BLOG

ブログ
野良犬や野良猫の死に直面したときのペット葬儀・ペット火葬
2019年8月30日

あなたの周りでもどのおうちにも飼われず、自由気ままに過ごしているワンちゃん(あるいは猫ちゃん)を一度は見たことがあるのではないでしょうか。
野良犬や野良猫たちが交通事故によって亡くなってしまったり、駐車場や公園などで息を引き取っていたりした場合、どう対応すべきか分からないですよね。
野良犬や野良猫たちに飼い主はいませんが、自治体で対処してもらうほかに「ボランティア葬」というものがあります。大森ペット霊堂でも「
ボランティア葬」に対応しています。もし今後、野良犬や野良猫たちと遭遇したときの対処法についてまとめました。

    目次

  1. 1.野良動物かな?と思ったら確認したいポイント
  2. 1-1.周囲に飼い主はいるか
  3. 1-2.野良猫の耳にカットはあるか
  4. 1-3.異変があったら、自治体へ
  5. 2.野良犬や野良猫の死に遭遇した場合
  6. 2-1.ペット葬儀業者へ電話
  7. 2-2.ペット葬儀業者へ連れて行く
  8. 2-3.ボランティア火葬
  9. 2-4.火葬後の供養
  10. 3.野良動物も大切な命

野良動物かな?と思ったら確認したいポイント


野良動物を見かけた際には次の3つを確認しましょう。

1.周囲に飼い主はいるか

野良動物に遭遇した際には、首輪の有無や周囲に飼い主がいるかどうか確認しましょう。もし飼い主がいる場合には、首輪に記載されている住所や連絡先を見て、どこで見つけたのかなど状況を伝えましょう。

2.野良猫の耳にカットはあるか

自由気ままに生きる野良猫の場合、耳に一文字やV字のマークがある時があります。TNR活動(捕獲すること(Trap)、不妊手術(Neuter)、猫を元の場所に戻す(Return))によって、これ以上繁殖をしない「地域猫」であると一目でわかります。

3.異変があったら、自治体へ

野良動物の場合、予防接種等をせずに過ごしてしまうこともあり、それが原因で感染症にかかりやすいです。野良動物を見かけたときに、少しでも異変があったら各自治体へ連絡しましょう。

野良犬や野良猫の死に遭遇した場合


野良犬や野良猫のボランティア葬は、どのペット葬儀業者でも行なっているわけではありません。見かけた際には電話にて確認するといいでしょう。

ペット葬儀業者へ電話

野良犬や野良猫のボランティア葬を行なっているペット葬儀業者へ電話し、野良犬(あるいは野良猫)の状況を伝えて指示を仰ぎましょう。息がまだある場合には、近くの動物病院へ連れて行きます。野良犬や野良猫の場合、ボランティアで見てくれる動物病院もあるので、近くの病院で対応しているか問い合わせしてみるといいでしょう。
もし残念ながら息を引き取っていた場合、ペット葬儀業者へボランティア葬を依頼することで供養ができます。

ペット葬儀業者へ連れて行く

大森ペット霊堂では、原則として直接大森ペット霊堂へお持ち込みをお願いしております。お電話にてご依頼があった際には、火葬にて手厚く供養いたします。

ボランティア火葬

野良犬や野良猫の火葬は、無償で火葬を行なっています。野良犬や野良猫たちのボランティア葬は、みなさんのご協力があるからこそ成り立つ葬儀となります。この世に生を受けた動物たちが等しく、安らかに旅立てるよう私たちは責任を持って取り組んでいます。

火葬後の供養

ボランティア火葬の後、お骨はペット霊堂内にある合同供養塔へと納骨します。他のペットたちも合同供養塔へ納骨し、手厚く供養させていただきます。

野良動物も大切な命


私たちは、心から動物たちを考え、ご家族に寄り添った弔いをモットーに活動しております。ペット葬儀業者の中には、残念なことにビジネスとして、弔いを作業として扱っている方もいます。動物たちを思うからこそ、私たち大森ペット霊堂はこれまで多くの方に支えられボランティア葬ができました。スタッフも訪れた動物たちを家族同然に接するからこそ、真摯に受け止め、手厚く供養に臨めます。野良動物も大切な命。私たちはこれからも動物たちに何ができるか、精進してまいります。

また、私たち大森ペット霊堂ではボランティア葬儀以外にも動物の保護や里親探し、殺処分ゼロ運動、学校教育の道徳の授業などに取り組んでおります。みなさんの暖かいご支援を今後ともよろしくお願いいたします。

ペットの粉骨について<ペット葬儀・火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年8月25日

 

大森ペット霊堂の萩原です。

みなさんはペットの粉骨に関してどうお考えでしょうか?粉骨したいけどどこでしてくれるのかな?などご不安なこともおありかと思います。今回は「粉骨」についてお話させていただきます。

 

粉骨とは?

