BLOG

ブログ
ペットとして家族に迎え入れる動機
2017年11月26日

どうも大森ペット霊堂の男スタッフの江川です。

 

皆さんは、ペットと出会う経緯はどういう形でしたか?

 

私はハムスターを高校の時に飼っていました。種類はスノーホワイトという種類です。

出会った経緯は、品川近辺にいる方から譲り受けました。

 

 名前はライムちゃんです!

 

 

学校の授業が終わると一目散に家に帰り。いつもその子のそばにいました。

 

溺愛しすぎたかもしれません(笑)

 

(参考画像)

 

ハムスターは寿命が短い動物で、過ごした時間は2年ほどです。

最期はしっかりと看取らせていただきました。

 

年月を経て、様々な動物たちとふれあい、大森ペット霊堂のスタッフとしてペット葬儀を担当することになり、ペット火葬にも携われるようになりましたので、多くの動物たちをみさせていただいております。

 

大型犬の飼い主様が私たちのペット霊園にお越しいただいた際、大型犬の魅力を丁寧に伝えていただいたことが今でも印象強く、

 

「いつか大型犬を迎え入れることができたらなぁ。。。」

 

と、毎日考えるようになりました!

 

 

あくまで夢ですが、、、

 

 

大型犬に大事なことは、運動量、部屋のスペースの確保!

 

 

例えば大きい子と暮らすには散歩の回数や家の大きさなどその子に対しての環境が必要だと、私は考えるようになりました。

 

大きい子は一日数回は最低でも、外に連れて運動をすることが不可欠と言われております。

例えば、バーニーズマウンテンドッグのような大きい子は、

一日の散歩の中で1回は2時間30分程度、散歩させることが推奨されています!

 

 

今の私には、そのようにさせてあげることができる環境を整えることが先行して必要ですので、まだまだ時間がかかりそうです。。。

 

いずれ迎え入れる体制が整ったときには、保護した犬や里親を探している方からの譲渡を希望しております!

 

 

ご縁があった時、私の家族を紹介いたしますね(^^)

 

 

長々とすいません!

江川でした!

 

犬や猫も仲間が亡くなったら悲しむ?
2017年11月25日

 

 

こんにちは。笹本です!

 

以前私が大学で勉強した、ニュージーランドでの研究についてご紹介します。

 

 

同居していた先住犬に先立たれた犬は何を思っているのか

 

海外の雑誌「Animals」にて紹介されていました。

 

 

 

 

 

 

ニュージーランドとオーストラリアで犬猫の飼い主に、

大規模なアンケートが行われました。

 

アンケートの内容は同居していたペットが亡くなった後の

残されたペットの行動についてです。

 

アンケートの結果として興味深かったのは、

 

先立ってしまったペットが生前良く寝ていた場所をみていた

という回答です。

この回答は犬も猫も60%以上にみられたそうです。

 

 

他にも、御飯を食べる量が減ったり、食べるスピードが落ちたり、

寝て過ごすことが多くなった

などの回答も

 

多くみられたそうです。

 

このように、

同居していたペットが亡くなった時に、

残されたペット達に変化があることが明らかにされました。

 

 

 

 

私はこの結果をみて、

同居していた子が亡くなると

やはり、残された子がは悲しみや不安などを

感じているんだと思いました。

 

私たち人は家族が亡くなったら

当たり前のように悲しみますが、

動物達も悲しんでいます。

 

残された子達に、亡くなられた子の分も優しく

接してあげることも

必ずと言っていいほど、必要なことなのではないでしょうか。。

 

 

大森ペット霊堂では、

どのフロアもペットOKとなっています。

法要や葬儀、お参りにも一緒に住んでいるペットちゃん達を、

連れてきてくれる方も多数いらっしゃいます。

人と同じように感情を共有できる動物達だからこそ、

一緒に連れてきて、心を通わせ合うこともいいかもしれませんね。

 

 

たまに、

「うちの子はそこら辺におしっこしちゃうからつれてこれないわ~」

という声も聞きますが、

それは動物達がすることなので

私達大森ペット霊堂のスタッフは全く気にしませんし、

お掃除も快く引き受けます!

