BLOG

ブログ
ワンコたちと公園へ!~わんちゃん達との挨拶~
2017年12月12日

 

こんにちは!

 

笹本です!!

 

 

 

先日お休みの日に、私のペットの梅丸と花をつれて、

 

公園にあそびに行きましたー!!

 

家の近くに駒沢公園があるので、

よく遊び行きます!

 

2匹はとても仲良しなので

いつもくっついて歩いています!( ´∀` )

 

駒沢公園には、ペットを連れてお散歩している人がすごく多くて、

 

他のわんちゃんや、

飼い主さんとも多く交流することが出来ます!!

 

うちの子達は他の犬は全く気にせずに

2人で遊んでますけどね(笑)

 

 

 

 

梅丸さん。。。。。

落ち葉でこんなに楽しそうなんて。。。。(-_-;)

 

 

駒沢公園では、ドックランももちろんありますし、

ドックカフェも周りに多くあります!!

 

スタバだってわんちゃんとはいれちゃいますよ!!

駒沢1丁目店

 

私がよくいくドッグカフェは

駅の近くにある

ライスカフェというところです!

rice cafe

お店に2匹の狆がいるんですよ~

珍しい犬種です!ここで初めて見ました!

 

 

わんちゃん用のケーキもオーダーできるみたいなので、

今度作ってもらおうと思っています!

 

 

 

 

 

ドックカフェでもそうですが、

わんちゃんに遭遇するとやっぱり触れ合いたくなりますよね!!

 

でも、わんちゃんに挨拶するのにもマナーがあります!

 

よく、私も散歩をしていると、

梅丸と花が近づいてもいないのに、

可愛い‼‼と言って、

急に手から出してくる人がいます。

 

うちの子達は噛んだりしませんが、

わんちゃんの性格によっては、そのまま噛まれてしまっても、

わんちゃんのせいにはできませんよね。。

 

 

例えば、人にたとえてみると。。

私は身長150センチくらいなんですが、

180センチの知らない人が突然目の前にやってきて、

頭を触られたとしましょう。。

 

 

 

 

うん。。

 

怖いですよね(;^_^)

 

 

わんちゃんの場合はもっと怖い状況になってくると

想像できるんじゃないでしょうか。。

 

わんちゃんによっては人が嫌い、または怖い

と思っている子もいます!

 

うちの子達はちょっと人見知りです。。。。

 

 

それでは、

街や公園などで遭遇したわんちゃんたちと触れ合いたいときはどうしたら

いいのでしょうか!

 

一個人の意見としてみて頂ければと思います!

 

 

 

1、飼い主さんに許可をとる!声をかける!

「触ってもいいですか??」

。。声をかけないで近づいたら飼い主さんまで驚きます。。

 

2、しゃがむ!(横に)

立ってる人が少しかがむだけだと、上からの威圧感が出てきてしまいます。

正面に突然来られるよりも、横のがストレスがないんです!!

 

3、好きなように匂いをかがせる

ちょっと手の甲を鼻の近くにしてあげてみたり。。。

 

 

くんくんしてくれたら。。。。。。。

 

 

 

首らへんから

撫でてあげましょう!!

 

 

4、飼い主さん、わんちゃんにお礼をいう

一番重要ですね!

「ありがとうございましたー!」「可愛いですね~☆」

 

 

これで完璧です!!

 

 

仲良く触れ合うことが出来ると思いますよ!

 

 

わんちゃん同士の挨拶はまた違うかたちになるので、

 

また次回、お話しましょう♪

 

 

笹本でした~(‘ω’)

 

 

 

フリスビーで遊ぶ。。ではなく遊ばれる梅丸
動物と暮らすことは、人生の一部
2017年12月11日

 

 

こんにちは、田島です。

 

 

 

 

今日は私自身についてお話させていただこうと思います。

 

 

 

 

 

「ペットを飼う」

 

 

 

 

 

 

人生で一度は経験したことのある方が多いと思います。

 

 

 

そのペットはみなさんにとってどんな存在でしょうか?

