1. TOP
  2. BLOG
  3. 最後の愛を込めて。ペットの火葬棺に入れる花の選び方
BLOG
ブログ

最後の愛を込めて。ペットの火葬棺に入れる花の選び方

2024年6月1日

 

ペットが亡くなって火葬をする際、棺に入れる花の選び方や注意点、おすすめの花とその花言葉、避けるべき花などについて学びたい方に役立つブログの内容になっています。大切なペットに対する思いやりと愛情を込めた、心のこもった最後の見送りができるよう、花の選び方やアドバイスが詳しく紹介されています。

 

ペットの火葬で棺に入れる花の選び方

ペットの火葬において、棺に入れる花を選ぶことがあります。ここでは、ペットの火葬で棺に入れる花の選び方についてご紹介します。

 

特定の花の種類には制限はありません

ペットの火葬で棺に入れる花の種類に特に制限はありません。ペットに似合う花や花のメッセージに注意を払って選ぶことが良いでしょう。

 

ペットに合った花や花言葉を考慮して選ぶ

ペットに合った花や花言葉を考慮して選ぶこともおすすめです。例えば、カーネーションやマーガレットは感謝の気持ちを表し、かすみ草は幸福を象徴します。ペットへの思い出や感謝の気持ちを込めて、花言葉に合わせた花を選びましょう。

 

淡い色の花を選ぶ

火葬の際には淡い色の花を選ぶことをおすすめします。濃い色の花や造花を棺に入れると、火葬の過程で色が遺骨に移る可能性があります。遺骨をキレイに保つためにも、淡い色の花を選ぶようにしましょう。

 

 

毒や棘のある花を避ける

毒や棘のある花はペットの遺体に傷をつけてしまう恐れがあります。もし棘のある花を使用する場合は、トゲを取り除いたり、花びらの部分だけ使用すると良いでしょう。また、毒を持つ花は縁起が悪いとされることもあるため、毒のない花を選ぶことも大切です。

 

ペットのサイズに合った大きさの花を選ぶ

ペットのサイズに合った大きさの花を選ぶことも重要です。小さいペットの場合は小さめの花を、大きいペットの場合は大きめの花を選ぶことで、棺の中を美しく飾ることができます。火葬業者によって棺の大きさは異なるため、事前に確認しておきましょう。

 

蕾から開花した花を選ぶ

ペットの火葬に添える花は、蕾から開花した状態の花を選ぶことをおすすめします。開花した花は見栄えが良く、棺を美しく彩ることができます。華やかで美しい花を選んで、ペットをしっかりと見送りましょう。

以上が、ペットの火葬で棺に入れる花の選び方のポイントです。大切なペットを温かく見送るために、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ペット火葬の花の注文はこちらから承れます

 

棺に入れる花の注意点

ペットの火葬や献花の際には、棺に入れる花を選ぶ際にいくつかの注意点があります。以下に、注意すべきポイントをまとめました。

 

花の色に注意しよう

棺に入れる花の色選びは重要です。火葬後に色移りする可能性があるため、なるべく淡い色合いの花を選ぶことが大切です。

 

造花は避けましょう

造花は燃えにくい素材が使われていることがあり、火葬中に溶け残って遺骨を汚す可能性があります。紙製の造花を選ぶ場合でも注意が必要です。

 

 

自然に咲いた花の取り扱いに注意しよう

庭で咲いた花を棺に入れる場合、花を洗って乾燥させることで虫の発生を防ぐ必要があります。また、棘のある花を入れる場合にはトゲを取り除くか、花びらの部分だけを使用しましょう。

 

適量の花を選ぼう

火葬業者によっては棺に入れる花の量に制限があることがあります。一般的には、花の量が少し棺を埋める程度が適しています。ペットの大きさや火葬業者の指示によって異なる場合もあるため、事前に相談することが重要です。

 

