NEWS

新着情報
犬 死期
犬の死期って気づけるものなの?大切なサインを見逃さないためには
2020年4月18日

犬 死期

近年のペットブームにより、1人暮らしの人でさえも犬を飼うような時代になりました。

しかし、犬を飼ったからには遠い未来、いつかは亡くなるときがやってきます。

犬を飼いはじめたときには、1ミリもそんなことを考えませんし考えたくもありませんが、年を取るとともに死期について考えることがあります。

そこで今回は、犬に死期はあるのか、そうなった場合にどうしてあげるべきなのかをお伝えしますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.犬の死期を知る前におおよその寿命を知っておこう
  2. 2.犬の死期が近づいているときのサイン
  3. 2-1.ご飯を食べなくなった
  4. 2-2.痙攣をおこしてしまう
  5. 2-3. 好きだった散歩に行こうとしなくなる
  6. 2-4.睡眠時間が長くなってきた
  7. 2-5.目の力が弱々しくなる
  8. 2-6. 肛門の力がない
  9. 2-7.体温が下がる
  10. 3.犬の死期が近づいても後悔しないように過ごそう
  11. 3-1.好きな食べ物をあたえる
  12. 3-2. 外に出て空気を吸う
  13. 3-3.できる限り犬と一緒にいることを心がける
  14. 3-4.常に心の準備をしておく
  15. 3-5.生前相談をしておく
  16. 4.犬の死期のまとめ

犬の死期を知る前におおよその寿命を知っておこう

犬 死期

人間は健康に長く生きると100歳を超えますが、犬はそうもいきません。

ですから、普通に生活をしていれば私たちが亡くなる前に犬が亡くなる可能性が高いと言えます。

だからこそ、ある程度の寿命を知っておけば、事前に準備ができるというわけです。

犬の種類や住んでいる環境にもよりますが、犬の寿命はだいたい15年くらいが平均となっています。

人間で言うと15歳は中学高校生くらいなので、かなり子どもだと思ってしまいますが、犬に関して言えば15歳は結構な高齢となります。

人間の年齢で比較すると、犬は生後1年半くらいで20歳となり、そこからは1年ごとに人間の7年分として換算します。

つまり、人間が365日生きることで1歳増えますが、犬からすれば7歳分増えると言うことです。

ということは、犬の平均年齢の15歳で見てみますと、人間で言う76歳程度になることが解ります。

76歳であればかなり高齢に属するため、思った以上に犬が成長するのは早いものです。

犬の死期が近づいているときのサイン

犬 死期

もし、犬が平均寿命に近づいた場合、いつ亡くなってしまうのだろうと不安に思ってしまうはずです。
ですが、寿命以外にも死期が近づいている場合にいくつかのサインを発する場合があります。

ご飯を食べなくなった

本来であればご飯の時間になると、喜んで飛びあがるのではないでしょうか。

とくに犬が若くて元気なときは、まだかまだかと目で合図をするものです。

しかし、犬の体調がかなり悪くなると食欲がなくなり、だされたご飯に手をつけなくなります。

環境の変化などでご飯を食べないことがあるかもしれませんが、いつもの時間、いつもの場所で食べなくなると何かしらの病気になっている可能性があります。

痙攣をおこしてしまう

犬の死期が近づいてくると、頻繁に痙攣をおこす場合があります。

なぜなら痙攣の内容によっては、意識がすでになくなっていることがあるからです。

とくに老犬の場合、脳腫瘍や脳梗塞、脳出血をはじめ、肝不全や腎不全、薬の副作用などで痙攣をおこす場合があります。

突然痙攣をしてしまうと飼い主はびっくりしますが、無理におさえつけたり、触らないようにしましょう。

犬に意識がない状態で触ってしまうと、噛まれてしまう可能性があります。

好きだった散歩に行こうとしなくなる

ほとんどの犬は、散歩が好きです。

まだ犬が小さなときは、散歩の準備をしているだけで飛び上がり嬉しそうな顔をしてることでしょう。

しかし、犬も年を取ってしまうと散歩を嫌がるようになる傾向にあります。

なぜなら、動くのがしんどいからです。

睡眠時間が長くなってきた

夜にしっかり寝ているはずなのに、朝も昼もずっと寝ていることがあります。

また、声をかけても触っても無反応ですと、非常に焦ってしまうものです。

しかしあまりにもずっと寝ているようですと、体力の低下とともに死期が迫っている可能性があります。

目の力が弱々しくなる

犬が眠たいとき以外に、目の力が弱々しくなると死期が近づいている可能性があります。

とくに飼い主の目を全然見なかったり、遠くを見ているような目をしているのであれば犬にもう力が残っていないというわけです。

肛門の力がない

犬の死期が近づくと、よく下痢をするようになります。

それは、肛門やその他筋肉が弱ってしまい排泄物が垂れ流し状態になるからです。

ですが、排泄物まみれになってしまうとよくないので、こまめにお尻をふいてあげたりペッとシーツをかえたりしてあげるべきです。

体温が下がる

犬を触ると、とても温かいのではないでしょうか。

しかし、犬の死期が近づくにつれ体温がだんだんと下がってしまいます。

なぜなら体内のエネルギーがなくなり熱を発しなくなるからです。

もし、犬の体温が冷たいなと感じたのであれば、飼い主や家族のぬくもりを与えるようにしましょう。

飼い主や家族のぬくもりは、どんなものよりも嬉しいはずです。

 

 

