BLOG

ブログ
とある黒猫のお話|ペット火葬を行う大森ペット霊堂
2019年8月22日

 

大森ペット霊堂の田島です。

 

 

先日、猫ちゃんの個別一任葬儀のお迎えに上がらせていただいたお宅で

こんなお話をお伺いしました。

 

 

 

とある黒猫のお話

 

 

 

お預かりした子は、毛並みが真っ黒な猫ちゃんでした。

 

 

その猫ちゃんは元々地域猫として地域の皆様に可愛がられていたのですが、

病気が発覚してからは、お迎えにあがったご自宅の方が面倒を見ていたそうです。

 

 

地域猫時代に築いた絆からか、その方の自宅に初めて招き入れた際

なんの警戒もなく、ごろんと転がりおなかを見せてくれたそうです。

 

 

闘病生活が始まり、様々な治療を施しました。

 

 

少しでもこの子が苦しくないように。

 

 

 

 

 

 

ある日、その子が目から大量の涙を流したそうです。

 

 

その瞬間、

 

「死にたくない、生きたい」

 

と、その子の強い意思を感じたとその方は仰っていました。

 

 

「わかった、私も頑張るから、これからもまだまだ辛いけど、まだ頑張れるね」

 

と、その想いにこたえ、猫ちゃんに伝えたそうです。

 

 

 

 

 

 

闘病開始から約1年。

 

 

その子は見守られる中息を引き取りました。

 

 

お迎えの際ご自宅にお邪魔させていただきましたが、

本当にたくさんのお花が彼女を取り囲んでいました。

 

 

「こんなにも愛されたのは、あなたがたくさん人を愛したからだよ」

 

 

飼い主様のその言葉がとても印象深く残っています。

 

 

 

 

 

 

飼い主様とお話をした後、

 

「来てくれたのが田島さんでよかった」

 

と、お褒めの言葉を頂きました。

 

 

この仕事をするにあたり、

 

どうしたら少しでも飼い主様がペットを快く見送ることができるか

 

自分だったらどう見送りたいか

 

そんなことを常に考えるようにしています。

 

 

少しでも私の想いが伝わり、

飼い主様方が気持ちよく送り出すことができたのなら幸いです。

 

 

 

 

ペットを看取る

 

 

 

ペットを看取るときは、腕の中で安らかに眠りについてもらいたいと考える人は多いでしょう。

 

 

ですが私自身、これまで見送ってきた動物はたくさんいますが、

目の前で看取ることができたことは一度もありません。

 

 

記憶の中では生きていたその子が次に会ったとき、

目には生気が宿っておらず、手足には力もない

命尽きた姿を見るのは胸が張り裂けるほどつらく苦しいです。

 

愛していた動物たちを見送るたびに何度も声を上げて泣きました。

 

 

 

 

 

 

過去に動物対話士(アニマルコミュニケーション)の方に、ある1匹の猫を見てもらったことがあります。

 

「この子の最期に間に合わなかった。誰よりも大好きだったのに

看取ることができなかったことについてこの子はなんと思っているか?」

 

と聞いたところ、

 

「間に合わなかったのはしょうがないじゃん、お前もやることがあったんだろ?」

「自分のことを好きでいてくれていたの、知ってるよ」

 

とその子は答えてくれました。

 

 

正直本当にその子がこんなことを思っているのかは誰にもわかりませんが、

私にとってその返答がすごく心の支えになりました。

 

 

ああそっか、そういえばこの子はこんなおおらかで心が広い性格だったよなと、

 

 

改めて向き合うことができたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットをなくした悲しみはとても深いものかと思いますが、

 

それ以上にその子のことをたくさん思い出してあげてくださいね。

 

それがいちばんの虹の橋にいる彼らへの供養なのではないかと思います。

 

 

 

 

 

ペット葬儀・ペット供養を行う大森ペット霊堂

東京都大田区大森東2-1-1

☎0120-176-594

スタッフ 田島

ペットの思い出 聴かせて下さい
2019年8月20日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

自分は、今年の4月から、大森ペット霊堂で日々勉強させて頂いております。今回は、少し自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ペット霊園で働き始めたきっかけ

 

もともと、自分は動物が大好きで、動物たちのための仕事がしたいと、ずっと思っていました。学生時代には、移動動物園や、ブリーダー犬舎でアルバイトをしました。卒業してからは、動物看護師として、動物病院で働き始めました。しかし、そこで大きな挫折をして、しばらく動物と関わる仕事から離れていました。

 

