BLOG

ブログ
ペットの位牌に戒名は必要?それともいらない?
2019年9月20日

ペット葬儀は人の葬儀と同じく、弔い、お墓参り、法要があります。そして、供養方法としてペットに戒名をつけることが可能です。戒名とは、仏様の弟子になったことを示す名前のことをいいます。
現時点でペットへの戒名に形式や決まりはありません。依頼するペット葬儀業者によっては、戒名を受け付けていないところもあります。ですが、大森ペット霊堂ではご家族のご希望によっては、戒名をつけています。
そもそも戒名とはなぜ必要なのか、なぜ戒名をつけるペット葬儀業者とそうでないペット葬儀業者がいるのか、詳しくお話ししていきますね。

    目次

  1. 1.そもそも戒名は必要?
  2. 2.ペット葬儀業者によって異なる戒名の取扱い
  3. 3.寺院の取扱う六道とは?
  4. 3-1.天道
  5. 3-2.地獄道
  6. 3-3.餓鬼道
  7. 3-4.畜生道
  8. 3-5.修羅道
  9. 3-6.人間道
  10. 4. 人も動物も同じひとつの命

そもそも戒名は必要?

戒名とは、仏門に入ったモノに対して、与えられる名前です。要は、あの世で過ごす際に名乗る名前となります。戒名を授かることで、仏様の弟子としてあの世で律して過ごす生活が待っています。実は仏門では戒名といいますが、宗派によって呼び方は異なります。浄土真宗派では法名、日蓮宗では法号と呼びます。

いずれにしても戒名(あるいは法名・法号)を付けなくても、亡くなったペットを弔うことは可能です。

ではなぜ、戒名をつけるのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。葬儀では、亡くなったモノの魂を僧侶が現世とあの世への橋渡しを行います。その際に、僧侶は仏の道を介してあの世へと魂を送り出します。仏の世界に行くためには俗名(生前に使っていた名前)のままでは行けないため、戒名を付けあの世へと送り出す考えから戒名をつけていることが多いようです。

ペット葬儀業者によって異なる戒名の取扱い

ペット葬儀業者によっては、戒名の取扱いがあるペット霊園もあればそうでないところもあります。なぜ違いがあるのかについてお話ししていきますね。

六道輪廻の考え方より、「ペット=動物」という考えのもとで、ペットへの戒名を行わないペット業者は存在します。その他にも、戒名を授けるための費用や僧侶の手配など、行わない理由はペット葬儀業者によってさまざまです。

大森ペット霊堂の場合、「ペット=家族あるいは人と同じ命」という考えのもと、ペットへの戒名はご希望の方へのみ行っております。供養するにあたって、戒名は必ずしもつけるものではありません。ペットの戒名には、どのようなものがあるのか相談したいということがあれば、お気軽にお電話でお問合せくださいね。

寺院の取扱う六道とは?


六道とは、仏教においてこの世に生まれて来たすべての生物が生前の行いによって行き着く6つの世界を指します。読み方として「ろくどう」または「りくどう」と呼ばれます。六道には、天道、地獄道、餓鬼がき道、畜生道、修羅道、人間道があります。

1.天道

天道とは、苦しみや迷いがなく、楽しみであふれる世界です。生前の行いで善行を働いたモノがたどり着き、通常の寿命よりも長く生きます。ただ、老いて生涯の幕が降りるころには、今までの楽しみが消え去り、老いの苦しみがあります。天道は、決して楽しいだけの世界ではないということですね。

2.地獄道

地獄道は、最も苦しみが伴う世界です。死後の地獄には、八熱地獄・八寒地獄・孤地獄があります。よく聞く「八大地獄」とは、八熱地獄が当てはまりますね。
等活、黒縄、衆合、叫喚、大叫喚、焦熱、大焦熱、阿鼻の8つの地獄で構成されます。地獄はどのような場所なのでしょうか。お釈迦様のお言葉をお借りすると「どんな言葉を使っても、地獄の苦しみは説けない」と説いています。

