BLOG

ブログ
猫に好かれるためには
2018年1月26日

大森ペット霊堂 永野です。

 

 

 

先日、

猫のために知っておくべき大切なこと 

 

を書かせていただきましたが、今回は猫に好かれるためには(嫌われないためには)どのような心掛けをすれば良いのかを綴らせていただきます。

 

 

まず一番大切なことは、「嫌われないこと」です。

 

 

猫だけではなく、ほかのペットたちも同じですが一度でも苦手意識を芽生えさせてしまうとその人には懐きにくくなってしまいます。

 

 

 

では、下記に猫に嫌われてしまう主な行動をまとめてみたいと思います。

 

 

×大声をだす

・キツイ口調や奇声を発する。

・大きな声を出しながら追いかけ回したりする。

 

×構いすぎる

・無理やり起こして何度も抱っこする。

・手足や尻尾などを無理やり動かして弄ぶ。

 

×目をじっと見つめない

・目を見つめる行為は猫にとって喧嘩の合図を意味します。

 

×香水や体臭がキツすぎる

・猫にとってアロマオイルが有毒なことは前回お伝えしましたが香水のようにキツイ香りのものも避けましょう。特に柑橘系の匂い、レモンやシトラスを嫌がります。

 

×プライベート空間を荒らす

・猫は独りの時間と場所を好む生き物です。そんなプライベート空間に踏み入り、「○○ちゃん、ここにいたの〜」と居場所を荒らすことは、猫にとって最も不愉快です。

 

 

以上のことは猫に嫌われる行為です。

 

 

 

よく、猫は犬より飼いやすいと思われがちですが、それは間違いです。

猫は人間が思っている以上に神経質な生き物です。

猫にとってのストレスになるような行為は飼い主として、人として慎むべきです。

 

 

 

それでは表題の「猫に好かれるためには」どのような心掛けをすればよいのでしょうか。

 

 

○猫を構いすぎない

・猫は一日の大半を寝て過ごします。起きてる時間はゴハンを食べたり毛づくろいをしたり独りで遊んでたりするので人間の都合で構いすぎるのは猫にとってはストレスになってしまうこともあります。

 

○好物のおやつをあげる

・猫にも各々好き嫌いがあるので飼い猫の好物を理解した上で時折おやつをあげましょう。CMでもお馴染みのチャ●チュールは猫界では大人気らしいです。

 

○好きなおもちゃで遊んであげる

・ねこじゃらしやレーザーポインターなど、猫が夢中になるおもちゃで遊んであげると喜びますしストレス発散にもなります。

 

○触ると喜ぶ場所を撫でてあげる

・体の場所によっては嫌がられてしまいますが、きちんと喜ぶツボを理解した上で撫でてあげましょう。耳の後ろ、顎下、しっぽの付根などを撫でてあげるとゴロゴロと喉を鳴らしてとても気持ちの良い表情をしてくれます。ブラッシングもしてあげれば尚のこと喜ぶでしょう。

 

 

 

 

 

可愛いからという気持ちが先走りやってしまいがちなのが、猫の頭を撫でようとして上からおおいかぶさるように頭に触れることです。自分より何倍も大きい人からいきなり抱いたり触ったりされるのは怖さを感じて嫌がるのは当然です。まずはニオイを嗅がせて挨拶をして敵対心がないことを教えてあげましょう。猫同志は挨拶するとき、まずお互いの鼻同士を近づけてコミュニケーションをとります。ですので、猫に挨拶をしようと思った場合は、これと同様に人間の人差し指を猫の鼻元に持っていってみてください。猫から鼻をつんつんしてきたら挨拶成功です。

 

 

 

猫に好かれるためには、まず安心してもらうこと。そして、猫が喜ぶことをしてあげること。

猫が心を許してくれたら膝の上に乗ってきたり、一緒に布団で寝ることもできます。無防備にお腹をだして昼寝をしだしたら完全に安心してくれている証拠でしょう。

猫は一度懐いてくれるととても甘えてくるようになります。

お気に入りのおもちゃを咥えて持ってきて遊んでアピールをしてきたり、頭突きや体当たりをしてスリスリしてきたりと、とても可愛い一面を見せてくれます。

 

 

そして、基本的に猫にはしつけが不要です。

きちんと猫用トイレを用意しておけば勝手にそこで用を足してくれます。爪とぎ用の物も用意しておけば壁紙への被害は少なく抑えれます。

 