 

 

 

 

私は上京してきたため今では離れ離れになって暮らしていますが、14年寄り添ってきているミニチュアダックスフンドのリンを実家で飼っています。

 

彼女と初めて会ったのは私が7歳の時ということで・・・。

 

本当に時の流れは早いです。笑

 

 

 

その時の私にとってリンという存在は、一番の友達であり、はじめてのでした。

 

 

 

犬は群れの中で序列をつけるので、迎え入れた家族にも同様に順番を付けます。

 

 

 

ここできちんと飼い主のほうが偉いんだぞ、ということを教えないと

自分がボスだ」という認識をしてしまうので

言うことを聞かなくなったり、噛み癖や吠え癖などで凶暴になってしまうことに繋がります。

 

 

 

よりよい関係を築いていくためにも、きちんと抑えておきたいポイントです!

 

 

 

 

とはいうものの、当時私の場合はほぼ無知に近いままリンを家族に迎え入れました。

 

 

私が末っ子ということ、きちんと序列を理解させなかったということもあり、リンからしてみればきっとその頃の私はリンと同等の立場、もしくはそれ以下だったと思います。^^;

 

 

 

ですがリンを迎え入れてからは本当にたくさんの時間を一緒に過ごしました。

 

自転車のカゴに乗せて近所を走り回ったり、公園で一緒にブランコに乗ったり、

不服そうな顔をしながらも、“ごっこ遊び”にもたくさん付き合ってくれました。

 

 

私の遊び盛りの時期に、遊び盛りのリンがいてくれたことは

とっても素敵な思い出です。

 

 

私と同じように、彼女の中に少しでも「幸せだった」と残ってくれていたらいいなあと思います。

 

 

今では友達という関係から少し変わり、かけがえのない家族になりました。

 

いつまでも大事な大事な妹です。

 

 

 

みなさんはどうですか?

 

 

ペットちゃんとはどのような関係を築いているでしょうか。

 

 

友達、相棒、仲間、子供、兄弟など・・・

 

 

すべての関係をひっくるめ、「家族」と感じている方が多いと思います。

 

 

 

 

 

 

彼らはたくさんの表情を見せてくれますし、たくさんの愛情をくれます。

 

辛い時悲しい時、涙を流すときなんかはそばに寄り添ってくれるペットちゃんのお話も多く耳にします。

 

喜びや嬉しさも共有してくれます。

 

 

 

そんな幸せな時間の先には目を背けたくなるような待っているものがあって

 

悲しいことではありますが、自分よりも先に空へ旅立ってしまう子が多いですよね。

 

たくさんの時間を共に過ごしたペットの最期を見届けるのは

 

 

飼い主として最後の、そして最も重要な役目だと私は考えています。

 

 

 

同じ時間を過ごしてきた命を腕の中のぬくもりで看取ってあげること

 

命が尽きた後でもその体に触り、感謝の気持ちを伝えることが

 

彼らの一番の幸せな時間なのではないでしょうか?

 

 

あくまでもこれは私の考えであるため、言葉が話せない動物達が本当は何を考えているかはわからないですが、

飼い主が注いだ愛情を必ず受け止めているはずです。

 

 

 

一度でも預かった命を、最後まで責任を持って一緒に過ごすことが

 

 

ペットを飼う

 

 

ということなんだと私は思っています。

 

 

 

 

愛情表現は人それぞれあると思いますが、

一緒に過ごしているペットちゃんとの時間を、

後悔してもいいように

人生の一部として一緒に生活していくことが大事ですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、田島でした♪

 

 

 

 

 

猫にとっての幸せとは
2017年12月10日

地域猫活動とは

 

 

日本では犬に比べて猫の殺処分数の削減率が伸び悩んでおり、いかに猫の処分数を減らしていくかが大きな課題となっています。

処分される猫の大半が野良猫の生んだ子猫なので、多い時には年3回15匹以上の子供を生む野良猫の繁殖を抑えることが有効といわれています。

最近では動物保護団体や自治会などが野良猫に不妊・去勢手術を行って増えないようにした上で、決まった場所にエサ場やトイレを設置して、地域ぐるみでその一生を見守る【地域猫】という活動が注目されています。

