1. TOP
  2. BLOG
  3. ポメラニアンの火葬の準備とは?死の予兆が見えたらやりたいこと

BLOG

ブログ

ポメラニアンの火葬の準備とは?死の予兆が見えたらやりたいこと

2021年3月22日

ポメラニアンが亡くなった後、火葬して弔う方が増えてきています。それに伴い、ペット霊園や訪問火葬業者も増加傾向にあります。

 

ポメラニアンを火葬するときに業者の違いがわかっていると、たくさんある火葬業者のなかからの適切に選ぶことができます。

 

また、ポメラニアンの寿命やかかりやすい病気を知ることで、死の予兆がみられたときに死後何を準備すれば良いかがわかるようになり、最後の時も穏やかに過ごすことができますよ。

 

 

ポメラニアンの平均寿命やかかりやすい病気とは

ポメラニアンはどのくらい生きられる犬種で、かかりやすい病気はあるのでしょうか。これらを知ることで、死につながる病気を防いであげられることはもちろん、死後の準備を予め備えておくことができます。

 

ポメラニアンの平均寿命・最高齢を知ろう

ポメラニアンの平均寿命は12〜15歳くらいです。近年、ドッグフードや医療の質が上がっているので、長生きする子が増えています。

 

ポメラニアンの最高齢は20歳です。以下のかかりやすい病気を知っておくことで、ポメラニアンの子をできるだけ健康で長生きさせてあげることもできます。

 

ポメラニアンのかかりやすい病気

気管虚脱

気管が潰れてしまい、呼吸困難になる病気です。

 

ヒューヒュー、ゼーゼーとした呼吸音がでてきたら、すぐに獣医師に相談しましょう。ひどくなると、手術をしなくてはなりません。

 

骨の病気

膝蓋骨が脱臼する病気にかかりやすいです。

 

膝蓋骨の脱臼もひどくなると、歩行ができなくなる恐れがあります。日常生活の中でジャンプをさせないことが重要です。

 

また、環軸亜脱臼という首の骨の病気にもかかりやすく、ポメラニアンは超小型犬なので、飼い主様を見上げたりするときに首に負担がかかりやすいのが特徴。

 

日頃から飼い主様がしゃがんであげたりして、目線を合わせると良いでしょう。

 

ポメラニアンは突然死することも?

心臓の病気や中毒によって、突然死するポメラニアンがいます。大切なポメラニアンが突然死すれば、ショックが大きいですよね。

 

大森ペット霊堂では、葬儀などの相談を24時間年中無休で行っていますポメラニアンの火葬を準備していなかった場合でも、ご遺体の安置方法から丁寧にお伝え致します。

 

ご不安なことがある場合には、お一人で悩まずお気軽に大森ペット霊堂にご相談ください。どんな時でも寄り添ってご対応ができますように、スタッフ一同精一杯お気持ちを込めてご案内させていただきます。

 

🐶大森ペット霊堂へのご相談はこちら

 

 

ポメラニアンの3つの火葬方法のメリット・デメリット

ポメラニアンの火葬方法は主に3つあります。それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

ペット霊園での火葬

メリット

ポメラニアンを火葬するだけではなく、火葬前の葬儀を行うことができます。大森ペット霊堂では、火葬までの間に霊安室を利用することもできるので、ご自宅での安置が難しい方にや火葬までの都合がつきにくい方にも選ばれています。

 

また、ポメラニアンを火葬した後の供養も充実しており、納骨堂で供養し、周忌法要・供養祭も行っています。火葬前から納骨、その後の供養まで対応させていただいております。

 

デメリット

他の火葬方法と比べると、火葬費用がかかることが多いです。しかし、手厚く供養ができるという面ではデメリットも払拭できる内容といえます。

 

人間の葬儀のように手厚い供養をしてあげたい方には、ペット霊園での火葬がおすすめです。

 

