1. TOP
  2. BLOG
  3. ペット火葬を無料で行う3つの方法と注意点
BLOG
ブログ

ペット火葬を無料で行う3つの方法と注意点

2024年5月27日

 

ペットは家族の一員であり、深い絆で結ばれています。ペットに最後を看取る時が来た際、火葬はペットとのお別れの一つの方法となります。本ブログでは、ペット火葬に関する様々な情報を網羅的に解説しています。無料で行える方法、自治体での火葬のメリット・デメリット、自宅での火葬の合法性、民間業者の相場、そして火葬後の遺骨の供養方法までをカバーしています。大切なペットとのお別れを、より良い形で迎えられるよう、必要な情報を本ブログでご確認ください。

 

ペットの火葬を無料でする3つの方法

ペットの火葬を無料で行う方法は3つあります。以下で詳しく解説します。

 

ペットの火葬を自治体に依頼する

一部の自治体では、ペットの火葬を無料で行っている場合があります。ただし、自治体ごとに対応が異なるため、近くの自治体に確認する必要があります。火葬は一般廃棄物として処理されるため、後悔しないためにも注意して依頼しましょう。

 

ペット霊園やNPO法人に依頼する

一部のペット霊園やNPO法人では、無料で火葬を依頼できる場合があります。特に、飼い主のいないペットに対しては、学校や保護施設などと提携して無料の火葬を行っています。無料の場合は合同火葬になりますが、専門の団体に依頼することで安心感を得ることができます。

 

無料で火葬を提供している大森ペット霊堂

 

自宅で土葬する

ペットの火葬を無料で行う方法の一つに、自宅での土葬があります。自宅での土葬では、ペットと一緒に過ごした場所に埋葬することができます。ただし、土地の所有者以外の場所での土葬は違法ですので、注意が必要です。また、ペットの遺体は土中で腐敗し、悪臭の原因になる可能性があるため、適切な処理が必要となります。小さなペットの場合、例えばハムスターや亀などは土葬に適しています。

以上がペットの火葬を無料で行う3つの方法です。それぞれの方法には注意点やメリット・デメリットがありますので、ペットや自身の状況に合わせて適切な方法を選びましょう。

 

 

自治体でのペット火葬のメリットとデメリット

自治体でのペット火葬を選ぶことにはメリットやデメリットがあります。

 

メリット

  1. 費用を抑えられる – 自治体でのペット火葬は比較的安価です。他の方法と比較して費用を節約することができます。
  2. 手続きが簡単 – 自治体のペット火葬は手続きが簡便です。ワンストップで手配できることが多く、追加の手続きや手配がほとんど不要です。
  3. 迅速な処理 – 自治体では火葬の日程を選ぶことができる場合があります。そのため、迅速な処理を希望する方に適しています。
  4. 特典やサービス – 自治体によっては、火葬に関連した特典やサービスを提供していることがあります。例えば、火葬後のご遺骨の返却や納骨場所の提供などです。

 

デメリット

  1. 火葬方法の制約 – 自治体でのペット火葬は、ほぼすべてが合同火葬となります。個別火葬や移動火葬の選択が限られる場合もあります。お別れの方法にこだわりがある場合は、民間の火葬業者を検討する必要があります。
  2. セレモニーの制約 – 自治体でのペット火葬では、セレモニーやお別れの演出などのオプションはほとんど提供されません。ペットとの最後のお別れを大切にしたい方は、セレモニーや個別のお別れの方法を提供する民間の火葬業者を利用することを検討してください。
  3. 供養の制約 – 自治体では、火葬後のご遺骨の供養に関する制約があります。供養や納骨に特にこだわりがある場合は、ペット霊園や納骨堂などを利用することを検討してください。

 

以上が自治体でのペット火葬のメリットとデメリットです。自分や家族の希望に合わせて適切な方法を選ぶことをおすすめします。

 

 

自分で火葬することは違法

自宅でのペット火葬は違法であり、法律で禁止されています。以下は、自分で火葬することが違法である理由の詳細です。

 

家庭での火葬は法律違反

ペットの遺体は法律上「廃棄物」とされ、家庭で廃棄物を焼却することは法律違反です。自宅でペットの遺体を火葬することは、法律に反する行為とされています。

 

有害物質や臭いの発生

自宅での火葬は有害物質や臭いの発生があります。火葬の際には、有害なガスや臭いが発生することがあり、それが近隣住民に被害を及ぼす可能性もあります。これは火葬を行う際の大きなリスクです。

 

必要な設備がない

一般家庭には火葬に必要な設備が備わっていません。火葬には高温の炉や排煙装置など特殊な設備が必要ですが、これらは一般家庭には存在しません。そのため、自宅での火葬は技術的にも実現不可能です。

 

違法行為に対する罰則

自宅で火葬を行うと法律に違反することになります。このような違法行為には、罰金刑や懲役刑が科せられる可能性があります。違法行為による罰則は重大なものであるため、火葬を行う際には法律を遵守することが非常に重要です。

したがって、自宅での火葬は違法であり、安全や法的な観点からも避けるべき行為です。適切な方法で火葬を行うためには、他の合法な選択肢を検討することが必要です。

 

 

民間のペット火葬業者を利用する場合の相場

民間のペット火葬業者を選ぶ際には、相場を把握することが重要です。以下では、民間のペット火葬業者を利用する場合の相場について詳しく説明します。

 