ただ、ごはんをあげることだけではなく、避妊去勢手術を施し、頭数を増やさぬように地域猫として住民が猫たちを見守ることがとても大切です。

 

 

 

TNRとは

 

・Trap(トラップ):捕獲すること

・Neuter(ニューター):不妊手術のこと

・Return(リターン):猫を元の場所に戻す

以上を実施することで,繁殖を防止し,【地域猫】として一代限りの命を全うさせ,野良猫に関わる苦情や,殺処分の減少に寄与する活動をされている団体も多く存在しています。

TNR活動には動物保護団体のほか、獣医師の協力が欠かせません。

TNRを施した猫には不妊手術済みですということが他の人にもわかるように、麻酔中にみみ先を少し切ります。

みみ先カットは、命の尊重と「この猫のうしろには世話をする優しい人がいる」というしるしです。

 

 

 

地域猫の保護、里親様募集を行っております

 

 

大森ペット霊堂でも最近、地域猫として見守られておりました猫ちゃんを二匹保護させていただきました。

保護の経緯としましては長年、こちらの二匹を中心となって見守っていらした方が体調を崩されてしまったことを境に猫ちゃん達が地域を抜け出してさ迷うことが増えてしまい、事故や大きな病にかかってしまう前に保護をしてもらえないかと地域の方からの要請がありましたので、この度は御縁あって大森ペット霊堂にて保護をさせていただきました。

 

 

 

猫ちゃん二匹の御紹介

 

 

●チョビ(仮名)

・オス

・推定10-12歳

・去勢済み

・ノミ、ダニ、寄生虫駆虫済み

 

性格は好奇心旺盛で、年齢を感じさせないほどの甘えん坊です。とても人懐きが良くかわいい子です。

先住猫がいるお家でも問題なく家族の一員になれることでしょう。

 

 

 

 

 

●ブチョウ(仮名)

・オス

・推定10-12歳

・去勢済み

・ノミ、ダニ、寄生虫駆虫済み

 

性格は少し神経質ですがとても大人しいです。鼻の下のお髭のようにみえる柄がチャームポイントでとてもかわいい子です。

大人しい性格なので大切に見守っていただけるお家がよろしいかと思われます。

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂は命をお見送りする場所ではありますが、同時に命を繋ぐ場所でありたいと考えています。

 

 

飼い主様にとっては長年連れ添った家族を失うことはとても辛く悲しいことではありますが、「もうこんな悲しい思いをしたくないから二度とペットは飼わない」ではなく、後悔のない葬儀をしていただき、一日でも早く悲しみから立ち直り、次の新たな命を家族に迎え入れ、日本から一匹でも多くの不幸な動物を救いたいと考え、活動を行っております。

 

 

ペットの仏具は何を使えばいいの??
2017年12月9日

 

今回は、ペットちゃんの仏具についてお話させていただこうと思います。

 

 

 

悩み その1

 

 

亡くなったペットちゃんの供養の仕方がわからない。

 

 

 

 

まず、大事なことはその子のことを思い出してあげることです。

 

一緒に遊んだ事、その子に叱ったときの事、癒してくれた事、一緒に寝た事。

 

色んな思い出をまずは思い出してあげましょう。

 

「一緒にいてくれてありがとう」の気持ちを持ち、ろうそくに火をつけ、お線香を焚いてあげましょう。

 

ろうそくやお線香は、人間の供養でも使う、市販で販売しているものでも良いですし、ペットちゃん用で可愛いものも販売しておりますので、お好きなものを選ばれると良いです。

 

 

 

悩み その2

 

 

ペット専用の仏壇ってあるの??

 

 

 

 

 

上記の写真のように、ペットちゃん専用のものがあります。

 

ペット仏壇は、お骨壺が中に入るような作りになっていますが、最近ではお骨をペット霊園に納骨をする方が増えてきております。

 

ご納骨をしている方は、中にお位牌をお入れするようにしましょう。

 

 

※お位牌とは?

