園が代行します。ペットを飼う人にとっても、当たり前となってきた供養方法です。近年、家族間でのお墓トラブルは増えつつあり、その解決の糸口として永代供養を検討する人もいます。

永代供養のメリット

・飼い主に何かあったとき、代わりにペットの供養や管理を行ってもらえる。
・一般的に合同供養塔への納骨はコストが抑えられる。
・納骨堂や墓地といったペットの永代供養の種類を選べる。
・墓じまいを考えたとき、取次ぎ対応がスムーズ。

永代供養のデメリット

・ペット葬儀業者によって、永代供養費・管理費に違いがある。
・管理費は1年分をまとめて支払うことがある。
・依頼したペット葬儀業者が、普段どのように供養しているか分かりづらい。
・永代供養は、「永遠」ではない。

上記、デメリットは依頼前にペット葬儀業者へ確認しておくようにしましょう。もし回答があやふやなペット葬儀業者であれば、候補から除外することもひとつの手です。

手元供養のメリット・デメリット

亡くなった後にペットをご自身の近くにて供養することを手元供養といいます。手元供養といってもその供養方法はさまざまで、数が多いことが特徴です。

手元供養のメリット

・永代供養にくらべ、費用を抑えられる。
・ペットを身近に置いておける。
・骨壷を仏壇に置くだけでなく、ペンダントや写真など、手元供養のバリエーションが豊富。
・手間がかからず、場所をとらない。

手元供養のデメリット

・ご自身に万が一、何かあったときに対処ができない。
・ペンダントの場合、ペットを粉骨することに抵抗がある人にはオススメできません。
・他の人が気軽にお墓参りしづらい

手元供養の場合、費用が抑えられる分、人付き合いがネックとなります。ご自身に何か起きたときの対処方法を事前に用意しておきましょう。

ペットと一緒のお墓に入れる霊園が人気!

ペットと一緒のお墓に入れる霊園が人気!
ご自身が亡くなった後に、ペットと一緒に入れる「共同墓地」があります。現在、ペット葬儀に関する法律がまだ明確になく全国各地でトラブルが生じているのに対し、人が入るお墓には「墓地埋葬法」が存在します。ペット寺院や霊園での供養に不安がある人であれば、ペットと一緒に入れるお墓があるのでオススメですよ。
ただ、ペットと一緒に入れる霊園の数はまだ少なく、都市部を中心に徐々に増えている段階です。そのため、検討の際には必ず霊園へ問合せましょう。

大森ペット霊堂での供養方法

大森ペット霊堂での供養方法
今回、永代供養と手元供養についてお話ししてきましたが、どんな形であれペットの供養は、亡くなったペットにできる最後の恩返しです。ともに過ごして来たペットへ「ありがとう」を伝える方法のひとつとして、参考にしてみてください。
大森ペット霊堂では、供養方法に悩む方のお役に立てればと思い、専任スタッフを用意しいつでも気軽に相談できる環境を整えております。ペットと一緒に入れるお墓について、目黒駅から徒歩5分にあります「目黒御廟(ごびょう)」を紹介しております。大森ペット霊堂の紹介と目黒御廟のスタッフへお伝えいただければ、施設をスムーズに案内可能です。私たちと一緒にペットとあなたの今後について考えてみませんか。あなたからのご連絡をお待ちしております。

ペットの移動式火葬車についてお答えします。
2019年11月28日

ペットの移動式火葬車についてお答えします。ペット葬儀の形態に変化が出てきたことをあなたはご存知でしたか。ペットを飼う人々の生活スタイルに合わせて「移動式火葬車」が出てきました。移動式火葬車のニーズが高まる中、残念なことに移動式火葬ならではのトラブルや問題が起きています。大森ペット霊堂ではあえて移動式火葬車でのペット葬儀は行っておりません。そもそも移動式火葬車とはどのようなものなのか、利用する上での注意点は何かについてお答えしていきます。

    目次

  1. 1.移動式火葬車とは?
  2. 2.一般的な移動式火葬車の利用方法
  3. 3.移動式火葬車を利用する前に
  4. 3-1.移動式火葬車は誰でも開業できる
  5. 3-2.地域住民への理解・配慮
  6. 3-3.金額提示が明確か
  7. 3-4.ペット葬儀業者選びの基準をもつ
  8. 4.なぜ大森ペット霊堂では「移動式火葬車」を行わないのか

移動式火葬車とは?

