BLOG

ブログ
モルモットのペット葬儀は?知っておいて欲しいプランター葬の問題点について
2019年11月15日

モルモット愛らしい表情と鳴き声が大きくないためアパートなどで飼いやすい、モルモット。モルモットと一口にいっても、その種類は100種以上と多岐に渡ります。そんな大切なモルモットがある日突然、天国へ行くことになってしまったら…。あなたが戸惑わないためのモルモットちゃんの安置方法やペット火葬、最近話題のプランター葬についてお話しします。

  1. 1.モルモットちゃんの安置方法
  2. 1-1.手足を折り曲げる
  3. 1-2.体を清める
  4. 1-3.平らな場所で休める
  5. 1-4.保冷剤は体の近くに添える
  6. 2.最近話題の「プランター葬」について
  7. 2-1.(1)臭いや虫の発生
  8. 2-2.(2)土に還るまでに時間がかかる
  9. 3.モルモットちゃんのペット火葬
  10. 3-1.ご自宅へのお迎え
  11. 3-2.お別れ
  12. 3-3.火葬
  13. 3-4.お骨上げ
  14. 3-5.返骨・納骨
  15. 4.家族の一員として天国へ送り出したい

モルモットちゃんの安置方法

モルモットモルモットちゃんが安らかに過ごせるためには、次の4つの準備が大切です。それぞれについて見てみましょう。

1.手足を折り曲げる

ハムスターより体は大きいですが、犬や猫に比べると小さなからだのため腐敗の進行スピードは速いです。死後硬直で手足が伸びきっていたり、目を開いていたりする状態であれば、優しく直してあげましょう。

2.体を清める

目や口などから体液が流れ出ていくので、ガーゼなどで優しく拭き取ってあげてください。その際に、毛並みを整えることがポイントです。清潔な状態を保つことで、腐敗の進行が遅くできます。

3.平らな場所で休める

生前過ごしていたケージや家族と共に過ごせる場所で過ごしてもらうといいでしょう。部屋の湿度・温度は下げ、平らな場所にペットシーツやタオルを敷きます。風通しのいい部屋でゆっくり休んでもらいましょうね。

4.保冷剤は体の近くに添える

保冷剤は、直接体に触れないよう少し離れた場所に置きます。そうすることで、保冷剤の水滴が体に触れずに安置状態を長く保てます。保冷剤と体の間にはガーゼやタオルを挟むとより効果が持続するのでオススメです。

最近話題の「プランター葬」について

モルモット
ご自宅に庭がなくペット火葬をしたくないため、亡き骸の処理として「プランター葬」を検討する人がいます。手軽にできると聞きプランター葬を行う人もいますが、いい面ばかりではありません。プランター葬を行うことで、次の2つの問題があることを覚えておきましょう。

(1)臭いや虫の発生

亡くなった体は時間が経つにつれ、腐敗していきます。プランター葬で土に入れたとしても臭いや小さな羽虫が発生することはあります。

(2)土に還るまでに時間がかかる

ペットの大きさによっては、亡くなった体が土に還るまでに時間がかかります。プランター葬の土には骨を分解する微生物が少ないため、通常の土葬よりも時間が必要です。

プランター葬を考えるきっかけとなったのが、モルモットちゃんのような小動物のお骨を返骨できなかったペット葬儀業者の影響も少なからずあります。
いまでは、小動物のお骨でもしっかり残せるようになりました。トラブルの原因を解消するためにも、火葬粉骨について知っておくこともひとつの手です。

モルモットちゃんのペット火葬

元気に遊ぶモルモットたち
大切なモルモットちゃんをどう扱われるのか。ご家族にとってとても気になる項目かと思います。私たちは訪れたご家族が悔いのないお見送りをするために、次の流れに沿って行っています。

1.ご自宅へのお迎え

大森ペット霊堂は、365日24時間お電話にてペット葬儀のご依頼を受け付けしております。モルモットちゃんのペット葬儀を検討する場合、モルモットちゃんの種類をスタッフへ必ずお伝えください。お迎えは、一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で対応可能です。

