BLOG

ブログ
ペットの法要と供養はどうしているの?
2017年12月2日

 

 

こんにちは!

笹本です。

 

 

本日は土曜法要でした!

 

ご参加頂いた皆様、ご苦労様でございました。

本日は13匹のペットちゃん達の御家族がいらっしゃいました。

 

 

土曜法要の様子を少しだけ撮影しましたので

ご覧ください!!

 

MVI_6092

 

 

本日も高野御住職がお見えになり、お経を読んでいただきました。

 

 

 

 

********************

 

 

 

ところで、

ペットの法要

 

とは、何をするものなのでしょうか。

 

私たち大森ペットは

毎月2回、第一、第三土曜に

合同法要ございます。

 

 

法要の内容としましては、

御住職がひとつひとつのお骨を抱いていただき、丁寧にお経をお読みいただいております。
合同の火葬をされている施主様には、
ご用意いただいたお写真や塔婆を手に取り同じように供養していただけます。

49日忌、1周忌、3回忌、までご参加される方が多くいらっしゃいますし、

 

個別法要の申し込みも多くあります。

 

 

個別法要の場合、施主様の家族のみで行わさせていただいております。

 

御料金は普段の合同法要とは異なりますので、詳しくはお問合せくださいませ。

 

人の法要と同じように御住職にお経やお名前を

読んでいただいて、

お焼香やお線香も焚いて頂きます。

 

お経が終わりましたら、御住職からお説教(お釈迦様のお話)がありますので、ご参加いただいている皆様は、真剣にご住職のお話を聞いてから、席を立たれます。

 

 

49日や1周忌などをキリがいい頃に御納骨を考える方も

多くいらっしゃいますので、ご質問等ございましたら

2階受付、または、お電話にてお受けいたします。

 

 

法要には、もちろんペットちゃんもご参加できますので、

是非ご一緒にご参列下さいませ。

 

********************

 

 

私が以前飼っていたビーグルのジェイは、

とても可愛がっていて、私の最愛のパートナーと言えるほど

大好きでした!

 

ジェイは16年間も一緒にいました!

 

しかしジェイの亡骸は、火葬を行わずに

土葬で祖父の家の庭にいます。

 

もちろん、祖父の家に行ったときには、

必ずお線香をあげて手を合わせますが、

 

一周忌、三回忌、七回忌などで法要を行ったことはありません。

 

大森ペット霊堂に入ってから、

しっかり供養してあげればよかった、

法要なども行えてあげれたら、ジェイのために

なっただろうなあ。。。

 

と、今更ながら考えてしまいます。

 

ジェイが亡くなってから五年が経ちましたが、

一度も忘れたことはありませんし、

 

たまに夢にも出てきてくれるので

寂しさはもうなくて、暖かい気持ちにはなれるんですけどね?

 

 

大森ペット霊堂で葬儀を行ったペットちゃん、

身寄りのない子達も、

みんな幸せだなあ。

 

と深く想います!

 

 

でも一番は、供養してあげたことだけでなく、

 

最後まで大切に想われていることだと、

私は思います。

 

亡くなられた子も、今生きている動物たちのことも

大切に想っていたいですね(^o^)

 

 

 

 

笹本

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
賢いワン!
2017年11月30日

 

こんにちは、田島です。

 

 

 

今日は私の大好きな犬種のお話をしたいと思います。

 

 

 

 

みなさん、ボーダーコリーという犬種をご存知ですか?

 

 

 

 

そう!よく見かけるこの毛色、黒と白が特徴的なこの子です!

 

 

 

「BABE」という映画に出演していたり、芸能人が飼っていたり、都内でも見かけたりすることが多々あります。

継続的に人気のある犬種といえるのではないでしょうか?

 

 

犬の中でも特に頭がよく、時には一番頭が良いと言われるほど賢いんです。

 

 

キュートな顔立ちの子もいれば、クールな顔立ちの子、長毛や短毛、黒と白だけでなく他にも毛色の種類が様々あり、これに加えて運動好きであり賢いともなると、人気の理由が分かりますね。

 

 

 

 

さて、このボーダーコリーという犬種、現在でも活躍していることがありますが、何だと思いますか?