 

私がいるときには、一緒に遊ばせてくださいね(^o^)

 

 

以上、笹本でした~

 

みなさま寒くなってきたのでお身体お気をつけください☆

可愛いペット達
2017年11月24日

 

こんにちは、田島です。

 

自己紹介ページでも登場していますが、今日は私の可愛いペット達を紹介します!

 

 

 

みなさん爬虫類は好きですか?

 

 

 

苦手な方もよくお見掛けします・・・。

 

が、私の子供たちはとっても可愛いんですよ♪

 

 

 

レオパードゲッコウ(ヒョウモントカゲモドキ)

 

 

 

名前は幸村!

 

 

この写真はうちにきてすぐの時です。

知り合いのところで生まれたのを譲ってもらい、この日から家族になりました!

 

 

 

そして今ではこのくらい。成長したね~。

 

 

 

ちなみに幸村は女の子です。

 

 

レオパは爬虫類の中でも人気がありますよね。

私が近づくと「ん?ごはん?」とシェルターから顔を覗かせてくるんですよ^^

 

 

 

レオパは温かく、比較的乾燥した地域出身ということで、パネルヒーターや保温球などで温かくして飼育をします。

 

 

我が家のゆきちゃんはシェルター(小屋?のようなもの)の下にパネルヒーターを敷いているので、最近は寒いためあまり出てきません・・・

 

個体さや環境の違いなどはありますが、寒くなってくるとその影響で色味も少しくすんできたりします。

 

乾燥地域出身とはいえ、あまりにも乾燥しすぎると、「脱皮不全」になったりもするので注意深く観察してあげましょう^^

 

 

 

さてこのレオパちゃん、餌も人工飼料を与えられたりと、初心者の方にもお世話は気楽に出来ると思います。

 

 

幸村もグラブパイという人工飼料を食べています!

 

 

ただ個人的には、生餌を見て目を輝かせ、美味しそうに食べる姿を見たいので決意が固まり次第、生餌を飼育しようと思っていますが・・・。

 

ゴキブリとかコオロギとかね・・・できるかな・・・。

 

 

 

 

続いて・・・↓↓↓

 

 

 

アカハライモリ

 

 

これは・・・どっちだろう・・・

 

てんば と ちえみ

という名前の女の子が2匹います。

 

 

この子達も知り合いのもとからうちへやってきました。

 

てんばは名前の通り、おてんば娘なので名前もてんばちゃんに。

ちえみはちょうどうちに来た時、ブルゾンちえみが大ブームしていたためそこから名付けました。笑

 

 

アカハライモリは名前の由来通りお腹が真っ赤です。

 

このお腹はフグと同じ毒を持っていて、赤色はそれを示す警戒色なんだそうで・・・。

 

ずっと手のひらに乗せているとピリピリしてくるということを聞いたことがあるので、触った後はきちんと手を洗うことを心掛けています。

 

 

 

 

 

ちなみにうちの子達は脱走癖があるので、こんな感じで壁をよく登っています。

 

こんな姿も可愛い!!と、帰宅後いつも親バカっぷりを発揮。笑

 

水で濡れた身体を乾かして登っていくんだそうです。賢いなあ~。

 

 

 

 

さて、我が家の爬虫類達はいかがでしたか?

 

飼ってみると、性質だったり生活だったりが観察できるのでとっても興味深いですよ。

 

興味がある方はぜひペットショップで見てみてください♪

 

 

田島でした♪

 

ペット火葬について、メディアからの問い合わせ多数!!
2017年11月23日

大森ペット霊堂の齋藤です!

HPが変わり、わたしたちの動物に対する考えやペット霊園としての在り方、ペット火葬、ペット葬儀の在り方が多くの方に伝わっているようです(^^)

 

HPをリニューアルして、1週間。

 

4社からの取材問い合わせがありました!

