BLOG

ブログ
お盆の供養祭を終えました
2019年8月12日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

大森ペット霊堂では、お盆や年の暮れ、お彼岸の時期に合わせて、年に4回、ご住職をお招きして、供養祭を行っております。

 

 

 

 

 

 

先月7月には、お盆の供養祭があり、多くのペットちゃん達の魂をお迎えしました。本当にたくさんの飼い主様がお越しになり、お席を確保できず、お立ちになりながらご参加いただく事になってしまった方もいらっしゃいました。梅雨が明ける前ではございましたが、それでも大変お暑い中、お疲れ様でございました。

 

自分事ではございますが、自分は入社が4月でしたので、今回の供養祭が初めての参加となりました。お盆の供養祭は、一年を通して一番人が集まる日になると聴いておりましたが、それは確かにその通りでした。ご用意させて頂いたお茶が足りず、買い足しに行く事になってしまったり、ご住職からお手伝いの指示を受けても、前へ進むスペースが無くなってしまったり。トラブルはございましたが、初めての経験を、なんとか無事に終える事ができました。

 

 

 

 

 

 

当施設では、ペットちゃん達の四十九日忌や一周忌、三回忌といった節目に合わせて、月に2回、法要の合同慰霊祭を行っておりますが、その場面よりも、さらに多くの人々が集まる場面となるのが、今回の供養祭でございます。供養は、人々が集まる事に意味があると言われております。「供養」の字をご覧頂きますと、

 

「供」という字は、

「人」と「共」から構成され、

「養」という字は、

「美」と「良」から構成されます。

 

すなわち「供養」とは、もともと、「人が共に美しく良い事をする」という意味であるそうで、自分の愛するペットちゃんの命を偲ぶ事はもちろんの事、身内だけでなく、その日に集まった、ほかのご家族様のペットちゃん達の命も、みんなで一緒に偲ぶ事、それが「供養」だそうです。

 

「供養」の字の由来を、今まで自分は知りませんでしたので、今回の供養祭を通して、とても勉強になりました。お盆という、人々が集まる行事には、供養する為の大切な意味が込められていたのですね。

 

 

 

 

 

 

次回の供養祭は、来月9月の、秋のお彼岸に合わせて行われます。会場は、大森ペット霊堂ではなく、より広い会場をお借りして行われる予定となっています。詳細の内容については、後日お知らせがございますので、お待ち下さいませ。

 

 

愛する動物たちの供養

ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂

 

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

 

【徹底解説】よく分かるペットロスとの向き合い方
2019年8月9日


最愛のペットを失った悲しみから生じる、ペットロス。動物を飼っている方なら誰にでも起こりうる反応で、近年では社会問題にもなっています。
ですが、残念なことに「ペットロス」についての認知が乏しく、ペットを失った人の心の傷を軽く見る人もいます。ペットロスとはどのような症状か、ペットロスの対応方法についてお話しします。

    目次

  1. 1.ペットロスとは?
  2. 1-1.心の反応
  3. 1-2.体の反応
  4. 2.ペットロスを乗り越えるために
  5. 2-1.生前にできること
  6. 2-1-1.・ペットの寿命を意識しておく
  7. 2-1-2.・ペットはペットとして扱ってあげる
  8. 2-1-3.・後悔しないための行動を取る
  9. 2.死後にできること
  10. 2-2-1.・とことん悲しむ
  11. 2-2-2.・信頼できる人に話しを聞いてもらう
  12. 2-2-3.・新しいペットを迎える
  13. 3.ペットロスについて周囲に知っておいて欲しいこと
  14. 3-1.話しを聞いてあげる
  15. 3-2.かけてあげる言葉・かけてはいけない言葉
  16. 3-3.一緒に弔う
  17. 4.一人で悩まず私たちにご相談ください

ペットロスとは?

