1. TOP
  2. BLOG
  3. 愛犬との最期の別れ、東京で心残らずペット火葬場を
BLOG
ブログ

愛犬との最期の別れ、東京で心残らずペット火葬場を

2024年5月13日

 

ペットとの最期の別れは、愛する家族を亡くすのと同じくらい辛いものです。ペットの火葬場は、大切な思い出を胸に刻み、ペットに感謝の気持ちを伝える大切な儀式です。東京都内でペットの火葬場を検討されている方に、火葬の選び方、費用相場、火葬場に関する総合的な情報をお届けします。

 

東京都でペットの火葬場所を選ぶポイント

東京都でペットの火葬場を選ぶ場合、2つの選択肢があります。それは、ペット霊園と移動火葬車です。どちらを選ぶかは、以下の理由や希望に基づいて決めることができます。

 

霊園を選ぶメリット

  • 手厚く見送りの時間がある:霊園では人同様の火葬設備を所持しているため、お骨が綺麗に残ります。ペットに心を込めて最後の別れをすることができます。

 

移動火葬車を選ぶメリット

  • 安く済ませたい方に:移動火葬車では、安価でペットの火葬を行うことができます。

デメリット

お骨が綺麗でないことが多い。近隣トラブル、警察を呼ばれることが多く火葬を中断、火を途中で止めるなどの弊害。

 

立会個別火葬を選ぶメリット

  • 火葬場まで付き添い骨上げをしたい方:立会個別火葬では、火葬場まで付き添い骨上げをすることができたり、自宅でペットを供養することができます。

 

合同火葬を選ぶメリット

  • 他のペットたちと一緒に供養したい方や費用を抑えたい方におすすめ:合同火葬では、他のペットたちと一緒に供養を行うことができます。また、費用を抑えることもできます。

 

さらに、東京都ではオンライン葬儀を行っている大森ペット霊堂など施設もあります。オンラインプランでは、ネット上でペットの葬儀を見ることができます。特に現在のコロナ禍でだった際は、オンラインプランを選ばれていました。

 

以上が東京都でのペットの火葬場やメリットについての解説です。自分の希望や状況に合わせて最適な選択をしましょう。お問い合わせや検討の際には、それぞれのメリットやデメリットを考慮し、自分に合った選択をすることが大切です。

 

 

ペット火葬場の方式とメリット・デメリット

ペットの火葬場を選ぶ際には、火葬の方式を選ぶことが重要です。以下では主なペット火葬の方式とそれぞれのメリット・デメリットについて詳しく説明します。

 

個別立会火葬

個別立会火葬は、ペットの火葬時に家族が立ち会う方式です。この方法では、ペットの最後の瞬間を家族と一緒に過ごすことができます。また、感謝の気持ちを伝えることもできます。

個別立会火葬のメリットは以下の通りです。

  • 家族がペットの最後の瞬間に立ち会うことができる
  • 感謝の気持ちを伝えることができる

ただし、火葬場の場所や施設によっては、立ち会いができない場合があるため、注意が必要です。

 

個別一任火葬

個別一任火葬は、ペットの火葬場に立ち会わずに、火葬業者に一任する方式です。火葬後、骨壺を受け取ることができます。

個別一任火葬のメリットは以下の通りです。

  • 火葬に立ち会うことができなくても、骨壺を受け取ることができる

 

しかし、火葬場に立ち会うことができないため、感謝の気持ちを直接伝えることはできません。また、火葬業者によっては、骨壺の受け取りに別途料金がかかる場合があることも注意が必要です。

 

合同火葬

合同火葬は、複数のペットをまとめて火葬する方式です。この方法ではペットの遺骨を受け取ることはできませんが、費用を抑えることができます。

合同火葬のメリットは以下の通りです。

  • 火葬費用が比較的安くなる
  • 火葬の手続きが簡単になる

ただし、個別一任火葬と同じように火葬場に立ち会うことができないため、感謝の気持ちを直接伝えることはできない上、遺骨を受け取ることもできません。

 

火葬車と固定炉

ペットの火葬場を選ぶ際、火葬車と固定炉の2つの選択肢があります。

 

火葬車のメリット・デメリット

  • メリット: 費用が割安である
  • デメリット: 遺骨が綺麗ではない、人目を気にしなければならない、警察を呼ばれることがある

 

固定炉のメリット・デメリット

  • メリット: 火力があるので大型犬も対応可能、葬儀に集中できる、遺骨が綺麗に残る
  • デメリット: 費用が割高になる、営業時間が限られているところがある

 

ペット火葬の方式や火葬の場所にはそれぞれメリット・デメリットがあります。ペットの最後のお別れの方法や予算に合わせて選ぶことが重要です。

 

 

東京都のペット火葬場の費用相場

東京都のペット火葬場の費用は、以下の要素によって異なります。

特に東京都のペット火葬場の料金は、表記価格よりも1万円〜2万円高くなることがありますので、亡くなったペットの葬儀を円滑に行うためにも、あらかじめ費用相場を把握しておくことが重要です。

 

東京都のペット火葬の費用相場

以下では、ペット火葬の費用相場を3つのカテゴリーに分けます。

  1. 小動物(1kg以下):小鳥やハムスター、モルモットなど、1kg以下の小動物の火葬費用は約5,000円〜2万円程度です。小動物でも家族の一員であることを考えると、価格だけでなく満足できる葬儀プランを選ぶことをおすすめします。
  2. 小型犬、猫、ウサギ、フェレットなど:チワワやミニチュアダックスフンド、猫、ウサギ、フェレットなどの火葬費用は、1万5,000円〜5万円程度です。
  3. 中型犬・大型犬:中型犬や大型犬(例: ラブラドールレトリーバーやセントバーナード、土佐犬)の火葬費用は、3万円〜8万円程度です。ただし、30kg以上のペットの場合は、業者によっては火葬不可の場合もありますので、事前に相談が必要です。

