BLOG

ブログ
モルモットの火葬
2020年9月7日

動物園のふれあい広場では、必ず見ると言ってもいいモルモットはペットとしても人気が高いです。

モルモットの名前は知っているけど、詳しくは知らないという方も多いかと思います。

今回はそんなモルモットの魅力と共に暮らしていたモルモットが亡くなってしまった時、どのようにしたらいいのかお話します。

モルモットとは

モルモットはげっ歯類でネズミなどの仲間です。ただ雑食のネズミとは違い、モルモットは完全草食性の動物です。

野生での生息地は南米のペルーやボリビア、アルゼンチン、チリなどで群れを築いて暮らしています。

野生では夜行性なので、ペットとして迎えた場合、昼間は寝ていて夕方から朝方にかけて活発になる子もいます。

性格は温厚で好奇心も旺盛です。

ただ、草食動物ですので警戒心はとても強いです。

モルモットの品種

モルモットの中でもさらに品種があります。

モルモットは体毛によって品種の名前がついています。

・イングリッシュ

まっすぐな直毛で、最も一般的な品種です。

動物園のふれあい広場でもこの品種がとても多いです。

サラサラとした毛並みはとても触り心地が良いです。

・アビシニアン

全身にロゼットと呼ばれる、つむじがあります。

つむじのを中心に体毛に癖がついて、くるくる巻いています。

この品種も動物園のふれあい広場よくみられる一般的な品種です。

・シェルティ

顔以外の体毛が長く、サラサラしており長毛種になります。

長毛種なので、こまめにブラッシングをする必要があります。

・ペルビアン

シェルティよりも長毛で、特に体毛が長い子は「アンゴラ」と呼ばれることもあります。

シェルティとの違いは頭ににも長い毛が生えています。

・テディ

ちぢれた体毛が特徴です。

体毛が密になっているので、その触り心地はまさにテディベアのようです。

・スキニーギニアピッグ

この品種は体毛がほとんどない種類です。

動物の体毛にアレルギーがある人でも飼えることで人気があります。

紹介した品種以外にも様々な品種の子がいます。

モルモットを飼う時はあらかじめ調べてみるといいかもしれません。

モルモットをお迎えする

モルモットは小動物を扱うペットショップではよく見られます。

まだ幼い時は、両手の中に収まるほど小さいです。

野生のモルモットは群れで暮らしているので、相性が合うようなら多頭飼いすることもできます。

カラーバリエーションも豊富で様々な子がいるのも魅力です。

他にもブリーダーさんと直接やり取りをしたり、里親募集サイトなどでモルモットの里親を探していることもあるので参考にしてみると良いかと思います。

モルモットは犬や猫と違い予防接種などはありません。

ごはんは牧草とモルモット用フードを与えます。

モルモットは人と同じようにビタミンCを体内で作ることができません。

なのでモルモットフードにはビタミンCが含まれています。

フード以外にも野菜もあげましょう。

ですが、主食は牧草なので牧草を多く与え、フードや野菜は副食として与えます。

モルモットも生き物なので、もちろん病気にかかることもあります。

モルモットを診てくれる病院決して多くはありません。

病気になってから、病院を探すのではなくあらかじめモルモットを診てくれる病院を探しておきましょう。

モルモットは臆病な性格なので、なれるまで少し時間がかかります。

しかしなれてしまえば撫でてと主張してきたり、甘えてきたりととても可愛らしい姿を見せてくれます。

きっとかけがえない大切な存在になってくれることでしょう。

モルモットの鳴き声

モルモットは自分の気持ちを伝えるために、様々な声を出します。

キューイ、キューイ

モルモットがこの鳴き方をする時は興奮していたり、ごはんをねだる時にします。

かなり甲高く鳴くので、初めて聞く方は少し驚くかもしれません。

グルグル、グルルル

この鳴き声は警戒や怒っている時にする鳴き声です。

低く、喉を鳴らすように鳴きます。

この鳴き声をした時は、モルモットが落ち着くまでそっとしておきましょう。

クイックイッ、プーイプーイ

モルモットはかまってほしい時にこのような鳴き声をします。

犬のように表情では感情がわかりずらい動物ですが、鳴き声でちゃんと自分の意志を伝えようとしてくれます。

様々な鳴き声があるのもモルモットの魅力の1つです。

モルモットの寿命

モルモットの平均寿命は5~7年と言われています。

長生きをする子はもっと生きる子もいます。

ギネスに認定されている、長寿のモルモットは14歳10ヶ月のモルモットです。

小さな動物やモルモットのような草食動物は自身の体調不良を隠してしまいます。

些細な変化を見落とさず、何か異変があればすぐに病院に連れて行きましょう。

病気の早期発見がモルモットの長生きに繋がってくれるはずです。

モルモットの病気

モルモットも時には病気になります。

少しでも身体に異変があれば、かかりつけの病院に連れて行きましょう。

異変としては食欲がなくなったり、ぐったりしていたり、身体にしこりがあるようでしたらすぐに連れて行きましょう。

 