2.お別れ

本堂内にて、お焼香と読経を行います。モルモットちゃんが好きだったごはんやおもちゃ、お花などがありましたら、棺の中へ入れてあげましょう。プラスチックや金属はお骨に影響がありますので、ご注意ください。

3.火葬

火葬方法として、合同火葬・個別一任葬・立会い葬儀の3プランがあります。モルモットちゃんのお骨を持ち帰りたい場合には、個別一任葬または立会い葬儀のどちらかを選択となります。合同火葬の場合、他家のペットちゃんと共に火葬するため、ご返骨ができません。

4.お骨上げ

モルモットのお骨は、火葬時の火力調節で綺麗に残せます。個別一任葬では、お骨拾いは専任スタッフが代任し、原則当日中にご家族の元へお骨をお渡し可能です。立会い葬儀は、火葬場までご家族に同行いただき、骨壷への収骨を行っていただきます。

5.返骨・納骨

合同葬は、本堂内にある「合同供養塔」にて納骨します。個別一任葬や立会い葬儀では、収骨した骨壷をご自宅または納骨堂にて供養できます。

家族の一員として天国へ送り出したい

お食事中の
モルモットたち
プランター葬もペット火葬も、みなわが子との別れを惜しんで行き着くお見送り方法です。どちらのお見送りが正しい、間違っているということはありません。重要なことは、家族の一員として天国へ送り出したいと願うその心だと思います。大森ペット霊堂では、犬や猫をはじめ、モルモット、魚、カメ、ヘビ、昆虫などさまざまなペットの葬儀を行ってきました。お骨や葬儀など、どんな些細な疑問や不安も私たちに相談してみてくださいね。

思い出を残したい<ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂>
2019年11月15日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

ハムスターのちっちゃんとのんちゃんが我が家にやって来て、早くも『半年』が経ってしまいました。今回は、最近のちっちゃんとのんちゃんの様子をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ちっちゃんは、噛み噛み癖が無くなり、すっかり人間とコミュニケーションを取りたがる、いい子に変貌しました。ケージを開けると必ずコチラの顔を見て、アイコンタクトを取ってくれます。そして「チッチッチッ!」と話しかけてきます。手の平の上に乗せると、以前はすぐに下りてしまっていたのですが、今はその場で姿勢を少し寝そべった状態に崩して「撫でて~」と要求してきます。撫でてやると、大人しくじっとしているんです。預かった当初は、噛み噛み癖がひどかったので、こんなに人懐こい子に育ってくれるなんて、思ってもいませんでした。

 

 

 

 

 

 

のんちゃんは、ちっちゃんとは違って人間に関心が無いようで、月日が過ぎても、いつまでもマイペースです。お部屋のこだわりが強いようで、ケージを掃除する度に「おうちに触らないで~」と言いたげに、掃除する手を追いかけ回したり、掃除した所に木くずをコンモリとかけたりします。心配な事と言えば、体重がなんと50グラムを突破してしまった事です。インターネットで調べると、平均体重は20~30グラムと書かれているので、倍もある事になります。とても心配なので、食事をダイエットフードに切り替え、毎日ランナーボールで運動させる時間を作る事にしました。幸いにも、このランナーボールの時間が大好きみたいで、元気に走り回っています。

 

⇒ランナーボールとは

 

 

 

 

 

 

ハムスターの寿命は2年前後だそうです。ちっちゃんとのんちゃんは、そのうちの半年も過ぎてしまいました。とてもあっという間な気がします。人間や犬猫に比べると、あまりにも短い命です。しかし、一緒に暮らして気づいた事は、体が小さくても、そこには人間と同じくらい大きな自我があって、個性があるという事です。

 

なにか生きていた証を残してあげたいと思い、8月頃から、日記をつける事にしました。きっかけは、以前ご葬儀にお越し頂いた或る飼い主様が、ペットの健康管理を記録したノートをたくさんお持ち込み頂いて、それを拝見し、とてもいいなと思ったためです。

 

その子が精一杯生きた証を残してあげられる事が、その子を毎日そばで見てきた飼い主にできる供養なのかなと思います。そして振り返った時にその子との大切な思い出がたくさん残ってくれていれば、悔いも少ないかも知れません。飼い主様から学ばせて頂く事も多くあります。

