1. TOP
  2. BLOG
  3. ペットの火葬を安く済ませる究極のコツ【2024年最新情報】
BLOG
ブログ

ペットの火葬を安く済ませる究極のコツ【2024年最新情報】

2024年6月7日

 

愛するペットとの別れは、誰もが望まない辛い経験です。しかし、最期の時を迎えたら、ペットにふさわしい供養をする必要があります。その際、ペット火葬に関する適切な知識を持っておくことが重要です。このブログでは、ペット火葬を安く済ませる方法や、自治体とペット火葬業者の違い、注意点などを詳しく解説しています。大切なペットに最後の思いを馳せられるよう、ペット火葬に関する情報を事前に収集しましょう。

 

ペット火葬を安く済ませる方法

ペット火葬を経済的に済ませるためには、以下の方法を試してみましょう。

 

方法1:自治体に依頼する

自治体にペット火葬を依頼すると、民間の火葬業者に比べて費用が安くなることがあります。一部の自治体では、1頭につき2,000円ほどで火葬ができる場合もあります。ただし、自治体によっては合同火葬や一般廃棄物としての焼却が行われることもあるため、ゴミとして扱われます。

 

方法2:ご遺体を土葬する

ご遺体を土葬する方法では、無償で処理することができます。ただし、ご自宅に庭がある方限定ですので、東京のような都心では行うことができませんので、ペット火葬業者に依頼しましょう。また、土の中での分解には時間がかかるため、腐敗臭や野生動物による問題が起こる可能性があります。小型の動物であればリスクは比較的低いですが、中・大型の動物には適していません。土葬する場合は、深い穴を掘り、石灰や腐葉土をまいて臭い対策を行うことがおすすめです。

これらの方法を参考にして、ペット火葬をできるだけ手頃な価格で済ませましょう。

 

ペット火葬の予約はこちらからできます。

 

 

自治体とペット火葬業者の違い

ペット火葬の処理や料金など、自治体とペット火葬業者の間にはいくつかの違いがあります。以下にその違いについてまとめました。

 

火葬処理

 

自治体

  • ペットは一般廃棄物として扱われます。
  • 高温で焼却され、ご遺骨は残りません。

 

ペット火葬業者

  • ペットを飼い主の家族として扱い、火葬が行われます。
  • 個別火葬や合同火葬といった選択肢があり、人間の火葬と同様の形式で行われます。

ペット火葬業者への依頼はこちらをクリック

 

 

料金

 

自治体

  • ペット火葬は、3,000〜10,000円程度です。

 

ペット火葬業者

  • 料金相場は、8,000〜20,000円程度です。
  • 個別火葬や特別なプランを選ぶと、料金が高くなる場合もあります。

 

対応内容

 

自治体

  • ゴミとして扱われるので、ご返骨はありません。火葬後のお骨上げや立会いも一切なく、廃棄物処理をされます。

 

ペット火葬業者

  • 飼い主が立ち会いやお骨上げを行うことも選択することができます。
  • 合同火葬から、立会、個別火葬などの方法があります。

 

 

選ぶべき場合

  • ご遺骨の返還や最後までのお別れの形式を重視する場合は、ペット火葬業者に依頼することが適しています。
  • できるだけ安く火葬を済ませたい場合は、自治体に依頼することが適しています。

ペット火葬業者の予約はこちらをクリック

 

以上のように、自治体とペット火葬業者には、火葬処理、料金、対応内容などにおいて異なる点が存在します。ご自身の希望や状況に合わせて、適切な選択を行いましょう。

 

 

自治体でのペット火葬の注意点

自治体でのペット火葬を利用する際には、いくつかの注意点があります。以下にそのポイントをまとめました。

 

ご返骨されないことがある:自治体での火葬依頼をした場合、一般廃棄物として高温で焼却されることがほとんどです。そのため、ご遺骨を手元供養したい方やご返骨してもらいたい方は、ペット火葬業者に依頼することをおすすめします。

 

死亡届の提出が必要:ペット火葬後は、飼っていたペットの種類によっては死亡届の提出が必要です。特に犬の場合は、死亡届を提出しない限り生きていると判断されてしまうため、注意が必要です。必要な手続きを怠ると罰金が課せられる可能性もあるため、ペットが亡くなったら、30日以内にお住まいの自治体の保健所に死亡届を提出しましょう。

 

ルールが自治体によって異なる:自治体での火葬は、お住まいの地域によってルールが異なります。一般廃棄物として処理される場合や合同火葬として行われる場合もありますし、一部の自治体ではペットの火葬を受け付けていない場合もあります。そのため、火葬を依頼する前に必ずお住まいの自治体に確認しましょう。

以上が、自治体でのペット火葬を検討する際に注意すべきポイントです。安く利用できる一方で、ご返骨や死亡届の手続き、ルールの違いなどに注意を払い、適切な方法を選択しましょう。

 

 

ペット火葬業者の料金相場

ペット火葬業者の料金は、ペットの大きさや体重、火葬方法によって異なります。以下に、一般的な相場をご紹介します。

 

小型犬や小動物の場合

  • 体重5kgまでの小動物や小型犬を合同火葬する場合の相場は、1万6,000円前後です。
  • 立ち会い火葬で手厚い供養を行う場合は、2万3,000円前後が相場となります。

