BLOG

ブログ
動物と暮らすことは、人生の一部
2017年12月11日

 

 

こんにちは、田島です。

 

 

 

 

今日は私自身についてお話させていただこうと思います。

 

 

 

 

 

「ペットを飼う」

 

 

 

 

 

 

人生で一度は経験したことのある方が多いと思います。

 

 

 

そのペットはみなさんにとってどんな存在でしょうか?

 

 

 

 

私は上京してきたため今では離れ離れになって暮らしていますが、14年寄り添ってきているミニチュアダックスフンドのリンを実家で飼っています。

 

彼女と初めて会ったのは私が7歳の時ということで・・・。

 

本当に時の流れは早いです。笑

 

 

 

その時の私にとってリンという存在は、一番の友達であり、はじめてのでした。

 

 

 

犬は群れの中で序列をつけるので、迎え入れた家族にも同様に順番を付けます。

 

 

 

ここできちんと飼い主のほうが偉いんだぞ、ということを教えないと

自分がボスだ」という認識をしてしまうので

言うことを聞かなくなったり、噛み癖や吠え癖などで凶暴になってしまうことに繋がります。

 

 

 

よりよい関係を築いていくためにも、きちんと抑えておきたいポイントです!

 

 

 

 

とはいうものの、当時私の場合はほぼ無知に近いままリンを家族に迎え入れました。

 

 

私が末っ子ということ、きちんと序列を理解させなかったということもあり、リンからしてみればきっとその頃の私はリンと同等の立場、もしくはそれ以下だったと思います。^^;

 

 

 

ですがリンを迎え入れてからは本当にたくさんの時間を一緒に過ごしました。

 

自転車のカゴに乗せて近所を走り回ったり、公園で一緒にブランコに乗ったり、

不服そうな顔をしながらも、“ごっこ遊び”にもたくさん付き合ってくれました。

 

 

私の遊び盛りの時期に、遊び盛りのリンがいてくれたことは

とっても素敵な思い出です。

 

 

私と同じように、彼女の中に少しでも「幸せだった」と残ってくれていたらいいなあと思います。

 

 

今では友達という関係から少し変わり、かけがえのない家族になりました。

 

いつまでも大事な大事な妹です。

 

 

 

みなさんはどうですか?

 

 

ペットちゃんとはどのような関係を築いているでしょうか。

 

 

友達、相棒、仲間、子供、兄弟など・・・

 

 

すべての関係をひっくるめ、「家族」と感じている方が多いと思います。

 

 

 

 

 

 

彼らはたくさんの表情を見せてくれますし、たくさんの愛情をくれます。

 

辛い時悲しい時、涙を流すときなんかはそばに寄り添ってくれるペットちゃんのお話も多く耳にします。

 

喜びや嬉しさも共有してくれます。

 

 

 

そんな幸せな時間の先には目を背けたくなるような待っているものがあって

 

悲しいことではありますが、自分よりも先に空へ旅立ってしまう子が多いですよね。

 

たくさんの時間を共に過ごしたペットの最期を見届けるのは

 

 

飼い主として最後の、そして最も重要な役目だと私は考えています。

 

 

 

同じ時間を過ごしてきた命を腕の中のぬくもりで看取ってあげること

 

命が尽きた後でもその体に触り、感謝の気持ちを伝えることが

 

彼らの一番の幸せな時間なのではないでしょうか?

 

 

あくまでもこれは私の考えであるため、言葉が話せない動物達が本当は何を考えているかはわからないですが、

飼い主が注いだ愛情を必ず受け止めているはずです。

 

 

 

一度でも預かった命を、最後まで責任を持って一緒に過ごすことが

 

 

ペットを飼う

 

 

ということなんだと私は思っています。

 

 

 

 

愛情表現は人それぞれあると思いますが、

一緒に過ごしているペットちゃんとの時間を、

後悔してもいいように

人生の一部として一緒に生活していくことが大事ですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、田島でした♪

 

 

 

 

 

愛犬とお泊まりするときは・・・。
2017年12月6日

吉津です。

 

うちではよく、愛犬ちょこと一緒に泊まりがけで遊びに行きます。

 

昔と比べると、一緒に泊まれる宿はずいぶん増えたように思います。

 

愛犬と泊まりがけで遊びに行きたいけど、ちょっと不安・・・。初めてでよくわからない・・・。

 

という方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、愛犬と宿泊する際の、マナーや気を付けることを私なりにまとめてみました!

