1. TOP
  2. BLOG
  3. 亡くなったヘビへの最期の愛情 – ヘビの火葬とお別れの方法
BLOG
ブログ

亡くなったヘビへの最期の愛情 – ヘビの火葬とお別れの方法

2024年5月13日

 

ペットを亡くすのは辛いものですが、ヘビを含むあらゆるペットの命に感謝し、心を込めて適切な方法で供養することが大切です。ヘビの火葬や遺骨の取り扱い、供養の仕方など、大切なヘビとのお別れの際に必要な情報をご紹介します。

 

ヘビの火葬は可能なのか?

ヘビも他の動物と同様に、ペット火葬業者で火葬が可能です。多くの飼い主さんが、ヘビも家族の一員として適切な形で火葬し、供養したいと考えています。

ヘビや他の爬虫類は、腐敗が比較的早く進行すると言われています。そのため、火葬を行う際には以下の点に注意する必要があります。 – できる限り早めに火葬を行うことが推奨されています。ヘビの火葬を自分で行うことはできませんので、専門の業者に依頼する必要があります。

ヘビや他の爬虫類の火葬では、遺骨を綺麗に残すことができますが、非常に小型な種類では遺骨が綺麗に残らない業者もあります。事前にヘビの火葬をしっかりと対応ができる葬儀会社に確認することが安心です。

 

以上がヘビの火葬に関する基本的な情報です。

 

 

ヘビの火葬の流れ

ヘビの火葬を行う際には、以下の手順を順番に進めます。

 

死亡確認をする

まずは、必ずヘビが死亡していることを確認しましょう。ヘビが冬眠している可能性がある場合でも、死亡を確認することは重要です。以下の点を確認しましょう。

  • ・ヘビが眠っている状態であるか
  • ・浅い呼吸をしているか、呼吸や反応がないか

もしヘビが亡くなっている場合は、できるだけ早めに遺体処置を行いましょう。

 

安置する

ヘビの遺体処置を行う前に、死後硬直前の姿勢でヘビを安置します。以下の手順を守って安置しましょう。

  1. ・タオルやペットシートを敷いた上にヘビを寝かせる
  2. ・ヘビの身体はデリケートな生き物なので、優しく扱う

ヘビの遺体は腐敗しやすいので、できるだけ早めに遺体処置を行うことが大切です。

 

火葬サービスに火葬を依頼する

ヘビの火葬を行ってくれる火葬業者に連絡し、火葬の予約を行います。以下の手順を守って依頼しましょう。

  1. ・火葬場を選ぶ
  2. ・火葬の日程を確認する
  3. ・火葬場に遺体を預ける、または自宅に迎えに来てもらう

火葬の準備が整ったら、火葬業者に遺体を預けます。

 

ヘビの火葬なら爬虫類専門家を有する大森ペット霊堂へ

 

火葬を実施する

火葬当日は、火葬場の指示に従いましょう。爬虫類の大きさによって火葬にかかる時間は異なりますので、それに合わせて待機しましょう。

もし火葬を立ち会いたい場合は、時間に余裕のあるスケジュールを組むことが大切です。

 

火葬後正しく供養する

火葬が終わった後は、遺骨を正しく供養しましょう。以下の点に注意しながら供養しましょう。

  1. ・遺骨の納骨場所や供養方法を選ぶ際は、自身が納得できるものを選ぶ
  2. ・納骨堂や墓地を利用する場合は、距離や管理費などを確認しておく
  3. ・手元供養を行う場合は、じっくり時間をかけて供養方法を考える

ヘビが家族の一員であった場合、お別れの際には感謝の気持ちを忘れずに、丁寧な遺体処置や供養を行いましょう。

 

 

火葬後の遺骨の扱い

火葬後、ヘビの遺骨の取り扱いは非常に繊細です。遺骨を適切に扱うことで、ヘビの供養を行うことができます。以下に、遺骨の扱い方についていくつかの選択肢をご紹介します。

 

納骨

遺骨を納骨場所に収めることで、ヘビの供養を行うことができます。ペット霊園では、納骨堂や墓地が提供されています。納骨場所では、定期的なお参りや清掃が行われ、遺骨を安心して供養することができます。納骨場所を選ぶ際には、自宅からの距離や管理費にも配慮しましょう。

 

手元供養

遺骨を自宅などで手元供養することもできます。遺骨を特別な入れ物に入れ、自宅に保管します。手元供養では、ペットとの思い出にゆっくりと浸ることができます。多くの人々に選ばれる方法です。

 

散骨

遺骨を自然に還す方法として散骨があります。海や山などの自然な環境で遺骨を散らすことで、ペットの魂を解放することができます。ただし、散骨を行う場所には制限があるため、事前に確認が必要です。

 

これらの方法から、ヘビへの最後の供養をできるご自身の気持ちを尊重して選びましょう。具体的な遺骨の扱いに関しては、ヘビの火葬を利用する業者へ相談することができます。

 

 