移動式火葬車とは、車内に火葬炉を積み込んでいる車のことをいいます。車で行けるところであれば、どこへでも移動し、火葬できるためペット供養の新たな手法として行われています。ペット火葬車とも呼ばれるこの供養方法は、飼い主と過ごした自宅や思い出の地でペットを火葬できるため、個別火葬を希望する飼い主からニーズがあります(1)。

一般的な移動式火葬車の利用方法

移動式火葬車を提供するペット葬儀業者は、次の手順で対応していることが多いです。

1.ペット葬儀業者へ問合せ
2.自宅または思い出の地へ、移動式火葬車が訪問
3.ペットをその場で火葬
4.お骨を業者またはご家族が取り上げる
5.ご家族の元へ骨壷をご返骨

移動式火葬車を利用する前に

移動式火葬車を利用する前に
ペットブームの影響とペットの高齢化があいまって、移動式火葬車に手を出す業者が徐々に増えてきました。しかし、増えつつある移動式火葬車に比べ、ペット火葬に関する法整備は追いついていない現状です。
動物の火葬・埋葬業に関わる自治体の制定状況には、ばらつきがあります(2)。そのため、移動式火葬車を利用したいという人は、ペット葬儀業者やペット霊園を選ぶのと同じように入念に調べましょう。

1.移動式火葬車は誰でも開業できる

現在、移動式火葬車には軽自動車からトラックまでさまざまな種類・大きさの車種が使われています。火葬車と事務所を用意すれば、誰でも簡単に開業できてしまうビジネスモデルです。ドライバーや火葬の担当者には、ペット葬儀に関する必須資格は現在ありません。(2019年11月現在)
移動式火葬車を営む人の中には、率先して地域住民への配慮やサービス向上、各自治体の提示する規制を遵守する人もいますので、情報収集や利用者の声を実際に見聞きしましょう。

2.地域住民への理解・配慮

自宅でペットを火葬するにあったって、移動式火葬車へ積載した火葬炉にも「火葬施設」としての基準が設けられています。しかし、この基準を設けている自治体はまだ少ない現状です。ペット火葬を行う場合には、下記の法令が適用されます。それぞれについて、適切な対処をしているかどうかは吟味するべきでしょう。

・悪臭防止法
・大気汚染防止法
・ダイオキシン類対策特別処置法
・廃棄物の処理及び清掃に関する法律
・各自治体で提示される火葬施設の基準

近隣住民の方にとっては、家の近くでペットの亡骸を火葬することに対して、嫌悪感を抱く人が少なからずいるでしょう。移動式火葬車を気軽に依頼して、近隣住民とあとでトラブルになったケースもあります。検討段階の時点で、近隣住民にひと言添えることが社会人としてのマナーです。

3.金額提示が明確か

2005年11月17日の新聞にて「生焼けで犬を返す」などと脅され、やむなく高額費用を支払うことが過去にありました(3)。悪徳業者の手口としては、ホームページで公開している金額以外にも別途料金が発生するが、決まって火葬炉へ入れた後に法外な金額を提示するようです。金額提示は書面ではなく、口頭のみのケースがあります。
検討段階の時点で、見積書や請求書などの提示と金額に納得がいかないようであれば、書面へのサインを急がないことが大切です。

4.ペット葬儀業者選びの基準をもつ

車を持てば誰でも開業できるビジネスのため、ペットへの愛着がなく、営利目的で行っている業者もいます。また、サービスが不完全であることが実情です。たとえば、動物用の棺を飼い主には見えないところで炉から出し、棺を再利用する施設も残念ながら存在します。火葬自体が作業として行われるため、動物に関する知識をスタッフが持ち合わせていないこともあります。
愛するペットの最後を預けるのではあれば、ご家族の中で何を優先したいか、話し合っておくといいでしょう。

なぜ大森ペット霊堂では「移動式火葬車」を行わないのか

なぜ大森ペット霊堂では「移動式火葬車」を行わないのか
移動式火葬車はペットとの思い出の地で、安価で火葬できる業者もいるので飼い主から根強い人気があります。ですが、ペット葬儀業者によるトラブルの約7割が移動式火葬車によるものであることを心に留めておいて欲しいです。もちろん、まじめに移動式火葬車を使い、営業している業者もいるので、利用を検討している人は情報収集に力を注いでみてください。
私たち大森ペット霊堂では、訪れたペットを人と同じように考えていますので、人の葬儀と同じ弔いを行っています。また動物種によっては、火葬方法が異なりますので、専任スタッフがペットに関わる情報を飼い主から拝聴し、丁寧なペット供養を行います。火葬や葬儀に関する悩みがあれば、いつでもご相談くださいね。

