BLOG

ブログ
猫のために知っておくべき大切なこと
2018年1月17日

大森ペット霊堂 永野です。

 

 

 

わたしは犬、猫、ハムスター、熱帯魚、亀とこれまで飼育経験があり、当然、生き物は全て大好きです。

 

特に、幼少期から共に過ごしてきた犬のおかげで動物好きな性格が形成されてきました。

 

この子が家族の一員となってから命の幕を閉じるまでの15年間、全ての思い出が色濃く残っています。

 

 

そして現在では猫三匹と共同生活をしていることもあり、猫に特化した知識と愛着を持っています。

 

 

 

今回は『猫を家庭に迎えるにあたっての心構えや実際に飼ってみてから気がついたこと、幸せなことや少し大変なこと』などを綴りたいと思います。

 

 

まず、近年は「ネコノミクス」と呼ばれるほど、世間では猫ブームです。

 

 

 

 

ペットフード協会による調査では、犬猫飼育実態調査で猫の推定飼育数が1994年の調査開始以来初めて、犬の飼育数を上回ったと発表がありました。

業界関係者曰く、「人間の高齢化や一人暮らし世帯の増加などが影響し散歩などの世話が必要な犬を飼う人が減った」と指摘しています。

 

ただ私は、一時のブームで〝物〟のように〝命〟が扱われることにとても懸念を感じています。

 

以前はチワワやダックスフンドなどの犬種がブームでたくさん飼われました。

 

しかし、その裏では悪徳商売をしているブリーダーやペットショップが暗躍し、多くの命も犠牲になりました。

 

今回の猫もそうでしょう。

 

只でさえ、現在の日本では多くの猫たちが行政により殺処分をされています。

 

多くの猫たちが飼われていくのは喜ばしいことですが、先ずは殺処分を無くすことが先決であり大切だと私は考えています。

 

※「動物愛護」「殺処分」のことに関してはまた違う機会に綴らせていただこうと思います。

 

 

 

では、「猫を家庭に迎えるにあたっての心構え」から。

 

まずはどのような生き物でもペットとして飼う以上は必須条件となりますが、

・必ず最期まで面倒をみる覚悟

・自分に何かしらの飼えなくなる事情が起きた時、里親になってくれる人を決めておく

以上は必ず守りましょう。

 

 

 

次に、

●猫に与えてはいけない、誤飲や誤食をしないように気をつけるべきもの

 

・ネギ科の植物全般

タマネギ、長ネギ、ニラ、ワケギ、らっきょう、アサツキ、ニンニク、など。

ネギ中毒になってしまうと猫は溶血性貧血をおこします。

血色素尿(赤~褐色の尿)が出る、元気がなくなる、嘔吐、心臓の鼓動が速くなる、 ふらつく、黄疸、下痢などの症状があらわれます。

多くの場合は自然治癒しますが、幼猫・高齢猫や、体質・体調によっては重度の貧血状態に陥ったり、死亡することもありますので、要注意です。

 

・チョコレート、ココア

カカオマスに含まれるテオブロミンという物質は、心臓や中枢神経系を刺激し、下痢や吐き気、血圧上昇、不整脈、興奮、痙攣などの症状を引き起こします。重症の場合は死亡することもあるので要注意です。

 

・ドッグフード

犬と猫とでは、必要とする栄養素も、体内で合成できる栄養素も違います。

ドッグフードは、猫にとって十分な良質タンパク質でも、必須アミノ酸であるタウリンもまったく不足しています。

タウリン不足が続くと、進行性網膜萎縮をおこし、最後には失明します。

この病気で一度でも網膜に障害が生じると、もう一生治りません。視力に異常が出てからタウリンを与えても、もとの視力には戻らないです。

またタウリン不足は心筋症・神経の異常・生殖能力の低下なども引き起こします。

猫には必ずキャットフードを与えてください。

 

・その他

イカ、タコ、アワビ、生卵の白身、ぶどう、香辛料などなど

 

・人間用の薬品

人間用の薬を安易に猫に与えることは厳禁です。

猫を治すどころか、下手すると死亡してしまいます。

猫が悪戯して食べないよう薬の保管法にもご注意ください。

 

