1. TOP
  2. BLOG
  3. ペットとの絆を永遠に 〜手元供養のすべてを解説〜
BLOG
ブログ

ペットとの絆を永遠に 〜手元供養のすべてを解説〜

2024年6月1日

ペット火葬は自宅でおこなっても問題ない?違法になる?

 

ペットとの絆を大切にしたい方におすすめしたいのが、手元供養です。自宅で気軽にペットを供養できる手元供養には、魅力とデメリットの両面があります。このブログでは、手元供養の意味や方法、魅力とデメリットについて詳しく解説します。ペットを亡くした方の参考になれば幸いです。

 

ペット供養の意味と大切さ

 

ペット供養の意味

ペット供養は、ペットが亡くなった際に行う儀式です。ペットは家族の一員であり、私たちにとってかけがえのない存在です。ペット供養は、亡くなったペットへの感謝と敬意を示すための行為です。ペットとの絆を深めるためにも、その存在を心に刻む機会となります。

 

ペット供養の大切さ

ペット供養は、ペットとの別れを受け入れるために大切な行事です。ペットが天国に旅立った後も、供養を通じてその存在を感じ続けることができます。ペットとの思い出やつながりを永遠に大切にし、それを心に抱きながら生活していくことができます。

また、ペット供養は個々の方法や形式によって行われるため、自分自身の感情や思いを自由に表現することができます。自分の家でペット供養をすることもできるし、お墓に埋葬する方法もあります。どのような形でも、ペットへの感謝や愛情をしっかりと伝えることができます。

ペット供養は、ペットとの最後の別れであり、ペットとの絆を永遠に保つための重要な行事です。ペットが私たちの心の一部として生き続けることができるように、ペット供養を大切にしましょう。

 

ティーカッププードルの寿命はどれくらい?長生きしてもらうためにできることとは?

 

ペット供養の5つの方法

ペット供養にはさまざまな方法があります。ここではその中から5つの方法をご紹介します。

 

手元供養

手元供養は、自宅で行うペット供養の方法です。専用の仏壇を用意し、お線香をたいたり手を合わせたりすることが特徴です。遺骨の一部を専用の遺骨カプセルに納めたりもできます。手元供養のメリットは、大切なペットといつでも一緒にいられることや、自宅で気持ちを込めて供養できることです。また、ペットや家族に合わせたアイテムを選ぶこともできます。一方、感情の整理が難しいことや、家で供養し続けることに不安を感じることがデメリットです。

 

納骨堂に預ける

納骨堂は、屋内のペットのお墓です。コインロッカータイプや棚型タイプなどがあります。納骨堂では、ペットの遺骨と一緒にお花や写真、愛用のおもちゃなどを飾ることができます。一部の納骨堂では定期的に法要を行ってくれる場合もありますが、維持費が発生することもあります。

 

お墓に埋葬

お墓に埋葬する方法もペットの供養方法の一つです。個別墓と合同墓の2種類があります。個別墓は、ペットごとに作られる墓で、他のペットとは別々になります。合同墓では他のペットの遺骨と一緒に埋葬されます。ただし、個別墓は費用が高くなる傾向があります。

 

ペット霊園

ペット霊園は、ペット専用の霊園です。多くのペットたちが眠る場所であり、他のペットとの交流も期待できます。ペット霊園には納骨堂が併設されていることもありますが、法整備が不十分な場合もあるため、注意が必要です。

 

散骨

散骨は、ペットの遺骨をパウダー状にし、お気に入りの場所に撒く方法です。ただし、他人の所有地や水源には撒かないように注意が必要です。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがありますので、ご家族やペットに合った方法を選ぶことが重要です。

 

 

人気の手元供養とは

手元供養は、ペット供養の中でも特に人気のある方法です。この方法では、自宅に専用の仏壇や遺骨カプセルを配置し、日常的に手を合わせたりお線香をたいたりすることで、ペットへの供養を行います。