参照先:

(1)PR TIMES,【調査】ペット葬儀の利用実態からわかる現代のペットとの「お別れ方法」,https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000015832.html

(2)環境省,中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会(第8回)議事要旨,https://www.env.go.jp/council/14animal/y143-08.html

(3)日本ペット訪問火葬協会,平成17年11月17日毎日新聞より,http://www.pvcca.jp/17_11_17news

モルモットのペット葬儀は?知っておいて欲しいプランター葬の問題点について
2019年11月15日

モルモット愛らしい表情と鳴き声が大きくないためアパートなどで飼いやすい、モルモット。モルモットと一口にいっても、その種類は100種以上と多岐に渡ります。そんな大切なモルモットがある日突然、天国へ行くことになってしまったら…。あなたが戸惑わないためのモルモットちゃんの安置方法やペット火葬、最近話題のプランター葬についてお話しします。

  1. 1.モルモットちゃんの安置方法
  2. 1-1.手足を折り曲げる
  3. 1-2.体を清める
  4. 1-3.平らな場所で休める
  5. 1-4.保冷剤は体の近くに添える
  6. 2.最近話題の「プランター葬」について
  7. 2-1.(1)臭いや虫の発生
  8. 2-2.(2)土に還るまでに時間がかかる
  9. 3.モルモットちゃんのペット火葬
  10. 3-1.ご自宅へのお迎え
  11. 3-2.お別れ
  12. 3-3.火葬
  13. 3-4.お骨上げ
  14. 3-5.返骨・納骨
  15. 4.家族の一員として天国へ送り出したい

モルモットちゃんの安置方法

モルモットモルモットちゃんが安らかに過ごせるためには、次の4つの準備が大切です。それぞれについて見てみましょう。

1.手足を折り曲げる

ハムスターより体は大きいですが、犬や猫に比べると小さなからだのため腐敗の進行スピードは速いです。死後硬直で手足が伸びきっていたり、目を開いていたりする状態であれば、優しく直してあげましょう。

2.体を清める

目や口などから体液が流れ出ていくので、ガーゼなどで優しく拭き取ってあげてください。その際に、毛並みを整えることがポイントです。清潔な状態を保つことで、腐敗の進行が遅くできます。

3.平らな場所で休める

生前過ごしていたケージや家族と共に過ごせる場所で過ごしてもらうといいでしょう。部屋の湿度・温度は下げ、平らな場所にペットシーツやタオルを敷きます。風通しのいい部屋でゆっくり休んでもらいましょうね。

4.保冷剤は体の近くに添える

保冷剤は、直接体に触れないよう少し離れた場所に置きます。そうすることで、保冷剤の水滴が体に触れずに安置状態を長く保てます。保冷剤と体の間にはガーゼやタオルを挟むとより効果が持続するのでオススメです。

最近話題の「プランター葬」について

モルモット
ご自宅に庭がなくペット火葬をしたくないため、亡き骸の処理として「プランター葬」を検討する人がいます。手軽にできると聞きプランター葬を行う人もいますが、いい面ばかりではありません。プランター葬を行うことで、次の2つの問題があることを覚えておきましょう。

(1)臭いや虫の発生

亡くなった体は時間が経つにつれ、腐敗していきます。プランター葬で土に入れたとしても臭いや小さな羽虫が発生することはあります。

(2)土に還るまでに時間がかかる

ペットの大きさによっては、亡くなった体が土に還るまでに時間がかかります。プランター葬の土には骨を分解する微生物が少ないため、通常の土葬よりも時間が必要です。

プランター葬を考えるきっかけとなったのが、モルモットちゃんのような小動物のお骨を返骨できなかったペット葬儀業者の影響も少なからずあります。
いまでは、小動物のお骨でもしっかり残せるようになりました。トラブルの原因を解消するためにも、火葬粉骨について知っておくこともひとつの手です。

モルモットちゃんのペット火葬

元気に遊ぶモルモットたち
大切なモルモットちゃんをどう扱われるのか。ご家族にとってとても気になる項目かと思います。私たちは訪れたご家族が悔いのないお見送りをするために、次の流れに沿って行っています。