ただ、猫を飼うと少なからず壁紙は被害を受けますし、毛玉なども定期的に吐くので絨毯やカーペットも汚れます。

以上を踏まえて、はっきりとお伝えさせていただきますが安易な考えの方(犬より猫の方が楽など)や心の狭い方には猫の飼育は向きません。

 

猫は散歩やしつけが不要ではありますが、猫独自の習性がありますので飼育をされる際にはお気をつけください。

 

 

 

 

大事なこと

 

他の動物(ペット)にもいえることですが、自分がされて嫌なことは動物にもしてはいけません。

動物は喋れないので嫌と言えません、そして抵抗手段としてとったつもりの噛んだり引っ掻いたりすることですぐに悪者扱いされます。

原因は必ず人間側にあるということをよく理解したうえで、動物をペットとして迎え入れましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂

動物ボランティア団体 友愛の会

東京都大田区大森東2-1-1

TEL 03-3763-6300

FAX03-3763-7528

東京 ペット葬儀 大森ペット霊堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬のカーミングシグナル
2018年1月25日

 

 

 

こんにちは、田島です。

 

 

 

みなさんは普段、ペットちゃんを見ていて、なにか不思議に思う行動はありませんか?

 

 

世の中では「動物行動学」と呼ばれる分野があるほど、動物の行動について様々なことが解明されています。

 

 

 

今回は犬の行動、「カーミングシグナル」についてお話させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

カーミングシグナルってなに?

 

 

 

 

 

 

カーミングシグナルとは、犬に生まれつき備わった非音声的言語のことです。

 

不要な争いを避けるため、自分の立場や感情を相手に伝える際に使います。

 

 

 

「Calming」+「Signal」=「自分と相手を落ち着かせるための合図

落ち着かせる    信号

 

 

 

といった意味ですね。

 

 

 

この合図は現在27個ほどに分類されています。

 

 

 

 

 

 

 

代表的なカーミングシグナル

 

 

 

 

では、この行動にはどういったものがあるのか、詳しくみていきましょう!

 

 

日常で起こる、代表的なものをご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

あくびをする

 

 

 

 

 

 

 

例)犬の散歩中、見知らぬ人がペットの頭を撫でました。

  するとペットは大きなあくび・・・

  この時の心境は?

 

 

 

 

 

これは単純にいうと、ストレスを感じています。

 

 

 

 

 

見知らぬ人に触られるという緊張感、そして不安感からこのような行動を取ります。

 

犬にとっての「あくび」は、人間に置き換えると、「深呼吸をする」や「ため息をつく」という行為に近いかもしれません。

 

 

自分を落ち着かせるために取る行動といえますね。

 

 

また、あくびをしたからといって必ずしもストレスを感じているわけではありません。

 

リラックスしている状態でのあくびは、単純に眠たさからしています^^

 

 

 

 

 

頭を振る(ブルブルする)

 

 

 

 

 

 

 

例)散歩中、他のわんちゃんと対面。

  お尻のにおいをかがれ、「お、挨拶するのか?」と思ったが、うちの犬はブルブル・・・

  さてこの時の心境は?

 

 

 

 

 

実はこれも、ストレスを感じているのです。

 

 

 

 

 

主に、不快感からくるものです。

 

 

 

執拗にお尻を追いかけ回される、頭を撫でられるなどをされた場合

 

「もうやめて!」「いやなのよ!」

 

 

といった感情でしょうか・・・

 

 

 

反射的にストレスを緩和しようとして取る行動です。

 

 

 

 

 

 

 

顔を舐める

 

 

 

 

 

 

例)仕事から帰ってきたご主人。

  犬が「おかえり!」と言わんばかりに顔をペロペロ!

  このときの心境は?

 

 

 

 

 

これはそのまま。あいさつの意味です。

 

 

 

 

 

 

実はこれ、オオカミ流のあいさつの名残です。

 

 

私の実家の犬も、「おかえり!」「待ってたよ!」とでも言っているかのように

顔をペロペロと舐めてくれます。

 

 

また、子犬が母犬にする行動でもあり、

 

こちらの場合はご飯のおねだりをしています。

 

 

そのため、あいさつ以外にも「ご飯ちょーだい!」というときでもありますね。

 

 

 

いずれにせよ、愛情表現で取る行動ですので、その人に信頼を置いています

 

 

ですが感染症などにかかってしまうこともありますので

いくらペットがかわいいといえど、限度をわきまえましょう^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、日常生活で起こりうる可能性の高いものを紹介させていただきました。

 

 

いかがでしたか?

