BLOG

ブログ
動物を捨てるのは犯罪です
2018年5月20日

 

 

大森ペット霊堂 笹本です。

 

 

 

 

 

 

昨日の朝、

大森ペット霊堂の横を流れている川沿いに

 

こんな袋が置いてありました。

 

 

 

 

よくゴミが置かれているところで、

スタッフの中では私しか通らない道でした。

 

 

こんな綺麗な袋が置いてあるのが不思議でだったので

なにかな?

 

と思い覗いてみると

 

 

 

なかにケージのようなものが見えて

 

 

更によく見るとこんなものが

 

 

 

 

まさかとは思いましたが、

 

中を覗くと

 

そこにはジャンガリアンハムスターがいました。

 

 

その子は今、

大森ペット霊堂の事務所にいます。

 

病院にも連れていき、

健康状態には、問題はないとのことでした。

 

 

しかし、もう若くはないそうです。

 

 

その子は今、スタッフの中で

たまちゃんと呼ばれています(社長が命名)

 

 

 

 

 

昨日から

新しいスタッフとなった

たまちゃん。

 

 

こんなに可愛らしいのに、

 

捨てられてしまったのでしょうか?

 

 

ただ、何かのトラブルで

 

置き忘れてしまったとしたら

すぐに迎えに来てあげて下さい。

 

 

 

 

 

本当に捨てたのだとしたら、

 

許せません。

せめて誰かに譲ったり、

ほかに方法があったのではないかと思います。

 

動物を捨てることは

立派な犯罪です。

 

動物を愛している人たちと出会える

大森ペット霊堂に毎日いるからこそ、

 

 

このようなことは、

凄く悲しく、そして悔しく思います。

 

 

 

 

 

私はその前の日にお休みをいただいていたのですが、

前の日にもその袋は

置いてあったそうです。

 

次の日に気づいてよかったけれど、

 

もし、あと一日そのままだったら、

 

と考えるととても怖いです。

 

 

 

 

ハムスターの生涯は

 

とても短いです。

 

 

その中で、

私は、たまちゃんを見つけて

出会い、

 

大森ペット霊堂のスタッフに可愛がられるようになって、

 

それも一つ、縁があったという事には

 

間違いありません。

 

 

そんなたまちゃんと

私達の残りの年月を

 

大切に過ごして行ってあげたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

たまちゃんと会ってみたいという方が

いましたら、二階受付でお声掛けください。

 

 

 

 

 

動物の愛護及び管理に関する法律

 

この法律の第六章 罰則 第四十四条では、

 

”愛護動物を遺棄した者は、

百万円以下の罰金に処する”

 

とされます。

 

 

 

 

 

罰金があるからとかではなく、

 

動物を捨てることは

 

罪に問われることだ、

という事をみなさんに知って頂きたいです。

 

 

 

 

どんな動物でも、

生涯幸せに生きられるようになることを

祈って行動していきます。

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

どんな相談でもお受けいたします

大森ペット霊堂は動物と人の共生を目指します

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 スタッフ笹本

 

 

保護猫の近況
2018年5月16日

 

大森ペット霊堂の水野です。

 

 

 

 

 

 

今日は大森ペット霊堂の保護猫ちょびとぶちょうの近況報告をさせていただきます。

 

先日、大森ペット霊堂にちょびが以前、飼い猫だった頃、飼われていたお宅のお向かいに住んでいた方が、ちょびとぶちょうの様子を見に来て下さいました‼

 

ちょびは以前、おばあちゃんに可愛がられていたそうです。

その時は「ちーちゃん」と呼ばれ愛されていたみたいです。

 

この話を伺った際に、ちょびが大森ペット霊堂に来た頃からとても人懐こく、葬儀で来られた方々に対しても積極的に人前に出ていけていたことが理解できました。

 

おばあちゃんのおかげで、ちょびはとても人が好きな猫になっていたんですね。

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんが亡くなってからも、ずっとおばあちゃんの帰りを待っていたそうです。

 

とても優しい子だったんですね。

 

その話を聞いたとき、胸が苦しくなり、ちょびのことを一層大切にしたいと心から思いました。

 

 

 

そして、ちょびはその後、地域猫となってしまいましたが、同じ地域で懸命に生きていたぶちょうと出会い、ご縁があって、現在では大森ペット霊堂の看板猫となりました!

