BLOG

ブログ
ペットも仲間との死別によるペットロスになるのか
2018年1月3日

大森ペット霊堂 永野です。

 

 

 

本日は、『共生していたペット同士の別れ』について綴りたいと思います。

 

 

葬儀とはお別れの場であり、気持ちの区切りをつける大切なセレモニーです。

 

 

「飼い主とペット」だけでしたら、飼い主主導のしっかりと悔いの残らない葬儀をあげ、お別れをしていただければ良いのですが、では一緒に過ごしてきたペット同士はどのような気持ちでいるのでしょうか。

 

 

当然、葬儀も宗教もすべて人間の作り出してきた文化なので動物にはわかりません。

 

 

同じ場所で何年、何十年と共生してきたペット同士は、ある日突然、共に暮らしていた仲間、親や兄弟が動かなくなってしまったらどのような気持ちに陥っているのか。

 

 

動物も「死」は理解してます。

 

 

でも、人のように気持ちの区切りの付け方は知らないので時が経つのを待つしかないのでしょうか。

 

よく耳にする話では、

「動かなくなった亡骸にずっと寄り添っていた」「お骨になって帰ってきた子の骨壷に体をすり付けてきた」など。

悲しい話となってしまいますが、仲間の死を境に食欲もなくなり衰弱してしまったという話もありました。

 

 

私達飼い主は、亡くなってしまったペットのことばかりに気を取られてしまいがちです。

 

そんな状況でも、残されたペット達の心のケアができるとしたら飼い主様のいままでと変わらぬ愛情しかないと思っています。

 

 

もしも、ペットもロス症にかかってしまっている様子でしたら少量でも栄養価の高い食事を与えてあげたり、その子の弟や妹にあたる新しい家族を迎え入れて、その子に「後輩ができた」ということでのリーダーとしての自覚や責任を芽生えさせてあげるという方法もあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

先日、大往生してくれたチワワちゃんのご葬儀のお手伝いをさせていただいたのですが、飼い主様と一緒にペット達も葬儀に立ち会ってくれてました。

 

犬種は同じチワワで、こちらも高齢な子。

 

恐らく十数年間ととても長い時間を共に過ごしてきたのでしょう。

 

祭壇に安置された仲間の姿をジッと見つめていた大きな瞳が印象的でした。

 

葬儀中も静かにしていて、飼い主様に抱えられながらお線香を焚向けてくれていました。

 

言葉は通じなくとも、飼い主様同様に悲しみ悼んでる気持ちが伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂では、ペットも一緒にご葬儀に参列できます。

(納骨堂もペット同伴でお参りできます。)

 

ペットを連れてくることにより、飼い主様の気持ちの拠り所にもなってくれるのではないでしょうか。

 

そして、もしかしたら人と同じように、ペット達もしっかりとお別れをしたがっているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂

動物ボランティア団体 友愛の会

東京都大田区大森東2-1-1

TEL 03-3763-6300

FAX03-3763-7528

東京 ペット葬儀 大森ペット霊堂

 

みなさんは犬派?猫派?( *´艸`)
2018年1月2日

 

 

さて、皆様は猫派?犬派?と聞かれたらどちらですか?

 

 

犬も猫も一緒に暮らしていますが、わたしはどちらかといえば、猫派です!!( *´艸`)

自由、自分勝手、気まぐれというイメージで好きじゃない方もいらっしゃいますけど、

猫好きとしては、そこがまたかわいい♪となってしまうんです。

 

因みに【猫派】、【犬派】ではどういった意見が飛び交うのでしょうか(^O^)/

 

まず、【猫派】の方が猫を良いという理由として。

1、かわいい

2、自分勝手

3、媚びない

4、上品、美しい

5、冷たい、暗い、陰気

 

 

 

そして【猫派】が犬を苦手な理由としてあげられるのが以下の通りです。

1、散歩が面倒

2、鳴き声、吠える

3、忠実、誠実、従順

4、咬む、咬まれた

5、世話が大変

 

という理由らしいでよ~

3とか素晴らしいと個人的には思うんですけどね~( ・´ー・`)

 

 

さて、つづいて【犬派】が犬を良いという理由として。

1、忠実、誠実、従順

2、人懐っこい

3、散歩ができる、外で遊べる

4、賢い、頭が良い

5、屋外で飼うことができる

 

確かに、イメージとしては1のイメージが強いですね(´ー`)

 

さらに【犬派】が猫を苦手な理由としては以下の理由があげられます。

1、自由、自分勝手、気まぐれ

2、ひっかく、爪がイヤ

3、目が苦手、目が怖い

4、猫アレルギー

5、冷たい、眠い、陰気

 

