考えるのはいのちTHINK ABOUT LIFEScroll down

imageMIND

大森ペット霊堂の想い
VISION&MISSION

VISION &MISSION

大森ペット霊堂が大切にしていること

いのちについて真剣に向き合い、動物のためにできることを常に考えております。
スタッフ全員が心から動物を愛し、いのちの素晴らしさをご家族の皆様と一緒に分かち合える場所であること。
そして家族がいる子はもちろんの事、保護動物、野良動物、動物園や水族館などの展示動物といったすべての動物が幸せになれるペット霊園であり続けます。

詳しくはこちら

VISION&MISSION

ACTION &VOLUNTEER

ボランティアへの取り組み

大森ペット霊堂のスタッフが有志で動物ボランティア活動を行う『友愛の会』という団体が施設内にございます。
スタッフの団結力が強く、動物のためにできることを全員で考え、常に行動しております。動物の保護をはじめ、里親探し、学校道徳授業、ボランティア葬など、様々な動物に関わるボランティアを率先して行います。

詳しくはこちら

imageFLOW

ペット葬儀の流れ
  • お問い合わせ
  • お迎え・お持ち込み
  • お別れ(葬儀)
  • 火葬
  • お骨上げ※お立ち会い葬儀のみ
  • ご返骨・納骨
火葬について

返骨不可・合同納骨

合同葬儀

他家のペットちゃんと一緒にご火葬します。
毎日合同の火葬を行っておりますので、ご予約いただいた日にご火葬させていただきます。

返骨可能・個別納骨可能

個別一任葬儀

個別でご火葬後、骨壺にお納めるまで弊社スタッフが一任致します。原則、当日中にご返骨いたします。

お立ち会い葬儀

火葬場まで立ち会っていただきます。ご火葬が終わりましたら、ご家族さまでお骨を骨壺に納めていただきます。

詳しくはこちら

imagePRICE

ペット葬儀のご料金
種類 合同葬儀 個別一任葬儀 お立会葬儀
小鳥・ハムスター・モモンガ・リス等 ¥ 8,000 ¥ 15,000 ¥ 30,000
兎・フェレット・モルモット・ハリネズミ・小型トカゲ・小型カメ等 ¥ 12,000 ¥ 18,000 ¥ 35,000
猫・超小型犬 ¥ 14,000 ¥ 22,000 ¥ 39,000
小型犬 ¥ 17,000 ¥ 24,000 ¥ 43,000
中型犬 ¥ 23,000 ¥ 29,000 ¥ 49,000
大型犬 ¥ 29,000 ¥ 38,000 ¥ 55,000
特大犬 ¥ 39,000 ¥ 50,000 ¥ 62,000
送迎 お迎え ¥ 2,000 お迎え・お届け ¥ 2,000 お迎え ¥ 4,000

imageNEWS

新着情報
春のお彼岸供養祭
2020年2月26日

大森ペット霊堂の吉津です。

 

梅の花が咲き始め、少しずつ春が近づいてきましたが、

皆様はどうお過ごしでしょうか?

 

大森ペット霊堂では今年も春のお彼岸供養祭を行います。

 

 

 

 

《春のお彼岸供養祭》

日時
・3月22日(日)
・午前11時から  ※午前一部のみです

 

 

会場
・天祥院
〒144-0053
東京都大田区蒲田本町2-32-16
※京急蒲田駅から徒歩5分
※昨年の供養祭から、みなさまが快適に読経をお聞きいただけるように会場を変更させていただいております。

大森ペット霊堂では行いませんのでご注意ください。

 

 

お申込み期日
供養祭の7日前(3月15日)まで受け付けております。
同封の郵便局振込取扱票にてお願いいたします。

 

 

 

 

郵便局振込取扱票の注意事項
① 必ずお申込み口数をご記入ください。(一体につき一口です)
② ペットの種類、お名前をご記入ください。
③ 戒名がある場合は、必ずご記入ください。
④ 飼い主様のお名前と、読み仮名もご記入ください。
※ご記入漏れがございますと、塔婆の作成やお名前の読み上げが出来ない場合もございますのでご予約の際は注意事項をお読みいただきますようお願い申し上げます。

 

 

お名前の読み上げについて
・供養料 ・特別供養料 ・大塔婆
こちらのどれかにお申込みいただいた方はお名前を読み上げさせていただきます。

「特別供養」と「供養」の違いとしましては、

「特別供養」の枠でお名前をお呼びするか、「供養」の枠でお名前をお呼びするかの違いでございます。

お名前の読み上げの順番については「特別供養」の方を優先させていただきます。

飼い主様のお気持ちでお決めください。

 

※小型塔婆と供花は読み上げがございません。お名前の読み上げをご希望される方はご注意ください。
例1 「供養料」と「小型塔婆」にお申込みされた方→読み上げあり
例2 「小型塔婆」のみや「供花」のみにお申込みされた方→読み上げなし
例3 「特別供養料」と「供花」にお申込みされた方→読み上げあり

 

 

 

 

お持ちものについて
ペットのお骨、お写真、お位牌などがご自宅にございましたら飼い主様のお気持ちでお連れください。

当日は飼い主様のお膝の上でのご供養となります。

お越しいただいた皆様に、ペットのご供養に集中していただきたいと考えております。

何かご不明な点などございましたら、大森ペット霊堂までお問い合わせくださいませ。

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

大切なペットのお見送りについて
2020年2月16日

大森ペット霊堂の吉津です。

 

皆さんは大切なペットに万が一のことがあったときは、どのようにお見送りをしてあげたいですか?