 

 

ちょびとぶちょうの昔の話を教えていただけて、スタッフ一同とても心が温まりました。

 

 

 

 

それでは、ちょびとぶちょうの近況報告をします!

 

最近、より一層甘えん坊になってきました!!

 

 

 

ちょびは腎不全を抱えていますが、そんなことを感じさせないほど食欲旺盛です!

 

 

 

 

 

 

ごはんの時間が近づくと催促するように鳴きだします。

 

 

 

 

 

ぶちょうは大森ペット霊堂に来た当初は、すぐ隠れてしまい、新しい環境になれるのに時間がかかりました。

 

 

トイレもなかなかしてくれず、ただただ見守ることしかできませんでしたが……

 

そんなぶちょうも今ではすっかり甘えん坊になっております!!

 

 

 

 

 

 

撫でられると喉をゴロゴロ鳴らしてくれるようになりました。

 

 

特にお尻の近くを撫でてあげるととても喜びます。

 

 

喜びのあまり甘噛みをしてくることが多々あります。

 

 

そして稀にではありますがお腹を見せてくれるようになりました。

 

ただ残念なことに、ぶちょうは男性スタッフよりも女性スタッフのほうが好きなようで、お腹をみせるのは女性限定のようですが……。

 

 

 

 

 

ちょびとぶちょうは、今では大森ペット霊堂の大切な一員です。

 

この子たちがいてくれるおかげで社内の雰囲気も和みますし、多くのことを学ばせてもらっています。

 

これからもこんな2匹をスタッフ一同見守っていきたいと思っております!!

 

 

 

また、大森ペット霊堂に立ち寄った際には是非ちょびとぶちょうに会いに来て下さい!!

 

 

 

 

 

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

大森ペット霊堂は、動物と人の共生を目指します。

ボランティア葬も行っています。

東京都大田区大森東2-1-1

スタッフ 水野

 

 

 

 

 

 

ペット葬儀のよくある質問
2018年5月11日

大森ペット霊堂の吉津です。

 

 

 

 

今日は飼い主様からよく頂く質問をまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

施設について

 

 

・営業時間は何時から何時までですか?

 

 

お電話は24時間受け付けております。

どんな小さなことでも構いません、お気軽にお電話ください。

 

夜間や深夜の火葬予約も可能ですので、飼い主様のご都合に合わせたお別れが可能です。

 

 

・火葬場はありますか?

 

 

当霊堂の建物内(8F)にペット専用の常設大型火葬炉がございます。

葬儀後、火葬炉のある場所までお車などでご移動して頂く必要はございません。

 

葬儀・火葬・納骨・供養、お参り、全て当霊堂で執り行うことが出来ます。

 

 

 

 

 

 

・駐車場はありますか?

 

 

建物の1F部分に車2台分の駐車スペースがございます。

もし、満車の場合は近隣のコインパーキングをご案内しております。

 

 

・ペット霊園の悪評をよく耳にするので不安です。

 

 

当霊堂は、イオンペット様が運営する〖メモリアルナビ〗に東京23区で唯一選ばれました。

施設はもちろんのこと、接客、葬儀の内容に至るまで、イオンペットがしっかり現地確認を行い、

基準をクリアした安心のペット霊園のみが選ばれています。

 

どうぞ安心してお任せください。

 

 

 

 

 

 


 

 

葬儀・火葬について

 

 

・安置の仕方がわかりません。

 

↓コチラをご覧ください。↓

ペットがお亡くなりになったら

 

 

・亡くなったらいつ火葬すればいいですか?

 

 

いつ火葬しなければいけないという決まりはありません。

 

お水やお花、ご飯などをお供えし、ご自宅でゆっくりお別れをしてあげてください。

ご自宅での安置の仕方にもよりますが、正しく安置していただければ2~3日はご自宅でお過ごしいただいても問題ありません。

 

当霊堂では葬儀の日まで、無料で安置させていただくことも可能です。

安置の方法に不安のある方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

・お経は手配できますか?