犬の丸い目からすると猫のきりっとした目は怖いのかもしれないですね~(´ー`)

個人的にはどちらも魅力的ですけど(笑)

 

 

さて、そもそも猫と犬の大きな違いはなんなのでしょうか?( ・´ー・`)

 

犬の歴史

 

人間と共に過ごしていた歴史でいえば、犬の方が猫よりも長いです。

犬の祖先はオオカミだとされていて、家畜化が始まったのも猫より何千年も前となります。

ご存知の通り、犬は番犬や狩猟犬として活躍しているので、古くから人の役に立っていたんですね。

 

 

猫の歴史

 

犬に対して、猫が飼われ始めたのは古代エジプト時代だとされています。日本だけでいえば

奈良時代ごろに、中国から輸入されたことが始まりです。

 

猫は農作物を荒らしてしまうネズミを対策するために飼われたのがきっかけです。狩りが

うまいことは飼っている人なら納得していますよね!!( *´艸`)

わたしの家の猫はスズメ捕まえて来たこともあるんですよおおお~(笑)

 

つづいて、犬の食事と猫の食事も違うんですよ~( `ー´)ノきらーん

 

犬は元々肉食でしたが、人間に飼われるうちに雑食になったんですね~

 

対する猫は肉食動物です。ネコ科の動物を思い返してみると、ライオンやトラやヒョウ…

肉食であることは周知の上ですよね!!

ただ、完全に肉食なわけではなく、肉食に近い雑食が定説です。

栄養バランスに優れたペットフードを与えていれば問題ありません。

 

因みに雑食といっても何でも食べれるわけではなく、犬が食べてはいけない食べ物があるので注意が必要です( ゚Д゚)

あるお家のペットちゃんが起こした絆の話
2017年12月29日

 

 

こんにちは!!

大森ペット霊堂の江川です!

 

ますます冷え込んできているこの季節でございますが、私の仕事の中で聞いたお話しをお先に少しさせてください。

 

この前ご火葬で来堂された飼い主様に聞かせていただいた方のお話で、

その方は沢山のワンちゃんと共に暮らしており、その中で亡くなった子の弔いで大森ペット霊堂にこられ、その子が不思議な行動をしていたことを聞きました。

ワンちゃんAともう一匹のワンちゃんBは普段すごく仲が悪いそうで飼主様家族も一緒に散歩しないで個々の散歩時間を設けているほど一緒にいることはなかったそうなのですが、、、

亡くなる一週間前に何事もなく寝ていたワンちゃんAのそばにワンちゃんBが近づいていき一緒の場所で寄り添って寝始めたらしいのです。飼い主様は凄く驚いたらしいのですが、何故か微笑ましくもありその二匹を見守っていたそうなのです。

そしてワンちゃんAは亡くなったというお話なのですが、ワンちゃんBはそろそろお迎えが来るのを分かっていたのではないかと飼い主様はおっしゃられたのですが、私もそう思います。そうして動物にも情があるのだというなによりの素晴らしい証明だとおもいます!

 

 

そして今回は動物の大きさについてのお話をしたいと思います!!!

題して

物の重さランキングー!!!!

 

第5位

キリン 

体重:1400~2100kg
平均全長:4.7m

キリンは意外かもしれませんが、天敵がほぼいません!

攻撃は前足をキックボクサーのように俊敏に繰り出す技を持っています!(かっ…カッコいい)

ちなみにキリンの蹴り一発で人間は絶命すると言われています

10mは吹っ飛ぶくらいの威力だそうです

 

第4位

カバ

体重:2500~3400kg
平均全長:3.4m

カバはアニメなどでは温厚そうな動物ですが、実際はアフリカで人が死んでいる一番の原因ともいわれています。

顎は150度開き犬歯は50cmにもなるといい、噛む力は1tnともいわれています。

ちなみに1tnは30インチほどのテレビならば砕ける力だそうです!(こわ…)

第3位

シロサイ

体重:2350~3850kg
平均全長:3.8m

沿岸部にいる動物を除けばゾウに次ぐ大きさを誇り、巨大な角を活かした突進は地上最強レベル。
唯一の弱点は視力の悪さだが、逆に動くもの何にでも突っ込んでくる可能性があり、電車などにあたり死ぬケースもある

 

第2位

アジアゾウ

体重:4200~5200kg
平均全長:5.94メートル

サーカスなどに向いている人向きなゾウで一日のうち18時間は食事をしています

そして……

 

第1位!!!!!!!!!

体重:8500~13000kg
平均全長:6.65メートル

 

 

アフリカゾウについて凄いことを聞きました

ケニアの国立公園の園長マーヴィン・コーウィンは「成長したアフリカゾウがライオンに殺された例は知らないが、アフリカゾウに殺されたライオンは二回見た」と証言しているそうです。

ゾウの力は圧倒的で、ダントツの力を誇っているそうです。

戦うことでオスとしてのカースト上位を保つ哺乳類も少なくないはずです!

