1. TOP
  2. BLOG
  3. スコティッシュフォールドが死んだらやる事は?相談して事前に備えよう

BLOG

ブログ

スコティッシュフォールドが死んだらやる事は?相談して事前に備えよう

2021年2月17日

愛するスコティッシュフォールドが死んだら、どうすればいいのか戸惑いますよね。心の整理がつかず悲しみに暮れているかと思います。

 

しかし、スコティッシュフォールドのために落ち着いて正しい安置をしてあげないといけません。また、火葬方法や費用のことなども相談して決めていかなくてはいけません。

 

この記事では、スコティッシュフォールドの安置方法や、安置後にやるべきペット霊園や家族との相談の重要性についてもお話していきます。

 

 

スコティッシュフォールドが死んだらまずやるべきこと

愛するスコティッシュフォールドが死んだら、体が硬直してしまう前にしておかなければいけないことがあります。スコティッシュフォールドが死んだときどうするべきなのか、1つずつご紹介します。

 

スコティッシュフォールドの死亡を確認する

スコティッシュフォールドが息を引き取ったら、辛いですが死亡確認しなければなりません。

 

本当にスコティッシュフォールドが亡くなったどうかを確認する方法は、

 

  • 寝かせた状態でお腹の動きを見て呼吸をしていないか確認
  • 心拍・脈があるか胸に手を当てて確認
  • 片目ずつライトを当て瞳孔の動きを確認(瞳孔が小さくならなければ対以降反射がないということ)

 

この3つの方法で、スコティッシュフォールドの死亡確認を行ってください。

 

呼吸が分かりにくい場合、スコティッシュフォールドの鼻にティッシュを当て、動かなければ呼吸が止まっています。お腹の動きで確認する場合は、お腹が上下に動かなければ息を引き取っています。

 

また、息を引き取っている場合、ライトを当てて瞳孔反射を見ると瞳孔は小さくなることはないでしょう。まずは慌てずに的確な判断をすることが重要です。

 

体と毛並みを整える

スコティッシュフォールドが死亡すると、死後硬直が始まります。小さなペットは人間よりも硬直が早く、1〜2時間で硬直してしまいます。亡くなったらすぐに体を整えてあげることが大切です。

 

スコティッシュフォールドの体を整える手順は、

 

  1. 優しく目・口を閉じさせてあげる
  2. 手や足を丸めて寝かす
  3. ブラッシングをして毛並みを整える
  4. 濡れたタオルで体を拭く

 

この手順で、スコティッシュフォールドの体を整えてあげてください。

 

目や口を閉じてあげても開いてしまう場合は、布やゴムで固定してあげてスコティッシュフォールドの硬直後に取り外してあげましょう。

 

安置する

スコティッシュフォールドの体を整えたら、棺桶に安置してあげます。

 

スコティッシュフォールドの遺体を安置するために用意するものは、

 

  • ペットシーツ
  • タオル・毛布
  • ドライアイス

 

これらを用意します。スコティッシュフォールドの棺は丈夫な物を用意してあげてください。また、ダンボールを棺にする場合は火葬がそのままできないペット霊園もありますので、事前に確認しておきましょう。

 

そして、段ボールにペットシーツを敷いて、タオルや毛布を敷いた上にスコティッシュフォールををそっと寝かせてあげましょう。腐敗しないように、スコティッシュフォールドのお腹と脇にドライアイスを挟みます。冬場は冷えたお部屋で安置するので、保冷剤でも代用可能です。

 

夏場はドライアイスで対応し、クーラーなどで室温を20度以下に保ことで、2〜3日は自宅で安置することも可能です。

 

 

スコティッシュフォールドが死んだらペット霊園に問い合わせよう

スコティッシュフォールドが死んだら死亡確認をし、無事に棺に安置できたらペット霊園に問い合わせましょう。スコティッシュフォールドの火葬・葬儀・納骨について相談し、葬儀の日程を決めます。

 

安置方法が間違っていないかを確認

まずは、スコティッシュフォールドが適切に安置できているかペット霊園に聞いてみましょう。正しく安置できていない場合、腐敗が進んでしまうこともあるので、専門の方に聞くことで安心できます。

 

また、夏場などで自宅での安置が不安な場合、ペット霊園の霊安場所で安置してもらえるところもありますので、相談してみるといいですよ。

 

スコティッシュフォールドの供養方法を相談

スコティッシュフォールドが死んだら、ペット霊園で火葬・納骨方法・料金について相談しましょう。スコティッシュフォールドの葬儀や納骨方法は様々あり、個別葬儀もできますので、家族と相談しながら決めてくださいね。

 

また、オンライン葬儀を実施しているペット霊園もあります。オンライン葬儀ですと、遠方に住む家族もスコティッシュフォールドの葬儀にも参加できます。

 

近くにペット火葬場がない場合でも、ペットをお迎えに来てくれるところもあったり、県外でも受け付けてくれるところもあります。ですので、お住いの場所関係なく希望のペット霊園を選択することもできます。

 

🐈オンライン葬儀についてはこちら

 

葬儀について家族とじっくり相談することも大切

スコティッシュフォールドとのお別れは辛いですが、悔いの残らないお別れを考えなくてはなりません。スコティッシュフォールドが終末期を迎えたら、生前相談できるペット霊園もありますので、葬儀方法や料金などを問い合わせましょう。

 

その上で、しっかり家族で話し合っておくのもいいと多います。看取り方はどうするか、葬儀はどのような形で行うか決めておくことで、いざという時に落ち着いて対応できます。

 

スコティッシュフォールドとのお別れが、悔いの残らないように備えておきましょう。

 

🐈生前相談についてはこちら

 

まとめ

愛するスコティッシュフォールドとの別れはとても辛いですが、落ち着いて正しく対処してあげなくてはいけません。

 

死亡確認を行なってから、死後硬直が始まる前に素早く体を整えて棺に安置してあげる必要があります。気が気ではないと思いますが、愛するペットのために慌てている暇は一瞬たりともないのです。

 

ペット霊園では火葬・納骨などペットの供養に関すること全般に相談をすることができますよ。悔いのない最善のお別れの仕方を相談し、ペットや飼い主様にとってぴったりの供養方法を選択してあげましょう。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料