 

宿ごとのルール

 

予防接種の証明書の提示を求められるのは、どこの宿も同じですが、

 

その他のNG条件は宿によって全く違います。

 

宿に直接聞いてみるか、ホームページをよく見て、確認することをお勧めします。

 

私は予約をした後に、守れるか不安なルールがあることがわかり、

 

キャンセルをした際にキャンセル料を取られてしまったことがあるので、

 

できれば、予約をした後ではなく、予約をする前に宿のホームページをよく見て確認することをお勧めします。

 

ちなみにそのルールとは・・・・

 

食事の際に、おとなしく出来なかった場合は退場してもらい、車の中で待たせること。

 

でした・・・。

 

これでは、一緒にお泊まりに行く意味がないなぁ。と思いキャンセルしましたが、

 

こんな感じで、宿によってルールが全く違うので注意が必要です。

 

トリミング

 

うちは大体宿泊する3~4日前にシャンプーをしています。

 

その時に先生に診察してもらい、健康状態もチェックしてもらっています。

 

宿にはドックランが併設されていたり、自然がいっぱいの場所で遊ぶので、

 

ノミやダニ対策もしっかりしています。

 

持っていくもの

 

いつも食べているごはん

犬専用メニューなどを用意している宿もありますが、食べなかったりすると困るので、いつも食べているごはんは必ず持っていきます。

 

おしっこシート

お部屋や廊下におしっこシートやうんち袋を用意してある宿がほとんどですが、足りなかったりした時のために、必ず持っていきます。

 

迷子札

環境が変わると興奮したり不安になったりして、車から飛び出してしまって迷子になってしまうことも考えられるので、迷子札はつけていくようにしています。

 

コロコロや足ふきタオル等は宿によっては用意していることもあるので、事前に確認をしてから必要であれば持っていくようにしています。

 


オススメの宿

今まで泊まった宿の中でお気に入りの宿を紹介します。

 

伊豆高原わんわんパラダイス

ここのホテルは、もう、ワンちゃんを飼ってる人は絶対行ってほしいホテルです。

まさに、ワンちゃんのためにあるようなホテルです。

 

 

私達は夏に行ったのでプールで泳ぐこともできました。

ライフジャケットのレンタルもあります。

 

 

愛犬連れ率100%なので、食事中も賑やかで、何よりもスタッフの接客が素晴らしいです。

お泊まりデビューにはオススメのホテルです。

 

 

きぬ川国際ホテル

ここは、日本で初めてペット同室の宿泊を始めたホテルらしいです。

とても落ち着いた雰囲気のホテルです。

ここに泊まるなら、是非利用してほしいのが家族風呂です!

 

 

予約制なので、チェックインと同時に予約することをオススメします。

 

 

 

また、オススメの宿が見つかったらここでお知らせしたいと思います。

 

 

ペットの病気を知る(犬編)
2017年12月5日

こんにちは大森ペット霊堂の江川です!

 

本日は動物の病気に関することをお話していきます。

毎年全世界の人が3万5000~5万の人が命を落としている恐ろしい病気を紹介します。

 

 

 

 

  『   狂   犬   病     』

 

 

 

 

 

聞いたことある方もいらっしゃると思います。おもに猫、犬、コウモリから噛まれたり引っ掻かれたりするとその傷口からウィルスが侵入し発症する病気です。

 

 

Q.どんな症状なの?

 

 

A.噛まれた部分にもよりますが、発熱、頭痛、倦怠感、筋 痛、疲労感、食欲不振、悪心・嘔吐、咽頭痛、空咳等の感冒様症状ではじまります。。咬傷部位の疼痛やその周辺の知覚異常、筋の攣縮を伴う。脳炎症状は運動過多、 興奮、不安狂躁から始まり、錯乱、幻覚、攻撃性、恐水発作等の筋痙攣を呈し、最終的には昏睡状態から呼吸停止で死にいたる場合もございます。狂犬病は一度発症しますと、致死 率はほぼ100%なのです、、、潜伏期間は1~2ヶ月らしいです。

 

「恐水発作により水が怖くて飲めない=体に水分が行きわたらないってことですので、聞いているだけで苦しくなってしまいます。」

 

 

Q.日本ではあるの?

 

 

A.主にアジアに多く広まっているんですが、日本での狂犬病の発症は1957年以降していません!

