考えるのはいのちTHINK ABOUT LIFEScroll down

imageMIND

大森ペット霊堂の想い
VISION&MISSION

VISION &MISSION

大森ペット霊堂が大切にしていること

いのちについて真剣に向き合い、動物のためにできることを常に考えております。
スタッフ全員が心から動物を愛し、いのちの素晴らしさをご家族の皆様と一緒に分かち合える場所であること。
そして家族がいる子はもちろんの事、保護動物、野良動物、動物園や水族館などの展示動物といったすべての動物が幸せになれるペット霊園であり続けます。

詳しくはこちら

VISION&MISSION

ACTION &VOLUNTEER

ボランティアへの取り組み

大森ペット霊堂のスタッフが有志で動物ボランティア活動を行う『友愛の会』という団体が施設内にございます。
スタッフの団結力が強く、動物のためにできることを全員で考え、常に行動しております。動物の保護をはじめ、里親探し、学校道徳授業、ボランティア葬など、様々な動物に関わるボランティアを率先して行います。

詳しくはこちら

imageFLOW

ペット葬儀の流れ
  • お問い合わせ
  • お迎え・お持ち込み
  • お別れ(葬儀)
  • 火葬
  • お骨上げ※お立ち会い葬儀のみ
  • ご返骨・納骨
火葬について

返骨不可・合同納骨

合同葬儀

他家のペットちゃんと一緒にご火葬します。
毎日合同の火葬を行っておりますので、ご予約いただいた日にご火葬させていただきます。

返骨可能・個別納骨可能

個別一任葬儀

個別でご火葬後、骨壺にお納めるまで弊社スタッフが一任致します。原則、当日中にご返骨いたします。

お立ち会い葬儀

火葬場まで立ち会っていただきます。ご火葬が終わりましたら、ご家族さまでお骨を骨壺に納めていただきます。

詳しくはこちら

imagePRICE

ペット葬儀のご料金
種類 合同葬儀 個別一任葬儀 お立会葬儀 オンライン葬儀
小鳥・ハムスター・モモンガ・リス等 ¥ 8,000 ¥ 15,000 ¥ 30,000 + ¥ 3,000
兎・フェレット・モルモット・ハリネズミ・小型トカゲ・小型カメ等 ¥ 12,000 ¥ 18,000 ¥ 35,000 + ¥ 3,000
猫・超小型犬(チワワ・ヨーキーなど) ¥ 14,000 ¥ 22,000 ¥ 39,000 + ¥ 3,000
小型犬 ¥ 17,000 ¥ 24,000 ¥ 43,000 + ¥ 3,000
中型犬 ¥ 23,000 ¥ 29,000 ¥ 49,000 + ¥ 3,000
大型犬 ¥ 29,000 ¥ 38,000 ¥ 55,000 + ¥ 3,000
特大犬 ¥ 39,000 ¥ 50,000 ¥ 62,000 + ¥ 3,000
送迎 お迎え ¥ 2,000 お迎え・お届け 
¥ 2,000
お迎え ¥ 4,000 -

imageNEWS

新着情報
大森ペット霊堂の新入社員のご紹介です。
2021年4月16日
大森ペット霊堂を利用されるご家族様へ
2021年4月7日

大森ペット霊堂は、

2017年より運営人の入れ替えになりまして、スタッフから全て一掃しております。

今現在は、動物の為になる施設として施設を守っております。

 

また私どもは動物病院様との連携は図っておりますが、病院様への手数料のお支払いは一切行っておりません。

ペット霊園や火葬業者の施設は、動物病院からの紹介があると、葬儀料のを3割〜4割ほどを獣医師にお渡しする風習がございますが、

私どもはあくまで動物病院の患者様を安心できる施設ということで、紹介をいただくことはございますが、

大森ペット霊堂を紹介する獣医師様は、金銭目当てではございません。

 

こちらの制度も2017年より、変更させていただきました。

 