蕾から開花した花を選ぼう

棺に入れる花は、蕾から開花したものを選ぶことをおすすめします。開花した花は見た目が美しく、棺をより華やかに飾ることができます。

これらの注意点を守りながら、ペットの火葬にふさわしい花を選んで最後のお別れをしましょう。

 

 

ペット火葬の花注文はこちらから

 

棺に入れる花の量

ペット火葬時には、適切な花の量を棺に入れることが重要です。花の量を間違えると、遺骨や火葬プロセスに悪影響を及ぼす可能性があります。以下に、棺に入れる花の量に関するポイントをまとめます。

 

ペットや棺の大きさに合わせる

ペットのサイズや棺の大きさに応じて、花の量を適切に調整しましょう。棺に華やかさを演出するためには、適度な量の花を選びましょう。棺が適度に埋まる程度の花の量を目指しましょう。

 

火葬業者の指示に従う

火葬業者によっては、棺に入れられる花の量に制限がある場合もあります。事前に確認し、業者の指示に従うことで、リスクを回避できます。

 

装飾のバランスを考える

棺に花を入れる際は、適切な量を確保し、装飾のバランスを考えることが重要です。花の量が多すぎると、ペットの姿が埋もれたり、遺骨に影響を及ぼしたりする可能性があります。適度な量を入れることで、ペットを見送る気持ちを表現し、華やかさを演出することができます。

 

花を添える場合の注意点

棺に花を添える際は、花束としてまとめず、適度な量をバランスよく配置することが重要です。花束が大きすぎると、花の配置が不安定になり、傷んだり倒れたりする可能性があります。適切な量で花を添えることで、美しい装飾を作りましょう。

以上が棺に入れる花の量に関するポイントです。ペットの火葬時には、適切な花の量を用意し、愛情や感謝の気持ちを表現しましょう。適度な量の素敵な花を使ってペットを見送ることが大切です。

 

 

花の注文はこちらをクリックして予約を

 

おすすめの花とその花言葉

ペット火葬や献花に適したお花の中には、さまざまな花言葉が存在します。ここでは、いくつかのおすすめの花とその花言葉をご紹介します。以下の一覧は、参考にしていただけます。

 

カスミソウ

  • 花言葉: 無邪気、幸福、感謝

 

マーガレット

  • 花言葉: 信頼、優しい思い出、私を忘れないで

 

 

ジャスミン

  • 花言葉: 愛らしさ

 

スイートピー

  • 花言葉: 優しい思い出

 

トルコキキョウ(白)

  • 花言葉: 思いやり

 

ガーベラ(白)

  • 花言葉: 希望

 

 

デイジー(白)

  • 花言葉: 無邪気

 

バラ(薄いピンク)

  • 花言葉: 誇り

 

バーベナ(ピンク)

  • 花言葉: 家族の和合(仲良くすること)

 

これらの花言葉を組み合わせて、ペットに伝えたいメッセージを選ぶこともできます。各花の開花時期や色別の花言葉を考慮しながら、最も気持ちが伝わるお花を選びましょう。

また、花言葉以外にも、お花の本数や時期にも注意が必要です。お花屋さんでブーケをつくってもらう際は、棺いっぱいになるくらいの本数を用意すると美しい印象になります。季節に合わせてお花を選ぶこともおすすめです。

ペットの火葬のお花選びには正解はありません。大切なペットを思いながら、一番気持ちが伝わるお花を選びましょう。

 

 

避けるべき花

ペットの火葬や献花には避けたほうが良い花も存在します。親しい人がペットを亡くした場合に贈る際には、細やかな気遣いが求められます。以下では、避けた方がよい花を紹介します。

 

毒を持つ花

火葬や献花には毒を持つ花を避けるべきです。愛するペットのもとに毒性のある花を贈ることは避けましょう。それは常識的でなく、悲しい気持ちの中で余計なストレスを与えてしまうかもしれません。例えば、スズランやスイセン、ジギタリスなどは美しい花を咲かせますが、毒を持っているため選ばないようにしましょう。分からなければ、フラワーショップで聞いてみると確実です。