モルモットにはどんな病気があるのか少し紹介します。

・不正咬合

歯の嚙み合わせが悪くなってします病気です。

モルモットの歯は生え変わることはなく、ずっと伸び続けます。

その為、正しい食事をしていないと歯が伸びすぎてしまい、ごはんが食べれなくなってしまいます。

牧草を食べることにより、歯が摩耗し伸びすぎないようになります。

なのでしっかり牧草を食べるようにしましょう。

・ビタミンC欠乏症

モルモットは自身の体内でビタミンCを作ることできません。

その為、ビタミンCが十分に取れないと、身体に異変が生じてしまいます。

モルモットフードの中にはビタミンCも配合されていますが、ビタミンCは壊れやすい特徴もあります。

なので、フードと野菜をバランス良く与える必要があります。

症状としては、毛並みの悪化、食欲不振、体重減少、下痢などがあげられます。

免疫が下がり、感染症にもかかりやすくなります。

・尿石症

カルシウムが多すぎるフードを与えていると、尿石ができてしまいます。

元気いっぱいなモルモットが突然、ぐったりしていたりごはんを食べなくなったり尿石ができている可能性があります。

すぐにかかりつけの病院で診てもらいましょう。

・肥満、糖尿病

野生では草を食べて生活しています。

人と暮らすことによって、甘いおやつやリンゴなどのフルーツを食べることによって肥満や糖尿病になってしまうことがあります。

おやつやフルーツを欲しがる姿や食べるしぐさはとても可愛らしいです。

ですが、モルモットの健康を考えるなら、おやつのあげすぎには気を付けて正しい食生活を心がけましょう。

今あげた病気以外にも様々な病気があります。

少しでも異変があればすぐに病院に行きましょう。

モルモットが亡くなったら

家族として一緒に暮らしていたモルモットが亡くなってしまたら。

ペットが亡くなることは誰しも考えたくはないことです。

ですが命あるもの、必ず命の終わりが来ます。

【大切な家族だからこそきちんとお別れをしたい】

ペットを飼っている人のほとんどの方はそう考えるかと思います。

モルモットが亡くなったら、早く火葬をしなければいけないと思う方もいるかと思います。

モルモットは身体も小さいので正しく安置をすれば、ご自宅で2~3日ほどゆっくり過ごすこともできます。

その子との最後の時間ですので、焦らずにどうやってお見送りしてあげたいのか、家族でしっかり話し合ってからお見送りの準備をしましょう。

モルモットの安置

モルモットが亡くなって、すぐに身体を冷やす必要はありません。

もし家族でモルモットを看取ることができたなら、身体がまだ温かいうちはたくさん身体を撫でてお声がけをしてあげてください。

次期に死後硬直が始まり、身体が硬くなっていきます。

気持ちが少し落ち着いたら、身体を守るために正しく安置をしましょう。

まずモルモットの身体が入るサイズの箱やケースを用意します。

入れ物にペットシーツや薄手のタオルを敷きます。

その上にモルモットの身体を寝かせて、保冷剤や氷で身体を冷やします。

身体はお腹を中心に冷やしてあげましょう。

できればお腹の下と上に保冷剤や氷を添えてあげます。

保冷剤などそのまま添えると、融けた際の水滴で身体が濡れてしまうので、ハンカチやタオルなどで包んで添えてあげましょう。

保冷剤や氷は融けてしまったら随時変えていただき、できるだけ身体を冷たく保ちます。

保冷剤や氷を使っていただければ、ご自宅で2~3日は問題なくご安置が可能です。

もしそれ以上のご案を希望の場合はドライアイスを使ってのご安置をお勧めします。

モルモットの火葬

モルモットが亡くなったら葬儀・火葬をしなければなりません。

なかにはペットの火葬が初めての方も多いかと思います。

どうやって霊園を選んだらいいのか

ペット葬儀を選ぶには不安に思うことも多いと思います。

まずはインターネットで近くにある霊園などを調べてみましょう。

1つの霊園に絞るのではなくいくつか霊園の候補を出して、一番信用できるところを選びましょう。

候補ののペット霊園には一度電話をしてきちんと問い合わせをします。

料金や葬儀の種類、不安に思うことや知りたいことがあれば電話で聞いておきます。

しっかりと丁寧に対応をしてくれて、家族全員が納得できるペット霊園を選びましょう。

ペット葬儀 口コミ

ペット霊園の見学

大切な家族を見送る最後場所です。

インターネットや電話だけでは、どんなところなのかわからないことも多いと思います。

葬儀まで少し時間があるようでしたら、一度葬儀を行うペット霊園の見学に行ってみましょう。

ペット霊園の雰囲気やどんなスタッフがいるのかを知ることができます。

一度きりのお別れの場です。後悔が残らないよう納得できるペット霊園を選びましょう。

モルモットの骨

身体の小さなモルモット。

家族としては、骨がしっかり残るのか心配な方が多いかと思います。

小さいなモルモットもしっかり骨は残ります。

犬や猫のように、顔や足、背骨などの骨が残ります。

ただ、身体が小さいので火葬の際に崩れてしまうこともあります。

大森ペット霊堂ではその子の骨はすべて拾います。

個別立会い葬儀の場合はモルモットの骨をきれいに並べさせていただきます。

モルモットの火葬は大森ペット霊堂に

モルモットのように小さな子でもしっかりとお別れのお手伝いをさせていただきます。

お見送りの方法はたくさんございます。

手厚く、人に近い葬儀なら個別お立合い葬儀

火葬炉までお見送りできない事情がある方は、個別一任葬儀

手元には骨を残さず、他のペットちゃんたちと一緒に供養する合同葬儀

どんな形の葬儀でも、スタッフ一同で最後のお別れをお手伝いいたします。

  • ”こんな風に見送りがしたい”
  • ”お花をたくさん添えて送ってあげたい”
  • ”遺毛を残したい”