▶▶犬の死期に関連する記事はこちら⇒人の終活とペットの終活の違い

犬の死期が近づいても後悔しないように過ごそう

犬 死期

犬は人間のように会話ができないため、いつ亡くなるのかなんて教えてくれません。

だからこそ亡くなってから後悔するのではなく、犬と過ごしてきた時間に未練がないようにしておかなければなりません。

ですから、犬が生きていて元気なうちにできることを全てやっておくべきではないでしょうか。

好きな食べ物をあたえる

病気になったときはダメですが、犬が好きなものを与えることでとても喜んでくれます。

ですが、弱っているときですと食べられるものが限られてしまいますので、可能な限り食べやすいようにして与えてみましょう。

外に出て空気を吸う

犬は本来、外に出て遊びたい生き物です。

ですが、体が弱ってしまうとなかなか外にでようとしなくなります。

もし、少しでも調子が良いなと感じたのであれば、抱っこをしたりカートに乗せたりして散歩をするようにしましょう。

外の風を感じることで犬のストレスが軽減されますし、なによりとても喜んでくれるはずです。

できる限り犬と一緒にいることを心がける

飼い主は、仕事をしているかもしれませんし、忙しい毎日を送っているのかもしれません。

ですから、今日はしんどいから犬と遊ぶのはやめよう、触れあうのもやめよう、なんて思ってしまうこともあるはずです。

ですが、犬が亡くなってしまっては触れることも遊ぶこともできなくなります。

どんなに忙しかったとしても、1分1秒たりとも無駄にしないくらいに犬と接することをおすすめします。

きっと犬は多くは望んでいないはずです。

少しでも飼い主や家族と一緒にいる時間が欲しいだけです。

常に心の準備をしておく

突然犬が亡くなることも、可能性としてはあります。

そんな突然の不幸が襲ってくると、想像を絶する悲しみが押し寄せてくることでしょう。

ですが、いつかは亡くなるんだという心の準備をしておけば、少しくらいは精神的な負担は減ります。

生前相談をしておく

人間も犬もそうですが、亡くなってしまうと何をどうすればいいのかを迷ってしまいます。

しかも悲しみのどん底にいるため、正常な判断すらできないことも考えられます。

ですから、万が一のことも考えて生前相談をしておくべきと言えます。

生前相談とは、犬が亡くなったときにどのような葬儀をするのか、火葬はどうするのかなどの事前相談のことを表します。

今はペット専用の霊園があるため、事前に相談をしておけば不幸なことがおきたとしても、落ち着いて対応できるというわけです。

犬の死期のまとめ

犬の死期が近づいてくると、とても嫌ですが現実を受け止めなければなりません。

ですが、死期に気付けたのであれば今まで以上に愛情を注ぐきっかけとなるはずです。

飼い主として、最後まで無限の愛情を注いであげて笑顔で見送れるようにしてください。

ペット 終活
ペットの終活ってやるべき?万が一のときに焦らたないためには
2020年4月18日

ペット 終活

人間も動物も、生きている以上は年を取りやがて亡くなる時期がやってきます。

それは寿命だろうが病気だろうが、決して逃れられない運命といっても過言ではありません。

ですから近年、将来自分が亡くなったときのために終活をする人が増えていることをご存知でしたでしょうか。

たしかに、人間であれば終活というのはやってもおかしくありませんが、ペットの場合ですとどうなのかが疑問に思うところです。

今回はペットの終活はやるべきなのかどうかをお伝えしますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.そもそも終活とは?
  2. 2.ペットの終活はしておくべき?
  3. 2-1.ペットよりも飼い主が先に亡くなってしまう可能性
  4. 2-2.ペットのための終活
  5. 3. ペットの終活をするためにやっておくべきこと
  6. 3-1.ペットのエンディングノートを作る
  7. 3-2.ペットの平均寿命を知っておく
  8. 3-3. 緊急対応ができる動物病院を探しておく
  9. 3-4.老犬ホームなどの施設を探しておく
  10. 3-5.ペットの終活にかかる費用を計算しておく
  11. 3-6.ペットが重症になったときの延命措置をどうするのか
  12. 3-7. ペット保険を検討する
  13. 3-8.火葬や葬儀をどうするのかを考えておく
  14. 3-9.ペットが亡くなっても後悔しないように愛情をもって接してあげる
  15. 4.ペットの終活まとめ

そもそも終活とは?

ペット 終活

シュウカツと言うと、若い人は就職活動のことを指しますが年齢を重ねるごとに終活を指すことのほうが多くなります。

終活とは、人生の終わりについて考えることを表します。

もともとは造語でしたが、終活に関する書籍や映画の公開によりひとつの言葉として認知されるようになりました。

ではなぜ終活が大切なのかを考えてみましょう。

極端な話ですが、自分の死期がわかっているのであればお墓のことやお金のこと、所有物など、どうするのかを考える時間があるはずです。

しかし、人はいつ亡くなるのかなんて誰にも解りません。

度重なる病気で亡くなることもありますし、交通事故などにあい突然亡くなることもあります。

もしそうなった場合は、残された家族がどうしていいのかが解らなくなってしまうため、事前に終活をしておくというわけです。

またご年配になればなるほど、終活のことを考える傾向にあります。

ペットの終活はしておくべき?

ペット 終活

人の終活はしっかりやっておくべきと言えますが、ペットの場合はどうなのでしょうか。

まず、ペットの終活をする理由について見ていきます。

ペットよりも飼い主が先に亡くなってしまう可能性

ペットよりも飼い主のほうが寿命が圧倒的に長いため、先に亡くなる可能性があるのは前者です。

しかし、元気な人でも入院したり亡くなってしまったりする可能性があるため、不測の事態に備えてペットの終活を考えるようになります。

飼い主の不幸によりどうしてもペットが飼えなくなってしまうと、ペットの行きつく先は保健所の可能性があります。

さすがに、愛情をもって育ててきた家族同然のペットを保健所に預けると言うのは心苦しいものです。

そこで、万が一のことも考え終活をしておくべきと言えます。

 