・観葉植物

インテリアとして観葉植物を置いている方が多いですが、自然に存在する植物のうち猫にとって猛毒なものも存在します。

それが、ユリ、アロエ、ポトス、チューリップ、アイビー などです。

これらはごく一部ですが、猫が間違って食べてしまうと中毒症状を引き起こし、危険な状態に陥る恐れがあるものも多く観葉植物を置く際には事前に調べておく必要性があります。

同じ植物性としてはアロマオイルにも注意が必要です。

アロマオイルとは、植物から採れるエッセンシャルオイル(精油)をアルコールなどで希釈したものです。

アロマオイルには揮発性があり、空気中に拡散すると、鼻の粘膜から体内へ入ります。

これによって香りが感じとれるのですが、体内に入った成分はどうなるのでしょうか。

精油に由来する成分に関しては、肝臓の「グルクロン酸転移酵素」によって代謝され、体外に排出されるとのことですが、人間や犬と異なり、猫の場合はこの酵素が十分に生成されないため、中毒が発生する可能性があります。

つまり、危険性があるのはアロマオイルというより、そこに含まれている植物由来のエッセンシャルオイルというわけです。

このような体の仕組みの違いが存在する理由は「人間、犬が雑食であるのに対し、猫は肉食。植物の成分を代謝する肝機能の必要性が低いため」と説明されています。

 

・糸、ひも類

猫の消化器官は10センチ以上のものは排泄されずらく誤食してしまうと胃腸に詰まってしまう恐れがあります。

人間の髪の毛も要注意ではありますが、髪の毛より危険性が高い部分としては、太い紐などを飲み込んだ場合は消化器官を詰まらせ、腸閉塞などの原因となりますので注意が必要です。

細くて長いものを猫は好みますので、遊んでいるうちに誤食してしまうといった状態になることがありますので注意してみてあげてください。

 

 

 

次に、

●猫を家庭に迎えるにあたって準備しておくべきもの

 

・キャットフード

キャットフードの種類には、ドライフードや、ウェットフードなどがありますが、成猫の基本的な食事は乾燥したドライフードを与えましょう。歯が生え揃っていない子猫の場合は、専用のミルクやウェットフードがありますので、そちらを食べさせてみてください。

ウェットフードのみを与えてると、猫の歯や噛む力に悪影響が出てくることもあるので、メインの食事はドライフードにして、補助的にウェットフードを使ったほうがいいと思います。餌は猫の好みがあるので、数種類試してみて1番食いつきがいいものを選びましょう。

ちなみにわたしは、ドライとウェットを混ぜて与えています。

 

・トイレ(猫砂)

猫は本能的に砂がある場所をトイレだと認識しますので、飼い始める前にトイレを用意しておいてあげると排泄の失敗を防ぐことができます。

猫は砂を掘って、糞尿を埋める習慣があるので、砂が飛び散りやすいです。砂の飛び散りで掃除が大変な場合は、屋根付きタイプや、穴ぐらタイプが汚れづらいと思います。

 

・おもちゃ

猫のおもちゃには様々な種類のものがありますので色々用意して遊んであげましょう。

運動不足解消やストレス発散の為にも、おもちゃで遊んであげるということはとても大切です。

わたしの家の猫達は、数千円出して買ったおもちゃよりも100円ショップで買ったおもちゃの方がお気に召されている様子でした。

 

・爪とぎ

猫は爪が伸びてくると、定期的に爪とぎをしますが、専用の爪とぎがないと家具や壁などで爪とぎをしてしまうことがあります。

爪とぎを用意しても家具などが被害を受けることがありますが、用意しておくことで被害を最小限にすることができます。

 

・猫用ブラシ

抜け毛や、毛が絡まるのを防げます。

特に長毛の猫は毛玉が胃の中に溜まりやすいので、一つ持っておくことをお勧めします。

老猫はグルーミング頻度が減ってしまうことがあるので、毛が絡まりやすいです。

また、ブラッシングすることで、部屋に飛び散る毛を減らすことができます。

 

・その他

ケージ、キャリーバッグ、キャットタワー、猫用ベッド、猫草などなど

 

 

 

 