家族の数だけ、お別れの仕方があります。

どんな些細なことでもご相談ください。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
老犬介護からペットを看取るまで
2020年9月6日

『この子飼いたい!』

「お世話はとても大変だから飼えないよ」

『ちゃんとお世話するから!お散歩もちゃんと行く!』

「学校や習い事あるのにどうやって?お友達とも毎日遊びに行けなくなるかもしれないよ?」

『絶対お世話するから飼いたい!』

「ダーメッ!」

ペットが好きな人なら、子供の頃、一度は経験があるこのやり取り。大人でさえ店頭で可愛いペットを見かけたら、その場で抱っこしてしまったら、次に行った時まだその子がいてくれたら、そのまま連れて帰りたくなる気持ちが湧いてしまいますよね。

ペットを迎える理想と現実

 ペットを飼う時は様々なタイミングと偶然、そして奇跡が重なって家族となる子と出会います。

 責任を持って生涯を共にすると覚悟をして迎え入れても、おそらく終生を通したお世話は想像よりも大変でしょう。自分の環境が変わり中々ペットと向き合う時間が作れなくなったり、怪我や病気の治療費の高さに驚いたり、付きっ切りの介護が必要になったりと、最後にはペットの看取りをしなければいけなくなる。

色んな環境や気持ちの変化がやってきます。

犬などのペットを飼い慣れている人でもその子によって大変な事はそれぞれ違うので、全てを想像する事は誰にとっても難しい事でしょう。悲しい事に、そういった要因で最期を看取る事なく手放されてしまう犬、猫がいる事も事実です。ペットを飼うという事、それほど大変な事とも言えるでしょう。

ペットのいる生活は、本当にたくさんの幸せで溢れています。可愛い仕草や無邪気に遊ぶ姿、いたずらさえも微笑ましく思えます。ですが、病気や怪我をしたり、何か手のかかる事があった時などの大変なお世話が続くと、どれだけ愛情があったとしても、時には投げ出してしまいたくなるような事も出てくると思います。一時のペットブームにより現在は多くの老齢化したペットが増えており、老犬介護や看取りに関する事も大きな問題の一つでしょう。そして、犬や猫は命ある者。看取りが必ずつきものです。

 老齢化した犬や猫などのペットとの向き合い方

現在の医療技術や飼育環境はどんどん良くなっているので、長生きするペットもたくさんいます。ネットにも老犬介護に関する事はたくさん出てきますし、ペットの介護用品もたくさんあります。

しかし老い方は本当にそれぞれで、誰かから聞いた事がそのまま自分の子に当てはまるとは限りません。昨日出来た事が今日は出来ない、昨日は食べてくれたご飯を今日は食べてくれないなど、一筋縄ではいかないのが現状です。

常に日々の些細な変化を敏感に感じ取って対応してあげる必要がありますし、体調によっては何度も病院に足を運ぶ必要が出て来る事もあります。歩けない、見えない、聞こえない、などは、ペットにとってはとても不安な事でしょうし、そんな不安から、穏やかだった子が急に攻撃的になってしまう事もあります。

ペットもイライラ、飼い主もヘトヘト、気持ちに余裕がなくなるとつい「もう無理だ、、、」と投げ出しそうになりますが、そんな時は「大変なのはまずはこの子なんだ」「思うように動かない体でもこの子は今必死に頑張ってるんだ」「大変なのは自分だけじゃなかったんだ」「一緒に頑張ろうね!」と前を向き直して、最期まで愛犬と二人三脚で進むつもりでいると少しは気持ちが穏やかになれるのではないでしょうか。また、誰かに聞いてもらうだけでも気持ちが少し落ち着いて来ると思います。愛犬をしっかりと看取ってあげて安心して天国に旅立てるよう、一人で抱え込んで壊れてしまう前に、どうか誰かに一度話してみてくださいね。

子犬だった頃や元気な時はもちろん可愛いですが、老犬はそれとは違った愛おしさがあり、大変な面もあるけれど格別な可愛いさがあります。それはもうたまらなく可愛いですよ。

老犬、老猫を看取るという事

想像するのはとても辛い事ですが、、、そんな大変な老犬介護にもいつかは終わりがやってきます。
介護の終わり、つまりは最期を看取るという事になりますが、、、本当は考えたくないけれど避けては通れない、とても大切な事でもあります。

お見送りで困ったときは

愛する我が子が無事に天国に旅立っていけるように、しっかりと最期までお見送りできるよう、飼い主の心の準備と覚悟も必要となります。生前からそのような準備を整えられたらいいのですが、とてもそんな気持ちになれないですよね。そしていざペットが亡くなった時に「どうしたらいいの??」と不安になってしまいますが、私はそれでもいいと思っています。なぜなら、そのように不安な時の為に私たち霊堂のスタッフがいるからです。