▶▶ペット終活に関連する記事⇒人の終活とペットの終活の違い

ペットのための終活

ペットが年を取ると、飼い主はどうしてもペットの将来のことが気になるものです。

もし仮にペットの介護や看病がはじまってしまうと、亡くなったときのことまで考える余裕がなくなるため、事前に終活をしておくべきと言えます。

ペットの終活を事前にしておくことで、不幸が訪れたときでも落ち着いて対応できるようになります。

ペットの終活をするためにやっておくべきこと

ペット 終活

ペットのエンディングノートを作る

エンディングノートとは、飼い主が万が一のときのために家族やまわりの人に伝えたいことを飼い留めておくノートのことを表します。

エンディングノートには、ペットの名前や生年月日、性別、避妊や去勢手術の有無、持病、ペット保険の有無などを書き記しておきます。

つまり、飼い主に万が一のことがあっても、誰かにしっかり引き継げるようにエンディングノートが役に立つというわけです。

もし飼い主の体調が悪かったり、入退院などを繰り返しているのであれば、念のために準備しておくべきと言えます。

ペットの平均寿命を知っておく

人間と同じようにペットにも寿命があるため平均寿命を知っておくことで、事前の対策ができると言えます。

たとえば環境や種類、大きさにもよりますが、犬の平均寿命は14年、猫の場合は15年くらいと言われています。

また、ハムスターのように平均寿命が1年~3年くらいと、とても短い動物もいます。

当然、平均寿命に近づいたり追い越したりすると、病気をしたり亡くなったりする確率が上がるため、お別れの準備をしておきましょう。

緊急対応ができる動物病院を探しておく

いつどこでペットの体調が悪くなるのかなんて誰にも解りません。

そんなときに焦って動物病院を探すのは、とてもしんどいはずです。

ですから、念のために24時間対応してくれるような動物病院を探しておくべきと言えます。

老犬ホームなどの施設を探しておく

ペットがずっと元気で過ごしてくれればいいですが、すべてのペットがそうとも限りません。

重い病気を患ってしまうと、看護や介護をしなければならないため、飼い主としては大きな負担を強いられることになります。

どうしても看護や介護ができない、ということも考えられますので事前に老犬ホームなどの施設をチェックしておくべきと言えます。

ペットの終活にかかる費用を計算しておく

人間と同じようにペットが病気になったり亡くなったりすると、いくらかの費用がかかってしまいます。

当然、専門性の高い治療になると高額な医療費がかかってしまうため、手元に費用がないと満足の行く治療ができなくなってしまいます。

また、亡くなった後の葬儀や火葬などにも費用がかかってしまうため、事前にどれくらいのお金を準備しておくべきなのかを調べておきましょう。

ペットが重症になったときの延命措置をどうするのか

あまり考えたくはないですが、ペットが重い病気にかかってしまった場合、最期をどうするのかを飼い主が決めなければなりません。

なぜならペットは会話できないからです。

正直、苦渋の決断ではありますが、ペットの苦痛を取り除いてあげるのか、それとも我慢して治療を続けてもらうかの選択肢が待っています。

ペット保険を検討する

ペットがいつ病気をするのかなんて解りません。

当然、大きな病気をしてしまえば高額な治療費がかかってしまうのは、想像できることです。

ですから、事前にペット保険に加入しておくことで通院や入院、手術のカバーをしてくれます。

もちろん、ずっと元気でいてもらいたいのが本音ではありますが、万が一のときに困らないようにペット保険を検討してみてはいかがでしょうか。

火葬や葬儀をどうするのかを考えておく

ペットも人間と同様に、亡くなったら火葬をしてあげることが重要です。

実はペット専用の霊園や火葬業者があるため、事前にチェックしておけば、万が一のことがあっても焦ることなく対応できるようになります。

また、ペット霊園によっては生前相談、つまり終活についての相談ができるため事前に打ち合わせをしておけば、より安心できるのではないでしょうか。

ペットが亡くなっても後悔しないように愛情をもって接してあげる

ペットが大きな病気になってしまったり、亡くなってしまったりすると、元気なうちにあれもこれもやっておけばよかったと後悔することが少なからずあるはずです。

もちろん、ペットに愛情を注いできたのは間違いありませんが、それ以上にペットと過ごす時間は限られています。

ですからペットが元気なうちから面倒なことでもできることはしてあげたり、一緒にいる時間を作ったりしてあげましょう。

ペットの終活まとめ

ペットの終活をするというのは、決して前向きなことではないため、考えたくない人が多いのが事実です。

ですが、ペットに万が一のことがおきて飼い主がパニックになれば、それこそしんどい思いをしてしまうものです。

ですから、事前にペットの終活の準備をしておくことが重要なのではないでしょうか。

猫 死期
猫の死期は突然やってくる?お別れ前の猫の行動を知っておこう
2020年4月18日

猫 死期

つい最近まで元気だった猫が、突然亡くなる。

そんなショッキングな出来事を体験した飼い主は、非常に多いのではないでしょうか。

もちろん、猫は人間のように会話ができるわけではありませんから、体調が悪かったとしても言葉を発してくれません。

だからこそ、猫の死期がわかないというもの仕方がないことかもしれません。

しかし、猫の死期に何か隠れたヒントがあることをご存知でしたでしょうか。

そこで今回は、猫の死期を知るためのポイントについてお話していきますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.猫の死期に気付いてあげよう!そのサインとは
  2. 1-1.前より痩せた
  3. 1-2.毛づくろいをしない
  4. 1-3.ご飯を食べなくなった
  5. 1_4. いつもと違うところでトイレをしだす
  6. 1-5.猫の目に力がなくなった
  7. 1-6.猫の体臭がきつくなってきた
  8. 1-7. 猫が姿をあらわさなくなった
  9. 2.猫の死期が迫っても最後まで後悔のないように面倒を見てあげよう
  10. 2-1.排泄が困難そうなら手伝ってあげよう
  11. 2-2.やわらかいベッドを用意してあげよう
  12. 2-3. 猫の終活をしておこう
  13. 3.猫が亡くなってしまったときにやるべきこと
  14. 3-1.火葬や埋葬の日程が決まるまで適切な方法で安置を
  15. 3-2.埋葬をするか火葬をするか
  16. 4.猫の死期が近づいても後悔しないために
  17. 5.猫の死期のまとめ