 

強い香りの花

火葬や献花には香りの強い花も避けたほうが良いです。香りの強い花はどこに置いても匂いが残るため、悲しんでいる方にとっては過度な刺激となる可能性があります。香りの強い花は選ばないようにしましょう。

 

 

花粉が多い花

花粉が多く舞い散るような花も火葬や献花には向きません。花粉はアレルギーを持つ方にとって症状を悪化させる原因となり、火葬の場にもふさわしくありません。花粉が多いお花は避けるべきです。

 

人工的な造花

火葬の際には、ワックスやプラスチックなどでできた人工的な造花も避けるべきです。素材によっては燃えきらずに遺骨に付着したり、色が遺骨に残ったりすることがあります。燃えやすい紙製の造花なら入れることができますが、素材には注意しましょう。

 

トゲのある植物や花

火葬や献花にはトゲのある植物や花も避けたほうが良いです。トゲはペットや遺体に傷をつける可能性があります。もしトゲのある花を使用する場合、事前にトゲを切っておくなど注意が必要です。

 

ドライフラワー

ドライフラワーは意見が分かれますが、ペットの火葬の際には避けることをおすすめします。人間の葬儀ではドライフラワーは枯れた花とされ、縁起が悪いとされています。ペットの火葬においても枯れたイメージを避けるため、生花を選ぶほうが良いでしょう。

以上が火葬や献花で避けたほうが良いお花の例です。悲しんでいる方にとって心地よいものを選ぶために、毒を持つ花や強い香りや花粉の多い花を避け、人工的な造花やトゲのある花、ドライフラワーにも注意が必要です。適切なお花を選んで、愛するペットに最後のお別れをすることが大切です。

 

 

まとめ

ペットの火葬において、棺に入れる花の選び方は非常に重要です。花の種類や色、大きさ、香り、毒性などを慎重に考慮し、ペットと飼い主の思い出に合った花を選ぶことが大切です。また、火葬の際の花の量や配置にも注意を払う必要があります。ペットへの愛情と感謝の気持ちを込めて、ふさわしい花を選び、最期のお別れの場を温かく彩りましょう。火葬の際には、ペットを尊厳を持って送り出すことができるよう、適切な花選びを心がけましょう。

 

ペット火葬に見合ったお花を選ぶ際は、こちらよりお問い合わせください。

 

よくある質問

 

ペットの火葬に使う花の種類に制限はありますか?

ペットの火葬で使う花の種類に特に制限はありません。ペットに似合う花や花言葉を考慮して選ぶことが大切です。ただし、濃い色の花や造花は火葬の過程で色が移る可能性があるため、淡い色の生花を選ぶことをおすすめします。また、毒や棘のある花は避けるようにしましょう。

 

棺に入れる花の量はどのくらいが適切ですか?

ペットのサイズや棺の大きさに合わせて、適度な量の花を選ぶことが重要です。棺が適度に埋まる程度が目安となります。火葬業者によっては花の量に制限があることもあるため、事前に確認しましょう。装飾のバランスも考慮し、花が多すぎたり少なすぎたりしないように注意してください。

 

特におすすめの花は何ですか?

カスミソウ、マーガレット、ジャスミン、スイートピーなど、様々な花言葉を持つお花がおすすめです。ペットに伝えたいメッセージに合わせて、花言葉を考慮して選ぶと良いでしょう。季節に合ったお花を選ぶのも素敵です。ただし、毒や強い香りのある花は避けましょう。

 

何か避けるべき花はありますか?

毒を持つ花、強い香りの花、花粉が多い花、人工的な造花、トゲのある花、ドライフラワーなどは避けるべきです。これらの花は火葬の際に問題を引き起こす可能性や、悲しむ人に過度な刺激を与える可能性があるため、適切ではありません。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料