BLOG

ブログ
12月23日(土・祝) 年納め供養祭のお知らせ
2017年11月16日

大森ペット霊堂です。

 

今年最後の供養祭のお知らせをいたします。

 

 

 

 

記載のとおり、12月23日(土・祝)に午前、午後の二部制で行います。

 

毎年、東京近郊のみならず、多くの地域の方からご参加いただいております。

遠方で、お越しいただけない方のためにも、代行で承ることもできますので、お気軽にお申しつけください。

 

ペット火葬・ペット葬儀だけでなく、このような供養祭や法要が行えるのは、ペット霊園だからこそできることです。

 

 

 

供養料 3000円から

お塔婆 2000円から

供花  1500円 (お持ち帰りのお花を用意いたします)

 

大森ペット霊堂にお越しいただいたことのないかたのご参加もできますので、お気軽にお問い合わせください!

 

 

 

東京のペット火葬・ペット葬儀は大森ペット霊堂

動物ボランティア団体 友愛の会

TEL0120-176-594

https://www.petsougi.jp

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
ペットのお葬式の種類はどうなってるの??
2020年6月21日

 

本日はペットのお葬式について、とても聞かれること。

ペットの火葬する前の、お別れの仕方についてお話させて頂きます。

大きく分けて、ペットのお葬式は3種類ございます。

  • ・個別火葬(立会)
  • ・個別火葬(一任)
  • ・合同火葬

この3つの違いや、意味の違いなどをご説明させて頂きます。

 

また、ペットのお葬式をする上で、大事な火葬業者の選び方もありますので重ねて説明させて頂きます。

 

ペット 墓

 

ペットのお葬式、立会個別火葬とは?

ペットのお葬式をさせていただく際、ご家族さま立会いのもと、ご火葬をおこないます。

まず、本堂の祭壇でお経を静聴していただき、お線香を焚いていただきます。

十分にお経を聞いていただいたのちに、ご一緒に斎場(火葬炉)まで足を運んでいただきます。

お別れをゆっくりしていただき、火葬炉に入る最後の最後までお見送りしていただきます。

ご火葬が終わるまでお待ちいただき、お骨あげも家族さまに行っていただきます。

 

人のお葬式と同じようにしてあげたいと思うご家族さまが、【立会個別火葬】をお選びになる方が多いです。

 

ご送迎ご希望の方は、ご自宅までお迎えに出向き、ペットちゃんと家族さまご一緒に大森ペット霊堂までお越しいただきます。お帰りの際も、送らさせていただいております。

 

 

ペットのお葬式、個別一任火葬とは?

ペットのお葬式では、上記に記載ある立会火葬と同じく、個別でペットの火葬を行います。ペットの火葬やお骨あげはスタッフが代行して行うプランです。

立会個別火葬と同じく、本堂でお経を聞き、お線香を焚いていただきます。

個別一任火葬では、斎場に立ち会わずお別れしていただきますので、本堂でゆっくりお別れをしていただきます。

十分にペットのお葬式をし、皆様お別れができましたらスタッフがペットちゃんをお預かりし、個別でご火葬、お骨上げをおこないます。

 

家族さまは、一旦帰路に立っていただきます。

その日のご火葬の予約状況によりますが、原則当日中の夕方頃までにお骨壺にお収めますので、また迎えに来ていただきます。

ご予定のある方は、数日お預かりもしておりますので、ご都合の良い日時にお迎えにきていただけます。

 

お時間に余裕がない方、私たちにお任せいただける方が、選ばれます。

 

ご送迎を希望の方は、ご自宅でお別れをしていただきます。ゆっくりお別れいただき、ペットちゃんのみお連れさせていただきます。お骨あげ後、ご自宅までお骨をお送りさせていただきます。

 

 

ペットのお葬式、合同火葬とは?