3.餓鬼道

餓鬼道は、飲まず食わずによって体はやせ細り、骨と皮になって苦しむ世界です。殺生は行っていないが、欲深く自分本位なモノが餓鬼道へと向かいます。

4.畜生道

畜生道は、動物や鳥、虫たちの世界です。自然界において、弱肉強食の環境下のため常に不安が付きまといます。

この考えをもとに、ペットを「動物」と捕らえるのであれば「畜生道」に当てはまりますが、「家族」としての生活は自然界とはまた異なる生き方を歩むことになります。

5.修羅道

修羅道は、常に戦いが絶えない世界です。生前、争いによって相手を見下したり、ひがんだりすると行き着く世界といわれています。

6.人間道

人間道は、私たちの生きている苦しみも楽しみも存在する世界です。この世界が唯一、仏法を聞ける機会に恵まれ、仏法の目的である六道から離れること(解脱げだつ)ができるとされています。解脱によって、向かう世界が「浄土」となります。

人も動物も同じひとつの命

ペットへの戒名は、決して強制ではありません。飼い主さんのご意向が第一であり、ぜひご家族でご検討いただくことが大切です。ペット葬儀を依頼する業者によっては、戒名を対応していないところがあります。戒名をつけたいとお考えの方はペット葬儀を検討する前に、問合せしておきましょう。
私たち大森ペット霊堂では、人も動物も変わらないひとつの命と考え、運営しております。戒名をつける場合には、1~2週間ほどお時間をいただいております。ご検討されている方は、一度お電話にてご相談くださいね。

ペット葬儀に関するお客様の声<ペット葬儀・火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年9月16日

 

大森ペット霊堂の萩原です。

 

みなさまはペットのお見送りをしたことがありますでしょうか?はじめてお見送りされる方もいらっしゃるかと思います。ペット葬儀ってなんだろう?どんなことをするのだろう?たくさんの疑問や不安がおありかと思います。今回は大森ペット霊堂のご葬儀についてご案内と、よくあるご質問にお答えいたします。

 

ご葬儀内容

① ご本堂(当施設3F)にペットをお連れ頂きます。

ご葬儀の間は祭壇にペットをお寝かせさせていただきます。又は、ご家族様のお近くでも構いません。お好きなほうをお選びいただければと思います。

 

② お経をお流し致します。

私たちの施設では音源にてお経(般若心経)をお流し致しております。楽な姿勢で構いませんので、しばらくの間お聞きください。宗教上の理由でお経が不要な方はスタッフまでお申し付けください。お別れのお時間として、ご自由にお過ごしいただいております。

 

③ お線香をお手向けください。

スタッフがお経の途中でご焼香のご案内を致しますので、その際はペットにお気持ちを込めまして、お線香を1~2本お手向けください。

 

④ ご葬儀は終了となります。

以上でご葬儀は終了となります。この後は「末期の水」を行っていただき、斎場(当施設8F)へとご移動になります。

 

 

ご葬儀に関するよくある質問

Q1 服装はどうしたらいいの?

A 普段着で構いません。いつもペットとお過ごしになられていた服装でお越しください。礼服でいらっしゃる方もおられますのでご家族皆様でご相談くださいませ。

 

Q2 「末期の水」ってなに?

A 「末期の水」とは、息を引き取った故人の口元を水で潤す儀式です。「死に水をとる」と言われることもあり、日本の葬式文化の中で、古くから宗派を問わず広く浸透している風習です。大森ペット霊堂ではペットは大切な家族という考えから、人間と同じように行わせていただいております。最愛のペットはこれから四十九日という長い時間をかけて虹の橋へ旅立って逝かれます。その道中はとてものどが渇くと言われており、ペットののどが乾かないように飼い主様よりお水を飲ませてあげてください。

 

Q3 葬儀に他のペットを連れてきてもいいの?

