1. TOP
  2. BLOG
  3. 【ペットとの最期の時を尊厳に】ペット火葬が人気の理由と選び方
BLOG
ブログ

【ペットとの最期の時を尊厳に】ペット火葬が人気の理由と選び方

2024年5月28日

 

愛するペットとのお別れは辛く悲しい経験ですが、最期を尊厳を持って見送ることができるペット火葬は貴重な選択肢となります。このブログでは、ペット火葬に関する情報をまとめています。ペット火葬の需要増加の理由、火葬の種類と特徴、費用相場、火葬会社の選び方などを紹介しています。大切なペットとの別れを支援する情報が満載ですので、ペット火葬に関心のある方はぜひご覧ください。

 

ペット火葬の需要増加理由

ペット火葬の需要が増加している理由は、コロナ禍による生活の変化によるものです。人々が自宅にずっといる時間が増えたことで、ペットとの触れ合いの時間が増え、ペットとの絆が深まりました。その結果、ペットを大切に思う飼い主たちは、ペットが亡くなった際にも手厚く見送りたいという気持ちが強まっています。

具体的には、以下のような要因が考えられます。

  1. 心の癒し:ペットは多くの人にとって、癒しや安らぎを与える存在です。特にコロナ禍では、ストレスや不安を抱える人々にとって、ペットは心の支えとなることが多くありました。そのため、ペットが亡くなった時には、その存在をしっかりと感謝し、最後のお別れをしたいという思いが強くなったのではないでしょうか。
  2. 単身世帯の増加:単身世帯が増加している現代社会において、ペットは寂しい時間を埋める存在となっています。特に一人暮らしの人々にとって、ペットは家族のような存在であり、非常に大切な存在です。そのため、ペットが亡くなった時には、飼い主が一人で見送ることが多いため、ペット火葬に対する需要が高まったのかもしれません。
  3. 室内飼いの増加:最近では、室内でペットを飼う人が増えています。室内飼いのペットは家族の一員として、飼い主の生活に深く関わっています。そのため、ペットが亡くなった時には、特別なケアやお別れの方法を選びたいという飼い主が増えたのではないでしょうか。

以上のような理由から、ペット火葬の需要が増加していると言えます。ペットは飼い主にとって家族の一員であり、大切な存在です。そのため、ペットが亡くなった時にも、最後まで手厚く見送ることが求められています。

 

 

ペット火葬の種類と特徴

ペットの火葬には3つの方法があります。合同火葬、個別火葬(個別一任火葬、個別立会火葬)です。

 

合同火葬

合同火葬は、他のペットと一緒に火葬する方法です。費用が比較的安くなるため、多くの飼い主さんに選ばれています。合同火葬を依頼する場合、まずペットの葬儀会社に連絡し、遺体を引き取ってもらいます。その後、他のペットと一緒に火葬され、合同供養塔に納骨されます。合同火葬は手間が少なく、葬儀や納骨の時間が取れない方におすすめです。ただし、飼い主さんがペットとすぐにお別れすることになり、お骨拾いができないというデメリットもあります。

 

個別火葬

個別火葬は、1匹ずつペットを火葬する方法です。個別火葬には一任個別火葬と立会個別火葬の2つの方法があります。

個別一任火葬

一任個別火葬では、火葬会社が遺体を引き取り、火葬から骨上げまでの全てを葬儀会社に任せることができます。仕事や時間の制約がある飼い主さんにとっては、準備や手続きの負担を軽減できるメリットがあります。また、葬儀会社によっては後日遺骨を返却してくれる場合もあります。

 

個別立会火葬

立会個別火葬では、火葬から骨上げまでの全てのプロセスに飼い主さんが立ち会うことができます。最後までペットと一緒にいることができるため、飼い主さんの想いをしっかりと伝えることができます。ただし、一任個別火葬と比べて費用が高くなる傾向があります。

 

以上がペット火葬の種類と特徴です。それぞれの方法には飼い主さんのニーズや状況に合わせたメリット・デメリットがあります。飼い主さんは自分やペットの希望に基づいて最適な方法を選ぶようにしましょう。

