BLOG

ブログ

ポメラニアンの寿命はどれくらいが平均?少しでも長生きしてもらうためにやるべきこと

2020年8月6日

ポメラニアン 寿命

ふわふわでモフモフな犬と言えば、ポメラニアンではないでしょうか。

ポメラニアンは犬のなかでも、小型犬に位置するためとても人気のあるペットとして認識されています。

しかし、いくらポメラニアンが可愛くてもいつかは寿命がきて亡くなるときがやってくるものです。

そこで今回は、ポメラニアンの寿命はどれくらいなのか。

少しでも長生きしてもらうためには、何をするべきなのかをお伝えしますので参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.ポメラニアンとはどんな犬?
  2. 2.ポメラニアンがよくかかる病気について
  3. 2-1.水頭症
  4. 2-2.クッシング症候群
  5. 2-3. 膝蓋骨脱臼
  6. 2-4.気管虚脱
  7. 3.ポメラニアンの寿命について
  8. 4. ポメラニアンの寿命をのばして長生きしてもらうためには
  9. 4-1.ストレスを与えない環境を整える
  10. 4-2.健康診断を受ける
  11. 4-3.適度な運動を心がける
  12. 4-4.食事に気をつける
  13. 4-5.念のためにペット保険も検討しよう
  14. 5.ポメラニアンの寿命が近づいてきたらやっておくべきこと
  15. 6.ポメラニアンの寿命まとめ

ポメラニアンとはどんな犬?