 

他のペットちゃんとご一緒にご火葬させていただきます。ご一緒の火葬をさせていただきますので、個別にお骨を残すことができません。

こちらも同様、本堂でお経を聞き、お線香を焚いていただきます。個別一任火葬と同じく、斎場までは立会わずお別れしていただくので、本堂でお別れを十分にしていただきます。

お別れができましたら、スタッフが安置室までペットちゃんをお連れ致します。

ペットのお葬式の際の合同火葬は、毎日させていただいておりますので、当日の夕方前ほどに火葬させていただきます。

合同墓地への納骨、土に還す供養まで一貫して行っておりまして、翌日からお参りにも来れる環境を整えさせていただいております。

 

土に還してあげた方や費用を抑えたい方から選ばれるご火葬です。

ご送迎を希望の方は、ご自宅でお別れをしていただきます。ゆっくりお別れいただき、ペットちゃんのみお連れさせていただきます。

 

施設案内はコチラをご覧ください。

 

 

ペットのお葬式をする際、私たちと他の火葬業者の違うところ

・どのペットのお葬式のプランでも、お経を聞く時間やお線香を焚く時間を設けている。

※他の霊園ですと引き取りだけのところがあります。

 

・火葬証明書を発行している。

※しっかりと火葬・供養させていただいた証です。ただ火葬しかしない施設もあります。

 

・ペットのお葬式では人間のお見送りと同じ様に、火葬炉に入るところまでお別れができる。

※火葬炉まで立ち会えないペット火葬業者が多い。

 

 

・ペットの個別一任火葬では、当日中に帰ることができる。

※通常だと3日~5日ほど、時間がかかるところがほとんどです。

 

・合同火葬を毎日行っている。

※合同火葬を毎日行っているペット霊園は私たち以外、聞いたことがありません。たとえ、1匹だろうと飼い主さまのご意向を聞き、火葬させていただきます。

 

 

ペットのお葬式は動物のために、そしてご家族のためにおこなうものです。

当日お別れをしたにも関わらず、火葬が翌日・翌々日でしたら、もう何日か一緒にいれるわけです。

飼い主さまが十分に別れ、気持ちの整理がついたときに火葬を行う。それが一番家族さまのためだと思います。

ペットちゃんも、安置室で家族さまに会うことができず、何日もいることは嫌だと思います。

 

ペット霊園が信用されていない今だからこそ、ペット霊園に不透明さがあることはいけません。ペットライフを送っている皆様が、安心してペットのお葬式が任せてくださるペット火葬業者は【わずか一握り】です。

東京ではとても多くのペット霊園や火葬業者がいます。神奈川、埼玉、千葉といった首都圏も多くいます。

 

でも、ビジネスでやる方がほとんど。どの様にすれば、しっかりしたペットの火葬業者を見つけられるのでしょうか?

 

 

 

ペットのお葬式のことは、大森ペット霊堂にご相談ください。

必要なのは必ず、【生前相談】です。

「遠方で、大森ペット霊堂にはいかれない。でも、近くで優良なペットのお葬式場はないか?」

というお声もいただきます。その施設は、どんなことをしているのか?親元の会社はなにをやっているのか?どんな取組みをしているのか?

いっぱい調べましょう。

家族のためです。こどものためです。安心して任せられるペットのお葬式ができるよう、色々と考えましょう。

 

 

大森ペット霊堂では全国のペットのお葬式、相談窓口を設けています。

どんな些細な相談でも、受け付けますので、お困りになられる方はなんでもお申し付けくださいませ。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
NEW!!!ペット火葬についてのHPを新しくしました!
2017年11月16日

こんにちは、大森ペット霊堂の田島です。

 

ついに!

大森ペット霊堂のホームページが新しくなりました~!

 

 

更にわかりやすくなっている部分がたくさんありますので、ぜひゆっくり覗いていってくださいね。

 

 

 

 

さて、今日はお世話をしているペットちゃん達と一緒におやつを食べました。

 

 

 

 

 

 

みんな大好きリンゴ♪

 

 

最初は「なんだこれ?」という様子でしたが、少しした後ソラとあずは美味しそうに頬張ってくれました!

 

 

黒豆さんは気にかけることもなく、床でずーっとお昼寝していました。笑

 

 

ちなみに寝るときは三匹で重なり合い、暖を取るように寝ています。

これがまたとってもかわいくて癒されるんだあ~。

 

 

スナネズミは多頭飼育でもケンカは滅多にないみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

シュガーはモモンガ用のおやつを食べ慣れているためか、手で渡した途端もぐもぐもぐもぐ・・・

 

上手に手で握って食べてます♪

 

 

律儀に皮を残していましたが・・・^^;

 

 

モモンガって、甘いものが大好きで、酸っぱいものが苦手なんだそうです。

 

先ほど知り、味覚が意外にも敏感なんだなあと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

ゼニーさんは・・・こんな感じ。笑

 

おやつよりもお昼寝の方がしたかったかな?

