BLOG

ブログ
ペットが亡くなる前の準備【ペット葬儀、火葬を行う大森ペット霊堂】
2019年5月1日

 

 

こんにちは、大森ペット霊堂の立崎です。

最近よく耳にするようになったペットの終活という言葉。【ペットの終活】とも呼ばれているそうです。

テレビでもよく取り上げられているのを目にします。

終活は、死と向き合い、最後まで自分らしく充実した人生を送るための準備、そして自分らしい最期を迎えるための準備です。

 

では実際にどんなことをしていくのか。

 

 

 

 

 

ペットの終活について

 

  • エンディングノートを書いてみる
  • 遺言書を書いてみる
  • ペットの葬儀を考える
  • お墓を決める

 

今回は色々な終活の内容がある中でもペットの【エンディングノートについて】【葬儀のことについて】お話していきます。

 

 

 

 

 

ペットのエンディングノートとは?

 

 

エンディングノートは、自分の終末期、万が一のことがあったときに備え、周りの人たちに伝えたい希望や要望、自分に関しての身のまわりの情報の残しておくためのノートです。

例えば、自分自身の財産のことであったり、残された親族のこと、ペットのこと、こんな終わりを迎えたいなど、こんな葬儀で見送ってほしいなど、どんなことでもいいのです。

 

 

 

この写真のものは、大森ペット霊堂のスタッフが作成したペットちゃん専用のエンディングノートです。

内容としては、通いつけの病院や飲んでいるお薬、入っている保険のこと、いつも食べているごはんやその子の性格や散歩のこと、一緒に作りたい思い出について、最期の見送り方、そして葬儀行うまでの流れなどなど。

 

先ほどのエンディングノートをイベントに参加させて頂いた際に、実際に飼い主様へお渡しさせてもらったところ、

「ぜひ使ってみたい!」「私もオリジナルのものを作成してみたい!」など好評なお声を頂きました。

 

実際に自分自身でオリジナルのその子だけのエンディングノートを作るのもよいかもしれません。

 

 

 

 

ペットの葬儀について考える

 

突然、いつも寄り添ってくれていた愛するペットが亡くなったとき、誰もがその死を受け入れることに時間かかかることと思います。その子との出会いもお別れも一度きりです。

家族みんなで悔いの残らないお別れを、そして快く見送りをしてあげることがお互いにとってもよい形として最後の思い出に残るのではないでしょうか。

 

 

 

ペットの葬儀とは?

 

霊園によって葬儀の流れや雰囲気も違ってきます。実際にペットのお葬儀にも様々な形があります。大森ペット霊堂では、以下の3つのお葬儀プランにわかれています。

 

 

  • お立会い葬儀
  • 個別一任葬儀
  • 合同葬儀

 

 

大森ペット霊堂の火葬のプランはこちらをクリック

 

 

ご葬儀の内容としては、飼い主様にお骨上げの最期まで行って頂くもの、他のペットちゃんたちと一緒に合同でご火葬させてもらうものなどがあります。

また、ペットの葬儀や火葬をご希望のご自宅やご指定の場所へペットちゃんの送迎をも行っております。

 

そして、火葬の後に考えなければいけないことは、納骨です。

 

 

 

 

大森ペット霊堂の4階と5階には、個別の納骨堂を完備しており、1階には合同の永代供養墓地があります。

どちらの形でも納骨したペットちゃんのお参りに朝の9時から18時までいつでも来ていただけます。

大森ペット霊堂では、ご相談も行なっておりますし、施設見学も随時行うことができます。

その子と自身に合うプランを考え、見送ってあげることが何より家族への想いが伝わると思います。

ペットの葬儀や火葬をお考えの方は、何でもご相談くださいませ。

 

 

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1

大森ペット霊堂HPはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬、猫のペット介護について
2019年4月30日

大森ペット霊堂の萩原です。

 

 

今回は、ペット(犬、猫)の「介護」についてお話させていただきたいと思います。

 

 

みなさまは介護に対してどのようなイメージをもたれていますでしょうか?

