1. TOP
  2. BLOG
  3. 東京のペット永代供養の選び方と人気施設5選。
BLOG
ブログ

東京のペット永代供養の選び方と人気施設5選。

2024年6月6日

 

ペットは私たちにとって家族の一員です。しかし、愛するペットと別れを告げなければならない時がやってきます。そんな時に、ペットを永代供養する選択肢があります。ペットの永代供養とは、ペットの遺体や遺骨を適切に管理し、永続的に供養し続けることです。ペットを大切にした気持ちを形にすることで、ペットへの感謝の気持ちを込めることができます。このブログでは、ペットの永代供養について詳しく説明していきます。

 

ペットの永代供養とは

ペットの永代供養は、亡くなったペットの存在を尊重し、大切に管理するための行為です。ペットは家族の一員であり、飼い主や家族にとって特別な存在です。そのため、ペットが亡くなった後も、適切な供養をすることが重要です。

 

ペットの永代供養の目的

ペットの永代供養には、以下のような目的があります。

  1. 家族の感情整理:ペットの死は飼い主や家族にとって悲しみをもたらします。永代供養をすることで、亡くなったペットへの思いを整理し、ペットとの絆を確認することができます。
  2. 形として残す:ペットの遺骨や遺体を霊園や納骨堂に安置し、長期間にわたって管理することで、ペットとの触れ合いを持つ場所を持つことができます。
  3. 安心感を得る:永代供養場所では、管理者が供養や墓の維持管理を行います。これにより、ペットが大切にされ、墓がきちんと管理されているという安心感を得ることができます。

 

 

ペットの永代供養が増える背景

近年、ペットの永代供養を選ぶ人が増えています。これには以下のような背景があります。

  1. ペットの家族化:最近はペットも家族の一員として扱われることが増えました。そのため、ペットも家族同様に永代供養される意識が広まり、需要が増加しています。
  2. 忙しさや高齢化の影響:現代社会では、忙しい生活や高齢化により、ペットの供養や墓の管理が難しくなっています。永代供養では、管理者が代わりに供養や管理を行ってくれるため、忙しい人や高齢者にとって頼もしい選択肢となっています。

以上が、ペットの永代供養とその背景についての説明です。次のセクションでは、ペットの永代供養プランの種類について説明します。

 

 

ペットの永代供養プランの種類

ペットの永代供養プランには、いくつかの種類があります。ここでは主なプランをご紹介します。

 

埋葬料・永代使用料プラン

このプランでは、他の家族のペットと一緒に納骨し、永代的に使用することができます。ただし、一度納骨した後は取り出すことはできませんので、慎重に考えて選ぶ必要があります。

 

ペットの永代供養を申し込む

 

読経料プラン

このプランでは、専用の施設でお寺の読経を行っていただきます。ご家族が立ち会って供養することもできますので、より感謝の気持ちを伝えることができます。

 

 

定期法要プラン

このプランでは、お彼岸などの定期的な法要を行い、永代にわたって供養いたします。ペットをいつまでも大切に思いながら、供養の場で願いを込めることができます。

 

ペット法要に参加する

 

お骨のお迎え料プラン

このプランでは、霊園までお越しになれない方に対して、ご遺骨のお迎えを行います。遠方にお住まいの方でも安心して供養することができます。

これらのプランは、ペットの永代供養に関するさまざまなニーズに対応しています。ご家族の希望や状況に合わせて、最適なプランを選ぶことが重要です。

 

自宅までの遺骨のお迎え予約する方はこちらをクリック

 

 

東京のペット永代供養施設

東京には多くのペットの永代供養施設があります。ここでは、いくつかの人気施設を紹介します。

 

1. 大森ペット霊堂

  • 位置:大田区
  • 特徴:
  • 20年以上の実績と信頼性があり、多くの家族や著名人から支持されています。
  • メディアへの露出が多く、ペットの火葬に関する様々な活動を行っています。
  • 葬儀サービスの提供と共に、ペットの保護活動も行っています。収益は全て動物に使用する、動物達の為の施設です。