 

 

カメは食べ物に含まれている水分で主に水を摂取することが多いので、

飼育では水入れなど必要ない場合もあるみたいですね。

 

ちなみにゼニーさんも食べ物から摂取しています。^^

 

 

毎度思うことですが、ご飯を食べている動物達は本当にかわいいですね。

 

 

どれだけ見ていても飽きないものです・・・。

 

 

今度は何をみんなで食べようかな~。

 

 

 

以上、田島でした。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
齋藤鷹一|ペット火葬、ペット葬儀を担当します。
2017年11月16日

齋藤鷹一(さいとうよういち)の自己紹介

  • 1989年生まれ
  • 東京都大田区出身
  • 成城学園高校2008年卒
  • 日本体育大学体育学部体育学科2012卒

2013年大森ペット霊堂入社。多くの火葬業者の動物の扱いの酷さ、獣医師とペット霊園の金銭癒着など、動物の尊厳を無視したペット業界に反目を向け意識改革に遵守する。

2018年に運営母体が変わり、大森ペット霊堂の代表に就任する。しかし翌年2019年にNPO法人SPA代表理事にも就任が決まり、一時現場を離脱。

現在は、捨てられてしまう動物達を救い、保護犬や保護猫を中心に新たな家族を見つける活動を東京を拠点として行っている。

それでもペット葬儀業界の意識改革を徹底するまで、大森ペット霊堂にも籍を置きながら指揮をとり、全国のペット火葬業者のモラル向上を目指している。

動物保護団体の【シンガポールSPCA】にお手伝いに行った時に統括マネージャーと一緒に撮影。抱っこしているのは保護をした野犬の子供

大森ペット霊堂とは、どんなところ??

今現在の大森ペット霊堂は、本当にスタッフが高い意識を持つ人材で構成されているので私自身も安心して大切なペットを預けることができます。

多くのペット火葬業は

  • ・飼い主様に見せる表の顔
  • ・従業員だけしかわからない裏の顔

この2つの顔を持つところが存在します。

大森ペット霊堂のスタッフは

  • ・裏表がない事
  • ・自分のペットを任せたいと思われる対応

これがしっかりと体現できているので、私も現場を少し離れることができました。

動物のことを大切にしてあげたい。その純粋な気持ちが故に不器用な所が難点でありますが、自分自身のペットでなくそれ以外の動物達まで心から大切に思ってあげようとする人材は中々いません。

大森ペット霊堂は、それが体現できている。私はこのような人たちと一緒に動物に関わるお仕事ができてとても誇りに思っております。

なぜ、ペット霊園で働こうと思ったのか?

私が入社したのは2013年のことですが、当時はあまり良い入社の仕方をしていません。

ペットの霊園だということを知らずに【ペット】と言葉が入っていたから軽い気持ちでペット用品店かなと思いながら入ったことが初めのきっかけです。やはり葬儀の現場は考えもしない飼い主様の涙、辛い場面を何度も見てきて本当に逃げたくなる思いでした。やめたいと数えきれないほど沢山ありました。一緒に泣きながら葬儀を担当していました。

ただ私が今日までお仕事を続けさせていただいている理由は、【火葬業界の裏側】を知ってしまったからです。上記にも記載していますが、間違ったペット火葬業者選びをしている人が多すぎる。それは飼い主様が悪いのではありません。ペット葬儀業界がそのように手引きしているのです。

飼い主様には暖かい対応をしてほっとした気持ちで帰っているけれど、

  • ・実際には骨が少ししか入ってない。
  • ・火葬しないでゴミに捨てる。
  • ・個別火葬をしない。全部合同に火葬。
  • ・別の動物の骨が入っている

というような利用する人たちがみえない所ではやりたい放題。お寺付属だから、全く関係ありません。

私はそんな火葬業者にペットを愛した人たちが家族を連れて行って欲しくない。絶対に変えなければいけないという使命感を持ったことが今日まで続けてこれた原動力です。

私が今現在一緒に生活している子は??