ペットロスになった場合、心や体には具体的にどのような反応がおこるのでしょうか。

1.心の反応

後悔や自責の念にさいなまれる、亡くなったペットのことが頭から離れない、何もやる気がおきない、獣医師などに対して怒りを感じるなど、人によって心の反応はさまざまです。このほかには、不安感や孤独感、喪失感、深い悲しみ、自殺願望などが挙げられます。

2.体の反応

強いストレスが原因で食欲不振に陥ったり睡眠障害(不眠や過眠)を起こしたりします。倦怠感や脱力感、頭痛、関節痛、過呼吸、パニック発作などに悩まされる方も少なくありません。持病がある場合は、ペットロスをきっかけに症状が悪化するケースがあります。

ペットロスを乗り越えるために

ペットロスにならないためにペットが元気なうちにするべきことや、もしペットロスになってしまった場合の乗り越え方について見ていきます。

1.生前にできること

・ペットの寿命を意識しておく

フードの品質改良や医療の発達、良好な飼育環境などのおかげでペットの寿命は延びました。とはいえ、わたしたち人間と比べるとその生涯はあまりにも短いのが現実です。いずれは必ずおとずれるペットとのお別れ。ペットの寿命を日頃から意識しておくと、「その時」を迎えるための心の準備が少しずつできます。

・ペットはペットとして扱ってあげる

ペットは大切な家族の一員です。ただ、ペットを人間と同じように扱ってしまうと「我が子同然の存在」から「我が子そのもの」になってしまい、ペットを失った時の喪失感は計り知れません。人間とペットとの間にある程度は線引きをして、客観的な視点を持つことが大切です。

・後悔しないための行動を取る

例えば、動物病院で定期健診や予防接種を受けていれば、ペットが病気になったときに「もっと早く病院に連れて行けば助かったかもしれない」と後悔せずにすみます。

また、正しくリードを装着していれば防げる散歩中の事故もあるでしょう。「自分のせいでペットを死なせてしまった」という自責の念はなかなか消えませんので、いま目の前にいるペットに対して最善を尽くしてあげてください。

2.死後にできること

・とことん悲しむ

ペットを失った悲しみを紛らわせようとして、仕事に没頭したり意図的に忙しくしたりする飼い主さんがいますが逆効果です。悲しみを無理に抑え込むと、行き場を失った感情がいつまでも胸に留まってしまいます。泣きたいときは思いっきり泣いてください。「ペットを亡くしたくらいでこんなに落ち込む自分はおかしいのではないか?」と思う必要もありません。飼い主さんの涙はペットへの供養にもなります。

・信頼できる人に話しを聞いてもらう

誰かに話しをするだけで気持ちが軽くなった経験をお持ちの方は、多いのではないでしょうか。
ペットロスの場合も同様で、心を許せる家族や友達にいまの率直な気持ちを聞いてもらいましょう。ひとりで悶々と悩んでいるよりも、誰かに苦しい思いを打ち明けることで気分が楽になります。

・新しいペットを迎える

新しいペットを迎えることは、ペットロスを克服するための有効な方法です。ペットが亡くなって間もない頃は、とてもそんな気分にはなれないかもしれません。何ヵ月か過ぎて少し気分が落ち着いたときを見計らって検討してみてください。

ペットロスについて周囲に知っておいて欲しいこと

身近な人がペットロスになったときには、どのように対応したらいいのでしょうか。

1.話しを聞いてあげる

ペットロスで苦しんでいる人から悩みを打ち明けられたときは、話しを静かに聞いてあげましょう。「何かアドバイスしなくては」と思う必要はありません。その人の気持ちにそっと寄り添って、共感することが大切です。

2.かけてあげる言葉・かけてはいけない言葉

「こんなにも悲しんでくれる人がいるなんて幸せだね」「長生きできたのは〇〇さんが大切に育ててきたからだよ」「病気で苦しいときも大好きな家族に看病してもらって心強かったと思うよ」など、飼い主さんの悲しみに共感し、ペットに対する深い愛情を尊重するような言葉をかけてあげてください。

かけてはいけない言葉は、「そんなに悲しんでいるとペットが天国に行けないよ」「新しいペットを飼えば立ち直れるんじゃない?」「ペットを飼っている人ならみんな経験することだから」などです。

