BLOG

ブログ
亀は火葬できる?
2020年1月17日

大森ペット霊堂 笹本です。

 

亀が亡くなったら(死んだら)どうしたらいいのか、悩む方も多いのではないでしょうか。

亀は普通の爬虫類とは違い、硬い甲羅で覆われています。

 

亀も犬や猫のように火葬をすることができるのか、という疑問にお答えしていきたいと思います。

 

【鶴は千年、亀は万年】と言われていますが、亀の寿命は何年くらいなのでしょうか。

 

 

亀の寿命

 

一般的にペットとして飼われている、ミドリガメなどは平均寿命20~30年くらいといわれています。

小型のリクガメとして有名なロシアリクガメや、ギリシャリクガメは30~50年くらいです。

動物園などで飼われている大型のリクガメ、ケヅメリクガメやゾウリクガメなどの種類は100年を超えることもあるそうです。

 

大森ペット霊堂で飼育しているゼニーもケヅメリクガメで、まだ3歳くらいですので、今後の成長がとても楽しみです!

 

そんな長寿の動物とされる亀ですが、ペットとして飼われている方も多くいらっしゃいます。犬や猫よりも長く家族として生活してきて、その子が亡くなって(死んで)しまったらとても悲しく、寂しくなりますよね。

 

亀という動物でも、れっきとした家族です。その子の最後のお別れはしっかりとしてあげましょう。

 

 

亀の火葬

 

そもそも、亀の硬い甲羅は火葬することができるのでしょうか?犬や猫と違って、火葬するイメージがない。というかたも多いのではないでしょうか。

 

結論からいうと、火葬はできます。長く共に生活しているので、立会葬儀での火葬をされるご家族さまも多くいらっしゃいます。

亀は火葬をしても、お骨もしっかりと残りますし、しっかりと火葬ができます。ただ、一番印象的な甲羅は、その形のままではなく、模様と同じようにバラバラにわかれてしまいます。いままで頑張って身を守っていた甲羅の姿をしっかりと見てあげるということも、供養につながります。

 

ペット火葬業者のなかには、犬や猫の火葬しかできないところもあるかもしれません。亀の火葬ができるところを探して、ぜひ火葬をしてあげてください。

 

 

埋葬はできる?

埋葬する、という方法もありますが、条件がいくつかあります。

 

・飼い主の所有地であること

・掘り起こさないこと

・ほかの動物に掘り返されないように深くに埋めること

 

他人の所有地に埋めてしまうと、違法となりますのでご注意ください。

犬や猫、小さなインコやハムスターでも、5年たってもほとんどそのままの身体で残っていることがあります。亀は硬い甲羅で覆われているので、何年、何十年とかかると考えておいたほうがいいでしょう。

そのため、誰かに掘り起こされたりしないようなところに埋葬しないといけません。この条件を満たせなければ、必ず火葬をしてあげましょう。

 

爬虫類をごみと一緒に捨ててしまう話もよく聞きますが、大切な家族ですので、火葬してあげることを強くおすすめ致します。

 

 

最後に

 

ペットの亀がもしも亡くなったら(死んだら)、亀でも火葬ができます。

犬や猫のように愛玩動物として品種改良をされてきた動物ではありませんが、ペットとして飼育していくことで、何年、何十年と家族としてともに過ごしているのではないでしょうか。

亀は何年も一緒に過ごしてきた家族ですので、最後までしっかりと供養をして、お別れをしてあげましょう。

大森ペット霊堂では、どんな種類のペットでも家族の一員として、最後のお別れのお手伝いをさせていただいております。

 

わからないことや、ご不安なことがありましたらいつでもご連絡くださいませ。

 

 

ペット火葬・ペット供養なら大森ペット霊堂

亀のご火葬もご相談ください

0120-176-594

大田区大森東2-1-1

猫の火葬について
2020年1月12日

大森ペット霊堂 笹本です。

近年猫の人気が急上昇していて、猫を飼う人も増えてきたのではないでしょうか。

猫グッズや猫カフェ、保護猫カフェ、猫専門の獣医さんなど、町のいたるところに猫があふれているような気がします。

 