日本全国の動物保護施設、海外の保護施設に伺わなければいけないスケジュールでありまして自宅に帰宅することがあまりできず、私の実家で犬を2匹飼育させていただいてます。

コーギー・ペンブロークの【CoCo】とMIXの元々野犬だった【もみじ】がいます。いたずら大好きな子達ですが、動物たちが幸せに感じてくれるように行動学を学びながら一緒に暮らしていただいています。

自分のここだけは負けないところ

ラグビーを経験し、総合格闘技の道でプロデビューまでしたこともあり、精神力はこの業界の中では負けることはないかと思っています。

このペット火葬業界を正すために行動すると、ペット霊園からの圧力、獣医師からの圧力がかかります。一時は大森ペット霊堂を潰すと言われ、仕打ちされたことがありましたが、近年はSNSの情報ツールの発達、コンプライアンスの強化によって、少なくはなってきましたが嫌がらせはまだまだ続いています。

それでもそのようなことは全く屈しないので、やはり私の強みは精神力だと自負してます。

休みの日は何している?

あまり休みはとらず、働くことを専念しています。人が平等に与えられているものは【時間】です。他の人たちが休んでいる時でも、働くことが他との差がでる所だと思っています。まだまだ若いので毎日が勉強です。

【ちば愛犬フラワー学園】のペット専攻の学生さんと北海道研修に行き、あさひやま動物園に伺った時の写真です。

これからの目標

日本のペット火葬の業界を変えることです。

今の火葬業界は動物を物として扱う業者にペットと暮らす飼い主様が集まり、そこで通常のサービスを受ける。

丁寧だった。親切だったと言うが、実際のことを把握していないケースが多い。

もっと素晴らしい施設で、しっかりとしたお別れをしてみてください!

今は、全国の素晴らしい思いを持ったペット霊園達が活躍ができていない。この問題を必ず解決させます。

そして、今学校で動物のことを学んでいる学生さん達が活躍できる育成もしていきたいと思っています。

ペットの葬儀を探されている方へ

ペットの葬儀を迷っている方、どうしたら良いかわからない方。大森ペット霊堂のスタッフにご連絡ください。

全国津々浦々全ての方が、私どもで行うことが全てだと思っているわけではありません。

  • ・安置の仕方を教えて欲しい
  • ・火葬じゃなくて家で埋葬してあげたい
  • ・ペットの火葬をしている立派な霊園を教えて欲しい

私たちの電話は、予約だけではありません。困った方を救うことが大森ペット霊堂の役目です。

ペットが亡くなってしまってどうしたら良いかわからない方のお声をお教えください。

私が信頼しているスタッフ達も含めて、誠心誠意サポートします。

動物のことを大切にしたいと思うスタッフだからこそ、私たちだけができることがあります。私以外のスタッフの紹介もありますので、どんな人物が大森ペット霊堂で働いているか是非ご確認くださいませ。

 

幸せに暮らしていた思い出をお聞かせいただき、家族様にもペットにも尊厳を持って真剣にご対応させていただきます。

 

大森ペット霊堂 アドバイザー

特定非営利活動法人SPA 代表理事

(社)高齢動物福祉協会 顧問

齋藤 鷹一

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
田島もえ(たじまもえ)|ペット火葬、ペット葬儀を担当します。
2017年11月16日

こんにちは!!田島もえです!

 

 

 

大森ペット霊堂とはどんなところ??

命の重さ、重要さ、素晴らしさなど
すべての「いのち」について大切なことを気づかせてくれるところです。

温かさと愛情に包まれていると日々感じています。

 

なぜ、ペット霊園で働こうと思ったのか?

飼い主様、スタッフ共々、「動物が大好きな人達が集まる場所」ということが一番でした。

ここで働く少し前に大好きだった犬を亡くしたこともあり、やはりペット霊園というものに少し抵抗を感じていました。

ですが、生きている動物達に対しても活動を行っている大森ペット霊堂という存在を知り、少しでも、活動や動物達のお力添えになれればと思い一歩を踏み出すことが出来ました。

やはり悲しいこと辛いこともありますが、それ以上に動物への愛や飼い主様の温かさに触れることが多く、毎日充実してお仕事が出来ています。

 

 

一緒に生活しているペットは??