 

それでは、わたしが今猫3匹と共同生活をしている中での猫の愛くるしい実態を綴りたいと思います。

 

・頭突きをしてくる

・おもちゃを口に咥えての遊んでアピールが凄い

・こちらが遊びたいときに遊んでくれない

・忙しい時に限って甘えてくる

・イスを占領される

・ベッドを占領される

・物を落とす

・パソコンの上に乗ってくる

・本の上に乗ってくる

・ご飯をがっついてスグに吐く

・キャットタワーなど高い位置から毛玉を吐く

 

まだまだ細かなことはたくさんありますが以上としておきます。

 

 

総じて猫とは、

遊んで、食べて、寝る

媚びない、群れない、ブレない

素晴らしい生き物だと思っています。

 

 

 

 

まだ猫を飼ったことがない方、これから飼おうと思っている方の参考に少しでもなれれば幸いです。

 

 

 

最後に、

必ず覚えておいてほしい猫のことです。

 

●猫とは痛みを我慢してしまう生き物

 

・病気だということを隠してしまう

・ぎりぎりまで堪えてしまう

・気を遣わなくていいことに限って飼主に気を遣ってしまう

 

 

 

 

 

生き物をペットとして迎え入れた以上はその子の生涯に責任を持って幸せにしてあげましょう。

 

ペットは大きな幸せは望んでいません。

 

約束された食事と安心して眠れる場所と、

頭を撫でてくれる優しい主人がいてくれるだけでいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂

動物ボランティア団体 友愛の会

東京都大田区大森東2-1-1

TEL 03-3763-6300

FAX03-3763-7528

東京 ペット葬儀 大森ペット霊堂

 

無事に譲渡会が終わりました。
2018年1月16日

こんにちは。

吉津です。

 

先ほど、飼主様と、そのペットちゃんをお迎えに行く途中に

道路で亡くなっている猫ちゃんがいました。

すぐに他のスタッフに連絡をしました。

 

お迎えから戻ってくると、もうすでにさっきの猫ちゃんが

安置室で眠っているとのこと。

すぐに安置室へ向かい、お線香をあげました。

まだ生きているかのようにあたたかく、キレイな身体でした。

すぐに見つけてあげられてよかった、

そして、他のスタッフがすぐにその子を保護しに向かってくれてよかった、

事故で亡くなることはもちろん悲しいけど、

そのままになっているのはあまりにも残酷です。

そんな思いをしている子を1匹でも減らしたい。

自分と同じ思いの人達と働かせてもらっていることにとても幸せを感じる毎日です。

 

 

 

先週の土曜日に大森ペット霊堂の1Fで

ワンちゃんの譲渡会をさせていただきました。

といっても、今回は場所を提供する形で、

保護団体様に全てお任せとなってしまいましたが

とても寒い日だったにもかかわらず、沢山の方に来ていただきとても嬉しく思っています。

この譲渡会は今後も定期的に開催させていただく予定ですので、

是非一度可愛いワンちゃんやネコちゃんに会いに来て下さいね。

 

私達、大森ペット霊堂で保護している「ちょび」と「ぶちょ」は

譲渡会開催日に関係なく、いつでも触れ合うことができますので、

「ちょび」と「ぶちょ」にも会いに来てあげてくださいね。

2匹とも首を長くして迎えてくれる新しい飼主さんを待っています。

 

 

 

さて、毎年1万頭以上の犬が殺処分に追い込まれているのが現状です。

犬を飼うというのは、命の責任を持つことと同じです。

命を飼うというのは決して簡単なことではありません。

楽しいことばかりでもありません。

事前によく考え、調べ、必要な覚悟を知ってほしいと思います。

飼主へ課せられる責任

 

・所有物としての登録責任

国から定められています。

 

・狂犬病、予防接種を毎年受けさせる責任

こちらも、国から定められています。

 

・適切な治療を受けさせる責任

愛犬が病気になったとき、ケガをしたときには適切な治療を受けさせる責任があります。

 

・しつけを行う責任

人間や他の犬や猫にケガを負わせた場合も、飼主の責任です。

犬は何も悪くありません。

そうならないためにも、飼主はしっかりとしつけを行う責任が生じます。

 

・終生飼養を行う責任

・埋葬を行う責任

一度飼育を始めたら、その犬の生涯を通してお世話をするのも責任です。

もちろん、死を迎えた愛犬の埋葬をするのも飼主の責任です。

 

今一度、飼主が負う責任というものを考えてみてください。

犬の嫌がる行為
2018年1月15日

 

こんにちは!