ペット(犬、猫)も介護が必要なの?と驚かれる方も多いと思います。

 

 

 

 

 

 

介護に関するお悩みで多いものは・・・

 

トイレ(排泄)のお世話

 

 

当たり前のことですが、私たちと同じようにペットも排泄をします。

毎日、生活する中で欠かせないお世話です。

 

 

部屋の決まった場所や、お散歩時にトイレをさせている方も多いのではないでしょうか?

今までは失敗などしなかったのに・・・などと思うことも多くなってくると思います。

 

 

そんな時は改めて、ペットの様子を注意深く見てあげてください。

もしかしたら、老化や病気が原因かもしれません。

 

 

  1. ①足腰は弱ってきていないか?
  2. →足腰が弱り、トイレの場所まで行くことができず失敗してしまってるかも

 

  1. ②トイレの回数は減った?増えた?
  2. →膀胱炎や尿路結石などの病気かも

 

  1. ③食事の際の食べ方や、量は?
  2. →以前と比べて異常に食べたり、食べ物ではないものを食べるようになった場合は痴呆や病気の症状かも

 

 

定期的に動物病院で健康診断などを行うのもいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレ(排泄)のお世話

 

  • ①自力で歩くことができる
  • →排泄の際に姿勢を保っていられるように少しだけ支えてあげましょう。
  •  できるだけ自力で姿勢を保っていられるように、最小限のお手伝いに留めましょう。

 

  • ②前足は動かせるが、後ろ足は動かせない
  • →排泄の際に、普段トイレをする時の姿勢にしてあげましょう。
  •  車いすのような補助器具を使用してもいいかと思います。

 

  • ③自力で歩くことができず、寝たきりの状態
  • →体がまだ動くのであれば、上半身だけでも起こし、排泄させてあげましょう。
  •  寝たまま排泄するより、体を起こしてできるだけ全ての尿を出せるようにしてあげましょう。

 

  • ④トイレを我慢できず、お漏らししてしまう場合
  • →オムツやマナーパッドを利用する。
  •  オムツは赤ちゃん用のもののほうが、吸収力や素材も優れているのでいいかと思います。
  •  人間用を使用する際は、しっぽの穴を開けてあげましょう。

 

  • ⑤自力では排泄できない場合
  • →動物病院に通い排泄させてもらうか、膀胱を押して出してあげましょう。
  •  ※圧迫排尿は危険なので、必ず動物病院で教えてもらうようにしてください。

 

 

 

今は元気に走り回ってるペットでも、もしかしたらトイレのお世話が必要になってくる時が来るかもしれません。

少しの情報ですが事前に知っておくだけで、飼い主様の不安な気持ちを和らげることができると思います。

 

 

 

 

 

ペットが元気な間にすべきことの一つとして、亡くなった時のことを考えるのも大事なことだと思っています。

 

 

ペット霊園がどのようなところなのか知るのもとても大切なことです。

 

 

 

大森ペット霊堂では、ペット(犬、猫)の火葬や供養のご相談はもちろんのこと

生前相談や施設の見学なども行っておりますので、なにか不安なことやお困りのことがございましたらお気軽にいつでもご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1

大森ペット霊堂HPはこちら

 

小動物の看取り
2019年4月28日

 

 

こんにちは、大森ペット霊堂の水野です。

 

 

 

 

今回は小動物の看取り方についてお話をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

ペットといえば犬猫を連想させる方が多いかと思います。

 

 

ですが今は様々な動物たちがペットとして飼われています。

 

 

 

犬猫以外のペットが”エキゾチックアニマル”と呼ばれていることはご存知でしょうか?