A もちろん、お連れくださいませ。ペットは大切な家族です。最期のお別れはご家族皆様でしていただきたいと思っております。他のペットをお連れ頂いても全く問題はございませんのでご安心ください。

 

最後に・・・

ご葬儀を行うのが初めての方にとっては、ご心配なことも多いかと思います。大森ペット霊堂は、飼い主様に後悔のないお見送りをしていただきたいと思っております。不安なことや心配なことがあると、大切なペットとのお別れに集中ができないこともございます。どんな些細なご質問でも構いません。なにかご不明な点などございましたら、ご連絡くださいませ。心を込めてお見送りのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

 

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

犬の話<ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂>
2019年9月12日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

自分は今までのブログで、ハムスターや猫の話をしましたが、犬も大好きです。今回は、おばあちゃん家にいるダックスフンドを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

写真の子は「マロン」です。毎年、お盆や年末年始の時期に会っています。

 

マロンの特徴は、ダックスなのにマズルが長くないことです。特技は、人が横たわるとその背中に乗ることです。そして変わった性格として、臭い靴下を嗅ぐのが大好きです。年に1~2回くらいしか会えていませんが、マロンは人見知りせず、遊び好きで一緒に遊んでくれます。とてもいい子です!

 

 

 

そんなマロンは2代目で、先代に同じくダックスの「リフ」という子が居ました。リフは、自分が小学生の頃から社会人になるまで生きていました。自分が一番最初に関わった犬で、犬を好きになり、犬について深く知りたいという気持ちにさせてくれた、きっかけの子です。

 

自分はリフと、とても仲良しだったかというと、そうではありませんでした。仲良くなりたくても、リフは自分よりも弟に懐きました。子どもの頃の自分は、それが何故なのかと、悔しくて悔しくてしょうがありませんでした。どうしたら犬と仲良くなれるんだろう?犬についてもっと知りたい、そんな気持ちが、自分を動物の学校に通わせたのです。リフが居たから、今の自分が居ます。

 

 

 

リフはとても怖がりで、散歩が苦手な子でした。おばあちゃん家の敷地の外には絶対に出たがらず、折角用意したリードもあまり出番がありませんでした。

 

ある日、おばあちゃん家では、洗濯物を干す為に、うっかりベランダを開けたままにしていたそうです。その僅かな時間に、家の中に居たはずのリフが、居なくなってしまいました。外に絶対に出たがらない子だったのに…。地域中に貼紙をしたり、警察や愛護センターに相談をした所、かなり遠い場所で目撃されたそうですが、行方を追えず、結局見つからないままとなってしまいました。行方不明になってから目撃情報が上がるまでの数日の間に、強い雨が降ったりもしました。きっとリフは独りぼっちで、田んぼの畦道をビショビショに濡れながら歩いていただろうと思うと、いたたまれない気持ちになります。

 

 

 

おばあちゃん家では、そんなリフに対する教訓から、マロンをとても大切に育てています。小さい頃から外に慣れさせ、散歩も大好きな子になりましたし、外への出入りは玄関だけにして、ベランダは絶対に開けないようにしました。また、リフは腰が弱く、若いうちから椎間板ヘルニアになってしまいましたが、マロンはそうならないように、部屋のフローリングにはマットを敷いたり、階段には柵をつけて登り降りさせず、腰に負担をかけない部屋作りを心がけているようです。リフとの暮らしがあったから、マロンをより幸せにする事ができるのです。

 

 

 

 

 

 

自分は、大森ペット霊堂にお越しのペットちゃん達が、最期をご家族様に見守られ、心から良かったと、いつも思います。リフのような、十年以上も寄り添いながら、最期を見送る事ができなかった子も、世の中には居ます…。

 

悔いを残さない為には、最期の見送り方がとても大切です。最期のお見送りに、大森ペット霊堂を選んで頂いたご家族様には、悔いを残させないように、真摯にお手伝いさせて頂きます。

 

 

 

ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

秋のお彼岸供養祭のご案内<ペット葬儀・火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年9月9日

 

大森ペット霊堂の萩原です。

今回は9月23日に行われる秋のお彼岸供養祭についてご案内いたします。

 

<秋のお彼岸供養祭>

 

会場・アクセス

・天祥院

〒144-0053

東京都大田区蒲田本町2-32-16

京急蒲田駅から徒歩5分

※皆様が快適に読経をお聞きいただけますように、会場を変更いたしました。

 

日時

・9月23日(秋分の日)

