BLOG

ブログ
動物 墓地
動物の墓地ってあるの?人間と同じように手厚く供養するための方法
2020年7月13日

動物 墓地

ペットは、私たちよりも寿命が短いこともあり先に亡くなることが多いため、いつかはそういうときがかならずやってきます。

だからこそ、最初から最後まで愛情を注いできたペットにたいして、しっかり見送ってあげたいと思うのは当然のことと言えます。

そこで、人間とおなじような葬儀ができるのか、墓地を作ることができるのかなどを気になるのではないでしょうか。

今回は動物墓地ってあるのか、人間と同じように手厚く供養するための方法についてお話しますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.動物の墓地(ペットのお墓)を用意するまえに火葬のことを考えよう
  2. 1-1.他の動物に掘り返される可能性
  3. 1-2.土に戻るのにたくさんの時間を要する
  4. 1-3.そもそも私有地以外に動物を埋めるのはNG
  5. 2. 動物の墓地を作るならいくつかの方法がある
  6. 2-1.自宅の庭で墓地を作る
  7. 2-2.公営墓地
  8. 2-3.ペット霊園などの墓地
  9. 2-4. 個別墓地
  10. 2-5.共同墓地
  11. 3.動物の墓地を探すためには何をするべき?
  12. 3-1.インターネットで検索してみる
  13. 3-2.エリアを限定する
  14. 3-3.亡くなった動物が対応可能かどうかを確認する
  15. 4.動物の墓地まとめ

動物の墓地(ペットのお墓)を用意するまえに火葬のことを考えよう

動物 墓地

大切なペットが亡くなってしまった場合、そのままお墓に埋めるのではなくまず火葬を行ってから埋葬するという方法が一般的です。

それは人間でも同じことが言えます。

もちろん、ペットに関して言えば自宅の庭に土葬すると言う選択肢もとれますがいくつかのデメリットがあることを覚えておきましょう。

他の動物に掘り返される可能性

もし仮に自宅に庭があって、動物をそのまま埋めてしまおうなんて考えてしまうのかもしれません。

たしかにそうすることで、手間もお金もかからないですからメリットに感じられることでしょう。

しかし、そのまま埋めてしまうとほかの動物に掘り返される危険性があります。

みなさんもご存知の通り、動物は私たちよりも嗅覚が優れていることが多いため、土に埋まっていたとしても簡単に掘り返されてしまうというわけです。

動物を掘り返されてしまったときの、無残な状況を見ると大きなリスクを感じられるでしょう。

土に戻るのにたくさんの時間を要する

実は、動物をそのまま埋葬してしまうと長い間、土にかえらないというデメリットがあります。

なぜなら、土に埋めてしまうと空気が入らなくなるためとても長い年数をかけて土にかえるというわけです。

結果的に、ほかの動物に掘り返されてしまう可能性がありますし、ニオイなども気になるかもしれません。

そもそも私有地以外に動物を埋めるのはNG

都合よく戸建て住宅に住んでいるのであれば、庭も自分のものですから動物を土葬してもなんら問題はありません。

しかし、その場所が私有地以外だった場合はどうでしょうか。

たとえば公園や山などに埋めても、何ら問題はないのではと思ってしまいそうですがそれは大きな間違いです。

なぜなら公園や山などの公有地に、動物を土葬することが禁じられているからです。

何も知らずに土葬をしてしまい、あとあと大きなトラブルや損害賠償の請求などをされる可能性があるため、絶対に辞めておきましょう。

ですから、まずは専用の場所で火葬を行ったうえで適切な場所にお墓を建てるべきだといえます。

動物の墓地を作るならいくつかの方法がある

動物 墓地

実は、動物を火葬した後にいくつかの方法で墓地を作る方法があります。

自宅の庭で墓地を作る

もっとも簡単に思いつく方法と言えば、自宅の庭に墓地を作ることではないでしょうか。

動物を火葬した後に、自分で墓地を作り埋葬してあげるというわけです。

動物の墓地を作るためには、いくつかの作業を行う必要があります。

まずは、スコップや重機などで深い穴を掘ることからはじまります。

そのあとは、亡くなった動物の遺骨を深い場所に埋めるようにしましょう。

堀った土を元に戻せば、目印でもあるお墓をたてます。

お墓に形式はありませんが、雨や風が降り注ぐことも考えないといけません。

公営墓地

ペットのお墓をたてるさいに、自治体などの公営墓地を選択することができます。

ただし、公営墓地のお墓を利用する場合、注意しておくことがあります。

それが、どんな動物だろうが一般廃棄物として扱われるということです。

つまり、ゴミとして処分されお墓に埋葬されるというわけです。

それもあってか、人間のような個別のお墓が準備されていないことが多いという特徴もあるため、手厚く供養したい場合はおすすできません。

ペット霊園などの墓地

飼っていた動物を手厚く供養したい場合は、ペット専用の霊園などにお任せする方法がおすすめです。

ペット霊園であれば、火葬から墓地に関することまですべて対応しているという特徴があります。

また、公営墓地とは違いペット霊園は動物を一般廃棄物として扱いません。

つまり、人間と同じように丁寧に、そして最後まで責任をもって扱ってくれるというメリットがあります。

ペット霊園などの埋葬スタイルには、大きく分けて2つあります。

個別墓地

個別墓地とは、名前の通り動物を個別に埋葬するお墓のことを表します。

つまり、人間とおなじように個々にお墓があるということです。

もし、大切な動物を最後までしっかり供養したいとお考えであれば、個別墓地を選択してあげるべきです。

共同墓地

共同墓地とは、ほかの動物と一緒に埋葬する墓地のことを表します。

すべての動物の遺骨を、一緒のお墓に埋葬するため遺骨の返却ができなくなるというデメリットがありますが、個別墓地よりも安く済ませることができます。

また、複数の動物と一緒に埋葬するため動物からしたら寂しくないというメリットもあります。

動物の墓地を探すためには何をするべき?