 

自分は、ご葬儀にお越し頂いた子が生前どんな子だったのか、思い出をたくさん聴かせて頂きたいと思っています。その子が生きた証を、飼い主様と少しでも多く一緒に共有できる存在でいたいと思っています。

 

 

 

ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂

0120-176-594

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

爬虫類とのお別れの仕方
2019年11月9日

 

大森ペット霊堂 笹本です。

 

大森ペット霊堂には様々な種類のペットの葬儀を行っています。犬猫はもちろん、ウサギやハムスター、亀やトカゲ、魚などもお受けしています。

金魚やメダカが亡くなったら、ごみとしてだしたり、トイレに流したりするという話を聞いたことがあります。

その話にとても驚き、インターネットで調べてみると、同じようにする人が多いようです。

 

大事に飼育していても、最後のお別れの方法が、そんなものになるのはとても悲しいですね。

 

 

 

 

爬虫類も犬猫と同じように、葬儀・火葬をしてあげましょう。

 

少し前までは、爬虫類を飼っているかたは多くはありませんでしたが、現在は珍しいことではなくなってきています。

家族の一員として、飼われている方が多くいらっしゃいます。ペットとして飼われている爬虫類ですが、亡くなったときのお別れの方法はまだ浸透していないのかもしれません。

トカゲ、カメ、ヤモリもほかのペットと同様にペット葬儀、火葬が行えます。

 

 

爬虫類の葬儀のご依頼で、よくご質問いただくことがあります。

それは、爬虫類の骨は残るかどうかということです。

 

 

 

 

爬虫類の骨は残るの?

 

亀やトカゲ、カエル、蛇など、そのほかの種類でもお骨は残ります。

元々そんなに骨が多くはありませんが、火葬によって消えてしまうことはありません。

崩れてしまうお骨もありますが、しっかりと形が残る部分もありますので、ご安心ください。

 

火葬後の姿をしっかりと見てあげる、ということも、供養になります。

ペット葬儀社で、爬虫類の火葬を行っているところはたくさんございますので、一度調べたり、問い合わせてみてください。

 

ペットとして親しまれ、年々飼育数が増加している爬虫類ですが、いまだにお別れの方法が浸透していないのが現状です。

どの飼い主様も、しっかりと最後のお別れをすることが当たり前になっていってほしいと思います。

 

火葬後の納骨についても、人やほかのペットと同じように考えてあげましょう。

 

 

 

 

爬虫類の納骨

 

爬虫類でも納骨ができます。大森ペット霊堂では、爬虫類の納骨をしていただいているご家族様が多くいらっしゃいます。

 

他のペットと一緒に合同納骨や、個別の納骨などがあります。

納骨もできるペット霊園が多くありますが、爬虫類の納骨が可能かどうかも確認しましょう。

 

どんな所でも納骨できればいいんですが、すべてのペット霊園で対応しているわけではないので、一度確認してみるといいと思います。

 

 

 

 

悔いのないお別れを…

 

現在では、どんな種類のペットでも家族として飼育している方が多くいらっしゃいます。。爬虫類だから…と言って最後のお別れを粗末にするのではなく、最後までご自身の家族として大切に扱いましょう。

大森ペット霊堂では、爬虫類もしっかりとお別れのお手伝いをさせていただいております。悔いのないお別れにしてあげてください。

葬儀・火葬に関してわからないことや、ご不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

 

ペット火葬・ペット葬儀に関しては

大森ペット霊堂

爬虫類の葬儀・火葬もお受けしております

大田区大森東2-1-1

0120-176-594

 

 

 

 

 

亡くなったペットのご供養の仕方とは?<犬や猫の火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年11月5日

 

 

大森ペット霊堂の萩原です。

 

大切なペットが亡くなり、お気持ちが落ち着いたらお墓参りに行く方もおられると思います。お墓参りでは当たり前のようにお線香をあげているかと思いますが「お線香をあげる」その意味とはなんなのでしょうか?

