BLOG

ブログ
初めてペット葬儀(お立会い葬儀)、火葬を行う方へ
2019年6月26日

 

大森ペット霊堂の萩原です。

 

大森ペット霊堂では「お立会い葬儀」「個別一任葬儀」「合同葬儀」この三種類がございます。その中でも一番飼い主様に選ばれている「お立会い葬儀」について詳しくご案内させていただきたいと思います。葬儀が初めてでどうしたらいいのかわからない、当日の流れを知りたいなど不安なことも多いかと思います。まずは事前にお知りいただけたらと思います。

 

 

お立会い葬儀の当日の流れ

 

① 大森ペット霊堂にペットをお連れ頂く

お連れいただく際に、特別な決まりはございません。飼い主様のお連れしやすい方法でお越しください。

例えば、愛用していたベッドで連れていきたい、ダンボールなどのお箱に寝かせて連れていきたい、タオルで包み抱っこして連れていきたいなども問題ございません。

飼い主様自身でペットをお連れするのが難しい場合は、ご自宅までご送迎させていただきますのでご安心ください。ご送迎の際はこちらからお箱(ダンボール)をお持ちすることもできますのでなんなりとお申し付けください。もちろん、ご送迎の際も亡くなったペットを抱っこしてご乗車いただけます。1分1秒でも長く、亡くなったペットとのお時間をお過ごしいただければと思います。

 

② 受付(2F)

ご依頼書に記入していただき、当日の流れをご説明させていただきます。その際、ご火葬希望のお花やごはんなどをお持ちでしたらご準備させていただきますのでお預かりする場合もございます。

 

③ ご葬儀(3F)

当施設の3階にあります、ご本堂でご葬儀をさせていただきます。ご葬儀内容としては、まずお経をお流し致します。その後御焼香をしていただき、「末期の水」というお別れの儀式を行っていただいております。お別れのお時間も設けさせていただいておりますのでご安心ください。

 

④ 斎場(8F)

当施設の8階が火葬施設となっています。最期のお別れをしていただき、その際にお持ちいただいたお花や、お手紙などをお手向けいただきます。火葬炉をお納めするところまでお立会いいただけます。

その後はご収骨のご準備が整うまでお待ちいただきます。

※大森ペット霊堂ではお骨を綺麗に並べさせていただいておりますので、その分のお時間も頂いておりますがご了承くださいませ。小動物などお体の小さなペットに関しましては、お骨が繊細なためご火葬いたしましたそのままのお姿をご覧いただくこともございます。

 

⑤ ご収骨

飼い主様にお骨のご説明をさせていただきます。その後お骨を拾っていただきまして、骨壺にお納めください。手順などはスタッフがご案内いたしますのでご安心ください。

 

⑥ ご帰宅

ご収骨まで終わりましたら、全て終了となります。そのままペットとご一緒にお帰りとなります。ご送迎の場合はご自宅までお送りいたします。

 

 

お立会い葬儀が選ばれる理由って?

「お立会い葬儀」は人間の葬儀に一番近いものとなっております。

飼い主様よりお選びいただいております「お立会い葬儀」ですが、他のご葬儀と何が違うのでしょうか?

 

  • ・ペットを火葬炉に納めるまでお見送りできる
  • ・お骨を飼い主様で拾うことができる
  • ・実際に亡くなったペットのお骨を見ることによって気持ちの整理がつきやすい
  • ・送迎の場合は飼い主様も乗車できる

 

飼い主様の中には本当に個別で火葬をしてくれているの?と不安なお気持ちを抱く方もいらっしゃると思います。「このお骨は本当に自分のペットのものなのだろうか」「亡くなったペットのお骨を実際に見たい」「少しでも長く一緒にいたい」などとお考えの飼い主様にとっては「お立会い葬儀」が一番安心してお選びいただけるかと思います。

 

 

最後に・・・

大森ペット霊堂では飼い主様にご満足いただけるよう、努めております。飼い主様のペットに対する思いはそれぞれお持ちかと思います。ご葬儀やご火葬は亡くなったペットのためでもありますが、飼い主様ご自身のためでもあります。「お骨を見るのはつらい」「他のペットと一緒に火葬してほしい」「どうしても時間がない」などのご希望がございましたらご相談ください。「お立会い葬儀」のほかにも「個別一任葬儀」「合同葬儀」もございます。一番ご希望に添えるようなご葬儀をお選びいただきたいと思います。