動物 墓地

もし、動物を手厚く供養したいと思った場合は、動物専用の霊園にお任せするべきだと気づいたのではないでしょうか。

しかし、ペット霊園を利用したことがなければどうやって探すべきなのかを迷ってしまうものです。

インターネットで検索してみる

今は便利なもので、スマートフォンと通信環境があればどこでもインターネットができるような時代になりました。

そこで、もし動物の墓地をお探しであればGoogleやYahooの検索窓で「お住まいのエリア 動物墓地」「お住まいのエリア ペット霊園」などで検索してみてください。

するといくつかのペット霊園が検索順位にでてきますため、順番にチェックしてみましょう。

インターネットでかならずやるべきことがあります。

それが1つのペット霊園だけを見て、決めないことです。

いくつかのサイトを確認し、料金的にどうなのか、メニューはどうなのかをしっかりチェックすることが重要です。

なぜならペット霊園によっては、メニューも料金も違うからです。

エリアを限定する

インターネットで調べる際に、かならずチェックしておきたいことがあります。
それがエリアです。

自分自身が東京に住んでいるのであれば、東京のペット霊園を探すべきと言えます。

ですから念のために、ペット霊園を調べる場合はどこのエリアにあるのかをしっかりチェックしておきましょう。

せっかく良いなと思ったペット霊園が、あまりも遠いようですと行くのだけでもしんどくなってしまいます。

亡くなった動物が対応可能かどうかを確認する

ほとんどのペット霊園では、犬や猫の対応はしているかもしれません。

しかし、自分が飼っていた動物がかなり特殊な場合もあります。

その場合に、受け入れてくれるのかどうかを確認しておくと、よりスムーズに見送ることができます。

動物の墓地まとめ

動物が亡くなってしまった場合、いくつかの方法で見送ってあげることができますが、1回きりですし失敗も後悔もできません。

ですから、最後までしっかり見送ってあげたいと思うのであればペット霊園などを利用してあげるようにしてください。

そうすることで、動物も安心して旅立つことができますし飼い主も後悔することがないでしょう。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
チワワ 寿命
チワワの寿命ってどれくらい?小型犬だから短いの?その真実とは
2020年7月12日

チワワ 寿命

いまは空前絶後レベルの、ペットブームでもあります。

それもあってか、ペットショップにはたくさんの種類の犬を見かけることでしょう。

そのなかでも、もっとも人気のある犬種がチワワです。

今回はチワワの寿命がどれくらいなのかについてお話しますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.チワワとは?
  2. 1-1.チワワは見た目の小ささとは裏腹にアクティブ
  3. 2.チワワの正しい育てかたについて
  4. 2-1.しつけをちゃんとする
  5. 2-2. 環境を整える
  6. 3.チワワの寿命を知る際に大切な病気の存在
  7. 3-1.水頭症とは?
  8. 4. チワワの寿命は短い?長い?
  9. 5.チワワの寿命をのばし長生きしてもらうためには
  10. 5-1.毎日かならず散歩をすること
  11. 5-2.デンタルケアは怠らないこと
  12. 5-3.食べ物の管理もしておくこと
  13. 6.チワワの寿命が近づいてきたなら事前準備をしておこう
  14. 7.チワワの寿命まとめ

チワワとは?

チワワ 寿命

小型犬の代表格と言えば、チワワではないでしょうか。

その愛くるしい顔から、ペットとして飼う人が増えました。

チワワとは、メキシコのチワワ州から名付けられた小型犬のことを表します。

チワワは最近まで原産国が不明でしたが、古代メキシコからチワワの先祖犬が飼われていたということが判明しました。

その先祖犬と、チワワ州に住む犬と交配したことにより、今のチワワができたと言われています。

チワワは見た目の小ささとは裏腹にアクティブ

どんなものでもそうですが、見た目が小さいとか弱いとか非力とか思ってしまうものです。

それはチワワを見ても、そう感じるのではないでしょうか。

実はチワワは、先祖犬が野生生活だったこともありとてもアクティブという特徴があります。

ですから、自分より大きな犬と対面したとしても委縮することなく攻撃的になります。

とは言ってもチワワは、飼い主には大きな愛情を持ってくれますし忠誠心があるため、とても飼いやすいというメリットがあります。

チワワの正しい育てかたについて

チワワ 寿命

チワワに少しでも長生きしてもらうためには、育てかたに気をつけなければなりません。

しつけをちゃんとする

チワワはとても小柄で可愛いこともあり、とても甘やかしたい気持ちになってしまうはずです。

しかし、チワワは飼い主以外には警戒心がとても強いため、しっかりとしたしつけをしておかなければなりません。

とくに子犬時代にしつけをしておくことが重要です。

環境を整える

チワワは小柄なせいもあってか、厚さや寒さにとても弱いという特徴があります。

とくに、真冬や真夏になると、とてもではないですが耐えられないくらいになってしまいます。

ですから、とくに真夏や真冬にかんしていえばエアコンで室内の温度調整をしておくべきと言えます。

チワワの寿命を知る際に大切な病気の存在

チワワ 寿命

人間であろうがチワワであろうが、いつかは病気になってしまうものです。

また、動物によってはかかりやすい病気があったり、そうではない病気があります。

ではチワワはどうなのでしょうか。

チワワがかかりやすい病気は、水頭症です。

水頭症とは、頭が小さい犬によく発症する病気のことを表します。

水頭症とは?

本来、頭蓋骨の内部には脳脊髄液が満たされているような状態になっています。

しかし、あるときをさかいに脳脊髄液の量のバランスが崩れてしまい、脳組織が圧迫されてしまうというわけです。

結果的に、さまざまな神経症状が起きてしまいます。

たとえば、眠りすぎたり、活動力の低下だったり、場合によっては攻撃的になったりします。

それ以外にも、痙攣や知覚障害、意識障害までさまざまな症状があらわれてしまいます。

基本的には先天性によるものが大きく、外傷や感染症によっても水頭症が発症することもあります。

水頭症は、内科や外科療法で良くはなりますが完治しないことがほとんどですし、場合によっては進行して亡くなることもあります。

チワワの寿命は短い?長い?