意味を知ることでより深くペットに想いを伝えられるかもしれません。今回は「お線香をあげる」意味についてお話させていただきたいと思います。

 

 

 

お線香をあげる意味

故ペットの食べ物

お線香の香りは、亡くなったペットの食べ物と考えられています。亡くなってから虹の橋へ旅立つまでの四十九日間は、絶やさずにお線香をたいておこうという風習があります。現在では様々な香りのついたお線香があるので、亡くなったペットが好きだった香りのお線香はきっと喜んでもらえるのではないでしょうか。

 

故ペットとつながる機会

お線香をあげるという行為は、虹の橋へ旅立った亡くなったペットと心を通わせる場でもあります。お線香の香りが亡くなったペットの食べ物となるように、お線香をあげる人の心と亡くなったペットをお線香の香りでつなげることができます。生前ペットに伝えられなかったことや、亡くなってからの出来事などを伝えてあげてください。

 

お線香のあげかた

宗派によってさまざまな作法があるかと思いますが、ペットのご供養に関しましては特別な決まりはございません。飼い主様の好きなようにお線香をあげていただくことが、ペットのご供養になると思っております。

 

このようにお線香をあげることの意味が少しでも分かると、亡くなったペットに対してもより一層気持ちを届けることができるのではないでしょうか?

 

 

お線香の種類

一般的なお線香で構いませんが、ご自宅で供養する場合は「火を使うものだと心配」「お線香の香りが気になる」などご不安なこともおありかと思います。

最近ではペット仏具もたくさんございます。火を使わないろうそく、猫缶の香りのお線香や、無香料や煙が少ないお線香など、たくさんの種類がございます。亡くなったペットが生前好きだった匂いのものあるかもしれません。

 

 

最後に・・・

「お線香をあげる」という意味を知ることで、より一層ペットがお近くに感じられるのではないでしょうか?最愛のペットが亡くなってしまい、「遠くに行ってしまった」「もう会えない」という寂しいお気持ちになられる方もいらっしゃると思います。しかし、思い出してみてください。亡くなったペットは飼い主様にたくさんの幸せな思い出を残してくれたはずです。思い出話や、最近楽しかったこと、怒ったことなど以前と同じようにペットに伝えてあげてください。虹の橋で楽しく暮らしながら、飼い主様がお話しかけてくれるのを待っているはずです。

 

飼い主様がご不安に思っていることや、ご質問などございましたら大森ペット霊堂へご連絡くださいませ。少しでも飼い主様のお力になりたいと思っております。

 

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

 

犬や猫などのペット葬儀でのお通夜の過ごし方
2019年11月8日

日向ぼっこするチワワたち大切なペットが亡くなってしまった際、人の葬儀のようにお通夜はやるべきか迷う方もいるのではないでしょうか。
ペット葬儀の場合、お通夜の有無は依頼するペット葬儀業者によって異なります。ペットのお通夜はどのように行われるのでしょうか。今回は、ペット葬儀でのお通夜について見ていきましょう。

    目次

  1. 1.犬や猫などのペット葬儀のお通夜
  2. 2.ペットのお通夜の流れ
  3. 2-1.安置
  4. 2-2.祭壇・納棺の準備
  5. 2-3.最期を共に過ごす
  6. 2-4.ペット葬儀業者のお迎え
  7. 3.ワンちゃんの飼い主さんへ
  8. 4.ペット忌引き休暇を実践する企業が出現!
  9. 5.ペットのお通夜・葬儀についてのご相談

犬や猫などのペット葬儀のお通夜

結論からお伝えするとお通夜自体は、ペット葬儀を行うご家族の意向によって異なります。ペット葬儀の場合、必ずお通夜を行うということではありませんので、ご家族でよく相談しておきましょう。

もしお通夜を行う場合にはご家族や友人、ペット仲間と一緒に弔ってあげましょう。お通夜の流れは、人のお通夜と変わりなく、執り行われます。いままで過ごしてきたペットとの別れを惜しむ大切なひと時の過ごし方として、お通夜を行うこともひとつの手です。

ペットのお通夜の流れ

ペットのお通夜には、ご自宅で行う方法とペット霊堂で行う方法の2パターンがあります。次の手順は、ご自宅で行うお通夜の流れをまとめました。

1.安置

動物病院またはご自宅で亡くなられたら、ペットの体をタオルやガーゼなどで優しく拭き取ってあげます。
ペットの種類によって、安置方法は異なりますので、詳しくは各動物たちの「安置方法」をご確認ください。