私たちは、飼い主様に包み隠さずお伝えができる、裏表のない健全なペット霊園を目指しております。

 

当時は月に100組様ほどのご火葬のお手伝いをさせていただいていたのが、今では月に300組以上のご家族様の信頼をいただく施設として運営させていただいております。

 

また、私たちの収益は家族のいない動物たちを守る施設への寄付や、野生動物の生態系を守る団体への寄付金としてもお使いさせていただいております。

 

少しでも動物の尊厳が人と同じように認められるように活動し、ペットさんも人と同じ家族であると考えております。

 

これからも大森ペット霊堂は、ペットと暮らす皆様の為の施設として、安心して後悔のないお見送り、火葬ができる信頼の施設として築いてまいります。

 

 

今後とも何卒、よろしくお願いいたします。

 

 

大森ペット霊堂

スタッフ一同

全国ペット霊園協会につきまして
2021年4月4日

私どもを応援してくださる皆様、関係者各位

 

この度、長年所属させていただいた全国ペット霊園協会を退会させていただく運びとさせていただきました。

仲違いをして別れるわけでなく、一方的に私どもが手を引かせていただく運びとさせていただきました。

大森ペット霊堂のことを多くの皆様が応援してくださる中で、今回信用をしていた全国ペット霊園協会を退会させていただくことになりご心配をかけてしまうことになること、深くお詫び申し上げます。

 

今回は全国ペット霊園協会は悪いわけではなく、一所属霊園との関係から招くことになりましたことですので、協会として問題があるわけでなく、今でも由緒正しき協会だと、認識している次第です。

 

大森ペット霊堂の前代表であり、特定非営利活動法人SPAの代表理事を務める齋藤氏との対立。

その一霊園のやり方は姑息な霊園だと齋藤の意見として自ら判断し、

ペット業界全体の為に、全国の飼い主様の為にならないような施設と切磋琢磨し肩を並べるということはできない次第であるという議論により大森ペット霊堂代表、統括、責任者、齋藤氏との話し合いの元、

今回、協会自体を退会をさせていただくことと致しました。

 

これからも大森ペット霊堂は、地域で困っている家族様のお手伝いをするだけでなく、全国のペットと暮らす皆様が安心をしてペットの葬儀を後悔なく、納得するお見送りができる世の中を実現する想いで、活動を精進いたします。

霊園の実名をお出ししたいほど大変憤りを感じているところではございますが、こちらでの報告はご遠慮させていただきます。

 

現在まで、

全国ペット霊園協会、日本動物葬儀霊園協会の2社所属でございましたが、日本動物霊園葬儀協会のみの所属として、多くの皆様の頼りとされるペット霊園業界の改革を目指し、

動物を第一に考え、多くのペットと暮らす家族様の最期の晴れ舞台のお手伝いを精一杯精進して参ります。

 

 

尚、この件に関しまして全国ペット霊園協会様へのお問い合わせは迷惑をかけてしまうことになりますので、何卒ご遠慮くださいませ。

 

 

素晴らしい全国ペット霊園協会様との出会いがあり、今の大森ペット霊堂があると、心から感じておりますし感謝しています。

これからは離れることになるかと思いますが、貴協会の益々の発展をお祈りさせていただきます。

 

 

大森ペット霊堂 スタッフ一同

特定非営利活動法人SPA

代表理事 齋藤 鷹一

ニュース一覧はこちら

imageBLOG

ブログ
ペットの位牌の種類のご紹介
2021年4月17日

皆様は、人間だけでなく動物さんにもお位牌があるのをご存知でいらっしゃいますでしょうか。動物さんもお亡くなりになると人間と同じように仏様になります。その為、人間と同じようにお位牌をお作りされる飼い主様も多くいらっしゃいます。今回は、大森ペット霊堂でお取り扱いさせて頂いている様々なお位牌をご紹介させて頂きます。人間と同じような伝統的な形のお位牌からペットちゃんらしい可愛らしい形のお位牌まで様々な種類がございますので、是非皆様もご覧になって下さいませ。