・午前11時から

※今回は午前の一部のみになります。

 

お申込み期日

7日前(9月16日)まで受け付けております。

お申し込みは電話、メールお便りがご自宅にある方はお振込みで受け付けておりますのでお願いいたします。

 

お名前の読み上げについて

・供養料・・・3000円

・特別供養料・・・5000円

・大塔婆・・・3000円

こちらの3つにお申込みいただいた方はお名前を読み上げさせていただきます。

・小塔婆・・・2000円

・供花・・・1500円

こちらは読み上げはございませんのでご了承ください。

 

郵便局振込取扱票につきまして

お振込みでお申し込みされる方は、「郵便局振込取扱票」にてお願いしております。

 

<注意事項>

 

  1. 1. 必ずお申込み口数をご記入ください
  2. 2. ペットの種類、お名前をご記入ください
  3. 3. 戒名がある場合は、必ずご記入ください
  4. 4. 読み仮名をご記入ください
  5. ※口数は1口につき1体です
  6. ※ご記入漏れがございますと、塔婆の作成やお名前の読み上げが出来ない場合がございます。

 

お持ちものについて

ペットのお骨、お写真、お位牌などがご自宅にございましたら飼い主様のお気持ちでお連れください。飼い主様のお膝の上でのご供養となります。

 

お彼岸とは?

秋のお彼岸は9月の秋分の日を中日として前後3日間の計7日間を期間とします。亡くなった人がいる極楽の世界のことを「彼岸」といってその世界は西側に位置するとされており、今私たちが生きているこの世の世界は「此岸(しがん)」といって東側に位置するとされています。このお彼岸の時期は太陽が真東からのぼって真西に沈むので彼岸と此岸が一番近くなる、もっとも通じやすい日になると考えられています。このため、亡くなったペットに感謝し、ご供養することがよいとされているのです。

 

 

 

大森ペット霊堂では「供養」の他にも「葬儀」「火葬」「納骨」などのご相談も承っております。もし、疑問や不安なことなどございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

 

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

スナネズミの死。葬儀から火葬まで<ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂>
2019年9月6日

 

 

 

こんにちは。大森ペット霊堂の荒井です。

 

先日、大森ペット霊堂の仲良しなふたり、スナネズミのあずきまるとくろまめが、ともに急死しました。

 

 

 

7月24日にあずきまるが息を引き取り、続けて3日後の7月27日に、後を追うようにくろまめが息を引き取りました。いつもふたり仲良く寄り添って寝ていたので、あずきまるを失い、くろまめは本当に本当に辛かったんだと思います。

 

 

 

自分も、ふたりのことが大好きだったので、とても辛くて寂しい思いです。ケージを開けると必ずこちらの顔を見て近寄ってくれる、愛嬌たっぷりの子たちでした。もっと親しくなれると嬉しいなと思っていましたが、自分の思っていた以上に早く別れが来てしまいました。

 

 

 

24日の朝、ご飯を用意してもふたりは顔を出してくれませんでした。いつもなら、とても食いしん坊なので、必ず顔を出してくれるのに。でも自分は「今日は起きないな」程度にしか考えず、そのまま気に留めませんでした。しかしその時には既に、あずきは亡くなっていたのです。午後になり、先輩の田島さんが亡くなっているあずきを発見しました。後ろ足にはくろまめが齧った跡がありました。あんなに仲良しだったのに齧るなんて。あずきが居なくなってからのくろまめは、極端に元気が無くなりました。自分はきっと、くろまめがあずきの後ろ足を齧ったのは、動かなくなったあずきを必死に起こそうとしていたんじゃないかなと思っています。

 

 

 

そしてあずきの火葬の日。田島さんがあずきに書いた「お手紙」を持って来ました。自分は「あっ…」と思いました。いつも飼い主様からご葬儀のご予約を受ける際、飼い主様に「お花やお写真、お手紙などを添えてあげて下さい」と申し上げているのに、自分の事になると、すっかり忘れてしまっていました。あずきの時に気がついたため、くろまめの時には、しっかりと「お手紙」を書いて気持ちを伝える事ができました。

