BLOG

ブログ

兎の火葬、知っておくべき損3つの知識

2020年8月31日

最近では、兎をペットとして飼う方も多くなっていますよね。

でもそんな大切なウサギともいつかはお別れの日が来ます。特に兎は、環境の変化・大きな音などに対しての耐性が弱く、ストレスやショックで突然死することも少なくないんです。

考えたくないことですが、飼育する上では亡くなったときにどのように対処するかはとても大切なことです。

今回は、兎の火葬をする上で、最低限おさえておきたい3つの知識を解説していきます。

兎を飼っているあなたは、知っておいて損のない内容なので、参考にしてみてください。

兎の火葬で確認するべき3つの点

  • ・火葬の種類
  • ・火葬の価格
  • ・本当に信頼のできる業者か

あなたの「大切な兎の最期」は正しい方法でしっかりと行いたいですよね。

そこで3つの確認するべき点をしっかりと見る必要があります。

では上から内容を見ていきましょう!

適当に選んではいけない火葬の種類

  1. 1.個別立会火葬
  2. 2.一任個別火葬
  3. 3.合同火葬

火葬には大きく分けてこの3種類です。

個別立会火葬

家族立会いの元で兎の火葬を執り行います。ご火葬後はお骨上げをしていただくことも出来ます。この火葬は「家族みんなでお別れしたい」「自らの手でお骨上げをしてあげたい」と思う方むけですね。

一任個別火葬

個別に火葬を行いますが、当日の家族での立会いや収骨についてはできません。兎のご遺骨は、後日自分でペット霊園に迎えに行くか、ペット霊園からご自宅に伺うかの形になります。

この火葬は「葬儀や火葬などの立会いに抵抗がある」「骨は遺してあげたいけど、費用はなるべく抑えたい」こんな方には、かなり合っている内容ですね。

合同火葬

この火葬は他家のペットと合同で執り行います。ペットのご遺骨については合祀(ごうし)といい、他家のペットと一緒の合同墓で供養になります。

簡単にまとめると、ペット霊園に全てを一任する火葬です。

「葬儀や火葬などの立会いに抵抗がある」「しっかりお別れできた」「火葬後は合同埋葬してあげたい」「費用を抑えたい」などに当てはまるのであれば、いいかもしれませんね。

このように3つの種類にはそれぞれ火葬のやり方が違うので、行う際は適当ではなくしっかりと兎のためにも選んで欲しいです。

把握しておきたい兎の火葬の費用

正直、「この値段です。」とは言えません。それは業者によってかなり価格が左右します。

犬の場合だと重さなどで、火葬の価格が大きく変わりますが、兎の場合はそのようなことがありません。

先ほど説明した個別立会火葬・一任個別火葬・合同火葬の価格をココでは説明していきます。あくまでも目安なので、参考ていどに知っておいてほしいです。

  • 個別立会火葬:35,000円~
  • 一任個別火葬:18,000円~
  • 合同火葬:12,000円~

かなりアバウトですが、兎の火葬の目安はこのくらいの値段です。

合同火葬は他の2つと比べてもかなり安く設定してあり、「経済的に余裕がないけど兎の火葬はしたい」という方には、知っておきたいですよね。

正直、個別立会火葬と一任個別火葬には、かなり大きな差があります。「火葬の立会いに抵抗がある」などの理由があるのであれば、一任個別火葬がいいです。でも、「安い」からと言って個別立会火葬を選ばないのは、よくありません。

いくら兎だとしても、家族の一員です。経済的に余裕があるのであれば最期までしっかりと見送ってあげましょう!

悪徳ペット葬儀業者には注意!絶対にするべき事前確認とは?

残念なことに、ペット葬儀業者には「悪徳な業者」もいるんです。これを知っておかないとかなり大変な目に合うので把握しておいて損はないと思います。

  • ・高額な請求
  • ・火葬せず、ゴミとして処理する
  • ・自分のペットではない骨を辺骨する
  • ・高額な仏具を売りつける

このようなことをする悪徳ペット葬儀業者が本当に存在します。

私の兎を飼っていた友人は、料金が自分で算出した金額よりも高くなっており、疑問に思っていましたが、一任個別火葬だったので火葬を見に行けなかったそうです。

愛犬のおもちゃやおやつを一緒に焼くプランでしたが、微妙な金額の多さ・スタッフからの説明が少なかったということがあり、兎と一緒に本当に焼いてくれたのか?という話がありました。

立会すればいいと思うかもしれませんが、火葬の途中でオプションを付けられ、「払わなきゃ、生焼けで返すぞ」と払わずにはいられない状況になるケースもあります。

ではどのように対策をするのか?答えは見積りです。「決まった金額以上一切かからない」と言われても、必ず見積りを出してもらっていください。

見積もりがあれば、あとから不当請求があった場合の証拠になります。

でもペットの兎が亡くなって心が弱くなっているあなたは、こんなに細かく考えることが出来ませんよね。私の場合は友人がペット霊園を紹介してくれて、ホームページの料金、丁寧な対応で火葬を行いしっかりと最期を見送ることが出来ました。

24時間・年中無休・無料相談があるので、参考にしてみていください。

私も安心して利用した火葬業者の詳細は「大森ペット霊堂」から。ぜひ、参考程度に覗いてみてくださいね!

まとめ

兎の火葬は初めて依頼する場合、わからないことがかなり多く不安がありますよね。

でも、この内容を見てかなりあなたの不安は解消されたのではないでしょうか。葬儀の種類・葬儀の価格・葬儀の業者の3つは必ず抑えておくべき内容だったと思います。

兎が亡くなったら、悲しくてなかなか冷静になれません。ペットがもう弱ってきたと思ったのであれば、亡くなる前から対策をしておくのも悪くないと思います。不謹慎かもしれませんが、その方が判断力があり、トラブルの回避にも繋がります。

「後悔のないお別れがしたい」のであれば、火葬の種類や業者を正しく選ばなければなりませんよね。

「楽しい思い出をありがとう」と思えるように今を大切にしているのであれば、最期にも正しい方法でしっかりとあなたの兎を見送ってあげてください!

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。