BLOG

ブログ

チワワの寿命ってどれくらい?小型犬だから短いの?その真実とは

2020年7月12日

チワワ 寿命

いまは空前絶後レベルの、ペットブームでもあります。

それもあってか、ペットショップにはたくさんの種類の犬を見かけることでしょう。

そのなかでも、もっとも人気のある犬種がチワワです。

今回はチワワの寿命がどれくらいなのかについてお話しますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.チワワとは?
  2. 1-1.チワワは見た目の小ささとは裏腹にアクティブ
  3. 2.チワワの正しい育てかたについて
  4. 2-1.しつけをちゃんとする
  5. 2-2. 環境を整える
  6. 3.チワワの寿命を知る際に大切な病気の存在
  7. 3-1.水頭症とは?
  8. 4. チワワの寿命は短い?長い?
  9. 5.チワワの寿命をのばし長生きしてもらうためには
  10. 5-1.毎日かならず散歩をすること
  11. 5-2.デンタルケアは怠らないこと
  12. 5-3.食べ物の管理もしておくこと
  13. 6.チワワの寿命が近づいてきたなら事前準備をしておこう
  14. 7.チワワの寿命まとめ

チワワとは?

チワワ 寿命

小型犬の代表格と言えば、チワワではないでしょうか。

その愛くるしい顔から、ペットとして飼う人が増えました。

チワワとは、メキシコのチワワ州から名付けられた小型犬のことを表します。

チワワは最近まで原産国が不明でしたが、古代メキシコからチワワの先祖犬が飼われていたということが判明しました。

その先祖犬と、チワワ州に住む犬と交配したことにより、今のチワワができたと言われています。

チワワは見た目の小ささとは裏腹にアクティブ

どんなものでもそうですが、見た目が小さいとか弱いとか非力とか思ってしまうものです。

それはチワワを見ても、そう感じるのではないでしょうか。

実はチワワは、先祖犬が野生生活だったこともありとてもアクティブという特徴があります。

ですから、自分より大きな犬と対面したとしても委縮することなく攻撃的になります。

とは言ってもチワワは、飼い主には大きな愛情を持ってくれますし忠誠心があるため、とても飼いやすいというメリットがあります。

チワワの正しい育てかたについて

チワワ 寿命

チワワに少しでも長生きしてもらうためには、育てかたに気をつけなければなりません。

しつけをちゃんとする

チワワはとても小柄で可愛いこともあり、とても甘やかしたい気持ちになってしまうはずです。

しかし、チワワは飼い主以外には警戒心がとても強いため、しっかりとしたしつけをしておかなければなりません。

とくに子犬時代にしつけをしておくことが重要です。

環境を整える

チワワは小柄なせいもあってか、厚さや寒さにとても弱いという特徴があります。

とくに、真冬や真夏になると、とてもではないですが耐えられないくらいになってしまいます。

ですから、とくに真夏や真冬にかんしていえばエアコンで室内の温度調整をしておくべきと言えます。

チワワの寿命を知る際に大切な病気の存在

チワワ 寿命

人間であろうがチワワであろうが、いつかは病気になってしまうものです。

また、動物によってはかかりやすい病気があったり、そうではない病気があります。

ではチワワはどうなのでしょうか。

チワワがかかりやすい病気は、水頭症です。

水頭症とは、頭が小さい犬によく発症する病気のことを表します。

水頭症とは?

本来、頭蓋骨の内部には脳脊髄液が満たされているような状態になっています。

しかし、あるときをさかいに脳脊髄液の量のバランスが崩れてしまい、脳組織が圧迫されてしまうというわけです。

結果的に、さまざまな神経症状が起きてしまいます。

たとえば、眠りすぎたり、活動力の低下だったり、場合によっては攻撃的になったりします。

それ以外にも、痙攣や知覚障害、意識障害までさまざまな症状があらわれてしまいます。

基本的には先天性によるものが大きく、外傷や感染症によっても水頭症が発症することもあります。

水頭症は、内科や外科療法で良くはなりますが完治しないことがほとんどですし、場合によっては進行して亡くなることもあります。

チワワの寿命は短い?長い?