レオパードゲッコウの幸村、
アカハライモリのてんば&ちえみと一緒に暮らしています!
ちなみに実家にはダックスフンドのリンちゃんがいます♪

 

 

 

 

自分のここだけは負けないところ!

犬の性質、特性、種類、トレーニングや訓練に関してなど、犬についての知識は誰にも負けません!
お聞きしたいことありましたら、ぜひお話しましょう♪

 

 

休みの日は何している?

ペットたちのお世話や、家事をすることが休日の日課です!
断然アウトドア派なので、基本的にお出掛けするのが好きです。

 

 

最後に一言メッセージ!

飼い主様とたくさんお話をし、ペットちゃんの生きていた証を一緒に残していきたいと思っています。
日常のお話はもちろん、少しでも気になることがございましたら、是非お声かけください。

 

 

大森ペット霊堂から田島へのコメント

 

 

愛知県名古屋市の動物専門学校を卒業し、上京して大森ペット霊堂のスタッフを就職として選んでいただけました。

毎日、動物と触れ合う学生時代を過ごしていた田島は、人一倍動物愛の持ち主です!

大森ペット霊堂の動物ボランティア団体友愛の会での活躍、多くいる不幸な動物達への働き掛けを期待しております。

田島は犬、猫だけでなく、小動物、爬虫類の知識も豊富に持っておりますので、どんなことでもご相談くださいませ。

施設内にいる保護動物を率先してお世話をしてくれる田島は、お散歩している通りすがりのわんちゃんにも人気です!私が半年かかって仲良くなったわんちゃんが、1日で仲良くなったとか。。。少し、嫉妬してます。。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
【退社→ペットシッター】笹本菜々子(ささもとななこ)|私がペット火葬、ペット葬儀を担当します。
2017年11月16日

 

こんにちわ!大森ペット霊堂の笹本菜々子です!!

 

 

 

大森ペット霊堂とはどんなところ??

どこよりも動物のことを感じられて、考えられるところだと思います。そして、動物が亡くなったことの悲しみと同じくらい、あたたかさも感じられます。

 

なぜ、ペット霊園で働こうと思ったのか?

私は幼い頃から動物を守る仕事をしたいと思っていました。就職活動中、動物業界の中で自分ができることを探している時、大森ペット霊堂に出会いました。生まれてくる動物にも、亡くなってしまった動物のためにも誠心誠意動いている、大森ペット霊堂の活動を知って、ここには私のできることがあるかもしれないと思ったからです。

 

一緒に生活しているペットは??

8歳くらいのミニチュアダックスフンド 2匹
花と梅丸です。この子達が4歳の頃に引き取り、里親になりました。

 

 

自分のここだけは負けないところ!

動物に対する思いとこれからの動物業界を変えようとする行動力です。

 

休みの日は何している?

犬と出かけられるところを探して遊びに行ったりします。

 

最後に一言メッセージ!

四月から社員になり、今はアルバイトとして働いているので、まだ事務所にいる頻度は少ないですが、いる時は是非声かけてください!
ペットのお世話に関することなども相談に乗ります!

 

 

 

 

大森ペット霊堂から笹本へのコメント

 

 

 

 

笹本は様々な保護団体さまや動物業へのボランティア活動を含め、大学の100人を超えるアニマルボランティア団体の創設者でもあります。

常に、動物たちの目線に立ち、第一線で活躍している笹本が、現在大森ペット霊堂のスタッフとして活躍してくれています。

霊園としての仕事はもちろん、ペットに関する知識が豊富な彼女は、大森ペット霊堂の動物ボランティア団体『友愛の会』でも、活躍してくださっております。

笹本と一緒に、この動物業を正しいものに変えていく行動を共に歩んでいきたいと思っております。

追記
現在、笹本は自身でペットシッター業を開業し仕事しております。
petsitter春
大田区、品川区を中心に東京の城南地区を拠点に活動しております。
ペットシッターには、動物の気持ちもわからずに営業をする人もいる中ですが、彼女の動物を想う気持ちは私達、ペット葬儀やペット火葬を東京で行う大森ペット霊堂スタッフであるからこそ、信頼できます。

是非、お困りの方はご相談くださいませ。

ペット火葬、葬儀のスタッフから、シッター業に移った笹本を大森ペット霊堂は応援させていただきます。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
1 65 66 67 68