 

 

 

 

魂が宿る場所とされており、亡くなられたペットちゃんの象徴と言われています。

生前と同じように話し、語りかけてあげましょう。

 

 

悩み その3

 

ペットの仏具セットが欲しい!!

 

 

 

 

もちろん、人間と同じものを使っても良いです。

ペットちゃん専用の仏具の利点は、ペットのために作られているという事です。

 

・生前大好きだったご飯を供えるサイズで作られている。

・ろうそくやお線香も短く可愛らしくデザインされている。

・お水入れも用意されている。

 

このような利点もあります。

 

 

 

 

上の写真のように、線香立てがペットちゃんの形になっている仏具もあります。

 

 

このような仏具を用意し、ご自宅でペットちゃんのことを思い出してあげ、お線香を焚いてあげることも一つの選択肢として良いのではないかと思います。

 

 

悩み その4

 

お骨を二つの骨壺に分けていいの?

 

 

 

 

分骨にしてはいけない決まりはありません。現に、関西のほうでは分骨の文化があります。

ただ、お寺さまの考えによっては、推奨していないお寺さまもあるそうです。

 

分骨てまではいきませんが、小さいお骨をいつでも手元に置けるカプセルキーホルダーやペンダントを購入される方が多いです。

 

こちらですと、お出かけのときでもずっと一緒にいれます!

 

 

分骨については、色々な意見があります。なので、家族さまで考え、その考えを尊重してあげてくださいね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ペットの仏具は、人間の仏具よりも多くの数があると思います。

 

大森ペット霊堂でも、ペット仏具を取り扱っております。

ペットちゃんの火葬にお越しいただいた飼い主様がお買い求める方がいますので、求めていらっしゃる方が多くいるのではないかと思い、コラム記事にさせていただきました。

 

また、ペット仏具、ペット仏壇のご相談やお問い合わせも承っておりますので、お問合せフォームやお電話でもご対応させていただきます。

 

 

 

 

東京都大田区大森東2-1-1

東京のペット火葬やペット葬儀は大森ペット霊堂

動物ボランティア団体 友愛の会

イオンペット提携 優良ペット霊園指定

0120-176-594

03-3763-6300

 

 

愛犬とお泊まりするときは・・・。
2017年12月6日

吉津です。

 

うちではよく、愛犬ちょこと一緒に泊まりがけで遊びに行きます。

 

昔と比べると、一緒に泊まれる宿はずいぶん増えたように思います。

 

愛犬と泊まりがけで遊びに行きたいけど、ちょっと不安・・・。初めてでよくわからない・・・。

 

という方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、愛犬と宿泊する際の、マナーや気を付けることを私なりにまとめてみました!

 

宿ごとのルール

 

予防接種の証明書の提示を求められるのは、どこの宿も同じですが、

 

その他のNG条件は宿によって全く違います。

 

宿に直接聞いてみるか、ホームページをよく見て、確認することをお勧めします。

 

私は予約をした後に、守れるか不安なルールがあることがわかり、

 

キャンセルをした際にキャンセル料を取られてしまったことがあるので、

 

できれば、予約をした後ではなく、予約をする前に宿のホームページをよく見て確認することをお勧めします。

 

ちなみにそのルールとは・・・・

 

食事の際に、おとなしく出来なかった場合は退場してもらい、車の中で待たせること。

 

でした・・・。

 

これでは、一緒にお泊まりに行く意味がないなぁ。と思いキャンセルしましたが、

 

こんな感じで、宿によってルールが全く違うので注意が必要です。

 

トリミング

 

うちは大体宿泊する3~4日前にシャンプーをしています。

 

その時に先生に診察してもらい、健康状態もチェックしてもらっています。

 

宿にはドックランが併設されていたり、自然がいっぱいの場所で遊ぶので、

 

ノミやダニ対策もしっかりしています。

 

持っていくもの

 

いつも食べているごはん

犬専用メニューなどを用意している宿もありますが、食べなかったりすると困るので、いつも食べているごはんは必ず持っていきます。

 

おしっこシート

お部屋や廊下におしっこシートやうんち袋を用意してある宿がほとんどですが、足りなかったりした時のために、必ず持っていきます。

 