1.ご自宅へのお迎え

大森ペット霊堂は、365日24時間お電話にてペット葬儀のご依頼を受け付けしております。モルモットちゃんのペット葬儀を検討する場合、モルモットちゃんの種類をスタッフへ必ずお伝えください。お迎えは、一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で対応可能です。

2.お別れ

本堂内にて、お焼香と読経を行います。モルモットちゃんが好きだったごはんやおもちゃ、お花などがありましたら、棺の中へ入れてあげましょう。プラスチックや金属はお骨に影響がありますので、ご注意ください。

3.火葬

火葬方法として、合同火葬・個別一任葬・立会い葬儀の3プランがあります。モルモットちゃんのお骨を持ち帰りたい場合には、個別一任葬または立会い葬儀のどちらかを選択となります。合同火葬の場合、他家のペットちゃんと共に火葬するため、ご返骨ができません。

4.お骨上げ

モルモットのお骨は、火葬時の火力調節で綺麗に残せます。個別一任葬では、お骨拾いは専任スタッフが代任し、原則当日中にご家族の元へお骨をお渡し可能です。立会い葬儀は、火葬場までご家族に同行いただき、骨壷への収骨を行っていただきます。

5.返骨・納骨

合同葬は、本堂内にある「合同供養塔」にて納骨します。個別一任葬や立会い葬儀では、収骨した骨壷をご自宅または納骨堂にて供養できます。

家族の一員として天国へ送り出したい

お食事中の
モルモットたち
プランター葬もペット火葬も、みなわが子との別れを惜しんで行き着くお見送り方法です。どちらのお見送りが正しい、間違っているということはありません。重要なことは、家族の一員として天国へ送り出したいと願うその心だと思います。大森ペット霊堂では、犬や猫をはじめ、モルモット、魚、カメ、ヘビ、昆虫などさまざまなペットの葬儀を行ってきました。お骨や葬儀など、どんな些細な疑問や不安も私たちに相談してみてくださいね。

犬や猫などのペット葬儀でのお通夜の過ごし方
2019年11月8日

日向ぼっこするチワワたち大切なペットが亡くなってしまった際、人の葬儀のようにお通夜はやるべきか迷う方もいるのではないでしょうか。
ペット葬儀の場合、お通夜の有無は依頼するペット葬儀業者によって異なります。ペットのお通夜はどのように行われるのでしょうか。今回は、ペット葬儀でのお通夜について見ていきましょう。

    目次

  1. 1.犬や猫などのペット葬儀のお通夜
  2. 2.ペットのお通夜の流れ
  3. 2-1.安置
  4. 2-2.祭壇・納棺の準備
  5. 2-3.最期を共に過ごす
  6. 2-4.ペット葬儀業者のお迎え
  7. 3.ワンちゃんの飼い主さんへ
  8. 4.ペット忌引き休暇を実践する企業が出現!
  9. 5.ペットのお通夜・葬儀についてのご相談

犬や猫などのペット葬儀のお通夜

結論からお伝えするとお通夜自体は、ペット葬儀を行うご家族の意向によって異なります。ペット葬儀の場合、必ずお通夜を行うということではありませんので、ご家族でよく相談しておきましょう。

もしお通夜を行う場合にはご家族や友人、ペット仲間と一緒に弔ってあげましょう。お通夜の流れは、人のお通夜と変わりなく、執り行われます。いままで過ごしてきたペットとの別れを惜しむ大切なひと時の過ごし方として、お通夜を行うこともひとつの手です。

ペットのお通夜の流れ

ペットのお通夜には、ご自宅で行う方法とペット霊堂で行う方法の2パターンがあります。次の手順は、ご自宅で行うお通夜の流れをまとめました。

1.安置

動物病院またはご自宅で亡くなられたら、ペットの体をタオルやガーゼなどで優しく拭き取ってあげます。
ペットの種類によって、安置方法は異なりますので、詳しくは各動物たちの「安置方法」をご確認ください。

風通しがいい、湿度・温度の低い部屋の平らな場所で眠れる場所を用意してあげましょう。保冷剤はタオなどでくるむことで、溶け出したときにつく水滴でペットちゃんの体をぬらさないようにできます。

2.祭壇・納棺の準備

生前ペットちゃんが好きだったものを棺の中に入れてあげましょう。お供え物として、仏花やローソク、線香、お水などがあります。写真立てには、お気に入りの写真を飾りましょう。眠っている体の下には、ペットシーツやタオルを敷いてあげてください。