チワワ 寿命

みなさんは、チワワの寿命を詳しく知っていますでしょうか。

チワワの寿命は、平均で14歳~15歳前後と言われています。

小型犬だけを見れば、チワワの寿命は長いと言えます。

チワワの平均寿命が14~15歳だからといって、全てのチワワがそこまで生きられる保証はありません。

逆にそれより長生きすることもです。

ですが、しっかりと長生きしてもらいたいと思うのであればできることはやっておきべきと言えます。

チワワの寿命をのばし長生きしてもらうためには

チワワ 寿命

チワワを家族として迎え入れたのであれば、少しでも長く一緒に過ごしたいと思うものです。

つまり、長生きをしてほしいということです。

これは人間と同じように、不健康な生活を続けていれば寿命は短くなりますので、健康的な生活を送るように心がけましょう。

毎日かならず散歩をすること

犬全般に言えることですが、毎日の散歩は必須項目と言えます。

なぜなら、犬はストレスがたまりやすい生き物だからです。

とくにケージと部屋の往復しかできないと、チワワであってもストレスがたまってしまいます。

チワワに限って言えば、多くの運動は必要ありません。

ですが、可能な限り外へ連れていき走り回れるような環境を作ってあげることが重要です。

また、他の犬とも遊ぶ時間を作ってあげることで、チワワのストレスが解放されます。

デンタルケアは怠らないこと

チワワにとって、もっとも重要なものと言えば歯ではないでしょうか。

それは歯が弱かったり無かったりすると、美味しいものが食べられなくなるからです。

とくに成犬の8割以上が歯肉炎や歯周病になっていることもあり、人間以上に歯は気をつけてあげなければなりません。

当然、歯にトラブルがあると食事も満足にとれなくなりますし、その結果、体力も低下してしまいます。

さらには、歯からウイルスなどが入ってしまい感染症になることも考えられます。

ですから、可能な限り歯磨きをすることと歯磨き用のガムを与えるようにしましょう。

食べ物の管理もしておくこと

チワワが少しでも長生きするためには、食べ物がとても重要です。

極端な話かもしれませんが、人間が食べるものとおなじものを与えてしまうと病気になってしまう可能性があります。

私たち人間が、ご飯を食べているときにも、チワワは物欲しそうに見ているかもしれません。

心優しい人であれば、ついつい少しくらいは分け与えてしまうことでしょう。

しかし、チワワにとって食べてはいけないものだった場合は、体に大きな負担をかけてしまうことになるため、むやみに食べ物をあげないようにするべきです。

また、食べ過ぎによる肥満も要注意です。

チワワが肥満になると、糖尿病や心臓病などの大病を患ってしまう可能性がありますので、食べ物はほどほどにしておきましょう。

チワワの寿命が近づいてきたなら事前準備をしておこう

チワワ 寿命

チワワが元気な年齢であれば、何も気にしなくてもいいのかもしれません。

しかし、ある程度の年齢になったときに、チワワの将来のことを考えてあげなければなりません。

そうです、チワワが亡くなったときのことです。

正直、そんな悲しいことは考えたくはありませんが、チワワのことを思うのであれば考えておくべきと言えます。

チワワが亡くなった場合は、ペット霊園などの施設で火葬や葬儀をしてもらうようにするべきです。

ですが、いきなりチワワが亡くなってしまうと飼い主はパニックになりますし、頭が真っ白になってしまうことでしょう。

そうならないためにも、正常な判断ができるときに、事前にペット霊園に生前相談をしておけば安心できるはずです。

チワワの寿命まとめ

チワワの寿命は、小型犬のなかでも長いというメリットがあります。

そのため、たくさんの思い出を作ったり、楽しい日々を過ごせたりするに違いありません。

チワワのために、少しでも長く生きてもらうために良い環境を整えてあげること。

万が一、寿命が近づいてきたときにも、しっかり動けるように準備しておくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
ペットロス
ペットロスが超苦しい!耐えきれないツラさから逃れるためにやるべき8つのこと
2020年7月10日

ペットロス

どんな人でも、過去にいちどくらいはペットを飼ったこと、もしくは現在飼っている人は非常に多いのではないでしょうか。

ペットと一緒に生活している時間は、とっても幸せですし、一生続けばいいななんて思うはずです。

しかし、人間よりもペットのほうが寿命が短いこともあり、自分よりも先に天国へ旅立ってしまうことが多いという事実があります。

考えたくはありませんが、いつかは悲しいことがやってきます。

そんなツラい状況のことをペットロスと言います。

今回はペットロスで苦しんでいる人に向けて、少しでも気持ちをやわらげられるようなお話をしますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.そもそもペットロスとは?
  2. 2.ペットロスが引き起こす大きな問題
  3. 2-1.元気がでなくなり何もしたくなくなる
  4. 2-2.食欲不振または過食してしまう
  5. 2-3. ペットが亡くなって激しく後悔する
  6. 3.ペットロスが苦しい!そんなときの改善策とは
  7. 3-1.生前にできることを一生懸命しておく
  8. 3-2. 泣けるときは思いっきり泣くことも大切
  9. 3-3.気分転換をする
  10. 3-4.ペットを飼っている友人に話してみる
  11. 3-5.インターネットでペットロスの解消法を調べる
  12. 3-6.ぜんぜん眠れなくても横になる努力をする
  13. 3-7.しんどいけれど時間が経つのをひたすら待つ
  14. 3-8.あえてスケジュールを詰め込みまくる
  15. 4.ペットロス苦しいのまとめ

そもそもペットロスとは?