 

みなさまのペットちゃん、こういった行動を見かけたことが一度はあるのではないでしょうか。

 

 

 

犬はとても表情が豊かな生き物です。

 

 

 

カーミングシグナルは主に犬同士の合図です。

 

ドッグランへ出かけた際や、公園で他のわんちゃんたちと触れ合いの際

 

よく観察してみることが大切です。

 

 

 

冒頭でも綴りましたが、カーミングシグナルは「不要な争いを避けるため」にあります。

 

 

 

ケンカが始まってしまう前に、こういった行動を犬は必ず何かしらしているはずです。

 

 

 

自分のペットだけではなく、他の飼い主様の大切なペットちゃんを傷つけてしまわないよう

注意深く我が子を見守っていてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、行動だけではなく、しっぽの動きなどでも感情を読み取ることができます。

 

 

しっぽを振っているからと言って、必ずしも喜んでいるわけではない場合もあります。

 

 

 

なぜ怒っているのか

 

なぜ喜んでいるのか

 

 

前後の行動、人間の動きなども併せてペットと向き合っていくことが大事です。

 

 

 

ペットちゃんはみんな、飼い主様が大好きですから^^

 

 

同じように愛情を返してあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、田島でした。

 

 

 

 

進化した動物
2018年1月24日

 

こんにちは

スタッフの江川です!

某国の大統領がワンちゃんが好きということを聞き

画像を調べたら、

すごくワンちゃんが好きなんだなと思う抱いてる画像がでてきました!

国の代表がそういうことをメディアの前ですることにより

国民も愛犬家が多いみたいです!

 

いいね!

 

 

 

今回は

なぜ進化していった?!な動物達

のことを書かせていただこうと思います!

環境等により進化せざるを得なくなった動物達は多くいますのでそこも理由など添えさせていただきます!!

 

カンガルー(Kangaroo)

 

水分をより蓄えるために汗腺をなくしてしまったカンガルー

 

汗の代わりの冷却システムとして脚や腕を頻繁に舐めて手足の特殊な血管網が気化冷却の役目を果たすようになっています!

 

キリン(Giraffe)

「体大きいのに首短いから飲みづらい」

キリンは元は首が長くなかったそうです!!

首が短かった頃水むたびにかがんでいては、猛獣におそわれたときにすぐ逃げすことができませんし、立ち上がろうとして足の危険もあります。

このようにいキリンはきていくのにあまり都合のよいではありませんでした。

そこでいつのまにかいキリンは絶滅してしまって、いキリンだけがきのこり子孫をふやしていったのです。つまり、くなければ、きていくことができなかったのです。

 

もう一つは、

「高いところにあるを食べたかった」

という説もあります!

 

ラクダ(Camel)

熱対策渇水対策

ラクダは暑さや渇水対策を完璧に備えた生き物です。

脂肪の詰まった大きなコブを持って必要なときに食料やカロリーとして燃やすことができる。

一風変わった長方形の赤血球は、極端な脱水症状に陥っても血管を巡り続けることができる。腎臓や腸には保水機能があり、水分が排出されても鼻腔がそれを水蒸気として捕え、体に戻すことができる。汗を掻くことはめったにないが掻いたときは体重の25%まで絞って、生き延びることができる。

 

ちなみにラクダが口をモゴモゴしている光景を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

これは「反芻」という動作をしているためで、食べた物を胃から吐き出してもう一度口の中で咀嚼しているのです。

ちなみに、反芻を行う動物は胃が4つに分かれているのですが、ラクダの胃は第3と第4の区別がほとんどないという特徴がありますよ。

 

ちなみに鳴き方は「ブルブルべェ~」

 

 

環境などによって適応する動物はこれからもどんどん増えるかと思います!