猫の死期に気付いてあげよう!そのサインとは

猫 死期

実は、猫の死期が近づいてくると様子がおかしい、と思うことがあるはずです。

その小さなサインについてお話します。

前より痩せた

毎日かならず餌を食べることから、いつも通りの体型、もしくは太った体系になることがほとんどです。

しかし、餌を食べているにもかかわらず明らかにやせ細ってきたのであれば要注意です。

とくに、ちゃんと餌を食べているのに痩せてくる場合、病気にかかっている可能性があります。

明らかに猫が痩せてきたのであれば、いつもと同じ行動を取っているか、排便に異変はないのかをチェックしておきましょう。

毛づくろいをしない

猫と言えば、暇さえあれば毛づくろいをしているイメージではないでしょうか。

しかし、猫も元気がなくなると毛づくろいをまったくしなくなります。

猫は毛づくろいをすることで、体臭を消し清潔に保てるようにしています。
なぜなら猫は本来、狩りをする生き物だからです。

もし猫特有のニオイを発してしまうと、狩る生き物が逃げてしまうためこまめに毛づくろいをするというわけです。

つまり、そんな大切な行いをまったくしなくなったのであれば、かなり体調が悪い可能性があります。

ご飯を食べなくなった

猫も生きている以上、食事は必要不可欠な存在です。

むしろ、人間以上にご飯にがっつくため、いかに食事を楽しみにしているのかが解ります。

しかし、いつものご飯に全く手をつけなくなったのであれば、確実に調子が悪く病気の可能性があります。

いつもと違うところでトイレをしだす

猫が成長すると、いつも決まった場所でトイレをするはずです。

しかし、ある時をさかいにトイレとは違うところでおしっこをすることがあります。

もちろん、1回や2回であれば問題はありませんが、何度も何度も違うところでトイレをするようであれば、やはり病気の可能性があります。

猫の目に力がなくなった

猫は元気であれば、大きくてクリクリな目をしているという特徴があります。

しかし、猫の体調がかなり悪くなると飼い主と目線を合わせなくなったり、目に力がなくなったりした場合は、何かしらの病気の可能性があります。

猫の体臭がきつくなってきた

猫の臓器の機能が低下してくると、老廃物がたまりニオイを発するようになります。

とくに死期が迫った猫は、老廃物を体外に出す力がなくなります。

もし猫からニオイがきつくなってきたのであれば、要注意です。

猫が姿をあらわさなくなった

猫に死期がせまってくると、飼い主から離れていなくなるという説をよく聞くことでしょう。

もともと野生の猫は、死期が迫ると外敵から攻撃されることを知っているため、なるべく目立たないところに隠れるという特徴があります。

つまり、外的要因から身を守り安らかに眠るための場所をさがすからからこそ、いなくなるというわけです。

当然、飼い猫も野生の気持ちが残っている場合は、死期が迫ると飼い主から遠ざかる傾向にあります。

 