 

 

 

 

 

 

生き物が亡くなった時、それは突然訪れるので、この日が来る事を覚悟していたとしても、やっぱり冷静ではいられなくなるものです。今回のことで、身をもって気づかされました。だからこそ飼い主様には、慌てて取り急がず、ひと呼吸置いてから、お別れの準備をしっかりとお取りして頂きたいと思っています。ご一緒に火葬する物は何か、遺したい物は何か、リストアップしておくと良いかも知れません。よく「ああ…アレも持ってくれば良かった」とおっしゃる飼い主様もいらっしゃいます。最期の最期に悔いの残ることが無いよう、私どもも最大限お手伝いさせて頂きますので、ご心配な点があれば遠慮なく、お申し出下さいませ。

 

 

 

ペットの葬儀、火葬なら大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

 

骨壺の大きさや保管方法について<ペット葬儀・火葬を行う大森ペット霊堂>
2019年9月3日

 

大森ペット霊堂の萩原です。

 

現在、犬や猫、小動物、熱帯魚などの魚、爬虫類などのペットを飼われている方はたくさんおられるかと思います。世論調査によると約40%がペットを飼育しているという結果が出ました。今では、ペットの飼育数がこどもの数を上回ったそうです。

 

このようにたくさんの人々から愛されているペットですが、私たち人間と同じように生きているからには終わりが訪れます。ペットは大切な家族です。皆様はペットが亡くなってしまった時のことをお考えでしょうか?「まだ元気だから大丈夫」「亡くなった時のことを考えるなんて可哀想」などと思う方もいらっしゃるかと思います。ペットがまだ元気なうちに最期はどのようにお見送りしてあげたいか、ペット葬儀・火葬をしてくれるところはあるのか、などと事前の準備をしておくことはとても大切なことです。ペットが亡くなってしまった時は何も考えられないことも多く、悪徳なペット業者に大切なペットをお預けしてしまうかもしれません。そのようなことにならないためにも、事前に調べておきましょう。

 

 

お骨について

ペットのお骨といっても大きさや形はそれぞれです。もちろんお体が大きいほどお骨も大きくなります。その為、同じ種類でもお骨をおさめる骨壺の大きさが異なることもございます。

 

骨壺の大きさ

 

  • ・特大犬・大型犬→6寸
  • ・中型犬→5寸
  • ・お体の大きな小型犬、猫→4寸
  • ・お体の小さな小型犬、兎→3寸
  • ・小動物、爬虫類→2寸
  • ※お体が大きな子はお骨を崩させていただくこともございます。又、分骨や粉骨などのご希望も承っておりますのでお申し付けください。ペットのお体の大きさによっては骨壺のサイズが異なってまいりますので、目安としてご覧ください。

 

お骨の保管方法について

自宅でご供養されている方も多いかと思います。大切なペットのお骨をどう保管すればいいのか疑問も出てくることでしょう。実際に飼い主様からお骨の保管方法についてご質問を頂くことがございます。一番多いのは「カビ」についての質問です。お骨にカビが生えないかご心配な飼い主様も多くいらっしゃるかと思います。お骨にカビが全く生えないとは言い切ることは難しいですが、湿気の多い場所(お風呂場、キッチンなど)は避けたほうがよろしいかと思います。実際、約30年ほど前のペットのご遺骨にもカビは生えていませんでした。

もし、ご心配なようであれば乾燥剤を骨壺の中に入れたり、密閉度の高い骨壺にご遺骨を移すのもよろしいかと思います。

 

 

最後に・・・

ペットは大切な家族です。ご家族様によって供養の仕方はそれぞれ異なります。飼い主様が納得のいくご供養の仕方であればどのような形であれ、ペットは幸せなのだと思います。

たくさんの幸せをペットからもらったはずです。今、一緒に暮らしているペットの最期を考えることは飼い主様にしかできません。後悔なくペットをお見送りできるように考え、準備しておきましょう。

何かご心配なことや疑問などございましたら、一度大森ペット霊堂までご連絡ください。

 

 

 

犬猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

1 4 5 6 7 8 53