粉骨とは文字の通りご遺骨を粉末化(パウダー状)することを言います。もし粉骨をご検討されている場合はペット葬儀・火葬業者などに粉骨のご相談をされてみてはいかがでしょうか?

 

 

粉骨をする理由とは?

「粉骨」はしなくてはいけないというものではございませんので、飼い主様ご自身でお決めいただいております。粉骨する理由は飼い主様それぞれでございます。例えばペットのご遺骨を自然に還したい(海洋散骨・樹木葬など)、自宅の庭に埋葬したいなど散骨をご希望の場合や、骨壺のサイズを小さくしたいといった場合もございます。

 

樹木葬

樹木葬とは、1999年以降に登場した新しい葬送の形です。墓石のかわりに樹木や花を植えて墓標とし、遺骨は土にそのまま埋葬します。自然を壊さない墓地として、環境にもやさしいと注目されています。

 

 

海洋散骨

海洋散骨とは海に遺灰や遺骨を放つ葬送方法の一種です。
自然に還してあげたい、もともと海が大好きだったり、思い出の場所ということから海洋散骨を希望される方もいらっしゃいます。

 

 

粉骨後の骨壺の大きさは?

ご自宅で供養されている方や、納骨堂に納めておられる方などは骨壺のサイズがもう少し小さければいいのになどとお考えの方もいらっしゃるかと思います。実際に粉骨後の骨壺の大きさについてご質問を頂くことがございます。

 

  • 6寸 (レトリーバー、シェパードなどの大型犬)→ 5寸
  • 5寸 (M.シュナウザー、柴犬などの中型犬)  → 3寸
  • 4寸 (猫やM.ダックスなどの小型犬)     → 2寸または2.5寸
  • ※ペットのお体の大きさにもよりますが、1サイズから2サイズ程度骨壺のサイズが小さくなります。

 

 

最後に・・・

粉骨をすることによって骨壺のサイズが小さくなり、より身近にペットを感じることができるようになったとおっしゃっていた飼い主様もおられました。また、ご葬儀の際にすでに散骨をお決めいただいている飼い主様もおられます。その際は粉骨をし、飼い主様にお連れ帰っていただくことも可能でございます。

粉骨をしてもいいのだろうかとお考えの方もいらっしゃるかと思います。ペットに対する想いは飼い主様それぞれでございます。特別な決まりはございませんのでご安心ください。飼い主様のお好きなようにペットちゃんをご供養してあげてくださいませ。きっと飼い主様の想いや愛情はペットに届いておられることと思います。

大森ペット霊堂は「納骨」「粉骨」「供養」など、ご葬儀の後もお手伝いさせていただきたいと思っております。疑問や不安なことがございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

 

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

 

ペット葬儀はやるべきなのか?ペット火葬における歴史の歩み
2019年8月23日

ペット葬儀について、なんとなく言葉は聞いたことはあるけど、準備や費用などが漠然としている。このような不安で悩む方も多いかもしれません。大切な家族の最期を見送るためにも、ペット葬儀の事情や問題点について見ていきましょう。

    目次

  1. ペット葬儀を考えている人は、ペット飼育者の78.2%
  2. そもそもペット葬儀はいつから始まったのか?
  3. ペット葬儀の種類
  4. 1.合同葬儀
  5. 2.個別一任葬儀
  6. 3.立会葬儀
  7. 4.その他
  8. ペット葬儀業界の問題点・トラブル
  9. 1.ペット火葬についての法整備の遅れ
  10. 2.実際には火葬が行われていないケース
  11. 3.火葬後に追加分として高い料金を請求される
  12. 後悔のないお別れのために

ペット葬儀を考えている人は、ペット飼育者の78.2%

アニコム損保がペット保険に加入中の契約者に対して、「ペット葬儀について考えているか」というアンケートを実施しました(1)。「はい」と答えた回答者は78.2%に上り、「いいえ」を大きく上回る結果となりました。

また、具体的な葬儀内容については、回答者の85.9%が「ペット霊園等で火葬」と答えています。ペット葬儀に対する関心の高さやペットを手厚く見送ってあげたい飼い主さんの愛情がうかがえますね。

そもそもペット葬儀はいつから始まったのか?