大森ペット霊堂のスタッフの江川です!

 

今回は犬が嫌う行為についてまとめさせていただきたいと思いますが、

 

そのまえに、去年の暮れに来堂された飼い主さんとのお話をさせて頂きます。このお話はタイトルとは関係ないです!

年末にペットちゃんを初めて亡くされたご家族がいらっしゃいましてご葬儀の相談をしに来られたのですが、

まだ亡くなって一時間も経たないくらいだったので、かなり動揺されていました。。。

 

その方は自宅安置したいのでドライアイスが必要とのことでしたので、

一旦ドライアイスを買いに行かせていただきました!

そしてそのペットちゃんの胸、背中、お尻にドライアイスをあてがってあげて下さいと説明させて頂いたうえでそのご家族の方は帰られました。

そして後日、

立会火葬をし、無事に御収骨されて飼主様に「あなたに相談してよかったです。」と言っていただきこのお仕事をはじめて4か月たちましたが、自分が対応させていただいた方に褒めて頂き嬉しかったです!!

 

亡くなったペットちゃんに対し

どうすればいいかわからない方も多いと思いますので、

そんな方でも自分たちでお答えできることは電話でも来堂されてもしっかりお答えさせていただきます。以上です!

 

 

 

ここから

 

 

タイトルにもあります

 

が嫌る行為」

について書かせていただきます。

 

・触れ合いがない(スキンシップ)

これはマッサージなどでスキンシップをはかったり散歩など運動で犬は発散しますのでしてあげてください!

ちなみにマッサージで病気の早期発見などもありますので、

・睡眠を邪魔する

これはあまり説明要らないと思います。

人も睡眠は寿命に関係していますので、

 

・頭を撫でる

犬を撫でるというと、頭を撫でることを想像しがちですが、

犬は頭を撫でられることに不快感を感じている場合がほとんどなのです。

首や背中などを撫でるようにし、なるべく頭を撫でることは控えた方がいいです。特に、嫌いな人に頭を撫でられると恐怖心から噛み付いてしまったりすることもあります。

 

・後ろから抱きしめる

これは可愛くてしたくなるのはわかるんですが、後ろから覆いかぶされようにこられたら犬は恐怖心しかありません。あとはマウンティングと間違われ、飼主の立場より犬の方が優勢な場合は噛みつかれる可能性大です。

 

 

 

この記事はこれから犬を向かい入れる方はもちろん

今飼い犬に似たようなことをしている人にも向けて書かせていただいてます!以上です

ペット火葬、ペット霊園の歴史
2018年1月14日

 

 

こんにちは、大森ペット霊堂の笹本です。

 

 

 

みなさんは、大森ペット霊堂を知る前、

大森ペット霊堂に来る前、

 

 

ペットの霊園があることを知っていましたか?

 

 

 

私は大森ペット霊堂に入るまで、ペット霊園に行ったことも見たこともありませんでした。ペット葬儀、ペット火葬ということも知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

昔飼っていたジェイも

祖父の家で飼っていたクルツも太郎も

みんな祖父の家の敷地内で土葬して

眠っています。学校でも亡くなったうさぎがいれば敷地内に、土葬して、みんなでお花を摘んで、手を合わせていました。

 

 

でも、よく考えてみると引っ越しとかした時に、土葬していると、そのあと掘り返されりしたら大変ですもんね。。

 

昔の私はそんなこと考えたこともありませんでした。

 

人のお墓にペットを入れることが出来ることは知っていましたが、それ以外の方法は、全くと言っていいほど知りませんでした。

 

 

 

私は動物に関してのボランティアを行っている会社を探していて、大森ペット霊堂にたどり着き、そこからペット霊園やペットの火葬の存在を知りました。

 

 

 

 

 

*********

 

そもそもペット火葬、ペット霊園というのはいつ頃からあったのでしょうか?