今回調べてみて興味深いことがたくさん知れてよかったです

以上  江川でした!!

ペット葬儀は虹の橋への道しるべ2
2017年12月28日

こんにちは。

 

先日『虹の橋』のお話を書かせていただきましたが、

このお話には、2部と3部もあるんです。

今日は、そのお話をさせていただこうと思います。

【第2部】虹の橋にて

 

 

動物たちの中には、様子の違う子もいます。

打ちのめされ、飢え、苦しみ、誰にも愛されることのなかった子たちです。

仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かと再会し、橋を渡っていくのを、

うらやましげに眺めているのです。

この子たちには、特別な誰かなどいないのです。

地上にいる間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、誰かが立っているのに気づきます。

その人は、そこに繰り広げられる再会を、うらやましげに眺めているのです。

生きている間、彼は動物と暮らしたことがありませんでした。

そしてまた彼も、打ちのめされ、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。

どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、そこに奇跡が生まれるのです。

そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。

地上では巡り会うことができなかった、特別な誰かと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。

 

 

【第3部】虹の橋の雨降り地区

 

幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。

そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、悲しみに打ちひしがれています。

そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰か、特別な誰かの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、仲間と戯れ、

遊び、楽しく暮らす事ができます。

ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かがずっと悲しんでいるので、とてもじゃないけれど、

みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。

地上に残して来た誰かと同じ辛い想いをして、同じ悲しみに凍えているのです。

 

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。

 

同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、あなたの心から永遠に消え去る事はないのです。

地上にいる特別な誰か達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、「虹の橋」を創り上げているのです。

 

ですからどうか、別れの悲しみにだけとらわれないでください。

彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。

そして、何よりも大事な事を、あなたに伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを・・・
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを・・・

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。

癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも言葉にもできない様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。

「虹の橋」にいる、心から愛しい彼らの姿が見えるはずです。

ペットの死を乗り越える。ペットロスについて
2017年12月27日

大森ペット霊堂の齋藤です。

 

みなさんは、ペットロスの治し方ってご存知ですか?

私はわかりません。その人それぞれに想いが違いますし、病院で治るものでもありません。

ただ、その人を救うことはできるのです。

それは、お互いが

「ペットロス症候群を治したい」思いと、「この人の気持ちを100%理解してあげたい」

気持ちが融合した時に、救われる人は少なからずいると思います。

 

 

本日は、ペットロス『ペットの死を乗り越える』ことをブログに書きたいと思います。

 

 

 

 

 

ペットロスとは??

ペットロスは、文字通り「ペットを失う事」であることです。

ペットを失うと、様々な心身に影響がでることがあります。この症状が「ペットロス」です。

 

愛情をいっぱい注ぎ、一緒に過ごしてきた家族(ペット)亡くなることにより、飼い主さまの行き場をなくしてしまうことによって、引き起こされる症状です。

 

このペットロスは社会現象になるほど、多くの方が悩んでいる問題です。

 

 

 

 

 

 

 

現在、ペットロス・カウンセラーという資格があります。

私たちは、この資格を肯定もしませんし、否定もしません。

 

ただ、私たち大森ペット霊堂のスタッフは全員ペットロスカウンセラーの資格を持っておりません。そして今後、資格を取るつもりも全員ありません。

 

 

 

 

なぜだと思いますか??

 

 

 

自分の子ども(家族)を失い、胸が張り裂けるほどの悲しみが、ペットロスです。

その気持ちって、紙に書いてある知識だけでは計り知れないものであると思います。

中にはとても優秀なカウンセラーさまはいると思いますが。。。

 

 

 

私たちが一番伝えたいことは、

同じペットロスを経験した人でなければ、同じ寄り添う気持ちになれないことです。

 

 

では、この問題をどう解決していくのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

まずは、第一歩を踏み出しましょう。

 

同じ想いに直面している人、ペットロスを経験した人に自分の想いを隠さずすべて話してみてください!

 

 

自分の気持ちを溜め込むことはしないでください。

 

 

それが第一歩だと思います。

 

 

 

 

 

私たち大森ペット霊堂の全スタッフが、ペットロス症候群を経験し、克服してきました。

 

どうやって克服したのか。

どうすれば気持ちが和らぐか。

今の気持ちは?