今では当たり前になりつつあるペット葬儀はいつ頃から始まったのでしょうか。
寺院が檀家の犬や猫を供養する事例は昔から全国で見られたものの、一般の方が飼育する動物の葬儀や火葬を引き受ける事業が始まったのは、第二次世界大戦後の昭和20年代前半と考えられています。

東京都や神奈川県で動物霊園事業が始まったことを皮切りに、その後全国各地にペット葬儀社が誕生しました。
平成の時代を迎えると空前のペットブームが起こり、ペットの社会的地位は向上しつつあります。次第にペットは家族同然の存在という価値観が広がり、マンションで室内飼いをするケースが増えたことでペット葬儀のニーズが急速に高まりました。
現在、ペット葬儀社は全国におよそ600存在すると言われています。

ペット葬儀の種類


ペット葬儀にはどのような種類があるのでしょうか。詳しくご説明します。

1.合同葬儀

火葬から供養までを他のペットたちと一緒に行う葬儀です。遺骨はペット霊園の合同の納骨堂に納められます。火葬に立ち会うのが辛い場合や「他のペットたちと一緒にいるほうが寂しくない」とお考えの方に向いています。飼い主さんが心ゆくまでペットの供養ができるように、毎年”合同慰霊祭”を開催しているペット霊園があります。

2.個別一任葬儀

火葬は個別で執り行い、火葬の立会いや収骨についてはペット霊園に任せる方法です。お骨は骨壺に納められた状態でスタッフから飼い主さんに返されます。
ペットのお骨を残したい方や火葬の立会いに抵抗を感じる方にお勧めです。

3.立会葬儀

飼い主さん立会いのもとで火葬を執り行い、火葬後はペットのお骨を飼い主さん自らが拾って骨壺に納めます。家族のみなさんでお別れをしたい場合や自分の手でペットのお骨上げをしたい場合に選ばれる葬儀です。

4.その他

ライフスタイルの多様化にともない、飼い主さんのスケジュールに対応しやすい移動火葬車のニーズが増えてきました。移動火葬車には火葬炉が搭載されており、飼い主さんのご自宅まで訪問しその場で火葬を執り行います。

ペット葬儀業界の問題点・トラブル


近年のペットブームよってペット葬儀社は急速に増えましたが、ペット葬儀の歴史はまだ浅く正しい知識を持つペット葬儀業者は多くないのが現状です。葬儀社選びを間違えると思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。ここでは、ペット葬儀業界の問題点やトラブルの事例についてみていきます。後悔しないペット葬儀業者の選び方についてはこちらを参考にしてくださいね。

1.ペット火葬についての法整備の遅れ

ペット葬儀のニーズの高まりによってペット葬儀社は増加したものの、ペットの火葬についての法律はまだ存在しません。自治体によっては許認可についての基準を設けていますが、極端に言えば今なら誰でも葬儀社を開業できる状態です。残念なことに金銭目当ての悪徳業者が存在するのは否定できません。

2.実際には火葬が行われていないケース

火葬後にお骨を手渡す約束を交わしたにも関わらず、飼い主さんから預かったペットの遺体を遺棄したという、極めて悪質な事例がありました。実際に火葬が行われているのかどうか疑わしいケースは後をたちません。火葬の方法について事前に十分な確認をし、少しでも怪しい点があればすぐに断るなどの対応が必要です。

3.火葬後に追加分として高い料金を請求される

事前に提示された料金とは別に、「追加分」として法外な料金を請求されるケースです。
ペットの遺体を焼却炉に入れてから、「料金を支払わないなら火葬を中止する」などと脅され、仕方なく高額な料金を支払ってしまう飼い主さんがいるようです。
飼い主さんの心情としては、ペットの体を粗末に扱われることは耐え難いでしょう。ペットに対する飼い主さんの愛情を逆手に取った卑怯きわまりないやり方です。

後悔のないお別れのために


ペット葬儀の歴史や種類、ペット葬儀業界の問題点などについてご紹介しました。ペットの存在が使役動物からコンパニオンアニマル(伴侶動物)に代わり、葬儀や火葬が当たり前になったのは最近のことです。わたしたちの人生を豊かにしてくれるペットのためにも、ペット葬儀について詳しく知っておくことは大切なことではないでしょうか。
大森ペット霊堂では、飼い主さんの気持ちに寄り添い、真心をこめてペットたちをお見送りする葬儀を執り行なっております。24時間365日対応しておりますので、ペット葬儀に関する疑問点などがございましたらお気軽にご相談ください。

参照元:

(1) アニコム損保, 第3部どうぶつの疾患統計, 第3章 死亡と寿命, 3.どうぶつの葬儀について, https://www.anicom-page.com/hakusho/book/pdf/book_201712_3.pdf

とある黒猫のお話|ペット火葬を行う大森ペット霊堂
2019年8月22日

 

