1. TOP
  2. BLOG
  3. 老犬がご飯を食べないのはなぜ?余命は近いのか?

BLOG

ブログ

老犬がご飯を食べないのはなぜ?余命は近いのか?

2021年5月28日

老犬がご飯を食べないのはなぜ?余命は近いのか?

「愛犬がご飯を食べないからすごく心配…」
「老犬がご飯を食べなくなるのは余命が近いから…?」
愛犬の最期が近づいてくることを知れば、どなたでもそばにいてあげたいと思うものです。また、ご飯が大好きな愛犬なのに、急に食欲がなくなってしまえば心配で不安になることでしょう。

今回は、東京都大田区にある大森ペット霊堂より、「老犬がご飯を食べないのはなぜ?余命が近いのか?」というテーマでお届けしていきます。

老犬がご飯を食べない原因

まずは、老犬がご飯を食べない原因から見ていきましょう。

病気が原因でご飯を食べない

ご飯を食べないだけでなく、元気がなくぐったりしていたり、下痢や嘔吐をしているという症状が見受けられれば、胃腸の不調など病気になっている可能性が考えられます。

老犬の病気を重症化させないためにも早期発見と早期対応が大切ですので、なるべく早く病院へ受診するようにしましょう。

老化が原因でご飯を食べない

犬も人間と同じように、年を取るにつれて筋力や代謝、消化機能が低下します。そして、必要となる運動量やカロリーも次第に減っていきますので、ご飯を食べる量が減っていくのは自然なことと言えます。

食事を口にしなくなるようであれば、シニア犬用のドッグフードに変えたり、温めてやわらかくすると良いでしょう。

老犬が全くご飯を食べないのは余命が近い?

ご飯を全く食べなくなったり、水を少ししか飲まなくなったりするのは、余命が近い兆候であると言われています。全く食べなくなってから点滴などの処置を行っていなければ、体力の残る限り…という状況ですので、飼い主の方は心の準備をする必要があります。

あらゆる工夫をしても口にできなければ、かかりつけの病院にすぐ受診しましょう。もしかすると、点滴などで回復する見込みがあるかもしれません。

老犬の余命の兆候について

余命が近くなっているサインは、ご飯を全く食べなくなるだけでなく他にも挙げられます。食欲不振に併せて散歩へ行きたがらなくなったり、寝てばかりいる。

呼吸が不規則になって呼びかけに応じなくなる。痙攣や震えが起こったり、目の焦点が合わなくなる等です。余命の兆候に気付けば残りの時間を大切にし、時間の許す限りそばにいてあげましょう。

愛犬を看取る準備

余命が近くなれば愛犬が亡くなったあとの事を考え、葬儀や埋葬の準備をしなければなりません。庭があればご自宅に埋葬するのも良いですし、賃貸やマンションにお住まいであればペット霊園を検討しましょう。

ペット霊園と一口にいっても数多く存在しますが、対応から料金までさまざまですので、パンフレットを取り寄せたり、ホームページからお問合せをして事前の用意をしておきましょう。

まとめ:老犬がご飯を食べないのはなぜ?余命は近いのか?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・老犬がご飯を全く食べないのは病気の可能性がある
・老犬になると基本的に食欲が低下する
・老犬が全くご飯を食べなくなれば病院へ行くこと
・余命が近くなれば葬儀や埋葬について考える

以上の点が重要なポイントでした。生き物には寿命がありますので、そのときになれば現実として受け入れなければなりません。

もう最期かもしれないと感じれば少しでもそばにいてあげ、今までの思い出とともに、温かな時間を過ごしてあげましょう。

東京のペット葬儀・火葬・供養・霊園をお探しなら大森ペット霊堂まで

東京都大田区にある大森ペット霊堂は、葬儀・火葬・供養を執り行っており、これまで数多くの動物達のお見送りをしてまいりました。東京で心の籠ったペット葬儀をご希望の方は、大森ペット霊堂までお気軽にご連絡くださいませ。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