体重や火葬方法による料金の変動

民間のペット火葬業者は、ペットの体重や火葬方法に応じて料金を設定しています。以下は一般的な相場ですが、業者によって異なる場合がありますので注意が必要です。

  • 小動物や小型犬(体重5kgまで)の場合、合同火葬の相場は約1万6,000円前後となります。立ち会い火葬では、2万3,000円前後が相場となります。
  • 体重40kgまでの大型犬の場合、合同火葬では約4万円前後、立ち会い火葬では約4万7,000円前後となります。個別一任火葬の場合は、合同火葬と立ち会い個別火葬の中間程度の金額となります。

特に、小型の動物はより安価に、大型の動物はより高額になる傾向があることも注意が必要です。

 

特徴を考慮して選ぶことも重要

民間のペット火葬業者を利用する際には、料金だけでなく特徴も考慮することが大切です。以下のような特徴がある業者もありますので、自分の希望に合わせて選ぶことができます。

  1. プランの選択肢:業者によっては、最後までペットに付き添いたい人や遺骨を拾ってあげたい人に対応するプランがあります。
  2. 火葬:日時の希望に当日でも対応できる業者もあります。これにより、多くの家族や友人と一緒にペットを見送ることができます。
  3. ペット霊園の火葬場:火葬後の納骨も可能です。

 

ペットの火葬を頼むならば「大森ペット霊堂」へ

 

注意点:悪質な業者に注意

民間のペット火葬業者の中には、悪質な業者も存在します。信頼できる業者を選ぶためには、以下の注意点を守ることが重要です。

  1. 企業の信頼性:業者の評判や信頼性を調べることが大切です。ホームページに所在地や連絡先が明記されておらず、運営会社の情報が不透明な場合は信頼できません。
  2. 施設見学で確認:施設の設備や体制についても確認することが重要です。施設見学をしていない業者は選ぶべきではないでしょう。

悪質な業者に依頼しないためには、事前の情報収集が必要です。信頼できる業者を選ぶことで、ペットの最後の旅路を安心して見送ることができます。

 

 

ペット火葬後の遺骨の供養方法

ペットの火葬が終わった後は、ご遺骨の供養方法を選ぶことができます。以下に、ペット火葬後の遺骨の供養方法をご紹介します。

 

納骨(お墓か納骨堂)

納骨とは、自宅供養からお墓や納骨堂にお骨を移すことを指します。ペットのご遺骨を「抱く」存在から「拝む」存在へと変えることができます。これは仏教の考え方に基づいており、ペットの体は自然に還り、魂は仏様の元へ還るとされています。

 

合祀

合祀は、亡くなったペットのご遺骨を他のペットのご遺骨と一緒に埋葬する方法です。管理費がかからないため、比較的安価に供養することができます。合祀は安価でありながらもきちんとした供養方法であるため、ペットのお墓を継ぐ人がいない場合や費用を抑えたい場合におすすめです。

 

散骨

散骨は、ペットのご遺骨を自然に還す供養方法です。海や川などの自然の中にご遺骨を撒くことにより、ペットが自由に飛び回れると言われています。お墓がいらないため、供養する後継者が必要ありません。また、散骨は比較的費用が安価です。

 

埋骨

埋骨は、ご遺骨を家族と一緒にいられる場所に埋葬する方法です。最近では、家族と同じ墓地に入れられる霊園に埋骨することが増えています。

これらの供養方法から、自分や家族の気持ちに合った方法を選ぶことが大切です。ペットのご遺骨をどのように供養するかは、飼い主の愛情を示す大切な行為です。

 

 

まとめ

ペットの火葬と遺骨の供養には、さまざまな選択肢があることがわかりました。自治体での無料火葬や民間業者の利用、自宅での土葬など、それぞれにメリットやデメリットがあります。また、火葬後の遺骨の供養方法も、納骨やお墓、散骨など多様な選択肢があります。ペットとの思い出を大切にしながら、自分や家族に合った方法を選ぶことが重要です。ペットの最期を完璧なものにするには、十分な準備と検討が不可欠です。ペットの最期を静かに見送り、大切な思い出を心に刻んでいきましょう。

 

よくある質問

 

ペットの火葬を自治体に依頼する際の注意点は何ですか?

自治体によってペットの火葬に関する対応が異なるため、事前に確認することが重要です。一般廃棄物として処理される場合があるため、適切な方法で依頼することをおすすめします。

 

ペットを自宅で土葬する方法は違法ですか?

はい、ペットの遺体は法律上「廃棄物」とされており、自宅での火葬や土葬は法律に反する違法行為となります。有害物質や悪臭の発生も問題になる可能性があります。

 

ペット火葬業者を選ぶ際の相場はどのくらいですか?

業者によって料金設定は異なりますが、一般的な相場は以下の通りです。小型動物の合同火葬は約1万6,000円、大型犬の合同火葬は約4万円前後です。業者の特徴も確認しましょう。

 

ペットの遺骨の供養方法にはどのようなものがありますか?

主な供養方法には、納骨、合祀、散骨、埋骨などがあります。それぞれに特徴があるため、自分や家族の希望に合わせて選ぶことが大切です。

 

大森ペット霊堂では、ペットの火葬を安く頼めます。こちらをクリック

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料