 

 

 

今回は人気なエキゾチックアニマルを紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

ハムスター

 

ハムスターはとても人気なペットですね。

 

身体はとても小さいので、飼育スペースもあまり場所をとりません。

 

 

 

カラーや種類が豊富なことも人気な理由の一つです。

 

 

ただ犬や猫に比べると寿命は短く、2~3年が平均寿命となっています。

 

 

 

懐いてくれた分だけ、お別れが早く来てしまうのは寂しいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

ウサギ

 

ウサギもとても人気なペットです。

 

 

ウサギはほとんど鳴くことがないので、近所迷惑の心配はありません。

 

草食動物なので、毎日しっかり掃除をしていれば臭いも気になることはないでしょう。

 

 

 

またウサギは犬のようにお散歩もできます。

 

『うさんぽ』と言われており、ハーネスを着けて近所の公園などに一緒にお出かけができます。

 

 

 

 

 

ただ神経質な性格の子も多いので、時間をかけて絆を築いていきましょう。

 

 

 

 

 

モルモット

 

動物園のふれあい広場でも人気なモルモットですが、

 

ペットとしての人気も高いです。

 

 

 

 

 

モルモットは本来群れで生活する動物です。

 

なので多頭飼いもできます。

 

もちろん1匹で飼っても大丈夫です!

 

 

 

 

モルモットはとても警戒心が強い動物です。

 

それはモルモットが野生で捕食される側だからです。

 

 

 

 

ですがその反面、好奇心旺盛で人懐っこい一面もあります!

 

飼い主に心を開いてくれれば、撫でることを催促したり、

 

後ろを追いかけてきたりもします!

 

 

それからモルモットは頭がいいので、自分の名前を覚えてくれたり、

 

簡単な芸なら覚えることができます。

 

 

 

 

 

デグー

 

デグーは人懐っこい性格から、近年人気が急上昇なペットです。

 

 

デグーのすごい所は知能の高さ。

 

名前を呼ぶと来てくれたり、合図で肩に上ったりしてくれます!!

 

 

 

 

 

デグーを飼う上で注しなければいけないことは、尻尾切れです。

 

デグー尻尾はとてもデリケートで、

 

強い力で引っ張ってしまうと、切れてしまいます。

 

 

 

理由は外敵に襲われた際に少しでも逃げれるようにするためです。

 

 

 

なのでデグーがどこか隙間に入ってしまったり、

 

飼い主の意図せぬ時にケージから出てしまった時は、

 

決して焦らずに、尻尾を掴まないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつか人気なエキゾチックアニマルを紹介しましたが、ほんの一部です。

 

 

他にもインコや爬虫類、両生類、魚など様々なペットがいます。

 

 

 

 

 

私たちの心に癒しや潤いをくれるペット達ですが、

 

看取りの時はやってきます。

 

 

 

 

 

犬や猫に比べると寿命が短いエキゾチックアニマルですが、

 

小さい動物たちは体の不調を飼い主に隠してしまいます。

 

 

 

どれだけ心を許している飼い主でも、それが小動物の本能だからです。

 

 

 

だからこそ私たち飼い主がしっかりと見て、体調の変化に気付いてあげなければいけません。

 

 

 

 

 

 

ペットの治療はお金も手間もかかり、とても大変です。

 

 

 

 

私も今、病気のモルモットと暮らしています。

 

朝晩お薬を飲ませるのですが、嫌がるのですぐには飲んでくれません。

 

 

 

 

病気になり最初の頃は、好きなピーマンに薬をかけて食べてくれたのですが、

 

だんだん嫌な味を覚えてしまって、食べてくれなくなりました。

 

 

今はシリンジで飲ませたり、フードにかけたりしています。

 

 

他にも色々な飲ませ方を試しましたが、どれもうまくいきませんでした。

 

 

 

 

手間はかかるけれど、大切な家族なのでこれからも一緒に病気と闘っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂ではエキゾチックアニマルの火葬も行っています。

 

 

ウサギやハムスターはもちろん、どんなペットでも心を込めて、

 

お別れのお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またこれから暑い時期になります。

 

「ペットちゃんが亡くなって、しばらく一緒にいたいけど安置が不安...」

 

と思う飼い主さんも多いと思います。

 

そんな時はお電話などでお気軽にご相談ください。

 

スタッフが正しい安置方法を案内させていただきます。

 

 

 

それ以外でもどんな些細なことでも、ご不安なことなどございましたら

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1

ホームページはコチラ

 

 