皆様の癒しとなり、家族の一員となった猫にもしものこと、亡くなってしまうことがあったときに、しっかりとお別れができるようにしてあげましょう。

 

 

 

猫が亡くなったら

 

もしも、大切な愛猫が亡くなったら、動揺してしまうことは当たり前のことです。そのなかでもできることを少しずつやってあげましょう。

 

まずは、その子の身体を低温に保てるようにしましょう。

亡くなった身体をそのままの状態で残しておくことを、安置といいます。

 

では、猫の安置はどのようにしてあげたらよいのでしょうか。

 

 

猫の安置方法

 

猫だけではなく、人やほかの動物もそうですが、個体差はありますが、数分~数時間くらいで身体の硬直が始まってきてしまいます。

前足や後ろ足が伸び切ってしまっている場合はすこし曲げてあげたり、自然な態勢にしてあげましょう。

目などは、無理に閉じさせる必要はありませんが、気になる場合は早めに触って閉じさせてあげてみてください。

 

安置するためにいくつか用意するものがあります。

①身体の大きさにあった段ボールなどの箱

②バスタオル2枚

③フェイスタオル数枚

④小さい袋に入れた氷やドライアイスや保冷剤を数個

⑤その他近くに入れてあげたいもの(ご飯やお花、おもちゃなど)

 

上記のものを用意したら、

まずは段ボールの中にバスタオルを1枚下に敷いてあげてください。

その上に猫ちゃんを寝かせてあげましょう。氷をフェイスタオルでくるんで頭のところに枕代わりに置きます。

同じようにタオルに包んだものをおしり、おなか、背中のあたりに重点的に置いてあげてください。

その上からもう一枚のバスタオルをお布団のようにかけてあげます。

 

こちらの方法で安置をしっかりしてあげることができます。

 

 

安置をしているときに気を付けること

 

猫を安置するお部屋の温度は高くならないようにしましょう。

人が肌寒いくらいの室温が安心です。ただし、生活しているスペースと同じところに安置をしておくのであれば、飼い主様の体調を第一に考えてください。

氷は溶けたら替えてあげられるようにしておきましょう。また、お顔を見ないときには蓋を軽く閉めておいてあげましょう。

 

お顔を見るときだけ蓋をあけて、その時は沢山撫でてあげてください。お顔を見ないときに閉める、というような感じです。

 

そして、

そのあとのことを考えるのが一番必要になります。愛猫をどのように見送りたいのか、お骨はどうするのか、ということを考えましょう。

 

 

猫の火葬の種類

猫が亡くなったら火葬をしなくてはいけません。火葬には大きく分けて2種類方法があります。

 

1、個別火葬

…その子だけを火葬し、お骨を骨壺に入れて自宅に持ち帰れる

 

2、合同火葬

…他のペットと一緒に火葬をする(お骨を分けて持ち帰ることはできない)

 

この二種類が主な火葬の種類となります。

 

個別の火葬をして、お骨上げまで飼い主さまが行う立会という種類もあります。

 

どんなお別れにしたいかは、火葬業者の方と相談をしながら決めるのが一番だと思います。

大森ペット霊堂では、飼い主様のお気持ちをきいた上で火葬の種類をご一緒に決めていきますので、ご安心くださいませ。

 

 

火葬業者の選び方

 

ペット火葬を行う業者はいい人ばかりとは限りません。それを見定めるのは難しいことかもしれません。

インターネットや実際の口コミ、獣医さんの紹介など、沢山事前に調べてからのご検討するほうがいいと思います。

口コミに悪いことばかり書かれているところは、少なからず嫌な思いをしてしまった人がいるという事実もありますので、安心できそうなところを是非みつけてみてください。

最後のお別れの時にいやな気持ちにはならないように、しっかりと事前に調べましょう。

 

 

最後に。。。

 

愛猫が亡くなってしまったら、とても悲しい気持ちになってしまうと思います。それでも、その子への最後のしてあげられることとして、できる限りしっかりとお別れができるように準備をしましょう。仲のいいお友達や、信頼している獣医さん、そしてご家族と相談して決めましょう。

もちろん、ある程度お気持ちが落ち着いてからで構いません。

 

大森ペット霊堂では、飼い主様のどんな不安なことでもお伺いいたしますので、もし愛猫が亡くなってしまったら、お気軽にご相談くださいませ。お電話でのご予約は24時間行っております。

 

最後のお別れ、悔いのないようお時間お過ごしください。

 

ペット火葬・ペット葬儀は

大森ペット霊堂にご相談ください

0120-176-594

大森東2-1-1

ペットが亡くなったら?飼い主様の声<ペット葬儀・火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年12月23日

 

大森ペット霊堂の萩原です。

ペットが亡くなった(死んだ)ら?