 

まだペットが元気なうちから決めている飼い主もいれば、

まだ遠い未来の話だから、考えたくないことだから、という考えの飼い主もいるでしょう。

 

 

命ある限り、別れは必ずやってきます。
後から後悔しない為にも大切なペットのお見送りについて、一度考えてみませんか?

 

 

先日私が生前相談のお電話を受けたときのお話をします。
その方は、19才の寝たきりの猫ちゃんと暮らしているご夫婦でした。
電話で相談を受けた次の日にご夫婦揃って施設見学に来てくださいました。
万が一のことがあったときにどのようにお見送りをするのか、

今まで全くイメージがわかなかったけれど施設を見学してよかったです。
その時のことを考えるととても辛く悲しいけれど、

今一緒に過ごしているこの時間の大切さを改めて感じることが出来たと仰っていました。

 

 

いつかは必ず訪れるお別れのとき。
日々のお世話も、最期のお世話も、お見送りも、

ペットにとってはあなたしか頼れる人はいません。

 

最愛のペットの最期のときに何をしてあげたいのか、一度考えてみてください。

 

 

大森ペット霊堂では、飼い主の要望をお伺いし、

できるだけのお手伝いをさせていただきます。

一番多くの飼い主にお選びいただいている

お立会葬儀におつけできるオプション【お別れセットプラン】もとても喜ばれております。

お別れセットプランには以下の3つがセットになっています。 11,000円(税込)
・6,600円~8,800円のバスケット型の棺(身体の大きさによります)※1
・5,500円分の生花
・1,500円の遺影※2
※1 中型犬くらいまで
※2 事前にデータが必要となります。A4サイズで作成致しますので、できるだけサイ
ズの大きいお写真をご用意ください。葬儀終了後遺影はお渡し致します。

 

その他にも、
住職の読経がついた特別プラン※3や、花祭壇を作成するプラン※4もございます。

 

※3 仏式にお別れをしたい場合は住職を、神道式希望は神主を、キリスト式希望は神父
や牧師をお呼びさせていただきます。宗教宗派の希望がないご家族様には仏式でご対応さ
せていただきます。

 

※4 ご自宅または、当施設の本堂に花祭壇を作成致します。
ご予算に合わせて作成可能ですので一度ご相談ください。

 

 

大森ペット霊堂では、飼い主のご要望に沿ったお見送りをすることができます。
一度ペットのお見送りについて、ご家族で考えてみてはいかがですか?

 

 

ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂
0120-176-594
東京都大田区大森東2-1-1
大森ペット霊堂 吉津

ペットの喪中について
2020年1月31日

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

年が明け、2020年(令和2年)になりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

自分は、まだ昨年の延長線上のような感じで、年が明けた気持ちに至っておりませんが、今年も自分に出来る事を全力で頑張って参りたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

昨年に初めてペットちゃんを亡くし、年を越した飼い主様の中には、「明けましておめでとうございます」というご挨拶をしてよいものかどうか、気になった方もいらっしゃるのではないかと思います。

自分も、大森ペット霊堂に入社して初めての年越しということで気になりましたので、今回は喪中について調べて参りました。

 

 

 

 

 

 

まず「喪中」とは、近親者が亡くなった場合に、一定期間その故人の死を悼み自身の行動を慎むことを言います

この一定期間とは「人間」の場合、仏事の慣例として、故人の死から「一年」の期間が目安とされているそうです。期間中はお祝い事を避けるため、お正月の飾りつけや年賀状などは行いません。

では「ペット」ちゃんの場合はどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

喪中を適用するかどうかは飼い主様次第です

ペットちゃんの家族化が定着しつつある現在では、喪中を適用するかどうかは、飼い主様の考え方によってそれぞれ異なります。その為、お正月の飾りつけや年賀状などを行う飼い主様もいらっしゃれば、行わない飼い主様もいらっしゃいます。人間の場合と異なり、ペットちゃんの場合はどちらが善いか悪いかの正解がないため、悩まれてしまうかも知れませんが、飼い主様のお気持ちが済むほうをお選びいただければ良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

喪中を適用する場合

愛するペットちゃんを家族の一員として考え、人間と同じように喪に服する場合、親戚や友人から年賀状を頂いてしまったら、どうしたら良いでしょうか。個人としての考えでは、やはりおめでたいというお気持ちにはなれないと思いますので、「明けましておめでとうございます。」という言葉は慎んで良いと思います。ただ年賀状を頂いた事への感謝の気持ちは伝えて良いと思いますので、「新年のご挨拶を頂き、有り難うございます」や、「今年もどうぞ宜しくお願い致します」という言葉は表して良いのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂は、今年も年中無休で元旦からご葬儀、お参り可能でございます。ご相談などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂

0120-176-594

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

ニュース一覧はこちら

imageACCESS

交通のご案内

住所: 東京都大田区大森東2-1-1

電車の場合: 平和島駅から徒歩5分

お車の場合: 鈴ヶ森IC、平和島ICから5分

更に詳しくはこちら