▶▶猫の死期に関連する記事はこちら⇒最愛の猫ちゃんに捧げる最期の看取り方

猫の死期が迫っても最後まで後悔のないように面倒を見てあげよう

猫 死期

猫の死期が迫ると、猫そのものの動きがにぶくなったり、いつもできていたことができなくなったりします。

だからこそ、今まで以上に愛情をこめて面倒を見てあげる必要があります。

排泄が困難そうなら手伝ってあげよう

人間でさえも、排泄感があるのにトイレに行けない状況でしたら非常につらいものです。

それは猫にも該当します。

とくに衰弱しきった猫の場合、立ち上がるのさえ困難な状況にあります。

そのため、定期的に猫をかかえてトイレをさせてあげることが重要です。

やわらかいベッドを用意してあげよう

猫は衰弱してしまうと、寝るのもしんどくなってしまいます。

ですから、できる限りの良い環境を整えてあげなければなりません。

ずっといい環境で長く生きてもらうためには、暖かくてフワフワのベッドをセットしてあげましょう。

また、定期的にベッドのシーツや毛布などは洗って清潔感を保つようにしてください。

ただし、人間が好みそうな香りの強い柔軟剤などで洗濯しないようにするべきです。
そのニオイが、猫にとって嫌いな可能性があるからです。

猫の終活をしておこう

猫が突然亡くなってしまうと、何からどうすればいいのかを絶対に迷ってしまいます。

人は焦ってしまうと、普段やらないようなこともしてしまうため、落ち着いて行動するためにも事前に対策をしておくことが重要です。

それが猫の終活です。

たとえば、かかりつけの動物病院でどうやって快適に過ごすことができるのかを聞いておくこと。

そして、亡くなった後のことも考えてペット専用の霊園などに生前相談をしておけば安心です。

猫が亡くなってしまったときにやるべきこと

猫 死期

残念ながら、いくら愛情を注いだからと言っても猫が亡くなるときはやってきます。

そのときにパニックにならないように、事前に知っておくことがあります。

火葬や埋葬の日程が決まるまで適切な方法で安置を

人間も動物も亡くなってしまえば、とてつもないはやさで腐敗していきます。

腐敗が進むと、強烈な腐敗臭がしますし、それを目当てに大量の虫がやってきます。

また、家族への健康面にも影響があるため迅速な対応が求められます。

それを避けるために、気温が低いところで安置する必要があります。

埋葬をするか火葬をするか

人間とは違い、猫が亡くなった後には決まりがありません。

ですが、埋葬をするのか火葬するのかのどちらかを選ぶ必要があります。

自分で埋葬する場合は、自分の所有地であれば問題はありませんが、他人の土地に勝手に埋葬してしまうと違法になる可能性が高いため辞めておきましょう。

また、ペットの専門業者で火葬をしてもらうという選択肢もあります。

火葬専門業者であれば、すべてお任せすることができるため、近隣や土地の持ち主などからのトラブルにあうこともありません。

猫の死期が近づいても後悔しないために

猫 死期

猫がだんだん弱ってくると、飼い主は死期を悟ってしまうものです。

だからこそ、猫ともっと遊んであげればよかった、もっと一緒にいてあげればよかった、なんて考えることもあるはずです。

ですが現実問題、猫が弱ってしまうと一緒にいることはできても、遊ぶことが難しくなってしまいます。

ですから、笑って見送ってあげられるよう元気なうちに全力でやり残しがないように接してあげてください。

猫の死期のまとめ

大切な家族が、だんだんと弱っていくと死期というものがうっすらと浮かんでしまうものです。

しかし、猫も生きている以上いつかは亡くなってしまいます。

ですから猫と過ごす1日1日を大切にし、後悔のないように愛情をいっぱいに注いであげてください。

猫が亡くなったとしても、数えきれないくらいの愛情を注いでいれば、きっと天国から見守ってくれるに違いありません。

ペット 供養
ペットの供養はどこまでしてあげるべき?ペットが笑顔で旅立つために
2020年4月18日

ペット 供養

大切なペットが亡くなってしまった。

突然のことで飼い主や家族たちは、とても悲しい思いをすることでしょう。

しかし、ずっと落ち込み悲しんでいてもペットは喜びません。

なぜならペットも人間と同じように、しっかり供養をしてあげないといけないからです。

ですが、ペットはどこまで供養してあげるべきかを非常に迷われるはずです。

そこで今回は、ペットの供養はどこまでしてあげるべきなのかをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.ペットの供養にルールはナシ
  2. 1-1.手元供養
  3. 1-1-1.手元供養を選択するデメリット
  4. 1-1-2.手元供養を選択するメリット
  5. 1-2. 庭にペットを埋葬する
  6. 1-2-1.庭にペットを埋葬するデメリット
  7. 1-2-2.庭にペットを埋葬するメリット
  8. 1-3. ペット霊園に任せる
  9. 1-3-1.いつでも亡くなったペットに会いに行けるかどうか
  10. 1-3-2.清掃が行き届いているのかどうか
  11. 1-3-3.法要があるのかどうか
  12. 1-3-4. ペット霊園に預けるデメリット
  13. 1-3-5.ペット霊園に預けるメリット
  14. 2.ペットを供養するなら永代供養も考えよう
  15. 3.ペットの供養方法は自分だけでなく家族にも相談して決めること
  16. 4.ペットの供養方法まとめ

ペットの供養にルールはナシ

ペット 供養

実は人間とは違い、ペットが亡くなってもこれをしなければならない、というルールがないことをご存知でしたでしょうか。
極端な話、人間が亡くなったからと言って自宅の庭に埋めてしまうと大問題となってしまいますが、ペットはそうではありません。

ペットが亡くなったら供養するために、自宅の庭に埋めると言うことも可能です。

ペットの供養にルールがないため、さまざまな方法でペットを見送ることができます。

手元供養

手元供養とは、自宅でペットを供養することを表します。

自宅でペット専用の仏壇を設置して、線香をたいたり手を合わせたりすることができます。

また、専用のカプセルにお骨を納めることもできます。

ペット専用の仏壇に亡くなったペットの写真をセットすれば、亡くなっても近くにいてくれるような気がするでしょう。

ペットの仏壇は人間のような大きいものではないため、比較的少ないスペースでも設置できることから、一定の人気があります。

手元供養を選択するデメリット

毎日のようにペットの仏壇を見るため、なかなかペットロスから抜け出せなくなるというデメリットがあります。

たしかに、人間と同じように毎日手を合わせて線香もあげたいのは当然のことです。

しかし、ペットに愛情がればあるほどその悲しみから抜け出すことが難しくなります。

手元供養を選択するメリット

やはり、手元供養はペットとずっと一緒にいられるということが最大のメリットではないでしょうか。

自宅の仏壇を見るだけで、ペットとの思い出が浮かび上がるため、ずっと一緒にいたいという気持ちが強ければ強いほど、手元供養にはメリットが感じられます。

庭にペットを埋葬する

ペットの遺骨は、基本的に物として扱われるため自宅の庭に埋めても問題ありません。

ですから、戸建てなどに住んでいる人であれば、真っ先にペットの遺骨を庭に埋めようという考えがでてくるはずです。

もちろん、自分の自宅の庭であれば問題ありませんが、公園や山などに無断で埋めてしまうと罰せられる可能性があるため、辞めておきましょう。

庭にペットを埋葬するデメリット

やはり、いつもいる家にペットのお骨が庭に埋めているわけですから、毎回思い出してしまうことが懸念されます。

もちろん、思い出すことはいいのですがペットロスが長引いてしまい、精神的にしんどくなってしまう可能性があります。

また、遠い未来に引越しをしたときに掘り返すことは困難と言えるでしょう。

庭にペットを埋葬するメリット

ペットを庭に埋葬した場合、いつでも手を合わせられるというメリットがあります。

また、そこまで大きな費用がかからないため、飼い主の負担が少なくなります。

 

▶▶ペット供養に関連する記事はこちら⇒初めてのペット葬儀で失敗しないための事前準備

ペット霊園に任せる

手元供養や庭での埋葬が難しい。

日本の現状を考えると、庭に埋めるのは難しいですし限られたスペースでペット専用の仏壇をつくるのは無理があります。

そこで、ペット霊園にお任せする人が増えていることをご存知でしたでしょうか。

ペット霊園には納骨堂があるため、ペットのお骨を預けることができます。

また、ペットの火葬などにも対応しているため、ペットが亡くなった場合は霊園などに問い合わせをするべきと言えます。

せっかく大切なペットを霊園に預けるわけですから、しっかり管理してほしいというのが本音ではないでしょうか。

そこで、どういう霊園がおすすめできるのかお伝えします。

いつでも亡くなったペットに会いに行けるかどうか

大好きだったペットに会いたくなるときはかならずやってきます。

そんなときに、気軽に霊園に行ってお参りができるのかどうかが重要になってきます。

たとえば、霊園が土日がお休みだった場合、平日に仕事をしている人からすればなかなかお参りすることができなくなります。

ですから、年中無休で対応しているような霊園を選ぶべきと言えます。

清掃が行き届いているのかどうか

せっかく霊園にペットを預けたのに、霊園そのものが汚く管理されていなかったらお参りするほうもイヤですし、亡くなったペットも嬉しくないはずです。

ですから、しっかり清掃がされているのか、管理がしっかりできているような霊園がおすすめです。

法要があるのかどうか

ペットを霊園に預けたのであれば、いつまでもずっと手厚く供養してあげたいと思うものです。

そこで、霊園で法要に対応しているのかどうかが重要になってきます。
僧侶を招き、49日忌、1周忌など定期的に法要をしている霊園であれば、しっかり供養ができると言えます。