 

大森ペット霊堂では、様々なペットさん専用のお位牌をご用意しております。

 

蓮付春日位牌(漆塗)

最も標準的な形をしたお位牌です。お位牌の頭部がやわらかいカーブをえがいた春日型で、台座部分に蓮華が付きます。本体は黒く縁(ふち)が金色になっています。漆(うるし)塗りのため表面に光沢が見られます。黒丹よりも軽量にできています。ご自宅に仏壇があるという飼い主様であれば、お部屋によく馴染むと思います。「普通のお位牌が欲しい」という飼い主様にはこちらがお勧めです。

蓮付春日位牌(黒丹)

こちらも標準的な春日型のお位牌です。「黒丹」とは仏壇によく用いられる銘木で、お手に取って頂くと重さの違いが分かり易いですが、重厚感があり少し重みがあります。漆(うるし)塗りではないため光沢は控えめで、金縁は無く木目を生かしたお位牌となっています。ペットちゃんの為に「少しでも良いお位牌を選びたい」という飼い主様にはこちらをお勧めします。

アクリル位牌

アクリル製のお位牌です。他のお位牌は文字を彫らせて頂くため作成に2~3週間ほどお時間を頂いておりますが、こちらのアクリル位牌はその場にてお渡しが可能です。アクリル板に磁石がついており、飼い主様ご自身でお写真を型に合わせて切り抜いて頂き、磁石で固定して頂くタイプのお位牌です。写真立ての代わりとしてもお使い頂けると思います。少しでも早くお手元にお位牌が欲しいという方にお勧めです。

きらきら丸位牌

ペットちゃんの顔写真をご一緒にお入れできるタイプのお位牌です。顔写真の周りにきらきらした石が並び、石のお色をクリア/ブラック/ピンクからお選び頂けます。裏面に「ありがとう」「大好きだよ」等のメッセージをお入れする事も可能です。お位牌らしさと可愛らしさを兼ね備えているので、こちらのお位牌をお選び頂く飼い主様はとても多いです。

サークルスタンド位牌

透明なクリスタルガラス製のお位牌です。可愛らしいデザインの為とても人気が高く、私もよく飼い主様からご依頼を承っております。サークルスタンド位牌は台座のあるスタンドタイプとなっていて、薄型のためスペースを取らずに奥行きの狭い仏壇にも置いて頂くことが可能でございます。ペットちゃんのお写真をお入れでき、お位牌の作成前にはイメージ原稿を飼い主様にご確認頂いているため安心です。

サークルミニ位牌

こちらも透明なクリスタルガラス製のお位牌です。サークルミニ位牌はサークルスタンド位牌のような台座が見られないタイプのお位牌です。とても可愛らしいコロンとした形をしておりますが底面は平になっているため安定感があります。

プティ位牌

透明なクリスタルガラス製のお位牌です。手のひらサイズのミニ位牌です。多頭飼いの方にもお勧めです。

グレイブ位牌

透明なクリスタルガラス製のお位牌です。存在感のある大きめのお位牌です。写真を大きく残したい方にお勧めです。

スクエアスタンド位牌

透明なクリスタルガラス製のお位牌です。フォトスタンド型のシンプルなお位牌です。お気に入りのお写真を残されたい方にお勧めです。横向きのお写真をお位牌全面にプリント可能なお位牌「スクエアALL」もございます。

 

 

 

 

ペット納骨は東京ならどこ?納骨の意味や多様化する手元供養について
2021年4月17日

ペットの火葬が終われば、今度は納骨での供養をどうするかを考えなければいけません。火葬後にそのまま納骨する方や、一旦自宅に持ち帰る方もいらっしゃいます。

 

ペットと離れるのはさみしいですし、そもそも納骨はしなければいけないの?と思われている方もいるのではないでしょうか。

 

ペットの納骨を東京で行う際にはどのような納骨を行えばいいのかや、納骨を行う意味についてもお話していきます。ペットの納骨を東京でお探しの場合には、ぜひ参考にしてみてください。

 

ペットの納骨をしないという選択肢はある?