 

ペット霊園は多くの方が注目している業界でありまして、なぜ注目されているかというと、二つの理由があると思います。

 

 

1、ペットの高齢化問題に直面し、万が一亡くなってしまった際の場所であること

 

 

 

ペット霊園というところは、動物たちが亡くなった際、火葬しお骨にしてあげる場所です。人と同じようにペットもやってあげようということを掲げ、運営しています。

 

ペットを家族に迎え入れる方が一番多かった2008年。そこから9年が立つ今日。ペットの高齢化が進んでいます。

老犬ホーム、老猫ホームといった施設も全国的に増えている中でありますが、ペット霊園や移動火葬車の数は全国で1000社ほどと言われています。

ここ、東京でも200社ほど、存在するのが現状です。

どこが良い場所なのか、これじゃどのペット霊園を選べばいいかわかりませんよね。。。

 

2、一部のペット火葬業者が起こす問題が大きすぎることに関わらず、行政が法整備を整うことをしない。

 

 

 

1でも記載した話も隣接します。

 

数々の問題を起こす霊園や移動火葬車が全国的に多いということです。

 

大森ペット霊堂は、【全国ペット霊園協会】という協会に属しています。

ここは、ペット霊園の在り方を霊園同士で勉強し、優良な場所としてあるために作られた協会です。全国で90社ほど加盟し、全国の由緒ある霊園が加盟しております。

 

 

全国ペット霊園協会のHPはコチラ

 

 

 

 

杜撰なペット霊園が引き起こす問題は、社会的問題にもなっていることにも関わらず、行政として良い法を整備していただけてないことも現実です。

事が起こってから、法を考えるのでは遅いのではないかと、遺憾に感じることはありますが、わかっていただけるまで、わたしたちは発信していくつもりです!!

 

今回、メディアさまが取材にお越しいただきますので、ペット霊園の在り方や、大森ペット霊堂の思いを多くの皆様にわかっていただきたいと思っております!

 

 

最近、ペット霊園というと、悪いニュースばかりですからね。。

動物のために真剣に取り組んでるのに、正直、風評被害もあったりします。

 

 

でも、そんなこと言ってられないです!!

 

 

真剣に向き合っていることをすれば、正しいことをしていれば何も問題ないと思っております。

 

ただ、わたしたちが目指すところは、全国のペット霊園の意識改革です!

 

 

 

全国の方が、お近くに安心のできるペット霊園があるのが一番です。

 

私たちは東京23区内の「大田区」にあります。

 

 

大田区には、親交させていただくSEKAI NO OWARIさまのブレーメン含め、多くの優良動物団体が存在します。

 

 

 

その方たちと、大田区から全国へ動物愛の輪を広げていきたいと思っております!

 

 

 

動物がより良い環境で暮らせる世の中、人との共生がもっと素晴らしくなりますように!!

全力で活動していきます!(^^)

 

 

 

以上! 齋藤でした!!

ちょこと木更津のアウトレットに行きました!
2017年11月22日
私のわんにゃんの生態
2017年11月21日

こんばんは!

何故か大森ペット霊堂で『先生』と呼ばれている安吉です(^^)/

 

幼い頃より、犬と猫を一緒に飼うことに憧れをもち、

 

こんな光景見たいなあ~っていうのをついこの間垣間見れたので、

 

載せちゃいます( *´艸`)

 

 

 

 

 

いつもじゃれあってばかりいるんですが、

寝るときは仲良く集合して寝ています。

癒しです( ・´ー・`)

いろいろ調べてみると同居させる為には三つのコツがあるそうです。

 

1、迎え入れる順番と先住の優先

2、習性を理解して、同じように愛情を注ぐ

3、仲良くさせたいとは思わないこと

 

らしいです。

私の家ではたまたま条件があったのか、じゃれ合うことはあっても

お互いにケガするようなことがないので一安心です(‘ω’)

皆さんも犬、猫同居させようと考えている方いらっしゃいましたら

是非、参考の一つにしていただけたらと思います。

以上です。

 

 

ご愛読ありがとうございました(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 49 50 51 52 53