大森ペット霊堂でペットの永代供養をする

 

2. 町田いずみ浄苑

  • 位置:町田市
  • 特徴:
  • 大型公園墓地で、樹木葬を中心とした墓地を提供しています。
  • ペットと一緒に眠ることができるプランがあります。
  • 管理棟には休憩スペースやお食事処、売店などの設備があり、快適な環境が整っています。

 

 

3. 應慶寺 目黒御廟

  • 位置:品川区
  • 特徴:
  • 自動搬送式の納骨堂を利用しており、手軽にお参りすることができます。
  • 人専用のエリアとペットと一緒に眠るエリアがあります。
  • エントランスや法要室、会食室などの設備が整っており、葬儀や法事を快適に行うことができます。

 

4. メモリアルフォレスト多摩

  • 位置:町田市
  • 特徴:
  • 一般墓や永代供養墓、樹木葬など、さまざまなプランを提供しています。
  • 「連結墓所『心桜』」という永代供養墓では、ペットと一緒に眠ることができます。
  • 管理棟には休憩スペースやお食事処、供花の売店、礼拝室などがあります。

 

5. サニープレイス福寿園(福壽園)

  • 位置:北区滝野川
  • 特徴:
  • 樹木葬のプランを提供しており、ペットと一緒に眠ることができます。
  • 「桃源郷」というエリアでは、桃の木の下で樹木葬が行われます。
  • 永代供養墓である「桃源郷」の区画では、年間管理費がかかりません。

 

これらは東京で人気のあるペット永代供養施設の一部です。各施設にはそれぞれ特徴があり、価格やサービス内容も異なるため、自身やペットの供養に合った施設を選ぶことが重要です。

 

 

ペットの永代供養の流れ

ペットの永代供養を行うための手続きには以下の流れがあります。

 

ペット葬儀専門業者に連絡する

まずは、専門のペット葬儀業者に連絡します。多くのペット葬儀専門業者が全国に存在していますので、アクセスしやすい場所を選ぶことが重要です。ペットは私たちにとって家族の一員であり、丁寧に供養してくれる業者を選びましょう。

お電話はこちらから出来ます。

TEL: 0120-176-594

 

自宅での安置

ペットを葬儀社に預ける前の一時的な安置場所として、自宅での安置が必要です。ペットは数時間で硬直してしまうため、清潔な状態で最後の供養をするためにも、身体を清めることがおすすめです。もしペットが汚れている場合は、軽く湿らせたタオルで優しく拭いてあげましょう。

 

 

火葬

葬儀社に依頼し、ペットを火葬してもらいます。立ち会うこともできますが、遠方にいる場合などは葬儀社がペットを迎えに来てくれることもあります。火葬が完了すると、遺骨を返却してくれる業者も存在しますので、サポート内容を確認しましょう。

 

ペットの火葬を予約する

 

遺骨の納骨

遺骨を受け取ったら、納骨する方法を選びます。お墓を建てたい場合は、ペット霊園や専用の墓地がおすすめです。遠方にあるために管理が難しい場合は、納骨堂も選択肢の一つです。家族とよく話し合い、後悔のない選択をしましょう。

ペットの永代供養の流れは、以上が一連の手続きとなります。大切なペットを家族として心から供養するためにも、この手続きに従って進めることが非常に重要です。ご自身やペットに合った方法を選び、心を込めた供養を行いましょう。

 

 

ペットと一緒に眠れる永代供養墓

 

樹木葬

樹木葬は、樹木や草花を墓標とするペットの永代供養の形態です。一般的には、山林の自然環境で遺骨を埋蔵し、土に還すことが行われていますが、公園や庭園風のエリアにも納骨されることがあります。樹木葬のエリアには、ペットと一緒に眠ることができるスペースも存在しますが、注意が必要です。通常は遺骨を骨壺などに納めるため、合祀したくない場合は確認が必要です。また、ペットと人を分けるエリアもあるので、事前に確認することが重要です。