何故かというと、日本でのワンちゃん達はワクチンに検疫制度によって安全なのです!あと島国なので安全だそうです。

 

 

Q.他の動物ではどんな子が狂犬病にかかるの?

 

 

A.アライグマ、スカンク、キツネなどの動物にも発症するそうです。

ちなみにこの子たちは自然界で生息している子がほとんどなので、狂犬病の根絶は難しいそうです。

 

発症に気づくタイミングは海外旅行で現地で噛まれ帰国後に発症するケースが多いそうです。

 

僕はワンちゃん、ネコちゃんが好きといっても知識の浅はかさは否めません。しかし病気になる可能性があるからと言って、飼いたくないなどと投げ出したくはないです!

家族に向かい入れるってことは楽しいことも辛いことも同じ環境で共有することだと思います。

 

 

 

 

 

人間も年老いて誰かに介抱してもらうことと同様に

ペットちゃんの介護の時期も嫌なことではなく、一緒に入れる時間として大切にしたいです。

私はまだ一緒に暮らしたことがないので、『偉そうな口をきくな、何もわかってないくせに』と絶対思われるとおもいますが、私は一度決心したことは曲げたくない気持ちをもっています。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

江川でした!!

ペットはどの種類までが火葬や葬儀ができるの?
2020年6月22日

ペットとは何か?

愛玩を目的として飼育される動物のことであり、今や伴侶動物・コンパニオンアニマルと呼ばれています。

 

 

それでは、どこまでがペットと呼ぶのでしょうか??

 

動物愛護管理法で定められている中では、哺乳類、鳥類、爬虫類が含まれています。

みなさまが一緒にいる犬・猫・兎・小動物などもちろんですし、インコ・フクロウなど鳥、トカゲ・ヤモリなどの爬虫類も、動物愛護法に定められています。

※ヤモリは【家を守る(屋守)】生き物としても有名です!

 

 

魚や両生類はペットとしてみとめられないの??

そんなことございません。

私たち大森ペット霊堂では両生類のカエルやイモリ、熱帯魚、海水魚、昆虫もすべての生き物の火葬、葬儀を承っています。

命あるものには、平等に対応させていただきます。

水族館を想像してください。

水族館の生き物は多くが魚です。そしてペンギン、オットセイなどの哺乳類もいます。イルカやクジラを展示している水族館もありますね。

ただ、同じところで生活をしているのに、施設の中でも位が違うのがいまの現実です。

自宅で、金魚や熱帯魚を飼育されている方もいらっしゃると思います。

魚も慣れてくるとご飯の時、「くれくれ~!」と言わんばかりに泳いでついてくる子もいます!

世間的にペットと認められていない魚にも、多くの方が愛玩の気持ちをもって共に暮らしています。

現に、私たちのペット霊園にも足をお運びいただき、火葬する方が増えています。それ以外でも、お付き合いのある水族館さまの魚ちゃんなども、火葬、供養させていただいております。犬や猫の問題が多い中、魚や両生類に対する働き掛けが少ないです。

もちろん私たちが行っているボランティア活動の中でも、犬猫の殺処分の問題や保護など、ほとんどが犬、猫のような哺乳類動物がメインだったのも事実です。

いまでは水族館や動物園などとも一緒に活動をさせていただいています。

そして先日、そのような両生類爬虫類などで第一線で働きかけている

日本爬虫類両生類協会理事長 兼 体感型動物園イズー園長の白輪剛史代表とお話させていただくこともあり、哺乳類動物以外の命にも、しっかりと向き合う活動をさせていただいております。

 

 

 

大森ペット霊堂が伝えたいこと

 

 

  • 1、命はすべて平等であること。
  • 2、犬、猫などの哺乳類を愛する方と同じ、魚や両生類を愛する方もいるということ。
  • 3、ペットとは、愛玩の気持ちをもつ生き物すべてを指すということ。
  • 4、どんな生き物でも、平等に火葬、葬儀ができること。

 

 

 

ペットの火葬、葬儀、供養でお困りの方はもちろんのこと、飼育の相談にもなんでもご連絡ください。

動物を愛する一人として、ドッグフードの相談から病院、グッズ、しつけも含めすべてオールジャンルのご相談に対応できます。

どんなことでもご質問くださいませ。

大森ペット霊堂のスタッフは

【ペット葬祭ディレクター】【ペットライフ総合アドバイザー】

 

東京都大田区大森東2-1-1

イオンペット提携 優良ペット霊園

東京都のペット火葬、ペット葬儀を行う大森ペット霊堂

0120-176-594

 

ペットの法要と供養はどうしているの?
2017年12月2日

 

 

こんにちは!