ペットロス

よくペットロスと聞くけれど、どういうものなのでしょうか。

ペットロスとは、ペットを亡くしてしまったときにおきる飼い主の悲しみや出来事のことを表します。

どんなペットだろうが、亡くなってしまうとどん底レベルの悲しみが続いてしまい、ツラい日々を過ごすことになってしまいます。

落ちこみ具合によっては、ご飯を食べることができませんし仕事や家事すらままならなくなってしまいます。

とはいっても、精神的な問題が非常に大きいため余計に苦しむというわけです。

少しでもはやくペットロスを解消したいけれども、なにをどうすればいいのかが解らないのではないでしょうか。

ペットロスが引き起こす大きな問題

ペットロス

改めて、ペットが亡くなりペットロスになってしまうと、どういう問題がおきてしまうのでしょうか。

元気がでなくなり何もしたくなくなる

毎日そばにいたペットがいなくなると、どうしようもないくらい心に穴が開いた状態になってしまいます。

それが毎日、何週間、何カ月も続くため本当にキツいと感じることでしょう。

結果的に、精神的な病気になってしまう可能性もあります。

食欲不振または過食してしまう

人は、不幸なことが身近におきてしまうと精神的に追いやられてしまいます。

そのため、食事ものどをとおらないため、肉体的にもダメージをおってしまう場合があります。

またはストレスで、普段よりも食べ過ぎてしまうこともあります。

ペットが亡くなって激しく後悔する

いくらペットに愛情を注いできたとはいえ、いつかは亡くなってしまうものです。

ペットは会話できないからこそ、もしかしたら自分のせいで亡くなったのでは、と考えてしまう人も少なくありません。

もっとはやくに気付いてあげればよかった、面倒でも病院に連れて行くべきだったなどを考えると激しく後悔してしまいます。

ペットロスが苦しい!そんなときの改善策とは

ペットロス

ペットロスは、本当にツラくて悲しいものです。

しかし、一生ツラいまま過ごすのは現実的ではありません。

そこで、ペットロスを少しでも解消するための方法についてお話します。

生前にできることを一生懸命しておく

ペットが毎日当たり前のように近くにいると、適当に対応してしまうかもしれません。

しかし、もしペットが亡くなってしまうかもしれないと思ったらどうでしょうか。

1分1秒でも長く一緒にいてあげよう、と考えるはずです。

また、ペットの調子が少しくらいおかしかったくらいですと、様子を見ようと思うのかもしれません。

そのちょっとしたことでも、大きな病気になってしまい寿命を縮めてしまうことも考えられます。

ですから可能な限りペットが生きている間はそばにいてあげて、ちょっとしたことでも気にするようにしてあげましょう。

全力でペットと向き合うことで、亡くなったときは後悔しないはずです。

泣けるときは思いっきり泣くことも大切

人間、我慢をするとストレスがたまってしまうものです。

ストレスがたまると精神的にも肉体的にも、大きなダメージをおってしまうため、可能な限り軽減しないといけません。

そこで、ペットが亡くなって悲しい感情を抑えるのではなく、本能のまま行動すればおのずと涙がでてくることでしょう。

涙を流している間はツラいかもしれませんが、流し終わった後はいくぶんかはスッキリしていることに気付くはずです。

気分転換をする

人は、ツラいことや悲しいことがあれば何もしたくなくなるものです。

しかし、その何もしない時間は心を穏やかにしてくれるでしょうか。

答えはNOです。

何もしないのではなく、嫌なことを忘れるくらいのことをすればその間は楽しいと思えるはずです。

どんなことでもいいです。

趣味に没頭するのもいいですし、新しいことにチャレンジするのもいいです。

気分転換をすることで、悲しみのどん底から抜け出すことができます。

ペットを飼っている友人に話してみる

自分のまわりの友人にペットを飼っている人が、かならずいるはずです。

とても仲のいい友人がいれば、過去にペットが亡くなったことがあるのかを聞いてみましょう。

そのときにどうペットロスを乗り切ることができたのかを聞くことで、何かしらの解決につながる可能性があります。

インターネットでペットロスの解消法を調べる

今は誰でも1台くらいは、スマートフォンを持っていることでしょう。

だからこそ、どこにいてもどんな時間でもインターネットで情報収集ができるというわけです。

たとえば、GoogleやYahooの検索窓で「ペットロス」と入力するだけでも、たくさんの解決法がでてきます。

もちろん、役に立つ立たないはありますが、過去に苦しんだ人の体験談なども閲覧できるため、少し気分的に楽になります。

ぜんぜん眠れなくても横になる努力をする

自分にとって、とてもツラいことや悲しいことが目の前でおきてしまうと、まったく眠れなくなってしまいます。

しかし人として生きている以上、睡眠をしないといけません。

極端な話かもしれませんが、1時間でも2時間でもかまいません。

本当にツラくて眠れないのは当然ですが、まずは横になって体を休めることからはじめてみてください。

その時間が無になって嫌と言うのであれば、少しの間をスマートフォンで動画を見たり、ゲームをしたりして気を紛らわすようにしましょう。

それだけでも気分的にはぜんぜん違います。

しんどいけれど時間が経つのをひたすら待つ

正直なところ、どんな悲しみやツラさも時間が解決してくれます。
最初は、ペットが亡くなった現実を受け入れられなくて悲しい気持になりますが、時間の経過とともに、いないことに慣れてしまうというわけです。

ある会社の調査によりますと、ペットロスが続いた時間を1カ月と回答した人が30%ほど。

1カ月から3カ月未満が20%、半年未満が10%となっています。

およそ半数以上が、半年以内にはペットロスを解消しているということが解ります。

つまり、ほとんどの人は時間の経過によってペットロスを解消できる可能性があるというわけです。

あえてスケジュールを詰め込みまくる

ほとんどの人は、複数の物事を同時に考えることがなかなかできません。

ペットが亡くなってしまうと、ずっとペットのことを考えてしまい、あらゆることに支障をきたしてしまいます。

だからこそ、あえてスケジュールを詰め込んで忙しい日々を過ごすことで、ペットのことを考える時間を少なくして、さらには時間の経過によりペットロスを解消します。

ペットロス苦しいのまとめ

ペットロスは、言いようがないくらいとてもツラく悲しいものです。

しかし、いつまでも悲しんでいると亡くなったペットもきっと悲しい気持になっていることでしょう。

亡くなったペットのためにも、ずっと落ち込んでいるわけにはいきません。

自分が明るく元気になれば、きっと亡くなったペットも喜んで見てくれていますよ。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
ペット葬儀 口コミ
ペット葬儀の口コミは信用すべき!?葬儀で失敗しないためにやるべきこと
2020年7月8日