 

 

大森ペット霊堂はできてから、

20年ほど経ちました。

 

 

ペット霊園というのは、新しい業種だと言われがちで、私も知人によく言われます。

 

しかし、意外にもペット霊園には古い歴史があります。

 

 

 

公的な資料はないので、断定的にはいえませんが、戦前から営業されていたペット霊園もあります。

 

 

しかし当時のペット霊園は一般の人に向けではなかったようです。その頃のペット霊園は、皇族のペットであったり、総理大臣など、財閥関係者のペット。大スターと呼ばれるような芸能人のペットが眠っているような所だったそうです。

 

 

葬儀などが行われていた訳ではなく、有名人のペットの墓地だったそうです。

 

 

昭和30年代には、一般向けのペット霊園が増え始めました。

 

 

人の火葬が広まるにつれてペットも火葬が主流になり

引き取るだけではなくペットの葬儀も行おうと段々変わっていきました。

 

 

*********

 

 

今の大森ペット霊堂もの著名人も来堂しますが、みなさま同じ動物たちを愛する飼主様としていらっしゃいます。

 

 

身分の高い方達のペットだけが家族として扱われるのではなく、どの家のペットも、どんな動物であっても家族と認識されている今の時代の流れも関わってきているのでしょう。

 

 

 

私はペットの葬儀、霊園についてまだまだ初心者で、知らないことがたくさんあります。

 

これからもたくさん学んで行きながらも、常に同じ気持ちで動物たちと向き合っていきたいと思っています。

 

 

 

 

笹本

大森ペット霊堂ってどんなところ?
2018年1月12日

 

 

こんにちは、田島です。

 

 

 

 

 

 

本日、コーギーちゃんのご葬儀を担当させていただきました。

 

 

飼い主様は以前も大森ペット霊堂を利用なさっていた方で、

本日のコーギーちゃんはその子の兄弟だとお聞きしました。

 

 

とっても安らかに、眠っているかのようなお顔が印象的でした。

 

 

遺影としてお写真を拝見させていただきましたが、どれもにこっと笑ったお顔で

生前とても幸せに暮らしていたことが伝わってくる表情をしていました。

 

 

ご葬儀に参列された方みなさまとても明るい方々で、でもやはり寂しそうで

涙を流しながらも笑顔でペットちゃんをお見送りしていました。

 

 

兄弟のコーギーちゃんのお写真も持参されており、

「よろしくね」「仲良くね」などと声をかけておられました。

 

 

 

お花やお供えもたくさんあり、ご葬儀の際やご火葬炉にお寝かせの際、とても華やかでたくさんの愛を感じました。

 

 

 

 

 

 

ペット葬儀の仕事をしていると、どうしても悲しい場面に直面します。

 

 

動物が大好きだからこそ、ペットを飼う幸せを知っているからこそ、感情移入しすぎてしまうことが多々あります。

 

 

ですが、私がこの仕事にやりがいを持っている理由はほかでもなく、飼い主様のペットちゃんへの愛を感じられるからです。

 

 

 

飼い主様のお話を聞き、ペットちゃんの生きた証を少しでも残していけたら・・と思っています。

 

 

 

 

大森ペット霊堂ってどんなところ?

 

 

 

 

 

 

みなさんは「ペットの葬儀屋」と聞いて、どんなことを想像しますか?

 

 

 

大森ペット霊堂はひとことで表すと

 

 

スタッフ含め動物が大好きなみんなが集まるところ

 

 

 

だと私は思います。

 

 

 

ひとりひとりが動物を好きな気持ちがあるからこそ、わたくしたちにしか行えないセレモニーがあると思っています。

 

 

ペットの葬儀というと、残念ながらあまり良くないニュースや噂を耳にすることがあります・・・。

 

 

 

ちゃんと火葬してくれているの?

 

本当にうちの子のお骨なの?