家にあるお骨は、どうしたらいいの?
2019年4月27日

 

大森ペット霊堂の吉津です。

 

 

ペットを火葬後、家にあるお骨をどうしたらいいのかわからないと困っている方もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

 

お骨をどうしたらいいのか、主に次のことがあります。

 

  • 手元供養をする
  • 個別納骨をする
  • 合同納骨をする
  • 自宅の庭に埋葬をする
  • 散骨をする
  • 分骨をする

 

 

手元供養をする

手元供養とは、ペットの遺骨を自宅に置き供養することをいいます。

 

 

納骨の相談を受ける際に、人間と同じように納骨をしなければならないと思っている方も多くいらっしゃいます。

 

人間では四十九日を過ぎると埋葬を行う方が多くいますが、

 

 

ペットの場合には決まりがありません。

 

自宅でずっと一緒に過ごしてきたペットと離れたくないという方が多く、

 

 

実際返骨されている方の9割の方が手元供養を選ばれています。

 

 

個別納骨をする

 

 

個別の納骨堂に納骨をして供養する方法もあります。

 

納骨堂を併設しているペット霊園も多く、そこに納骨する方や

 

 

今は人間と一緒に入れるお墓や納骨堂があります。

 

納骨をする時期については決まりはありませんので、

 

 

四十九日や一周忌、後は飼い主のタイミングで納骨の時期を決めるのが良いかと思います。

 

 

 

合同納骨をする

 

ペット霊園の合同供養墓に埋葬をする方法です。

 

手元供養や個別に納骨をしていたが、自分の年齢もあり

 

 

いざという時にペットの居場所がなくなってしまう心配がある方や、

 

 

他の犬や猫達が埋葬されている場所で楽しく過ごしてほしいと埋葬する方もいます。

 

合同納骨の時期は、個別納骨と同じように四十九日や一周忌、後は飼い主のタイミングで納骨の時期を決めるのが良いかと思います。

 

ただ合同納骨に関しては一度納骨をしてしまうと

 

他のペットの遺骨と一緒になってしまいますので取り出すことができません。

 

 

合同納骨をするときは、よく考えてからお決めください。

 

 

 

自宅の庭に埋葬する

 

ペットの遺骨を自宅の庭に埋葬しても問題はないのでしょうか?

 

この質問も頂くことがあります。

 

人間には墓埋法という法律がありますが、ペットにはそのような法律は存在しません。

 

なので、ペットの遺骨を自宅の庭に埋葬しても問題はありません。

 

しかし、ペットの遺骨は「産業廃棄物の可燃ごみ」として扱われますので、

 

 

遺骨の扱いについては、産業廃棄物についての法律が適用されます。

 

自宅の庭に埋葬するのは全く問題はありませんが、

 

 

他人の土地や公共の場所等に埋葬をすると産業廃棄物の不法投棄とされ、

 

 

法に触れる可能性がありますので注意してください。

 

 

 

散骨をする

 

遺骨をパウダー状にして、海や山、ペットが好きだった場所に撒く方法です。

 

先程も書きましたが、ペットの遺骨は産業廃棄物扱いとなります。

 

埋葬と同じく、自宅の庭に散骨することは何の問題もありませんが、

 

 

その他の場所は産業廃棄物についての法律が適用されるため、

 

 

科料に処せられる場合がありますので注意が必要です。

 

散骨を希望される場合には必ず散骨専門業者を介して行うようにしましょう。

 

 

 

 

分骨をする

 

ペットの遺骨を骨壺とは別に取り分けることをいいます。

 

 

 

親族で遺骨を分けたい方や、肌身離さずに持ち歩きたい方が分骨を希望されます。

 

遺骨カプセルや分骨用の骨壺を取り扱っている霊園も多くあり、

 

今はインターネットで購入することも出来ます。

 

分骨について詳しく知りたい方はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

最後に——大切なのは、愛するペットを供養し成仏してもらうことです。

 

 

愛するペットを忘れずに思い出してあげることだけでも供養になるのではないのでしょうか?

