24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2018.04.09
  • スタッフブログ

人と動物の在り方

 

大森ペット霊堂 笹本です。

 

 

 

現在の日本では、ペットが家族として見られるのが当たり前に

なってきています。

 

 

 

 

しかし、ペットと人の在り方、というのは、

人それぞれだと思います。

 

 

 

 

それは、動物愛護が進んできたとしても、

統一することではないと思いますし、

人それぞれでいいと思います。

 

 

 

 

例えば、お店の手伝いをする、

パートナーとしてのペット。

 

 

 

毎日寝る前にお話をする、

話相手のペット。

 

 

毎日一緒に走る、運動仲間のペット。

 

 

 

遊びに行くのにも、寝る時にも。

お風呂に入る時も、

ご飯を食べるときにも、

いつも一緒で親友のようなペット。

 

 

 

先日葬儀を担当させていただいた、柴犬の子は、

葬儀に来ていた三人の子どもたちの面倒を見てくれていた、

お兄ちゃんのような存在だったそうです。

 

 

小学生低学年の子が三人。

 

女の子二人と、男の子一人でした。

 

もちろん、親御さんもいました。

 

 

 

一番涙を流していたのが、

その子ども達三人でした。

 

私は自分が子どもの頃に飼っていた、

犬と私の関係性に似ていたので、少し涙ぐんでしまいましたが、

あたたかい気持ちにもなりました。

 

 

こうやって、大好きなお兄ちゃんのような柴犬に、

最後までお別れをしていて、

 

 

きっとその柴犬の子は、

そんなに泣かなくていいよ。いつでも見守っているよ。

 

 

と言っていたと思います。

 

 

 

勝手な想像ではありますが、

私は前飼っていた子が亡くなった時に、

そうやって言われた気がしたからです。

 

 

その後、子どもたちは、

犬を新しく飼うのを嫌がるかもしれません。

 

 

あの子を越える犬はいないと思うだろうし、

もう悲しい思いはしたくないと考えるのではないでしょうか。

 

 

しかし、あたたかい思い出を思い出すと、

また、その思い出と同じくらいあたたかい思い出を作りたい。

そして、新たにペットを受け入れようと、

考えてくれると嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

ところで、皆さんは、ペットではない動物たちのことは、

家族だと思いますか?

例えば家畜。

食のために飼育されています。

 

 

 

他にも馬や、

 

 

動物園で飼育されている動物たち。

 

 

猟犬などといった犬もそうですね。

 

 

この動物たちは、

周りからは、家族のように思われないことのほうが

多いのではないでしょうか。

 

 

家畜として飼育されていたり、

競走馬として飼育されている動物を、

虐待している。

 

 

という方も中には

います。

 

 

もちろん、ひどい飼い方をしている施設は

沢山あるのも事実です。

 

 

 

 

それでも、動物を扱っているなかで、

動物福祉を考え、

飼育している施設の人たちは、

例え食用の牛や豚、鶏であっても、

 

 

しっかりとした設備で、

可愛がっています。

 

 

 

 

 

そういった牧場で働いている方が、

 

この子達の最期がどうであっても、

家族だと、言っていました。

 

 

 

 

 

 

競走馬ではありませんが、

乗馬クラブに泊まり込みで10日間

働いたことがありました。

 

ここの方たちは、恋人や家族よりも、

馬が体調が悪そうなときは心配する。

といっていました。

猟犬を使って猟をしている方は、

この子達が一番大切だと言っていました。

 

 

 

私の友人で、精肉工場で働いていたり、

家畜を飼育する牧場で働いている人も沢山いますが、

全員が動物が大好きで、それでもその仕事を選びました。

 

 

動物と人とのあり方というのは、

ペットを飼っている私達が想像する以上に、

幅広く、それでも、どんな関係性でも、

そこに愛情は必ずあると思います。

 

 

それは、ペットを飼っている私達も同じで、

いろんな形があるものではないでしょうか。

 

 

 

 

私達大森ペット霊堂は、飼い主様とペットちゃんとの

そんな特別な関係性を大切にして、

葬儀をおこなっております。

 

 

 

 

今回のブログは

ペット葬儀とは、かけ離れたものになってしまいましたが、

動物と人とのあり方は、ペットも他の動物たちに関しても、

一つ一つ違うものだという事を、お話させていただきました。

 

 

 

あくまで私の、一個人としてのお話として

お考えください。

 

 

 

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

大森ペット霊堂は、動物と人の共生を目指します。

東京都大田区大森東2-1-1

スタッフ 笹本