でも、どうしても動物たちのための仕事がしたいという気持ちを諦め切れず、また一歩、踏み出せる自信をつけたいと思い、愛玩動物飼養管理士という資格を取りました。愛玩動物飼養管理士とは、日本愛玩動物協会が認定する資格で、この協会は、with PETsという機関誌を発行しています。この機関誌に「ペット霊園」のことが記載されており、この仕事の存在を知り、興味を持ったのがきっかけです。大森ペット霊堂とのご縁を、大切にしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

一緒に暮らしている動物

 

自宅には、ジャンガリアン・ハムスターがふたりいます。名前は「ちっちゃん」と「のんちゃん」です。以前ブログで紹介させて頂きました。

 

⚫️動物は迎え入れる事ができる

https://www.petsougi.jp/blog/3259

⚫️ハムスターも犬猫と同じ命

https://www.petsougi.jp/blog/3846

⚫️火葬は愛用していた物を添えてあげて

https://www.petsougi.jp/blog/4737

 

母親の実家には、ダックスフンドがいます。初代の子は亡くなっており、現在は二代目の子です。名前は初代が「リフ」、 二代目が「マロン」です。のちのちブログで紹介できたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

学生時代に、学校の犬舎に、自分ととても仲良しだったコリーの子がいました。名前は「鈴(りん)」と言います。よく自分と鈴のふたりきりで、校内の廊下とか、校舎の裏側とか、普段歩かせないような場所を探険して遊んだ思い出があります。でもその子は病気で亡くなってしまって、今はもう居ません。

 

ふたりにしかわからない、楽しかった思い出を知っているのは、もう残された自分だけです。皆さんにも、愛するペットとの、ふたりきりの思い出があると思います。そんな思い出を、ご来堂の際には、是非たくさん聴かせて下さい。その子が居てくれた証を、少しでも多く一緒に共有できる存在でいれたらと思っています。

 

 

 

ペットの葬儀、火葬なら大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

 

ペット(犬)が亡くなった際の手続きについて<ペット葬儀・火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年8月16日

大森ペット霊堂の萩原です。

 

ペット(犬)を飼われている飼い主様から、良く頂く質問がございます。

「犬が亡くなったら役所に届けは必要なのか?」

たしかに、人間ですと死亡届を役所に提出しますよね?ペット(犬)の場合は何も届けを出さなくてもいいのでしょうか?

 

死亡届とは?

人が亡くなった場合、それを証明するために「死亡届」を提出します。 死亡届は火葬(または埋葬)許可証を受け取るために、期限までにきちんと出す必要があります。正式には「死亡届書」と呼ばれ、記載されている人が死亡したことを証明する書類です。死後7日以内に提出する必要がありますが、国外で死亡した場合はその事実を知った日から3ヵ月以内であれば受け取ってもらえます。

人の場合だとこのような決まりがありますがペット(犬)の場合はどうなのでしょうか?

 

 

ペット(犬)が亡くなったら?

愛犬が亡くなってしまったら、登録をしていた市区町村に死亡届を提出しなくてはなりません。

飼い犬の死亡届は、登録していた保健所、保健センターまたは各地域センターで、死亡届用紙に必要事項を記入して、鑑札及び注射済票を添付して提出、または電子申請で提出しなければなりません。期限は30日以内、または特に記載なしなど各市区町村で異なるようです。

 

死亡届に必要なもの

鑑札と注射済票は返却する必要があるため、忘れずに持っていきましょう。

・各地区町村によって変わりますが、一般的には亡くなった犬の生年月日や年齢、性別、毛色、登録年度、犬の種類、登録番号、亡くなった年月日が必須項目とされますので確認しておきましょう。

 

 

死亡届の提出方法

・直接出向いて提出する

・電子申請

※申請の仕方は市区町村によって異なりますので、事前にご確認ください。

 

最後に・・・

最愛のペット(犬)が亡くなってしまい、すぐにはこのような事務的な手続きは考えられないかと思います。毎年毎年、亡くなったペットの狂犬病のハガキが自宅に届いてしまう方もいらっしゃると思います。ペット葬儀・火葬も事前に調べておくことが大切ですが、このような事務的な手続きも前もってどんなものがあるか、何が必要なのか、どこに行けばできるのかなどを調べておくことも大切なことではないでしょうか?

ペットが亡くなってもいないのにこのようなことを考えるのは不謹慎なのではないかと、お考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、愛するペットの為に亡くなった後のことを考えておくこともとても大切なことだと思っています。ペット葬儀・火葬はどんなものがあるのか?一緒に火葬していいものはなんだろう?大型犬って火葬できるのかな?など今、考えただけでもたくさんの疑問が浮かぶことと思います。

愛するペット(犬)のために少しでも事前に情報を集め、万が一のために備えておくのはいかがでしょうか?