3.一緒に弔う

ペットの弔いを一緒にすることは、悲しい気持ちを共有することにつながります。小さな花束やお線香を贈ったり仏壇に手を合わせたりするだけでも、飼い主さんの心はずいぶん慰められるでしょう。

一人で悩まず私たちにご相談ください


ペットロスへの対応や向き合い方についてご紹介しました。大森ペット霊堂では、ペットロスの悩み相談をお電話で承っております。また、後悔しないためのペット葬儀や年4回の供養祭参加についてもご相談が可能です。苦しい気持ちをお1人で抱え込まず、お気軽にご連絡ください。

ペットを飼う理由|大森ペット霊堂
2019年8月9日

 

大森ペット霊堂の田島です。

 

このブログをご覧の大半の方がペットを飼っていることと思います。

 

当施設のスタッフも全員ペットと共に暮らしています。

 

ではなぜペットを飼いたいと思うのか?

ふと疑問に思ったことを今回は綴らせていただきます。

 

 

 

世論調査

 

ペットを飼育している理由

 

 

上位6項目です。

 

大々的に「癒し」の存在になっていることがわかりますね。

 

実際に私も、精神的にも身体的にも疲れてしまったとき

愛犬と寄り添うことで少しずつストレスが軽減されているように感じます。

 

世間的にもそれほどペットは大きな存在なんですね。

 

 

では反対に、ペットの飼育をしない理由についてみてみましょう。

 

 

 

 

 

ペットを飼わない理由

 

 

  • 1.十分に世話ができないから
  • 2.死ぬと別れがつらいから
  • 3.集合住宅で禁止されているから
  • 4.近所迷惑になる可能性があるから(悪臭や鳴き声など)
  • 5.家や庭が汚れるから
  • 6.お金がかかるから
  • (参考:動物愛護に関する世論調査.内閣府/平成22年9月調査)

 

上位6項目です。

 

 

「死別がつらい」という理由が2位にランクインしています。

 

 

最近では耳にすることも増えてきた「ペットロス」。

 

毎日ともに過ごし、無償の愛情をくれる

小さくて大きな宝物がいなくなる悲しみは計り知れません。

 

命あるもの死は必ずやってきます。

 

ですが、別れを「つらい」と感じるのは

互いに愛し愛されていた証でもあるのだと私は思います。

 

 

 

動物が好きな理由

 

 

みなさんはなぜ動物が好きで、ペットを飼おうと思ったのか考えたことはありますか?

 

 

私は物心ついたころから動物が好きだったような気がします。

 

 

なぜか?と理由を聞かれると、「好きなものは好き」としか答えられませんが

理由を一つつけるなら、彼らは無償の愛をくれるからだと思います。

 

 

動物は私たちと言葉によるコミュニケーションはとれませんが

私たちを言語で精神的に傷つけることは決してありません。

 

 

そして、差別することなく純粋な愛情を向けてくれます。

 

 

そんなペットたちと少しでも多くの時間を過ごし

少しでも多くの思い出を作っていける

素敵なペットライフになればいいなと日々感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペット葬儀・ペット火葬を行う大森ペット霊堂

東京都大田区大森東2-1-1

☎0120-176-594

スタッフ田島

 

 

 

 

 

納骨や供養に関してのお客様の声<ペット葬儀・火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年8月7日

 

大森ペット霊堂の萩原です。

 

みなさまはペットのご納骨についてどうお考えでしょうか?

飼い主様からよく「納骨」に関してのご質問を頂くことがございます。今回は「納骨」に関してお問い合わせの多いご質問にお答えいたします。

 

Q1 四十九日忌を過ぎたら納骨したほうがいいの?

A:納骨をしなくてはいけないということはございません。

人間の場合ですと四十九日忌を過ぎたら納骨したほうが良いとされておりますが、ペットの場合は納骨や供養に関しまして特別な決まりはございませんのでご安心ください。

 

Q2 家にずっとペットの遺骨があるのだけど、それっていいの?