犬、猫などのペットの分骨について
2019年4月25日

大森ペット霊堂の萩原です。

 

 

みなさんはペットの分骨についてどう思いますでしょうか?

最近ではたくさんの種類の分骨用のカプセルや、アクセサリータイプのものもあります。

 

 

 

分骨をする主な理由としては

 

  1. 自宅だけではなく、外出時にも肌身離さず持ち歩き、ペットを近くに感じていたい
  2. 各家庭にご遺骨を置きたい
  3. 合同納骨をするにあたり、亡くなったペットのご遺骨の一部だけ手元に置いておきたい
  4. 自宅で供養したいが、大きな骨壺は置いておけない

 

 

など、様々な上記の理由が挙げられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分骨とは?

 

亡くなったペットのご遺骨の一部を取り分けることを言います。

 

骨壺に亡くなったペットのご遺骨を取り分けたり、

分骨用の遺骨カプセルアクセサリーなどにお骨を取り分けることもできます。

 

 

 

 

 遺骨カプセル

 

  • ・手のひらに収まるくらいの小さなもので、亡くなったペットのご遺骨を入れるもの。
  • ・一般的にはアルミ製やステンレス製のものが多い。
  • ・キーホルダーやネックレスタイプもある。
  • ・色やデザインなども豊富にある。

 

 

遺骨カプセルに分骨すると、いつでもどこでも持ち歩くことができるので

亡くなったペットを近くに感じることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、自宅に大きな骨壺を置いておくのは難しい方にも、

遺骨カプセルに分骨すればいつでも身近に亡くなったペットを感じることができることと思います。

 

その他には、アクセサリータイプのものもあります。

持ち歩くことはもちろん、身に着けられるのでより亡くなったペットを近くに感じられます。

 

 

大切なペットだからこそ日々、近くに感じていたいというお気持ちはよくわかります。

 

 

 

ご遺骨を取り分けるにあたり、こんな疑問が出できます。

「分骨ってしていいものなのだろうか?」

 

 

 

 

 

分骨ってしていいの?

 

「分骨をするときちんと成仏ができない」

 

「あの世で五体満足になれない」

 

「ペットの遺骨を離れ離れにしてしまうと、可哀そう・・・」

 

「分骨は縁起が悪い」

 

 

など耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実際のところどうなのでしょう?

 

 

分骨は古くから行われていたことですので悪いということはありません。

 

関西圏や西日本などでは部分収骨といった方法がとられています。
全てのお骨を骨壺におさめるのではなく、一部だけおさめるという方法です。

 

お骨上げの際にもうすでに分骨しているということになります。

 

 

 

 

 

 

ペットに関しましては、納骨や供養に関して特別な決まりはありません。

ずっとご自宅で供養されても問題はありませんし、もちろん納骨されても問題はありません。

 

飼い主様が納得のできる方法を選び、ご供養されるのが一番いいかと思います。

 

 

最近ではペットは大切な家族という考えが広がってきております。

大森ペット霊堂には個別の納骨堂や合同納骨墓もございますので、飼い主様のご希望に合わせたご供養ができるかと思います。

ご法要も行わせて頂いておりますので、なにか不安なことやご不明なことがございましたら、お気軽にいつでもご相談くださいませ。

 

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1

大森ペット霊堂HPはコチラ

 

 

 

大森ペット霊堂の看板動物 part2
2019年4月23日

 

 

こんにちは、大森ペット霊堂の水野です。

 

 

 

前回、『大森ペット霊堂の看板動物 part1』の記事にて、

 

小動物たちの紹介をさせていただきました!!

 

 

 

今回は看板猫の報告をさせていただきます!

 

 

 

 

 

 

看板猫のぶちょう

 

大森ペット霊堂のアイドル 看板猫のぶちょう

 

 

 

ぶちょうは全スタッフを虜にする、魔性の猫です。

 

 

抱っこは大嫌いですが、撫でられるのは大好きなのでスタッフが近づくと鳴いて、

 

『撫でろ』と言ってきます(笑)

 

 

 

 

ぶちょうはスタッフから”ぶち”や”ぶちょ”などの愛称で呼ばれています。

 

 

 

目を見ながら、名前を呼ぶと必ずお返事をしてくれるのが可愛くて、

 

ついつい名前を呼んでしまいます...