ペット葬儀 口コミ

ペットが亡くなって葬儀を考えたときに、近くのペット専用の葬儀業者や霊園にお願いすることでしょう。

しかし、そう何度も利用するものではないですし、もしかしたらはじめての可能性もあります。

だからこそ、インターネットなどで口コミなどを参考にするはずです。

そこで今回は、ペット葬儀の口コミを信用するべきなのか、どこを利用するべきなのかをお伝えしますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.ペット葬儀って何?
  2. 1-1.ペットは家族同然だから人間と同じように見送りたい
  3. 1-2.自宅の庭に埋める
  4. 1-3.自治体で処分してもらう
  5. 1-4. 霊園や葬儀業者に依頼する
  6. 2.ペット葬儀の口コミは信用するべき?しないべき?
  7. 3.ペット葬儀の口コミ以外で判断材料はある?
  8. 3-1.直接運営会社のホームページをチェックする
  9. 3-2. 気になる業者や霊園があれば見学をしてみる
  10. 3-3.口コミ以上に信用できる友人からの評判を聞く
  11. 4.ペット葬儀の口コミまとめ

ペット葬儀って何?

ペット葬儀 口コミ

みなさんは、ペット葬儀という言葉をご存知でしたでしょうか。

人間が亡くなると、かならず葬儀やお通夜があると言うことは知っているはずです。

ですが、ペットにも葬儀という概念があり、近年注目を集めるようになりました。

そもそも、なぜペット葬儀が注目を集めるようになったのでしょうか。

ペットは家族同然だから人間と同じように見送りたい

ペットを飼っている以上、ペットも家族と考えている人は非常に多いのではないでしょうか。

ですから、もしペットが亡くなってしまったとしても、最後まで責任をもって見送ってあげたいと思うのが当然のことと言えます。

実はペットを見送る際に、いくつかの方法があります。

自宅の庭に埋める

ペットが亡くなったときに、最初に思い浮かぶ方法と言えば自宅の庭に埋めてあげることではないでしょうか。

たしかに、自宅の庭にペットを埋めることができれば、大きな費用はかかりませんし、なによりスグにでも実行できるはずです。

しかしそれはペットにとって、正しい埋葬の仕方と言えるのでしょうか。

答えはNOです。

なぜなら、ペットを自宅の庭に埋葬するとさまざまな問題が発生する可能性があるからです。

たとえばペットをそのまま埋めた場合、ニオイに気付いた野生の動物が掘り返してしまうかもしれません。

大切なペットを、野生動物に持って行かれたり食べられたりするとショック以外のなにものでもありません。

また、持ち家だったとしても都合によって引越しをすることも考えられます。

仮に、別な家族が入居して、たまたまた地面を掘り起こしたら骨が出てきたなんてことになると、トラブルのもとになりかねません。

そのため、自宅の庭にペットを埋めるという方法は、もっとも簡単ですが、あとあとのことを考えて選択肢として外すべきと言えます。

自治体で処分してもらう

一般的に、ペットが亡くなったときに対応してくれる場所と言えば、最寄りの自治体が該当します。

自治体と言うことは、市町村が管理している施設でペットを処分してくれることもあり、なにかと安心できるはずです。

しかし、なにかおかしなことに気付きませんでしょうか。

そうです、処分という言葉です。

実は自治体のペットの扱いとしては、一般のゴミと同じ分類に分けられてしまうという事実があります。

つまり、ある意味ゴミと同じように適当に扱われてしまい、作業的に焼却されることもあります。

たしかに自治体でのペット火葬は、値段的に安いのかもしれません。

しかし、安さをとってしまったことにより、ペットを最後の最後で処分という選択肢をとってしまうと、一生後悔する可能性もあります。

霊園や葬儀業者に依頼する

ペットを最後までしっかり見送る方法に、専門の業者や霊園にお願いすることができます。

簡単に言いますと、専門の業者や霊園は、人間と同じようにペットを丁寧に扱ってくれるというわけです。

ですから、ペットを最後まで責任をもって見送りたい、公開しない方法をとりたいとお考えであれば霊園や専門の業者に依頼するべきと言えます。

ペット葬儀の専門業者では、犬や猫をはじめさまざまな動物に対応しているという特徴があります。

ペット葬儀の口コミは信用するべき?しないべき?

ペット葬儀 口コミ

どんなサービスでもそうですが、はじめて利用する場合はインターネットなどで調べることもあるはずです。

サービスに問題はないのか、そもそもその業者の評判は良いのかなど。

それはペット葬儀業者にも該当します。

まず、ペット葬儀を判断するにあたり口コミを参考にするのは構いません。

ただし、匿名性の高い口コミサイトは、そもそも架空の人物が書きこんでいるケースもあるため要注意です。

また、事実ではないことを口コミとして書かれることもあります。

たとえば、とても人気のあるサービスがあったとしましょう。

同じサービスを売りたい別の同業者からすれば、他社のサービスが人気なのは面白くないはずです。

そこで、あることないことを匿名の掲示板に書き込み、評判を落とすというわけです。

当然、ケースとしてはとても少ないですが、匿名だからこそそういう可能性があるということです。

ですからすべての口コミを信用するのではなく、あくまで参考程度にとどめておくべきと言えます。

ペット葬儀の口コミ以外で判断材料はある?