 

 

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

 

お盆の供養祭を終えました
2019年8月12日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

大森ペット霊堂では、お盆や年の暮れ、お彼岸の時期に合わせて、年に4回、ご住職をお招きして、供養祭を行っております。

 

 

 

 

 

 

先月7月には、お盆の供養祭があり、多くのペットちゃん達の魂をお迎えしました。本当にたくさんの飼い主様がお越しになり、お席を確保できず、お立ちになりながらご参加いただく事になってしまった方もいらっしゃいました。梅雨が明ける前ではございましたが、それでも大変お暑い中、お疲れ様でございました。

 

自分事ではございますが、自分は入社が4月でしたので、今回の供養祭が初めての参加となりました。お盆の供養祭は、一年を通して一番人が集まる日になると聴いておりましたが、それは確かにその通りでした。ご用意させて頂いたお茶が足りず、買い足しに行く事になってしまったり、ご住職からお手伝いの指示を受けても、前へ進むスペースが無くなってしまったり。トラブルはございましたが、初めての経験を、なんとか無事に終える事ができました。

 

 

 

 

 

 

当施設では、ペットちゃん達の四十九日忌や一周忌、三回忌といった節目に合わせて、月に2回、法要の合同慰霊祭を行っておりますが、その場面よりも、さらに多くの人々が集まる場面となるのが、今回の供養祭でございます。供養は、人々が集まる事に意味があると言われております。「供養」の字をご覧頂きますと、

 

「供」という字は、

「人」と「共」から構成され、

「養」という字は、

「美」と「良」から構成されます。

 

すなわち「供養」とは、もともと、「人が共に美しく良い事をする」という意味であるそうで、自分の愛するペットちゃんの命を偲ぶ事はもちろんの事、身内だけでなく、その日に集まった、ほかのご家族様のペットちゃん達の命も、みんなで一緒に偲ぶ事、それが「供養」だそうです。

 

「供養」の字の由来を、今まで自分は知りませんでしたので、今回の供養祭を通して、とても勉強になりました。お盆という、人々が集まる行事には、供養する為の大切な意味が込められていたのですね。

 

 

 

 

 

 

次回の供養祭は、来月9月の、秋のお彼岸に合わせて行われます。会場は、大森ペット霊堂ではなく、より広い会場をお借りして行われる予定となっています。詳細の内容については、後日お知らせがございますので、お待ち下さいませ。

 

 

愛する動物たちの供養

ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂

 

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

 

ペットを飼う理由|大森ペット霊堂
2019年8月9日

 

大森ペット霊堂の田島です。

 

このブログをご覧の大半の方がペットを飼っていることと思います。

 

当施設のスタッフも全員ペットと共に暮らしています。

 

ではなぜペットを飼いたいと思うのか?

ふと疑問に思ったことを今回は綴らせていただきます。

 

 

 

世論調査

 

ペットを飼育している理由

 

 

上位6項目です。

 

大々的に「癒し」の存在になっていることがわかりますね。

 

実際に私も、精神的にも身体的にも疲れてしまったとき

愛犬と寄り添うことで少しずつストレスが軽減されているように感じます。

 

世間的にもそれほどペットは大きな存在なんですね。

 

 

では反対に、ペットの飼育をしない理由についてみてみましょう。

 

 

 

 

 

ペットを飼わない理由

 

 

  • 1.十分に世話ができないから
  • 2.死ぬと別れがつらいから
  • 3.集合住宅で禁止されているから
  • 4.近所迷惑になる可能性があるから(悪臭や鳴き声など)
  • 5.家や庭が汚れるから
  • 6.お金がかかるから
  • (参考:動物愛護に関する世論調査.内閣府/平成22年9月調査)

 

上位6項目です。

 

 

「死別がつらい」という理由が2位にランクインしています。

 

 

最近では耳にすることも増えてきた「ペットロス」。

 

毎日ともに過ごし、無償の愛情をくれる

小さくて大きな宝物がいなくなる悲しみは計り知れません。

 

命あるもの死は必ずやってきます。

 

ですが、別れを「つらい」と感じるのは

互いに愛し愛されていた証でもあるのだと私は思います。

 

 

 

動物が好きな理由

 

 

みなさんはなぜ動物が好きで、ペットを飼おうと思ったのか考えたことはありますか?

