BLOG

ブログ

メディア報道関係者さま 取材希望はコチラをご覧ください。

2017年12月16日

大森ペット霊堂では、ペット霊園の取材・ペット火葬|葬儀の取材、動物ボランティア活動の取材

など、動物に関わる取材を承っております。

 

 

 

 

事例1『ペット霊園とはなにか?』

ペット霊園があるべき姿をお答えいたします。

 

事例2『ペット火葬や葬儀について』

どのように、ペット火葬をしているか、葬儀についてお答えいたします。

 

事例3『信用されないペット霊園業界』

ペット霊園が、なぜ信用されていないのか、実態がどうなっているのか。

 

事例4『悪徳業者の実態』

悪徳業者が多いペット業は、なぜここまで多いのか。

 

事例5『ペットロスの克服』

社会的問題になっているペットロス症候群。すべてはペット葬祭業の責任である。

 

事例6『保護団体の実態』

優良とされている保護団体の中にも、実は似非団体があることをご存知でしょうか。

 

事例7『動物殺処分問題について』

殺処分問題は、年々減ってはきているものの、虐待をする人も多くなっている状況です。

どう向き合わなければいけないかお教えいたします。

 

事例8『動物と人間の共生を考える』

動物が、より暮らしやすい環境を作るのが私たちの使命です。ペットだけでなく野生動物、展示動物のことも考えなければなりません。

 

事例9『子どもの動物への関心を高める』

子どもの教育が、未来の動物業を変える。私たちの取組みをお話しいたします。

 

事例10『動物愛護法の壁』

法律との問題で、動物の命≠人間の命 の状態です。どうすれば改善できるのか。

 

事例11『動物病院の善し悪しの実態』

先生とは、信用できる職業です。良い先生が多くいますが、中には多くの裏事情があります。

 

 

 

 

 

 

11の例を挙げさせていただきましたが、他にも問題は山積みです。

 

 

 

各メディアさまに、これだけはわかっていただきたい。

 

【動物のためを思った、動物業を営む方が少なすぎるということ。】

 

 

 

 

 

私たちはペット霊園として、動物ボランティア団体として、動物業の先陣を走り続けたいと願っております。

 

今現在ペット霊園として直面していることが、

「ペットと暮らしても、亡くなったときどうすればいいかわからない。」

という問題です。

なぜか。それは、

ペット霊園が信じられないからです。

 

 

そういったペット霊園としての話はもちろん、ボランティア活動の取材、保護動物(犬、猫、スナネズミ、モモンガ、リクガメ、海水魚、熱帯魚)たちの撮影も承っております。

番組協力、ドラマ、映画なども対応致しておりますので、ご希望の方は、以下の連絡先にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

メディアみなさまからのお問合せ先

 

大森ペット霊堂

動物ボランティア団体 友愛の会

東京都大田区大森東2-1-1

TEL 03-3763-6300 FAX03-3763-7528

広報担当:齋藤

直通:080-4850-0594

 

HPトップページはコチラ

東京のペット火葬 ペット葬儀 大森ペット霊堂

 

メールでのお問い合わせはコチラ

メール問い合わせフォーム

 

ボランティアの活動はコチラ

友愛の会 ボランティア活動内容

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。