風通しがいい、湿度・温度の低い部屋の平らな場所で眠れる場所を用意してあげましょう。保冷剤はタオなどでくるむことで、溶け出したときにつく水滴でペットちゃんの体をぬらさないようにできます。

2.祭壇・納棺の準備

生前ペットちゃんが好きだったものを棺の中に入れてあげましょう。お供え物として、仏花やローソク、線香、お水などがあります。写真立てには、お気に入りの写真を飾りましょう。眠っている体の下には、ペットシーツやタオルを敷いてあげてください。

準備が整ったら、棺のなかにペットちゃんを移動させ、バスタオルやシーツなどを体にかけてあげます。

3.最期を共に過ごす

人のお通夜と同じく一夜を共に過ごし、ご自身が納得するお別れをオススメします。ペットちゃんとご家族が過ごせる最期の時間、「ありがとう」や「大好き」という気持ちをペットちゃんに伝えてくださいね。

4.ペット葬儀業者のお迎え

依頼するペット葬儀業者によっては、ご自宅から火葬場まで車でお迎えに来てくれます。大森ペット霊堂の場合、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県へお迎えに伺います。また、ご家族の手で霊堂へ持ち込んでいただくことも可能ですので、その際はお電話でご連絡ください。

ワンちゃんの飼い主さんへ

飼い主として最後の責務に、死亡届の提出があります。ご自身のワンちゃんを登録している自治体へ、必ず提出しましょう。詳しくは、「【完全保存版】犬の火葬を依頼するときにチェックしておきたい9つのポイント」をご覧ください。

ペット忌引き休暇を実践する企業が出現!

ボールと遊ぶ犬
ペットのお通夜・葬儀を考えたときに、仕事との兼ね合いを気にする人は多いでしょう。そんな中、近年ペットを人の家族と同じように捉え、ペットが亡くなった場合に忌引き休暇を導入する企業が出てきました(1)。働く社員にペットを飼っている人がいれば申請書を提出することで、ペットに関する事情を汲んで、社員が休みやすい環境づくりを行っています。いままで「ペットのことで休んでいいのかな」と思っていた社員もこの制度で、「悔いのないお見送りができた」という声を聞けました。

まだまだ実践している企業は少ない現状ではありますが、ペットブームによって人とペットとの生活が当たり前になってきたからこそ、今後徐々に増えていくニーズかと思います。

ペットのお通夜・葬儀についてのご相談

公園のベンチに座る犬たちペットのお通夜は、人の葬儀のように必ず行うという訳ではありません。もし、お見送り方法のひとつとしてお通夜を検討する場合には、動物種ごとの「安置方法」をチェックしておきましょう。大森ペット霊堂では、お通夜のお手伝いまたはお通夜セットの貸し出しを行っております。ご希望の方あるいはご検討中の方は、お気軽にご相談ください。ご自宅でも大森ペット霊堂でお通夜を行うことは可能ですので、ご家族のご意向に沿ってサポートいたします。

参考先:

(1) 厚生労働省,日本ヒルズ・コルゲート株式会社, ペット忌引き休暇, https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/dl/oroshiuri02.pdf

人の終活とペットの終活の違い
2019年11月1日

「終活」という言葉を聞く機会が増えましたがそもそも終活は何か、分からない方も多いのではないでしょうか。終活とは、人生の後半戦に差し掛かり「人生の終りに備える活動」を指します。
人間社会でも墓終いや海洋散骨など、自分の死後のありようを考えるようになりました。同じようにペットの終活(別名:生前相談)があります。人の終活とペットの終活は必要なのか、話題の終活ノートには何を書くのかなど一つひとつご紹介していきます。

    目次

  1. 1.ペットの終活は必要?
  2. 2.ペットの終活は元気なうちに始めよう
  3. 3.ペットの終活ノートに記入すべき項目
  4. 3-1.ペットちゃんの日常
  5. 3-2.医療や保険
  6. 3-3.介護やホーム
  7. 3-4.供養やお墓
  8. 4.ペット終活でペットとの最高の思い出作りを

ペットの終活は必要?