手元供養を選ぶ理由には、以下のような特徴があります。

  1. いつでもペットと一緒にいられる: 手元供養では、自宅にペットの骨壺や写真を飾ることができます。そのため、いつでもペットと一緒に過ごすことができます。
  2. 管理費がかからない: 年間管理費などの費用が不要であり、一度仏具を購入すれば継続して使用することができます。

手元供養では、仏壇や骨壺カバーなどの仏具を使用してペットの供養を行います。仏壇の中には骨壺を納めることができるタイプもあり、またペットの写真も飾ることができます。こうすることで、いつでもペットとの思い出を心に留めることができます。

 

手元供養のメリット

  • 管理費がかからない
  • いつでもペットを身近に感じられる
  • 自分やペットに合ったアイテムを選ぶことができる

一方で、手元供養を選ぶ際にはデメリットも考慮する必要があります。例えば、手元供養を継続することが難しい場合や、気持ちの整理がつきにくくなってペットロスが長引くこともありますので、注意が必要です。

手元供養にかかる費用は基本的にはありません。仏具を揃える場合でも、1〜2万円程度で一式を購入することができますし、ペットの線香も500円前後で購入可能です。

手元供養はペット供養の一方法であり、ペットに対する家族の思いを大切にすることが重要です。自宅で供養を行う際には、期限を設けることで気持ちの整理がしやすくなります。手元供養は、ペットとの別れを悲しむだけでなく、感謝の気持ちを込めてペットを送り出す方法としても価値があります。

 

 

お供えのお花の選び方

お供えのお花を選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。これらのポイントは、ペットの供養の意味や花言葉、そして自分の感謝の気持ちを表現するために重要です。

 

花の種類の選び方

お供えのお花には様々な種類の花から選ぶことができます。一般的にはキクやカーネーション、トルコギキョウ、スターチス、カスミソウ、ガーベラ、バラが利用されます。

 

花言葉とペットのイメージの組み合わせ

各花には花言葉があり、その花言葉とペットのイメージを組み合わせることも可能です。例えば、キクは「高貴」「高尚」「真実」の花言葉を持ち、カーネーションは「無垢な愛」などの花言葉があります。花言葉を考慮しながら選ぶことで、より意味深いお供えのお花になります。

 

 

花色の選び方

お供えのお花の花色も重要な要素です。ペットのイメージカラーや花言葉に合わせることで、より深い意味を持たせることができます。キクやカーネーションは多様な花色がありますので、自分のお好みやペットのイメージに基づいて選んでみましょう。

 

バラの注意点

最近ではバラもペット供養のお花として人気がありますが、注意が必要です。バラにはトゲがあるため、「亡くなったあと故人がいばらの道を行ってしまう」という迷信もあります。バラを選ぶ際には、トゲを取り除くか、注意深く扱うようにしましょう。

 

お花のアレンジメントの方法

お供えのお花は、ブーケやアレンジメントにすることもできます。お花屋さんや供養の専門店で相談しながら、お供えの花を素敵にアレンジしてもらうこともおすすめです。

お供えのお花を選ぶ際には、ペットの供養の意味や感謝の気持ちを大切に考えながら、花の種類、花言葉、花色、アレンジメント方法などを検討してみましょう。大切なペットへの最後のお別れを、思い出深いものにするためにも、お花の選び方にこだわってみましょう。

 

 

手元供養の魅力とデメリット

手元供養(てもとくよう)は、ペットを自宅で供養する方法の一つです。手元供養には、以下のような魅力とデメリットがあります。

 