 

色々聞きたいことがあると思います。

 

 

私、齋藤の話をさせていただきます。

 

はっきり言うと、今でも思い出すと胸が苦しいです。

考えれば考えるほど、涙もでます。

 

ペットロスは、治っていないんじゃないかと思います。

 

 

大森ペット霊堂でペット火葬・葬儀を担当させていただくと、前の子たちを思い出しますし、忘れたことは一度もありません。

どう克服できたのか。

 

 

私の今の支えは、愛犬のCoCoです。

 

 

 

 

 

 

以前はヨークシャー・テリアと暮らしていましたが、今はコーギーのCoCoと暮らしています。

 

悲しい思いをしたくないから、もうペットは飼わない!!

なんてずっと考えていました。

 

そんな私も今では、CoCoがいなければ私ではないでしょう。

 

 

この話の続きは、直接お問い合わせください。

大森ペット霊堂では、ペットロスで悩まれている方に、無料相談をさせていただいております。

 

 

ペットロス症候群でお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非大森ペット霊堂にお越しください。全スタッフご対応します。

 

 

私のお話もここでは書ききれないほどのお話があります。

もっとお聞きになりたい方も、なんでもお問合せください。

 

 

 

 

 

 

もちろん、私たちはご相談料など頂きません。

 

 

動物を愛する者同士、お話をさせていただくことは、私たちの励みにもなります。

これからも動物を大切にできる世の中を目指して、私たち大森ペット霊堂は、ペット霊園から動物たちのために先陣を走り続けます。

 

 

 

動物ボランティア団体 友愛の会

代表 齋藤 鷹一

ペット火葬の実態
2017年12月26日

ペット火葬とは、動物たちの弔いとして、人間と同じように亡くなったら火葬してあげることをいいます。

 

 

ペット葬儀とは、お別れから収骨までのすべてを指します。

 

 

そんなペット火葬をする人たちは、どのような思いで動物を弔いしていると思いますか?

 

 

1、動物の商品としてしかみない。

2、動物がもともと好きじゃない。

3、ペットの接し方も知らない。

4、自分だけが良ければいい。

5、金もうけ。

 

こういうペット火葬をするところが目立ちます。

 

 

そして、ペットと暮らす家族さまから、ペット霊園は安心ができないと言われる原因の一つです。

 

では、どうしたら安心できるペット火葬を営む場所がみつかると思いますか?

 

 

 

 

・見学に行く。自分の目でみること。

 

『百聞は一見に如かず』という言葉もあるくらい、動物病院の先生、知人、ネットの声だけでなく実際に施設に見学に行くことが大事です。

移動火葬車という車の中で火葬をする方もいらっしゃいますが、実質の施設はありませんので要注意です。ただし、移動火葬車を営む人の中には、真面目な方もいらっしゃると思います。

※悪徳ペット火葬業者の7割程度は、移動火葬車。3割がペット霊園だと思ってください。

 

よくお問合せがありますが、私たち大森ペット霊堂は移動火葬車の取組みは一切行っておりません。また、移動火葬車を紹介してほしいというお声もありますが、繋がりが一切ございませんのでご紹介もできません。

 

 

・電話でも良いので、ペットの知識があるか確認。

 

動物の知識なく営んでる方が多くいます。

動物のお仕事をする以上、動物の知識は持つことは当然のことであると思います。

 

ペットとの生活や、ペットへの想いは、一緒に暮らしたり種類によって性格がわからなければ、対応ができません。

 

犬の火葬、猫の火葬でも全く違います。

もちろん、兎、鳥でも違います。

 

飼い主様に寄り添えるのは、動物のことを愛している人でなければ、本当に寄り添うことはできません。

上辺の言葉で寄り添うようなことをいうことは誰でもできますけどね。

 

 

 

・ペット葬儀以外、何をしているのか。

動物の葬儀以外、どんな仕事をしているのかをチェックしましょう。

 

動物の葬儀をやっている反面、居酒屋を開いている霊園もありますし、光回線の営業をやっているような全く関係ない仕事の会社も中にはあります。

ペット霊園は、儲けるための手段としてやらないでほしいと思うのは私たちだけでしょうか??

 

 

 

 

 

保護団体様がボランティアで動物のために動いてくださっている中、動物業を営む民間は、営利に走っているのが今の動物業です。

 

それが、今の動物業の問題視されていることであると思います。

 

 

表では、とても優良な振りをし、中ではどうなっているかわからないところがありますので、しっかりと見据えましょう。

 

 

 

そのためには、、、

亡くなる前に、生前相談。調べること!!

 

万が一のことがあってからじゃ、正確な情報を得られません。

先を見据えて、万が一のことを考え調べることが安心したペット霊園を探せる一番のポイントであると思います。

 

 

 

家族のことをいっぱい考えてあげて、素晴らしく幸せなペットライフを送ってくださいね!!

 

1 43 44 45 46 47 52