笹本です。

 

 

本日は土曜法要でした!

 

ご参加頂いた皆様、ご苦労様でございました。

本日は13匹のペットちゃん達の御家族がいらっしゃいました。

 

 

土曜法要の様子を少しだけ撮影しましたので

ご覧ください!!

 

MVI_6092

 

 

本日も高野御住職がお見えになり、お経を読んでいただきました。

 

 

 

 

********************

 

 

 

ところで、

ペットの法要

 

とは、何をするものなのでしょうか。

 

私たち大森ペットは

毎月2回、第一、第三土曜に

合同法要ございます。

 

 

法要の内容としましては、

御住職がひとつひとつのお骨を抱いていただき、丁寧にお経をお読みいただいております。
合同の火葬をされている施主様には、
ご用意いただいたお写真や塔婆を手に取り同じように供養していただけます。

49日忌、1周忌、3回忌、までご参加される方が多くいらっしゃいますし、

 

個別法要の申し込みも多くあります。

 

 

個別法要の場合、施主様の家族のみで行わさせていただいております。

 

御料金は普段の合同法要とは異なりますので、詳しくはお問合せくださいませ。

 

人の法要と同じように御住職にお経やお名前を

読んでいただいて、

お焼香やお線香も焚いて頂きます。

 

お経が終わりましたら、御住職からお説教(お釈迦様のお話)がありますので、ご参加いただいている皆様は、真剣にご住職のお話を聞いてから、席を立たれます。

 

 

49日や1周忌などをキリがいい頃に御納骨を考える方も

多くいらっしゃいますので、ご質問等ございましたら

2階受付、または、お電話にてお受けいたします。

 

 

法要には、もちろんペットちゃんもご参加できますので、

是非ご一緒にご参列下さいませ。

 

********************

 

 

私が以前飼っていたビーグルのジェイは、

とても可愛がっていて、私の最愛のパートナーと言えるほど

大好きでした!

 

ジェイは16年間も一緒にいました!

 

しかしジェイの亡骸は、火葬を行わずに

土葬で祖父の家の庭にいます。

 

もちろん、祖父の家に行ったときには、

必ずお線香をあげて手を合わせますが、

 

一周忌、三回忌、七回忌などで法要を行ったことはありません。

 

大森ペット霊堂に入ってから、

しっかり供養してあげればよかった、

法要なども行えてあげれたら、ジェイのために

なっただろうなあ。。。

 

と、今更ながら考えてしまいます。

 

ジェイが亡くなってから五年が経ちましたが、

一度も忘れたことはありませんし、

 

たまに夢にも出てきてくれるので

寂しさはもうなくて、暖かい気持ちにはなれるんですけどね?

 

 

大森ペット霊堂で葬儀を行ったペットちゃん、

身寄りのない子達も、

みんな幸せだなあ。

 

と深く想います!

 

 

でも一番は、供養してあげたことだけでなく、

 

最後まで大切に想われていることだと、

私は思います。

 

亡くなられた子も、今生きている動物たちのことも

大切に想っていたいですね(^o^)

 

 

 

 

笹本

賢いワン!
2017年11月30日

 

こんにちは、田島です。

 

 

 

今日は私の大好きな犬種のお話をしたいと思います。

 

 

 

 

みなさん、ボーダーコリーという犬種をご存知ですか?

 

 

 

 

そう!よく見かけるこの毛色、黒と白が特徴的なこの子です!

 

 

 

「BABE」という映画に出演していたり、芸能人が飼っていたり、都内でも見かけたりすることが多々あります。

継続的に人気のある犬種といえるのではないでしょうか?

 

 

犬の中でも特に頭がよく、時には一番頭が良いと言われるほど賢いんです。

 

 

キュートな顔立ちの子もいれば、クールな顔立ちの子、長毛や短毛、黒と白だけでなく他にも毛色の種類が様々あり、これに加えて運動好きであり賢いともなると、人気の理由が分かりますね。

 

 

 

 

さて、このボーダーコリーという犬種、現在でも活躍していることがありますが、何だと思いますか?