訪問火葬業者による火葬

メリット

火葬場所が近くにない場合や時間の都合がつかない場合に、飼い主様の都合に合わせて火葬車が自宅の前等の記号の場所に来てくれます。

 

デメリット

訪問火葬業者では、利益目的でしか経営していないような悪徳な業者もいるので注意が必要です。もともとのプランにはない高額な料金を請求されるというケースも実際事件としてありました。

 

また、火葬車から臭いや煙がでないと聞いていても、実際には臭いがでてしまい、近隣住民とのトラブルに発展することもあります。

 

自治体による火葬

メリット

ポメラニアンを火葬する料金を、かなり抑えられます。

 

デメリット

自治体によっては、ご遺体が廃棄物として処理されることがあります。他のペットとの合同火葬なので、ご遺骨は返還されません。合同墓地などもないところがほとんどで、火葬後の供養ができないのが現状です。

 

 

これら3つの火葬方法を比較すると、火葬費用は少し高くてもペット霊堂でポメラニアンを手厚く供養してあげることが、ペットや飼い主様にとって最適な方法といえます。

 

安くて都合がつきやすいという理由だけで火葬方法を選んで、「もっとちゃんと丁寧に供養してあげればよかった」と後悔する方が実際に多くいらっしゃいます。

 

大切なペットのお見送りは、何度もやり直せるものではありません。一度火葬をしてしまえば、どんなに願ってももうペットは元の姿には戻らないのです。

 

火葬業者を選ぶ際にはしっかりリサーチをしたうえで、飼い主様に最適な供養方法をしている火葬業者を探すことがとても重要です。

 

 

ポメラニアンの死の予兆がみえたら準備したいこと

ポメラニアンは亡くなる前に、見せる予兆があります。死の予兆が見えたら、やっておきたいことがあります。

 

ポメラニアンの死の予兆とは

  • ・食欲が低下する
  • ・寝ていることが多くなる
  • ・呼吸が不規則になる
  • ・嘔吐や下痢が増える

 

このような症状が出ていると、死が近づいているかもしれません。

 

死の予兆が見えたら火葬・葬儀プランを考える

ポメラニアンの死の予兆が見えてきたら、火葬・葬儀プランを考えておきましょう。火葬・葬儀を行うことで、飼い主様の心が落ち着くことがあります。

 

大森ペット霊堂では、生前相談ができます。ご家族様のご希望に合わせた最適なプランをご提示させたいただきます。施設の案内も可能ですので、相談だけでもお気軽にお問い合わせください。

 

家族や医師と相談しておく

死期が近づいてきたかもと感じたら、ご家族様で相談しておくことがあります。

  • ・看取り方をどのようにするか
  • ・ポメラニアンの火葬や葬儀に誰が参加するのか

ご家族様の間で意見があれこれ分かれてしまうと、火葬直前に慌ただしくなってしまいます。

 

また、かかりつけの獣医師がいれば、話し合っておきたいことがあります。

  • ・最後をどのように見送りたいか
  • ・延命措置などの医療処置をどうしたいか

ポメラニアンの子を想い、ご家族様が納得した状態で死を迎えてあげるのがその後の供養にもつながります。

 

 

まとめ

最近では、ポメラニアンを火葬をして供養する方法が増えています。ポメラニアンの火葬方法はペット霊園・訪問火葬・自治体と大きく分けて3つあります。

 

大森ペット霊堂では、火葬・葬儀のプランをそれぞれの飼い主様に合わせられるよう数多くご準備させたいただいており、その後の供養まで一貫して行っております。

 

ポメラニアンの死期が迫ってくると、みせる兆候があり元気がなくなってきたら、死の準備をしておくと良いです。大森ペット霊堂では、生前相談も行っておりますので、お気軽ご相談ください。ポメラニアンが安心して旅立てるように、ご家族様が納得できる火葬をお手伝いたします。

 

🐶大森ペット霊堂のHPはこちら

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