準備が整ったら、棺のなかにペットちゃんを移動させ、バスタオルやシーツなどを体にかけてあげます。

3.最期を共に過ごす

人のお通夜と同じく一夜を共に過ごし、ご自身が納得するお別れをオススメします。ペットちゃんとご家族が過ごせる最期の時間、「ありがとう」や「大好き」という気持ちをペットちゃんに伝えてくださいね。

4.ペット葬儀業者のお迎え

依頼するペット葬儀業者によっては、ご自宅から火葬場まで車でお迎えに来てくれます。大森ペット霊堂の場合、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県へお迎えに伺います。また、ご家族の手で霊堂へ持ち込んでいただくことも可能ですので、その際はお電話でご連絡ください。

ワンちゃんの飼い主さんへ

飼い主として最後の責務に、死亡届の提出があります。ご自身のワンちゃんを登録している自治体へ、必ず提出しましょう。詳しくは、「【完全保存版】犬の火葬を依頼するときにチェックしておきたい9つのポイント」をご覧ください。

ペット忌引き休暇を実践する企業が出現!

ボールと遊ぶ犬
ペットのお通夜・葬儀を考えたときに、仕事との兼ね合いを気にする人は多いでしょう。そんな中、近年ペットを人の家族と同じように捉え、ペットが亡くなった場合に忌引き休暇を導入する企業が出てきました(1)。働く社員にペットを飼っている人がいれば申請書を提出することで、ペットに関する事情を汲んで、社員が休みやすい環境づくりを行っています。いままで「ペットのことで休んでいいのかな」と思っていた社員もこの制度で、「悔いのないお見送りができた」という声を聞けました。

まだまだ実践している企業は少ない現状ではありますが、ペットブームによって人とペットとの生活が当たり前になってきたからこそ、今後徐々に増えていくニーズかと思います。

ペットのお通夜・葬儀についてのご相談

公園のベンチに座る犬たちペットのお通夜は、人の葬儀のように必ず行うという訳ではありません。もし、お見送り方法のひとつとしてお通夜を検討する場合には、動物種ごとの「安置方法」をチェックしておきましょう。大森ペット霊堂では、お通夜のお手伝いまたはお通夜セットの貸し出しを行っております。ご希望の方あるいはご検討中の方は、お気軽にご相談ください。ご自宅でも大森ペット霊堂でお通夜を行うことは可能ですので、ご家族のご意向に沿ってサポートいたします。

参考先:

(1) 厚生労働省,日本ヒルズ・コルゲート株式会社, ペット忌引き休暇, https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/dl/oroshiuri02.pdf

人の終活とペットの終活の違い
2019年11月1日

「終活」という言葉を聞く機会が増えましたがそもそも終活は何か、分からない方も多いのではないでしょうか。終活とは、人生の後半戦に差し掛かり「人生の終りに備える活動」を指します。
人間社会でも墓終いや海洋散骨など、自分の死後のありようを考えるようになりました。同じようにペットの終活(別名:生前相談)があります。人の終活とペットの終活は必要なのか、話題の終活ノートには何を書くのかなど一つひとつご紹介していきます。

    目次

  1. 1.ペットの終活は必要?
  2. 2.ペットの終活は元気なうちに始めよう
  3. 3.ペットの終活ノートに記入すべき項目
  4. 3-1.ペットちゃんの日常
  5. 3-2.医療や保険
  6. 3-3.介護やホーム
  7. 3-4.供養やお墓
  8. 4.ペット終活でペットとの最高の思い出作りを

ペットの終活は必要?

人の終活においても自分の望む終りを迎えるために準備する方がいるように、ペットの終活も注目されるようになりました。
ペットの終活は、愛するペットの一生と向き合うことだけでなく、もしもあなたが不慮の事故などでペットと過ごせなくなったときの備えとして活用できます。ペットの終活は、高齢化する社会において取り組みたい準備の1つといえます。

お別れを考えることは、誰しも胸を締め付けられることでしょう。「うちの子は大丈夫。」、「死ぬことなんて考えたくない」と思う飼い主さんも多いです。しかし、万が一愛するペットをこの世にひとりぼっちで残すことになってしまったら…。悔いの残らないお別れのために、一緒に考えてみませんか。