もちろん、準備や下調べをするに越した事はありませんが、何もしていなかったとしてもまずは話を聞くだけでもいいので「ペットが亡くなったけど、どうしたらいいか分からない」と素直に聞いてみていいと思います。一つで分からなければいくつか問い合わせてみて、どうか納得のいくお見送りをしていただきたいと心から願っております。

正しい看取り方とは

老犬介護からペットの看取りまで、こうすればいいという正解はありません。

あるとすれば、飼い主が「これで良かった」と思える事が全てだと思います。

例えば、、、

『老犬で麻酔の心配もあったけど、思い切って手術をしてみて良かった』と思う飼い主もいれば、

『麻酔やメスを入れるリスクを負わずに緩和ケアにしてありのままの最期を迎えられて良かった』

と思う飼い主もいます。

『最期まで付きっ切りで介護出来たから、自分のそばで安心して息を引き取れたと思う』という飼い主もいれば、『介護施設などのプロに託して的確な介護をしてもらえたから、自分の手から離れても最期までこの子にとっての最善を尽くしてあげられて良かった』と思う飼い主もいます。どんな選択をするにせよ、これで良かったと思える事が大切だと思います。

その子にとって最適な事は、お医者様よりも誰よりも、日頃からずっとみている飼い主様が一番分かっています。なので、その子の為にどうか自信を持って選択してあげてください。それが何よりその子の為だと思います。亡くなった後、もっとこうしてあげたら良かった、などと後悔したり自分を責めてしまう事もあるかもしれません。ですがその子は、あなたが自分のために一生懸命してくれた事は、絶対に分かってくれているはずです。

純粋で優しい心を持っている子達ですから、どんな選択をしても大好きな飼い主を恨むような事はしないでしょう。

悲しみから抜け出せない時

万が一、愛するペットが亡くなってしまったら、その悲しみはとても深いと思います。

中々立ち直れない方もいると思います。でも無理に忘れたり、切り替える必要はありません。その悲しみはあなたの犬猫に対する愛情そのものだからです。それを心の奥にしまう必要はありません。心ゆくまで悲しみ、思いを馳せていいと思います。亡くなるといいう事は生きていた証です。そして肉体はなくても魂は永遠です。会えなくなるのは寂しいですが、今までたくさんの幸せをありがとう!と感謝して、これからもずっと胸に居続けてくれる我が子を何度も何度も思い返してあげて、一緒に前に進んでいきましょう。きっとそばであなたを優しく見守ってくれている事でしょう。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
兎の火葬、知っておくべき損3つの知識
2020年8月31日

最近では、兎をペットとして飼う方も多くなっていますよね。

でもそんな大切なウサギともいつかはお別れの日が来ます。特に兎は、環境の変化・大きな音などに対しての耐性が弱く、ストレスやショックで突然死することも少なくないんです。

考えたくないことですが、飼育する上では亡くなったときにどのように対処するかはとても大切なことです。

今回は、兎の火葬をする上で、最低限おさえておきたい3つの知識を解説していきます。

兎を飼っているあなたは、知っておいて損のない内容なので、参考にしてみてください。

兎の火葬で確認するべき3つの点

  • ・火葬の種類
  • ・火葬の価格
  • ・本当に信頼のできる業者か

あなたの「大切な兎の最期」は正しい方法でしっかりと行いたいですよね。

そこで3つの確認するべき点をしっかりと見る必要があります。

では上から内容を見ていきましょう!

適当に選んではいけない火葬の種類

  1. 1.個別立会火葬
  2. 2.一任個別火葬
  3. 3.合同火葬

火葬には大きく分けてこの3種類です。

個別立会火葬

家族立会いの元で兎の火葬を執り行います。ご火葬後はお骨上げをしていただくことも出来ます。この火葬は「家族みんなでお別れしたい」「自らの手でお骨上げをしてあげたい」と思う方むけですね。

一任個別火葬

個別に火葬を行いますが、当日の家族での立会いや収骨についてはできません。兎のご遺骨は、後日自分でペット霊園に迎えに行くか、ペット霊園からご自宅に伺うかの形になります。

この火葬は「葬儀や火葬などの立会いに抵抗がある」「骨は遺してあげたいけど、費用はなるべく抑えたい」こんな方には、かなり合っている内容ですね。

合同火葬

この火葬は他家のペットと合同で執り行います。ペットのご遺骨については合祀(ごうし)といい、他家のペットと一緒の合同墓で供養になります。

簡単にまとめると、ペット霊園に全てを一任する火葬です。

「葬儀や火葬などの立会いに抵抗がある」「しっかりお別れできた」「火葬後は合同埋葬してあげたい」「費用を抑えたい」などに当てはまるのであれば、いいかもしれませんね。

このように3つの種類にはそれぞれ火葬のやり方が違うので、行う際は適当ではなくしっかりと兎のためにも選んで欲しいです。

把握しておきたい兎の火葬の費用

正直、「この値段です。」とは言えません。それは業者によってかなり価格が左右します。

犬の場合だと重さなどで、火葬の価格が大きく変わりますが、兎の場合はそのようなことがありません。

先ほど説明した個別立会火葬・一任個別火葬・合同火葬の価格をココでは説明していきます。あくまでも目安なので、参考ていどに知っておいてほしいです。

  • 個別立会火葬:35,000円~
  • 一任個別火葬:18,000円~
  • 合同火葬:12,000円~

かなりアバウトですが、兎の火葬の目安はこのくらいの値段です。

合同火葬は他の2つと比べてもかなり安く設定してあり、「経済的に余裕がないけど兎の火葬はしたい」という方には、知っておきたいですよね。

正直、個別立会火葬と一任個別火葬には、かなり大きな差があります。「火葬の立会いに抵抗がある」などの理由があるのであれば、一任個別火葬がいいです。でも、「安い」からと言って個別立会火葬を選ばないのは、よくありません。

いくら兎だとしても、家族の一員です。経済的に余裕があるのであれば最期までしっかりと見送ってあげましょう!

