BLOG

ブログ

スコティッシュフォールドの人気の火葬方法と丁寧な安置方法とは?

2021年4月3日

垂れ耳や立ち耳、長毛の子もいて、毛の柄もバリエーション豊富な個性的なスコティッシュフォールド。性格も人懐っこく甘えん坊の子が多いのが特徴です。

 

そのため、飼っていたスコティッシュフォールドを亡くすと喪失感でいっぱいになります。そんな大切に飼っていたスコティッシュフォールド亡くなったら、丁寧な火葬でお見送りしたいですよね。

 

そこで気になるのは、「スコティッシュフォールドを火葬するときはどんな方法がいいのか」、「火葬前の安置はどのようにしたらよいか」ということ。

 

火葬は最後のお別れになるので、スコティッシュフォールドの火葬準備は丁寧に行いたいという方のために、スコティッシュフォールドに人気の火葬方法と丁寧な安置方法をご紹介します。

 

 

スコティッシュフォールドの平均寿命とかかりやすい病気

スコティッシュフォールドを亡くしたとき、後悔や負い目を感じる方も少なくありません。しかし、スコティッシュフォールドの平均寿命とかかりやすい病気を知っておくことで、後悔することを最小限にすることができます。

 

スコティッシュフォールドはやや短命

スコティッシュフォールドの平均的な寿命は約10年~13年です。猫全般の平均寿命は15年程といわれていますから、スコティッシュフォールドはやや短命です。

 

人間同様、オスとメスではメスのほうがやや長生きですが、その差は1年ほど。どちらにしても猫全般の平均寿命に及びません。

 

ですから、他のネコよりも早くに亡くしたとしても、飼い主様の育て方が悪いなどと負い目に感じる必要はありません。天命を全うしたスコティッシュフォールドを誇りに思い、火葬の準備をしてあげましょう。

 

垂れ耳のスコティッシュフォールドは遺伝子性疾患に注意

スコティッシュフォールドの特徴でもある垂れ耳は、突然変異から生まれたというのはご存じですか?そのため、スコティッシュフォールドがかかりやすい病は、遺伝子性疾患が多く予防がとても難しいといわれています。

 

特に、骨や関節の病気である「骨軟骨異形成」や、腎臓の病気の「多発性嚢胞腎」は遺伝子性疾患でスコティッシュフォールドがかかりやすい病気です。

 

投薬治療による症状緩和が治療方法となり、根治は難しい病気です。

 

 

スコティッシュフォールドの火葬前は丁寧に安置してあげよう

スコティッシュフォールドを、丁寧に安置してあげましょう。ただ箱に入れるのではなく、スコティッシュフォールドを火葬まできれいにかわいく安置してあげる方法をご紹介します。

 

スコティッシュフォールドの安置方法

スコティッシュフォールドの身体に合わせた箱を用意し、箱にはタオルやペットシートを敷きます。スコティッシュフォールドの体格は猫の平均的な体格ですから、肢関節を自然に曲げて横向きに寝ているように箱に入れてあげましょう。

 

お腹に保冷剤やドライアイスを入れてあげると、腐敗を遅らせることができます。猫の死後硬直は、息を引き取ってから1時間~2時間程で始まるので早めに体制を整えてあげましょう。

 

垂れ耳のスコティッシュフォールドは耳掃除を小まめに

亡くなってから死後硬直するまでのあいだ、耳・鼻・肛門からは体液が流れ出ることがあるので、硬く絞ったタオルでこまめに拭き取ってあげましょう。

 

垂れ耳が特徴のスコティッシュフォールドは、耳から出た体液が溜まりやすくなります。溜まったままにすると耳が貼り付いて汚れてしまうのでこまめに拭き取ってあげてください。

 

長毛のスコティッシュフォールドは毛並みを整えて

スコティッシュフォールドの長毛種は、丁寧にブラッシングしてあげましょう。ブラッシングをきちんと儀式として取り入れたいなら「末期の水」の儀式がおすすめです。

 

近年火葬や葬儀は人間さながらに行えるペット霊園は増えてきていますが、お別れの儀ができる霊園は都内でもごく少数。

 

大森ペット霊堂では人間の葬儀前に行う「末期の水」の儀もペット用にアレンジし、丁寧にお水を飲ませブラッシングをし、最後のお世話として丁寧にしてあげることができるのでとてもおすすめですよ。

 

手厚い供養をしたい飼い主様はぜひ、ご相談ください。

 

🐈大森ペット霊堂のペット葬儀の特徴についてはこちら

 

 

スコティッシュフォールドの火葬費用と人気の火葬方法

ペットの火葬は、体重や体格により費用は異なります。スコティッシュフォールドの火葬の相場はいくらくらいなのでしょうか?また、スコティッシュフォールドに人気の火葬方法はあるのでしょうか?

 

平均的な体格のスコティッシュフォールドの火葬費用

スコティッシュフォールドの平均体重は、3kg~6㎏です。体長は、60㎝程で猫の中でも平均的。そんなスコティッシュフォールドの火葬費用の相場は約3万~5万円ほどです。

 

スコティッシュフォールドは、運動量が少なく太りやすいといわれています。太りすぎてしまうと、一般的な体重・体格のスコティッシュフォールドよりも火葬費用が高くなってしまう可能性もあるので要注意です。

 

甘えん坊なスコティッシュフォールドは立会火葬が人気

スコティッシュフォールドは、温厚で甘えん坊な子が多いのが特徴です。そんな甘えん坊のスコティッシュフォールドに人気の火葬方法は「立合い個別火葬」です。火葬のあいだ、側で見守ってあげることができますし、火葬後のお骨上げもできます。

 

甘えん坊だったスコティッシュフォールドの最後のお別れである火葬をそばで見送ってあげれば、最後まで近くいられてうれしいと、とても喜んでくれるはずです。

 

また、多忙で立会えない場合にも個別火葬にしてあげ、返骨を希望してあげるといいでしょう。大森ペット霊堂の火葬は、ペットに合わせて調節し、丁寧に行わせていただくので遺骨を最大限にきれいに残すことができます。

 

きれいなお骨を手元供養にすることもできるので、甘えん坊のスコティッシュフォールドも寂しくないはずですよ。

 

 

まとめ

大切に飼っていたスコティッシュフォールドを亡くす事はとても悲しいことです。だからこそ、スコティッシュフォールドの死後は丁寧に火葬の準備を進めましょう。

 

スコティッシュフォールドの火葬までの安置方法は、

  • ・死後硬直が1時間~2時間で始まるので早めに箱に納める
  • ・垂れ耳の中に体液が溜まらないようこまめに拭き取る
  • ・長毛種はきれいにブラッシングをしてあげる

その他にも、「末期の水」の儀式を行うことでお世話の区切りを付けてあげるのもおすすめです。

 

猫の中でも、スコティッシュフォールドは人懐っこく甘えん坊も子が多いといわれています。そんな甘えん坊のスコティッシュフォールドの火葬は「立合い個別火葬」がとても人気です。

 

大森ペット霊堂は、丁寧な葬儀と火葬でご支持をいただいており、遠方の利用者様もとても多いんです。丁寧にお見送りをしてあげれば、あなたの寂しい気持ちも少し晴れ間が差すはずですよ。

 

🐈大森ペット霊堂のHPはこちら

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594