通常ならペットの火葬後に納骨をするのが一般的ではありますが、どうしてもペットと離れたくないという方もいらっしゃいます。そういう場合は、ペットの納骨をしないという選択をすることはできるのでしょうか。

 

49日がきてもさみしくて離れられない場合

ペットの火葬後すぐにペット霊園の納骨堂に納骨をされる方もいらっしゃいます。しかし、しばらくは「ペットの遺骨とともに慣れ親しんだ自宅で過ごしたい」と考えている方も。

 

区切りよく、49日のタイミングで納骨をされる方も多いですが、そのタイミングがきてもまだ納骨する気持ちになれない飼い主様もやはりいらっしゃいます。

 

納骨は、必ずしもしなくてはいけないことではありません。無理せず、飼い主様のタイミングで納骨を行っても問題はないの安心してください。

 

いつも手元に遺骨を置いておきたい場合

「ペットの納骨をしっかり行ってあげたいけれど、ペットの遺骨を全てペット霊園の納骨堂に納骨してしまうのはなんだかさみしい」と感じてしまうこともあるでしょう。

 

その場合には、遺骨の一部を残していつも手元に置いておける、

  • ・遺骨カプセル
  • ・遺骨アクセサリー

 

という手元供養の方法をとることもできます。そうすれば、残りの遺骨でしっかり納骨を行うこともできますし、手元に遺骨が残っていればいつもペットを身近に感じることも可能です。

 

 

ペットの納骨は本来はしっかり行ってあげるべき?

ペットの納骨は、必ずしも行わなくてはいけないわけではなく、時期も決まってはいません。しかし、仏教の考えから本来であれば納骨を行うことには重要な意味があるのです。

 

ペットの納骨を行う意味

ペットの納骨は大切なペットのための供養であり、

 

魂が本来ある仏様の元へ帰ること

 

でもあるのです。お骨は「抱く」存在ではなく「拝む」存在へと変わるため、手を合わせて拝むということがとても重要になります。

 

さみしい気持ちももちろんあると思います。無理して納骨を急ぐ必要はありません。ただ、大切なペットだからこそ本来の場所に落ち着かせてあげて、仏様のいる世界で幸せになることを願ってあげることも、ペットにとっての供養となるのではないでしょうか。

 

手元供養の多様化に合わせた納骨を

最近では、すべての遺骨を納骨堂等に納骨するのではなく、遺骨の一部「分骨」して遺骨アクセサリーや遺骨カプセルに入れて手元供養される方も多いように感じます。

 

そうすることで、しっかり納骨をしてペットを仏様のところへ見送ることもできますし、分骨した遺骨アクセサリーで身近にペットを感じることもできます。

 

しかし、分骨することで「あの世で五体不満足になるのではないか」と抵抗を感じている飼い主様も実際にいらっしゃいます。

 

ですが、分骨には細かい決まりなどはなく、ペットと飼い主様の一番いい方法をとるのが一番の供養だと感じます。

 

また、分骨をされる際には爪や歯などがいいとされていて、再生されるものの分骨であればあの世での五体不満足の心配も軽減できるのではないでしょうか。

 

 

ペットの納骨を東京で行うならまずはペット霊園に相談しよう

気持ちに整理がついて、いざペットの納骨を東京でしようと思っていてもどんな方法があって、どの納骨方法が一番ペットにとっていいのかどうか悩ましいところですよね。まずは、気になるペット霊園に相談することで不安を解消できますよ。

 

しっかり供養したいなら納骨堂でプロにお任せ

気持ちにひと段落着いたら、ペット霊園の納骨堂に納骨される方が多くいらっしゃいます。骨壷のまま個別に納骨することができて、管理はペット葬儀のプロによって行われるので安心してお願いすることができます。