みなさんも一度は目にしたことがあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは牧羊犬

 

 

 

 

牧羊犬とは、牧場の羊の誘導や監視をする犬の事を言います。

もともとは主に番犬として役割があったそうですが、時を経て、今ではこのような活躍をしているのだそうです。

 

 

ちなみに私田島は、専門学生時代に海外研修としてオーストラリアへ行ったことがあるのですが、そこで牧羊犬のデモンストレーションを見させていただく機会がありました。

 

 

どのように羊をまとめていくのだろうと、とても真剣に見入ってしまった記憶があります。

 

 

訓練士さんの指示のもと、左右に走り回ったり回り込んだり、時にはスピードに緩急をつけてみたりと、気づけば羊たちは犬の誘導通りに・・・

 

 

犬と人間の信頼をとても感じたのを覚えており、それでこそ関係が成り立つものなのだと改めて考えさせられました。

 

 

牧羊犬に関してはサイトで検索をかけるとすぐに出てきますので、興味があれば動画など見てみてくださいね。

文章だけではなんとも伝えられないです・・・。(百聞は一見に如かず!)

 

 

 

 

 

さてこの、ボーダーという愛称で親しまれている犬種ですが、冒頭でも少し述べている通り、

 

 

 

何を隠そう運動が大好き!!

 

 

 

田島は専門学生時代、ドッグトレーニングを学んできたのですが、

その中でディスクドッグアジリティ(いわゆるドッグスポーツ)というものに出会いました。

 

私がボーダーを好きになったきっかけのひとつです。

 

ボーダーは俊敏さや忠誠心、体力的にもドッグスポーツにとても向いています。

大会などを見てみても、やはりボーダーコリーの出場率は高いですね。

 

 

 

 

 

ディスクドッグ

 

 

フリスビー(ディスク)を使った競技です。

 

ディスクを追いかけ一直線に走っていき、空中でキャッチする姿はなんともかっこいいです・・・。

 

また、10枚のディスクを次々にキャッチしていく種目もあり、トレーナーと犬の呼吸が合うところを見られるのでこれもまた面白いです。

 

どの犬種でも遊び感覚ではじめられ、ペットショップにもフリスビーや、似たようなオモチャがたくさん売っていますので是非一度お家のペットちゃんと遊んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

アジリティ

 

 

いわば、犬の障害物競争です。

 

こちらは小さい頃から遊び感覚で慣らしていくと、筋肉の発達が良くなり、ケガの防止にもつながります。

 

大会ではコーギーやミニチュアダックスなどもよく見かけますが、

「えっ!ヘルニア大丈夫?」

と最初は心配になりました。

 

訓練士さんに伺ったところ、こちらも先ほど述べた通り、小さい頃から筋肉をしっかり使っていると腰や脚を痛めにくいんだそう。

 

すごいなあ~。

 

最近ではドッグランなどにもこういった施設が設けてある場所がありますので、こちらも是非一度挑戦してみては?

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ボーダーコリーの魅力が少しでも伝わっていたら嬉しいです。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、私が伝えたいこと。

 

 

犬は性質や特徴、性格や運動量など、犬種や個体によってまるで違います。

 

はじめは見た目の可愛さや好みなどから好きになることが多いと思いますが、そこからその子について調べることが大事だと思うのです。

 

もしはじめて迎え入れる予定があるのであれば、尚更、です。

 

どのような性格が多いか、なりやすい病気は何か、知っておくことがいちばん重要なことだと思います。

 

ご自宅のペットちゃんについても、深く知っていくともっともっと好きになりますよね。

 

これは「生き物」全般同じことが言えると思うのです。

 

 

「この性格は我が家にはあわないかもな」

「この運動量であれば、散歩も負担じゃないかも」

 

 

こういったことをひとりひとりが考えていれば未然に防げたことがたくさんあると思います。

 

 

 

いつか、無責任な飼育がなくなりますように。

 

 

 

 

私はブログを書く際に、見てくださっている方々に何か少しでも伝わるよう、いつも考えて綴っています。

 

少しでも参考になっていれば嬉しいです。

 

 

 

少し脱線してしまいました・・・。スミマセン。

 

 

 

 

 

ちなみに環境が整い次第、いずれボーダーコリーを迎え入れようと考えています!

