NEWS

新着情報

ペットが亡くなったらお墓をたててあげるべき?困ったときにチェックしておくこと

2020年4月18日

ペット 墓

人間が亡くなると、葬儀・火葬を行いお墓に遺骨を納めるという当たり前のような流れがあります。

しかし、ペットが亡くなったとしたらお墓などはどうすればいいのでしょうか。

そもそも、お墓を作れたとしてもそこまでやるべきなのかも難しいところです。

そこで今回は、ペットがなくなったらお墓をたててあげるべきなのかどうかをお話ししますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.時代の変化とともにペットのお墓も認知されつつある
  2. 2.ペットの墓は霊園に建てるか自宅に建てるか
  3. 2-1.人間とペットが一緒に入れるお墓の霊園を探す
  4. 2-2.自宅にペット専用のお墓をたてる
  5. 2_3. ペット専用霊園のお墓に納骨する
  6. 3.ペット霊園で納骨をするためには
  7. 3-1.個別納骨
  8. 3-2. 合同納骨
  9. 3-3.海洋散骨
  10. 3-4.樹木葬
  11. 4.ペットのお墓の前に火葬の方法も考えよう
  12. 4-1. 個別一任葬
  13. 4-2.合同葬
  14. 5.ペットのお墓を検討する際に気をつけるべきこと
  15. 5_1.最寄りの霊園や火葬業者のホームページをチェックする
  16. 5_2.ホームページで比較をしたら実際に問い合わせてみる
  17. 6.ペットの墓のまとめ