ご葬儀の内容をお決めいただくのは飼い主様でございます。大森ペット霊堂は、飼い主様に安心してペットとのお別れに集中していただけるよう、お手伝いさせていただきたいと思っております。

 

他にもご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594
大森ペット霊堂HPはコチラ

 

ハムスターも犬猫と同じ命|ペット葬儀、火葬の大森ペット霊堂
2019年6月24日

 

 

 

こんにちは、大森ペット霊堂の荒井です。

 

 

 

ハムスターのちっちゃんとのんちゃんが我が家にやって来て、ニヶ月が経ちました。家にやって来た初日は、怖がって部屋の隅に隠れてしまっていたのに、最近はしっかり顔を見てくれたり、自分から手のひらの上に乗ってくれるようになりました。

 

 

 

 

ハムスターたちに、自分のことをもっともっと気に入ってもらいたくて、今は色々なオヤツを試しています。

 

 

 

 

例えばコチラは、ブロッコリーの茎の部分とカボチャ。インターネットで調べてみたところ、栄養価が高くハムスターに積極的に与えてよい食べ物との事だったので、用意してみました。

 

 

 

 

呼んでみたら、受け取って美味しそうに食べてくれました!ちっちゃんは好き嫌いがあって、今までリンゴやニンジンは受け取ってくれなかったのですが、コチラは気に入ってくれたみたいです!

 

 

 

与えてはいけない食べ物もあるので、注意しなければいけません。基本的には犬や猫でNGと言われている食べ物と同じようです。例えば、

 

・玉ねぎ、にら、にんにく等のネギ類

・チョコレート

・アボカド

 

には、中毒成分が含まれている為、NGだそうです。それから、

 

・ヒマワリの種

・くるみ等のナッツ類

・ドライフルーツ

 

は、ハムスター用としてよくペットショップ等で販売されているところを見かけますが、与え過ぎに注意すべきと言われています。

 

 

 

ちっちゃんものんちゃんも、だんだん体が大きくなってきました。少しでも長生きして、自分との生活を幸せに感じて欲しいなと思います。

 

 

 

さて、話は変わりますが、大森ペット霊堂では、犬や猫だけでなく、ハムスターの葬儀も数多く取り行っております。

 

「本当は、うちの大切なハムスターを、しっかりと天国に送り出してあげたいけれど、きっとそんな飼い主さんって、あまり居ないんじゃないかな?お葬式、あげなくてもいいかな?」

 

そんな事を思いながら、葬儀を諦めてしまう飼い主様も、たくさん居らっしゃるのではないかなと思います。

 

しかし実際には決して、ハムスターの葬儀を希望される飼い主様は少なくありません。自分はまだこのお仕事に就いてから三ヶ月も経っていない身ですが、それでも数多くのハムスターの葬儀を拝見してきました。

 

お体が小さくても、命の重さは同じです。もし迷われている飼い主様が居らっしゃるようでしたら、一番悔いの残らない方法で、最期を送り出してあげて欲しいなと思っています。

 

 

 

犬や猫だけでなく、様々な動物の葬儀・火葬の経験も豊富な、東京のペット霊園をお探しなら、ぜひ一度、当施設へお越し下さいませ。事前の施設見学も可能です。

 

 

 

大森ペット霊堂

東京都大田区大森東2−1−1

℡0120-176-594

 

大森ペット霊堂HPはコチラ

 

大森ペット霊堂についてご案内
2019年6月23日

~大森ペット霊堂についてご案内~

 

 

 

当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

大森ペット霊堂ご利用の際は、

より詳しく説明している以下の記事をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

通常営業(参拝時間含む)

9:00~18:00/年中無休

 

葬儀・火葬時間

24時間/年中無休

※18:00以降は事前予約にて受付

(予約状況により当日可能な場合もあり)

 

電話受付

24時間/年中無休

※18:00以降はコールセンターへ繋がります

(予約状況により時間変動あり)

 

  ▽フリーダイヤル:0120-176-594

 

アクセス

 

〒143-0012

東京都大田区大森東2-1-1

 

電車・バスでお越しの方

▼「平和島」駅(京浜急行線)

▼「大森町」駅(京浜急行線)

それぞれ徒歩約5分

 

▼「大森」駅(JR)

バスで約10分

 

お車でお越しの方

▼鈴ヶ森IC

▼平和島IC

それぞれ約5,6分

 

 

 

 

 

葬儀・火葬時間について

 

できるだけ多くの皆様のご要望にお応えできるよう万全な状態を整えておりますが

急な深夜・早朝予約は他の家族様の葬儀予約のため、やむを得ずお断りさせていただくことがあります。

 