その時がきたらまた紹介しますね!

 

 

 

 

以上、田島でした♪

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
モモンガのような小動物の火葬、葬儀の申し込みが激増??
2017年11月28日

最近モモンガの火葬が増えてきたように思います。

 

モモンガはペットとして飼われている小動物のひとつですが、ハムスターやウサギなどとくらべて、ポピュラーとはいえません。

ただ、そのかわいさにファンが急増しているのも事実です。

 

モモンガの種類

 

「〇〇モモンガ」と名前のつく種類はたくさんありますが、

ペットショップで扱っているモモンガはアメリカモモンガとフクロモモンガの2種だけです。

 

私も知らなかったのですが、モモンガにはリスの仲間のモモンガとカンガルーの仲間のモモンガがいるんです。

アメリカモモンガはリスの仲間で、フクロモモンガはカンガルーの仲間です。

 

 

 

【アメリカモモンガ】

 

 

全体的に薄い茶系の毛色で、お腹は白毛が特徴です。一見リスのような外見で、尻尾はふさふさしています。大人になるとこちらも尻尾を入れず、13cm程の大きに成長します。

 

精神的に強い性格のため、警戒心が強く、赤ちゃんから慣れさせないとなかなか心を開いてくれないようですが、比較的飼いやすい個体が多いようです。

 

 

 

【フクロモモンガ】

 

 

全体的に薄いグレーの毛色、頭から細長い尾にかけて黒い縞があり、その尾は自分の体より大きめな個体が多いのが特徴で、小さなサルのような外見です。

 

その名前の通り、メスにはお腹に赤ちゃんを入れるための袋がついています。尻尾を入れないで13-15cm程に成長します。寂しがりやで人懐こく、甘えん坊な性格の子が多いようです。

 

 

そのうちアメリカモモンガはとても数が少ないので、ペットとしてのモモンガならフクロモモンガがポピュラーでしょう。

 

フクロモモンガの飼い方

 

フクロモモンガは群れで生活する動物です。一匹で飼う場合は、飼い主が「仲間」になって、フクロモモンガと遊ぶ時間をつくることが大切です。

 


遊ぶ時間を十分に取れない場合は、複数飼いがおすすめです。繁殖をする場合はオスとメスのペア、繁殖しないのであれば、メス同士が良いでしょう。(オス同士は、けんかになりやすい)

 

慣れるまでは威嚇して、ギーギー鳴きます。巣箱に飼い主の着古した衣類の切れ端を入れたり、抱っこをして毎日一緒に過ごし、根気よく飼い主の臭いを覚えさせましょう。

 

フクロモモンガは暑さにも寒さにも弱い動物です。室温は、わたしたち人間が快適に暮らせる温度(約18℃~28℃)がベストです。寒いと体温が下がって危険です。また、暑いと熱中症になる恐れがあります。

 


夜行性だからといって、日光が全く必要ないというわけではありません。カルシウムをつくるために日光(紫外線)を浴びる必要があります。

 


カーテン越しや、光を壁に反射させ、直射日光の当たらない場所にゲージを置きましょう。夏はクーラーの風にも当てないように気を付けましょう。

 

大森ペット霊堂の2Fにもフクロモモンガのシュガーがいます。

 

 

 

慣れるとこんな風に甘えてきてとっても可愛いです。

 

モモンガ飼ってみたいな、見てみたいなぁって思った方は、いつでも会いに来て下さいね!
フクロモモンガ飼ってる方がいたら是非意見交換しましょう!
吉津でした!
The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
犬のお洋服について
2017年11月27日

こんにちは!大森ペット霊堂の安吉です!