ペット葬儀 口コミ

ペット葬儀業者を探すにあたり、口コミは参考程度にしておくということは納得できたかもしれません。

では、それ以外にどうやって探すべきなのでしょうか。

直接運営会社のホームページをチェックする

いちばん簡単でわかりやすい方法と言えば、ペット葬儀の運営会社のホームページを見に行くことが該当します。

スマートフォンがあれば、気軽にどこでもホームページをチェックできるというメリットがあります。

ペット葬儀業者のホームページを見れば、ほとんどのことが記載されているため、ある程度の判断材料にはなることでしょう。

たとえば、場所はどこなのか、業務内容やメニューはどうなのか、料金はいくらくらいなのかを知ることができれば、利用しやすくなります。

また、ほとんどのホームページでは問い合わせ窓口が用意されているため、質問などがあればすぐに対応してくれます。

気になる業者や霊園があれば見学をしてみる

ペット葬儀業者や霊園によっては、事前に見学をさせてくれるところがあります。

もし、近くにペット葬儀業者や霊園があるのでしたら、事前に見学をしてみてはいかがでしょうか。

ホームページを見るよりかも、現地に行くことでより多くの情報を見つけることができますし、なにより安心感を感じられるに違いありません。

どういうところなのか、どういうスタッフが在籍しているのか、納骨はできるのか、などすべての情報をしっかりと得ることができます。

その際に、事前に気になることや疑問点などがあれば、スタッフに聞いてみてください。

丁寧に答えてくれるのであれば、より安心して利用できるのではないでしょうか。

口コミ以上に信用できる友人からの評判を聞く

インターネットに転がっている口コミは、匿名性が高いためすべてを信用するのはよくありません。

でしたら、確実に信用できる方法をとればいいというわけです。

その方法が、友人からの評判を聞くということです。

もしまわりでペットを飼っている友人がいた場合、過去にペット葬儀を利用したことがあるのかどうかを聞いてみてください。

もし利用経験があるのでしたら、どこを利用したのか、そのときは満足できたのか、はたまた不満だったのかを聞いて見るといいでしょう。

友人からの評判は、口コミ以上に信用できます。

ペット葬儀の口コミまとめ

ペットの葬儀を利用する場合は、インターネットの口コミばかりに頼らず、他の信用できる方法で探してみるべきです。

しっかり調査したうえで利用すれば、最初から最後まで安心してペットを見送ることができるでしょう。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
犬 猫 霊園
犬や猫の霊園ってあるの?ペットが亡くなったときに行くべきところ
2020年7月8日

犬 猫 霊園

みなさんは、何かしらのペットを飼っているはずです。

数えきれないくらいのペットのなかで、最も多く飼われているペットと言えば、犬や猫ではないでしょうか。

そんな犬や猫も、いずれは寿命を全うし天国へ旅立ってしまう日がやってきます。

しかし、犬や猫が亡くなるなんてことは考えたくないため、いざ現実になってしまった場合、とてもパニックになってしまうはずです。

そこで今回は、犬や猫が亡くなってしまったときに頼るべき場所の霊園についてお話しますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.犬や猫が亡くなったときに真っ先にやるべきこと
  2. 1-1.犬や猫の体をキレイにしてあげる
  3. 1-2.はやめに体を折り曲げるようにする
  4. 1-3.犬や猫の体を冷やしてあげる
  5. 1-4. 犬や猫専用の霊園に問い合わせをする
  6. 2.犬や猫を霊園で葬儀や火葬をする理由
  7. 2-1.やっぱり犬や猫は家族の一員にかわりない
  8. 2-2. 犬や猫と向き合う時間が欲しい
  9. 3.ペット霊園の火葬はいくつかの種類がある
  10. 3-1.個別立会火葬
  11. 3-2.一任個別火葬
  12. 3-3.合同火葬
  13. 4.犬や猫のペット霊園をお探しなら「大森ペット霊堂」にお任せ
  14. 4.犬猫の霊園まとめ

犬や猫が亡くなったときに真っ先にやるべきこと

犬 猫 霊園

突然、大切なペットの犬や猫が亡くなってしまうと、本当にパニックになってしまいますし、どうしていいのかが解らなくなってしまうものです。

かといって、そのまま放置しておくのはよくありません。

犬や猫のためにも、自宅でできることをまずはやるようにしましょう。

犬や猫の体をキレイにしてあげる

犬や猫が亡くなると、しばらく安置する時間があるはずです。

そのため、犬や猫を飼い主がキレイにしてあげなければなりません。

犬や猫へ最後の愛情を注げるのはここだけです。

しっかり丁寧に、そして語りかけるように体をキレイにしてあげましょう。

まずは、開いているまぶたや口を閉じて毛並みをキレイに整えてあげることが重要です。

また、犬や猫が亡くなってしまうと口や鼻、お尻の穴から体液がもれだすため塞いであげるようにしましょう。

はやめに体を折り曲げるようにする

実は、人間も動物もそうですが亡くなってからある程度の時間が経てば、体の硬直がはじまります。

いわゆる、死後硬直というものです。

犬や猫の場合は、およそ2~3時間くらいで死後硬直がはじまり体が動かなくなってしまいます。

ですから、段ボールなどに入れる際に手や足を折り曲げるのが遅くなると、思うように寝かせられなくなってしまいます。

また、すでに硬直しているのであれば無理に体を折らないようにしましょう。

犬や猫の体を冷やしてあげる

みなさんも想像できるかもしれませんが、真夏などの暖かい時期に亡くなった犬や猫を放置すると、とてつもないスピードで腐敗していきます。

ですから、可能な限り犬や猫を冷やすようにするべきと言えます。

たとえば、ビニール袋に氷をたくさん入れて冷やしたり、保冷剤などを利用したりすることで、傷みのスピードを抑えることができます。

もし、長時間安置する予定であればドライアイスの利用がおすすめです。

犬や猫専用の霊園に問い合わせをする

さすがに、何日も犬や猫を自宅に安置しておくわけにはいきません。

適切に処置をしてあげないと、犬や猫が安心して天国に旅立てなくなってしまいます。

もし、亡くなった犬や猫を人間の葬儀と同じようにしたいとお考えであれば、専用の霊園に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