 

大型犬の場合

  • 体重40kgまでの大型犬を合同火葬する場合の相場は、4万円前後です。
  • 立ち会い火葬を行う場合は、4万7,000円前後になります。

上記に記したのは、東京でペット火葬業者を探す際の料金相場です。東京で探す際は業者によって異なる場合がありますので、事前に確認することをおすすめします。安心して依頼できる業者を選ぶためにも、複数の業者の料金やサービス内容を比較検討することが重要です。特に大型の動物の火葬には、より高い金額が設定されていることもあります。

また、火葬方法によっても費用が異なることが一般的です。合同火葬や立ち会い火葬など、プランの内容を確認し、自分の希望に合った料金プランを選ぶことが大切です。

 

東京のペット火葬業者に連絡をする

 

 

ペット火葬業者を選ぶポイント

ペットの火葬業者を選ぶ際には、いくつかのポイントに留意する必要があります。信頼性の高い業者を選択するためには、以下のポイントに注意しましょう。

 

プラン内容と料金の適切さ

まず、業者のプラン内容と料金が適正であるかを確認しましょう。以下の点に留意します。

  • 施設見学を行なっているか
  • 火葬方法ごとに明示されたプランがあるか
  • ペットの種別、体重、サイズに応じた料金が提示されているか
  • 会社の基本情報(住所、連絡先など)や運営歴が明記されているか

信頼性の高い業者は、会社情報が明確に記載されています。情報が不透明な場合は、依頼を控えましょう。

 

スタッフの対応の質

業者のスタッフの対応も重要なポイントです。以下の項目に留意しながら選びましょう。

  • スタッフ紹介や本人の思いが書かれているか
  • 電話での問い合わせに対し、丁寧な説明をしてくれるか
  • 希望するプランがない場合に他のプランを提案してくれるか
  • 飼い主に寄り添った対応をしてくれるか

プランや料金に満足していても、スタッフの対応が不十分な場合は、他の業者を検討しましょう。

 

生前からの情報収集の重要性

ペットが亡くなった時には、冷静な判断が難しい場合もあります。そのため、ペットの生前から火葬業者について情報収集を行うことが重要です。以下のメリットがあります。

  • 突然のペットの死にも即座に対応できること
  • ペットロスに陥りにくくなること

ペットの死を考えることはつらいですが、少しずつ火葬業者に関する情報収集を進めることで、安心感を得られます。

以上がペット火葬業者を選ぶ際のポイントです。信頼性の高い業者を選ぶために、プラン内容と料金の適切さ、スタッフの対応の質、そして生前からの情報収集を行いましょう。慎重な判断をして、大切なペットに最善の供養をしてあげましょう。

 

ペット火葬業者の予約はこちらからできます。

 

 

まとめ

ペットの火葬を検討する際は、自治体とペット火葬業者の違いを理解し、自分の希望に合った方法を選ぶことが重要です。自治体での火葬は経済的ですが、ご遺骨をお返しできない可能性があります。一方、ペット火葬業者を利用すれば、より手厚い供養が期待できますが、料金も高めになります。また、業者選びにも気を付ける必要があり、プラン内容や料金の適切さ、スタッフの対応の質、そして生前からの情報収集が重要なポイントとなります。最後のお別れは寂しいものですが、大切なペットに心を寄せながら、最適な火葬方法を見つけましょう。

 

よくある質問

 

ペット火葬を安く済ませる方法はありますか?

自治体に依頼すると、民間の火葬業者に比べて料金が安くなる場合があります。1頭あたり2,000円程度で火葬できるところもあります。ただし、自治体によっては合同火葬や一般廃棄物としての焼却が行われるため、事前に確認が必要です。また、ご遺体を土葬する方法もありますが、腐敗臭や野生動物の問題が起こる可能性があります。

 

自治体とペット火葬業者の違いはどのようなものですか?

自治体ではペットを一般廃棄物として扱い、高温の焼却処理が行われるため、ご遺骨は残りません。一方、ペット火葬業者では個別火葬や人間の火葬と同様の形式で行われます。料金も自治体の3,000~10,000円に対し、ペット火葬業者は15,000~20,000円程度と高くなります。ご返骨や立会い火葬などのサービスもペット火葬業者のほうが手厚いです。

 

自治体でのペット火葬に注意点はありますか?

自治体での火葬では、ご遺骨が返ってきません。そして、廃棄物として処理されるので、ゴミとして扱われます。また、ペットの死亡届の提出が必要な場合もあり、手続きを行わないと罰金が課される可能性があります。さらに、自治体によってはペットの火葬を受け付けていないところもあるため、事前に確認が必要です。

 

ペット火葬業者選びのポイントは何ですか?

ペット火葬業者を選ぶ際は、プランの内容と料金の適正さ、スタッフの対応の質に注意が必要です。プラン内容が明確で、ペットの体重やサイズに応じた料金設定がある業者が信頼できます。また、電話での問い合わせに丁寧に対応してくれ、飼い主に寄り添った対応をする業者を選びましょう。さらに、ペットの生前から情報収集を行うことで、突然の事態にも対応できるようになります。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料