A:はい、問題ありません。

ご自宅で供養されても、ご納骨されてもどちらでも全く問題ございません。飼い主様がご納得のいく方法をお選びいただければと思います。

 

Q3 納骨をしたいが、納骨堂の見学はできる?

A:はい、もちろんご見学が可能でございます。

当日のご予約状況によりお待ちいただく場合がございますので、事前にご連絡ください。

 

Q4 気持ちの整理がついたので、納骨したいがどうすればいいの?

A:個別納骨と合同納骨がございます。まずは大森ペット霊堂へご連絡くださいませ。

実際に納骨堂や合同供養墓を見ていただいたほうが、ご安心いただけると思いますのでご見学をおすすめしております。

 

Q5 ペットの遺骨を土に還したいが、どうすればいいの?

A:大森ペット霊堂では他のペットたちと一緒にご納骨させていただく、「合同納骨」が可能でございます。そちらであれば、土に還す供養まで行っております。

※「合同納骨」の場合は一度納骨していただくと、飼い主様の元にはお骨はお戻しできませんのでご了承くださいませ。

 

Q6 納骨した場合、お参りに行けるの?

A:はい、可能でございます。

納骨堂、合同供養墓どちらもお参りが可能でございます。ご都合のよろしいお日にちにペットに会いにいらしてください。

 

  • ・AM9:00~PM6:00
  • ・年中無休

 

個別式納骨堂

骨壺のままお納めいたしますので、我が子のみのご納骨となります。一緒にお写真やおもちゃなどを自由に飾ることができます。

霊座の種類がございますので、ご見学をされてからお決めいただければと思います。

 

 

合同納骨

遺骨のみお納めいたしますので、他のペットたちと一緒にご納骨となります。ここにはたくさんの子たちが眠り、毎日多くの方がお参りにいらっしゃいます。

※他のペットたちと一緒のご納骨となりますので、一度お納めいただくと飼い主様のもとにペットのご遺骨をお戻しすることができませんのでご了承ください。

 

 

最後に・・・

以前、納骨堂の見学に来られた方のお話をさせていただきます。その方は四十九日忌を目途に納骨をしたいということで、見学にいらっしゃいました。見学されている間も涙を流し、ペットをとても大切に抱っこされておりました。お話を伺ってみると、「まだ納骨をするのは寂しくて気持ちの整理がついていない」とのことでした。四十九日忌を過ぎたら納骨しなくてはいけないのだと思い、見学に来たとおっしゃっておりました。

「お気持ちの整理がついてからでも、納骨はしていただけます。焦らずゆっくりとご検討ください。」とご案内させていただいたところ安心なさったようで、その日はそのままご帰宅されました。

その方は後日、しっかりとお気持ちに区切りがついたようでその時に納骨されました。

 

 

ペットの「納骨」「供養」に関しまして特別な決まりはございません。四十九日忌を過ぎたからといって納骨をしなくてはいけないということはないのです。もちろん、お気持ちの整理がつきご納骨されたいということでしたらそちらも全く問題ございません。飼い主様が納得のいく方法であれば、ペットも幸せなのです。

 

他にもなにかご不明な点などあれば、大森ペット霊堂までご連絡ください。

 

 

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

火葬は愛用していた物を添えてあげて
2019年8月4日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

ちっちゃんとのんちゃんと暮らし始めて、3ヶ月が経ちました。最初の頃と比べて、体も一回り大きくなりました。

 

 

 

のんびり屋ののんちゃんと違って、ちっちゃんは活発な子なので、体も大きくなると、ケージの部屋の中が狭く退屈に感じるのか、頻繁に外に出たがるようになりました。ちっちゃんはケージの上に扉があるのを知っているので、少しでも高い所によじ登って、そこから扉を目がけてモモンガのように大の字でジャンプしたりして、時々飼い主をビックリさせています。回し車を用意してもあまり好きではないようで、コロコロと走ってくれず、おそらく運動不足にも陥っています。ただケージから出してしまうと、暗い所や狭い所が好きな子なので、チャカチャカと家具の下の隙間などに入ってしまって、思わぬ怪我など危険な目に遭わせてしまうかも知れません。

 

どうしたらいいものかと悩んでいたのですが、先日、ペットショップで素晴らしい物を見つけました!