ペットの終活は元気なうちに始めよう

お別れとは、突然訪れることもあります。いままで過ごして来た日々があるからこそ、ご家族にとって心苦しいでしょう。ですが、時間は無常にも刻一刻と過ぎ去っていきます。そのときに、ご家族の望むお見送りを選択することは難しく、「もっとこうしておけばよかった。」と後悔する方を見かけます。「いつかペット終活をしよう」と先延ばしにせず、シニア期や介護が差し掛かったときに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ペットの終活ノートに記入すべき項目

ペットの終活をいざ始めようと思っても、何から手をつけるべきか分かりづらいですよね。そこで、今回はペットの終活ノートをご用意いたしました。各項目について解説していきますね。

1.ペットちゃんの日常

もし飼い主がある日突然この世を去ってしまったとき、残されたペットの世話は誰に任せるべきか重要です。またペットを託された人が世話を引継げる状態として、終活ノートはとても重宝します。

食べ物の好き嫌いや普段よく行う癖・行動、怖がっているときや不安なときのサインなど、ペットと共に過ごして来た飼い主が1番の理解者です。どんな些細なことも書き記してあげましょう。

2.医療や保険

ペットの高齢化に伴い、獣医医療は日々進歩してきました。いまでは、専門医による高度医療を受けることや近所のホームドクターで治療にあたること、自宅での緩和ケアで過ごすことと医療の選択肢は幅広くなりました。ペットがどのような治療・予防接種・薬を服用しているか、かかりつけ医の連絡先などをまとめておきましょう。

また、ペットの保険会社も年々増加し、ペットのニーズにマッチするタイプを選択できるようになりました。もしペット保険に加入しているのであれば、補償範囲や金額、期間などは終活ノートへ記載しておきましょう。

3.介護やホーム

寝たきりのペットの介護や自宅での取り組み方などについて考えておくことで、老いていくペットとの過ごし方と向き合えます。介護は、ひとりで頑張りすぎてはいけません。頼れる施設やサービスも増えてきましたので、上手く取り入れながら介護してみるのもひとつの手です。

老犬・老猫ホームや訪問介護、ペットシッターなど、ペット専用のサービスがあります。利用を検討している場合、ご自宅の近くにあるか、見積もりはいくらかなど比較しながらノートにまとめておくといいでしょう。

4.供養やお墓

ペットの葬儀についてですが、残念ながら現状法整備が追いついてない問題があります。そのため、ペット葬儀業者の選び方を誤ってしまうと、取り返しのつかない事態も懸念されます。ペットのお骨の取扱いや供養方法はどういったものがあるのか、費用はいくらか、お墓や納骨方法など、後悔のない選択のために調べておきましょう。

ペット終活でペットとの最高の思い出作りを

ペットの終活で「いつか訪れるお別れ」を考えることは、とても寂しく複雑な気持ちかと思います。ですが、この終活ノートをまとめることで、ペットとの日々を充実なものにしたいと実感する方が多くいます。飼い主の方はペットが元気なうちにやりたいこと、行きたい場所を書き出すことでこれから過ごす日々の彩りが変わってくるでしょう。

今回ご紹介したペットの終活ノートを活用して、悔いのないペットとの大切なひと時をお過ごしくださいね。大森ペット霊堂では、供養に関するご不明点だけでなく健康面や生活面のご相談に乗ることも可能です。どんな些細なことでもご相談くださいね。

【保存版】初めてのペット法要の準備から今後の流れについて
2019年10月25日

初めてのペット法要

犬や猫などのペット葬儀がひと段落し、その後に控える初七日忌や四十九日(七七日忌)、一周忌などは人と同じ内容でいいのか。初めてペット葬儀を行った方にとっては分からないことだらけですよね。ペットの法要はどのような流れで準備していけばいいのかについてお話ししていきます。

    目次

  1. 1.犬や猫のペット法要・法事 その違いとは?
  2. 2.犬や猫のペット法要・法事 法要時期とは?
  3. 3.ペットの法要・法事はいつまで行うの?
  4. 4.ペットの法要・法事の準備について
  5. 4-1.場所と日時
  6. 4-2.服装
  7. 4-3.お供え物・お花
  8. 5.ペットの法要を機に納骨

犬や猫のペット法要・法事 その違いとは?

よく意味が混同されやすい法要と法事。法要とは亡くなった家族を偲び、お祈りする儀式のことをいいます。その一方、法事とは法要のあとに控える会食(お斎)までを含めた全体のことを指します。

犬や猫のペット法要・法事 法要時期とは?