迷子札

環境が変わると興奮したり不安になったりして、車から飛び出してしまって迷子になってしまうことも考えられるので、迷子札はつけていくようにしています。

 

コロコロや足ふきタオル等は宿によっては用意していることもあるので、事前に確認をしてから必要であれば持っていくようにしています。

 


オススメの宿

今まで泊まった宿の中でお気に入りの宿を紹介します。

 

伊豆高原わんわんパラダイス

ここのホテルは、もう、ワンちゃんを飼ってる人は絶対行ってほしいホテルです。

まさに、ワンちゃんのためにあるようなホテルです。

 

 

私達は夏に行ったのでプールで泳ぐこともできました。

ライフジャケットのレンタルもあります。

 

 

愛犬連れ率100%なので、食事中も賑やかで、何よりもスタッフの接客が素晴らしいです。

お泊まりデビューにはオススメのホテルです。

 

 

きぬ川国際ホテル

ここは、日本で初めてペット同室の宿泊を始めたホテルらしいです。

とても落ち着いた雰囲気のホテルです。

ここに泊まるなら、是非利用してほしいのが家族風呂です!

 

 

予約制なので、チェックインと同時に予約することをオススメします。

 

 

 

また、オススメの宿が見つかったらここでお知らせしたいと思います。

 

 

ペットの病気を知る(犬編)
2017年12月5日

こんにちは大森ペット霊堂の江川です!

 

本日は動物の病気に関することをお話していきます。

毎年全世界の人が3万5000~5万の人が命を落としている恐ろしい病気を紹介します。

 

 

 

 

  『   狂   犬   病     』

 

 

 

 

 

聞いたことある方もいらっしゃると思います。おもに猫、犬、コウモリから噛まれたり引っ掻かれたりするとその傷口からウィルスが侵入し発症する病気です。

 

 

Q.どんな症状なの?

 

 

A.噛まれた部分にもよりますが、発熱、頭痛、倦怠感、筋 痛、疲労感、食欲不振、悪心・嘔吐、咽頭痛、空咳等の感冒様症状ではじまります。。咬傷部位の疼痛やその周辺の知覚異常、筋の攣縮を伴う。脳炎症状は運動過多、 興奮、不安狂躁から始まり、錯乱、幻覚、攻撃性、恐水発作等の筋痙攣を呈し、最終的には昏睡状態から呼吸停止で死にいたる場合もございます。狂犬病は一度発症しますと、致死 率はほぼ100%なのです、、、潜伏期間は1~2ヶ月らしいです。

 

「恐水発作により水が怖くて飲めない=体に水分が行きわたらないってことですので、聞いているだけで苦しくなってしまいます。」

 

 

Q.日本ではあるの?

 

 

A.主にアジアに多く広まっているんですが、日本での狂犬病の発症は1957年以降していません!

何故かというと、日本でのワンちゃん達はワクチンに検疫制度によって安全なのです!あと島国なので安全だそうです。

 

 

Q.他の動物ではどんな子が狂犬病にかかるの?

 

 

A.アライグマ、スカンク、キツネなどの動物にも発症するそうです。

ちなみにこの子たちは自然界で生息している子がほとんどなので、狂犬病の根絶は難しいそうです。

 

発症に気づくタイミングは海外旅行で現地で噛まれ帰国後に発症するケースが多いそうです。

 

僕はワンちゃん、ネコちゃんが好きといっても知識の浅はかさは否めません。しかし病気になる可能性があるからと言って、飼いたくないなどと投げ出したくはないです!

家族に向かい入れるってことは楽しいことも辛いことも同じ環境で共有することだと思います。

 

 

 

 

 

人間も年老いて誰かに介抱してもらうことと同様に

ペットちゃんの介護の時期も嫌なことではなく、一緒に入れる時間として大切にしたいです。

私はまだ一緒に暮らしたことがないので、『偉そうな口をきくな、何もわかってないくせに』と絶対思われるとおもいますが、私は一度決心したことは曲げたくない気持ちをもっています。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

江川でした!!

1 47 48 49 50 51 53