1. TOP
  2. BLOG
  3. 猫の火葬費用を徹底解説 – 愛猫との最後の別れ方
BLOG
ブログ

猫の火葬費用を徹底解説 – 愛猫との最後の別れ方

2024年6月4日

 

愛するペットを亡くしたときは、心からの供養が大切です。ペットの火葬は最後の別れを意味しますが、適切な火葬方法を選ぶことで、愛猫が安らかに旅立つことができます。このブログでは、猫の火葬費用の相場や火葬料金の決め方、さまざまな火葬の種類とその料金について詳しく解説しています。

 

 猫の火葬費用の相場

猫の火葬の費用は、火葬の形式や猫の体重によって異なります。火葬の形式には以下の選択肢があります。

  • 立ち合い火葬:飼い主が立ち会い、お骨の受け取りがありますが、その分の料金がかかります。
  • 個別火葬:立ち合いやお骨の受け取りができないため費用が少なくなります。
  • 合同火葬:立ち合いやお骨の受け取りができないため費用が最も少なくなります。

また、猫の体重によっても費用が変わります。以下は、参考として猫の体重別の火葬料金の相場です。

 

2~5キロ未満の場合(スコティッシュ、アメリカンショートヘア等)

  • 合同火葬の場合:15,000~18,000円前後
  • 個別火葬の場合:20,000~23,000円前後
  • 立ち合い火葬の場合:22,000~25,000円前後

 

5~10キロ未満の場合(ノルウェージャンフォレストキャット等)

  • 合同火葬の場合:20,000~23,000円前後
  • 個別火葬の場合:23,000~25,000円前後
  • 立ち合い火葬の場合:23,000~27,000円前後

 

猫の火葬費用は、火葬の形式や体重によって違いがあります。自分の希望に合った形式や猫の体重に応じた料金を把握し、適切な選択をすることが重要です。

 

猫の火葬を予約する

 

 

猫の火葬料金の決め方

火葬料金は多くの要素によって決まります。猫の火葬業者を選ぶ際には、料金設定を理解しておくことが重要です。以下では、火葬料金の決め方について詳しく説明します。

 

火葬施設の選択

火葬施設の種類によって料金が異なることがあります。ほとんどの方はペット霊園の利用されます。寺院や人間の葬儀社の料金は高い傾向にあります。

訪問火葬車を利用する場合には、金額は安価でも、火葬設備が簡素化されたものですので、遺骨がきれいに残らないことが多いので、ご注意ください。

予算や希望に合わせて適切な施設を選ぶことが大切です。

 

火葬プランの選択

火葬プランの選択も料金に影響します。一般的には、「合同火葬」「個別火葬」「立会火葬」の3つのプランがあります。それぞれのプランには異なる費用がかかりますので、注意が必要です。合同火葬は他の家族のペットと一緒に火葬を行い、費用を分担することができますが、個別火葬や立会火葬は専用のプランであり、費用が高くなります。自分の予算と希望に応じて、適切な火葬プランを選びましょう。

 

猫の体重による料金

猫の体重も火葬料金に影響します。一般的に、2~5kgくらいが標準でありますが、ノルウェージャンやメインクーンのような大きければ火葬にかかる費用も高くなります。これは、燃料や時間が増えるためです。ペットの体重に応じた料金プランを選ぶことが重要です。

 

 

不要な葬祭用品の削除

火葬プランには葬祭用品などが含まれていることがありますが、必要のないものは外すことで料金を抑えることができます。自分で用意できる葬祭用品はプランから外し、その分の費用を節約しましょう。業者によっては高額な葬祭用品が含まれている場合もあるので、見積もりを取り、内訳を確認することが重要です。

 

悪徳業者に注意

火葬業者の中には悪徳業者も存在します。過去の事例から、実際に火葬をせずに遺棄するケースも報告されています。悪徳業者を避けるためには、必ず、火葬する前に施設見学にいきましょう。

今まで悪徳業者を選んで後悔してしまった人のほぼ全ての人が施設見学をしていない、または施設見学ができなかったというデータがあります。

施設見学をし、所在地や連絡先の情報を確認し、火葬炉を実際見てみること。明朗な料金提示を行っている業者を選ぶことが重要です。また、見積もりを依頼し、費用の内訳を確認することで、トラブルを防ぐことができます。

 

以上のように、火葬料金は様々な要素によって決まります。火葬施設の選択や火葬プランの選択、ペットの体重などを考慮し、自分の予算と希望に合った料金プランを選ぶことが大切です。

 

安心してペットの火葬予約をされたい方はこちらから

 

 

火葬の種類と料金

猫の火葬方法にはいくつかの種類があります。それぞれの方法には異なる料金が設定されているため、自分の愛猫に最適な方法を選ぶことが重要です。下記では、火葬の種類とそれぞれの料金について詳しく説明します。

 

火葬の種類

合同火葬: 他のペットと一緒に火葬を行う方法で、最も安価なプランです。ただし、返骨やお骨拾いは行われません。

個別火葬: 愛猫を個別に火葬する方法で、出棺までは立ち会うことができますが、火葬や返骨は業者に任せる形式です。

立会火葬: 人と同様の形式で火葬を行い、出棺から返骨まで全てに立ち会うことができます。手厚い供養ができる方法です。

 

 

火葬料金の相場

火葬料金は猫の体重や火葬の種類によって異なります。以下に一般的な火葬料金の相場を示します。

猫の合同火葬の料金相場

  • 1~5kgの場合: 15,000~20,000円
  • 5~10kgの場合: 20,000~25,000円

 

猫の個別火葬の料金相場

  • 1~5kgの場合: 20,000~25,000円
  • 5~10kgの場合: 25,000~30,000円

 