 

そろそろ11月も終わり12月ですね~

寒さが日に日に身に染みて来ている今日この頃です。

 

わたしの家族にはミニチュアピンシャーのルーくんがいます。

 

 

↑いまは赤いボーダーと

 

↓青いボーダーを着せています。( ・´ー・`)

 

 

↓寒すぎた時にはモフモフも着せてます。

ただ、ルーくんには小さくなってきたので新しいのを探し中です(‘◇’)ゞ

 

 

ところで、皆さんはお洋服を着せることでのメリット、デメリットは御存じですか?

 

まずはメリットからお伝えしますね~♪

【毛抜けの防止】

カフェなどいろいろな公共施設に入る際に抜け毛への予防は周りへの配慮に繋がったり、また入店のルールになっていることがありますね。

一般のお客様へのためにも、マナーとして服を着て毛の飛散を防ぐことが大事です。

盲導犬。介護犬などが服を着ているのはこのためだそうです。

 

【汚れを防止できる】

雨の日はレインコートを着れば濡れずにお散歩することができますよね。

足の短いMダックスちゃんなどは着させることにより腹部の汚れが軽減され帰って来てからのお手入れが楽になります。

また、ポメラニアンなどの長毛種については、落ち葉などが付き絡まりやすいといったことも予防出来ます。

このようにシャンプーする回数を減らすことによって皮膚への影響や、シャンプー・ブロー後の犬への負担を軽減することが出来ます。

 

【病気予防・予防のため】

アレルギーやアトピーなどで皮膚の弱いわんちゃんたちが増えています。

そういった子たちに塗ったお薬を舐めさせないようにするため、

老犬のわんちゃんたちの体温調整のため、

また、お散歩中に虫やダニがついたり刺されたりすることなど、

そういったときの予防になります。

 

【寒さ暑さに弱い犬を守ることができる】

世界にはたくさんの種類のわんちゃんたちがいてその毛質や性質は様々です。

昔は日本の風土に適している日本犬が主流だった日本に、様々な国からどんどん新しい種類のわんちゃんたちが入って来ています。

今と昔では飼う種類のわんちゃんも異なってきているということです。

わんちゃんたちにはシングルコート、ダブルコートというの毛の生え方があり、

シングルコートのわんちゃんは毛が密集していないため寒さに弱いと言われています。

特にチワワなどの小型犬、暖かい地方原産のわんちゃん、無毛のヘアレスドックなどは寒さに弱いです。

(ルーくんも( `ー´)ノ)

こういった子はしっかりと防寒対策を取ってあげないと体調を崩す恐れがあります!!ヘアレスドッグ

は紫外線にも非常に弱いです。なので、洋服は必要と言えます。

 

反対にシベリアンハスキー、サモエドなどダブルコートで寒い地方出身のわんちゃんは暑さに非常に弱いです。

こういった子には夏は水で湿らせて使えるベストなどがあり、暑さに弱い毛量の多い種類のわんちゃんは特に重宝されているようです。

また、室内で飼われるわんちゃんが多くなり、温度管理をされた部屋にいることが多いことから、

わんちゃんは夏毛と冬毛に生え換わる換毛期があやふやになり寒さや暑さに弱くなったとも言われています。

 

以上がメリットの紹介です( `ー´)ノ

 

つづいてデメリットの紹介をさせていただきますね~

【慣れていないわんちゃんに無理やり着せるとストレスになる】

服を着るということは昔から裸だったわんちゃんにとっては普通のことではありません。

慣れていない子に無理やり着せると服が嫌いになったり、ストレスになったりしますので、最初は着せやすい洋服から慣れさせていくことをおススメします(ルーくんも最初は暴れてました( ・´ー・`))

それ以外としては、着させる時におやつをあげたり、褒めてあげたり、遊んであげたりしているうちにスムーズに着てくれる事もありますよ~(´ー`)

<着る=お散歩> とわんちゃんに認識させるのも良いかもしれません♪

以上メリット、デメリットのお話でした~

いかがでしたか(´ー`)?

少しでも『ふ~ん』と思っていただけたら幸いです♪

安吉でした~

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
ペットとして家族に迎え入れる動機
2017年11月26日

どうも大森ペット霊堂の男スタッフの江川です。

 

皆さんは、ペットと出会う経緯はどういう形でしたか?