みなさまはペットが亡くなった(死んだ)らどうしますか?ペットと一緒に過ごしている方にとっては、考えたくないことだと思います。しかし、生き物は必ず死が訪れます。

ペットが亡くなったらまず皆さんは何を考えるでしょうか?

「体が腐敗しないか心配・・・」「亡くなった(死んだ)らすぐに火葬しないといけないの?」「ペットが急に亡くなってしまったけど会社を休めない」「火葬ってすぐしてくれるのだろうか?」「自分ではペットを連れていけないのだけど・・・」

飼い主様から頂くご質問にお答えいたします。

 

 

Q1 体が腐敗しないか心配・・・

A: 亡くなった(死んだ)ペットのお体は日が経てば経つほど腐敗していきます。しかし、適切な安置方法を行っていただければ季節や体の大きさにもよりますが、2~3日はお体をお守りすることが可能でございます。

正しいご安置方法についてはこちらをクリックしてください。

 

Q2 亡くなった(死んだ)ら、すぐに火葬しないといけないの?

A: すぐに火葬をしなければならないということはございません。亡くなった当日は、しっかりとお別れのお時間をお取りいただきたいと思っております。

 

Q3 ペットが急に亡くなってしまったけど、仕事を休めない・・・

A: 大森ペット霊堂には安置室がございますので、ペットのお体をお預かりさせていただくことも可能でございます。お仕事などのご事情がございましたら、一度お問い合わせくださいませ。大切なペットのご葬儀は一度きりでございます。ご家族様皆様お揃いで、悔いのない最期のお別れをしていただきたいと思っております。

 

Q4 火葬ってすぐしてくれるのだろうか?

A: 大森ペット霊堂ではご予約を頂いております。お電話いただいた当日にご予約も可能でございます。その日のご予約の状況によりましては、ご案内が明日となる場合もございますのでご了承ください。

 

Q5 自分ではペットを連れていけないのだけれど・・・

A: 大森ペット霊堂では、ご自宅までご送迎もさせていただいております。飼い主様ご自身で、ペットをお連れするのが難しい場合はご送迎をご利用くださいませ。お立会い葬儀では飼い主様もご乗車いただき、大森ペット霊堂にてご葬儀、ご収骨をしていただけます。一番人間のご葬儀に近いものとなっております。しっかりとお別れのお時間もお取りしておりますのでご安心ください。

 

 

最後に・・・

その他に何かご不明な点や、ご心配なことがございましたらお気軽に大森ペット霊堂までお問い合わせください。ペットのご葬儀が初めての方もたくさんいらっしゃることと思います。大切なペットとのお別れを、悔いのないものにしていただきたいと思っております。私たちに、最期のお別れのお手伝いをさせていただけたら幸いでございます。

 

 

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

 

 

 

高齢のペットとの向き合い方
2019年12月20日

高齢のペットとの向き合い方

大森ペット霊堂 笹本です。

最近、私の知人の愛犬が亡くなりました。

16歳の柴犬でした。生前もよく会っていましたが、最後の半年くらいは突然立ち上がってフラフラ歩いたり、今まではなかったトイレの失敗などもありました。

トイレの失敗をしないように、頻繁におしっこをさせに行ったりもしたそうです。

 

自分でご飯を食べられずに、口元に持っていくと食べてくれていました。

歩きながら突然倒れることもあったので、なかなか目が離せなかったそうです。

 

こうして文にしてみると、とても大変なように思えますが、今まで家族として過ごしてきた子が少し手間がかかっても、苦には感じません。

逆に愛らしいと思うはずです。

知人も手間がかかって可愛い、と言っていましたしほかの高齢犬を飼っている方も同じように言っていました。

 

