24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2019.01.29
  • コラム

愛犬が突然吐いてしまった?!嘔吐の原因と対応方法について

愛犬がいつも通り餌を食べていたのに、その後突然吐いてしまって驚いたという経験が誰しも1度はあるのではないでしょうか。犬は人よりも吐いてしまうことが多い動物です。ですが、吐いてしまった原因を見極めないと何度も吐いてしまったり、体がぐったりしてしまったりすることがあります。愛犬の吐いてしまった原因の見極め方と対応方法についてお話し していきましょう。

    目次

  1. 1.犬はどうして吐きやすいの?
  2. 2.吐いてしまったときの対応方法
  3. 2-1.消化不良
  4. 2-2.吐く前兆からその後の対応
  5. 2-3.散歩中の草を食べる行動に注意
  6. 3.動物病院へ連れて行くべきポイント
  7. 4.吐いてしまっても慌てずケアしましょう

犬はどうして吐きやすいの?

犬は四足動物のため胃が横を向いています。胃液が濃く体の構造上吐きやすい動物といえます。嘔吐しやすい犬種としては、フレンチ・ブルドッグやブルドッグ、チャウチャウボストンテリア、パグ、シーズー、狆などが挙げられます。短頭種は器官が短いため吐きやすいです。

大型犬に多い嘔吐の原因としては、胃捻転(いねんてん)や胃拡張の初期症状が考えられます。吐く仕草はするものの実際には吐かないというときは、胃捻転が疑われます。胃捻転とは、その名の通り胃が捻じれてしまう病気です。コリーやボルゾイ、シェパード、ダックスフント、コッカ―スパニエル、レトリーバー、グレート・デンなどによく見られる病気です。

チワワやポメラニアン、トイ・プードルなどの超小型犬も比較的嘔吐しやすい犬種と言われています。

子犬の場合は誤飲による嘔吐、老犬の場合は消化機能の衰えによる嘔吐が多く見られます。

吐いてしまったときの対応方法


病気とは関係なく嘔吐する原因には以下のような例があります。

・空腹
・水の一気飲み
・ドッグフードをよく噛まずに飲み込んだために起こる消化不良
・おやつの中に含まれている原料が体に合わない
・車酔い
・ストレス
・誤飲
・散歩中に草を食べた

1.消化不良

ドッグフードを早食いして消化不良を起こす場合や食べ過ぎによる嘔吐の場合は、ドッグフードをお湯でふやかし柔らかくしてから与えると良いでしょう。その際お湯の分量には注意してください。ドッグフードの栄養分がお湯に溶け出すためです。1回に与えるドッグフードの量は少なくして回数を増やします。

おやつの中に含まれている原料が体に合わずに嘔吐してしまう場合があります。なかには食物アレルギーを持っている子がいますので、基本的に与える物はドッグフードのみが無難です。

愛犬が嘔吐物を食べてしまい飼い主さんが心配するケースがありますが、その後に元気にしているようなら問題ありません。特に子犬の場合は、嘔吐物を離乳食と勘違いすることがあります。母犬が自分の食べたものを吐き出して子犬に食べさせるためです。

2.吐く前兆からその後の対応

犬が嘔吐する前兆として、お腹を膨らませたりへこませたりして「えずく」仕草が見られます。そのようなときは、誤飲を防ぐために愛犬をそっとうつ伏せにしてあげましょう。

何度か吐いた後は半日~1日絶食させます。水も食事も与えず胃を休ませて嘔吐が治まるようなら、水から徐々に与え始めます。2~3日は1日の食事の量を3~4回に分けて与えると良いでしょう。

3.散歩中の草を食べる行動に注意

散歩中に愛犬が草を食べてしまった経験はありませんか?犬が細長い草を好むことはよく知られていますが、その原因についてははっきりしたことは分かっていません。草を食べると消化不良を起こし嘔吐しやすくなりますので、散歩中はなるべく草むらには近づかない、草を食べようとしていたらリードを引っ張って止めさせる、などの対策をとってください。

子犬の場合、特に注意したいのが「誤飲」です。飲み込んだ物によっては開腹手術が必要になります。やんちゃ盛りでいたずら好きの子は何にでも興味津々ですから、危ないものはなるべく高い所に置くようにしてください。

動物病院へ連れて行くべきポイント


嘔吐した後でも元気にしている、嘔吐がすぐに治まる、嘔吐のほかに何も症状がない場合は深刻に考えなくても大丈夫です。

動物病院に連れて行くべきポイントには以下のようなものが挙げられます。

・吐いた後にぐったりして元気がない。
・1日のうちに何度も嘔吐を繰り返す。
・嘔吐が2日以上続く。
・熱や下痢、けいれん、よだれ、呼吸の乱れなどの症状がある。

嘔吐物のなかに血や異物が混ざっているときは、急性胃炎、胃潰瘍、腸閉塞などが考えられます。また嘔吐物から便のような匂いがするときにも注意が必要です。いったん小腸まで届いた内容物が逆流して吐いた可能性があり、その場合には腸閉塞が疑われます。

下痢を伴う場合は脱水症状を起こしやすいので、こまめに水分を摂らせてください。

愛犬を動物病院へ連れて行くときには獣医師に嘔吐物を見てもらいます。吐いた物をティッシュでふき取りラップに包んだり、嘔吐物が付着しているトイレシートをビニール袋に入れたりしてそのまま持参しましょう。

吐いてしまっても慌てずケアしましょう


犬はなぜ吐きやすいのか、吐いたときの対処方法、動物病院に連れて行ったほうが良いケースなどをご紹介しました。ドッグフードをお湯でふやかすなど、自宅でできるケアで吐く回数を減らすことができます。大森ペット霊堂ではペットの健康相談も受け付けておりますので、愛犬の様子で気になる点があるときはお気軽にご相談ください。