 

 

私は物心ついたころから動物が好きだったような気がします。

 

 

なぜか?と理由を聞かれると、「好きなものは好き」としか答えられませんが

理由を一つつけるなら、彼らは無償の愛をくれるからだと思います。

 

 

動物は私たちと言葉によるコミュニケーションはとれませんが

私たちを言語で精神的に傷つけることは決してありません。

 

 

そして、差別することなく純粋な愛情を向けてくれます。

 

 

そんなペットたちと少しでも多くの時間を過ごし

少しでも多くの思い出を作っていける

素敵なペットライフになればいいなと日々感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペット葬儀・ペット火葬を行う大森ペット霊堂

東京都大田区大森東2-1-1

☎0120-176-594

スタッフ田島

 

 

 

 

 

納骨や供養に関してのお客様の声<ペット葬儀・火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年8月7日

 

大森ペット霊堂の萩原です。

 

みなさまはペットのご納骨についてどうお考えでしょうか?

飼い主様からよく「納骨」に関してのご質問を頂くことがございます。今回は「納骨」に関してお問い合わせの多いご質問にお答えいたします。

 

Q1 四十九日忌を過ぎたら納骨したほうがいいの?

A:納骨をしなくてはいけないということはございません。

人間の場合ですと四十九日忌を過ぎたら納骨したほうが良いとされておりますが、ペットの場合は納骨や供養に関しまして特別な決まりはございませんのでご安心ください。

 

Q2 家にずっとペットの遺骨があるのだけど、それっていいの?

A:はい、問題ありません。

ご自宅で供養されても、ご納骨されてもどちらでも全く問題ございません。飼い主様がご納得のいく方法をお選びいただければと思います。

 

Q3 納骨をしたいが、納骨堂の見学はできる?

A:はい、もちろんご見学が可能でございます。

当日のご予約状況によりお待ちいただく場合がございますので、事前にご連絡ください。

 

Q4 気持ちの整理がついたので、納骨したいがどうすればいいの?

A:個別納骨と合同納骨がございます。まずは大森ペット霊堂へご連絡くださいませ。

実際に納骨堂や合同供養墓を見ていただいたほうが、ご安心いただけると思いますのでご見学をおすすめしております。

 

Q5 ペットの遺骨を土に還したいが、どうすればいいの?

A:大森ペット霊堂では他のペットたちと一緒にご納骨させていただく、「合同納骨」が可能でございます。そちらであれば、土に還す供養まで行っております。

※「合同納骨」の場合は一度納骨していただくと、飼い主様の元にはお骨はお戻しできませんのでご了承くださいませ。

 

Q6 納骨した場合、お参りに行けるの?

A:はい、可能でございます。

納骨堂、合同供養墓どちらもお参りが可能でございます。ご都合のよろしいお日にちにペットに会いにいらしてください。

 

  • ・AM9:00~PM6:00
  • ・年中無休

 

個別式納骨堂

骨壺のままお納めいたしますので、我が子のみのご納骨となります。一緒にお写真やおもちゃなどを自由に飾ることができます。

霊座の種類がございますので、ご見学をされてからお決めいただければと思います。

 

 

合同納骨

遺骨のみお納めいたしますので、他のペットたちと一緒にご納骨となります。ここにはたくさんの子たちが眠り、毎日多くの方がお参りにいらっしゃいます。

※他のペットたちと一緒のご納骨となりますので、一度お納めいただくと飼い主様のもとにペットのご遺骨をお戻しすることができませんのでご了承ください。

 

 

最後に・・・

以前、納骨堂の見学に来られた方のお話をさせていただきます。その方は四十九日忌を目途に納骨をしたいということで、見学にいらっしゃいました。見学されている間も涙を流し、ペットをとても大切に抱っこされておりました。お話を伺ってみると、「まだ納骨をするのは寂しくて気持ちの整理がついていない」とのことでした。四十九日忌を過ぎたら納骨しなくてはいけないのだと思い、見学に来たとおっしゃっておりました。

「お気持ちの整理がついてからでも、納骨はしていただけます。焦らずゆっくりとご検討ください。」とご案内させていただいたところ安心なさったようで、その日はそのままご帰宅されました。

その方は後日、しっかりとお気持ちに区切りがついたようでその時に納骨されました。

 

 

ペットの「納骨」「供養」に関しまして特別な決まりはございません。四十九日忌を過ぎたからといって納骨をしなくてはいけないということはないのです。もちろん、お気持ちの整理がつきご納骨されたいということでしたらそちらも全く問題ございません。飼い主様が納得のいく方法であれば、ペットも幸せなのです。

 

他にもなにかご不明な点などあれば、大森ペット霊堂までご連絡ください。

 

 

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

1 2 3 4 5 6 7 8 9 38