ポメラニアン 寿命

ポメラニアンと言えば、モフモフしている犬として認識されているのではないでしょうか。

しかし、ポメラニアンはどこが原産国でどういう歴史があるのかを知っている人は少ないはずです。

ポメラニアンの原産地は、ドイツとポーランドにまたがるポメラニア地方というところです。

地名からして、原産国と言うのが理解できるはずです。

ポメラニアンの先祖はソリ犬として活躍していたため、泳ぐということが得意ではありません。

その遺伝がポメラニアンにも継承されているのか、水やお風呂を極端に嫌がるという特徴があります。

逆にポメラニアンは、ソリ犬の遺伝のせいなのか雪は大好きな傾向にあります。

ポメラニアンがよくかかる病気について

ポメラニアン 寿命

水頭症

ポメラニアンのような小型犬によくみられる病気が、水頭症です。
脳脊髄液に障害が起こり、脳室に異常があらわれます。

水頭症になってしまうと、食が細くなったりぼーっとしていたりなど、動きがおかしくなってしまいます。

ポメラニアンの行動が、少しでもおかしいと思ったのであれば病院へ連れていくようにしましょう。

クッシング症候群

クッシング症候群とは、ホルモン異常の病気のことを表します。

副腎から分泌されるコルチゾールによって、体に悪影響をあたえ免疫力が低下してしまいます。

免疫力が低下することで、膀胱炎や糖尿病などになってしまう可能性があります。

クッシング症候群の大きな特徴としては水を非常に飲むようになり、尿も増えることです。

膝蓋骨脱臼

ポメラニアンに限らず、すべての犬に起きてしまうケガが膝蓋骨脱臼です。

実は膝蓋骨脱臼は、先天的なケースがとても多いという特徴があります。

膝蓋骨脱臼が進行してしまうと、筋肉が少なくなってしまい脱臼しやすくなってしまいます。

もし、ポメラニアンがスキップするように歩いているのであれば、膝蓋骨脱臼の可能性があります。

気管虚脱

気管虚脱とは、さまざまな要因により気管が変形してしまう病気のことを表します。

気管虚脱は、気管が変形してしまうため呼吸が苦しくなるという特徴があります。

実は気管虚脱になってしまう原因は、いまだに解明されていません。

ですが、気管虚脱になる原因として遺伝をはじめ、肥満や老化などが考えられるとしています。

もし、ポメラニアンの呼吸が苦しそう、鳴き声がおかしいと思った場合は、病院で診てもらうようにしましょう。

ポメラニアンの寿命について

ポメラニアン 寿命

ポメラニアンの平均寿命は、およそ12歳~15歳くらいと言われています。

ただし、過去にもっとも長生きしたポメラニアンは20歳ということですから、しっかり飼育をすればかなり長生きできる可能性があります。

ポメラニアンに少しでも長生きしてもらうためには、病気のことを理解し、そして健康的な生活にしてあげることが重要になってきます。

ポメラニアンの寿命をのばして長生きしてもらうためには

ポメラニアン 寿命

ポメラニアンが頑張って長生きしてくれれば、20歳近くまで生きてくれる可能性があります。

そのためには、いくつかやっておくべきことがあります。

ストレスを与えない環境を整える

犬にとってストレスを与えないことが、長生きする秘訣でもあります。

そのためには、少しでも長い時間遊んであげたり、そばにいてあげたりすることが重要になってきます。

毎日は、正直しんどいし面倒かもしれません。

ですが、ポメラニアンに長生きしてほしいと思うのであれば、毎日遊ぶこともすすんでできるのではないでしょうか。

健康診断を受ける

ポメラニアンを含む動物は、思ったことや感じたことを言葉に表すことはできません。

つまり、飼い主の見えないところでケガや病気になったとしても、気づかないケースがあります。

結果的に、飼い主がポメラニアンの異変に気付いたときには、手遅れになっていたなんて可能性もあります。

そうなると、悔やんでも悔やみきれないのではないでしょうか。

ですから、定期的に健康診断を受けて獣医の指示に従うようにすればポメラニアンも飼い主も安心して過ごすことができます。

適度な運動を心がける

犬にとって、運動はなくてはならない存在です。

ポメラニアンに散歩や運動をさせることで、ストレスの発散ができますし、肥満予防もできます。

また、筋力の低下も遅らせることができるため、運動をすることは一石二鳥と言えるでしょう。

食事に気をつける

人間と同じようにポメラニアンも、食事によって寿命が決まると言っても過言ではありません。

ポメラニアンの好きなものばかりを食べさせてしまうと、栄養が偏り寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

また、ポメラニアンは基本的に食いしん坊ですから、食べ物を与えれば与えるほど食べてしまうものです。

飼い主からすれば、喜ばしいことかもしれません。

しかし、それはポメラニアンの肥満に繋がり寿命を縮める原因にもなるため、控えるようにしましょう。

念のためにペット保険も検討しよう

ポメラニアンも年齢を重ねるごとに、さまざまな病気になってしまう可能性があります。

正直、人間とは違いペットは保険制度がないため病院へ通えば通うほどお金がかかってしまいます。

しかも、場合によっては予想以上に高額になってしまうケースもあるため、ちょっとした異変くらいでは病院に行こうと思えなくなります。

そのためにもペット保険を検討してみて、手術や入院、通院をカバーできるようにしておけば安心と言えます。

ポメラニアンの寿命が近づいてきたらやっておくべきこと

ポメラニアン 寿命

ポメラニアンも、いつかは寿命が近づいてしまうものです。

ですが、ポメラニアンが亡くなったからといってずっとそばに置いておくわけにはいきません。

どんな人でも、ペットが亡くなったらパニックになってしまうため事前にどうするべきなのかを確認しておく必要があります。

ポメラニアンが亡くなって、最後まで責任をもって見送りたいとお考えであればペット専用の霊園に相談することをおすすめします。

ペット霊園は名前の通り、動物に特化した火葬や葬儀ができる場所のことを表します。

ペット霊園によっては生前相談ができるため、ポメラニアンの寿命が近づいてきたのであれば、前もって相談しておくことで突然の不幸でも慌てなくて済むようになります。

また、ペットや飼い主のことを第一に考えてくれるようなペット霊園であれば、最初から最後まで安心してお任せできるのではないでしょうか。

ポメラニアンの寿命まとめ

家族の一員でもあるポメラニアンも、いずれは寿命が近づいてしまうものです。

ですが、しっかり飼育すれば少しでもたくさん長生きしてくれますし、一緒にいる時間も増えるようになります。

ポメラニアンの病気のことや長生きできる秘訣を知って、少しでも長くポメラニアンと長く過ごしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。