猫の立会火葬の料金相場

  • 1~5kgの場合: 30,000~35,000円
  • 5~10kgの場合: 35,000~45,000円

 

上記は一般的な相場ですが、施設や地域によって料金が異なる場合もあります。具体的な料金については、事前に各施設に問い合わせることをおすすめします。

火葬の種類と料金を理解し、最適な方法を選ぶことで、愛するペットへの最後のお別れを適切に行うことができます。

 

 

火葬前の準備手順

猫の火葬を行う前には、いくつかの準備が必要です。以下では、火葬前の準備手順について詳しく説明します。

 

死亡を確認する

猫が亡くなったことを確認するために、以下の手順を行います。

  • 猫の呼気を感じるかどうか、鼻元に指を当てて確認します。
  • 猫の目にライトを当てて瞳孔の伸縮を確認します。

もし呼気がなく、瞳孔の反応がない場合には、猫が亡くなっていると判断できます。

 

葬儀を依頼する

猫が亡くなったら、葬儀を依頼する必要があります。以下の手順で進めましょう。

  • インターネットでペット葬儀業者や霊園を検索します。
  • 検索した業者や霊園と連絡を取り、火葬料金や火葬形式などについて相談します。
  • 自分の希望に合った葬儀を決めます。

 

亡骸を整える

猫の亡骸を整えるために、以下の手順に従いましょう。

  • エンゼルケアと呼ばれる手順に従って、猫の目や口を閉じて毛並みを撫でて清潔にします。
  • 体液が出てくる部分にはガーゼを詰めます。
  • 爪や無駄な毛も切り揃えましょう。

 

 

棺に入れて冷却し姿勢を整える

遺体を棺に入れる手順は以下の通りです。

  • 棺の底に保冷剤を敷きます。
  • 遺体は腐敗が始まる可能性があるため、冷却しておきましょう。
  • 遺体の硬直が解けた後、姿勢を整えて棺に収めます。

 

お供え物をする

火葬前に、猫にお供え物をします。以下の点に注意しながら供え物を準備しましょう。

  • 一般的なお供え物としては花やキャットフードがあります。
  • 缶詰や金属製品、水分を多く含んだフルーツなどは避けましょう。これらは火葬に影響を及ぼす可能性があります。

 

以上が猫の火葬前の準備手順の一般的な流れです。猫が亡くなったら、迅速に行動し、丁寧に火葬の準備を進めましょう。

 

 

火葬後の供養の仕方

猫の火葬が終わった後は、大切な猫の供養をすることが重要です。火葬後の供養方法には以下の4つがあります。

納骨堂での供養

  • 納骨堂では、猫のお骨を納めることができます。納骨堂は寺院などに設置されており、個別の戸棚で供養が行われます。
  • 納骨堂の費用は約5,000円から30,000円で、年間の管理料として5,000円から15,000円かかる場合があります。
  • 寺院で葬儀を行った場合、一般的には納骨堂に直接納骨することが多いです。

 

猫の遺骨を納骨希望の家族はこちらから予約を

 

霊園での供養

  • 霊園では、猫のお墓を作り納骨することができます。合同供養塔や合祀墓に納骨する場合は、約10,000円から30,000円かかります。
  • 個別のお墓を立てて納骨する場合は、約50,000円から400,000円かかることがあります。
  • 霊園によっては、猫の骨を家族のお墓に納骨することも可能です。

 

ペット霊園での供養希望はこちら

 

 

手元供養

  • 手元供養は自宅で行える方法です。骨壺を保管し、自宅で供養することができます。
  • 自宅で手元供養を行うことで、経済的な負担を軽減することができます。
  • 手元供養では、骨壺を仏壇に安置し、仏様のように扱うこともあります。

 

散骨

  • 散骨は思い出の場所や美しい景色のある場所で、骨を撒くことによる供養方法です。
  • 散骨は法律で禁止されていない場合は可能ですが、地域によっては散骨禁止の条例があるため、注意が必要です。
  • 散骨する場合は、骨が粉末状になっていることが条件です。

火葬後の供養方法はそれぞれに特徴があります。猫との関係や亡くなった時の状況によって、最適な供養方法を選ぶことが大切です。猫への感謝や思い出を大切にするために、お骨をしっかりと供養することが重要です。

 

散骨の予約はこちらから

 

 

まとめ

猫の火葬に関する費用や方法、準備や供養について詳しく解説しました。猫の体重や火葬の形式によって費用が変わることを確認し、自分のニーズと予算に合わせて最適な選択をすることが大切です。また、火葬前の準備や供養の方法にも注意を払い、猫への感謝の心を込めて最後の別れを行うことが重要です。猫との思い出を大切にしながら、丁寧に火葬と供養を行うことで、猫との絆を守り続けることができます。

 

猫の火葬予約はこちらをクリック

 

よくある質問

 

猫の火葬料金はどのように決まるのですか?

火葬料金は、火葬施設の選択、火葬プランの選択、猫の体重などによって決まります。施設や地域によって料金が異なるため、複数の業者から相見積もりを取ることがおすすめです。また、必要のない葬祭用品を削除することで、料金を抑えることもできます。

 

火葬の種類と料金の相場を教えてください。

火葬の種類には、合同火葬、個別火葬、立会火葬があります。合同火葬が最も安価で、個別火葬や立会火葬は高くなります。体重別の料金相場は、合同火葬が15,000~25,000円、個別火葬が25,000~35,000円、立会火葬が35,000~45,000円前後となります。

 

猫の火葬前の準備手順を教えてください。

火葬前の準備としては、まず死亡の確認、葬儀の依頼、遺体の整理、棺に収める、お供え物を準備することが重要です。遺体の取り扱いには注意が必要で、エンゼルケアを行い、棺の中で冷却して姿勢を整えます。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料