悪徳ペット葬儀業者には注意!絶対にするべき事前確認とは?

残念なことに、ペット葬儀業者には「悪徳な業者」もいるんです。これを知っておかないとかなり大変な目に合うので把握しておいて損はないと思います。

  • ・高額な請求
  • ・火葬せず、ゴミとして処理する
  • ・自分のペットではない骨を辺骨する
  • ・高額な仏具を売りつける

このようなことをする悪徳ペット葬儀業者が本当に存在します。

私の兎を飼っていた友人は、料金が自分で算出した金額よりも高くなっており、疑問に思っていましたが、一任個別火葬だったので火葬を見に行けなかったそうです。

愛犬のおもちゃやおやつを一緒に焼くプランでしたが、微妙な金額の多さ・スタッフからの説明が少なかったということがあり、兎と一緒に本当に焼いてくれたのか?という話がありました。

立会すればいいと思うかもしれませんが、火葬の途中でオプションを付けられ、「払わなきゃ、生焼けで返すぞ」と払わずにはいられない状況になるケースもあります。

ではどのように対策をするのか?答えは見積りです。「決まった金額以上一切かからない」と言われても、必ず見積りを出してもらっていください。

見積もりがあれば、あとから不当請求があった場合の証拠になります。

でもペットの兎が亡くなって心が弱くなっているあなたは、こんなに細かく考えることが出来ませんよね。私の場合は友人がペット霊園を紹介してくれて、ホームページの料金、丁寧な対応で火葬を行いしっかりと最期を見送ることが出来ました。

24時間・年中無休・無料相談があるので、参考にしてみていください。

私も安心して利用した火葬業者の詳細は「大森ペット霊堂」から。ぜひ、参考程度に覗いてみてくださいね!

まとめ

兎の火葬は初めて依頼する場合、わからないことがかなり多く不安がありますよね。

でも、この内容を見てかなりあなたの不安は解消されたのではないでしょうか。葬儀の種類・葬儀の価格・葬儀の業者の3つは必ず抑えておくべき内容だったと思います。

兎が亡くなったら、悲しくてなかなか冷静になれません。ペットがもう弱ってきたと思ったのであれば、亡くなる前から対策をしておくのも悪くないと思います。不謹慎かもしれませんが、その方が判断力があり、トラブルの回避にも繋がります。

「後悔のないお別れがしたい」のであれば、火葬の種類や業者を正しく選ばなければなりませんよね。

「楽しい思い出をありがとう」と思えるように今を大切にしているのであれば、最期にも正しい方法でしっかりとあなたの兎を見送ってあげてください!

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
愛犬の葬儀で最後に愛情をたっぷり注ぐために後悔しない方法
2020年8月30日

人間の葬儀同様、愛犬の火葬が主流になってきてますね。家族同然、一緒に過ごしてきた愛犬が亡くなってしまったら、家族と同じように悲しいですよね。

愛犬が亡くなって何もする気も起こらない気持ちもすごく分かります。ただ愛犬は悲しんでいる飼い主様の今の状況を望んでいるのでしょうか。きっと、離れるのはさみしいけどいつもの笑顔で笑っている飼い主様を望んでいると思います。

大切な家族のような愛犬に最後にして最大のたっぷりの愛情で見送る為に一体どんな方法があるのか。どんなことに気を付ければ葬儀当日後悔しないで見送れるのか。その方法をお伝え致します。

まずは葬儀をするかどうか決める

まず最初に葬儀をするかどうか決める必要があります。費用的な問題や、時間の問題様々あると思います。それぞれに合った方法を選択しましょう。費用に関してですが、愛犬の大きさで大きく差があります。

チワワなどの超小型犬から、ドーベルマンなどの体重が40㎏以上の超大型犬まで。その費用の差は2倍以上になることもあります。

  • ・合同火葬
  • 複数のペットと一緒に火葬する火葬形態です。他のご家庭のペットと一緒に火葬しますので、骨を持って帰ることはできません。小型犬であれば5000円~1万円、中型犬・大型犬であれば1万5000円~3万円が相場です。
  • ・個別火葬
  • 『一任個別火葬』、『立会個別火葬』があります。

一任個別火葬は、火葬から収骨・返骨を葬儀社にお任せします。ご遺骨に関しては、ご家族の方が迎えに行くか、自宅まで届けてもらうか選ぶことができます。小型犬であれば1万5000円~3万円が相場です。中型犬・大型犬であれば3万~6万円が相場です。

立会個別火葬は家族が立ち会いをして火葬から収骨までを行います。お別れの儀式から出棺、火葬、収骨までを行うのでしっかりとペットを弔ってあげることができます。小型犬であれば2万~4万が相場となります。中型犬・大型犬であれば4万~8万円が相場です。

 

訪問火葬

移動火葬車にて火葬を行う形態になります。自宅や自宅の近くまで来て火葬を行います。相場は、6,000~55,000円です。

それぞれの葬儀にかかる時間は、愛犬の大きさによって火葬する時間や、葬儀の方法によっても変わってくるので、これらを踏まえ、愛犬にどの葬儀を行ってあげるのがいいのかじっくり考えましょう。

葬儀当日のためにどんな準備が必要?