大森ペット霊堂の田島です。

 

 

先日、猫ちゃんの個別一任葬儀のお迎えに上がらせていただいたお宅で

こんなお話をお伺いしました。

 

 

 

とある黒猫のお話

 

 

 

お預かりした子は、毛並みが真っ黒な猫ちゃんでした。

 

 

その猫ちゃんは元々地域猫として地域の皆様に可愛がられていたのですが、

病気が発覚してからは、お迎えにあがったご自宅の方が面倒を見ていたそうです。

 

 

地域猫時代に築いた絆からか、その方の自宅に初めて招き入れた際

なんの警戒もなく、ごろんと転がりおなかを見せてくれたそうです。

 

 

闘病生活が始まり、様々な治療を施しました。

 

 

少しでもこの子が苦しくないように。

 

 

 

 

 

 

ある日、その子が目から大量の涙を流したそうです。

 

 

その瞬間、

 

「死にたくない、生きたい」

 

と、その子の強い意思を感じたとその方は仰っていました。

 

 

「わかった、私も頑張るから、これからもまだまだ辛いけど、まだ頑張れるね」

 

と、その想いにこたえ、猫ちゃんに伝えたそうです。

 

 

 

 

 

 

闘病開始から約1年。

 

 

その子は見守られる中息を引き取りました。

 

 

お迎えの際ご自宅にお邪魔させていただきましたが、

本当にたくさんのお花が彼女を取り囲んでいました。

 

 

「こんなにも愛されたのは、あなたがたくさん人を愛したからだよ」

 

 

飼い主様のその言葉がとても印象深く残っています。

 

 

 

 

 

 

飼い主様とお話をした後、

 

「来てくれたのが田島さんでよかった」

 

と、お褒めの言葉を頂きました。

 

 

この仕事をするにあたり、

 

どうしたら少しでも飼い主様がペットを快く見送ることができるか

 

自分だったらどう見送りたいか

 

そんなことを常に考えるようにしています。

 

 

少しでも私の想いが伝わり、

飼い主様方が気持ちよく送り出すことができたのなら幸いです。

 

 

 

 

ペットを看取る

 

 

 

ペットを看取るときは、腕の中で安らかに眠りについてもらいたいと考える人は多いでしょう。

 

 

ですが私自身、これまで見送ってきた動物はたくさんいますが、

目の前で看取ることができたことは一度もありません。

 

 

記憶の中では生きていたその子が次に会ったとき、

目には生気が宿っておらず、手足には力もない

命尽きた姿を見るのは胸が張り裂けるほどつらく苦しいです。

 

愛していた動物たちを見送るたびに何度も声を上げて泣きました。

 

 

 

 

 

 

過去に動物対話士(アニマルコミュニケーション)の方に、ある1匹の猫を見てもらったことがあります。

 

「この子の最期に間に合わなかった。誰よりも大好きだったのに

看取ることができなかったことについてこの子はなんと思っているか?」

 

と聞いたところ、

 

「間に合わなかったのはしょうがないじゃん、お前もやることがあったんだろ?」

「自分のことを好きでいてくれていたの、知ってるよ」

 

とその子は答えてくれました。

 

 

正直本当にその子がこんなことを思っているのかは誰にもわかりませんが、

私にとってその返答がすごく心の支えになりました。

 

 

ああそっか、そういえばこの子はこんなおおらかで心が広い性格だったよなと、

 

 

改めて向き合うことができたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットをなくした悲しみはとても深いものかと思いますが、

 

それ以上にその子のことをたくさん思い出してあげてくださいね。

 

それがいちばんの虹の橋にいる彼らへの供養なのではないかと思います。

 

 

 

 

 

ペット葬儀・ペット供養を行う大森ペット霊堂

東京都大田区大森東2-1-1

☎0120-176-594

スタッフ 田島

ペットの思い出 聴かせて下さい
2019年8月20日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

自分は、今年の4月から、大森ペット霊堂で日々勉強させて頂いております。今回は、少し自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ペット霊園で働き始めたきっかけ

 

もともと、自分は動物が大好きで、動物たちのための仕事がしたいと、ずっと思っていました。学生時代には、移動動物園や、ブリーダー犬舎でアルバイトをしました。卒業してからは、動物看護師として、動物病院で働き始めました。しかし、そこで大きな挫折をして、しばらく動物と関わる仕事から離れていました。

 