 

私はハムスターを高校の時に飼っていました。種類はスノーホワイトという種類です。

出会った経緯は、品川近辺にいる方から譲り受けました。

 

 名前はライムちゃんです!

 

 

学校の授業が終わると一目散に家に帰り。いつもその子のそばにいました。

 

溺愛しすぎたかもしれません(笑)

 

(参考画像)

 

ハムスターは寿命が短い動物で、過ごした時間は2年ほどです。

最期はしっかりと看取らせていただきました。

 

年月を経て、様々な動物たちとふれあい、大森ペット霊堂のスタッフとしてペット葬儀を担当することになり、ペット火葬にも携われるようになりましたので、多くの動物たちをみさせていただいております。

 

大型犬の飼い主様が私たちのペット霊園にお越しいただいた際、大型犬の魅力を丁寧に伝えていただいたことが今でも印象強く、

 

「いつか大型犬を迎え入れることができたらなぁ。。。」

 

と、毎日考えるようになりました!

 

 

あくまで夢ですが、、、

 

 

大型犬に大事なことは、運動量、部屋のスペースの確保!

 

 

例えば大きい子と暮らすには散歩の回数や家の大きさなどその子に対しての環境が必要だと、私は考えるようになりました。

 

大きい子は一日数回は最低でも、外に連れて運動をすることが不可欠と言われております。

例えば、バーニーズマウンテンドッグのような大きい子は、

一日の散歩の中で1回は2時間30分程度、散歩させることが推奨されています!

 

 

今の私には、そのようにさせてあげることができる環境を整えることが先行して必要ですので、まだまだ時間がかかりそうです。。。

 

いずれ迎え入れる体制が整ったときには、保護した犬や里親を探している方からの譲渡を希望しております!

 

 

ご縁があった時、私の家族を紹介いたしますね(^^)

 

 

長々とすいません!

江川でした!

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
犬や猫も仲間が亡くなったら悲しむ?
2017年11月25日

 

 

こんにちは。笹本です!

 

以前私が大学で勉強した、ニュージーランドでの研究についてご紹介します。

 

 

同居していた先住犬に先立たれた犬は何を思っているのか

 

海外の雑誌「Animals」にて紹介されていました。

 

 

 

 

 

 

ニュージーランドとオーストラリアで犬猫の飼い主に、

大規模なアンケートが行われました。

 

アンケートの内容は同居していたペットが亡くなった後の

残されたペットの行動についてです。

 

アンケートの結果として興味深かったのは、

 

先立ってしまったペットが生前良く寝ていた場所をみていた

という回答です。

この回答は犬も猫も60%以上にみられたそうです。

 

 

他にも、御飯を食べる量が減ったり、食べるスピードが落ちたり、

寝て過ごすことが多くなった

などの回答も

 

多くみられたそうです。

 

このように、

同居していたペットが亡くなった時に、

残されたペット達に変化があることが明らかにされました。

 

 

 

 

私はこの結果をみて、

同居していた子が亡くなると

やはり、残された子がは悲しみや不安などを

感じているんだと思いました。

 

私たち人は家族が亡くなったら

当たり前のように悲しみますが、

動物達も悲しんでいます。

 

残された子達に、亡くなられた子の分も優しく

接してあげることも

必ずと言っていいほど、必要なことなのではないでしょうか。。

 

 

大森ペット霊堂では、

どのフロアもペットOKとなっています。

法要や葬儀、お参りにも一緒に住んでいるペットちゃん達を、

連れてきてくれる方も多数いらっしゃいます。

人と同じように感情を共有できる動物達だからこそ、

一緒に連れてきて、心を通わせ合うこともいいかもしれませんね。

 

 

たまに、

「うちの子はそこら辺におしっこしちゃうからつれてこれないわ~」

という声も聞きますが、

それは動物達がすることなので

私達大森ペット霊堂のスタッフは全く気にしませんし、

お掃除も快く引き受けます!

 

私がいるときには、一緒に遊ばせてくださいね(^o^)

 

 

以上、笹本でした~

 

みなさま寒くなってきたのでお身体お気をつけください☆

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
1 63 64 65 66 67 68