そんな動物たちのことをこれからも見つめていきたいと思います!以上です

 

ペット葬儀における湯灌(ゆかん)の儀とは
2018年1月23日

大森ペット霊堂 永野です。

 

 

 

今回は、『湯灌の儀』について綴らせていただきます。

 

 

まず、「湯灌とはなにか?」ご説明させていただきます。

 

~湯灌の儀~

葬儀に際し遺体を入浴させ、洗浄すること。故人が男性の場合はその際に髭を剃られ、女性の場合は死化粧が施される。地域差があり、一般的ではない地域もあるとされる。

遺体を入浴させずに肌の見える部分だけ清拭(せいしき)する「略式湯灌」で執り行うことも多くなっています。また、白装束に着替えさせ、旅支度をさせる。

 

 

 

大森ペット霊堂では、ペットにも人間同様の別れの儀式から葬儀を執り行いたいと尽力しております。

 

 

『ペットにはペットならではのお別れの儀式を』

 

大森ペット霊堂では飼い主様に悔いの残らないお別れをしていただきたく、飼い主様とペットの最後のお別れの時間を大切にしたいとの思いで「湯灌の儀」→「旅立ちの儀」と提唱し、飼い主様にお手伝いをしていただいております。

葬儀社主導の儀式よりも、飼い主様自らが実践をしていただくことにより、自身の気持ちに区切りをつけることにも大きな役割を果たすと思っています。

 

「旅立ちの儀」では、ペットの種別や状態を拝見した上で、「末期の水」と「ブラッシング」を最後の御世話として飼い主様にお手伝いいただいてます。

 

 

特に、「末期の水」はできる限り、多くの飼い主様に実践をしていただきたいと思います。

 

 

末期の水の由来は諸説唱えられていますが、仏典『長阿含経』の中に「末期の水」の由来となる話が載っています。 仏陀が亡くなる時、喉の渇きを満たすために、弟子が仏陀に浄水をあげたということからです。また、水を飲んで戻ってきてほしいという気持ちや、あの世への旅立ちに喉が渇かないようにという思いからともいいます。

神道の考えにもとづいて、死の穢れを清めるために行われるものとする考えもありますが、いずれにせよ、神仏融合の日本のお葬式文化の中で、宗教を問わず広く浸透していった儀式でもあります。

 

 

宗教上の理由抜きにしても、水をたくさん飲む犬や猫には尚のこと、必要な儀式ではないでしょうか。

ペットは亡くなってから天国に向けて長い旅に出ることになります。長く険しい道程なので当然、喉は乾きます。ですので「旅立ちの儀」で、愛するペットに最後の水を飲ませてあげてほしいのです。

 

そして、ペットの種類や状態によって限定はされてしまいますが、綺麗な姿での旅立ちをしてもらいたいとの思いから、「ブラッシング」を旅支度の一環として施していただきたいと思います。鉄のブラシでは肌を傷つけてしまう恐れもありますので、シリコン製の専用ブラシをご用意しております。

 

 

 

「旅立ちの儀」「葬儀」「火葬の儀」

飼い主様にとっては最後の別れの時間となり、とても悲しくお辛い時かと思いますが、看取りから見送りまで、

最後までしっかりと愛するペットに接していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂

動物ボランティア団体 友愛の会

東京都大田区大森東2-1-1

TEL 03-3763-6300

FAX03-3763-7528

東京 ペット葬儀 大森ペット霊堂

犬の飼育環境について
2018年1月22日

こんにちは。

吉津です。

 

前回、「飼主へ課せられる責任」について書かせていただきましたが

今日も、「犬を飼う」ということについて考えてみたいと思います。

 

 

 

犬を飼う理由

犬を飼おうと考えている方にとって、

犬との生活は想像するほどに楽しい夢が膨らむのではないでしょうか?

では、どんな理由で犬を飼いたいと考えていますか?

・一人暮らしで寂しいから

・流行っているから・・・

・小さくて可愛いから

・ペットショップで見て一目惚れ

など、色々な理由があると思います。

どの理由も悪いわけではありませんが、

人間の身勝手な理由で、毎年1万頭以上の犬が殺処分に追い込まれているのが現状です。

命を飼うというのは決して楽しいだけではありません。

一時の思い付きや勢いで犬を迎え入れることだけはしないで欲しいです。

 

飼育環境

犬が暮らす飼育環境についても、

犬を飼うまでに調べて準備をする必要があります。

・犬種や大きさに合わせたスペース

犬には犬種や大きさに合わせた飼育スペースが必要です。

ペットショップのような小さなケージで飼えるわけではありません。

犬が自由に歩き回ることができるスペースや、

トイレの場所、ご飯やグッズの保管場所や

体を伸ばして眠ることができる十分なスペースの確保が必要です。

 