仕事やご家族様の都合により、18:00以降の葬儀をご希望の方は

事前にご予約していただけますとよりスムーズな対応ができますので

一度お電話にてご相談くださいませ。

 

 

支払いについて

 

現金またはカード払いが可能です。

 

【取り扱いクレジットカード】

VISA、JCB、mastercard、AMERICAN EXPRESS

Diners Club、DISCOVER、楽天Pay、イオンカードなど

 

☆個別一任葬・合同葬で送迎予約の方

クレジットカード用端末を使用しての支払いとなりますので

事前にカード利用の旨をお伝えください。

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

この記事を読んでいる方の多くは、

ペットを亡くしたもしくは亡くされた経験のある方、

ペット遺骨の納骨をお考えの方、ペット用仏具購入をお考えの方

様々な想いをもって読んでくださっていることかと思います。

 

わたしたち大森ペット霊堂はどんな方へも真摯に、丁寧に対応させていただきます。

 

どんな些細なことでも構いませんので、少しでも疑問に思うことがあれば

お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594
大森ペット霊堂

動物愛護について|ペット葬儀、ペット火葬の大森ペット霊堂
2019年6月22日

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

 

 

 

 

 

先月は、平成から令和への改元がありましたね!そして、長い長いゴールデンウィークでした。皆さんは、どのように過ごされましたでしょうか?中には10連休の方も、いらっしゃったのではないでしょうか?自分は、このゴールデンウィーク、大森ペット霊堂のひとりとして、御徒町駅前で開催された動物愛護のイベント、「すまいるフェス」に参加してきました!

 

 

 

 

 

 

誰でも無料で入場できるイベントで、動物の事が大好きな、たくさんの団体が出展し、活動をPRしたり、景品や試供品を配布したりして、大変賑わっていました。「動物愛護を知ることから始まる」と謳っているように、多くの方に動物愛護の活動を知っていただくきっかけを作るイベントとなっています。今回は、この動物愛護について話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

動物愛護という言葉は、よく耳にされますよね。毎年9月には、動物愛護週間というものもあります。ところで、この動物愛護という言葉、どういう意味で使われている言葉なのでしょうか?深く考えた事はございますでしょうか?一言で動物愛護といっても、その考え方には幅があって、種類があって、ちがいがあります。いくつか紹介してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

動物の愛護

 

動物の愛護とは、最近では後述する考え方も含めた、広義的な使われ方をしていますが、もともと狭義的には、人間の視点に立った考え方です。人間が、弱い立場である動物をまもってあげることをいいます。この場合、人間と動物は平等ではありません。動物を虐める事は、可哀想だから止めましょうという、情緒的な面を持っています。日本では、動物愛護法というものがあるように、この考え方が主流になっています。

 

 

 

動物の福祉

 

動物の福祉とは、現在多くの社会に受け入れられている考え方で、アニマル・ウェルフェアとも呼ばれており、動物の視点に立った考え方です。動物が生きていく上で幸せな暮らしをまもることをいいます。動物が幸せに暮らす為には、虐める行為は止めましょうという、理論的な価値観を持っています。海外では、動物福祉法というものがあり、この考え方が主流になっているようです。但し、人間が動物を食べる為にやむを得ず殺すことは認めています。

 

 

 

 

 

バランシング・ポイント

 

ここまで、動物の愛護や動物の福祉を紹介しました。動物の権利という考え方もあります。それでは自分たちは、動物たちとどのように関わっていけばよいのでしょうか?各動物愛護の団体を見ていると、「こうしなければいけません」という意見が目立ちます。自分は、動物を思いやる気持ちがあれば、ひとりひとりが異なる立場に立っていても良いと思います。例えば、動物の愛護と動物の福祉の、中間の考え方を持つ人もいると思います。

 

 

 

 

 

 

それぞれの間に立つ考え方を「バランシング・ポイント」といいます。その考え方は、個人によって異なります。例えば、100%動物の権利に賛同は出来ないけれど、動物の福祉よりはその意見に近い、という人もいるでしょう。大切な事は、人間社会で一緒に暮らす動物たちに対して、無関心にならない事だと思います。

 

 

 

 

 

 

捨てられた子猫を見つけてしまった時、自分だったら、何ができるでしょうか?大森ペット霊堂には、保護された動物たちがいます。とても可愛らしい子たちですので、良ければお顔を見にご来堂下さい。ご自由にお参りや、施設の見学も可能です。

 