ペット専用の霊園は、人間の葬儀と同じような対応をしてくれるため、最後までしっかり見送りたいとお考えであれば利用するべきと言えます。

犬や猫を霊園で葬儀や火葬をする理由

犬 猫 霊園

極端かもしれませんが、犬や猫が亡くなったら自宅の庭に埋めたり、最寄りの自治体にお願いしたりすればいいかな、と考えている人も多いはずです。

しかし、いくつかの方法があるなかでペット専用の霊園が選ばれている傾向にあります。

やっぱり犬や猫は家族の一員にかわりない

どんなペットだったとしても、一緒に過ごしてきた以上、家族以外のなにものでもありません。

そんな家族を、適当に見送ってしまうと絶対にあとで後悔しますし、なによりペットが悲しむかもしれません。

だったら、近くの自治体でお願いすればいいのでは、と思ってしまうことでしょう。

しかし自治体では、基本的に犬や猫を問わずに一般廃棄物として処理されるため、あとで後悔する可能性があります。

そういうデメリットがあるからこそ、ペット霊園を頼る人が増えたということです。

ペット霊園に、亡くなった犬や猫をあずけることで、人間と同じように葬儀や火葬をしてくれるため、とても安心できると言えるでしょう。

犬や猫と向き合う時間が欲しい

たとえばもし身近が人が亡くなった場合、葬儀やお通夜に行くはずです。

しかし、なぜ悲しい場所にあえて足を運ぶのでしょうか。

それは、亡くなった人が生前に何かしらお世話になっていたはずですから、あらためて向き合う時間を作りたいと思うからです。

とくに、自分の家族や親戚、友人などであれば余計にそう思うはずです。

亡くなった人がお墓に入るまで、思い出を振り返ったり、感謝の気持ちを表したりするものです。

それは犬や猫などのペットも、同じではないでしょうか。

ペットは家族ですから、思い出も感謝の気持ちも数えきれないくらいあるはずです。

また、できなかったこともあり後悔していることもあるでしょう。

ペット霊園でも犬や猫がお墓に入るまでに時間があるため、過去のことを振り返ってみてはいかがでしょうか。

ペット霊園の火葬はいくつかの種類がある

犬 猫 霊園

犬や猫が亡くなって、ペット霊園にお任せする場合、いくつかの火葬方法があることをご存知でしたでしょうか。

個別立会火葬

個別立会火葬とは、ペット霊園までご遺体を持って行き家族立ち合いのもと個別に火葬をすることを表します。

また、火葬が終ると遺骨をおさめ返骨が可能なため、最後まで見送りたいしお骨も持って帰りたいという場合は、個別立会火葬を選ぶべきと言えます。

一任個別火葬

一任個別火葬とは、ペット霊園のスタッフが自宅に訪問し、犬や猫のご遺体を預かり火葬を行う方法のことを表します。

つまり立ち会う必要がない火葬が、一任個別火葬です。

たとえば、忙しくて葬儀の準備ができない、最後まで見送るのはツラいという場合に、一任個別火葬が選ばれる傾向にあります。

合同火葬

合同火葬とは、その名の通り他のペットと一緒に火葬をすることを表します。

個別立会火葬や一任個別火葬よりも、比較的安価で利用できるため、予算に限りがある人によく利用されています。

また、ほかのペットと一緒に火葬されることもあり、犬や猫が寂しい思いをしなくて済むというメリットもあります。

ですが、全ての犬や猫が一緒に火葬されてしまうことから、お骨が返ってくることはありません。

もし、返骨をしてほしいと思うのであれば、合同火葬以外の方法を選択するようにしましょう。

犬や猫のペット霊園をお探しなら「大森ペット霊堂」にお任せ

大切な犬や猫がお亡くなりになったのであれば、大森ペット霊堂にお問い合わせください。

20年以上の経験と実績をもとに、火葬や納骨、供養をはじめ生前相談までをサポートしております。

当社では、ご家族に寄り添うことはもちろん、犬や猫に愛情をこめて最後まで対応しております。

24時間365日受付しておりますので、何かお困りごとがありましたら大森ペット霊堂にご連絡ください。

プロのスタッフが、迅速丁寧な対応をいたします。

犬猫の霊園まとめ

大切にしていた犬や猫は、残念ながらいつかは亡くなってしまいます。

だからこそ、事前に準備もできますし後悔しないようにすることができます。

ペットが亡くなると、火葬や葬儀などを検討されるはずです。

しかし、たったの1回きりですし失敗はできません。

もし、後悔しない霊園をおさがしであれば大森ペット霊堂へお任せください。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
小動物 火葬
小動物の火葬はどこでできるの?火葬で後悔しないための絶対的な方法
2020年7月7日

小動物 火葬

ペットとして飼っていた小動物も、人間と同じようにいつかは亡くなるときがやってきます。

正直なところ、そんなことは考えたくありませんが現実のものになってしまいます。

とくに小動物は寿命が短いことが多いため、亡くなるときを目にすることも多いことでしょう。

そこで今回は、小動物の火葬はどこでできるのか。

1回きりの火葬だからこそ、後悔しないためにやるべきことをお伝えしますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.小動物とはどこからどこまでを指すの?
  2. 2.小動物をペットとして飼いやすいのは?
  3. 2-1.ハムスター
  4. 2-2.うさぎ
  5. 2-3. ハリネズミ
  6. 2-4.セキセイインコ
  7. 3.小動物を火葬するための場所
  8. 3-1. 自宅の庭に埋葬する
  9. 3-2.自治体で火葬する
  10. 3-3.民間の霊園やペット葬儀業者で火葬する
  11. 4.小動物を火葬する際に後悔しないために
  12. 4-1.かならず専門業者に問い合わせをする
  13. 4-2.ペットのことを第一に考えてくれる
  14. 5.小動物の火葬のまとめ

小動物とはどこからどこまでを指すの?

小動物 火葬

動物と言えば、生きているものすべてを指しますが、小動物というカテゴリは、どこからどこまでを指すのでしょうか。

小動物とは、名前の通り小さな動物のことを表します。

小動物のカテゴリに決まりはありませんが、猫よりも小さいサイズの動物を指すことが多い傾向にあります。

たとえば、フェレットやネズミ、小鳥、金魚、カエル、ヘビなどが小動物に該当します。

ただし、場合によってはチワワなどの小型犬が含まれたり、虫系や両生類系を含まないケースもあります。

小動物をペットとして飼いやすいのは?