 

 

ペット火葬の費用相場

ペット火葬の費用は、ペットの体重や火葬方法によって異なります。以下に一般的な費用相場の目安を示します。

 

ペットの体重別の費用相場

ペットの体重別に見積もられる費用相場は次のとおりです。

  • 1kg以下の小動物(ハムスターや小鳥など):5,000円~2万円
  • 1kg~3kgの子猫、フェレット、モルモットなど:1万5,000円~5万円
  • 3kg~5kgの猫、ウサギ、超小型犬など:3万円~8万円
  • 5kg~10kgの小型犬:2万円~4万円
  • 10kg~20kgの中型犬:4万円~8万円
  • 20kg~40kgの大型犬:10,000円~60,000円
  • 40kg以上の超大型犬:2万5,000円~4万円

※上記の金額は参考の目安であり、業者や地域によって異なる場合があります。

 

ペット火葬の種類別の費用相場

ペット火葬の種類によっても費用が異なります。以下に各種類別の費用相場を示します。

 

個別立会火葬

立会個別火葬は、飼い主がペットの葬儀に立ち会う方法で、費用の目安は次の通りです。

  • 小動物・小型犬の場合:2万円~4万円
  • 中型犬・大型犬の場合:4万円~8万円

 

個別一任火葬

一任個別火葬では、飼い主が火葬前の出棺まで立ち会うことができます。費用の目安は以下の通りです。

  • 小動物・小型犬の場合:1万5,000円~3万円
  • 中型犬・大型犬の場合:3万円~6万円

 

合同火葬

合同火葬は、他のペットと一緒に火葬される方法で、費用が比較的安くなります。目安は次の通りです。

  • 小動物・小型犬の場合:5,000円~2万円
  • 中型犬・大型犬の場合:2万5,000円~4万円

 

※火葬の費用相場は業者や地域によって異なる場合がありますので、詳細な料金については実際に見積もりを依頼して確認することをおすすめします。

以上が一般的なペット火葬の費用相場の目安です。同一のサービスでも業者によって異なる場合がありますので、複数の業者を比較し、自分の予算や希望に合ったプランを選ぶことが重要です。

 

 

ペット火葬会社の選び方の重要なポイント

火葬会社を選ぶ際には、以下の3つのポイントを重要視して選ぶことが大切です。

 

火葬後のサポートの違いで選ぶ

ペットを亡くした飼い主は悲しみや喪失感に包まれることが多いため、火葬後のサポートの充実が重要です。遺体の処理や法的な手続きに関する負担を軽減することで、飼い主の心に寄り添うことができます。また、火葬後にペットの記念品やメモリアルサービスを提供している火葬会社も存在します。思い出を形に残したい方は、このようなサービスを提供している火葬会社に注目しましょう。

 

料金の安さで選ぶ

ペット火葬会社を選ぶ際には、料金の安さを比較することが大切です。経済的な負担を抑えつつ、愛するペットと最善のお別れができる方法を選びましょう。安いだけで選ぶと、簡素化された火葬炉での火葬によって遺骨が綺麗に戻らないことや、実際には火葬をせずに捨てているといったケースもありますので、ご注意ください。

火葬方法やペットの大きさによっても費用相場が異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

 

実績や評判・口コミで選ぶ

ペット火葬会社の実績や評判・口コミを十分に考慮して選ぶことが重要です。信頼性の高いペット火葬会社は、飼い主が安心してペットを預けることができます。他の利用者の口コミをチェックすることで、事前にサービスの質を知ることができます。ペットを大切にしている飼い主として、愛情をもって丁寧に扱ってくれるかどうかは重要な要素です。実績や評判・口コミを確認し、安心してペットの最後を預けられる火葬業者を選びましょう。

上記のポイントを踏まえながら、最適なペット火葬会社を選ぶことが大切です。最善のお別れをするためにも、再度参考にして選びましょう。

 

 

高評価のペット火葬会社人気ランキング

ペット火葬会社の選び方については説明しましたが、ここでは高評価のペット火葬会社ランキングを紹介します。以下はユーザーの口コミや評価をもとに作成されたランキングです。