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂は動物と人の共生を目指します

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

インコやオウム、フクロウなどの鳥のペット葬儀について
2019年6月21日

近年では、インコやオウム、フクロウなどさまざまな鳥たちと暮らせるようになりました。
鳥をペットとして飼うにあたって、犬猫と違い戸惑うことも多いですが、手間がかかる分、愛着が湧きますよね。そんな大切な家族の一員が天国へ旅立つとき、ペットへの供養方法も事前に調べておきたい情報のひとつです。
鳥たちのペット葬儀について、詳しくお話ししていきます。

    目次

  1. 1.インコやオウム、フクロウなどの安置方法
  2. 1-1.体のサイズに合わせた箱を用意
  3. 1-2.保冷剤やドライアイスを準備
  4. 1-3.羽毛を整えながら清める
  5. 2.インコやオウム、フクロウなどのペット火葬
  6. 2-1.お迎え
  7. 2-2.お別れ
  8. 2-3.火葬
  9. 2-4.お骨上げ
  10. 2-5.返骨・納骨
  11. 3.我が子が天国へ羽ばたく時に知っておいて欲しいこと

インコやオウム、フクロウなどの安置方法


一言に鳥といってもインコなどの小型種からオウムなどの大型種とさまざまです。それだけ、ペットと人が共に暮らしやすい環境になったと言えます。もし大切な家族が天国へ旅立ったならば、「一緒に過ごせてよかったよ」と優しく撫でてあげてください。
その時に、鳥たちの安置方法として下記項目を押さえておきましょう。

1.体のサイズに合わせた箱を用意

インコのように小型であればティッシュボックスを、オウムやフクロウのように大型であればそれぞれの体のサイズに合うダンボールを用意してあげれば、問題ありません。この時に体の下には、ペットシーツやキッチンタオルなど取り替えが可能な物を敷いておきましょう。

鳥のお骨は、どの種類でも繊細なため体に触れるときや抱きかかえてあげるときは慎重に触れてくださいね。

2.保冷剤やドライアイスを準備

ペットとして飼っている鳥のサイズに合わせて保冷剤を準備します。たとえば、インコなどの小型種は保冷剤1〜2個でいいですが、インコやフクロウなどの大型種には、ドライアイスを使うことで長くお家で過ごすことができます。
このとき、直接保冷剤を体に当てるのではなく、近くにおいてあげましょう。中型以上の鳥の
場合は、お腹部分と背中部分、首元を冷やしてあげるようにしてください。

また、小型種の場合であれば冷凍庫に保管することが可能ですが、大型種を冷凍庫に保管する事が難しい場合、風通しが良く室温が低い場所に置いてあげましょう。

3.羽毛を整えながら清める

コットンやガーゼに水を含ませ、体の羽毛の流れに沿ってやさしく撫でてあげましょう。このとき、亡くなってしばらくすると体から体液が流れ出てくるので、それを拭き取ることで体をきれいに長く保つことができます。

インコやオウム、フクロウなどのペット火葬


大森ペット霊堂では、犬や猫、ハムスターを始めこれまで多くの動物たちとご家族のお見送りに立ち会ってきました。もちろん、ペットとして飼われる鳥たちも同様です。
ご家族の方が納得したペット葬儀を行えるためにも、次の5つの項目を私たちは徹底しています。

1.お迎え

大切な家族の一員であるペットが亡くなられた場合、お電話をいただければ専門スタッフが対応しております。今回ご紹介した安置方法だけでなく、どんな些細な事でもご相談ください。私たちは、東京・神奈川・千葉・埼玉どこへでもお迎えに向かう事が可能です。

2.お別れ

ご家族が揃いましたら、お別れの時間を設けています。ご依頼された方の中には、生前好きだったごはんやおもちゃ、お花を棺に入れる方もいました。ただ、猛禽類などの肉食類を飼われている場合、ごはんとして生き餌を取り扱うかと思います。生き餌を火葬することはできませんので、お持ちになる場合は冷凍したごはんでお願いします。

3.火葬

鳥の種類によっては、火葬の火加減が異なるので、私たちは必ず「種類と大きさ」をお聞きします。
火葬方法によって、この後に続くお骨の取り扱いが異なりますので、ご家族の方が納得いくまでご質問にお答えしております。
合同葬の場合、他のご家族と一緒に火葬するためご返骨ができません。個別一任火葬や立会い葬儀の場合、返骨が可能です。

