1. TOP
  2. BLOG
  3. 東京でペットが死んだらの対処法とお別れの作法〜最期の別れ方
BLOG
ブログ

東京でペットが死んだらの対処法とお別れの作法〜最期の別れ方

2024年6月8日

 

ペットは私たちの家族の一員であり、愛する存在です。しかし、いつかは別れの時が来ることを認識しなければなりません。本ブログでは、東京でペットが亡くなった際の対処法や供養の方法、葬儀や遺骨の扱い方など、愛するペットとの最期の別れを、深い愛情を込めて行うための方法を解説しています。

 

ペットの死亡確認方法

ペットが亡くなっているかどうかを確認するためには、いくつかのポイントに注目する必要があります。以下に、ペットの死亡を確認する方法を示します。

意識の確認

まずは、ペットの意識を確認しましょう。大きな声で呼びかけたり、身体をゆするなどして反応があるかどうかをチェックします。ペットが反応しない場合は、亡くなっている可能性があるため、遺体の処理を考える必要があります。

 

呼吸と脈拍の確認

次に、ペットの呼吸と脈拍を確認することが重要です。呼吸は肺の動きで確認することができます。また、犬や猫の場合は、後ろ足のお腹側の付け根と骨盤の間を触れることで脈拍を確認することができます。

 

 

体温の確認

ペットの体温は人よりも高めですので、触れて熱さを感じるかどうかでも確認できます。もし触れた部分が冷たくなっている場合は、ペットが亡くなっている可能性があります。

 

死後硬直と散瞳の確認

死後硬直とは、亡くなった動物の筋肉が硬直する現象です。遺体が硬直している場合は、ペットが亡くなっていることがわかります。また、散瞳も亡くなった動物の特徴です。ペットの目が開きっ放しになっている場合も、亡くなっていることを示しています。

以上の方法を使って、ペットが亡くなっているかを確認することができます。次に、ペットの遺体をどのように扱うべきかについて説明します。

 

 

ペットの遺体の安置方法の手順

ペットが亡くなった時には、遺体を適切に安置することが重要です。以下では、犬や猫の遺体を安置する手順について詳しく説明します。

 

死後硬直までの形整え

  • 死後硬直とは、身体の筋肉が固まる現象です。
  • 死後硬直がおこる前に、遺体の形を整えましょう。
  • 遺体を丸めた状態に整えることが重要です。
  • 脚や胴が伸びた状態で死後硬直がおこると、棺に納めづらくなってしまいます。
  • 無理に遺体を棺に入れようとすることは避けましょう。

 

目と口の処理

  • ペットが亡くなると、しばしば目や口が開いたままになります。
  • 心苦しく感じる場合は、遺体の目を閉じてあげることをおすすめします。
  • 方法としては、指でまぶたを下ろし、もう一方の指で目の下を軽く押し上げることです。
  • 口は布などで閉じると良いでしょう。

 

 

遺体の清め方

  • 遺体は湿気に弱いため、身体の表面の水分を拭き取りましょう。
  • 清める際には、タオルなどを使用します。
  • 死後硬直から数時間が経過すると、遺体の筋肉がゆるみ始めます。
  • この時、体液や排泄物が出る可能性があるので、清めるためにしっかり拭き取りましょう。

 

棺の準備と安置

  • 葬儀を行うまでの間、遺体を安置するためにダンボールやペット用の棺を準備しましょう。
  • 棺の中にはタオルや毛布を敷き、遺体を納めます。
  • 遺体の温度を低く保つため、保冷剤やドライアイスを棺に入れることもおすすめです。
  • 遺体から体液が出ることも考えられるため、ティッシュなどを一緒に入れておくことも大切です。

 

以上が、ペットの遺体を安置する手順です。大切なペットが安らかな場所で眠ることができるよう、丁寧に遺体を準備しましょう。

 

詳しい安置の仕方はこちらをクリック

 

 

ペットの葬儀の種類と費用

ペットの葬儀には、火葬と土葬の2つの方法があります。さらに、火葬には合同火葬と個別火葬の2種類があります。それぞれの方法と費用について詳しく見ていきましょう。

 

火葬の種類

 

合同火葬

  1. 複数のペットをまとめて火葬する方法です。コストが安くなるメリットがあります。立ち会いや遺骨の返却はできません。

 

個別火葬

  1. 各ペットを個別に火葬する方法です。コストは高くなりますが、立ち会いや遺骨の受け取りが可能です。

 

個別での火葬予約はこちらをクリック

 

 

火葬費用の相場(東京都の場合)

小動物(鳥やハムスターなど)

  • 合同火葬:約5,000〜1万5,000円
  • 個別火葬:約1万5,000円〜3万円

小型犬(猫やウサギなど)

  • 合同火葬:約1万5,000円〜3万円
  • 個別火葬:約3万円〜5万円

中型犬

  • 合同火葬:約3万円〜5万円
  • 個別火葬:約5万円〜8万円

大型犬

  • 合同火葬:約5万円〜8万円
  • 個別火葬:約8万円〜10万円

※業者によって料金設定は異なるため、確認が必要です。

東京では、ペットの火葬が一般的な方法です。合同火葬は他のペットとまとめておこなわれ、費用が比較的安く抑えられますが、立ち会いや遺骨の返却はできません。一方、個別火葬では、ペットごとに個別で火葬されるため、費用は高くなりますが、立ち会いや遺骨の受け取りが可能です。