 

1位:大森ペット霊堂(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県対応)

  • 総合点:37点
  • 火葬費用:8点
  • 24時間365日対応:10点
  • 納骨:9点
  • 対応:10点

大森ペット霊堂のHPはこちらをクリック

 

2位:ペット霊園やすらぎの丘(北海道札幌市近郊対応)

  • 総合点:35点
  • 火葬費用:8点
  • 24時間365日対応:8点
  • 納骨:10点
  • 対応:9点

ペット霊園やすらぎの丘の公式HPはこちらをクリック

 

3位:ひらかた動物霊園(大阪府全域対応)

  • 総合点:35点
  • 火葬費用:9点
  • 24時間365日対応:8点
  • 納骨:10点
  • 対応:8点

ひらかた動物霊園の公式HPはこちらをクリック

 

4位:動愛園(福岡県全域対応)

  • 総合点:34点
  • 火葬費用:9点
  • 24時間365日対応:9点
  • 納骨:8点
  • 対応:8点

動愛園の公式HPはこちらをクリック

 

5位:長楽寺動物霊園(愛知県全域対応)

  • 総合点:33点
  • 火葬費用:7点
  • 24時間365日対応:7点
  • 納骨:10点
  • 対応:9点

長楽寺動物霊園の公式HPはこちらをクリック

 

※上記のランキングは2024年5月17日時点の調査結果です。

 

これらの全国のペット火葬業者は、多くのユーザーから高い評価を受けています。各社の評価は火葬費用、24時間365日対応、納骨への対応、スタッフの質、知識の要素に基づいて算出されています。

また、それぞれの会社の特徴やサービス内容についても事前に確認することをおすすめします。ペット火葬は多くの感情が絡む重要なイベントですので、納得のいく選択が必要です。

 

以上が高評価のペット火葬業者人気ランキングです。参考にして、愛しいペットとの最後のお別れをきちんと行ってください。

 

 

まとめ

ペット火葬に関する需要の増加、種類と特徴、費用相場、選び方のポイント、そして高評価のペット火葬会社ランキングについて詳しく解説しました。ペットを家族のように大切に思う飼い主にとって、ペットが亡くなった後の最期のお別れは重要な瞬間です。費用や利用しやすさ、実績やサポート体制など、さまざまな観点から最適なペット火葬会社を慎重に選ぶことが大切です。愛するペットとの心に残る最後のお別れができるよう、今回の情報を参考にしてみてください。

 

よくある質問

 

なぜペット火葬の需要が増加しているのですか?

ペット火葬の需要が増加した主な理由は、コロナ禍によりペットとの触れ合いの時間が増え、飼い主がペットを大切に思うようになったことです。ペットは飼い主にとってまさに家族の一員であり、最後まで手厚く見送りたいという気持ちから、ペット火葬の需要が高まっています。

 

ペット火葬にはどのような種類があるのですか?

ペット火葬には合同火葬、一任個別火葬、立会個別火葬の3つの主な方法があります。合同火葬は他のペットと一緒に火葬される方法で比較的低価格です。個別火葬は1匹ずつ火葬されるため、飼い主が立ち会えるタイプと任せられるタイプがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、飼い主の状況に合わせた方法を選ぶことが重要です。

 

ペット火葬にはどのくらいの費用がかかるのですか?

ペット火葬の費用は、ペットの体重や火葬方法によって異なります。一般的な目安として、小動物や小型犬は5,000円~2万円、中型犬・大型犬は2万5,000円~8万円程度となっています。また、立会個別火葬は一任個別火葬に比べて高くなる傾向にあります。事前に複数の業者の見積もりを比較するのが良いでしょう。

 

ペット火葬会社を選ぶ際の重要なポイントは何ですか?

ペット火葬会社を選ぶ際は、火葬後のサポート、料金の安さ、実績や評判・口コミの3つのポイントが重要です。火葬後の手続きや記念品・メモリアルサービスの有無、料金の妥当性、他の利用者の満足度などを確認し、最適な業者を選びましょう。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料