チワワ 寿命

みなさんは、チワワの寿命を詳しく知っていますでしょうか。

チワワの寿命は、平均で14歳~15歳前後と言われています。

小型犬だけを見れば、チワワの寿命は長いと言えます。

チワワの平均寿命が14~15歳だからといって、全てのチワワがそこまで生きられる保証はありません。

逆にそれより長生きすることもです。

ですが、しっかりと長生きしてもらいたいと思うのであればできることはやっておきべきと言えます。

チワワの寿命をのばし長生きしてもらうためには

チワワ 寿命

チワワを家族として迎え入れたのであれば、少しでも長く一緒に過ごしたいと思うものです。

つまり、長生きをしてほしいということです。

これは人間と同じように、不健康な生活を続けていれば寿命は短くなりますので、健康的な生活を送るように心がけましょう。

毎日かならず散歩をすること

犬全般に言えることですが、毎日の散歩は必須項目と言えます。

なぜなら、犬はストレスがたまりやすい生き物だからです。

とくにケージと部屋の往復しかできないと、チワワであってもストレスがたまってしまいます。

チワワに限って言えば、多くの運動は必要ありません。

ですが、可能な限り外へ連れていき走り回れるような環境を作ってあげることが重要です。

また、他の犬とも遊ぶ時間を作ってあげることで、チワワのストレスが解放されます。

デンタルケアは怠らないこと

チワワにとって、もっとも重要なものと言えば歯ではないでしょうか。

それは歯が弱かったり無かったりすると、美味しいものが食べられなくなるからです。

とくに成犬の8割以上が歯肉炎や歯周病になっていることもあり、人間以上に歯は気をつけてあげなければなりません。

当然、歯にトラブルがあると食事も満足にとれなくなりますし、その結果、体力も低下してしまいます。

さらには、歯からウイルスなどが入ってしまい感染症になることも考えられます。

ですから、可能な限り歯磨きをすることと歯磨き用のガムを与えるようにしましょう。

食べ物の管理もしておくこと

チワワが少しでも長生きするためには、食べ物がとても重要です。

極端な話かもしれませんが、人間が食べるものとおなじものを与えてしまうと病気になってしまう可能性があります。

私たち人間が、ご飯を食べているときにも、チワワは物欲しそうに見ているかもしれません。

心優しい人であれば、ついつい少しくらいは分け与えてしまうことでしょう。

しかし、チワワにとって食べてはいけないものだった場合は、体に大きな負担をかけてしまうことになるため、むやみに食べ物をあげないようにするべきです。

また、食べ過ぎによる肥満も要注意です。

チワワが肥満になると、糖尿病や心臓病などの大病を患ってしまう可能性がありますので、食べ物はほどほどにしておきましょう。

チワワの寿命が近づいてきたなら事前準備をしておこう

チワワ 寿命

チワワが元気な年齢であれば、何も気にしなくてもいいのかもしれません。

しかし、ある程度の年齢になったときに、チワワの将来のことを考えてあげなければなりません。

そうです、チワワが亡くなったときのことです。

正直、そんな悲しいことは考えたくはありませんが、チワワのことを思うのであれば考えておくべきと言えます。

チワワが亡くなった場合は、ペット霊園などの施設で火葬や葬儀をしてもらうようにするべきです。

ですが、いきなりチワワが亡くなってしまうと飼い主はパニックになりますし、頭が真っ白になってしまうことでしょう。

そうならないためにも、正常な判断ができるときに、事前にペット霊園に生前相談をしておけば安心できるはずです。

チワワの寿命まとめ

チワワの寿命は、小型犬のなかでも長いというメリットがあります。

そのため、たくさんの思い出を作ったり、楽しい日々を過ごせたりするに違いありません。

チワワのために、少しでも長く生きてもらうために良い環境を整えてあげること。

万が一、寿命が近づいてきたときにも、しっかり動けるように準備しておくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。