1. TOP
  2. BLOG
  3. ペットを亡くしたら、必ず追悼をしてください
BLOG
ブログ

ペットを亡くしたら、必ず追悼をしてください

2023年6月8日

ペットが亡くなったら

ペットを亡くした際に家族が行えるいくつかの方法をお伝えします。

思い出を振り返る

家族は一緒にペットと過ごした思い出を振り返ることができます。写真やビデオを見たり、お気に入りのエピソードや特別な瞬間を共有しましょう。それぞれが思い出を語ることで、ペットとの絆や幸せな時間を再び感じることができます。

文章や手紙を書く

家族の一人一人がペットに対する感謝や思いを文章に綴ることができます。手紙や詩、追悼文などを書くことで、ペットへの愛情や感謝を表現することができます。それぞれが自分の思いを言葉にすることで、心の整理や感情の解放が促されることもあります。

追悼記事やブログを作成する

家族で協力して、ペットの追悼記事やブログを作成することもできます。ペットがどれだけ特別であり、家族にどのような影響を与えたかを記録しましょう。それをオンライン上で共有することで、他の人々とペットの思い出を分かち合うことができます。

クリエイティブなものを形として残す

家族の中には、絵画、彫刻、写真、音楽などのクリエイティブな表現が得意な人がいるかもしれません。ペットを題材にした作品を制作して、その存在や思い出を表現することができます。それぞれの得意な表現方法を活かして、ペットへのオマージュを作り上げましょう。

慈善活動や寄付を行う

ペットを亡くした悲しみを他の動物たちや飼い主たちの支援につなげることもできます。家族で慈善活動や動物保護団体への寄付を行うことで、亡くなったペットの名前を継続的に記念することができます。ペットの喪失をプラスの行動に変えることで、癒しや意義のある活動を実現できるでしょう。

これらは家族がペットの喪失を受け入れ、悲しみを共有し、癒しの過程を進めるためのいくつかの方法です。ただし、各家族の状況や個人の感じ方によって異なるアプローチが必要かもしれません。感情や思いに寄り添いながら、自分たちに最適な方法を見つけてください。

 

ペットの葬儀を行う

ペットの葬儀は、ペットが家族の一員として大切な存在であるため、多くの人々にとって重要なイベントです。以下に、一般的なペットの葬儀に関する情報を提供します。

葬儀の形式

ペットの葬儀にはいくつかの形式があります。一般的な方法としては、次のようなものがあります。

個別火葬

ペットの遺体を火葬し、個別の骨壷に納める形式です。。

合同火葬

複数のペットを一緒に火葬し、共同の埋葬場所に埋める形式です。遺体の処理や埋葬場所の手配が行われます。

ペットの火葬後の骨壷受け渡し

ペットを火葬し、その後骨壷を受け取る形式です。家族は骨壷を自宅や特定の場所に保管することができます。

葬儀の場所

ペットの葬儀は、個別に選ばれた場所で行うことができます。一般的な場所としては、以下のようなものがあります。

動物葬儀施設(火葬なし)

専門の動物葬儀施設でペットの葬儀を行うことができます。施設には葬儀式場や埋葬場所が備わっており、専門のスタッフがサポートします。

自宅(葬儀のみ)

ペットの葬儀を自宅で行うこともできます。庭や特定のスペースを使って、家族だけで静かに葬儀を執り行うことができます。

ペット霊園(火葬場有り)

動物霊園はペットの埋葬場所として利用されることがあります。美しい環境でペットを埋葬し、訪れることができる場所です。葬儀だけでなく、ペットの火葬まで一貫して行われます。

葬儀のセレモニー

ペットの葬儀では、セレモニーを行うことが一般的です。家族や友人が集まり、ペットに対する感謝の気持ちや思い出を共有します。セレモニーの内容は個々の希望や信念によって異なります。例えば、祈りや詩の朗読、音楽の演奏、ペットの写真やおもちゃの展示などが行われることがあります。

追悼

ペットの葬儀後、家族はペットを追悼し、記念する方法を選ぶことができます。例えば、ペットの名前を冠した記念碑や慈善活動を行う、ペットの写真や思い出を飾った特別な場所を作るなどがあります。追悼と記念は、ペットとのつながりを大切にするための手段となります。

 

以上が一般的なペットの葬儀に関する情報です。地域や文化によって異なる場合があるため、具体的な手続きやオプションについては、ペット霊園が詳しく情報を持っていますので、地域の霊園に問い合わせることが良いでしょう。

ペットの火葬、納骨について

ペットの火葬と納骨に関して、いくつかの選択肢があります。以下に一般的な選択肢を示します。

個別火葬と個別納骨

ペットの遺体を個別に火葬し、その後個別の骨壺に納める方法です。遺骨は家族が保管したり、特定の場所に埋葬することができます。個別火葬と納骨は、ペットへの最大限の個別の敬意を示す方法です。

共同火葬と共同納骨

複数のペットを一度に火葬し、共同の場所に納骨する方法です。共同の墓地や霊園などに遺骨が収められます。共同火葬と共同納骨は、葬儀の費用を節約することができる場合があります。

火葬後の骨壷受け渡し

ペットを火葬した後、遺骨を受け取るだけで、納骨は行わない方法です。遺骨は家族の手元に保管され、特定の場所に埋葬するか、別の形で追悼することができます。

ペットの骨は自宅で保管していいの?

ペットのお骨を自宅で保管することは、基本的には問題ありませんが地域柄、必ず納骨する風習のある地域もありますのでご確認ください。

また、自宅での遺骨の保管にはいくつかの要件や注意点が存在する場合があります。以下のことに注意してください。

遺骨の適切な保管

遺骨は適切な骨壺に納める必要があります。遺骨を保管する骨壺は、耐久性があり、密閉されていることが望ましいです。

家族の感情や思い出の場所

遺骨を自宅で保管することは、家族がペットとの思い出やつながりを感じる場所となるかもしれません。それによって、ペットの追悼も家族様でいつでもできます。

家族や訪問者への配慮

遺骨が自宅に保管されている場合、家族や訪問者に対して十分な説明や配慮をすることが重要です。遺骨の存在や保管場所について、家族や友人との間でコミュニケーションを取ることが望ましいです。

 

以上の点を考慮した上で、ペットのお骨を自宅で保管するかどうかを決めることが重要です。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料