ペット霊園に預けるデメリット

ペット専用の霊園に預けると言うこともあり、費用が掛かってしまうことがデメリットと言えます。

ただし、その分しっかり管理をしてくれているため、デメリットに感じられることは少ないのではないでしょうか。

ペット霊園に預けるメリット

手元供養や庭に埋葬してしまうと、どうしてもペットロスが気になります。

ですが、ペット霊園と自宅は基本的に離れているため、気持ちの整理がつきやすいというメリットがあります。

また、ペット霊園ということもあり、しっかり管理してくれているという安心感もあります。

ペットを供養するなら永代供養も考えよう

ペット 供養

永代供養とは、霊園が半永久的に供養や遺骨の管理をすることを表します。

たとえば、自分自身が高齢になったり亡くなったり、引越しにより霊園に行けなくなることも考えられます。

そうなると、亡くなったペットの遺骨を誰が管理していくのか、という問題が発生します。

場所によっては霊園まで通うのにものすごく時間がかかることもあるため、高齢者にとっては、頻繁に霊園に行けないというデメリットもあります。

ですが、永代供養であれば霊園がかわりに供養をし続けてくれるため、心配することがなくなるというわけです。

ペットの供養方法は自分だけでなく家族にも相談して決めること

ペット 供養

一人暮らしであれば、ペットの供養方法を決定するのは自分ですが、家族がいるのであればどうするのかを話し合うことが重要です。

なぜなら、家族によってはペットへの愛情も考えかたも違うからです。

ですから、自分の考えで勝手に進めてしまうと、家族間でケンカになる可能性もあるので、しっかり話し合うようにしましょう。

また、手元供養や庭に埋葬する、霊園にお願いするの3つの選択肢から決めることになるはずですが、すべてのメリットやデメリットを把握して、後悔のないようにするべきです。

ペット供養のまとめ

ペットがとつぜん亡くなってしまうと、本当に悲しくそして辛いものです。

ですが、悲しくて辛いからといっても亡くなったペットをそのままにしておくのはよくありません。

亡くなったペットのためにも安心して旅立ってもらえるように、しっかり供養してあげるようにしましょう。

爬虫類 火葬
爬虫類の火葬はどこでするべき?たった1度きりの火葬だから失敗しないように!
2020年4月18日

爬虫類 火葬
爬虫類と言えば、どういう生き物を指すのでしょうか。

たとえば、ヘビやトカゲ、ヤモリ、ワニやカメなども爬虫類に該当します。

その爬虫類を好んで飼っている人は、非常に多いのではないでしょうか。

しかし爬虫類も、いずれは亡くなってしまうときがやってきます。

そんなときに爬虫類はサイズが小さいから近くの公園に埋めたり、個人で焼却したりなどを考えてしまうことでしょう。

そこで今回は、爬虫類を手厚く火葬してあげるためには、どこにお願いするべきなのかを見ていきましょう。

    1. 目次
  1. 1.爬虫類の寿命はどれくらい?
  2. 1-1.ヘルマンリクガメ
  3. 1-2.クレステッドゲッコー
  4. 1-3.コーンスネーク
  5. 2. 爬虫類が亡くなったらどうするべき?
  6. 2-1.自宅の庭に埋める
  7. 2-2.自治体に引き取ってもらう
  8. 2-3. 爬虫類を取り扱っている民間の火葬業者にお願いをする
  9. 3.爬虫類の火葬業者を利用するメリット
  10. 3-1.爬虫類でも丁寧に火葬をしてくれるる
  11. 3-2.臨機応変な対応をしてくれる
  12. 3-3. ペットに愛情をもったスタッフがいる
  13. 3-4.24時間365日対応してくれる
  14. 4.爬虫類の火葬のまとめ

爬虫類の寿命はどれくらい?

爬虫類 火葬

爬虫類によって寿命がまったく異なるため、種類によっては短い期間で亡くなってしまうこともありますし、逆に犬や猫以上に長生きするものもいます。

ある程度寿命を知っておけば、突然亡くなったときに慌てずにすみます。

ヘルマンリクガメ

ペットとしてとても飼いやすい印象のある爬虫類は、カメではないでしょうか。

当然、猫のように部屋を走り回るわけでもなく、犬のように散歩が必要もないため、非常に飼育しやすいペットとして人気を集めています。

そのなかでも飼育しやすいのが、ヘルマンリクガメです。

しかも、カメは万年という言葉があるようにとても長生きするというメリットがあります。

さすがに万年は生きられませんが、飼育下であれば30年~50年くらい生きられます。

クレステッドゲッコー

クレステッドゲッコーとは別名で、本当の名前はオウカンミカドヤモリと言います。

体長は20㎝程度と、とても小さく人懐っこいことから飼育にはとても向いている爬虫類と言えます。

クレステッドゲッコーの寿命はおよそ7年から10年くらいと、犬や猫に比べて少し短くなっています。

コーンスネーク

コーンスネークとは名前の通り、ヘビに該当する爬虫類のことを表します。

ヘビってなんだか危険そうだし、飼うと自分に危害があるのではないかと思ってしまいがちですが、コーンスネークはそうではありません。

ヘビのなかでもとても温厚な性格で、よほどのことがない限り噛みつかれることはありません。

当然、コーンスネーク自体に毒性がないため、万が一噛まれたとしても大きな問題はありません。

ただし、コーンスネークは大きくなれば120㎝~150㎝くらいと、人間の子どもくらいの長さになるため、それを見越して飼育するべきと言えます。

なぜなら、コーンスネークが大きくなりすぎて飼えないからと言って公園などに捨ててしまうと、とんでもない大騒ぎになってしまうからです。

コーンスネークの平均寿命は6年~10年くらいとなっています。

 

▶▶爬虫類の火葬に関連する記事はこちら⇒カメのペット火葬とは?埋葬を考えている方へ

爬虫類が亡くなったらどうするべき?