法要名称 時期(命日を含む) 補足
命日 亡くなった日 「一回忌」とも言う
初七日忌 7日目 「初七日法要」とも言う
二七日忌 14日目
三七日忌 21日目
四七日忌 28日目
五七日忌 35日目 「三十五日忌」とも言う
六七日忌 42日目
七七日忌 49日目 四十九日忌(忌明け)
百か日忌 100日目
一周忌 満1年目
三回忌 満2年目
七回忌 満6年目
十三回忌 満12年目
十七回忌 満16年目

人の法要でも「いつまで法要を続けるか」について自由であるように、ペットの法要でもご家族ごとに法要を決めて問題ありません。
また上記の表を見ていくと、「一周忌」と「○回忌」とあります。この文字の違いとして、一周忌は亡くなった年の翌年、三回忌以降は回忌数から1引いた年数に法事を行います。なぜ1引いた年数に法事を行うかという、亡くなった命日を「一回忌」とするためです。そこで新たな疑問として命日から満1年目を二回忌ではなく、なぜ一周期と呼ぶのかと不思議に思う方もいるのではないでしょうか。実は、亡くなってから1年(1周)が廻り、初めて迎える祥月(しょうつき)命日(めいにち)に重きを置いているからだと言われています。

ペットの法要・法事はいつまで行うの?

人の法要では、三十三回忌(または五十回忌、それ以上)までの法要があります。長期に渡った法要がある理由として、一説によると人の寿命が約50年であった時代の名残とされています。ペットの場合、動物種によりますがその動物種の平均寿命に合わせて弔い上げを行うこともひとつの手です。

ペットの種類 平均寿命 最期の法要(目安)
イヌ 14.19才 十三回忌
または、十七回忌
ネコ 15.33才 十七回忌
ウサギ 8才程度 七回忌
ハムスター 2~3才 三回忌
インコ 5~10才 七回忌

上記のペットはあくまで一例ですが、いずれにしても動物種によって平均寿命は異なりますので注意しましょう。
今回、目安として最期の法要を記載しましたが、法要とは亡くなったペットを偲ぶために行う儀式です。ご遺族によっては、法要を行う・行わないという選択肢もあります。またご家族によりますが、四十九日や一周忌で弔い上げを行う方もいれば、それ以上を行う方もいます。もし法要を行う場合には、「いつまで法要を行うか」についてご家族で話し合っておくといいでしょう。

ペットの法要・法事の準備について

ペットの法要・準備

これまで一周忌は、命日を含む満1年後に行われてきましたが、最近では前倒しで行われるご家族が増えたように思います。事前準備はとても重要だからこそ、次の項目には注視しましょう。

1.場所と日時

日時は、ご家族の集まりやすいお日にちをいくつか候補を出しましょう。日付によっては、僧侶を手配することが難しいことが予想されます。場所の候補として、ご自宅またはペット霊園で行う方法があります。ペット霊園によりますが合同供養祭を定期的に開催しているのであれば、その催し物に参加することで準備の負担が減るのでオススメです。

2.服装

ペットの法要では、特に服装の指定はありませんので、ご自由な服装で行うことが多いです。もし服装を決めかねるのであれば、落ち着いたモノトーンの服装がいいでしょう。

3.お供え物・お花

ペットのお供え物として、ペットが生前食べていたエサや遊んでいたおもちゃをお供えする方が多いです。その他にもペットと思い出のある写真やモノがあれば一緒にお供えしてもいいでしょう。お花は特に決まりはありませんので、ご自身の好きなお花やその子に合わせたお花を飾るのも素敵ですよ。

ペットの法要を機に納骨

ペット法要を機に納骨

ペット葬儀後に、ご自宅に持ち帰る方は数多くいます。その後、ペットを自宅へ連れて帰り四十九日や一周忌を機に、ペット霊園やお墓へ納骨する方が年々増えてきました。ペットが無事に天国で休まるために、ペットを納骨することも供養のひとつです。

大森ペット霊堂では、年に4回の供養祭を開催しております。他のペット葬儀業者でペット火葬・ペット葬儀を行った方も参加することは可能ですので、お気軽にご相談ください。
また、ご自宅での初めてのペット法要を行いたい場合にも、お電話いただければ専任スタッフが常駐しておりますので、ご相談に乗ることも可能です。スタッフ一同で悔いの残らないお見送りのお手伝いをいたします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 15