時代の変化とともにペットのお墓も認知されつつある

ペット 墓

たとえば、一昔前であれば犬は番犬として飼われていることがよくありました。

しかし、時代は変わり現在では番犬という役目ではなく、癒しや家族という意味で飼う人が圧倒的に増えてきたため、ペットに対する意識の変化がでてきたと言えます。

つまり、犬も猫も室内飼いが増えたことにより、より家族として身近な存在になってきたのではないでしょうか。

それもあってか、ペットが亡くなったときは自分の墓に入れたい、手厚く見送りたいと思う人が増えてきました。

それこそ昔は、ペットと人間が一緒の墓に入るのは良くないという認識でしたが、時代の変化とともに、それもだんだん薄れてきました。

とは言え、まだまだ人間のお墓とペットが一緒になれるところはまだまだ少ない傾向にあります。

ペットの墓は霊園に建てるか自宅に建てるか

ペット 墓

ペットが亡くなったときに用意するお墓は、いくつかの選択肢が用意されています。

人間とペットが一緒に入れるお墓の霊園を探す

そこまで数は多くはありませんが、人間とペットが一緒に入れるお墓があります。

ただ、こればかりはひとりで決められるわけではありません。

他の家族はもちろん、親戚など関りのある人から反対されることも考えられます。

自宅にペット専用のお墓をたてる

自宅の庭にペットのお墓をたてることができます。

しかし、いくら自宅とはいえ海外とは違い狭い家が多いという特徴があるため、隣の家とかなり隣接していることから、トラブルになってしまう可能性があります。

なぜなら、大型のペットになればなるほど穴をかなり深く掘らないと腐敗臭の原因となってしまうからです。

さすがに隣人に墓を作ると言うことをわざわざ伝えなくてもいいですが、掘る穴が浅かったことにより原因不明の腐敗臭が漂ってくれば、隣人もビックリしてしまいます。

さらに、場所によってはほかの動物が穴を掘ってしまい亡くなった動物を食べられたり、持って行かれたりする可能性もあります。

ペット専用霊園のお墓に納骨する

スタンダードになりつつあるのが、ペット専用の霊園に納骨するスタイルです。

今の日本の背景を考えると、なかなか自宅に墓を作ると言うのはハードルが高いように感じます。

それもあってか、近年ペット専門の霊園のお墓に納骨する人が増えてきたことをご存知でしたでしょうか。

ペット専門の霊園であれば、そもそも隣人のことを気にすることもありませんし、ほかの動物に掘り起こされる心配もありません。

ペット霊園で納骨をするためには

ペット 墓

ペット霊園では、火葬後にいくつかの納骨方法があります。

個別納骨

個別納骨とは、その名の通り個別にお骨を管理する方法のことを表します。

個別納骨ということもあり、個別にゆっくり会いに来られるという特徴があります。

合同納骨

合同納骨とは、他のペットと一緒に納骨をする方法のことを表します。

もちろん、合同納骨だったとしてもいつでも会いに来ることができますが、個別に会いたいのであれば個別納骨を。

他のペットと一緒でもいいのであれば、合同納骨をおすすめします。

海洋散骨

海洋散骨とは、海に散骨をする方法のことを表します。

海に散骨をするというのは、あまり聞いたことがないかもしれません。

しかし、人間でも生前は海が好きだったり、海に携わる仕事をしていた場合、海洋散骨を選択することもあります。

それがペットでもできるというわけです。

樹木葬

樹木葬はその名の通り、一般的なお墓ではなく樹木や花などを目印にする方法のことを表します。

この方法は、自然に返すという意味でよく利用されています。

また、木の下に還すことでずっとそこにペットがいてくれるような気持にさせてくれます。

ペットのお墓の前に火葬の方法も考えよう

ペット 墓

ペットが亡くなり、お墓に入れるということは、その前に大切なことをしないといけません。

それが火葬です。

火葬の仕方にもいくつかのパターンがあるため、事前に知っておきましょう。

個別一任葬

個別一任葬とは、火葬後にスタッフがお骨に納めるまでの対応をしてくれます。

たとえば、時間がなかったり個別で火葬をしてあげたいと思ったときだったりに、利用されます。

合同葬

合同葬は、個別ではなく他のペットと一緒に火葬をする方法のことを表します。

たとえば、ペットの火葬費用を抑えたい、他のペットと一緒に旅立ってほしいというお考えの人によく利用されています。

立会葬儀

立会葬儀は、人間の葬儀と同じように火葬場まで立ち会うことを表します。

また、火葬が終了すればお骨を納めることができます。

立会葬儀は、最後まで手厚く供養したい、見送りたいという人に良く利用されています。

ペットのお墓を検討する際に気をつけるべきこと

ペット 墓

ペットを火葬したい、お墓を作りたいと思ったときにどこかの霊園などに問い合わせをするはずです。

ですが、適当な霊園や火葬業者に問い合わせをしてしまうと、あとあと後悔する可能性があります。

なぜなら、ビジネス感が強い霊園や火葬業者がいる可能性があるからです。

1回きりのことですから、後悔のないようにやるべきです。

最寄りの霊園や火葬業者のホームページをチェックする

もし、ペットのお墓を探したいとのことであれば、最寄りの霊園や火葬業者のホームページをチェックすることからはじめてください。

住んでいる場所にもよりますが、いくつかの業者が存在しているはずです。

当然、そのなかの1社に絞るわけですが、選ぶ基準となるのがホームページの内容です。

ホームページには、業務内容や料金などが細かく記載されています。

とくにはじめて利用するものであれば、どういうメニューがあってどれくらいの費用がかかるのかを心配してしまうものです。

ですから、ホームページをチェックしておけばある程度のことは解るようになります。

たとえば、複数社のホームページをチェックして、サービス内容や料金を比較することができます。

ホームページで比較をしたら実際に問い合わせてみる

もしかしたら、ホームページに記載されている内容は、時期や曜日によって変わるかもしれません。

また、情報が更新されておらず古い情報が掲載されっぱなしということも考えられます。

ですから気になる霊園や火葬業者があれば、直接問い合わせてみるとより安心して利用できると言えます。

念のため複数社問い合わせをしておけば、要望を叶えてくれるのか、料金は想定内なのかの判断ができるようになります。

最終的に1社に絞ることで、より後悔や失敗のない葬儀や火葬、お墓がつくれることでしょう。

ペットの墓のまとめ

ペットが亡くなったら、お墓を作ってあげたいと思うのではないでしょうか。

自宅の庭などにお墓を作るのは、なかなか難しいこともあるため、どこかでペットのお墓を作りたいとお考えでしたら、当社にお問い合わせください。

お客様に合ったプランをご提案いたします。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。