爬虫類 火葬

いざ爬虫類が亡くなってしまったら、どうやって埋葬してあげるかを迷ってしまうのではないでしょうか。

とくにはじめての出来事ですと、余計に焦ってしまうに違いありません。

自宅の庭に埋める

爬虫類を手っ取り早く埋葬するためには、自宅の庭や近くの公園などに埋めてあげる方法があります。

もちろん、自分自身が一軒家に住んでいて爬虫類を埋める土地も自分や家族のモノであれば問題ありません。

しかし、人によっては一軒家に住んでいない可能性のほうが高いといえます。

その場合は、近くの公園や山などに埋めてあげようと思うわけですが、それも注意が必要です。

なぜなら公園や山などの土地は、誰かが所有している可能性が高いからです。

仮に自分が山を所有していたとしましょう。

そこに見ず知らずの人のペットを次から次へと埋められてしまうと、嫌な気分になるはずです。

ですから、むやみに適当な場所に爬虫類を埋めないようにすることが重要です。

自治体に引き取ってもらう

一般的に爬虫類の火葬をしたいと思ったときは、市町村などの自治体に引き取ってもらうことになります。

手軽にそして、安い費用で利用できるため定評がありますが、ひとつだけ大きな問題があります。

それが、爬虫類はゴミとして焼却処分されるということです。

正直なところ、何年も一緒に家族同様に過ごしてきた爬虫類を、ゴミ同然に処分されてしまうと、とても悲しい気持になってしまうはずです。

爬虫類の気持ちは、わたしたちには解らないものですが、ゴミとして処分される爬虫類もきっと悲しむことでしょう。

爬虫類を取り扱っている民間の火葬業者にお願いをする

実は、最も安全で爬虫類を手厚く見送ってあげる方法があることをご存知でしたでしょうか。

それが爬虫類の火葬業者です。

民間のペット火葬業者は、イメージ的に犬や猫などしか対応していないのではないか、と思ってしまいがちですが、爬虫類でも対応しているところはとても多いです。

たとえば、トカゲやヘビ、カメなどあらゆる爬虫類の火葬に対応している業者が多い傾向にあります。

ただ、かなり特殊な爬虫類の場合はいちど相談してみてはいかがでしょうか。

爬虫類の火葬業者を利用するメリット

爬虫類 火葬

では、自治体ではなく火葬業者を利用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

爬虫類でも丁寧に火葬をしてくれる

どうしても自治体に任せてしまうと、ゴミとして扱われるため、飼い主の精神的負担はとても大きいものと言えます。

対して民間の爬虫類の火葬業者は、まずペットをゴミとして扱うことはありません。

むしろ、人間が亡くなったときと同じように、最初から最後まで丁寧に取り扱ってくれるというメリットがあります。

飼い主からしても、感謝の気持ちをこめて最後までしっかり見送ってあげたいという思いは絶対にあるはずです。

ですから、最後まで責任をもって火葬をしてほしい、と思うのであれば爬虫類の火葬業者にお願いするべきと言えます。

臨機応変な対応をしてくれる

民間の火葬業者は、ただ爬虫類を火葬して終わりではありません。

たとえば、人と同じようにお別れをしたいと思うのであれば、住職や神主、神父などを呼び手厚く見送ってもらえるプランなどもあります。

また、合同火葬で他のペットと一緒に火葬をすることもできますし、個別で火葬をしてもらいお骨を納めることもできます。

ペットに愛情をもったスタッフがいる

すべての火葬業者に当てはまるわけではありませんが、ペットに愛情をもったスタッフが在籍しているケースがあります。

自治体のように流れ作業のように火葬をするのではなく、飼い主ひとりひとりの心情をうかがいつつ、寄り添ってくれます。

ペットがなくなりとても辛い日を過ごすわけですが、そのような心情を理解できるスタッフがいれば、何かと安心ではないでしょうか。

24時間365日対応してくれる

爬虫類を含むペットは、いつ亡くなるのかなんて解りません。

とくにペットは会話ができないため、余計に難しいところではあります。

深夜や早朝などにペットが亡くなると、まさにどうしていいのかが解らなくなりパニックになってしまうことでしょう。

爬虫類の火葬業者であれば、24時間365日で対応しているところがあるため、時間を気にすることなく受け付けてくれるというメリットがあります。

爬虫類の火葬のまとめ

爬虫類が亡くなると、本当にどうしていいのかが解らなくなってしまいます。

しかし、何年も一緒に過ごしてきたからこそ、感謝の気持ちを込めて最後まで見送ってあげるべきと言えます。

もし、爬虫類が亡くなって手厚く見送りたいとのことでしたら、大森ペット霊堂までお問い合わせください。

ハムスター 火葬
ハムスターの火葬はどこにお願いするべき?絶対に後悔しないためにやるべきこと
2020年4月18日

ハムスター 火葬
大切なハムスターが、突然亡くなる。

本当に突然のことで、頭がパニックになってしまうことでしょう。

ですが、ずっと可愛がってきた大切な家族ですから、最後の最後まで責任をもって見届けたいと思うはずです。

そこで今回は、ハムスターの火葬はどこにお願いするべきなのか。

絶対に後悔しないためには、何をするべきなのかを見ていきましょう。

    1. 目次
  1. 1.そもそもハムスターが亡くなったらどう対応するべきなの?
  2. 1-1.自治体にお任せする
  3. 1-2.自宅の庭に埋葬する
  4. 1-3.ハムスターの火葬専門業者にお任せする
  5. 2. ハムスターの火葬専門業者を利用するデメリット
  6. 2-1.費用が発生してしまう
  7. 2-2.悪徳業者がごくまれに存在している
  8. 3. ハムスターの火葬専門業者を利用するメリット
  9. 3-1.ペットも人間と同じように丁寧に扱ってくれる
  10. 3-2.亡くなったハムスターも安心して天国へ行ける
  11. 3-3.24時間365日対応してくれる
  12. 3-4. さまざまなプランに対応している
  13. 3-5.生前相談ができる
  14. 4.ハムスターの火葬まとめ

そもそもハムスターが亡くなったらどう対応するべきなの?