 

葬儀用のお花について

人間の棺にお花を入れてあげるように愛犬が亡くなったときにも綺麗なお花を入れてあげましょう。ただ注意事項がありますのでご説明致します。

  • ・濃い色の花は避ける
  • ・蕾よりも開いてる花を入れる
  • ・花を入れる量は目安として仏花2束分

詳細は葬儀場によって差がありますのでスタッフさんに必ず確認して下さい。二つ目の「蕾より開いている花を入れる」理由には、一番綺麗に咲いている状態の花と一緒に愛犬を無事に天国へ送ってあげたい気持ちからだそうです。

これを聞くとお花を入れてあげたくなりますよね。あとは、花には『花言葉』もございます。愛犬を愛情たっぷりに安らかに見送ってあげるためにお花でメッセージを送るのもいいかと思います。

ここまでしてくれる愛犬はかなりのしあわせ者ですね。

 

愛犬がすきだったものを用意する

こちらも先程同様、愛犬をさみしくさせないように一緒に添えてあげるため準備してあげましょう。もちろん、愛犬の愛用のものを残しておきたい方、一緒に何も入れたくなくない方は準備しなくて大丈夫です。大切なのはご家族がどうしたいかです。決まりはありません。

  • ・タオルや洋服
  • ・おやつ
  • ・おもちゃ

こちらは一緒に添えるものの一例です。ただ、入れるものには注意が必要です。ビニール素材や、洋服でも不完全燃焼のものは一緒にいれることはできません。こちらもスタッフさんに必ず確認しましょう。

葬儀のマナーについて

友引や清めの塩など人間で行われていることは愛犬でも同じ認識でもいいのか、あとは当日の服装についてもお話します。

  • ・友引
  • 友引とは『道連れに友の手を引いていく』という意味があり、人間の火葬の場合、避けられる方が多いですよね。ただ、愛犬の場合は別で気にしなくて大丈夫です。ペットの葬儀は宗教に基づいていないためです。
  • ・清めの塩について
  • 最近は清めの塩を配らないところもあるようです。とはいえ、それぞれの葬儀場に合わせて対応して下さい。
  • ・葬儀当日の服装
  • 普段着でかまいません、喪服である必要はないです。ただ、派手な服や、露出の多い服は控えましょう。

愛情たっぷりの葬儀にするためには

先程もお話したように、大好きな愛犬を最後に見送るため、愛情たっぷりの葬儀にする為にはしっかりマナーを守った上で、愛犬に一番に喜んでもらえるように自身でできることを考え、葬儀場のスタッフさんともしっかりプランを話し合いましょう。

葬儀場によっては、単に火葬するだけのところもあればいろいろなオプションをつけて人間の葬儀さながらそのご家族にあわせて選択することもできます。愛犬にとっては一度きりの大切な葬儀です。まずは葬儀場に電話で問い合わせてみましょう。

考えたくも無いですが、「当日、葬儀に行くと扱いがとても雑だった」など聞くこともありますので、一度電話をかけてみて電話の対応がどうか確認してみるのも決め手にはなるかと思います。電話からして対応が悪い所はまず避けたほうがいいでしょう。

多少家から遠くても、最愛の愛犬を後悔のないように見送りたいですよね。

 

いのちを大切に考える 大森ペット霊堂

 

まとめ

  • まずは葬儀をするかどうかを決める
  • 葬儀にも種類があるので合うものを選択する
  • お花や愛犬の愛用のものを準備する
  • 葬儀でのマナーを守りましょう
  • 愛する愛犬と家族に合わせたプランを考える

ただ火葬するだけではなく、愛犬のことを第一に考え最初にして最後のこの葬儀を後悔なく愛情たっぷり注ぐためしっかり準備をして備え、ご家族に合わせた葬儀の選択をしていきましょう。最後にこんなに愛情をたくさんもらった愛犬はきっとこの上なくしあわせに違いありません。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
ペットを火葬する種類について
2020年8月29日

ペットの火葬方法ってどんなのがあるの?