人の終活においても自分の望む終りを迎えるために準備する方がいるように、ペットの終活も注目されるようになりました。
ペットの終活は、愛するペットの一生と向き合うことだけでなく、もしもあなたが不慮の事故などでペットと過ごせなくなったときの備えとして活用できます。ペットの終活は、高齢化する社会において取り組みたい準備の1つといえます。

お別れを考えることは、誰しも胸を締め付けられることでしょう。「うちの子は大丈夫。」、「死ぬことなんて考えたくない」と思う飼い主さんも多いです。しかし、万が一愛するペットをこの世にひとりぼっちで残すことになってしまったら…。悔いの残らないお別れのために、一緒に考えてみませんか。

ペットの終活は元気なうちに始めよう

お別れとは、突然訪れることもあります。いままで過ごして来た日々があるからこそ、ご家族にとって心苦しいでしょう。ですが、時間は無常にも刻一刻と過ぎ去っていきます。そのときに、ご家族の望むお見送りを選択することは難しく、「もっとこうしておけばよかった。」と後悔する方を見かけます。「いつかペット終活をしよう」と先延ばしにせず、シニア期や介護が差し掛かったときに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ペットの終活ノートに記入すべき項目

ペットの終活をいざ始めようと思っても、何から手をつけるべきか分かりづらいですよね。そこで、今回はペットの終活ノートをご用意いたしました。各項目について解説していきますね。

1.ペットちゃんの日常

もし飼い主がある日突然この世を去ってしまったとき、残されたペットの世話は誰に任せるべきか重要です。またペットを託された人が世話を引継げる状態として、終活ノートはとても重宝します。

食べ物の好き嫌いや普段よく行う癖・行動、怖がっているときや不安なときのサインなど、ペットと共に過ごして来た飼い主が1番の理解者です。どんな些細なことも書き記してあげましょう。

2.医療や保険

ペットの高齢化に伴い、獣医医療は日々進歩してきました。いまでは、専門医による高度医療を受けることや近所のホームドクターで治療にあたること、自宅での緩和ケアで過ごすことと医療の選択肢は幅広くなりました。ペットがどのような治療・予防接種・薬を服用しているか、かかりつけ医の連絡先などをまとめておきましょう。

また、ペットの保険会社も年々増加し、ペットのニーズにマッチするタイプを選択できるようになりました。もしペット保険に加入しているのであれば、補償範囲や金額、期間などは終活ノートへ記載しておきましょう。

3.介護やホーム

寝たきりのペットの介護や自宅での取り組み方などについて考えておくことで、老いていくペットとの過ごし方と向き合えます。介護は、ひとりで頑張りすぎてはいけません。頼れる施設やサービスも増えてきましたので、上手く取り入れながら介護してみるのもひとつの手です。

老犬・老猫ホームや訪問介護、ペットシッターなど、ペット専用のサービスがあります。利用を検討している場合、ご自宅の近くにあるか、見積もりはいくらかなど比較しながらノートにまとめておくといいでしょう。

4.供養やお墓

ペットの葬儀についてですが、残念ながら現状法整備が追いついてない問題があります。そのため、ペット葬儀業者の選び方を誤ってしまうと、取り返しのつかない事態も懸念されます。ペットのお骨の取扱いや供養方法はどういったものがあるのか、費用はいくらか、お墓や納骨方法など、後悔のない選択のために調べておきましょう。

ペット終活でペットとの最高の思い出作りを

ペットの終活で「いつか訪れるお別れ」を考えることは、とても寂しく複雑な気持ちかと思います。ですが、この終活ノートをまとめることで、ペットとの日々を充実なものにしたいと実感する方が多くいます。飼い主の方はペットが元気なうちにやりたいこと、行きたい場所を書き出すことでこれから過ごす日々の彩りが変わってくるでしょう。

今回ご紹介したペットの終活ノートを活用して、悔いのないペットとの大切なひと時をお過ごしくださいね。大森ペット霊堂では、供養に関するご不明点だけでなく健康面や生活面のご相談に乗ることも可能です。どんな些細なことでもご相談くださいね。

1 2 3 4 5 52