ハムスター 火葬

ハムスターという小動物が亡くなってしまうと、どうやって見送ってあげればいいのかを迷ってしまうはずです。

なぜなら、そう何度もハムスターが亡くなる経験をしないからです。

とは言っても、適当に埋葬してしまうと周りに迷惑をかけるのはもちろん、亡くなったハムスターが悲しむかもしれません。

ですから適切な方法で、ハムスターを見送ってあげなければなりません。

自治体にお任せする

市町村の自治体で、ハムスターの火葬をしてくれるところがあります。

自治体でのハムスターの火葬は、どこよりも料金が安いという特徴がありますがあくまで火葬だけしかやってくれません。

また、自治体ということもあり平日もしくは土曜の夕方までの受付など、対応できる時間が限られていることがほとんどです。

さらに、自治体でのペットの取り扱いは一般廃棄物というカテゴリになってしまうため、ゴミと同じ焼却方法をとるという大きなデメリットがあります。

ハムスターを大切な家族として迎え入れ、何年も一緒に生活してきた飼い主としては、ゴミとして処分されるのは許されないはずです。

ですから、値段の安さではなく安心してハムスターを見送れるようなところにお願いしたいというのが本音ではないでしょうか。

自宅の庭に埋葬する

ハムスターそのものがとても小さいこともあり、自分の家の庭に埋めたり、あわよくば近くの公園などに埋葬してあげればいいか、と思ってしまうかもしれません。

たしかに、自分の家の庭であれば全く問題ありません。

しかしマンションなどの共同管理をしているところや、市町村が管理しているような公園などに埋葬してしまうと、トラブルになる可能性があります。

自分自身がとても小さな子どもでしたら、知らずに埋めてしまうのはよくあることですから、そこまでとがめられることはありません。

しかし、大人になればなるほどやっていいことと悪いことの判断がつくはずですから、少しでも不安を感じたのであれば辞めておくべきと言えます。

ハムスターの火葬専門業者にお任せする

実は、ハムスターを火葬してくれる専門業者があることをご存知でしたでしょうか。

火葬業者と言えば、どうしても人だけというイメージを持っている人が多いはずです。

ですが、ペットを専門としている火葬業者はたくさんありますし、犬や猫だけではなく小動物までも対応しているという特徴があります。

では、自治体も火葬業者どちらも同じことができますが、火葬業者を利用するとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

▶▶ハムスター火葬に関連する記事はこちら⇒ハムスターが飼い主に知らせる最期のメッセージ

ハムスターの火葬専門業者を利用するデメリット

ハムスター 火葬

なんでもそうですが、メリットもあればデメリットもあります。

まずは、ハムスターの火葬専門業者を利用するデメリットから見ていきましょう。

費用が発生してしまう

自治体をはじめ、火葬専門業者を利用する場合いくらかの費用がかかってしまいます。

もちろん、業者によって値段は異なりますが無料で火葬をすることはできません。

また、自治体の火葬よりも専門業者のほうが値段は高い傾向にあるため、予算が限られている人からすれば前者を利用せざるをえません。

ただし、火葬専門業者によっては思っている以上に安く引き受けてくれるところもあるため、探してみるべきと言えます。

悪徳業者が存在している

火葬専門業者を事業にしているからこそ、悪徳業者が存在している場合があります。

たとえば、ペットを雑に扱われたり、あとで高額な費用を請求されたりなどが該当します。

やはり、飼い主は悲しみでいっぱいだからこそ、適切な判断ができなくなってしまうものです。

その心理を利用し、高額な費用を伝えることなく後で請求されるというわけです。

もちろん、ほとんどの火葬専門業者は優良ではありますが、可能性として悪徳業者が存在しているためご注意ください。

ハムスターの火葬専門業者を利用するメリット

ハムスター 火葬

では、ハムスターの火葬専門業者を利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ペットも人間と同じように丁寧に扱ってくれる

自治体では、ハムスターはゴミとして処分されますが、火葬専門業者は全く違います。

なぜなら火葬専門業者は、どんな動物であっても生きていたときと同様に接してくれるからです。

大切なペットがなくなったときは、飼い主も相当な精神的ダメージをおっています。

そんなときにペットを大切に扱ってくれると、少しくらいは心が安らぐのではないでしょうか。

亡くなったハムスターも安心して天国へ行ける

もし仮に、自治体でゴミとして処分されたとしましょう。
飼い主は傷つきますが、亡くなったハムスターはもっと傷ついているかもしれません。

ですから、今までのお礼やこれから安心して旅立てるように、ハムスターの火葬専門業者にお願いをするというわけです。

もちろん、亡くなったハムスターの気持ちは解りませんが、最後までしっかり対応してあげることで、安心して天国に旅立てるのではないでしょうか。

 

24時間365日対応してくれる

自治体は市町村が管理しているため、たとえば朝の9時から夕方の5時までと営業時間が決まっています。

しかし、ハムスターはいつ亡くなるのかなんて解りませんし、万が一深夜に亡くなってしまったらとても不安に思ってしまうことでしょう。

ペット火葬業者にもよりますが、24時間365日受付しているところもあるため、いつどういうトラブルが起きたとしても、迅速な対応をしてくれるというメリットがあります。

さまざまなプランに対応している

ハムスターの火葬専門業者では、さまざまなプランに対応しています。

たとえば火葬場まで立会い、お骨を納めることもできますし、スタッフに任せることもできます。

他のペットと一緒に火葬してほしい場合も、合同葬として対応してくれます。

また、より手厚く見送りたいとお考えでしたら花祭壇を作ってくれたり、住職や神父などを呼ぶことも可能です。

つまり、ただ火葬をするだけではなく要望に応じてさまざまなことができるというメリットがあります。

生前相談ができる

あまり考えたくないかもしれませんが、ハムスターもいつ亡くなるのかなんて解りません。

しかし、様子がおかしかったり異変に気付いたりしたときは、もしかして、と思ってしまうものです。

そのため、突然ハムスターが亡くなって焦ってしまうよりも、事前にこういうプランがあって、料金はどれくらいということを知っておけば、万が一のことが起きても落ち着いて対応できるはずです。

ハムスターの火葬専門業者では、生前相談にも対応している所があるためハムスターのためにも事前に確認をしておきましょう。

ハムスターの火葬まとめ

ハムスターの火葬はどこですればいいのかを、迷ってしまう人は非常に多いです。

ですが、ちゃんとハムスターの火葬ができる専門の場所があるため、お亡くなりになった場合はご利用ください。

亡くなったハムスターも、手厚く見送ってくれて喜んでくれること間違いありません。

1 2 3 4