 

 

 

 

 

 

コチラは、ランナーボールです。

 

ハムスターをこの中で走らせれば、窓の隙間から脱走したり、コードを噛んで感電したりする事なく、安全に家中を走り回らせる事ができます。飼い主は安心を得られるし、ハムスターは運動不足や欲求不満を解消できる、一石二鳥の道具です!

 

 

 

 

 

 

早速購入し、カボチャの欠片をボールの中に入れて、ちっちゃんを誘導してみました。

 

すると…

 

 

 

 

 

 

…かわいい!

 

ボールが透明だから、持ち上げてみると、とてもちっちゃんの顔が近くでよく観察できます。飼い主の手を甘噛みする癖も防止する事ができるし、ケージの掃除中も、ランナーボールで走らせておけば、目を離しておく事もできます。これは素晴らしすぎる!

 

ハムスターを飼っている方には必需品だと思いました。

 

 

 

ペットショップに行くと、このような魅力的な商品がたくさん並んでいて、我が子の喜ぶ顔を想像して、ついつい手にとってしまいます。そうこうしているうちに、その子専用の道具が、どんどん増えていくんですよね。その子が最期に亡くなる時、遺された道具の量を見て、「いつのまに、こんなにたくさん」と、気づかされると思います。

 

 

 

大森ペット霊堂では、ペットちゃんの火葬の際、おからだだけでなく、その子が愛用されていた物も、火葬に問題のない材質であれば、ご一緒に火葬させて頂く事ができる旨、ご予約時に飼い主様にお伝えさせて頂いております。

 

ペットちゃんが天国でも幸せに暮らせるように、大好きだった物を添えてあげましょう。なにか判断に迷うような事があれば、遠慮なくスタッフまでご相談下さい。

 

 

 

ペットの葬儀、火葬なら大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

 

学校で飼っている動物3種
2019年8月2日


子供の頃、学校の敷地内で動物を飼っていた経験がある方も多いのではないでしょうか。小さい頃に生き物と触れることは、命に対する責任や違いなど学べることが多くあります。学校で飼育している動物には、どんな種類の動物たちがいるのでしょう。それらの動物たちとの接し方についてもお話ししていきます。

    目次

  1. なぜ学校で動物を飼うの?
  2. 1.優しさや責任感を育む
  3. 2.動物と触れ合う機会を得られる
  4. 学校で飼育されている動物3種
  5. 1.ハムスター
  6. 2.ウサギ
  7. 3.メダカ
  8. 学校飼育での命の取扱い
  9. 1.飼育動物を選ぶ
  10. 2.普段のお世話
  11. 3.病気や感染症
  12. 4.保護者や獣医さんのサポートが必要
  13. 学校動物へのお別れについて考える
  14. 1.命の尊さを知る
  15. 2.お別れ後の選択
  16. 学校動物が教えてくれる大切な命

なぜ学校で動物を飼うの?

動物を飼うことで得られるものはたくさんあります。学校で動物を飼育するメリットについてご紹介します。

1.優しさや責任感を育む

動物を飼った瞬間からその動物の命に対して責任が生じます。言葉が通じない動物はけっして人間の思い通りにはなりませんし、毎日のお世話や病気になったときの対応など大変なことは多いです。ただ、愛情をかければそれ以上の愛情を返してくれるのが動物たちです。お世話をしている動物が育っていく様子を間近で見ることは、子供たちの優しさや責任感を育みます。

2.動物と触れ合う機会を得られる

住宅事情や家庭の事情によりペットを飼えない環境で育つ子供は少なくありません。子供たちにとっては、学校での動物との触れ合いは貴重な経験になります。動物を飼育するゲームが流行っていますが、ゲームでは感じることのできない生身の動物の温かさを感じることで情緒が安定し、子供にとって動物が心の拠り所となるケースが多くあります。