 

 

老衰とは

年老いたペット達の最後というのはゆっくり訪れます。

老衰とは、身体的な機能がだんだんと低下していくことをいいます。

老衰で亡くなる、老衰死というのは、直接の死因となる病を持たず、老いによる身体機能の低下で死を迎えることということです。

 

病気ではなくても、筋力の低下により、歩けなくなってしまう。というのも老衰による現象です。

 

ただ、体の自由が段々利かなくなっているわが子のために、飼い主がしてあげられることは沢山あります。

 

 

老衰していくペットのために飼い主ができること

 

どんなお別れの仕方であっても悲しみはもちろんあります。ただ、長年連れ添ってきた家族として、

がんばったね。お疲れ様。今まで本当にありがとう。と伝えてあげてください。

 

最後の瞬間に立ち会えた時には、胸の中で沢山撫でながら声をかけ続けてあげてください。

 

最後の瞬間に立ち会えなくても、後悔する必要はありません。

亡くなった子は、飼い主が後悔している姿は見たくないはずです。

 

私も愛犬の最期の瞬間に立ち会うことはできませんでしたが、

それもその子の意思なんだろう、と思うようにしています。

 

 

さいごに。。。

 

愛犬が亡くなったのは、もう8年も前のことですが、今も忘れてはいません。

もちろん、少しも後悔がない。と言ったらうそになりますが、後悔よりも感謝の気持ちのほうが大きいです。

 

高齢のペットを飼っている人でもそうでなくても、生き物を飼って共に暮らすということは、

必ず最期の時が訪れます。

 

明日が最後になっても後悔しないように毎日たくさんの愛情と感謝の気持ちを伝えてあげるようにしてくださいね。

 

 

 

ペット葬儀・ペット火葬なら

大森ペット霊堂

生前相談などもお気軽にご連絡ください

東京都大田区大森東2-1-1

0120-176-594

愛犬を看取る準備について<ペット火葬・葬儀を行う大森ペット霊堂>
2019年12月14日

 

大森ペット霊堂の萩原です。

 

ご葬儀をさせていただいた飼い主様の中にペットの介護をされている方がいらっしゃいました。今は、ペットも寿命が延びており介護をする方が多くいらっしゃいます。私も以前は犬の介護施設で働いておりました。ご葬儀の事前準備もとても大切なことですが、同じくらい大切なことはペットを看取る準備だと思っています。今回は、犬の介護についてお話させていただきたいと思います。

 

 

犬も介護が必要なの?

犬も人と同じように歳を取ります。それに伴い、病気になったり体の自由が利かなくなってきます。食事やトイレも介助がなければ難しい状況になってくることもあるかもしれません。そのような状況になった場合は、人間と同じようにペットも介護が必要となってくるでしょう。

 

 

ペット介護とは?

お世話の種類

  • 食事の介助・・・自力で食べるのが難しい場合は、フードを口元まで持っていき食べさせる飲み込む力が弱くなっている場合は、流動食にするなどフードの工夫もする

 

  • 排泄の介助・・・トイレをする姿勢を保つのが難しい場合は、体を少し支えてあげる
  • 老化や病気により排泄が我慢できない場合は、オムツやマナーパットを利用する
  • 自力で排泄ができない場合は、カテーテルや圧迫排尿、肛門を刺激するなどして排泄を促す
  • ※必ず動物病院の先生にやり方を教わってから行ってください

 

  • 歩行の補助・・・自力で立ち上がれない、歩行の際によろけてしまう場合は最小限の力で支えてあげる
  • 市販の歩行補助用のハーネスを利用してあげる

 

  • 体位転換・・・寝たきりの場合は、定期的に寝返りを打たせてあげる
  • フセの態勢にし、顔を起こしてあげる

 

ペット介護の代表的なお世話は上記になりますが、その他にもシャンプー、グルーミング、投薬、リハビリなどたくさんの介護があります。寝たきりのペットの場合はこの他にもお世話が必要となってくるかもしれません。

 

今現在元気で走り回っているペットでも、もしかしたら介護が必要となってくる時が来るかもしれません。事前にペット介護について調べておいてみてはいかがでしょうか?

