1. TOP
  2. BLOG
  3. 最愛のペット火葬の全知識 – 動物火葬の種類と手続きを徹底解説
BLOG
ブログ

最愛のペット火葬の全知識 – 動物火葬の種類と手続きを徹底解説

2024年5月28日

 

ペットと最期のお別れを迎えることは、愛情を持つ飼い主にとって心痛む思いがあります。しかし、適切な方法でペットにお別れをすることで、思い出を大切にしながら次のステージへと踏み出すことができます。今回は動物火葬について詳しく解説し、そのための手続きや注意点をご紹介します。飼い主の皆様にとって、この記事が最善の選択肢を見つけるための一助となれば幸いです。

 

動物火葬の種類と概要

動物の火葬には、個別火葬と合同火葬の2つの方法があります。それぞれの概要を説明します。

 

個別火葬

個別火葬は、1つずつ個別の火葬炉で火葬を行う方法です。個別火葬では、以下の手順と注意点があります。

手順

  1. 火葬予約:火葬を希望する場合は、火葬場に電話またはメールで予約をします。
  2. 遺体の持ち込み:火葬予約が確定したら、動物の遺体を直接火葬場に持ち込みます。自宅に動物を迎えに行くことも可能です。
  3. 棺に入れる:動物の遺体は棺に入れ、持参します。ただし、棺の大きさには制限があるため、事前に確認が必要です。
  4. 火葬:火葬炉で火葬が行われます。火葬後は、焼骨を火葬場で用意された骨壺に入れて持ち帰ることができます。

注意点

  • 予約が必要:個別火葬を利用する際には、事前に火葬場との予約が必要です。
  • 焼骨の受け取り:火葬後は、焼骨を火葬場で用意された骨壺に入れて持ち帰ることができます。
  • 撮影禁止:火葬場では、斎場内での撮影は禁止されている施設もあります。

 

動物の火葬を頼むなら「大森ペット霊堂」が安心です。

 

ペット火葬は自宅でおこなっても問題ない?違法になる?

 

合同火葬

合同火葬は、他の動物と一緒に火葬を行う方法です。合同火葬に関する申し込み方法と概要を説明します。

申し込み方法

合同火葬を利用する場合は、資源循環局の出張回収を申し込むか、火葬場の開放日に直接遺体を持ち込んでください。

概要

  • 他の動物と一緒に火葬:合同火葬では、他の動物と一緒に火葬が行われます。
  • 遺骨の納骨:火葬後、合同墓地へ納められます。
  • お参り:いつでもお参りが可能です。

以上が動物火葬の種類と概要です。ペットに最適な火葬方法を選び、適切なお別れをすることが大切です。

 

 

個別火葬の手順と注意点

動物火葬施設での個別火葬には、以下の手順と注意点があります。事前にこれらを理解し、火葬施設への持ち込みや手続きをスムーズに進めましょう。

 

個別火葬の手順

個別火葬を希望する場合は、以下の手順に従って火葬の申し込みと手続きを行います。

  1. 動物火葬施設へ電話またはメールで予約します。その後、施設に直接連れてくか、自宅まで迎えに来てもらうか選択をします。
  2. ご遺体を箱などを用意し安置をします。
  3. 希望の日時に合わせて火葬を致します。

注意点

動物の火葬の手続きを進める際には、以下の注意点を守りましょう。

  1. 火葬施設に持ち込む際には、副葬品などについてはスタッフへお伝えください。火葬時に保冷剤が骨を損傷する可能性があるため、あらかじめ取り出しておいてください。
  2. 火葬施設内での撮影はご遠慮ください。火葬は最後のお別れの厳粛な場ですので、火葬施設敷地内での撮影は避けましょう。

これらの手順と注意点を守ることにより、個別火葬の手続きを円滑に進めることができます。

 

個別火葬の予約はこちらをクリック

 

 

合同火葬の申し込み方法

合同火葬の申し込み方法を以下にご説明します。

申請手続き

  • お電話またはメールで対応ができます。

予約時間の確認

  • 申し込みの際に、希望のお迎え時間または到着時間をお伝えください。

火葬時間の調整

  • 火葬の日時は、原則当日行います。

注意事項

  • 「友引」の日でも対応ができますので、希望の日時はスタッフへお申し付けください。
  • 合同火葬では、火葬できる動物の種類や体長によって料金が異なります。

以上が合同火葬の申し込み方法です。合同火葬を希望される場合は、事前に予約を行ってください。その際には、希望の火葬時間やお骨のお持ち帰りの有無を正確に伝えるようにしてください。