 

また、しばらくは自宅で手元供養していた方も、ご自身での管理が難しくなったために納骨堂にお願いされる方もいらっしゃいます。

 

納骨後もペット霊園に行けばいつでも会うことができますよ。

 

ペットの納骨を東京でお探しなら大森ペット霊堂へ

大森ペット霊堂には、4階・5階には納骨堂があります。骨壷のまま個別にお骨を管理させていただいております。

希望の納骨スペースの大きさに合わせた霊座の種類があり、飼い主様のご希望の種類を選ぶことができます。

 

また、納骨後にも月に2回合同回向法要を行っており、個別に僧侶を招き法要することも可能です。

 

大森ペット霊堂では、動物も大切ないのちと考え、人間と同じように手厚い供養できるように動物ファーストを掲げ、飼い主様の大切なペットを納骨後にも大切に供養させていただいております。

 

生前相談も行っておりますので、実際に納骨堂を見ていただくこともできますし、ご希望の供養方法をお聞きし、最適な方法をご提案することもできますので、お気軽にご相談ください。

 

 

まとめ

ペットの火葬が無事に終わり、ペットの納骨を東京で行うつもりで49日を迎えてもまだ納骨する気にはなれないこともあります。

 

しかし、焦らなくても大丈夫です。もちろん、本来納骨は仏教の考えから行ってあげることがいいとされていますが、飼い主様のペースで問題ありません。

 

一番大切なのは、飼い主様とペットにとって後悔のない供養を行うことです。大森ペット霊堂では、ペットの火葬・葬儀・納骨や法要まで行うことができます。

 

多くの火葬業者がいるなかで、ペットの納骨は東京のどこで行えばいいのかと悩まれている飼い主様も多いのではないでしょうか。

 

ご不安ごとなどありましたら、まずはお気軽にご相談ください。生前相談も行っておりますので、飼い主様のご希望に合わせた最適な供養方法をご提案いたします。

ペット葬儀の手順はどんな流れ?最適な供養のためにしておくべきこと
2021年4月16日

大切なペットが亡くなると、ペットの葬儀を行って手厚い供養を行ってあげたいと思われる飼い主様がとても増えてきています。

 

ペットも大切な家族の一員です。最後までしっかり見送ってあげたいと思いますよね。ただ、ペットの葬儀を行う際の手順や準備しておくべきことなど意外と知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

大切なペットのためには、いざというとき慌てないようにペットの葬儀の手順を知り、事前にしっかり備えておくことが重要です。

 

 

ペットの葬儀の前に準備しておくこと

ペットの葬儀を行う際には、色々とバタバタすることも多く落ち着いて考える余裕がないこともあるかと思います。事前に持っていくものを確認して準備しておくと、いざというときに慌てずに済みます。

 

ペット葬儀に持っていくもの

ペットの葬儀には以下のものを持っていくといいでしょう。

  • ・数珠
  • ・ハンカチ
  • ・ペットの写真
  • ・ペットが生前すきだった食べ物やおもちゃ
  • ・納骨用の骨壷

 

人間の仏式の葬儀では通常なら数珠は必須です。しかし、ペット葬儀の場合は明確な決まりがあるわけではありませんので、事前に葬儀を行うペット霊園に確認しておきましょう。

 

また、ペットが生前すきだったものは棺のなかに入れてあげるために持参します。ただ、棺に入れるものは「金属」「プラスチック」など火葬をするにあたり遺骨に影響を及ぼすものもあるので、こちらも事前に確認しておく必要があります。

 

ペット葬儀の服装は普段着でOK

ペット葬儀の場合は、人間の葬儀と違い服装に指定はありません。もちろん喪服でも構いませんし、ほとんどのペット霊園では普段着で参列されていることが多いです。

 