ペットロス

長い時間をともに一緒に暮らしてきたペットであってもいつかはお別れをしなければいけないときがやってきます。荼毘にふす方法として昔は庭に埋葬をする方も多かったのではないでしょうか。

昨今ではペットも大切な家族の一員であるという考えが主流となり、亡くなったときは火葬をして供養してあげたいと思う方がほとんどでしょう。ただ、ペットの火葬といってもいくつかの選択肢があります。あとから自分自身で後悔の残る選択をしないよう、知っておく必要があります。

ポメラニアン 寿命

自治体、役所に連絡をして火葬をしてもらう

自治体や役所で火葬をしてもらう方法があります。ただ、自治体や役所によって多少違いはありますが、ほとんどが他のペットと一緒に火葬をする合同の火葬を行っています。そしてこの場合はペットというよりも一般廃棄物として扱われてしまう場合があるということを知っておく必要があります。家族にとっては大切なペットであっても法律的には廃棄扱いとなってしまうのです。火葬というよりは処分という表現が当てはまるかもしれません。費用は数千円程度とペット霊園と比べると費用も少なく済みますが、大切にしてきたペットの火葬に立ち会うこともできず、お骨を拾うことも残すこともできません。最もおすすめのできない方法ですが、もしも依頼をするのであれば自治体、役所によって対応が違うため事前にきちんと確認をしましょう。

ペット 亡くなる

移動火葬車、訪問火葬車に来てもらい火葬をしてもらう

自宅まで来てもらい自宅の敷地や自宅の近くで火葬をしてくれる移動火葬車に依頼をするという方法があります。昨今のペットブームに乗っかり移動火葬車がとても増えていますが、法的な規制がなく知識のないどんな人でも開業ができるのが移動火葬車です。

ですがそれに伴いペット火葬時のトラブルが多発しているのが現状です。

実際にあった移動火葬車がもたらすトラブル例

火葬中に多額の料金を請求し、払わないと生焼けで返すなどと脅したり、火葬中の近隣とのトラブルや、ペットを粗末に扱われるなどといったことがあります。インターネットサイトに大きく広告が載っているので安心なのかというと決してそうではありません。そういったサイトは主に下請け業者に斡旋をしているだけなので実際に当日までどの業者がくるのかがわからないのです。昨日今日始めたばかりのペットの火葬についての知識もない業者がくる可能性もあります。

実際に移動火葬車で火葬をしたペットの遺骨とペット霊園で火葬をしたペットの遺骨を比べるとその差は歴然です。動画投稿サイトに投稿されている移動火葬車の業者が説明しているお骨の説明などもでたらめだと騒がれたという事例もあります。近隣とのトラブルについては、においや音、煙などが上がり近隣の住人が消防車を呼んでしまい騒ぎになるといった事例もあります。移動火葬車のホームページには無煙無臭で安心ですなどと謳っていますが、無煙無臭であるはずがありません。移動火葬車は安価でペットの火葬を出来るというメリットがありますが、デメリットも沢山あります。大切な家族の一員であるペットを安心して任せられる業者を選びましょう。

ゴールデンレトリバー 寿命

ペット霊園で火葬をしてもらう

一番手厚くお見送りが出来る方法はペット霊園で火葬をすることでしょう。

人間の葬儀と同じような流れで葬儀や火葬場までのお見送りなどもすることができますし、納骨堂やお墓もあり火葬だけではなく、火葬後の供養までしっかりと行うことができます。

ペット霊園を選択するメリットとは?

移動火葬車に依頼をしても実際は下請け業者が来ることも多いのが現状ですが、ペット霊園は所在もはっきりしていますし、長く営んでいる業者が大半です。ホームページのわかりやすさや口コミなども大切ですが、一番大切なのは実際に問い合わせをして親身になって対応してくれる霊園に依頼をしましょう。ほとんどの霊園で施設見学を行っているので、事前に予約が必要な場合がほとんどですが、一度見学をされるのがよいでしょう。式場や火葬場などを実際に見ると悲しくなってしまうという方もいらっしゃいますが、万が一の時に慌てないためにも大切なことです。

霊園によっては住職による読経をつけられるプランや、ご自宅でお通夜ができるプランなど多彩なお見送り方法があります。ペットの葬儀とは大切なペットの供養のためでもありますが、飼い主の気持ちの区切りをつけるためのものでもあります。きちんとセレモニーを行うことによってしっかりとペットを見送ることができたと仰る飼い主がほとんどです。

最後に

万が一大切なペットが亡くなってしまったときは焦らずに、まずはどのようにお見送りをしてあげたいのかゆっくり考えてみてください。長い時間をともに過ごしてくれた大切なペットが先に旅立ってしまった。とても悲しくつらいことでしょう。そんなペットに最後にしてあげられることを決めることができるのはあなただけです。ペットとのお別れに後悔を残してしまったら、あなたはもちろん大切なペットも安心して天国へ行くことができません。

大森ペット霊堂では毎月300件以上ペットの葬儀を執り行っており、全てのスタッフが深い知識を持ち、日々飼い主の対応をしております。そして犬や猫だけでなく小動物や爬虫類などの葬儀も受け付けております。どんな小さな質問でも構いませんので是非一度ご相談下さいませ。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
愛猫の葬儀、慌てずに知っておきたいこと
2020年8月27日

予期していなかった愛猫の葬儀、慌てないで事前に知っておきたいこと

大切な猫が突然元気がなくなり、もう少しで寿命なのかと感じてしまうこの頃です。

あと少しかもしれない愛猫の短い命を大切にしたいと思ってます。

そんな時、猫も就活をしなくてはと思いました。

少し調べてみると、いろいろな葬儀方法がありました。

あなたも、大切な愛猫のために葬儀について知識を増やしておきましょう。

猫の葬儀と人間の葬儀で違うところは?