大切なペットを看取れるということは大変幸せなことだと思っております。たくさんの愛情を注ぎ、たくさんの楽しい思い出を一緒に作り、長年過ごしてきた大切な家族です。家族の介護や、葬儀のことを考えるのはなにもおかしいことではございません。たくさんの愛情をペットからもらったはずです。最期のお別れのお時間を悔いのないものにしていただきたく思います。

 

最後に・・・

大森ペット霊堂では、ペット葬儀・火葬のことだけではなく「生前相談」も受け付けております。「まだ、元気なんだけど葬儀ってどのくらい費用がかかるの?」「ペット霊園って何?見学できるの?」など、どんな些細なご質問でも構いません。疑問に思ったことがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

 

涅槃図(ねはんず)とは<ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂>
2019年12月10日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

大森ペット霊堂で葬儀や法要を執り行わせて頂いている3階、本堂の広間には、とても大きな、こちらの絵が飾られています。

 

 

 

 

 

 

こちらは、涅槃図(ねはんず)と言って、今から2500年ほど前の、仏教の祖と言われるお釈迦さまがお亡くなりになった時の様子を描いたものだそうです。

 

以前大森ペット霊堂にお招きさせて頂いた、国分住職から学ばせて頂きました。国分住職は、こちらの絵を「とても好きだ」と仰いまして、その時のお話がとても印象に残っておりますので、お話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

絵の中央には、お釈迦さまが横たわっていて、その周りを、とても悲しい表情をした弟子たちが囲んでいます。今まで弟子たちに、様々な教えを説いたお釈迦さまですが、一番最後に教えて下さったのは「生き物には必ず死がおとずれる」ということ。その事を、自らの身をもって教えて下さったのでした。

 

今までお釈迦さまの教えを頼りに生きてきた弟子たちが、泣きながら「これから何を信じて生きていけば良いのですか!」と問いかけると、お釈迦さまは亡くなる直前、「自分自身を信じて生きていきなさい」と答えたそうです。そして、命は連鎖していくものなので、自分の亡骸(なきがら)は川に流して、魚たちに食べさせてあげて欲しいと、遺言を残したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらの絵のとても興味深いところは、悲しんでいる姿を描かれているのが、弟子たち人間だけでは無いというところです。周りに目を向けてみると、動物たち、植物たち、それから伝説の生き物たちまでいます。

 

 

 

こちらは犬や猫でしょうか?

 

牛や馬もいます。

 

兎も見つけました。

 

 

 

たくさんの動物たちが、一緒に描かれている涅槃図。なぜ動物たちも、こんなに悲しんでいるのでしょうか?

 

それは、お釈迦さまが愛しておられたのは、人間だけではないからです。生き物の中で人間だけを、決して特別扱いする事なく、動物たちも平等に愛しておられました。現代でさえ動物の事を「畜生」と呼ぶ人間が稀にいらっしゃいますが、お釈迦さまは決して「畜生」という、命の尊さに優劣を生み出すような言葉を使わなかったと言われています。だから動物たちは悲しんでいるのです。

 

涅槃図が表しているもの。それは「人間も動物も、生き物の命は皆、平等である」ということです。動物たちの命も、とても大切にされていた事が伝わるから、こちらの絵が大好きなんだと、国分住職は仰っておりました。

 

 

 

お話を聴いてから、涅槃図について何も知らなかった自分も、こちらの絵が大好きになりました。大森ペット霊堂のスタッフは皆、動物たちの命を人間と平等に想っています。だからこそ、ペットちゃんのご葬儀の際は、人間のご葬儀に倣い、人間が亡くなった時に行われる作法と同じようにペットちゃんを送り出しています。そんなスタッフのひとりとして自分がここに居れること、それから、大きな涅槃図が飾ってある大森ペット霊堂に居れることを、誇りに思います。

 

大切なペットちゃんを、ご家族のひとりとして、人間と同じように手厚く送り出してあげたいとお考えの飼い主様は、ぜひ一度大森ペット霊堂にご相談下さい。

 

 

 

ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂

0120-176-594

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

1 2 3 4 5 38