4.お骨上げ

ペット葬儀業者によっては、小型鳥類のお骨上げができないこともしばしばあります。依頼する前に必ず確認しましょう。大森ペット霊堂では、適切な火葬方法を行なっているので、ご家族の元へお骨をお渡しできます。
個別一任葬では、火葬後のお骨上げはスタッフが代理で対応いたしますが、立会い葬儀は最後までご家族の手で対応していただきます。

5.返骨・納骨

合同葬を行なったあと、大森ペット霊堂内にある合同墓地へ納骨するためご自身がお参りしたいときにいつでも参拝が可能です。個別一任葬や立会い葬儀のあとは、お骨を骨壷へ収めご自宅へ持ち帰れます。

我が子が天国へ羽ばたく時に知っておいて欲しいこと


人と同じようにペットである鳥も大小関係なく、供養することができるようになりました。手元にお骨があることで、その子が生きた証にもなりますし、手元供養もできます。大切なことは、その子が生きていたことを忘れないであげることです。他の誰でもない、あなただからこそ知っておいて欲しいこと。
大森ペット霊堂では、年4回に渡り供養祭を行なっております。別施設で火葬いただいたペットもご参加可能ですので、お気軽にご相談くださいね。

動物は迎え入れることができる|ペット葬儀、火葬の大森ペット霊堂
2019年6月20日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

今日は、荒井が自宅で一緒に暮らしているハムスターのちっちゃんのんちゃんを紹介したいと思います。

 

 

 

ちっちゃんのんちゃんは、ジャンガリアン・ハムスターです。ジャンガリアン・ハムスターは、ゴールデン・ハムスターよりも体がひと回り小さく、ロシアやモンゴルなど寒冷地方原産のハムスターです。四月から一緒に暮らし始めました。まだ家族になったばかりです。

 

 

 

 

 

体の白いのんちゃんは、マイペースのびのび。歩くときはのそのそおおらか大雑把な性格をしています。そんな性格からか、ケージの部屋を綺麗に使う事ができず、敷いていた木くずもトイレの砂も、それからごはんの容器も、わっしゃわっしゃ。一色単にされてしまい、小まめに掃除をしないと大変です。

 

 

 

 

 

体の黒いちっちゃんは、まさにねずみっぽい子です。歩くときは手足を高速で動かしチャカチャカ狭い所や暗い所が大好きで、筒の中に入ったり、木くずの中によく隠れます。ちょっぴり神経質で、噛み癖があるのは直したいところです。でものんちゃんと違って綺麗好きなので、部屋の掃除がとても楽です。

 

 

 

 

 

ジャンガリアン・ハムスターは、相性が良ければ複数の同居が可能と言われているのですが、ふたりは非常に仲が悪く、一緒にするとすぐに喧嘩をしてしまうので、それぞれ別々のケージの部屋に入れています。ふたりとも同じ種類なのに、こんなにも正反対でちがう性格をしているなんて、びっくりですよね。これが個性なんでしょうか。

 

 

 

出会ってからまだニヶ月。どんな物が好きで、どんな物が嫌いなのか、もっと知りたいし、もっと仲良くなれたらいいなと思っています。そして、これからもいろんな発見や忘れられない思い出をくれると思うと、一緒の生活がとても楽しみです!

 

 

 

ペットを迎え入れる方法

ところで自分は、ちっちゃんのんちゃんの誕生日を知りません。それは何故かというと、ふたりのことを、ペットショップやホームセンターで購入したわけではないからです。身寄りがない状態で、飼い主を募集していたところを引き取らせて頂きました。誕生日を知らなくても、迎え入れた日が記念日です。

 

 

 

 

 

ペットを家族として迎え入れる方法には、「買う」以外にも色々とあります。例えば動物愛護センター、いわゆる保健所から引き取ったり、それから動物愛護団体のシェルター施設や、譲渡イベントから引き取ったり。親戚や友人、知人から譲り受ける事もあると思います。また、販売目的ではないブリーダーさんから譲り受けるという方法もあります。

 

 

 

 

 

ペットを購入によって迎え入れる飼い主様は、全体のうち、どの程度の割合でいらっしゃるのでしょうか?

2015年のデータによると、犬が全体の7割、猫が全体の2割だったそうです。つまり、購入以外の方法で迎え入れる飼い主様は、意外にも多くいらっしゃるのです。

 

 

 

これから新しく動物を飼おうと考えている方には、ただ「買う」という選択だけでなく、様々な出会いの場があるという事を、自分だけでなく多くの方にも知って頂けたらいいなと思いました。

 

 

 

大森ペット霊堂は動物と人の共生を目指します

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

1 10 11 12 13 14 53