猫にも人間の葬儀と同様、いくつか葬儀の種類があります。

今決めておくと後々のリサーチが楽になりますので、知識として増やしておくことをおすすめします。

葬儀業者が全てを取り仕切って行ってくれます。

違いとしては4つあります

・猫は火葬までの時間の長さが短い

人間の場合、亡くなってから24時間以内は火葬ができないと法律で決まっています。

それに対し猫は物として扱われるのですぐに斎場へ連れていき火葬することができます。

・心づけ

人間の葬儀では渡すこともよくありますね。でも猫に当たるペットの場合は心づけありません。どちらも任意ですが、人間の葬儀と同じように感謝の気持ちを伝えるのもいいかもしれません。

・金額の違い

人間の場合、火葬するだけでも最低200,000円はかかってしまいます。

ですが猫の場合、火葬だけなら15,000円からできます。

もちろん、火葬にはいくつかの種類があるので次の見出しでご紹介していきます。

・セレモニー

人間には、お通夜、告別式と段階があります。

猫も同じです。あなたのご希望に沿って告別式やお葬式を執り行うことができます。

20分程度の式になると思いますが、しっかりお別れを伝える良い機会になります。

猫にもある火葬の種類

いくつかご紹介していきます。

・合同火葬

他の家で飼われていたペットと一緒に火葬されます。

他のペットたちと一緒に火葬されるため、遺骨の返却はできません。業者へ一任されるので立ち合いもできません。

・個別火葬

各々のペットごと火葬します。

一任型と立会型を選ぶことができます。

一任型の場合、業者へ預けた後、個別に火葬されお骨上げまで業者が行います。個別で火葬をしているので申し出があれば遺骨を受け取ることもできます。

立会型の場合、大切なペットの火葬全ての動向を見守ることができます。

・訪問火葬

ペットの火葬は火葬場以外でも火葬ができます。

それが訪問火葬です。あなたのご自宅まで火葬車で訪問し、車に設置された火葬炉で火葬します。

・オンライン火葬

今紹介してきた3つの葬儀をオンラインで見守ることができます。

真夏の暑い中、真冬の寒い中、天気にも左右されることなく撮り行えるのはいいですね。

予算を決めましょう

業者によって値段は少しずつ変わります。

家の近所にある葬儀場のサイトから確認してみるのも予算を取り分けるのには大切です。

ほかにも価格を左右する理由があります。

猫のサイズや体重、火葬方法です。

・猫のサイズや体重

猫の一般的な体重は大体3〜6キログラムです。

サイズや体重で価格を見てみると相場が15,000円〜25,000円です。

・猫の火葬方法

もちろんそれぞれの火葬方法で価格も変わってきます。

・合同火葬の場合、相場は10,000円〜20,000円です。

・個別火葬の一任型の場合、相場は20,000円〜40,000万円です。

・個別火葬の立合型の場合、相場は30,000円〜60,000万円です。

・訪問火葬の場合、相場は20,000円〜35,000円です。別途出張料がかかることもあります。

・オンライン火葬の場合、オプションとしての扱いになります。

業者によって対応しているところが限られているので、確認するのがいいと思います。

ここからオンライン葬儀についてもっと詳しく知ることができます。大森ペット霊堂

・自治体で火葬の場合、相場は1,000円〜10,000円です。物としての焼却扱いになります。

突然の死に対応するために

愛猫が亡くなってしまっても、すぐに火葬してあげられないかもしれません。

そんな時は、死後硬直が起こる前に体制を整えます。

猫を自然な体制に直してあげます。

こうしてあげることで、安置する体制を整えられます。

それに死後硬直でいびつな格好になるのを避けられます。

人間と同様、亡くなった後は体液が出てくるので綺麗に拭き取ってあげます。

ガーゼやタオルを使用しましょう。

人間のおくりびともしていますが、脱脂綿をつめてあげるのもいいと思います。

脱脂綿は常備して置くといいかもしれません。いざという時に使えます。

安置する時にはタオルやウエスを引いた箱や棺に入れてあげましょう。

体液が出てしまっても吸収してくれます。

火葬を行うまで綺麗な状態を保つために氷や保冷剤、ドライアイスを使います。

頭やお腹の周りにてしっかり冷やすのが最適です。

人間の葬儀では、夏でも冬でも部屋が寒いなとよく思います。腐らせないためにも、安置する部屋は低い温度設定でエアコンを使用することが大切です。

特に夏場の腐敗には気を付けましょう。室温設定は18°C以下が適温です。

猫の葬儀の服装マナー

喪服のような格好で参列する人、私服で参列する人様々です。

もちろん、葬儀を行う場所によっても服装は変わってきます。

その場に合う格好で参列しましょう。

時に訪問葬儀を行う場合は格好に指定はありません。落ち着いた色を着るのが無難です。

まとめ

  • ・猫の葬儀は大きく分けて合同火葬、個別火葬、訪問火葬の3種類
  • ・人間と違い相場は20,000円〜60,000円と低い価格
  • ・オンライン葬儀は出かけるのが難しくても見届けられる
  • ・すぐに火葬できない時のために体制を整えてあげる
  • ・服装に決まりはない、TPOでわきまえて

大切な猫との時間を有意義に過ごしてください。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
1 2 3 4 5 6 65