ヘビの火葬に係る費用

ヘビの火葬にかかる費用は、業者によって異なることがありますし、大きさによっても異なります。以下に、いくつかの業者の価格例をご紹介します。

 

  • ボールパイソン(1.3mほどの場合)
  • A社:19,800円
  • 大森ペット霊堂:22,000円
  • C社:24,200円

おおよそ2万円程度でヘビの火葬ができるようです。

火葬費用には、以下のようなサービスが含まれます。

  1. ・火葬の実施
  2. ・遺骨の受け取り(受け取らず、納骨することも可能)

また、火葬後の遺骨の扱いについても、様々な選択肢があります。ご家族のご希望や亡くなったヘビに対する思いに合わせて、適した方法を選ぶことができます。

 

火葬業者によっては、骨壺や遺骨カプセルを提供している場合もあります。ヘビの形をした骨壺や遺骨カプセルもあります。そして、パウダー加工や陶器加工などの選択肢もあります。

ただし、メモリアルダイヤモンドへの加工は、ヘビなどの爬虫類には難しい方法とされていますが、ボールパイソンのようなニシキヘビクラスであればお骨も多くあるので可能です。

ですが、ダイヤモンド加工には最低でも40万円の費用がかかるため、注意が必要です。

ヘビの火葬は他のペットと同様に行うことができますが、腐敗の進行が早いため、なるべく早めの火葬をおすすめします。

 

以上がヘビの火葬に係る費用についての概要です。ご家族の亡くなったヘビに対する思いやご希望に合わせて、適切な火葬方法と費用を選ぶことが大切です。

 

 

ヘビの供養の仕方

ヘビの供養方法には、さまざまな選択肢があります。以下では、ヘビの供養方法をいくつか紹介します。

 

火葬による供養

火葬は、ヘビの供養方法の一つです。ペット霊園で火葬を行うことができます。ヘビは繊細な遺骨ですので、必ず火葬炉のグレードが高い固定炉を持つペット霊園施設でやりましょう。火葬では、ヘビの遺体を火で弔い、遺骨を残すことができます。

 

納骨による供養

納骨とは、遺体をお墓や墓地に納めることを意味します。ペット霊園や寺院などで行われることが一般的です。火葬を行った後に行うことができます。

 

散骨による供養

散骨は海や山など、大自然の場所に遺骨をまくことです。ヘビの場合、元々の生息地は山間部が多いので、山への自然葬が一般的です。大自然に還ることで新たな命の循環を感じることができます。

 

手元供養による供養

手元供養は、自宅などで遺骨を保管し、個別に供養する方法です。手元供養は、個別の感謝や記念として行われることが多く、ヘビとの絆を大切にする方に向いています。

 

これらの供養方法の中から、自分やヘビとの関係に合う方法を選ぶことが大切です。ヘビの供養は、ヘビの存在を大切に思い、心を込めて行うことが最も重要です。

 

 

まとめ

ヘビを愛し、家族の一員として接してきた飼い主の方にとって、ヘビの火葬と供養は、大切な最期のお別れの機会です。早めの遺体処置、専門業者への依頼、遺骨の供養方法の検討など、ヘビの最期を丁寧に送ることができます。自身のペットに対する思いを大切にしながら、さまざまな供養の方法の中から、心に寄り添うものを選んでいくことが重要です。ヘビとの思い出を胸に、最期の別れを果たすことができるよう、適切な準備と供養を行いましょう。

 

大森ペット霊堂には爬虫類専門のスタッフがいますので、綺麗な遺骨に残す技術、そしてヘビに心から尊厳を持って火葬をしております。ヘビでも種類によって大きさや個体性が異なることを正しく理解をしているからこそ、多くのヘビの愛好家から選ばれています。ご不安のことや、万が一のことがありましたら、何なりとご相談くださいませ。

 

よくある質問

 

ヘビの火葬は可能なのか?

ヘビも他の動物と同様に、ペット火葬業者で火葬することができます。ただし、ヘビは腐敗が早いため、できるだけ早めに火葬を行う必要があります。また、自分で行うのではなく、ヘビを対応する火葬業者に依頼する必要があります。

 

ヘビの火葬の流れはどのようになるのか?

まずは死亡を確認し、遺体を安置します。次に火葬サービスに依頼をして、指示に従って火葬を実施します。火葬後は、遺骨の納骨や手元供養、散骨など、自身の希望に合わせた供養方法を選んでください。

 

ヘビの火葬にはどのくらいのコストがかかるのか?

ヘビの火葬にかかる費用は、概ね2万円前後です。この費用には火葬の実施と遺骨の受け取りが含まれます。遺骨の扱い方によっては、別途費用がかかる場合もあります。ヘビの遺骨は繊細なので、グレードの高い固定炉を所有するペット霊園での火葬が安心です。

 

ヘビの供養の仕方は?

ヘビの供養方法には、火葬による供養、納骨による供養、散骨による供養、手元供養による供養などがあります。自分やヘビとの関係に合った方法を選ぶことが大切です。大切なのは、ヘビの存在を思い、心を込めて供養することです。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料