 

 

本当にここに任せていいのか

 

不安に思われることがたくさんあると思います。

 

 

 

 

また、案内されていた料金より、更に加算された料金を請求された・・・

 

 

なども耳にしたことがあります・・・。

 

 

 

ですが大森ペット霊堂では、別途でご購入いただかない限り

ご案内させていただいたご料金ですべて執り行っております。

 

 

別ブログでスタッフが記載しているものもございますので、こちらも併せてご覧ください^^

 

 

 

 

ペット火葬の実態

↑コチラをクリック↑

 

 

 

ペット火葬、ペット葬儀の疑問にお答えします。

↑コチラをクリック↑

 

 

 

 

 

みなさまが安心して大事なペットちゃんをお任せしていただけるよう、わたくしたちスタッフは日々精進して参ります。

 

 

どんな些細な疑問でも構いません。

 

 

わからないこと、疑問に思うこと、不安なこと、大森ペット霊堂での葬儀方法など

 

なんでもご質問ください!!

 

 

 

ペットちゃんが虹の橋へ向かうお手伝いを精一杯させていただきます。

 

 

それがわたくしたち大森ペット霊堂の仕事であり、何よりも誇りなのです。

 

 

 

 

 

以上、田島でした。

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂での取り組み~ボランティア編~
2018年1月11日

 

 

こんにちは、田島です。

 

 

 

私はもともと愛知県出身で約20年間ほど愛知で過ごしてきたのですが、

上京してきてからは愛知県よりも野良猫ちゃんや地域猫ちゃんを多く見かけるようになったと感じています。

 

 

野良としてひっそり、猫としての時間を有意義にのんびりと過ごしている猫ちゃんたち

 

地域の皆様から愛され、避妊去勢手術を受け、毎日を過ごしている猫ちゃんたち

 

 

身寄りのない猫ちゃん達ですが、彼らはたくさんの幸せを持っていると私は感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、やはり外で暮らすのには危険がつきものです。

 

 

 

いつ車に轢かれるかわからない

 

いつ意地悪な人間に捕まるかわからない

 

雨だって寒いし

 

毎日食べられるご飯の保証もない

 

 

 

でも彼らは毎日生きています。

 

強いなあ・・と本当に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、私達大森ペット霊堂が行っていることのひとつとして

 

 

ボランティア葬

 

 

というものがあります。

 

 

 

この活動は、野生で強く生きた動物たちに、せめてきちんと火葬・供養をしてあげたいという思いを込め行っています。

 

 

誰かの腕の中で看取られることのなかった彼らに、少しでも温かな場所が訪れますように。

 

 

 

 

ボランティア葬って?

 

 

 

 

 

そもそもボランティア葬とはなんでしょうか。

 

 

大森ペット霊堂でいうボランティア葬は、身寄りのない動物たちの火葬・供養を無償で行うことをいいます。

 

 

道端で轢かれてしまった野良猫、鳥、ネズミなどなど・・・

 

 

発見致しましたら、ぜひわたくしたちへご一報ください。

 

 

 

ホームページ内にも記載しておりますので、ぜひご覧くださいね。

 

 

ボランティアへの取り組み

↑ コチラをクリック ↑

 

 

 

 

 

また、今わたくしたちではボランティア活動の一環として

猫ちゃんを二匹保護しています。

 

 

「僕にもちゅ~る食べさせて~」

 

 

左 ちょび      右 ぶちょう

 

 

 

 

今日も二匹は仲良しでした^^♪

 

 

とっても懐っこくて優しい二匹。

 

 

甘えん坊で食いしん坊。

 

 

彼らは今日も、里親さんを待っています。

 

 

本当に本当にかわいくって、もしも離れる時が来てしまったら

私は泣いてしまいそうです・・・。

 

 

スタッフもみんなこの二匹にメロメロで、にゃんこたちが来てから毎日が明るくなりました。

 

 

みなさんももし少しでも興味があれば、ご一報いただければ幸いです。

 

 

ふれあいはもちろんOKです。

 

 

 

どんな性格の子なのかな?

 

好きなものはなにかな?

 

トイレはきちんとできるのかな?

 

ちゃんとなついてくれるかな?

 

 

どんな質問にもお答えさせていただきます!!

 

ぜひ二匹に会いに来てあげて下さいね。

 

 

 

 

 

以上、田島でした♪

 

 

 

1 42 43 44 45 46 53