ただ、派手な服装や革や毛皮などの動物の死を連想させる服装は控えておきましょう。さらに、ペット霊園から指定があった場合には、服装を合わせる必要もありますので注意が必要です。

 

 

ペット葬儀の手順とは

ペット葬儀の手順は、選択するペット葬儀プランによって手順は多少変わる可能性はありますが、基本的な流れはありますので、以下手順を参考にしてみてください。

 

  • 1. 安置する
  • 2. ペット葬儀場に連絡する
  • 3. ペット葬儀に向かう
  • 4. 葬儀を行う
  • 5. 火葬
  • 6. 骨上げ(個別立会火葬の場合)
  • 7. 納骨(納骨を行う場合)
  • 8. 法要(ご希望があれば)

 

ペット霊園によっては、ペット葬儀前の相談から納骨後の法要まで全て一貫して供養を行うこともできます。ペットの葬儀の内容もペット霊園によって違いがあります。

 

大森ペット霊堂では、ご焼香や読経、末期の水やお別れの時間をしっかりとらせていただいております。

 

動物も人間と同じ大切な「いのち」です。家族として一緒に過ごしてきたペットとの最期のお別れをしっかりサポートしたいと考えております。

 

 

ペット葬儀の手順は事前に相談して確認しておこう

ペット葬儀の手順は、ペット霊堂や選択する葬儀方法によって変わります。どのようにペットを供養してあげたいか、費用のことも含めて事前に相談しておくと安心です。

 

手順や決めきれない葬儀方法は生前相談で解決

インターネットで自宅の近くのペット霊園を探したり、知人におすすめのペット霊園を聞いたりと情報を集めている方もいらっしゃるかと思います。

 

ただ、実際に総額でどのくらいの費用がかかるのか、気になっているペット霊園の施設の雰囲気や担当してくれるスタッフさんはどんな方なのかなど、インターネットや聞いた話だけだとリアリティにかけてしましますよね。

 

ペット霊園では、生前相談をしているところがあります。電話で問い合わせることもできますし、実際にペット霊園に足を運んでスタッフさんに話を聞くこともできるので、疑問がある場合はその場で相談することによって解決することができますよ。

 

生前相談は大森ペット霊堂にお任せください!

大森ペット霊堂では、生前相談を行っています。メールか電話でお問い合わせいただければ、ご相談をお受けすることができます

 

  • 【生前相談の手順】
  • ①お問い合わせ(メールor電話)
  • ➁ご相談
  • ③施設見学

 

ご相談は、施設でお聞きすることもできますし、電話でも対応しております。担当のスタッフが付き添い、施設内のすべてをご案内いたします。その際、私たちの動物に対する想いも兼ね、詳しくご説明させていただきます。

 

ペットの葬儀の手順や、葬儀方法・費用に関してご不安なことがありましたら、大森ペット霊堂では包み隠さず全ての疑問にお答えいたしますので、ご安心してお申し付けください。

 

 

まとめ

ペット葬儀の手順は、飼い主様が選ぶペット霊園や、ペット葬儀方法によって手順や費用もそれぞれ違います。大まかなペット葬儀の手順を知り、飼い主様とペットにとってどんな葬儀にしていくのがいいのかを事前にしっかり考えておくと、いざというとき安心です。

 

大森ペット霊堂では、飼い主様に合わせたペット葬儀を相談をしたうえでご提案させていただいております。価格も明確に提示し、無理に葬儀プランをおすすめすることもありません。飼い主様がイメージする希望の供養方法をお教えください。

 

飼い主様のご意向に合わせた葬儀を行えるように、大森ペット霊堂一同ペットと飼い主様にとって後悔のない最期のお別れのお手伝いができればと考えております。

ブログ一覧はこちら

imageACCESS

交通のご案内

住所: 東京都大田区大森東2-1-1

電車の場合: 平和島駅から徒歩5分

お車の場合: 鈴ヶ森IC、平和島ICから5分

更に詳しくはこちら

AEONPETメモリアルナビ掲載霊園