 

 

通常、ご住職のお声を録音したものを流しておりますが

ご希望があれば、ご住職の手配も承っております。

ご住職との日時を調整致しますので、事前にご相談ください。

 

火葬料金とは別に、お布施三万円をご用意していただいております。

また、個別の法要や、ペットへの戒名授与も承っております。

 

 

・お花は用意してくれますか?

 

 

飼い主様の希望があれば、ブーケや盆花等を用意することも可能です。

予算や、イメージ(色や種類)をお伝えください。

 

 

 

 

・お骨は戻ってきますか?

 

 

個別立会火葬、又は、個別一任火葬をお選びいただいた場合はお骨は戻ります。

 

※合同火葬の場合は、他の子と一緒に火葬をするので、お骨は戻りません。

 

 

・お骨は拾えますか?

 

 

個別立会火葬のみ、ご収骨が可能です。

 

 

・火葬後はどうしたらいいですか?

 

 

当霊堂では、個別納骨・合同納骨が可能ですが

まずは一度ご自宅に連れて帰ってあげて下さい。

 

お気持ちが落ち着かれてからご家族様とよく話し合ってお決め下さい。

迷われている方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

・他のペット霊園で火葬した子も納骨できますか?

 

 

納骨のみ、法要のみでも受け付けております。

お気軽にご相談ください。

 

 

・ご遺体を連れていけません。

 

 

当霊堂では、送迎を行っておりますのでご安心ください。

合同火葬の場合  ・・・ご遺体のみの引き取りとなります。

個別一任火葬の場合・・・ご遺体のみの引き取り、ご返骨。

個別立会火葬の場合・・・ご家族様もご一緒にご送迎致します。

 

 

 

 

 

 

・時間はどの位かかりますか?

 

 

合同火葬、個別一任火葬の場合はご来堂頂いてから30分程、

個別立会火葬の場合はご来堂頂いてから2時間から2時間30分程みていただいております。

 

 

・火葬料金以外にかかる費用はありますか?

 

 

火葬料、骨壺、骨壺カバー等、全て含まれております。

バスケットや棺、仏具等をご購入いただかない限り、ご案内した火葬料以外は頂きませんのでご安心ください。

 

 

・ペット不可のマンションに住んでいます。お迎えに来る時にバレませんか?

 

 

車に社名は入っておりませんのでご安心ください。

その他、箱に書かれている社名もテープで隠して移動するなど細心の注意を払いますので、葬儀のご依頼の際にはその旨をご遠慮なくお伝えください。

 

 

 

 

 

 

その他、どんな小さなことでも結構です。

お気軽にご質問ください。

 

 

 

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

大森ペット霊堂は、動物と人の共生を目指します。

ボランティア葬も行っています。

東京都大田区大森東2-1-1

スタッフ 吉津

 

ペット葬儀で不安なこと解決します
2018年5月10日

 

 

 

 

大森ペット霊堂 笹本です。

 

 

私たち大森ペット霊堂では、

 

 

飼い主様が不安な思いや、

不信感を抱かないよう、

細心の注意を払って、

対応しております。

 

 

 

 

それでも、ペット葬儀というのは

まだまだ認知度が低いので、

 

初めてのことだと

不安なことが出てきてしまうと思います。

 

 

 

 

 

 

その不安を少しでも解消していただく為に

いくつかお話させていただきます。

 

 

 

 

 

Q、住職が常駐してない

ペット霊園、ペット葬儀社は大丈夫?

 

 

 

Q、ペットの葬儀の際、

お経がテープだったけど供養できる?

 

 

まずは、こちらをお答えします。

 

続けて他のお話も、読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

葬儀をする際に、住職がいなくて、

テープでお経を流すペット葬儀社は

いくつもあります。

 

 

A,お経にはすごく強い力があるとされています。

それが例え、どのように聞いたとしても、

強い力はそのままあります。

 

しかし、普段はいなくても、

法要の際には住職が来られる

ペット霊園、ペット葬儀社もございます。

 

 

住職のお経で

ペット葬儀がしたい場合は、

住職が常駐している施設を探すか、

住職の手配が出来る

施設を探しましょう。

 

 

 

 

 

続いて、

 

 

 

Q、”ペット葬儀”と聞くと

あまりいいイメージがないけど、

実際はどうなの?