 

合同火葬の予約はこちらをクリック

 

 

動物の火葬料金と支払い方法

火葬料金は、ペットの重さによって異なります。以下は個別火葬の場合の火葬料金一覧です(重量はペットの重さに加えて、棺等の重さも含めた全ての重さです):

  • 1キログラム未満:15,000円
  • 1キログラム以上5キログラム未満:25,000円
  • 5キログラム以上25キログラム未満:30,000円
  • 25キログラム以上50キログラム未満:35,000円

火葬料金には、火葬後の遺骨を納める骨壺の代金が含まれています。支払方法は、現金払いやクレジットカード各種電子マネーで対応できます。

火葬料金には、火葬後の遺骨を納める骨壺の代金が含まれていますので、別途代金は発生しません。

お支払い後、火葬後の遺骨は、斎場でご用意する骨壺に納められ、全てお連れ帰りいただくことができます。

 

 

動物の遺骨の受け取り方法と供養について

動物の遺骨の受け取り方法と供養についてご説明いたします。火葬が完了した後の遺骨の受け取り方法や遺骨の供養について、以下に詳細を記載いたします。

 

遺骨の受け取り方法

火葬が終了した後、施設職員が遺骨を拾骨し、お客様に引き渡します。遺骨の受け取り時には、提出していただいた火葬許可証に、火葬執行済の証明印が押されます。遺骨を受け取る際には、以下の点にご注意ください。

  1. 遺骨の受け取り時には、申請者の住所を確認するため、住所が確認できる身分証明書(免許証、保険証など)をお持ちください。
  2. 遺骨の受け取りの際、引き取るための入れ物をご持参ください。

 

遺骨の供養方法

遺骨の供養方法については、ご家庭や個人の信仰や考え方によって様々です。以下は一般的な供養方法の一例です。

  1. 納骨堂やお墓への納骨:お参りや供養の場として使われる納骨堂やお墓に遺骨を納める方法です。
  2. 仏壇での供養:ご自宅やご家族の仏壇で、遺骨を安置してお祈りや供養を行う方法です。
  3. 供養塔や供養施設:供養が行われる特定の場所や施設に遺骨を納める方法です。
  4. 供養碑や供養木:公共の場所に設置された供養碑や供養木に遺骨を納める方法です。

遺骨の供養方法は、地域や宗教によっても異なる場合がありますので、ご自身やご家族の信仰や考え方に合わせた方法を選んでください。

 

 

まとめ

動物の最後の旅立ちとしての火葬には、個別火葬と合同火葬の2つの方法がありました。個別火葬では、予約と手続きが必要ですが、ペットの遺骨を専用の骨壷に納めて連れて帰ることができます。一方、合同火葬では簡単に申し込めますが、遺骨は合同墓地に納めます。火葬料金は重量によって異なります。最後の供養方法も、納骨堂やお墓、仏壇など、さまざまな選択肢があります。動物の火葬に際しては、これらの情報を参考に、最適な方法を選択することが大切です。

 

よくある質問

 

個別火葬と合同火葬の違いは何ですか?

個別火葬は1つずつ個別の火葬炉で行う方法で、火葬後の遺骨は骨壺に入れて持ち帰ることができます。一方、合同火葬は他の動物と一緒に火葬され、合同墓地へ納められるので、遺骨を持ち帰ることができません。

 

個別火葬を利用する際の注意点は何ですか?

個別火葬を利用する際は、事前に火葬場との予約が必要です。遺体を入れる箱やサイズ、副葬品の取り扱いなど、火葬場の指示に従う必要があります。また、火葬場内での撮影は禁止されているため、ご遠慮ください。

 

合同火葬の申し込み方法は?

合同火葬を希望する場合は、資源循環局の出張回収を申し込むか、火葬場の開放日に直接遺体を持ち込むことができます。申し込み時には住所、氏名、電話番号、動物の種類と重さ、お骨のお持ち帰りの有無などの情報を提供する必要があります。

 

火葬料金はどのように決まりますか?

火葬料金は動物の重さによって異なり、1kg未満が10,000円、1kg以上5kg未満が20,000円、5kg以上25kg未満が25,000円、25kg以上50kg未満が30,000円となります。料金には骨壺の代金も含まれており、現金払いのみの支払い方法となります。

 

動物の火葬の依頼は大森ペット霊堂へ

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料