小動物 火葬

小動物をペットとして迎え入れる際に、できれば飼育しやすい生き物を選びたいはずです。

そこで小動物をペットとして飼いやすい生き物を、ピックアップしました。

ハムスター

小動物の代表格と言えば、ハムスターではないでしょうか。

見た目が小さく、とても飼いやすいためペットショップでもよく見かける生き物です。

しかもハムスターは、犬や猫と違いとても安価で売られているため、気軽に飼うことができます。

ハムスターは、基本的にケージで飼うこともあり、部屋がまったく汚れないというメリットがあります。

また、ハムスターはエサ代がそこまでかからないこともあり、経済的な負担も少なく誰でも飼えてしまいます。

ただし、ハムスターの寿命が短く、診察してくれる動物病院が少ないため、何かあったときに対応してくれそうなところを事前に探しておくべきと言えます。

うさぎ

うさぎは、私たちにとって身近な存在でもある小動物です。

なぜならうさぎは、月や幸運のシンボルとされているからです。

そのうさぎ人気もあってか、ペッとして飼う人はもちろん、ウサギカフェなどの新しい業態のお店ができたりしています。

うさぎの最大のメリットとしては、犬や猫のようにおおきく鳴かないことではないでしょうか。

基本はゲージで飼育できますし、犬のように散歩をすることもありません。

ただし、うさぎのオシッコのニオイが強いため、定期的な掃除が必要不可欠です。

ハリネズミ

見た目の可愛さとは裏腹に、トゲトゲしい外見を持っているのがハリネズミです。

体に無数にある針は、自分の身を守るために備えられているという特徴があります。

そのギャップもあってか、ハリネズミ好きな人が多いというわけです。

ハリネズミがなつくまでに時間はかかりますが、その分、なついたときの感動は最高といってもいいでしょう。

ただし、体の大半が針でおおわれているため、刺されるととても痛い思いをするというデメリットがあります。

またハリネズミは、天候に左右されやすい小動物です。

暑さにも寒さにも弱いため、1年中適切な気温を維持しなければなりません。

セキセイインコ

小鳥のジャンルで、最も知名度がある小動物と言えばセキセイインコではないでしょうか。

セキセイインコが人気な理由の一つに、手軽な値段で購入できることと、初心者でも飼いやすいことがあげられます。

また、セキセイインコによっては色合いがぜんぜん違うため、自分だけの1羽を探すことができます。

また、セキセイインコはケージ内で飼えるため部屋が狭くても飼えるというメリットがあります。

ですが、場合によっては泣き声が気になってしまうため、集合住宅や防音ができていないアパートなどで飼うのは難しいといえるでしょう。

小動物を火葬するための場所

小動物 火葬

小動物が亡くなってしまった場合、突然のことでパニックになるはずです。

そんなときに、どこで火葬できるのか、そもそも小動物は火葬できるのかを迷ってしまうことでしょう。

そこで、小動物を火葬するための場所についてお話します。

自宅の庭に埋葬する

小動物のような小さいペットが亡くなると、自宅の庭などに埋葬することを考えるはずです。

もし、自分の家が戸建て住宅でなおかつ自分の庭があるのであれば小動物を埋めても問題ないといえます。

ただし、賃貸マンションなど自分のものではない共有スペースに埋めると、トラブルの元になるため辞めておきましょう。

また、引越しをする可能性があるのでしたら、次に住む人の迷惑になるため極力庭に埋めるのは辞めておくべきと言えます。

自治体で火葬する

実は、小動物などは最寄りの自治体で火葬してくれることをご存知でしたでしょうか。

自治体では、小動物を火葬してくれますが、あくまで火葬をするだけで終わりのケースが多いです。

でも火葬してくれるなら問題ないのでは、と感じてしまうかもしれません。

しかし、自治体はあくまで小動物をゴミとして火葬するため、愛情を注いできた飼い主からすれば非常に悲しい光景を見ることでしょう。

そのかわり費用は安いので、安さをとって自治体に任せるか、最後まで見届ける優しさをとる他の方法での火葬かによります。

民間の霊園やペット葬儀業者で火葬する

実は、小動物も人間の葬儀と同じような対応をしてくれる場所があることをご存知でしたでしょうか。

それがペット専用の火葬業者や霊園です。

どちらも、自治体のようにペットをゴミとして扱うことをしないというメリットがあります。

つまり、ペットも家族の一員として理解してくれるため、最初から最後まで安心してお任せできるというわけです。

もし、小動物に愛情を注いでいたのであれば自宅の庭や自治体ではなくペット専用の霊園などに火葬をお願いするべきと言えるでしょう。

小動物を火葬する際に後悔しないために

小動物 火葬

 

火葬は、たったの1回きりですし失敗も後悔もできません。

ですから、小動物を火葬する際に後悔しないためにやっておくべきことをお伝えします。

かならず専門業者に問い合わせをする

みなさんは、小動物が亡くなって火葬をする際には、きっとインターネットで検索をしてどこかの業者に依頼することでしょう。

しかし、その業者選びは適切でしょうか。

もしかしたら運悪く、悪徳業者につかまってしまうかもしれません。

ですから、面倒だと思っても電話なりメールなりで問い合わせをするべきと言えます。

その際に、こちらの質問に的確に答えてくれるのか、あいまいな回答をされないのか、親切なのかをチェックしておきましょう。

ペットのことを第一に考えてくれる

小動物の火葬業者を選ぶにあたり、注意しておくことがあります。

それはペット火葬業者が、ペットのことを第一に考えてくれるのかどうかです。

会社として運営している以上、もちろん利益が第一なのは当然のことと言えます。

しかしたとえば悲しみのどん底にいるなかで、いろんな商品を売りつけられると、嫌な気持ちになるはずです。

ですがそういうのが一切なく、飼い主やペットに寄り添って対応してくれる業者を選ぶことがとても重要だと言えます。

小動物の火葬のまとめ

小動物の寿命は短い傾向にあるため、数年の間に何かしらの対応をしなければならない可能性があります。

ですから、大切な小動物のためにも事前に満足のいく葬儀や火葬場所を探しておくことをおすすめします。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。
1 5 6 7 8 9 65