 

ペット火葬の火葬方法別の費用相場

ペット火葬には以下のような方法があり、それぞれの費用相場を説明します。

  1. 立会個別火葬:立会個別火葬は、飼い主がペットの亡骸を見送る形式の火葬方法です。小動物や小型犬の場合、火葬費用は2万円〜4万円程度です。中型犬や大型犬の場合は、一般的に4万円〜8万円程度です。

 

火葬方法やペットの体重によって費用が異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

以上が、ペット火葬の費用相場に関する解説でした。実際の料金は業者や選択したオプションによって異なりますので、詳細な情報は各業者のウェブサイトなどを参考にしてください。

 

ペットのお葬式・斎場に他のペットも連れて行っても良い?(同伴・参列)

 

東京都のペット火葬場の事前準備と当日の流れ

東京都のペットを火葬場を選ぶ前には、いくつかの事前準備が必要です。また、火葬当日の流れも理解しておくことが重要です。以下では、ペット火葬の事前準備と当日の流れについて詳しく説明します。

 

事前準備

ペット火葬場を選ぶ前に、以下の事前準備を行ってください。

 

ペットの安置方法

ペットが亡くなったら、一時的にご自宅でペットを安置することができます。以下は、ご自宅でのペットの安置方法の一例です。

  • ダンボール箱などを用意します。
  • タオルやガーゼ、毛布やバスタオルも用意します。
  • ペットシートやビニールも準備します。
  • 保冷剤や氷を準備しておきます。

これらの準備を整え、ペットを適切に安置しましょう。

 

ペットと一緒に火葬するものの用意

ペット火葬の際に、ペットと一緒に火葬するものを準備することもできます。以下は、一緒に火葬するものの例です。

  • お花
  • 好きな食べ物
  • 小さな愛用品(金属やプラスチック類は火葬できません)

 

ただし、ペット霊園やプランによっては一緒に火葬できない場合もあるので、事前に確認しましょう。

 

 

死亡届や鑑札の提出手続き(犬の場合)

ペットが犬の場合は、死亡届や鑑札の提出手続きが必要です。以下の2つの書類が必要です。

  • 犬の死亡届出書
  • 鑑札と狂犬病予防注射済票

手続きは、各自治体の動物保護センターや役所で行うことができます。手続きの期限は特に設けられていませんが、手続きを怠ると毎年3月に狂犬病予防注射案内通知書が届くので、注意が必要です。

 

マイクロチップ登録情報(犬・猫の場合)

犬や猫をペットショップで購入した場合、マイクロチップの登録情報を確認する必要があります。マイクロチップの登録年月日を確認し、最新の情報に更新しておく必要があります。

 

当日の流れ

ペット火葬を依頼する場合の当日の流れは以下の通りです。

  1. ペット火葬業者に連絡し、火葬の手配をします。
  2. 合同火葬の場合は、業者にペットのご遺体を渡し、お別れをします。
  3. 個別立会い葬の場合は、火葬後に骨を拾います。
  4. 個別一任火葬の場合は、後日遺骨を受け取りに行きます。
  5. 遺骨を受け取った後は、納骨するか手元に保管(手元供養)します。

 

以上が東京都のペット火葬場のおおまかな流れです。ご家族が納得する形でペットを供養することが最も重要ですので、お気持ちに合わせてご相談されることをおすすめします。お葬式直後ではなく、少し時間をおいてからゆっくりとご検討ください。

 

 

まとめ

東京都でのペット火葬場について、場所の選び方、火葬方式、費用相場、事前準備から当日の流れまで詳しく解説しました。ペットの最期を大切に送るためには、信頼できる業者を見つけ、自分のニーズに合った方法を選ぶことが重要です。また、準備に時間をかけることで、ゆっくりとペットとお別れできるでしょう。ペットを供養する際は、愛情を込めて送り出すことが何よりも大切だと覚えておきましょう。

 

よくある質問

 

東京都のペット火葬の方式にはどんなものがありますか?

東京都のペット火葬場には個別立会火葬、個別一任火葬、合同火葬などの方式があります。それぞれ家族がペットの最後の瞬間に立ち会えるかどうか、遺骨を受け取れるかどうか、費用面での違いがあります。ペットとのお別れの方法や予算に合わせて適切な火葬方式を選ぶことが重要です。

 

東京都のペット火葬の費用相場はどのくらいですか?

東京都のペット火葬の費用は、火葬方法、ペットの種類、体重などによって異なります。小動物の火葬は5,000円〜2万円、小型犬や猫は1万5,000円〜5万円、中型犬や大型犬は3万円〜8万円程度が一般的な相場です。また都内では、出張料金や夜間料金などの追加費用もあるため、事前に詳細を確認することをおすすめします。

 

東京都でおすすめのペット火葬業者はどこですか?

東京都でおすすめのペット火葬業者としては、大森ペット霊堂(大田区)や慈恵院(府中市)が評価が高いと言われている業者です。送迎サービスもあるので、東京全域対応ができます。それぞれの特徴や料金設定を比較し、ご家族のニーズに合った業者を選ぶことが大切です。

 

ペット火葬の際に事前に準備しておくことはありますか?

ペット火葬の事前準備として、ご自宅でのペットの安置方法、一緒に火葬するものの用意、犬の場合の死亡届や鑑札の手続き、ペットのマイクロチップ登録情報の確認などが必要になります。これらの準備を行うことで、スムーズに火葬の手続きを行えます。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料