 

 

 

A、確かに、ペット葬儀に関して、

悪いニュースなどもありました。

一部のペット葬儀社では、

あまり評判が良くないところもありますが

しっかりとしているところも

もちろんあるので、

 

 

事前に見学や、問い合わせをすると

安心して、任せられるところが

見つかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q、ペット葬儀に関する質問は

誰に聞くべき?

 

 

 

A、お世話になっている獣医さんや、

ペット葬儀経験者のご友人、

または、ペット葬儀社、ペット霊園に直接。

 

 

 

 

飼い主目線で考えると、

やはり、話しやすい間柄の方がいいですよね。

 

 

 

 

 

Q、ペット葬儀はいつ行うべき?

 

 

 

次の日だとペット葬儀でって

突然会社を休むわけにはいかないし、

当日だとかわいそうかな。。。

一日置いておくのも辛いな。。

などなど、、

沢山の思いがあると思います。

 

 

 

 

 

 

A、ご家族が一緒にお別れできるのであれば、

ご家族みんなで見送れる

日にちと時間にしましょう。

 

 

これは私の意見ですが、

今は遅い時間、

早い時間も対応してくれるペット葬儀社、

ペット霊園があると思うので、

一番しっかりと見送れる時間に

葬儀を行ってあげて欲しいです。

 

 

 

 

 

Q、葬儀の料金と、

骨壷や納骨のお金は別?

 

 

A、こちらは、その施設によって

さまざまだと思います。

多額の料金を請求されないように、

事前に合計の料金を確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂では、

飼い主様の不安が少しでもなくなるように、

どんな質問でもお受けいたします。

 

ペット葬儀に関してや、

ペット火葬に関して、

生前相談、飼育相談

問題行動の相談、

その他動物に関する

ボランティアの依頼など、

葬儀に関する質問でなくても

構いません。

 

 

いつでもお問い合わせください。

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

どんな相談でもお受けいたします。

大森ペット霊堂は、動物と人の共生を目指します。

東京都大田区大森東2-1-1

 

スタッフ 笹本

 

聴導犬の心温まる葬儀のはなし
2018年5月9日

大森ペット霊堂 永野です。

 

 

 

 

先日、大森ペット霊堂にて【聴導犬】として人に仕えてくれていたわんちゃんの葬儀/火葬を行いました。

 

 

 

 

飼い主様は通訳の方を交えて、数ヶ月前に大森ペット霊堂へ生前相談で訪れており、その際に施設見学から葬儀種別の選択まで、聴導犬として頑張ってくれていた我が子のために涙を堪えながらしっかりとお話を聞いていらっしゃいました。

 

今回、ご依頼の際には飼い主御夫妻の他に遠方より訓練士の方も弔問に来ていただいてました。

 

 

葬儀がはじまり、ご夫妻は今までの感謝と労いの気持ちを込めて、線香を焚向け、頭や体をたくさん撫でて感謝の言葉を述べていらっしゃいました。

 

バスケットの中に納棺された体の上には仕事中、常に身に着けていたケープ(制服)を体に覆い、たくさんの花とごはんを添えられて天国へと旅立って行きました。

 

 

 

 

火葬後の綺麗に並べられた遺骨を見た飼い主様達はその大きく立派な遺骨にとても驚かれており、訓練士の方と一緒に「随分と立派だったんだねぇ」と笑みを浮かべながら丁寧に骨壷に収めていらっしゃいました。

 

生前相談からはじまり、今回葬儀のお手伝いまでさせていただきましたが、準備がしっかりとなされていたので悔いの残らない葬儀を行うことができていたようにお見受け致しました。

 

 

 

 


 

 

大森ペット霊堂では、『人間のために仕えてくれていた動物たち』の葬儀はボランティアの一環として火葬をさせていただいております。※合同葬に限ります。

 

合同葬ではなく、個別一任葬やお立会葬をご希望の場合には合同葬分の料金を引かせていただき、葬儀/火葬を行います。

 

盲導犬、介助犬、聴導犬、セラピー犬などの使役犬や動物園や水族館などで暮らす展示動物たちがこれにあたります。

 

人間のために、生涯を注いでくれた動物たちへのせめてもの恩返しです。

 

 

 