・性質や体調に合わせた温度管理の設備

犬は暑さに弱い生き物ですが、

犬種によっては冬の寒さに弱い子もたくさんいます。

日中、お留守番させなくてはならない場合は、

温度管理は欠かせません。

獣医に相談するなどして、適切な温度管理が必要です。

ちなみにうちの愛犬は心臓病の持病があり、

熱中症になりやすいので、

夏は冷房をつけっぱなしにしています。

寒い時は自分で毛布に潜って丸くなるので、

家の中で、涼しい場所と暖かい場所を作るようにしています。

 

 

 

・犬を預けることができる場所

飼主の出張、旅行、入院等で

犬を預けなければいけなくなることもあるでしょう。

そんな時に、預ける場所はどうするのかを

調べておく必要があります。

動物病院や、ペットホテル、

自宅に来てお世話をしてもらうペットシッター等、

色々な方法があります。

その子に合った方法を考える必要があります。

うちの愛犬は、かかりつけの病院の先生が大好きで

何かあった時は、いつも病院でお泊まりしています。

先生が椅子に座ると必ず抱っこをおねだりしているらしく

本当に安心して預けることが出来ています。

 

 

 

・診てもらえる動物病院

言葉を話せない犬は、自分が具合悪いことを伝えることができません。

犬は、本能的に体調不良を隠そうとするため、

飼主が普段からスキンシップをして、良く触れ合い、

少しの変化にも気づいてあげなければなりません。

そして、犬が病気になった時に診察してもらえる病院を探さなければなりません。

 

せっかく家族になってくれた愛犬に幸せな一生を過ごさてあげる為に

何ができるのか、考えてあげたいですね。

よくお考えの上でご火葬の種類をお決めください。
2018年1月21日

こんにちは!大森ペット霊堂のスタッフの江川です!!

 

本日は、色々土地によって崇められている動物達をご紹介したいと思います!

と・・・その前に

ペットちゃんを火葬したあとについてお話したいと思います。

 

 

合同でご火葬されたペットを納骨堂へ移したい

 

このご質問についてなのですが………

他のペットちゃんと一緒にご火葬させていただいてる以上は

飼い主様の手元にお骨は帰らないと最初にご説明させていただいております。

なぜならば他のペットちゃんと火葬してその子のお骨だと99%とわかってても100%その子のお骨だと断定できないので、お渡しはできないのです、、、

 

ですのでよーーく考えてからご葬儀の内容をお決め下さい

 

飼い主様にとって取り返しがつかない悲しい選択になってほしくないので。( ´Δ)

 

 

そして今回は

世界では色々な場所で動物が神様として崇められています!

それをご紹介していきたいと思います!!!

 

(アス)

アピスはプタハ神の聖牛とされ、特別なしるしを持つ牛が選び出されて神殿に捧げられたものを指す。古代エジプトにおける聖牛信仰の中で、最も盛んだったものとされる。

エジプトのパンテオンは、さまざまな動物の頭をもつ動物神に事欠かない。アピス神はまるで雄牛の姿そのものだがまさに神だ。

アピス神は永遠と宇宙的な安定を象徴するため、未来永劫を考えるエジプト文明にとってますます重要になった。

 

 

ヘビ(マレーシア)

アズール・クラウドの寺は、徳の高い仏教徒で医師のキュー・スー・コンに敬意を表して建立された。彼はその神聖さゆえに、クサリヘビなどの毒ヘビを追い払うのではなく、彼らをかくまい守ったという。

伝説によると、寺が建てられたとき、まるで彼がそこで守ってくれているかのように、ヘビが現われ始めたという。

このヘビ寺には、やはり猛毒をもつマムシ、ハブなどもいるため、訪問者に触れないよう注意する警告の看板が出ている。

ちなみに神社のヘビたちの牙は抜かれているといいます・・・

 

ちなみに日本では白蛇を祀っている神社は少なくないです!

 

 

 

ガチョウ(ローマ)

 

ガチョウは大きい鳴き声をあげ、翼をひろげ威嚇してくることがあり、早くゴハンをあげないと自慢のくちばしで噛みついたりする。

そのためか、番犬のようにたくましい利用されることがある。もともとこうした門番ガチョウは古代ローマに存在し、彼らが町を救ったのです。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

これらの動物の話は本当かウソか遥か昔の話なので

わかってはいませんが、不思議と昔から人と動物は近い関係だったとわかります!

以上で終わらせていただきます!

1 26 27 28 29 30 31 32 33 34 38