でも、どうしても動物たちのための仕事がしたいという気持ちを諦め切れず、また一歩、踏み出せる自信をつけたいと思い、愛玩動物飼養管理士という資格を取りました。愛玩動物飼養管理士とは、日本愛玩動物協会が認定する資格で、この協会は、with PETsという機関誌を発行しています。この機関誌に「ペット霊園」のことが記載されており、この仕事の存在を知り、興味を持ったのがきっかけです。大森ペット霊堂とのご縁を、大切にしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

一緒に暮らしている動物

 

自宅には、ジャンガリアン・ハムスターがふたりいます。名前は「ちっちゃん」と「のんちゃん」です。以前ブログで紹介させて頂きました。

 

⚫️動物は迎え入れる事ができる

https://www.petsougi.jp/blog/3259

⚫️ハムスターも犬猫と同じ命

https://www.petsougi.jp/blog/3846

⚫️火葬は愛用していた物を添えてあげて

https://www.petsougi.jp/blog/4737

 

母親の実家には、ダックスフンドがいます。初代の子は亡くなっており、現在は二代目の子です。名前は初代が「リフ」、 二代目が「マロン」です。のちのちブログで紹介できたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

学生時代に、学校の犬舎に、自分ととても仲良しだったコリーの子がいました。名前は「鈴(りん)」と言います。よく自分と鈴のふたりきりで、校内の廊下とか、校舎の裏側とか、普段歩かせないような場所を探険して遊んだ思い出があります。でもその子は病気で亡くなってしまって、今はもう居ません。

 

ふたりにしかわからない、楽しかった思い出を知っているのは、もう残された自分だけです。皆さんにも、愛するペットとの、ふたりきりの思い出があると思います。そんな思い出を、ご来堂の際には、是非たくさん聴かせて下さい。その子が居てくれた証を、少しでも多く一緒に共有できる存在でいれたらと思っています。

 

 

 

ペットの葬儀、火葬なら大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

 

ペット(犬)が亡くなった際の手続きについて<ペット葬儀・火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年8月16日

大森ペット霊堂の萩原です。

 

ペット(犬)を飼われている飼い主様から、良く頂く質問がございます。

「犬が亡くなったら役所に届けは必要なのか?」

たしかに、人間ですと死亡届を役所に提出しますよね?ペット(犬)の場合は何も届けを出さなくてもいいのでしょうか?

 

死亡届とは?

人が亡くなった場合、それを証明するために「死亡届」を提出します。 死亡届は火葬(または埋葬)許可証を受け取るために、期限までにきちんと出す必要があります。正式には「死亡届書」と呼ばれ、記載されている人が死亡したことを証明する書類です。死後7日以内に提出する必要がありますが、国外で死亡した場合はその事実を知った日から3ヵ月以内であれば受け取ってもらえます。

人の場合だとこのような決まりがありますがペット(犬)の場合はどうなのでしょうか?

 

 

ペット(犬)が亡くなったら?

愛犬が亡くなってしまったら、登録をしていた市区町村に死亡届を提出しなくてはなりません。

飼い犬の死亡届は、登録していた保健所、保健センターまたは各地域センターで、死亡届用紙に必要事項を記入して、鑑札及び注射済票を添付して提出、または電子申請で提出しなければなりません。期限は30日以内、または特に記載なしなど各市区町村で異なるようです。

 

死亡届に必要なもの

鑑札と注射済票は返却する必要があるため、忘れずに持っていきましょう。

・各地区町村によって変わりますが、一般的には亡くなった犬の生年月日や年齢、性別、毛色、登録年度、犬の種類、登録番号、亡くなった年月日が必須項目とされますので確認しておきましょう。

 

 

死亡届の提出方法

・直接出向いて提出する

・電子申請

※申請の仕方は市区町村によって異なりますので、事前にご確認ください。

 

最後に・・・

最愛のペット(犬)が亡くなってしまい、すぐにはこのような事務的な手続きは考えられないかと思います。毎年毎年、亡くなったペットの狂犬病のハガキが自宅に届いてしまう方もいらっしゃると思います。ペット葬儀・火葬も事前に調べておくことが大切ですが、このような事務的な手続きも前もってどんなものがあるか、何が必要なのか、どこに行けばできるのかなどを調べておくことも大切なことではないでしょうか?

ペットが亡くなってもいないのにこのようなことを考えるのは不謹慎なのではないかと、お考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、愛するペットの為に亡くなった後のことを考えておくこともとても大切なことだと思っています。ペット葬儀・火葬はどんなものがあるのか?一緒に火葬していいものはなんだろう?大型犬って火葬できるのかな?など今、考えただけでもたくさんの疑問が浮かぶことと思います。

愛するペット(犬)のために少しでも事前に情報を集め、万が一のために備えておくのはいかがでしょうか?

 

 

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

 

1 5 6 7 8 9 53