学校で飼育されている動物3種

学校で飼育されている動物のうち、代表的な動物をご紹介します。

1.ハムスター

学校で飼っている動物のなかでも子供たちに大人気なのがハムスターです。愛らしい姿やケージ内に設置した回し車で遊ぶ様子は子供たちの心を和ませてくれます。
ただ、性格はやや神経質でストレスをためやすい傾向にあり、飼育環境には気を使わなければなりません。平均寿命は2~3年です。

2.ウサギ

ウサギは多くの学校で飼われています。繁殖力が強いため、子ウサギを産ませて児童の情操教育に役立てる学校もあるようです。ウサギは臆病な性格のため、可愛がり過ぎには注意しましょう。平均寿命は5~7年です。

3.メダカ

学校で飼う場合もありますが、メダカなど世話に手のかからない魚類はクラスでの飼育にも向いています。クラス内に水槽が1つあるだけでクラスの雰囲気が和んだり結束力が高まったりします。またメダカの成長を観察し、授業に取り入れられます。

学校飼育での命の取扱い


学校で動物を飼育する際に気を付けるべきポイントについて見ていきます。

1.飼育動物を選ぶ

まず、どんな動物を飼うのかを検討しましょう。その際には、学校の規模や教職員数、地域の環境などを総合的に考慮して慎重に見極める必要があります。飼育に手間がかからない動物が学校飼育には向いています。

2.普段のお世話

飼育委員会の児童が主体となって世話をするケースが多いです。動物にとって快適な環境を整えるとともに、子供たちが管理しやすいように掃除やエサやりなどが容易に行える十分なスペースを確保しましょう。

3.病気や感染症

病気や感染症の予防のためには、動物の特性をよく知ってその個体に適した飼育方法で育てることが大切です。飼育小屋や水槽はつねに清潔な状態に保ち、エサは残さないように適量を与えてください。少しでもいつもと違う様子が見られたときは、早めに獣医師の診察を受けましょう。

4.保護者や獣医さんのサポートが必要

動物の学校飼育には保護者の方の理解や協力が必要です。学校が休みの日の動物の世話を保護者が交代で行う場合があります。また、飼育環境や病気について気軽に相談できる獣医師の存在は欠かせません。獣医師には動物が死んでしまったときに、子供たちが納得するように死因などを伝える役割も期待されています。

学校動物へのお別れについて考える


学校で飼っている動物の死は、子供たちに様々なことを教えてくれます。可愛がっていた動物とお別れを迎えたとき、どう対応すればよいのでしょうか。

1.命の尊さを知る

生きていれば避けられないのが「死」です。学校で飼っている動物が死んでしまったとき、児童たちは悲しい思いをするでしょう。しかし、リアルな死を体験し二度と戻らない命の重さを実感することは、命の尊さを理解することにつながります。また、友達と一緒に動物の死を嘆き、動物を供養するために協力してお墓を作るなどの行為は、友達との心の絆を強めます。

2.お別れ後の選択

動物とのお別れを経験した子供たちの反応は様々です。「新しく動物を迎えたい」という意見もあれば、「死ぬのを見るのは辛いからもう飼いたくない」という意見もあるでしょう。複数飼育しているのであれば、「今いる動物を大事に飼っていきたい」という思いを抱く子供もいるはずです。これからどうしたいかについて作文を書いてもらったり話し合いの場を設けたりして、子供の心に寄り添った選択をしてください。

学校動物が教えてくれる大切な命


学校で動物を飼育することには大変さがつきまといます。保護者はもちろん、近隣の住民にも理解を求めなければならない場面が出てくるかもしれません。ただ、動物がその命を持って子供たちに教えてくれることは、子供の健やかな心の成長のためには欠かせないことばかりです。
大森ペット霊堂では、「動物から命の尊さについて学ぶ」授業をボランティアで行っております。ご希望される学校様は、お気軽にお問い合せください。

1 6 7 8 9 10 53