みなさんも一度は目にしたことがあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは牧羊犬

 

 

 

 

牧羊犬とは、牧場の羊の誘導や監視をする犬の事を言います。

もともとは主に番犬として役割があったそうですが、時を経て、今ではこのような活躍をしているのだそうです。

 

 

ちなみに私田島は、専門学生時代に海外研修としてオーストラリアへ行ったことがあるのですが、そこで牧羊犬のデモンストレーションを見させていただく機会がありました。

 

 

どのように羊をまとめていくのだろうと、とても真剣に見入ってしまった記憶があります。

 

 

訓練士さんの指示のもと、左右に走り回ったり回り込んだり、時にはスピードに緩急をつけてみたりと、気づけば羊たちは犬の誘導通りに・・・

 

 

犬と人間の信頼をとても感じたのを覚えており、それでこそ関係が成り立つものなのだと改めて考えさせられました。

 

 

牧羊犬に関してはサイトで検索をかけるとすぐに出てきますので、興味があれば動画など見てみてくださいね。

文章だけではなんとも伝えられないです・・・。(百聞は一見に如かず!)

 

 

 

 

 

さてこの、ボーダーという愛称で親しまれている犬種ですが、冒頭でも少し述べている通り、

 

 

 

何を隠そう運動が大好き!!

 

 

 

田島は専門学生時代、ドッグトレーニングを学んできたのですが、

その中でディスクドッグアジリティ(いわゆるドッグスポーツ)というものに出会いました。

 

私がボーダーを好きになったきっかけのひとつです。

 

ボーダーは俊敏さや忠誠心、体力的にもドッグスポーツにとても向いています。

大会などを見てみても、やはりボーダーコリーの出場率は高いですね。

 

 

 

 

 

ディスクドッグ

 

 

フリスビー(ディスク)を使った競技です。

 

ディスクを追いかけ一直線に走っていき、空中でキャッチする姿はなんともかっこいいです・・・。

 

また、10枚のディスクを次々にキャッチしていく種目もあり、トレーナーと犬の呼吸が合うところを見られるのでこれもまた面白いです。

 

どの犬種でも遊び感覚ではじめられ、ペットショップにもフリスビーや、似たようなオモチャがたくさん売っていますので是非一度お家のペットちゃんと遊んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

アジリティ

 

 

いわば、犬の障害物競争です。

 

こちらは小さい頃から遊び感覚で慣らしていくと、筋肉の発達が良くなり、ケガの防止にもつながります。

 

大会ではコーギーやミニチュアダックスなどもよく見かけますが、

「えっ!ヘルニア大丈夫?」

と最初は心配になりました。

 

訓練士さんに伺ったところ、こちらも先ほど述べた通り、小さい頃から筋肉をしっかり使っていると腰や脚を痛めにくいんだそう。

 

すごいなあ~。

 

最近ではドッグランなどにもこういった施設が設けてある場所がありますので、こちらも是非一度挑戦してみては?

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ボーダーコリーの魅力が少しでも伝わっていたら嬉しいです。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、私が伝えたいこと。

 

 

犬は性質や特徴、性格や運動量など、犬種や個体によってまるで違います。

 

はじめは見た目の可愛さや好みなどから好きになることが多いと思いますが、そこからその子について調べることが大事だと思うのです。

 

もしはじめて迎え入れる予定があるのであれば、尚更、です。

 

どのような性格が多いか、なりやすい病気は何か、知っておくことがいちばん重要なことだと思います。

 

ご自宅のペットちゃんについても、深く知っていくともっともっと好きになりますよね。

 

これは「生き物」全般同じことが言えると思うのです。

 

 

「この性格は我が家にはあわないかもな」

「この運動量であれば、散歩も負担じゃないかも」

 

 

こういったことをひとりひとりが考えていれば未然に防げたことがたくさんあると思います。

 

 

 

いつか、無責任な飼育がなくなりますように。

 

 

 

 

私はブログを書く際に、見てくださっている方々に何か少しでも伝わるよう、いつも考えて綴っています。

 

少しでも参考になっていれば嬉しいです。

 

 

 

少し脱線してしまいました・・・。スミマセン。

 

 

 

 

 

ちなみに環境が整い次第、いずれボーダーコリーを迎え入れようと考えています!

その時がきたらまた紹介しますね!

 

 

 

 

以上、田島でした♪

 

 

 

 

1 41 42 43 44 45 46 47