 

そして、何度もこのブログでお伝えしていますが、生前相談をしておくことによって、後悔のないお別れをすることが出来ます。

 

 

「生きているうちから縁起でもない」 「うちの子はまだ若いから大丈夫」

 

 

確かにその通りかと思いますが、『もしものときの備え』として行う【保険】【病院】を準備しておくということと同じくらい【葬儀】の準備も大切なことであり、欠かせないことと思います。

 

準備といっても、<どこに頼めばいいのか> <費用はどのくらいかかるのか> だけでも十分です。

 

 

 

人間の葬儀業界でも10~15年前ほどに【事前相談】という言葉から広がり、最初はやはり「縁起でもない」と言われ続けてましたが、葬儀業界が映画やテレビで取り上げられはじめ、徐々に浸透していきました。

今では【終活カウンセラー】といわれる資格まで存在しております。

 

 

 

これから先、人間と動物との関わり方がより親密になり、動物の命に対しての考え方がもっと愛情深くなるよう願っています。

 

 

 

 

 

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

大森ペット霊堂は、動物と人の共生を目指します

東京都大田区大森東2-1-1

スタッフ 永野

ペットの法要ってあるの?
2018年5月7日

 

 

 

大森ペット霊堂 笹本です。

 

 

 

今回は、

ペットの法要について

お話させていただきます。

 

 

人の場合、葬儀や火葬、

納骨などが終わると、

その後法要が行われるように

なりますよね。

 

 

 

 

ペットの場合は、

その後の法要は、

どうしたらいいのでしょうか。

 

 

はじめての方にとっては、

よくわからないですよね。

 

 

そもそも、

 

 

ペットにも法要はあるのでしょうか?

 

 

その答えは、

ペットも人と同じように

法要を行うことが出来ます。

 

 

 

 

 

 

追善供養として、

法要を行います。

 

 

もちろん、

必ず行わなければならない訳では

ありません。

 

 

飼い主様のお気持ち次第で、

行うのがいいと思います。

 

 

 

法要の意味

「法要」とは、、、

遺族が故人を偲び(懐かしむ)、

冥福を祈るために行う

「追善供養」のことで、

法要を営むことによって、極楽浄土にいけると

言われています。

 

 

ただし、浄土真宗では、

ご臨終と同時に

極楽往生すると考えられています。

 

 

 

 

 

忌日法要・年忌法要とは

 

 

亡くなってからの一定日数、

年数で法要を行います。

これを忌日法要、年忌法要といいます。

忌日法要

七日目    初七日

十四日目   二七日

二十一日目  三七日

二十八日目  四七日

三十五日目  五七日

四十二日目  六七日

四十九目   七七日(四十九日)

百日目    百か日

 

 

年忌法要

一周忌

三回忌

七回忌

十三回忌

十七回忌

二十三回忌

二十七回忌

三十三回忌

五十回忌

 

 

 

 

 

私達大森ペット霊堂では、

毎月二回

月例法要を行っております。

 

 

大体第2第4土曜に

合同の法要として、

行っております。

 

もちろん、個別での法要も、

住職との時間を合わせて

行うことも可能です。

私達の法要では、

人の法要と同じように

住職のお経と

最後にお話を聞かせていただきます。

 

 

 

 

私達の法要を

行っていただいている住職は

 

 

飼い主とペットとのお話を

いつも熱く語ってくださいます。

 

 

スタッフも感動するようなお話で、

飼い主の心も軽くなる事でしょう

 

 

 

 

法要というのは、

 

 

もちろん、亡くなったペットの為

ではありますが、

飼い主の一つの心の区切りに

なると思います。

 

 

区切りというのは、

 

忘れてしまうためではなく、

思い出してあげるための

ものだと思います。

 

 

 

法要は、

愛するペットの供養のために

そして、

その子との思い出を

思い出すために

 

大切な時間として、

考えることが

一番いいと思います。

 

皆さんの愛するペットのことを

いつまでも忘れないであげてください。

 

 

 

 

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

大森ペット霊堂は、動物と人の共生を目指します。

ペットの法要なら、大森ペット霊堂

 

東京都大田区大森東2-1-1

スタッフ 笹本

 

1 29 30 31 32 33 53