 

樹木葬の予約はこちら

 

 

納骨堂

納骨堂は、屋内にペットの遺骨を納める施設です。ペットと一緒に納骨できる場所は多くはありませんが、東京都内にはいくつかの施設があります。ただし、ほとんどの納骨堂では一定期間後に遺骨が合祀墓に移されることが一般的です。合祀されたくない場合は、見学や問い合わせの際に確認しましょう。

 

納骨堂の予約はこちら

 

 

永代供養付き一般墓

永代供養付き一般墓は、通常の墓石に加えて永代供養が提供されるお墓です。ただし、まだ数は限られているため、希少な存在と言えます。霊園によっては個別のお墓を維持するか、管理費の支払いが途絶えた場合に墓じまいをするかという2つのタイプがあります。将来的な承継に不安のある場合には、従来のお墓に加えて永代供養が付いた墓が適しています。

 

その他の永代供養墓

その他の永代供養墓としては、屋外の納骨壺や霊園独自のエリアなど、様々な形態が存在します。ただし、エリアの定員や使用条件、使用期間は場所によって異なるため、問い合わせや見学の際に必ず確認することが重要です。

近年、ペットの永代供養が増加しています。ペットも家族の一員として大切にされるべき存在ですので、適切な供養が必要です。供養することによって、家族の気持ちを整理するだけでなく、形としても残るため、いつでも会える存在として心の支えとなります。お墓を建てることが難しい場合でも、信頼できる供養の場所でしっかり管理されるため、安心して供養ができます。

 

ペットの遺骨を人間の墓に入れることはできる?

 

まとめ

ペットの永代供養は、愛らしい家族の一員であるペットを大切に供養し、心の支えとする大切な行為です。東京には様々なペット永代供養施設があり、遺骨の埋葬から法要、管理サービスなど、ペットのニーズに合わせて選択できるプランが用意されています。身近な存在だったペットを、いつまでも心に留めておくことができる永代供養は、飼い主や家族にとって大きな慰めとなります。ペットの最期を丁寧に見送り、ペットの供養を通して自分の心の整理もできる、そんな大切な機会となるのがペットの永代供養なのです。

 

東京のペット永代供養の予約をしたい方はこちらをクリック

 

よくある質問

 

ペットの永代供養の目的は何ですか?

ペットの永代供養には、家族の感情整理、ペットとの触れ合い場所の確保、供養やメンテナンスの安心感などの目的があります。ペットを家族の一員として大切にし、適切な供養を行うことで、飼い主やご家族の心を支えることができます。

 

近年ペットの永代供養が増えている理由は何ですか?

ペットが家族の一員として扱われるようになったこと、現代社会の忙しさや高齢化の影響により、ペットの供養や墓の管理が難しくなってきたことが、ペットの永代供養が増えている主な背景です。管理者が代わりに供養や維持管理を行ってくれるため、便利で安心できるサービスとなっています。

 

ペットと一緒に眠れる永代供養墓にはどのようなものがありますか?

ペットと一緒に眠れる永代供養墓には、樹木葬、納骨堂、永代供養付き一般墓などがあります。それぞれ特徴が異なるため、ご家族の希望に合わせて適切な形態を選ぶ必要があります。ただし、遺骨の扱いや使用条件などは施設によって異なるため、事前によく確認することが重要です。

 

ペットの永代供養の流れはどのようになっていますか?

ペットの永代供養の流れは、まず専門の葬儀業者に連絡し、自宅での一時的な安置、火葬、そして遺骨の納骨と続きます。ペットは家族の一員として大切にされるべきため、この一連の流れに沿って丁寧な供養を行うことが不可欠です。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料