また、東京での火葬費用はペットの大きさによって変動しますので、事前に業者に確認することが重要です。各業者によっても料金設定は異なるため、自分のペットの種類や大きさに合った費用を確認しましょう。費用に加えて、火葬方法の選択肢も考慮して、ペットの最期の旅路を思いやり深く送ることができます。

 

東京でペット火葬予約をする方はこちらをクリック

 

 

遺骨の供養方法

遺骨の供養にはいくつかの方法があります。以下では、「納骨」「自宅供養」「散骨」の3つの方法について詳しく説明します。

 

納骨

  • 料金を支払い、ペット霊園や納骨堂などに遺骨を預けます。
  • 利用料金は施設ごとに異なるので、ホームページで確認し比較することがおすすめです。
  • 葬儀業者によっては、火葬プランに納骨が含まれる場合もあります。

納骨予約はこちらをクリック

 

 

自宅供養

  • 自宅で遺骨を安置して供養する方法です。
  • 遺骨を庭に埋めたり、専用の仏壇を用意したり、故人の仏壇に骨壺を置いたりする方法があります。
  • 自宅での供養には湿気やカビに注意し、骨壺に乾燥剤を入れるなどの対策を行いましょう。

 

散骨

  • 遺骨を粉末にして庭や海などにまいて供養する方法です。
  • 一部の業者では粉骨を手伝ってくれる場合もあるので、相談してみることがおすすめです。
  • 散骨する際は、法律で禁止されていない場所で行い、トラブルを避けましょう。

 

散骨予約を希望される方はこちらから

 

 

さらに最近では、遺骨を粉末にしてアクセサリーに入れる方法もあります。アクセサリーを身に着けることで、いつも身近にペットの存在を感じることができます。

遺骨の供養方法は、飼い主の意思や環境に合わせて選ぶことが重要です。思い出に残る形で供養を行い、ペットとの絆を大切にしましょう。

 

ペットロスへの対処法

ペットを亡くすことは、飼い主にとって非常につらい経験であり、心の痛みをもたらすことがあります。ペットロスと呼ばれるこの悲しみを乗り越えるために、以下の対処法が役立ちます。

 

悲しみを受け入れる

ペットを亡くしたことを受け入れることは、ペットロスの回復を始めるために重要です。現実を受け止め、悲しみを処理することが大切です。

 

感情を表現する

ペットを失った悲しみや喪失感は、自然な感情です。感情を抑えずに自分自身を表現することで、悲しみを解放することができます。心に秘めた感情を吐き出すために、自分に合った方法で感情を表現することが大切です。

 

 

共感を求める

周囲の人々や専門家との共感は、ペットロスの回復に役立ちます。家族や友人と話し合うだけでなく、ペットロスの支援グループやカウンセラーのサポートを受けることも有効です。自分の感情を共有し、支えを受けることで心の癒しを見つけましょう。

 

創作活動をする

ペットとの思い出を振り返り、写真や動画を整理することで、悲しみを癒すことができます。また、詩や絵を書くなどの創作活動も良い方法です。これにより、ペットとの絆を感じながら、悲しみを表現することができます。創作活動は、心の中に抱えた感情を外に出す手段となり、悲しみからの回復を促します。

 

ペットの供養をする

ペットの死後、供養することも悲しみを癒すための一つの方法です。ペット霊園や火葬場での供養、自宅での供養、遺骨の散骨など、さまざまな方法があります。自分に合った方法を選び、愛しいペットに感謝と尊厳を示しましょう。

悲しみは時間と共に薄れていきますが、各人が自分のペースで悲しみを受け入れていくことが重要です。無理をせずにゆっくりと心を癒していきましょう。

 

 

まとめ

ペットの死は私たちに大きな悲しみをもたらしますが、ペットロスを乗り越えるための手段は多数あります。故人との思い出を大切にしながら、自分なりのペースで悲しみを乗り越えていきましょう。周囲の理解と支えを得ながら、ペットの供養や創作活動によって、ゆっくりと心を癒していくことが重要です。愛しい存在を失った後も、ペットとの絆を忘れずに、人生の次のステージに進んでいけるよう努めましょう。

 

よくある質問

 

ペットの死亡を確認する方法は?

ペットの意識・呼吸・脈拍・体温・死後硬直や散瞳などを確認することで、死亡の有無を判断することができます。これらのポイントをチェックすることが大切です。

 

ペットの遺体はどのように安置すべきか?

死後硬直前に遺体の形を整え、目や口を閉じて清めることが重要です。ダンボールやペット用の棺に入れて冷却しながら安置し、葬儀の準備をすることをおすすめします。

 

ペットの葬儀にはどのような方法があり、費用はどのくらいか?

ペットの葬儀には火葬と土葬があり、火葬には合同火葬と個別火葬の2種類があります。火葬費用は動物の大きさや火葬方式によって異なり、5,000円から10万円程度となります。

 

ペットの遺骨の供養方法にはどのようなものがあるか?

ペットの遺骨は、ペット霊園への納骨、自宅での供養、散骨など、様々な方法で供養することができます。それぞれ特徴があり、飼い主の意向に合わせて選ぶことが大切です。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料