手元供養の魅力

  1. ペットとずっと一緒にいることができる: 手元供養を選ぶことで、ペットとの絆を保ちながら、いつでも一緒に過ごすことができます。自宅にペット専用の仏壇を置き、日々手を合わせたりお線香をたいたりすることで、ペットの存在を感じることができます。
  2. いつでも手を合わせることができる: 手元供養では、ペットの写真や遺骨を手元に置くことができます。そのため、いつでも手を合わせることができます。思い出に浸りながら、ペットへの感謝の気持ちを込めて手を合わせることができるのは、手元供養の大きな魅力です。
  3. 豊富なアイテムの選択肢: 手元供養には、多種多様な商品があります。ペットに合った仏壇や骨壺、遺骨カプセルなどを選ぶことができます。デザインや素材、価格なども豊富であり、自分の好みや予算に合わせて選ぶことができます。
  4. 費用がかからない: 手元供養は基本的に費用がかかりません。ペット供養のための仏具や線香は、比較的低価格で手に入れることができます。また、自宅で供養するため、特別な場所に骨を納める必要もありません。

 

 

手元供養のデメリット

  1. 気持ちの整理がつきにくくなることも: 手元供養は、ペットとのつながりを保ちながら供養する方法ですが、中には気持ちの整理がつきにくくなり、ペットロスが長引いてしまうこともあります。ペットの死に向き合うことが難しい場合や、感情の整理が難しい場合は、手元供養をする前にじっくりと準備することが必要です。
  2. ずっと家で供養し続けるのは難しい: 手元供養は自宅で行うため、ペットの供養が家族の一部として継続されることになります。しかし、家族の状況や環境が変化することもあります。転居や家族の増減などの変化によって、手元供養を続けることが難しくなるかもしれません。

 

手元供養には魅力とデメリットがありますが、ペットとの絆を大切にしたい方にとっては特別な方法です。家族の思いを大切にしながら、手元供養を検討してみてください。

 

 

まとめ

ペット供養には様々な方法がありますが、手元供養はペットとの絆を大切にしながら、いつでも供養できる魅力的な選択肢です。自宅で気持ちを込めてペットを送り出すことができ、豊富なアイテムから好みのものを選べるのが特徴です。一方で、気持ちの整理が付きにくくなったり、長期的に供養を続けるのが難しくなる可能性もあります。ペットとの最期を大切にしたい方は、ご家族や環境を考えながら、手元供養の選択も検討してみてください。

手元供養の商品からその他様々なペット供養を対応している大森ペット霊堂では、全国の方から供養の依頼をいただいています。ご不安なことやお聞きしたことがあれば、なんでもご相談くださいませ。

 

大森ペット霊堂の公式HPはこちらをクリック

 

よくある質問

 

ペット供養の手元供養とはどのようなものですか?

手元供養は、ペットが亡くなった後に自宅で供養する方法です。専用の仏壇やお線香を用意し、日々手を合わせたりお花を供えることで、ペットとの思い出を心に留めながら供養することができます。手元供養を選ぶ理由には、ペットとともにいられることや管理費がかからないといったメリットがあります。

 

手元供養にかかる費用はどれくらいですか?

手元供養にかかる費用は基本的にありません。仏具を揃える場合でも、1〜2万円程度で一式を購入することができます。また、ペットの線香も500円前後で購入可能です。費用を抑えながら、自宅でペットとの絆を大切に供養することができます。

 

手元供養にはどのようなデメリットがあるのですか?

手元供養の主なデメリットは、気持ちの整理がつきにくくなり、ペットロスが長引くことです。ペットの死に向き合うことが難しい場合や、感情の整理が難しい場合は、手元供養を選ぶ前にじっくりと準備することが必要です。また、転居や家族の状況変化によって、手元供養を続けることが難しくなることもあります。

 

お供えのお花の選び方について教えてください。

お供えのお花を選ぶ際は、花の種類や花言葉、花色などを考慮することが大切です。一般的にキク、カーネーション、トルコギキョウなどが利用されますが、ペットのイメージやあなたの感謝の気持ちを表現できるよう、花の意味を検討しながら選びましょう。また、バラは刺がある点に注意が必要です。お花屋さんや専門店に相談しながら、思い出深いアレンジメントを作ることをおすすめします。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料