 

 

 

ぶちょうの日課は一日お気に入りの場所で寝ることと、

 

 

窓から外を眺めることです。

 

 

外を見ている時、ハトなどの鳥がいると目で追いかけています。

 

 

 

 

 

看板猫 ちょび

 

ぶちょうと一緒に大森ペット霊堂やってきたちょびは、

 

ぶちょうの兄貴的な存在でもあり、良き相棒でもありました。

 

 

 

 

 

そんなちょびは去年の12月頃から腎不全が悪化し、

 

 

今年の元旦に虹の橋へ旅立ちました。

 

 

 

 

腎不全の影響で、約1ヵ月ほどは寝たきりの状態でした。

 

 

 

 

ゴハンも食べれなくなり、強制給餌や皮下輸液が欠かせなくなりました。

 

 

強制給餌も輸液も大嫌いでしたが、ちょびなりにたくさん頑張ってくれたと思います。

 

 

 

 

大森ペット霊堂のスタッフには、以前老犬ホームで働いていたスタッフがおり、

 

介護面ではとても助かりました。

 

 

 

 

おしっこが自力で出すことが難しくなった時に、圧迫排尿でおしっこを出したのですが、

 

 

それがなかなか難しく、そのスタッフがいなければちょびにもっと負担がかかっていたことでしょう。

 

 

 

病院の先生には「年を越すのは難しいかもしれない」と言われ、

 

私たちスタッフもそう思いました。

 

 

 

 

ですがちょびはそんな私たちの気持ちに最後の反発力を発揮したのか、

 

 

年を越し、元旦の夕方にスタッフに見送られ、旅立ちました。

 

 

 

 

 

 

旅立つ前、ぶちょうとちょびは何かお話をしていました。

 

 

突然、2人で鳴き始め、しばらく鳴き合うとお別れはもう済んだかのようにあっさり離れていきました。

 

 

 

 

ぶちょうとちょびが最後に何を話したのか

 

それは誰にもわかりませんが、2人の絆の強さを実感しました。

 

 

 

 

甘えん坊のぶちょうは、ちょびの体調が悪くなってからも甘えて、

 

時にはうざがられ、怒られていました(笑)

 

↑この後ぶちょうはちょびに怒られていました(笑)

 

 

 

 

一緒に過ごせたのは約1年ほどでしたが、ちょびはたくさんの思い出をくれました。

私たちはその思い出を決して忘れません。

 

 

 

 

 

 

 

そして今回、もう1つお知らせがあります!!

 

 

 

『新しい看板猫 ちーちゃん』が仲間に加わりました!!!

 

 

 

 

ちーちゃんは今年4歳になる男の子です!

 

 

以前はおじいちゃんと二人暮らしだったのですが、

 

おじいちゃんが施設に入ることになり急遽大森ペット霊堂で保護することになりました。

 

 

 

 

 

ちーちゃんは臆病な性格なので、来た当初は物陰にずっと隠れていました。

 

 

 

1週間ほど経つと、だいぶなれてきたのかよく動くようになりました!!

 

 

 

 

今ではぶちょうとよくじゃれて遊んでいます!

 

 

 

 

 

一緒に暮らしていたおじいちゃんにたくさんゴハンをもらっていたのか、

 

おデブさんなのでこれからダイエットをしなければいけません...

 

 

 

スタッフが作業していると、机の上に寝転がって邪魔をしてきます(笑)

 

 

 

 

まだ受付に接客しに行くことは少ないですが、これからもっとなれれば

 

 

接客も期待できそうです!

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂のスタッフは皆、動物が大好きです!!

 

 

全ての動物に敬意を払って、接しています。

 

 

 

そんなスタッフだからこそ、飼い主さんとペットちゃんに寄り添うことができるのだと思います。

 

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1

ホームページはコチラ

 

1 16 17 18 19 20 21 22 23 24 45